2018年9月10日 (月)

西新宿5丁目でお昼ご飯「めし処 千草」さんの日替りランチ総菜3品(ほっけ・肉じゃが・揚げシュウマイ+ウインナー)ライス・みそ汁700円大盛+100円

 先週のドデカい台風の翌日に東京に行った。
 新幹線の混み方はハンパではなく、京都からもどっと乗ってきたので、京都~名古屋間では自由席に座れないので立つ客が数多く出た。
 いやー、座れて良かった。

 翌日、一件仕事を終え、西新宿5丁目に向かった。
 ここんとこ熊野神社前交差点を北に上がってラーメン屋さんを開拓してる。
 最初は「ひじり屋」さんと「麺屋さざんか」さんをハシゴ、前回は「ラーメン天華」さんを開拓。

Cimg0546 まだ北に行くと何があるのかいな???
 隙間から都庁を見て5分も歩かない内に何か非常にワタシ好みのお店を発見、ラーメンではないが入ることをソッコー決めた。


Cimg0544Cimg0545_2Cimg0543 ・めし処 千草:日替りランチ総菜3品(ほっけ・肉じゃが・揚げシュウマイ+ウインナー)ライス・みそ汁700円大盛+100円

 見ての通りのめし処である。
 お昼のランチは惣菜3品ライスに味噌汁で700円、出張中は家庭的な味が恋しくなるので、まさに打ってつけな店。
 小さく丸してるのは大盛+100円とある。
 ちなみに惣菜2品だと550円だそうである、リーズナブルやなー。

Cimg0539Cimg0540 12時半過ぎてたので先客まばら、がらっと入って一番右端のカウンター席に座る。
 さて、惣菜は何があるのかいな???
 パッと見、魚は必須なので訊くとほっけだと言う。
 食べたかったので肉じゃが、ウインナーも欲しいと言ったら、揚げシュウマイと混載してくれるという気遣い、ラッキー。
 
Cimg0541_2Cimg0542 ご飯大盛りでと注文して盛り盛りして味噌汁と一緒に出てきたワタシのチョイスがこれ。
 あんまり大きそうに見えんかもしれんが、実はかなり大盛。
 おかずをUPでどん、こういう普通の食事は外ではなかなか食べられないのよ、実は。
 
 では肉じゃがからもぎゅもぎゅ、素朴な味付けだねぇ、シンプルが一番。
 ほっけいただこう、醤油かけてほじほじ、これはご飯がススムおかず。
 もちょっと大きかったらもっと嬉しかった。
 そんでウインナーと揚げシュウマイにはソースをかける、醤油にソースに、良いじゃん。
 ウインナーはええ大人だからこそ食べたい、シュウマイはウスターソースが好み。
 味噌汁も普通に美味しかったし、ご飯大盛あっちゅう間に完食。

 800円でこれだけ食べられたらOKでしょう、あえて言うなら780円ならもっと良かった(また細かいことを)。


 この道まだまだ先に何かありそう。
 つか、この表通りの裏に入ってもいろんな店がある、流石東京。
 また探検しちゃおう、侮れん西新宿5丁目なのであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 4日 (火)

福山は新涯でステーキ「エムズステーキ」さんの牛サーロインステーキ定食オリジナルソース150gごはん・味噌汁・日替わりスープおかわり自由

 今は快晴と言っていいここ兵庫県。
 昨日は早々に今日5日の休みが発表されたウチの会社であるが、何だか申し訳ない気になっている。
 まぁ、これからもの凄い風と雨になるんろうけど。

 さておき仕事で広島は福山市にいつも行ってるんだが、最近やけに気になるのが、新涯ステーキ戦争。
 2ヶ月くらい前やったか、新涯6丁目の交差点に「いきなり」がいきなり出来てびっくりした。
 駅から全然近くもないのに、と思ってたが、開店してからかなりのお客さんの入りで、駐車場いつも満車で驚かされる。
 そんな話をお客さんとしてたら、その道を(県道380)を北に上がって、ガ○トとFMの交差点(新涯中央)を東に折れた所に春に出来た(4月であった)ステーキハウスがあるよ、と紹介されてたので、行ってみることにした。


Cimg0534Cimg0536Cimg0537 ・エムズステーキ:牛サーロインステーキ定食オリジナルソース150gごはん・味噌汁・日替わりスープおかわり自由

 いやー、これ教えてもらわないと絶対分からんよ。
 この新涯中央の交差点を西に行くことはあっても東には行かんもん。
 いつの間にかドラッグストアーが出来てたが、そもそも東に行っても何にもないし。
 地元情報ありがたし。

Cimg0529 ちゅー訳で、12時少し前に入れたので券売機でメニューチェックしてチケット買ってすんなり座れた。
 画像では駐車場が満車になってるので、後からどんどんお客さんが入ってきた訳やね。
 客層は奥さん方とサラリーマンにガテン系が一部ってとこか。

Cimg0530 メインは牛サーロインでオリジナルソースかポン酢、ご飯の上にステーキが乗ってるステーキライス、よく分からんがご飯の周りにステーキが敷き詰められているビーフソテー、そんで魚介のフライとステーキの盛り合わせ、いずれも1080円。
 あと、魚介のミックスフライにエビフライ、フォアグラボールなる珍なメニューもある。
 あ、ビーフカツレツとポークカツレツもあるで。

 基本セルフで、食券渡してカウンター席に一番端の少し悲しいぼっち席に案内されて、スープを取りに行く。 
 この日はコーンスープ、後からいただいたが味噌汁は玉ねぎであった。
 そんでステーキが出てきたのでごはんを茶碗に盛って、箸でいただくことに。

Cimg0531Cimg0532 まぁ、焼くだけなので5分程で出てきた牛サーロインステーキ150g。
 ポテトにキャベツにスパゲッティが付け合わせで出てくる。
 オリジナルソースはたっぷりかかってこれだけでごはん食べられそうな勢いや。

Cimg0533 では野菜食べた後に肉食べよう、肉。
 焼き方的にはミディアムくらいなんかな、結構血が滴る。
 ソースたっぷり付けてもぎゅもぎゅ、うん、結構にんにくが利いてコショウ感もあるな。
 オリジナルソースとやらわ醤油と玉ねぎにみりんに酒、あと何じゃろ???
 
 うーん、何やろこの満たされない感は。
 セルフってことでお店が何もやってないってことか、それともコーンスープも味噌汁も薄くて安っぽいからか。
 肉が普通の皿なのですぐ冷えるからか、血が滴るのは良いけど、キャベツやスパが血だらけになったからか。
 肉焼くだけでご飯と味噌汁なら500円くらいで肉買ってきて家で焼いた方が安いと思ってしまったからか。
 何か外で食べることのごちそう感っていうのを全く感じなかった。
 これがサラダバーやったらまだ少し外食感があったんかもしれんが、これはただの人件費節約にしか思えんかった。


 ということで、ワタシ的には辛口になってしまったが、お客さんはたくさん入ってるので、これはこれでOKなんであろう。
 次は新涯6丁目の交差点を福山駅方面に西に折れてちょっとの所にもステーキハウスがあるので、そこに行ってみたい(あくまで「いきなり」はスルー)。
 果たしてこの新涯ステーキ戦争の行方は如何に!? 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月29日 (水)

海岸線苅藻駅第三弾「舞味(ふみ)」さんの本日の日替り定食(豚の生姜焼・まぐろ・煮物・出し巻)720円

 何ヶ月かに一回、神戸は垂水に行くのだが、駅前もあらかた行き尽くしたので、車で行ってその周辺を食べ散らかしている。
 その一つに全然近くはないが、和田岬ら辺もターゲットとなっている。

 昨年、地下鉄でいえば海岸線の苅藻駅近くに何軒か飲食店が連なってるのを発見し、まずはテールラーメンを食べてみた。
 今年に入ってその道路を挟んだ北側のラーメン屋さんにも行ってみた。
 さて、今回は。


Cimg0493Cimg0494 ・舞味(ふみ):本日の日替り定食(豚の生姜焼・まぐろ・煮物・出し巻)720円

 左の画像であるが、この方向(東)に進むとノエビアスタジアムがある。
 見ての通り、駐車場はないので堂々と路駐するが良かろう。
 右の画像からではこの店が以前は喫茶店であったことが窺える。

Cimg0495 さて、今日は何がお得なのか近くに寄ってメニュー確認。
 値段だけで言えばコロッケ定食520円だよな、ビーフコロッケ2ヶのみならず、煮物に出し巻までが付いてくる。
 おまかせ900円は値段的にワタシの哲学に反するし、とんかつはハナから視界にすら入ってない、からあげも同様。
 天ぷらは良いかもしれんが、前日揚げ物食べてたので断念、焼魚はパンチ不足と。
 なら自然と本日の日替りだよな、豚の生姜焼にまぐろに煮物に出し巻付きならお得でしょ。

Cimg0497 ガラッと入ってびっくり、店内ガテン系の人達でほぼ満員。
 たまたまお会計を済ませた人が居たのでそこに座らせてもらった、この時12時半くらい、ピークっちゃピークか。
 一番奥のテーブル席に女性3人組が居たが、そりゃ例外やろうね。

Cimg0496Cimg0498 カウンターに座って改めてメニュー確認、お昼のサービス定食はごはん1回ならおかわり可で大盛だとおかわり禁止だそうだ。
 一応、普通のメニューもパシャリ、居酒屋メニューやね。
 普通に何でもある、個人的にはすき焼鍋(和牛)1100円で呑みたいかも。

Cimg0499 とにかく混んでたので大将からは時間掛かるよ、とは言われたが、座っちゃったので出る訳にもいかず、辛抱して待つこと15分、ようやく出てきた本日の日替り定食。
 あれ、煮物とあるが冷や奴に変わってる、煮物終わったってことか。
 それにしても結構なボリューム、これはガテン系のあんちゃんが来るのもよく分かる。
 ちなみに日替り率がかなり高かったと言っていい。

Cimg0500 ではまずは生姜焼に添えられたキャベツからもぎゅもぎゅ、そして隣のレタスに移行。
 やっぱ健康の為には野菜から食べないと。
 そして冷や奴をチョイ食いし、いよいよ生姜焼、ばくり。
 おお、結構肉厚で食べ応えのある豚やないか、タレもそこそこ濃いめでご飯がススムくんちゃうの。
 じゃ、まぐろやまぐろ、わさびたっぷりで、おっとぅ、これも筋のない部分で好きなまぐろや。
 もうちょっと量があったらヅケにしてご飯に乗っけて食べるんやけど。
 出し巻は出来あいか、カキーンと冷えてた。
 だけど味噌汁はちゃんと出汁取ってた。
 たくあんも3キレあるとは嬉しいやん。
 ただしこの時のワタシはかなり終わりの方の客であったので、途中からご飯がないご飯がないと厨房で言ってたのが聞こえた。
 でもおかわり欲しかったから、半分でと控え目に言ったら半分もない1/4くらい盛りでちょっと寂しかった。

 まぁ、そこはお店側の事情もあるってことで、でも相対的には満足した。
 繁盛店なのも納得、これは近所やったらリピートするね。


Cimg0501 という訳で、真ん中のテールラーメンの店から右端の居酒屋を制覇した、なので最後はこの中華屋「一貫楼」さんを残すのみ。
 次はいつになるかな、年内には何とか行きたいが果たして。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月11日 (土)

岸和田駅前商店街ならココ「うどんとふぐべ」さんのおばんざいランチ600円

Cimg0472 年に一度だけだが、南海岸和田に行く。
 車ではもう少し行くこともあるのだが(つっても年に1・2回)、南海では年に1回。
 本当は7月の頭にいくはずだったのが、例の豪雨で行けなくなったので、1ヶ月遅れて行くことになった、暑ぅぅぅ。

Cimg0473 去年、駅の東側も西側も見てみたが、やはり商店街のある西側の方が南海岸和田駅は面白い。
 東側には激安のスーパーとコンビニとドラッグストア、激安スーパーは面白いが、いかんせん買って帰る訳ではないのでそれ程燃えない。

 なのでやはり商店街側、去年もこっちでお昼食べた。
 一応、去年食べた店を見に行ったが、この日は定休日であったが、名物の「キャベツメンチ」は健在のようであった。

Cimg0463 さて、11時過ぎてたので、あんまり時間はない。
 とりあえずまだ早くてシャッター街ではあるが(ひょっとしてこのままなシャッター街なのかもしれんが)、突き抜けて幹線道まで歩いてみた。
 気になる店は2軒程あったが、エスニックな気分じゃなかったことと、和食、特に魚や野菜のおかずが食べたかったってこともあり、ドンピシャな店があったのでここに決めた(画像はUターンした所、アーケード抜けた所が駅になる)。


Cimg0471Cimg0466 ・うどんとふぐべ:おばんざいランチ600円

 決め手のもう一つに隣が洋裁コシノであったってこともポイントかな。
 ちらっと調べただけだが、コシノ三姉妹の生家がギャラリーとして復活したそうだ。
 なるほど、コシノさんの看板が立ってるはずや。

Cimg0467 まぁ、ワタシには全く興味のない話なので、一瞥して何が食べられるのか看板で確認。
 ほほう、本日の小鉢が23品あって、ここから4品選んでランチとするそうだ。
 他にもうどんや丼や定食のメニューもあるが、やはり選べる多彩なおかずってことでおばんざいランチがやはり魅力であろう。

Cimg0468 ガラッと入って11時半で先客2名、カウンターの手前に座って(TVの前)、おばんざいがカウンターの中程に数々置かれてあるのでぷらっと見に行って4品チョイス。
 もちょっとじっくり見る暇があったら変わってたかもしれんが、いかんせんお客さんがおばんざいの前に座ってたので、あまりじろじろ見る訳にもいかず、そこそこで選んだ。
 目に付いた所で決めたのがこれは絶対の(番号はメニューの小鉢の番号)23.いわし煮付、6.ほうれん草だしびたし、13.じゃが芋とウインナーカレー炒め、18.肉豆腐。
 後でメニューじっくり見たら、れんこんきんぴらとか小松菜とひら天の煮びたしとかちくわいそべとかアジなんばんが気になるが、まぁ、良い選択だったと思う。

Cimg0469 そうして5分程経って出てきたおばんざいランチ、ご飯大盛にしてと言ったら結果、同じ値段で盛ってくれたのでますます良い店だぁ。
 おおお、なかなかのボリュームではないか。
 ちなみに左上のお漬物はサービス。
 ご飯の上にはゆかりちゃんがパラリ、吸い物は味噌汁ではなく、うどん屋さんらしくお出汁の吸い物仕立て、とろろ昆布仕様である。

Cimg0470 おばんざいはどれもお出汁が利いて優しい味付け、ワタシのメインはいわし煮付だったので、これには梅干しが付いてたら完璧だと思った。
 ほうれん草はもちろん一番最初に食べて、じゃが芋ウインナーカレー炒めはスパイス控え目なれどご飯ススム君。
 肉豆腐はもちょっと量があったら完璧(そりゃそーだろ)。
 お吸い物は鰹ってより昆布の味わいですっきり、ごはんの量も良かった。

 いやー、こんなに品数あってこの値段やったら、近所に居たらお昼ご飯も夜ご飯も作らんわ。
 実に使い勝手の良いお店だと思った次第。
 だからであろう、11時半過ぎたくらいからお客さんどんどん入って来てたもん。
 そりゃそーだよなー、このお店なら。


 女性お二人でこの時はやっておられた、実に居心地の良いお店だったので、来年もこの店でお昼を食べること今から決定。
 商店街侮り難し。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月23日 (月)

今こそ呉その①「八起」さんでおでん食いまくり焼酎ロック呑みまくり

 今回の大災害の前に実は広島は呉に行ってた。
 本当に大変だと思うが、少しでも早く復興して観光客がどんどん行ってお金を落としてもらいたい。
 なので微力ながらアシストさせていただく、何人がこれ見てるか知らんけど。

 5月末だったのだが一件呉でクレーム対応の仕事があったので、初めて呉で泊まってみた。
 呉の屋台通りには5年前くらいに一度行ったことがある。
 今時屋台もなかなかないからねぇ、必ず呑み食いすると決めてた。

Cimg0052 広島市内での仕事を終え、夕方に呉到着、前泊やね。
 出迎えてくれたのは何と「呉氏」であった。
 これが呉の新しいキャラクターみたい、「呉の顔、顔も呉、呉氏です!!」と言ってる。
 しかし果たしてここの顔穴に誰が突っ込んでSNSに上げるのであろうか…。
 まぁ、地道な活動ながらこういったキャラクターも大事やからね、現にワタシにこうやってヒットしてるしね。

Cimg0055Cimg0054 呉自体は10年くらい前にバイクで来た、その次はだから仕事で来たついでに呑みに寄った5年前。
 駅は相変わらずの地方都市の駅。
 この画像は翌日のね、快晴も快晴であった。
 「海色の歴史回廊 くれ」というオブジェも健在、ピカピカやな、今見たら。

 暗くなるまでホテルでハイボール濃いめ引っかけて、暗くなったら出動。
 駅からだと、東に歩けば川があるので、それを10分歩けば川沿いに屋台街がある。
 まぁ、これを見付けられん人は居らんやろ。

Cimg0044_2Cimg0047 川下からだと左の画像、川上から見たら右の画像。
 基本、おでん・ラーメン・焼鳥で、お好み焼きだったり串カツだったり、変わり種ではイタリアンなんかもあったりする。
 おでん屋の大将曰く、5年に一回くらい入札で店が変わることがあるそうだ。


Cimg0045Cimg0046_2 ・八起:おでん食いまくり焼酎ロック呑みまくり

 暗くなってるが19時くらいね、なので1番客であった。
 10軒くらいある屋台で何でこの店を選んだかというと、単にスマホン検索してたらこの店が人気あるって書いてあったから、ってミーハーかい!!!
 この屋台は屋台街の北限やけど、以前は更に端の店でおでん食べたのを屋台見て思い出した。

Cimg0049Cimg0048_2 一見、硬派なオヤジかと思ったが、喋るとなかなか親切な大将。
 まずは、つか最初から最後までおでんだろやっぱ。
 最初に目に付いただいこん・糸こんにゃく・たまご・ちくわ、各100円。
 焼酎ロックはいくらやったか、350円とかそんなんやったっけ(覚えてないんかい)。
 では大根からいただきまーす、もぎゅもぎゅ。
 うむ、非常に味が染みてる、そして出汁汁の味が醤油感濃い目やね。
 これは単純に好みの問題で、ワタシは酒がススム君かと思った。
 ワタシは練り物大好きなのでちくわは外せん、玉子も好きやし糸こんなんてどんだけ食べても太らんし(この時健康診断前)。

 次に行く前に大将にがんすはないのか訊いてみた、以前食べた屋台では置いてあったので。
 ここで解説、がんすとは平たい魚の練り物にパン粉をまぶして揚げたもの、関西でも「うまかつ」なる商品が出てるので名前は違うが見たら納得であろう。
 しかし大将曰く、がんすは出汁が汚れるので入れん、のだそうだ。

Cimg0050 次はお勧めを頼んでみた、しゅうまい・くきわかめ100円すじ120円。
 ほとんど100円だがすじは120円、くきわかめっておでんダネになるんや、へぇへぇへぇ。
 しゅうまいってあるけど注文したことないな、でも意外と美味しい。
 これこそ和がらしの出番やね、ひー辛。
 すじもええ加減で焼酎お代わりっと。

 ここでトイレブレイク。
 ここ呉の屋台通りは下水が整備されてるのがミソだそうだ。
 水回りはしっかりしているので、ここ自体が川横の遊歩道みたいな感じなので、トイレは近くにちゃんとあるので、どんどん呑むがヨロシ。

Cimg0051 復活、戻ってきて次何食べようっかな???
 あつあげ・ひらてん100円、ワタシのおでん種のベスト3に入るあつあげ、練り物もう一丁でひらてん。
 これも和がらしが後頭部に来てから眉間に来るよなー。

 そうして更に焼酎をロックで呑んで帰りに寝酒のハイボールを買って部屋に帰って呑んだ馬鹿者はワタシです。
 

Cimg0085 呉、戦艦大和か海自か屋台か、くらいしかなかったが、今は「この世界の片隅で」だそうだ。
 本屋にはサイン色紙があり、駅構内にはロケ地マップがある。
 大概は広島市内で済んでしまうので、上級者向けな呉だが、行けば楽しいので、夜も込みで今こそ行ってみ、県外人は歓迎されると思うぞ。
 行け行け呉!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 2日 (月)

遅ればせながら新規開店訪問「天ぷらスガキヤ 万松寺通り店」さんで天ぷら盛り合わせ450円+税ハイボール278円+税イカ天90円+税まいたけ天90円+税ハイボール278円+税

 せっかく開店の日に行ったのに10日以上遅くなってしまったのはもったいないことだ。
 先々週名古屋に行った際に、風の噂で大須にスガキヤさんの新店舗ができると聞いた。
 何でも天丼がメインでチョイ呑みも可とのこと。
 これは名古屋エリアを統括しているワタシは行っとかないといかんだろ。

 つー訳で大須はスガキヤさんのホームグラウンド、ラーメンの店もそこかしこにあるし、博多うどんの店もある。
 そして今度は天丼、大須のメインストリート万松寺通りの激安スーパー「サノヤ」の真隣に21日オープンしたので軽く呑み食べしてきた。


Cimg0391 ・天ぷらスガキヤ 万松寺通り店:天ぷら盛り合わせ450円+税ハイボール278円+税イカ天90円+税まいたけ天90円+税ハイボール278円+税

 「万松寺通り店」と言うからには次の店も予定してるんかな???
 とにかくこの店が成功すれば新店も増えるってか。
 しかしよく「サノヤ」の隣が開いてたこっちゃ。

 着いたのは18時半くらい、いかにも開店したてのお店側のしどろもどろさが外からでも伝わる。
 お客さんも入ってええもんかどうかとまどってるような感じ。
 そりゃいきなり「天ぷらスガキヤ」やもんな、初めてやからしゃーねーか。

Cimg0392 一応、チョイ呑みOKですか??? と尋ねたら、どうぞどうぞと中に入れてくれた。
 その前にA型看板のメニューを撮ってと。
 凄いなー、一番安いメニューでとり天3枚にんじん天1枚スナップえんどう天1個のとり天ぷらセットで390円+税。
 味噌汁付きか、ご飯は大盛・並盛・小盛から選べるという、大盛で390円+税ならそれはとてもとてもリーズナブルではないか。
 小うどんに変更すると+180円なんだそうだ、ここはラーメンではなくうどんなのね。

Cimg0397 この時間はそれ程混んでいなかったので、入ってすぐにセルフうどんばりに流れ作業でオーダーし、品物を受け取る。
 天ぷらなので時間掛かるのかと思いきや、混んでなかったってのもあって、スムーズにもらえた。
 店内はこんな感じで壁向いのカウンター席と奥にテーブル席がある。

Cimg0398Cimg0395_2 注文したのは天ぷら盛り合わせとハイボール、内訳はかぼちゃ天1枚とり天1枚海老天1本にんじん天1枚いか天1枚スナップえんどう天1個、天つゆ付。
 6品で450円なら安いと思うが、受け取ったのを見ると何か少し寂しい感じが否めん。
 まぁ、450円という価格のインパクトを全面に出すならこうなるのか。
 チョイ呑みなのでこれで良いのか。

Cimg0396_2 天ぷら自体は揚げ立てで天つゆの味もしっかりしてるので、まぁ、450円でやいやい言うのも筋違いってこったね。
 ただとり天は1枚ってくらいなので薄い、これは多分揚げる時間を他の天ぷらと等しくする為の厚さと見た。
 ハイボールはブラックニッカクリアハイボールで9%のアルコール度数、丁度ええ感じや。
 他のアルコールは生が371円+税、冷酒が371円+税、レモンサワーが278円+税であった。

Cimg0399 チョイ呑みなのでサクッと食べて、追加注文はどうするのかいな???
 お店の人に言ったら、お金払って後でテーブルまで届けてくれた。
 イカ天とまいたけ天とハイボールをチョイス。
 イカ天2回注文してるってことはイカ天良かったんかな(笑)???

Cimg0400Cimg0394 基本天丼なので隣に漬物として福神漬が置いてあって、これでまた呑めちゃう。
 福神漬好きじゃぁぁぁ。
 あと、天ぷらスガキヤオススメの食べ方ってのもあったので貼っておく。
 要は自分で盛り付けるのセルフ感が楽しいってことらしい。

 結局、ハイボール2缶呑んで天ぷら8品で計1280円、まさにチョイ呑み!!!
 「丸亀」の天ぷらで呑んでる人がどれだけ居るのか知らんが、こういう使い方もあるのは便利っちゃあ便利か。
 天ぷらという敷居が高そうなのをここまで下げてくれるのは助かる。
 なかなか大須に行くことはないんだが(お客さんが居ない)、名駅のエスカにできたら行くかな。


 ってことでエスカ名古屋の「ラーメン寿がきや」さんを「天ぷらスガキヤエスカ名古屋店」に改装して下さい、ヨロシク。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月11日 (月)

鳥取で美味い魚を食べる「海鮮問屋 村上水産鮮魚部」さんで魚食いまくり酒呑みまくり

 今まで書き溜めてたネタがあるんだが、すっ飛ばして先週の土・日で行ってきた鳥取の魚の美味い店をアゲル。
 そこは旬の魚を食べられるので、これが食べたい人は今すぐ行くが良かろうという話。

 何しに行ったかというと、毎年行ってる「砂の美術館」の新展示。
 今年は北欧ということで、去年北欧に行ったワタシにピッタリの展示であった。
 ウチからだと2時間で鳥取砂丘まで行けちゃうので、それ程遠いという感覚はない。
 けど他に砂丘しかなく、砂丘は数十年変わらんと思われるので、今回は見てもいない。
 たっぷり砂像を堪能したので夜はやはり日本海の海の幸を堪能したい。
 特に鰹のたたきともさ海老。


Cimg0292 ・海鮮問屋 村上水産鮮魚部:魚食いまくり酒呑みまくり

 場所はJR鳥取駅から迷わず歩いて5分。
 というのも決してメインの通りではないから。
 たぶん駅の東にあるローソンとポプラの合体店を北に上がった所かと。

 店の外観の写真がないのは、店を見付けて表のメニュー見てテンションが上がってしまって勢い入ってしまったから。
 帰りは酔っぱらってるので外観取り損ねたことに気付いてない。
 なのでお店のiPADの画像で勘弁して欲しい。

 18時過ぎに到着し、入ってみたら実に広い店内。
 まだ時間も早かったので案内されてテーブル席に座る。
 そうするとおねいさんが説明に来る、注文はこのiPADにする訳だ、21世紀やね。

 何でこの店にしたかというと、ネットで地元の美味い魚の店を探してたらこちらのHPに行き着いた。
 新鮮な魚がとても美味そうだったので、値段も手頃やし行ってみたいと思った訳だ。
 繰り返すが食べたかったのは超新鮮な鰹のたたきともさ海老、この時期美味しいとされる白いかも食べたい。
 メニューをタッチして探してたら、全てあったので嬉しくなった。
 そんであご(とびうお)、これを刺身で食べちゃうんだと、食べる食べる食べる。

Cimg0288Cimg0289 そうして生を注文し、最初に出てきたのが白いか972円。
 次に出てきたのがもさ海老刺身1080円。
 まずはここから食べてみよう、しょうがが付いてきたのでしょうがでまずは白いかどれどれ。
 魚ぉぉぉ、角がピシッと立ってるが噛めばねっちょりと旨味がにじみ出てくる、これはイケます、うめー。
 続いて念願のもさ海老久しぶりー、甘えびより大きめ、もさえびは猛者海老と書くらしい。
 わさびちょい付けで、これもねっちょりと口の中でとろける甘さがある、いくらでも食べられるが4尾しかないのが惜しい!!!

Cimg0290Cimg0291 あご(とびうお)刺身が来たぞ756円。
 でかー、胸びれすげー、羽みたいやん、こりゃ飛ぶわ。
 最初わさび、胸びれにはしょうがまぶされてるので、それぞれで食べる。
 ほー、味は鰺みたいな感じ(駄洒落てしまった)。
 これも珍味ではなく普通に直球の美味さや、この頃からはハイボールから日本酒になってる。
 まさに酒の肴、お酒ススム君やわ。

Cimg0293 やっと出てきたかつおの藁焼き1080円、藁焼き期待するやんけ。
 どれどれ、角はあるし、藁で炙った焦げた香りはあるが、今さっき焼きましたって感じじゃないな。
 惜しいけど美味い、これは粗塩で食べるのだそうだが、ワタシは塩たたきより断然ポン酢の方が美味いと思うので、この塩ブームには一言言いたい、ポン酢で食え!!!

Cimg0296Cimg0297 どんどん調子が上がってくるんだが、もさ海老は食べ終わったら頭と尾を揚げてくれるという二度美味しい。
 それと一緒に下足の天ぷら540円もお願いした、油欲しい!!!
 このもさ海老、身も当然ナイスなんだが、揚げたらまた香ばしい、カリカリでっせ。
 ワタシは海老フライは尾っぽが一番美味いと思ってるのでこれはナイス。
 そして下足の天ぷら、熱々でジューシーで下足ファンにはたまらん。

 いやー、満足した。
 今行くともさえびに白いかに藁焼き鰹のたたきが食べられる。
 あご(とびうお)も食べてみたい人は是非注文すべき。


 来年もまたこの店に行くことが決定した。
 鳥取何もないと思ってたが、こんな店があったとは鳥取侮るべからず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月21日 (土)

富山県は高岡市で美味い魚を食べる「たかまさ」さんで造り盛り合わせ1340円生ホタルイカ釜あげ650円生ビール・ハイボール呑みまくり

 先日、5年以上ぶりに富山県は高岡市に行って来た。
 最近、金沢泊まりで能登半島に行く仕事を作ったので、福井・石川県はテリトリーになったんだが、富山県はお客さんがほとんどないので、滅多に行くこともないんだが、案件が出来たので久々に行った。

Dsc_0202 切符を買った際に、金沢からはJRじゃなくてIRいしかわ鉄道ですよ、と言われた。
 何でも北陸新幹線金沢駅開業に伴いJRから経営分離されたそうだ。
 駅は5年以上前に行った際には既に新築の美しい駅になっていたのだが、今回は駅前がとても整理されてて驚いた。
 地下街も新しく出来てて飲食店も入って何じゃこりゃって感じ。
 
Photo それより何より、駅前の廃墟ビルみたいなのがなくなっている、がちょーん。
 ワタシは香港の九龍城みたいだと思ってたんだが、お客さんに訊いたら二人が二人とも「高岡の九龍城」と言ってたのにはやはりなと、ニヤリした。
 これは5年以上前の画像だが、根性出してビルを探索して下の方から全体を写したもの、これだけ見たらそれ程怖そうに見えんが実際は不気味ですらあったのだよ。
 まだ駅の北側に往時を思い起こさせるテナントビルが残ってたが、あの廃墟ビルには遠く及ばない。

Dsc_0205 一軒目のお客さんは西に歩いて20分くらいの所にあり、残念ながら路面電車は乗れない。
 何か今の流行っぽいイメージキャラクターが書かれてたが、何やったんやろう???
 今見たら「古久こしの」さんって読めるが、よう分からん。

Dsc_0209Dsc_0211 今調べたらそんなことより(そんなことって・笑)、ドラえもんラッピング電車、ドラえもんトラムが走ってるそうだ。
 言うまでもなく(いや、言わな分からん)、ここ富山県高岡市は藤子・F・不二男先生の出身地、なので駅前にはドラえもんのキャラクターの銅像がある。
 ウイング・ウインク高岡の「ドラえもんの散歩道」と言うらしい。
 このキャラクターとの間を子供達は喜んで「散歩」するのであろう。
 なかなかドラえもんトラムは希少なようだが、8月まで走ってるそうなので、新幹線エヴァンゲリオンかドラえもんトラムか、鉄っちゃんは乗りに行くが良かろう。

 そんで一件目のお客さんと雑談してて、この方が結構なお酒好きであることが判明し、高岡にも美味しいお店があるので是非どうぞと紹介してくれた。
 何だけどこの時点でまだ16時、夜は金沢泊まりであったので、金沢でおでんでも食べるかと思ってたんだが、えらく推してくれたので、もう一件お客さんを訪問してから行くことにした。

Dsc_0206Dsc_0207 途中、金屋町の辺りをぶらつく。
 ここ高岡は鋳物の町なので金の橋の上に鎮座したフェニックスなんかを眺めてみたり。    
 金屋町は竹原の町並み保存地区みたいやが、この日はただの木曜日なので観光客なんかは誰も居なかった。
 余談だが全国の小学校にある二宮金次郎像は9割が高岡で造られたんだそうだ、へぇへぇへぇ。

 そんでもう一件のお客さん(こっちは駅西出て南下ること5分)との商談を終えて出てきたのが17時過ぎ。
 まぁ、もうけ話で言ったのではなく、どちらかというと頭下げる、的な話だったので、とりたてて問題はなかった。

Dsc_0213_2 普通はまだ仕事をしてる時間であるが、出先なので呑みに行っても宜しかろう。
 つか呑む気満々やし。
 この日の高岡は4月アタマなのにまるで真冬の日本海側独特の鉛色の空で、まった寒かったのよ、これが。
 ただ曇ってるだけでも雰囲気あるんだよなー。
 お店は駅西出て5分くらいってことやったので、大通りから路地に入るんだが、すぐ発見できた。
 ま、迷う所もなかったってのが本音やが。


Dsc_0214Dsc_0215 ・たかまさ:造り盛り合わせ1340円生ホタルイカ釜あげ650円生ビール・ハイボール呑みまくり

 結局17時半頃に着いたんだが、メイン通りには人はほとんど居ないのに、ここの店内は既にほぼ満員。
 メチャメチャ人気店やなー。
 厨房に「吉田類の酒場放浪記」のステッカー貼ってるのを見付けた。
 今調べてみたら第398回に登場、富山県で唯一の訪問店らしいので、BS-TBSの再放送をチェックして観るぞ。 


Dsc_0216 カウンターの端が空いてたので、そこに座って、真横にあるメニュー確認。
 やっぱり魚なのでお造り盛り合わせ、気になるのは白エビ唐揚げとガメエビ唐揚げ、なんだけど、お店の人に訊いたら、生ホタルイカ釜あげがお勧めって事で注文。

Dsc_0218 生ビール二杯目くらいで出てきたお造り盛り合わせがこちら、左のブロッコリーは突き出し。
 よく分からんので何の魚かを教えてもらった。
 左下のサーモンのようなピンク色をしたのは高岡ではザスって言うカジキマグロ。
 まずはここから食べる、おおー、あっさりしながら旨味もあるな。
 隣のブリは形もビシッとしっかりしてかつ脂の乗りが凄い。
 真ん中の上がメバルの刺身、珍しいなー、淡泊ながら旨味がじんわり。
 右上が平目で昆布締めされている、口に入れたらねっちょり旨味も濃い濃い。
 真ん中下のしめ鯖はしめ加減が良く、右下のイワシも脂ノリノリ。

Dsc_0217 お造りのちょい後に来た生ホタルイカの釜あげ、これ釜あげなので熱々なのよ、ほかほか湯気が。
 口の中に入れた途端に濃厚な頭の部分の旨さが炸裂し、これはかなり珍味、お勧めされることはある。
 冷えたら美味しくないので、実際はお造りよりこっちを優先的に食べた。

Dsc_0272 一人なので、これ以上は食えんかったのが惜しい。
 途中からハイボールに切り替えてぐびぐび呑んで、金沢まで40分かけて戻らにゃならんので、割と早めに終戦。
 会計時にどこかのラーメン屋さんじゃないけど、次月使える生ビール券をいただく。
 うーん、行きたいけど次行くのは何年後かな、もったいない。

Dsc_0222 帰りは出来たての地下道で高岡駅まで行ったが、美味そうなイタリアンとかがあり、ここで泊まっても良かったような気になる。
 IRいしかわ鉄道はそんなに本数が出てる訳ではないので、駅のテナント冷やかし、富山ブラックチョコソフト…は食べんかったが、帰りの40分で呑む用の角ハイボール濃いめ500ml持って乗り込んでちびりちびり。
 結局金沢ではコンビニでワイン1本買ってホテルで呑んで寝ただけ、惜しい。


 つーことで、滅多に行かない高岡を舌で堪能した。
 メニューもあのボードだけじゃなくていろいろあるので、お店の人に尋ねると親切に教えてくれると思うぞ。
 いやー、最近とみに魚やなー、日本海側侮れず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月10日 (火)

和歌山市の夜は…「すず音」さんで魚食べまくり酒呑みまくり

 今月半ばに2年ぶりくらいに和歌山に行った。
 みかんで有名な有田市、JRの駅で言うならこないだまで盛り上がってた高校野球で有名な箕島高校のある箕島駅(今はすっかり大谷くんだが)。
 いつもは日帰りなんだけど、後学の為に行っておきたい店があったので、不本意ながら1泊することにした(何が不本意だ!)。

 なんだが、和歌山の歓楽街と言えばぶらくり丁だが、もはや死んでいる(ヲイヲイ)。
 なので何かないかとスマホンで必死に探して見付けたお店。
 いやー、今となっては行って良かったよ、マジで。


313 ・すず音:魚食べまくり酒呑みまくり

 ぶらくり丁を西から入るとDASH和歌山があって(ここがそうか!!!)、そこを更に東に行くと川がある、和歌川というが、その川を越えないで川に沿って北に上がると東西に走る城北通りという通りに出るが、そこも越えて100m程北に上がったとこ。
 決してメイン通りではないので、心して探して行くが良い。

 ワタシが着いたのが18時くらい、玄関が暗すぎるのは呑み食いし終わった後で撮った画像だから。
 「紀南しょらさん酒場」と書かれてあるが、これはどういう方言なのであろう、しょらさん??? 確認した所、しょらさんんとは串本弁で愛しい人と言う意味だそうだ。
 とにかくそう目立つ店ではないのでしっかり確認、がらっと入ると、座敷とカウンターに別れてる。
 座敷はこの日は宴会の予約があったようで、ほとんどを押さえられていた。
 カウンターに既に2人客、座敷の一番奥のテーブルがひとつ空いてたので、そこに座らせてもらった。

PhotoPhoto_2 メニューこんなん、ここにしょらさんの意味が書いてある。
 残念ながらかつおのたたきはまだメニューではないようだ。
 名物のめはり寿司に手こね寿司、いきなり米はイランなぁ。
 食べないが鍋メニューもある、ちゃんこ鍋と魚ちりに何故かイノブタ鍋にクジラハリハリ鍋!!!ってちゃんこ以外皆予約やないか。

Photo_3 ということで、ワタシが食べるべき物が書かれてある真のメニューがこちら。
 生マグロは勝浦直送だそうだ、こりゃ期待出来る、ならば黄肌ではなく本鮪、ここはトロではなく赤身890円をしっかり食べたい。
 そんでやっぱり鰹は食べたいのですさみケンケン鰹790円だな。
 すさみを調べてみたら、勝浦と田辺の間に位置するすさみ町のことだと分かった。
 ここはいのぶたの町でもあるようで、「南紀・すさみ イノブータン王国」なんていうパロディ国家があり、美味しくイノブタを食べるらしい(食べるんかい)。
 だからイノブタメニューがあるのだね、へぇへぇへぇ。
 続いて、ワタシはイカも大好きなので、串本の紋甲いかをまず注文。

Photo_4 するとこの日のお通しである蒸し岩ガキが登場、いきなりやってくれるやないか。
 蒸してるので、ミルクのようなジューシー感はないが、旨味の凝縮感はあったような。
 カキ食べたの久しぶりや、このもてなしは期待出来るやん。

890790600 瓶ビールが2本目に突入しようかというタイミングでお造り3種盛り登場、メッチャ色鮮やかなんですけど!!!
 本鮪のこの赤身よ、鰹や鰹、赤身に赤身で彩りとしてはイカの白と大葉の緑が映える。
 本鮪赤身からいただく、もぎゅもぎゅ、うむ、この鮪特有の赤身の旨さと酸味、これが勝浦か(また適当なことを)。
 鰹はしょうが醤油でいただく、ぱくっと、この鰹の生臭さが好きやわー、たたきの方がもっと好きやけど、この生っぽい感じがたまらんのよね。
 そして紋甲いか、これがコリッコリで凄い食感、新鮮やねー。
 これらのお造りはにぎりにしてもいただけるので、お寿司が好きな方は注文するが宜しかろう。

 おっとぉ、この辺りで団体客さんが入ってきたので、とっとと注文だけしちゃう。
 太地のミンク鯨780円にもんごいかの天ぷら700円、そんでやっぱり食べておかんと、いのぶた塩・こしょう炒め730円。
 他にもサザエつぼ焼きとかハモ天ぷらとかマグロユッケ、更にしまあじのなめろうとかホタルイカ沖漬なんて酒呑みにはたまらん。
 けど流石にこんだけは食えんので残念。

780 ミンク鯨登場、これは冷凍物の解凍やね、シャキシャキしてるもんシャキシャキ。
 溶けかかった頃のを食べると、肉なんだけど肉じゃなくて魚が混じったような、そんな美味さだよな、鯨って。
 これもしょうが醤油でお箸とお酒がススム君。

700 そしてもんごいかの天ぷら、これは間違いなかろう。
 レモンと塩で、ふわっと揚がった天ぷらはイカが温められたらこう美味くなるのかという、素晴らしい見本じゃ。
 揚げもんはビールでも良いんだが、もはや日本酒熱燗2合に取りかかっていたので、天ぷらと日本酒もまた趣深い。

730 そうしてメインイベントではないが、最後に出てきたのがいのぶた塩・こしょう炒め。
 結構ピンク色やな、どれどれ初いのぶた、うひょー、どんだけ脂乗ってますのん!!!
 塩とこしょうのシンプルな炒め物なんだが、味が濃いのと繰り返すが脂が凄い、塩・こしょうも良いけど柚子こしょうも美味しいかも。
 ないものねだりしてもしゃーないので、レモンでサッパリさせながら食べる、ぶはー。

Photo_5 食べなかったけど小鍋メニューもあるし、ご飯ものもある。
 しらす丼良いねぇ、マグロユッケ丼なんて反則やろ。
 ド定番の鉄火丼に変わり種でイノブタスタミナ丼だって、たぶんにんにく利いてるんやろな、脂ににんにく!!!
 あるネタでよければ…と控え目ながら握り盛り合わせが何と1000円からととておリーズナブルな価格で提供してくれる。


 いや本当に何にもない町、和歌山市なんだが(だーかーらー)、ここは「すず音」さんがあるんだと、声を大にして言いたい。
 本来の目的は翌日の店なんだけど、ここがメインになっちゃった。
 今度は初夏くらいに行って、また違った季節の魚を食べてみたい。
 つか、鰹のたたきを食べたい。
 無理矢理仕事の頻度上げようかと真剣に考えてる今日この頃なのである。
 本当に美味かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月27日 (火)

福山新規開拓「肉のはせ川 福山新涯店」さんのはせ川ハンバーグステーキ170g896円ライス・スープお代わり自由

 福山を移動する際に、ワタシは結構県道380号線ってのをよく使う、地元で何道路と言われてるのかは知らん。
 芦田川の方から北上して入江大橋を越えてR2へ行くことも度々。
 その芦田川を越えた辺りを新涯というんだが、去年辺りに何か新しいハンバーグの店が出来てたような。

 場所はこの380号の卸センター入口という交差点、ここって以前はとても安いラーメンのチェーン店だったような。
 値上げしてお客さんが離れたという噂を聞いたことがあったが、それは本当だったんかな。


Cimg9720Cimg9722 ・肉のはせ川 福山新涯店:はせ川ハンバーグステーキ170g896円ライス・スープお代わり自由

 肉屋のハンバーグステーキなんだそうだ。
 後で調べたら、全国的に展開しておられるチェーン店みたい。
 言われてみたらこないだ豊橋でも見かけたもんな。
 まず目に付くのはハンバーグ580円、ライス食べ放題で、ついでに言うとライスは秋田県産あきたこまちだそうだ。

Cimg9713 この時は到着したのがお昼少し前だったので、どこでも空いてる席に座れた。
 メニュー、間違えてステーキメニューの方撮っちゃった。
 裏がハンバーグメニューやったんかな、とにかく580円のハンバーグは合挽きで、はせ川ハンバーグステーキは牛100%だそうだ、ならそっちだろ。

Cimg9714 「ハンバーグ」の召しあがり方、ってのが置かれてる。
 これは後から蓋として使うんだが、この時は知らずにパシャリと一枚。
 ①スタッフがソースをかけます。②「紙カバー」をかぶせて、約60秒蒸らします。③油跳ねがおさまりましたら、食べごろです。新鮮な肉の旨みを味わっていただくため赤みが残る【ミディアム】が美味しさのサイン、なんだそうだ。
 ほー、要するに「さわやか」さんみたいな感じか、そりゃ楽しみじゃ。

Cimg9716 って、注文した矢先にいきなり鉄板ハンバーグが登場、早っっっ。
 そんで上述のように蓋をしてくれる。
 60秒待つのだよ、このジューって音と焦げの臭いが食欲をそそるやないか。
 もたもたしてたら店員さんが蓋取ってくれた。

Cimg9717 さー、ライスもスープも準備万端、いただこうやないか。
 しかし最初に思ったことは小っちゃ!!! である。
 そう、「さわやか」さんのげんこつハンバーグは確か250gやったが、ここのは170g、それが2枚で出てくる訳やから必然薄いわな。
 なるほど、だから出てくるのも早いんやな、薄切りなので鉄板の熱さでレアになるまですぐに焼けるってことか。
 「さわやか」さんみたいに全体に焦げ目を付けるんちゃうんやな。

Cimg9718 一枚割ってみた、確かにミディアムな感じはまさに「さわやか」さん。
 では食べてみよう、もぎゅもぎゅ、うん??? 圧倒的に肉の味が劣るような。
 肉食うた!!!っていう満足感に少し欠けるか。
 中が赤い所が残ってるのまでは似てるんやけどなー。

Cimg9719 ならばと、テーブルに置かれた数々のソースで食べてみる。
 なんだけど、ソースかけたらかけたでソースの味になっちゃう、もどかしい。
 ちなみにステーキソースは出汁醤油みたいな感じ、オリジナルはニンニクが利いて焼肉のタレっぽい、オニオンはよくあるタイプではあるが、これご飯にかけて食べるの好き。
 なので、塩とコショウをガリガリ挽いて食べるのが美味しいのかな。
 いや、微妙か、肉だけで食べたら物足らんし、ソースだとソースの味に負けるんやから。

 でもこの値段であきたこまちのライスお代わり自由でスープはこの日は中華スープやったが、これもお代わり可なら決してパフォーマンス的に悪くないと思う。
 580円の合挽きで割り切って食べたらかなりリーズナブルじゃないの???


 なのでこれはこれでありでしょう、また行くよ、お腹空いた時。
 って、明日から広島行くんだが、今回は福山も行くが、今回は長居せずに三原越えて竹原に行く予定。
 お昼は三原になるのかな、久しぶりやしなんか新規開拓ないかなーっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧