2018年12月25日 (火)

福山は新涯でまたステーキ「ステーキハウス ラジャ 南福山店」さんのビーフステーキ ライス付お代わり自由(セルフサービス)1299円

 最近、広島は福山市の新涯でステーキ戦争が勃発してることは既に述べた。
 エポックメイキングな出来事はもろ新涯6丁目交差点に開店した「いき〇りステーキ」。
 ここが一番の後発なんだけど、実は知らなかっただけで結構ステーキ食べさせる店が多かった。
 お客さんに老舗のお店があるよと教えてもらってたので、食べに行くことにした。

 場所は大雑把に言うと、JR福山駅を南下して新涯6丁目の交差点の2つ手前。
 この幹線道路何て言うのか知らんのだが、固まってはいないが、食べ物屋さん以外にもいろんな店が点在してて結構使える。

 この店、何気にこれまでスルーしちゃってたんだけど、ワタシの中ではこの店はカーペットのお店だという勝手な認識があった(何故にカーペット)。
 よくよく認識してみたらちゃんと「ステーキハウス」とあった。


Cimg1260 Cimg1261  ・ステーキハウス ラジャ 南福山店:ビーフステーキ ライス付お代わり自由(セルフサービス)1299円

 お隣が元コンビニで今は女性だけのダイエットのお店なんだが、元コンビニだけあって駐車場がやたら広いので、つい車を停めそうになるが、そこには停めてくれるなとのことであった。
 お店の左隣に駐車場が結構な数あるので、そちらに停めましょう。

 着いたのは12時丁度くらい、店内は意外なくらいに満員で、客層はファミリー層が多かった。
 昼からステーキ食べちゃうの???
 男女2人が先客で待ってたのだが、カウンターの席が1つ空いてたので、飛び越えて入れることになった、ラッキー♪

Cimg1263 Cimg1264  座ってメニュー確認、ちなみに右隣のお父さんは牛タタキを食べてた。
 ランチメニューってのが意外と少なくて、一番下の2品のみ。
 ビーフステーキか牛肉のタタキ風、いずれもライス付で1299円。
 上にはもっとメニューがあるんだが、お代わり自由のライスに自家製コーンポタージュスープが付いたスープSETで最安が粗挽きハンバーグ1190円。
 これなら平日お昼の人気メニュー、ビーフステーキでしょ。
 上質US牛をラジャオリジナルソースで食べる自慢の一品だそうだ、これ以外を食べない理由がないな。
 ちなみに裏面にはアルコールとおつまみメニューもあるので、呑みも可能。
 ただしこちらは車で行くしかないようなお店なのでくれぐれも飲酒運転はダメよ。

Cimg1265Cimg1266_2   ということで注文し、10分くらいで出てきたビーフステーキがこれ。
 おおっとぅ、全然こういう形を想定してなかった。
 ワタシにはこの肉の部位が分からんのだが、もっと普通に細長いのを想像してたが、こんな四角の塊で出てこようとは。
 付け合わせにポテトとかが付いてる訳でもなく、ド直球って感じ。

Cimg1267  横から見てみよう。
 何か凄い迫力じゃない???
 ちなみに焼き方はミディアムで??? と訊かれたのでレアでとお願いした。
 結構、キャベツの盛りは良いような、そんでこの醤油ベースのソースが自慢なのね。

Cimg1268  あ、コショウがかかってるのは、これはワタシが挽いてかけたの、コショウ大好きじゃ。
 ではカットしていただこう、もぎゅもぎゅ、おおーレアやねレア。
 脂っ気がほぼないので、純粋に赤身の美味さが堪能できる。
 縦の繊維に沿ってカットするとスパスパ切れちゃう柔らかさでもある。
 筋なんか全然なくて、ホント肉食べてるって感じになる。
 このソースが醤油ベースで野菜の旨味が足されてあるのか、ちょっとシャバいんだけど結構合う。
 切っては食べて切っては食べて、意外と食べ応えあるんだよ、200gくらいあるんかな。

Cimg1269  当然、この醤油系のソースはご飯にもよく合うので、カウンターの端に置かれたジャーからライスお代わり、調子に乗って2回お代わりしちゃったわ。
 最後は当然、ソースだけが皿に残っちゃうんだが、このソースをライスにかけて食べたいと思った。

 うむ、1299円という、ビジネスマンにとっても多少高いランチであったが満足した。
 平日の昼間ながらファミリーで一杯(って言っても子供は居ないよ)なのも頷ける。
 オーダー聞いて中華鍋よりでかいフライパンでお肉を焼くという素朴な調理なので早く出てくるし(でもお客さんが長っ尻やったが)。
 老舗やからお客さんが付いてるんやね、よーく分かりました。

 ちょっと調べてみたら、岡山は倉敷に同じ名前でロゴも同じ店があるんだけど、今は直接の関わり合いはないみたい。
 岡山のはチェーン店の一つとして「ラジャ」さんをやってるよう。
 今はこちらも「南福山店」と言ってるが、こちらしかお店はないそうだ(かつてはあったらしいが)。
 ちなみに三原にもR2沿いにあるのだが、何故かワタシはカーペットの店だと思い込んでたのは謎。

 とにかくこれでこの辺りのランチの選択肢がまた増えた、「肉」食べたい時はここ行こうっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月12日 (水)

山陽高砂駅前のお昼はここや「いちばん」さんの小アジフライ定食850円

 繰り返すが今年の春から高砂方面に行く仕事を作った。
 まだ物にはなってないが、何かできるまでしつこく通うつもり。
 大阪からだと、明石まで新快速で行き。明石から山陽に乗り換え。
 目的地は荒井という工場地帯なんだが、駅前にコンビニがあるくらいで(あって良かった)ほぼ何もない。
 何とか駅前の黄色い看板の家中華があったのでそこで前回は食べてみた。
 それまではほぼ明石だったんだが、いい加減ネタ切れしたので荒井で食べてはみたが、そこ以外ないので、次回は高砂で降りてみようと決めていた。

 そして今回。
 高砂市の高砂駅なので少しは町かと思ったんだが、駅前にタクシーロータリーがあるくらいで、ほぼ何もない、ひえー。
 駅前にラーメン屋さんが2軒並んでて、隣に魚料理の呑み屋さんがランチやってるくらい。
 少し人の多そうな所に向かって歩いてはみたが、何かショッピングモールみたいなのはあったが潰れてた。
 その奥に病院にドラッグストアーが併設されたような建物があったが、お昼を食べたいワタシには全く関係ない。
 どうやら本当に何もなさそうだったので、駅前に戻ってみた。


Cimg1274 Cimg1275  ・いちばん:小アジフライ定食850円

 ホント、駅前のこの建物しかないんだよ、高砂ってこんな所やったんか。
 ちなみにこれは南側で北側は住宅街なんだそうだ。
 見ての通り(って見にくいが)ラーメン屋さんは今風な店とレトロな店が並んでたが、行くならレトロな方なんだが、この時はずーっと麺太郎な毎日を送ってたので、おかずが食べたくなったのでラーメン止め。

Cimg1273  なので魚の店の「昼の営業」を見る。
 タバコ禁止は分かるが、何故にパソコンまで禁止???
 お昼食べながらパソコンで仕事する輩が多かったんかいな???
 スマホ禁止にしたら良いのにと思ってみたり。
 とにかくメニュー物色、明石産穴子蒲焼天定食ってのは気になる。
 穴子の蒲焼じゃなくて穴子の蒲焼を天ぷらにしてるのか、へぇへぇへぇ。
 でも1000円はワタシのポリシーに反する。
 寒ボラ白子煮付と野菜天定食は900円だが、ボラ食べるんかい、ってな抵抗がワタシの中にあったのでこれも×。
 カワハギ煮付けは終わりになってるが、この画像は食べ終わってかあら撮ったので、ワタシが入る前にはまだあった。
 ワタシの次に入ってきた客がこれ頼んだのでなくなっちゃった。
 価格的にはサヨリの天プラ定食800円はお得、でもあんまり食べるとこばさそうな。
 太刀魚唐揚ネギポン酢定食850円は太刀魚の骨が多そうなのでナシ。
 寒ボラ白子天もだからボラかい。
 となると家島産の小アジフライ定食850円が妥当な所か。
 しかしこの店天プラ多いな。

Cimg1270  ガラッと入ってカウンターと奥に座敷とテーブルが1つか1階は。
 カウンターっつっても5人くらいしか座れない小じんまりした店、一番奥の席で大将の正面に座るってお品書きパシャリ。
 夜のメニューが左側にあって、こっちは天プラじゃない(笑)。
 穴子蒲焼以外はお刺身メニューや。
 明石鯛に平目にオコゼ良いじゃん、マゴチに油メ食べてみたい。
 カレイにカワハギも好き好き。
 なのでここは夜の方が良いみたい、って夜にここ来ることなんてあり得んけど。

Cimg1271  そうこうしてる間に5分ちょいで出てきた小アジフライ定食がこれ。
 小アジっていうけど小さくないじゃん、パリッと揚げ立てが3匹、豆腐に菜っ葉にたくあん、ご飯は大盛でって言ったら無料で大盛にしてくれた。
 親切な大将だよ、うるるん。

Cimg1272  こりゃ、熱い内にとっとと食べましょう、ウスターソースじゃぶじゃぶ。
 でも最初は豆腐から食べる小心者。
 ではアジフライがぶり、熱々っっっ、身がほくほくしてて旨味も濃くて美味しいやん。
 ソースかけすぎてパリッと感がなくなったのは惜しいが自業自得。
 家島産小アジやるじゃーーーん。
 何でもいくつかの漁師さんから仕入れてるそうで、魚は美味しいんだと、当たり前か。
 お味噌汁は結構塩分効いてるが基本お出汁取ってるのでハズレなし。
 たくあんも出来合いじゃなくてワタシがJAでよく買う、誰々さんが作ったたくあん、みたいな素朴な味がする。
 小アジと言いながら3匹あれば大味や←意味分からん。
 名残惜しいが最後のアジフライ一齧りがぶり。
 5匹くらい軽いな、もっと食べたかった。

 大将からお腹一杯になった???
 と訊かれたが、本当はもっと食べたかったんだよ、お腹一杯ですとは言ったけどさぁ。


 ということで、このお店のポテンシャルをフルに引き出すのはやはり夜でしょう。
 これから忘年会&新年会のシーズン、魚の美味い時期でもあるので、今年50周年を迎えられたこのお店、行ってみても損はない。
 ワタシが近所やったらしょっちゅう行くけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月27日 (火)

恵比寿で一口ステーキ&ハンバーグ「くいしんぼ 恵比寿店」さんの今日のおススメ 一口ステーキ&ハンバーグ140g920円

 最近。これまでにも増して東京に行くが、しかし東京まで片道2時間半はやはり遠い。
 月に2・3回行くとそれだけで結構疲れるんだよ、乗ってるだけやけど、隣に座る乗客次第でどんだけでもストレス溜まるからな。

 さて、今回仕事の引継ぎで行ったのが恵比寿。
 まともに降りたのは初めて。
 午前中に仕事を終わらせて、次まで少し時間があったので、ワタシに相応しいお昼ご飯を探すべく恵比寿駅の西側を散策。
 駒沢通りには怪しい店がなく、一本南の通りを歩いてみたが、博多ラーメンとか京都ラーメンだとか、そんなんしかなかったので、駒沢通り沿いながらも2Fという少し興味のあるシチュエーションのお店で、なおかつガッツリ食べられるお店を発見したので、そこに行くことにした。
 ちなみに駅からだと5分ってとこか。


Cimg1177_2 Cimg1178 Cimg1186_2  ・くいしんぼ 恵比寿店:今日のおススメ 一口ステーキ&ハンバーグ140g920円

 恵比寿店って書いてあるからチェーン店なのだね。
 バイク屋の2Fっていうのもライダーなワタシとしては惹かれる。
 でも最近の若いもんはバイク乗らんのー、高速道路のSAとかで休憩してるライダーはほとんどが白髪のおじいさんやからな、高速ってのもあるかもしれんが、危ない乗り物やけどもっと乗ろうぜバイク。

Cimg1179 Cimg1180  余談、店の入り口にA型看板が置いてあって、どんな店かを知る。
 なかなかリーズナブルで、安いメニューはハンバーグ&目玉焼きで690円とあるではないか。
 これにライスにサラダにコンソメスープが付いて、後で分かったことではライスお替り自由なんだと、ここに決定。
 この裏面はワイルドステーキ最強!!!! ってことで250gのステーキで上ににんにくとバターが乗せられている、そりゃ最強でしょうよ。
 でも1200円って安いよなぁ、ヲイ。

Cimg1181  階段を上ろうとすると、本日のおススメ発見。
 一口ステーキ&ハンバーグ140gで920円なんだそうだ、お手頃感があったのでこれに決定。
 ここでライスお替りを確認したら入るしかないやろ。
 ちなみにハンバーグやステーキのみならずもち豚もメニューにあるで、にんにくとバターで、四日市とんてきより凄いんちゃうか。
 とにかくメニューが多彩でボリュームがあるのはよく分かった。

Cimg1182  ちゅーことで2F、上がってくるっとターンしたところが入口。
 今回縦の画像多いな、これって本文合わせるの難しいんだよな、とつぶやいてみる。
 着いたのがお昼過ぎちょいやったが、テーブル席少し空いてて、カウンターも1/3空いてたので、一番端の窓ガラスべりの席に座る。
 メニュー見たが、メチャメチャ品数多かったので、今回は画像はスルー。
 酒メニューが豊富なんやったら、最初はビールで肉食べて、後からワインで肉食べたいが果たしてどんな使い方する店なんやら。

 お客さんは若い人が多く(そりゃそーだろ)、お店の人はほぼ外国人のようであった、今風やね。
 おねいさんが注文を聞いてくれたら、即座にサラダとスープが出てくる。
 あ、その前に水とおしぼり(ウェットタイプ)が出てくるんだけど。

Cimg1183_2 Cimg1185_2  とにかく数多いメニュー見てたら10分近くはすぐに経った。
 出てきた今日のオススメ、鉄板熱々やん、それに濃そうなソースもそそりますなぁ。
 ハンバーグは見たら分かるが、一口ステーキはごろごろしててソースが絡まってよう分からん。
 まずは野菜から食べるのは常識、ドレッシングは和風の青じそ系か。

Cimg1184_2  さぁ、満を持して肉食べよう、ただしハンバーグからな、ソースはこのかかってるソースで、箸で割ってぱくり。
 うぉっとぉ、一口目は悪い意味ではない肉の臭みが来るが、噛みしめたら肉の旨味と甘みが肉汁と共に出てくるではないか。
 食感も肉々言ってるし、一口でも食べ応えあるハンバーグやなー。
 続いて一口ステーキ、これは小さいのは一口どころか半口やが、時たま大きいのがあるな、でも小さいのからもぎゅっと。
 うん、端切れやから筋張ってるところもあるが、だからこそのこの値段。
 ただこのソースってずいぶん水っぽいのは、それは下にもやしが敷かれてるから。
 だから水分でソースがシャバシャバになる。
 それにこの味はソースと言ってもデミとかてりやきとかのソースじゃなくて中濃とかのソースやね(関西には中濃ってジャンルがないのよ)。

 もっとハンバーグや肉に絡んでライスを食べられる味にしたいので、ちょこっとカスタマイズ。
 テーブルにあった黒コショウをガリガリ挽いて、醤油味のステーキソースがあったので、サラダ食べて空いた器にそのソースをたぱっと注いで、これで食べることにした。

 うん、このチョイスが正解。
 ライスには醤油ソースがよく合う。
 ハンバーグは上述してるがとにかくごつごつして肉々しい、これでライスわっさわっさ食べられる。
 一口ステーキは、所々で大ぶりなのがあるので、これまたライスがススムくん。
 もやしやコーンを挟んで、時にスープをじゅるりといただき、ライスをお替りして、お店の目論見通りにガツガツ食べてしまった。

 ぶはー、この量ながら肉食べたー、って感じしたわ。
 これはどっちかと言わんでも男性向けの店やとは思うが、ワタシがライスうお替りした頃に、女性客が一人で来てカウンターに座って注文してたから、ちゃんとそういうニーズもあるのであろう。


 会計して階段下ってるワタシはかなり満腹満足していたのは言うまでもない。
 ホント、夜お酒呑めるんやったら、にんにく利いたステーキでぐいっと呑みたい。
 駅から近いし、また行こうっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 7日 (水)

これは確かに行って良かった「道の駅 南国 Cafe Rest 風良里(ふらり)」さんのモーニングバイキング880円(税込)

Dsc_1103  10月の体育の日の3連休の初めに高知に行ったことは既に述べた。
 香川でうどん食べてからの高知入りで、あんまりお腹は減ってなかったが、混み出したら嫌だなと思い、「ひろめ市場」に17時半くらいにとっとと行ったらこれが超満員。
 後に高知出身のお客さんに聞くと、酒呑みの高知人は早くから「ひろめ市場」で集合して呑むのだそうだ(どうりで観光客の言葉じゃなくてバリバリのネイティヴな高知弁が飛び交ってた訳だ)。
 なので17時半くらいが一番盛り上がってる時で、逆に普通に混んでんじゃね??? というような19時くらいが、お客さんの入れ替わりがあって意外と空いてる可能性ありとのことであった。

Dsc_1107_2 Dsc_1108_2  そんで鰹のたたきで呑み食いして、市場出てアーケードの店でまた鰹をハシゴして更にうつぼのしゃぶしゃぶという珍なるメニューを頼んで、しつこくおでんの屋台でまた呑んで(どこがお腹減ってないねん)、一旦ホテルに戻って寝たが、夜中にむっくり起きてまた街を徘徊し(ヲイヲイ)、濃いめハイボールを買ってホテルでまた呑み(だーかーらー)。

 翌朝、「ひろめ市場」にワタシの好物の焼鯖寿司を買いに行ったんだが、久しぶりに高知の朝市に遭遇し、朝からメチャメチャなハイテンションになってしまった。
 1kmに及ぶその朝市は野菜・果物・漬物・魚・軽食にうどんにそうめんに冷やしあめといろんな物が売られていた。
 今回は発酵しまくったたくあんと酸っぱすぎるキャベツの漬物、あんまり塩辛くない梅干しに鰹の生節とアジの開きを買って帰った。
 ワタシは個人的にちらし寿司が大好き、ここの朝市でも田舎ずしと称したちらし寿司やタケノコやこんにゃくのお寿司がどこでも売られてた。
 我慢できずに食べようかと何度思ったか、でも結果我慢して良かったと言える。
 この道の駅が凄いパフォーマンスやったからや。


Dsc_1126 Dsc_1112  ・道の駅 南国 Cafe Rest 風良里(ふらり):モーニングバイキング880円(税込)

 前日この前を通った時に道の駅のモーニングバイキング8時~というのを目ざとく見付けてた。
 そんで夜中徘徊してホテルに戻ってグダグダながら朝ごはんどうするかと検索してて、興味本位でここも調べたらなんかずいぶん美味そう。
 値段もお手頃やし、朝市で何やかんや食べたら880円なんて軽く行っちゃうし、ということで辛抱して朝市から脱出し南国IC出口すぐのこの道の駅まで来た。

Dsc_1113  到着時刻は9時半過ぎ、入口を見付けたが、やはりどこにでもある竜馬とおりょうの顔出しの看板がある。
 これは鯨と鰹と竜に乗ってるので結構シュールや。
 今回は台風がずれたから急遽空きが出たホテルを決め打ちしての高知行きやったが、普通は絶対観光先として桂浜行くもんな。
 ワタシ自身も桂浜と高知競馬場に行かない高知行きってのも珍しいと思った。

Dsc_1114 Dsc_1115  さて、時間もないのでとっとと入ると「Cafe Rest 風良里」の看板が待ち構えている。
 この階段を上がったところがレストランのよう。
 上がった所に前払いとこの日のメニューが出てた。
 国内産・高知産の野菜にこだわった地産地消メニューらしい。
 トップに出てる高知県産茄子のタタキとは気になるメニューやな。
 鯖の漬け焼きに鶏団子の和風スープ、とり天にチャーハン、ゴーヤチャンプルにシェフオリジナルの、混ぜご飯orお寿司orかつお飯か、ここ大事やんけ、何よ何???

Dsc_1116 Dsc_1117  結構並んでたので結局15分は待ったか、880円前払いして席に案内してもらう。
 こういう丸い建物になっている、真ん中がバイキングスペースでレジ挟んで両端が飲食スペースとなっている。

Dsc_1119  ではトレーを取って料理各種をいただくぞ、ウヒ。
 一番端のおくらのおひたしから始まりいきなり高知県産茄子のタタキ、とうがんの酢物も食べるよー。
 高知県産野菜にこだわったと言うだけあって、基本ヘルシーメニュー。
 唯一スパイシーだったのが大豆とひき肉キーマカレーグラタンか(九分割の真ん中左)。
 下段のスクランブルエッグとソーセージ、とり天、鯖は置いてます、程度な存在やったような。
 左はサラダと待ってたよ田舎ずし、下がチャーハン(何でチャーハンやねん)。
 あと、鶏団子の和風スープ、えっと、普通に味噌汁もあったし、南国市産コシヒカリの白ご飯もあった。
 スイーツ系以外ほぼ全部網羅した、では野菜サラダを先に食べて、おくらから食べる、酢加減ええなー。

Dsc_1118_2  んじゃ茄子のタタキとはどんなんや、もぎゅもぎゅ。
 なるほど、鰹のタタキが焼いた鰹にポン酢(タレ)なので茄子を焼き浸しにしてる訳か。
 これは茄子のタタキというネーミングの妙やね。
 大豆とひき肉のキーマカレーグラタンもスパイス控えめで優しい味、さつまいもの天ぷらにゴーヤ、野菜摂ってるって感じするわ。
 ごはん系はガッツリ手前のチャーハンから食べてみる、おっとぅ、これも控え目な味、なので塩振っちゃった。
 スクランブルエッグとソーセージはこの為のおかずや、とり天もな。
 そんで好物は後から、では田舎ずしを食べる、魚ぉぉぉぉぉ!!! 何この絶妙な酢飯加減は!!! これ箸が止まらん美味さやないか!!!
 これが鯖とメチャメチャマッチする、酢飯のサッパリさと鯖の脂がナイスなマッチング、絶妙。

Dsc_1122  ということで、唯一のお代わりはこの田舎ずし、「ゆの酢」とあるのはゆずの酢だそうで、土佐の名物なんだそうだ。
 四方竹は南国市特産のたけのこで旬は10月中旬からと、まさにこの時が旬!!!

Dsc_1123  結果、この日のベストマッチは田舎ずし焼き鯖のせ。
 あうー、この田舎ずしに細かく刻まれたミョウガやにんじんにこんにゃく、そして大葉にごま、どれも決して表立って来ないのだが、それぞれが名脇役としてなくてはならん。
 そしてその土台の上にインパクトのある焼き鯖、この脂と酢飯はこれぞマリアージュであろう、美味いなー。

Dsc_1124  食べ終わってドリンクバーでまったりして、店を出る11時頃、階段を下りたらこんなんも貼ってた、気付かんかった。
 この道の駅は2015年グルメ部門で四国ブロック1位、お土産部門2位だそうだ。
 「本当に行って良かった!」とのコピーがポスターの左上に書かれてあるが、本当に行って良かったとワタシも思った。


 880円なら880円也の味でも仕方ないと最近諦めつつあったワタシであるが、ここはそんな概念を覆してくれた。
 とにかくこの田舎ずしと焼き鯖の組み合わせ、食べに行く価値あり!!!
 また行きたいので年内何とか時間作ってみようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 4日 (木)

金沢の3駅南の松任で魚「さしみ処 魚ひら」さんで魚食べまくり酒呑みまくり5350円

Dsc_0972 早いものでもう10月だが、9月の上旬に東京行った際に、そこから北陸新幹線で金沢まで行った(この郵太郎で金沢と分かる人はかなりの金沢通であると言える)。
 なのだが、この時は金沢で泊まるホテルがなくて、3つ南の駅にビジネスホテルがあったので、そこに泊まることにしてた。
 まぁ、金沢からたった3駅、なんなりとあるであろう。

 19時くらいにその金沢から3駅向こうの松任という駅に着いた、3駅離れたら金沢市じゃなくて白山市。
 こないだグリムが逃げ切って勝った白山大賞典の白山だよ。
 駅はかなり新しく、ホテルのある東側に出たのだが、恐ろしいことに開いてる店がほとんどない、いや、店そのものがない。
 翌朝見たら、西側にコンビニはあったようだが、とにかく東側は人気もなけりゃ明かりもなさげ。

Dsc_0960 とりあえずビジネスホテルにチェックインし、どこかお店を訊いてみた。
 やはり日本海の魚が食べたいので、魚の美味しい、しかも安い店とリクエストしたらこの店を紹介してくれた。


Dsc_0970Dsc_0971 ・さしみ処 魚ひら:魚食べまくり酒呑みまくり5350円

 上の地図にある通り、ワタシが泊まった松任ターミナルホテルから歩いて5分、なので駅からだと10分もかからんか。
 いや、本当に夜JR松任駅に着いたらあまりの寂しさに心折れるぞ。
 しかしこの家、いや店の明かりを見た時に心の中に灯がともった。
 「さしみ処」なんて日本語初めて聞いた。
 よほど魚に自信がないと謳えんぞ。

Dsc_0964 結局着いたのは20時、ちょっと細い道だが、電気が点いてるのここくらいなので(ヲイヲイ)迷わず行けると思う。
 外観はちょっとくたびれてるが、中はきれい。
 この日は木曜だからかどうか知らんが、先客なし、後客3人であった。

Dsc_0962 カウンターの真ん中に座って奥のメニュー確認。
 ホテルの人曰く、魚だけのお店です、ってことやったが、確かにそんな感じ。
 とんそくと手羽先が辛うじてあるくらいでほぼ魚。
 何がお勧めか尋ねたら丁貝が美味しいからおまかせ盛(丁貝入)1300円にしたらと言うので、進められるままにそうした。
 そんで突き出しも適当に出してもらった。

Dsc_0963 まず出てきたのはかれいの煮付けになます、みたいなの。
 この時はまだ暑かったので、酢の物が体に染みた。
 そんでこのかれいの煮付けが絶妙の味付け、これは酒やがビールもイケる。
 うーん、次のおまかせ盛が楽しみや。

Dsc_0965Dsc_0966 そうしてかれいを食べ終わったくらいに出てきたさし盛(丁貝入)がこやつ、どんだけ盛っちゃってくれてんの!!!
 これ1人前じゃないよ、3人で食べる量やで(実際後客3人はこちらのお店の盛りの良さを知ってたので1人前頼んでたけど)。
 左にある貝が丁貝らしい。
 最初に何も付けずに食べてみてと言われたので、そのまま食べたら何とも言えん磯の香りが。
 食感もコリコリして楽しいし、これは確かにお勧めや。
 後は知らん魚もあったし、知ってる魚もあった、魚に詳しい人誰か解説して。

Dsc_0967 とにかく驚くのはこのハマチの分厚さよ、どんだけ食べ応えあるねん。
 角がビシッと立ってる所が凄い。
 こうなったらもうビールじゃなく酒、地元の日本酒を冷やで呑んで、お代わりお代わり。

 これ以上呑んだらヤバそうな所で寸止めして、後はホテルで仕上げる為に滞在2時間弱で帰った。
 ちなみにホテルから300m程北に上がった所にコンビニがあったのはメッコ付けてたので〆の酒を買って帰った。


 いやー、JR松任駅は何もないが「魚ひら」さんがある。
 北陸新幹線開通で日本人も外国人も増えた金沢で泊まれなかったとしても、松任に行きなはれ。
 少なくとも美味しい魚が食べられるのでな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月10日 (月)

西新宿5丁目でお昼ご飯「めし処 千草」さんの日替りランチ総菜3品(ほっけ・肉じゃが・揚げシュウマイ+ウインナー)ライス・みそ汁700円大盛+100円

 先週のドデカい台風の翌日に東京に行った。
 新幹線の混み方はハンパではなく、京都からもどっと乗ってきたので、京都~名古屋間では自由席に座れないので立つ客が数多く出た。
 いやー、座れて良かった。

 翌日、一件仕事を終え、西新宿5丁目に向かった。
 ここんとこ熊野神社前交差点を北に上がってラーメン屋さんを開拓してる。
 最初は「ひじり屋」さんと「麺屋さざんか」さんをハシゴ、前回は「ラーメン天華」さんを開拓。

Cimg0546 まだ北に行くと何があるのかいな???
 隙間から都庁を見て5分も歩かない内に何か非常にワタシ好みのお店を発見、ラーメンではないが入ることをソッコー決めた。


Cimg0544Cimg0545_2Cimg0543 ・めし処 千草:日替りランチ総菜3品(ほっけ・肉じゃが・揚げシュウマイ+ウインナー)ライス・みそ汁700円大盛+100円

 見ての通りのめし処である。
 お昼のランチは惣菜3品ライスに味噌汁で700円、出張中は家庭的な味が恋しくなるので、まさに打ってつけな店。
 小さく丸してるのは大盛+100円とある。
 ちなみに惣菜2品だと550円だそうである、リーズナブルやなー。

Cimg0539Cimg0540 12時半過ぎてたので先客まばら、がらっと入って一番右端のカウンター席に座る。
 さて、惣菜は何があるのかいな???
 パッと見、魚は必須なので訊くとほっけだと言う。
 食べたかったので肉じゃが、ウインナーも欲しいと言ったら、揚げシュウマイと混載してくれるという気遣い、ラッキー。
 
Cimg0541_2Cimg0542 ご飯大盛りでと注文して盛り盛りして味噌汁と一緒に出てきたワタシのチョイスがこれ。
 あんまり大きそうに見えんかもしれんが、実はかなり大盛。
 おかずをUPでどん、こういう普通の食事は外ではなかなか食べられないのよ、実は。
 
 では肉じゃがからもぎゅもぎゅ、素朴な味付けだねぇ、シンプルが一番。
 ほっけいただこう、醤油かけてほじほじ、これはご飯がススムおかず。
 もちょっと大きかったらもっと嬉しかった。
 そんでウインナーと揚げシュウマイにはソースをかける、醤油にソースに、良いじゃん。
 ウインナーはええ大人だからこそ食べたい、シュウマイはウスターソースが好み。
 味噌汁も普通に美味しかったし、ご飯大盛あっちゅう間に完食。

 800円でこれだけ食べられたらOKでしょう、あえて言うなら780円ならもっと良かった(また細かいことを)。


 この道まだまだ先に何かありそう。
 つか、この表通りの裏に入ってもいろんな店がある、流石東京。
 また探検しちゃおう、侮れん西新宿5丁目なのであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 4日 (火)

福山は新涯でステーキ「エムズステーキ」さんの牛サーロインステーキ定食オリジナルソース150gごはん・味噌汁・日替わりスープおかわり自由1080円

 今は快晴と言っていいここ兵庫県。
 昨日は早々に今日5日の休みが発表されたウチの会社であるが、何だか申し訳ない気になっている。
 まぁ、これからもの凄い風と雨になるんろうけど。

 さておき仕事で広島は福山市にいつも行ってるんだが、最近やけに気になるのが、新涯ステーキ戦争。
 2ヶ月くらい前やったか、新涯6丁目の交差点に「いきなり」がいきなり出来てびっくりした。
 駅から全然近くもないのに、と思ってたが、開店してからかなりのお客さんの入りで、駐車場いつも満車で驚かされる。
 そんな話をお客さんとしてたら、その道を(県道380)を北に上がって、ガ○トとFMの交差点(新涯中央)を東に折れた所に春に出来た(4月であった)ステーキハウスがあるよ、と紹介されてたので、行ってみることにした。


Cimg0534Cimg0536Cimg0537 ・エムズステーキ:牛サーロインステーキ定食オリジナルソース150gごはん・味噌汁・日替わりスープおかわり自由1080円

 いやー、これ教えてもらわないと絶対分からんよ。
 この新涯中央の交差点を西に行くことはあっても東には行かんもん。
 いつの間にかドラッグストアーが出来てたが、そもそも東に行っても何にもないし。
 地元情報ありがたし。

Cimg0529 ちゅー訳で、12時少し前に入れたので券売機でメニューチェックしてチケット買ってすんなり座れた。
 画像では駐車場が満車になってるので、後からどんどんお客さんが入ってきた訳やね。
 客層は奥さん方とサラリーマンにガテン系が一部ってとこか。

Cimg0530 メインは牛サーロインでオリジナルソースかポン酢、ご飯の上にステーキが乗ってるステーキライス、よく分からんがご飯の周りにステーキが敷き詰められているビーフソテー、そんで魚介のフライとステーキの盛り合わせ、いずれも1080円。
 あと、魚介のミックスフライにエビフライ、フォアグラボールなる珍なメニューもある。
 あ、ビーフカツレツとポークカツレツもあるで。

 基本セルフで、食券渡してカウンター席に一番端の少し悲しいぼっち席に案内されて、スープを取りに行く。 
 この日はコーンスープ、後からいただいたが味噌汁は玉ねぎであった。
 そんでステーキが出てきたのでごはんを茶碗に盛って、箸でいただくことに。

Cimg0531Cimg0532 まぁ、焼くだけなので5分程で出てきた牛サーロインステーキ150g。
 ポテトにキャベツにスパゲッティが付け合わせで出てくる。
 オリジナルソースはたっぷりかかってこれだけでごはん食べられそうな勢いや。

Cimg0533 では野菜食べた後に肉食べよう、肉。
 焼き方的にはミディアムくらいなんかな、結構血が滴る。
 ソースたっぷり付けてもぎゅもぎゅ、うん、結構にんにくが利いてコショウ感もあるな。
 オリジナルソースとやらわ醤油と玉ねぎにみりんに酒、あと何じゃろ???
 
 うーん、何やろこの満たされない感は。
 セルフってことでお店がサービスを何もやってないってことか、それともコーンスープも味噌汁も薄くて安っぽいからか。
 肉が普通の皿なのですぐ冷えるからか、血が滴るのは良いけど、キャベツやスパが血だらけになったからか。
 肉焼くだけでご飯と味噌汁なら500円くらいで肉買ってきて家で焼いた方が安いと思ってしまったからか。
 何か外で食べることのごちそう感っていうのを全く感じなかった。
 これがサラダバーやったらまだ少し外食感があったんかもしれんが、これはただの人件費節約にしか思えんかった。


 ということで、ワタシ的には辛口になってしまったが、お客さんはたくさん入ってるので、これはこれでOKなんであろう。
 次は新涯6丁目の交差点を福山駅方面に西に折れてちょっとの所にもステーキハウスがあるので、そこに行ってみたい(あくまで「いきなり」はスルー)。
 果たしてこの新涯ステーキ戦争の行方は如何に!? 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月29日 (水)

海岸線苅藻駅第三弾「舞味(ふみ)」さんの本日の日替り定食(豚の生姜焼・まぐろ・煮物・出し巻)720円

 何ヶ月かに一回、神戸は垂水に行くのだが、駅前もあらかた行き尽くしたので、車で行ってその周辺を食べ散らかしている。
 その一つに全然近くはないが、和田岬ら辺もターゲットとなっている。

 昨年、地下鉄でいえば海岸線の苅藻駅近くに何軒か飲食店が連なってるのを発見し、まずはテールラーメンを食べてみた。
 今年に入ってその道路を挟んだ北側のラーメン屋さんにも行ってみた。
 さて、今回は。


Cimg0493Cimg0494 ・舞味(ふみ):本日の日替り定食(豚の生姜焼・まぐろ・煮物・出し巻)720円

 左の画像であるが、この方向(東)に進むとノエビアスタジアムがある。
 見ての通り、駐車場はないので堂々と路駐するが良かろう。
 右の画像からではこの店が以前は喫茶店であったことが窺える。

Cimg0495 えーっと、今日は何がお得なのか近くに寄ってメニュー確認。
 値段だけで言えばコロッケ定食520円だよな、ビーフコロッケ2ヶのみならず、煮物に出し巻までが付いてくる。
 おまかせ900円は値段的にワタシの哲学に反するし、とんかつはハナから視界にすら入ってない、からあげも同様。
 天ぷらは良いかもしれんが、前日揚げ物食べてたので断念、焼魚はパンチ不足と。
 なら自然と本日の日替りだよな、豚の生姜焼にまぐろに煮物に出し巻付きならお得でしょ。

Cimg0497 ガラッと入ってびっくり、店内ガテン系の人達でほぼ満員。
 たまたまお会計を済ませた人が居たのでそこに座らせてもらった、この時12時半くらい、ピークっちゃピークか。
 一番奥のテーブル席に女性3人組が居たが、そりゃ例外やろうね。

Cimg0496Cimg0498 カウンターに座って改めてメニュー確認、お昼のサービス定食はごはん1回ならおかわり可で大盛だとおかわり禁止だそうだ。
 一応、普通のメニューもパシャリ、居酒屋メニューやね。
 普通に何でもある、個人的にはすき焼鍋(和牛)1100円で呑みたいかも。

Cimg0499 とにかく混んでたので大将からは時間掛かるよ、とは言われたが、座っちゃったので出る訳にもいかず、辛抱して待つこと15分、ようやく出てきた本日の日替り定食。
 あれ、煮物とあるが冷や奴に変わってる、煮物終わったってことか。
 それにしても結構なボリューム、これはガテン系のあんちゃんが来るのもよく分かる。
 ちなみに日替り率がかなり高かったと言っていい。

Cimg0500 ではまずは生姜焼に添えられたキャベツからもぎゅもぎゅ、そして隣のレタスに移行。
 やっぱ健康の為には野菜から食べないと。
 そして冷や奴をチョイ食いし、いよいよ生姜焼、ばくり。
 おお、結構肉厚で食べ応えのある豚やないか、タレもそこそこ濃いめでご飯がススムくんちゃうの。
 じゃ、まぐろやまぐろ、わさびたっぷりで、おっとぅ、これも筋のない部分で好きなまぐろや。
 もうちょっと量があったらヅケにしてご飯に乗っけて食べるんやけど。
 出し巻は出来あいか、カキーンと冷えてた。
 だけど味噌汁はちゃんと出汁取ってた。
 たくあんも3キレあるとは嬉しいやん。
 ただしこの時のワタシはかなり終わりの方の客であったので、途中からご飯がないご飯がないと厨房で言ってたのが聞こえた。
 でもおかわり欲しかったから、半分でと控え目に言ったら半分もない1/4くらい盛りでちょっと寂しかった。

 まぁ、そこはお店側の事情もあるってことで、でも相対的には満足した。
 繁盛店なのも納得、これは近所やったらリピートするね。


Cimg0501 という訳で、真ん中のテールラーメンの店から右端の居酒屋を制覇した、なので最後はこの中華屋「一貫楼」さんを残すのみ。
 次はいつになるかな、年内には何とか行きたいが果たして。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月11日 (土)

岸和田駅前商店街ならココ「うどんとふぐべ」さんのおばんざいランチ600円

Cimg0472 年に一度だけだが、南海岸和田に行く。
 車ではもう少し行くこともあるのだが(つっても年に1・2回)、南海では年に1回。
 本当は7月の頭にいくはずだったのが、例の豪雨で行けなくなったので、1ヶ月遅れて行くことになった、暑ぅぅぅ。

Cimg0473 去年、駅の東側も西側も見てみたが、やはり商店街のある西側の方が南海岸和田駅は面白い。
 東側には激安のスーパーとコンビニとドラッグストア、激安スーパーは面白いが、いかんせん買って帰る訳ではないのでそれ程燃えない。

 なのでやはり商店街側、去年もこっちでお昼食べた。
 一応、去年食べた店を見に行ったが、この日は定休日であったが、名物の「キャベツメンチ」は健在のようであった。

Cimg0463 さて、11時過ぎてたので、あんまり時間はない。
 とりあえずまだ早くてシャッター街ではあるが(ひょっとしてこのままなシャッター街なのかもしれんが)、突き抜けて幹線道まで歩いてみた。
 気になる店は2軒程あったが、エスニックな気分じゃなかったことと、和食、特に魚や野菜のおかずが食べたかったってこともあり、ドンピシャな店があったのでここに決めた(画像はUターンした所、アーケード抜けた所が駅になる)。


Cimg0471Cimg0466 ・うどんとふぐべ:おばんざいランチ600円

 決め手のもう一つに隣が洋裁コシノであったってこともポイントかな。
 ちらっと調べただけだが、コシノ三姉妹の生家がギャラリーとして復活したそうだ。
 なるほど、コシノさんの看板が立ってるはずや。

Cimg0467 まぁ、ワタシには全く興味のない話なので、一瞥して何が食べられるのか看板で確認。
 ほほう、本日の小鉢が23品あって、ここから4品選んでランチとするそうだ。
 他にもうどんや丼や定食のメニューもあるが、やはり選べる多彩なおかずってことでおばんざいランチがやはり魅力であろう。

Cimg0468 ガラッと入って11時半で先客2名、カウンターの手前に座って(TVの前)、おばんざいがカウンターの中程に数々置かれてあるのでぷらっと見に行って4品チョイス。
 もちょっとじっくり見る暇があったら変わってたかもしれんが、いかんせんお客さんがおばんざいの前に座ってたので、あまりじろじろ見る訳にもいかず、そこそこで選んだ。
 目に付いた所で決めたのがこれは絶対の(番号はメニューの小鉢の番号)23.いわし煮付、6.ほうれん草だしびたし、13.じゃが芋とウインナーカレー炒め、18.肉豆腐。
 後でメニューじっくり見たら、れんこんきんぴらとか小松菜とひら天の煮びたしとかちくわいそべとかアジなんばんが気になるが、まぁ、良い選択だったと思う。

Cimg0469 そうして5分程経って出てきたおばんざいランチ、ご飯大盛にしてと言ったら結果、同じ値段で盛ってくれたのでますます良い店だぁ。
 おおお、なかなかのボリュームではないか。
 ちなみに左上のお漬物はサービス。
 ご飯の上にはゆかりちゃんがパラリ、吸い物は味噌汁ではなく、うどん屋さんらしくお出汁の吸い物仕立て、とろろ昆布仕様である。

Cimg0470 おばんざいはどれもお出汁が利いて優しい味付け、ワタシのメインはいわし煮付だったので、これには梅干しが付いてたら完璧だと思った。
 ほうれん草はもちろん一番最初に食べて、じゃが芋ウインナーカレー炒めはスパイス控え目なれどご飯ススム君。
 肉豆腐はもちょっと量があったら完璧(そりゃそーだろ)。
 お吸い物は鰹ってより昆布の味わいですっきり、ごはんの量も良かった。

 いやー、こんなに品数あってこの値段やったら、近所に居たらお昼ご飯も夜ご飯も作らんわ。
 実に使い勝手の良いお店だと思った次第。
 だからであろう、11時半過ぎたくらいからお客さんどんどん入って来てたもん。
 そりゃそーだよなー、このお店なら。


 女性お二人でこの時はやっておられた、実に居心地の良いお店だったので、来年もこの店でお昼を食べること今から決定。
 商店街侮り難し。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月23日 (月)

今こそ呉その①「八起」さんでおでん食いまくり焼酎ロック呑みまくり

 今回の大災害の前に実は広島は呉に行ってた。
 本当に大変だと思うが、少しでも早く復興して観光客がどんどん行ってお金を落としてもらいたい。
 なので微力ながらアシストさせていただく、何人がこれ見てるか知らんけど。

 5月末だったのだが一件呉でクレーム対応の仕事があったので、初めて呉で泊まってみた。
 呉の屋台通りには5年前くらいに一度行ったことがある。
 今時屋台もなかなかないからねぇ、必ず呑み食いすると決めてた。

Cimg0052 広島市内での仕事を終え、夕方に呉到着、前泊やね。
 出迎えてくれたのは何と「呉氏」であった。
 これが呉の新しいキャラクターみたい、「呉の顔、顔も呉、呉氏です!!」と言ってる。
 しかし果たしてここの顔穴に誰が突っ込んでSNSに上げるのであろうか…。
 まぁ、地道な活動ながらこういったキャラクターも大事やからね、現にワタシにこうやってヒットしてるしね。

Cimg0055Cimg0054 呉自体は10年くらい前にバイクで来た、その次はだから仕事で来たついでに呑みに寄った5年前。
 駅は相変わらずの地方都市の駅。
 この画像は翌日のね、快晴も快晴であった。
 「海色の歴史回廊 くれ」というオブジェも健在、ピカピカやな、今見たら。

 暗くなるまでホテルでハイボール濃いめ引っかけて、暗くなったら出動。
 駅からだと、東に歩けば川があるので、それを10分歩けば川沿いに屋台街がある。
 まぁ、これを見付けられん人は居らんやろ。

Cimg0044_2Cimg0047 川下からだと左の画像、川上から見たら右の画像。
 基本、おでん・ラーメン・焼鳥で、お好み焼きだったり串カツだったり、変わり種ではイタリアンなんかもあったりする。
 おでん屋の大将曰く、5年に一回くらい入札で店が変わることがあるそうだ。


Cimg0045Cimg0046_2 ・八起:おでん食いまくり焼酎ロック呑みまくり

 暗くなってるが19時くらいね、なので1番客であった。
 10軒くらいある屋台で何でこの店を選んだかというと、単にスマホン検索してたらこの店が人気あるって書いてあったから、ってミーハーかい!!!
 この屋台は屋台街の北限やけど、以前は更に端の店でおでん食べたのを屋台見て思い出した。

Cimg0049Cimg0048_2 一見、硬派なオヤジかと思ったが、喋るとなかなか親切な大将。
 まずは、つか最初から最後までおでんだろやっぱ。
 最初に目に付いただいこん・糸こんにゃく・たまご・ちくわ、各100円。
 焼酎ロックはいくらやったか、350円とかそんなんやったっけ(覚えてないんかい)。
 では大根からいただきまーす、もぎゅもぎゅ。
 うむ、非常に味が染みてる、そして出汁汁の味が醤油感濃い目やね。
 これは単純に好みの問題で、ワタシは酒がススム君かと思った。
 ワタシは練り物大好きなのでちくわは外せん、玉子も好きやし糸こんなんてどんだけ食べても太らんし(この時健康診断前)。

 次に行く前に大将にがんすはないのか訊いてみた、以前食べた屋台では置いてあったので。
 ここで解説、がんすとは平たい魚の練り物にパン粉をまぶして揚げたもの、関西でも「うまかつ」なる商品が出てるので名前は違うが見たら納得であろう。
 しかし大将曰く、がんすは出汁が汚れるので入れん、のだそうだ。

Cimg0050 次はお勧めを頼んでみた、しゅうまい・くきわかめ100円すじ120円。
 ほとんど100円だがすじは120円、くきわかめっておでんダネになるんや、へぇへぇへぇ。
 しゅうまいってあるけど注文したことないな、でも意外と美味しい。
 これこそ和がらしの出番やね、ひー辛。
 すじもええ加減で焼酎お代わりっと。

 ここでトイレブレイク。
 ここ呉の屋台通りは下水が整備されてるのがミソだそうだ。
 水回りはしっかりしているので、ここ自体が川横の遊歩道みたいな感じなので、トイレは近くにちゃんとあるので、どんどん呑むがヨロシ。

Cimg0051 復活、戻ってきて次何食べようっかな???
 あつあげ・ひらてん100円、ワタシのおでん種のベスト3に入るあつあげ、練り物もう一丁でひらてん。
 これも和がらしが後頭部に来てから眉間に来るよなー。

 そうして更に焼酎をロックで呑んで帰りに寝酒のハイボールを買って部屋に帰って呑んだ馬鹿者はワタシです。
 

Cimg0085 呉、戦艦大和か海自か屋台か、くらいしかなかったが、今は「この世界の片隅で」だそうだ。
 本屋にはサイン色紙があり、駅構内にはロケ地マップがある。
 大概は広島市内で済んでしまうので、上級者向けな呉だが、行けば楽しいので、夜も込みで今こそ行ってみ、県外人は歓迎されると思うぞ。
 行け行け呉!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧