2022年7月15日 (金)

再びの鹿児島はこの店から「かごしま黒豚 六白亭」さんの黒豚しゃぶしゃぶ1980円・とりさし580円・焼酎(白玉の露)1杯無料・ロック280円

 またぼちぼち鹿児島の話をしたい。
 早くしないと夏休みが来ちゃってまた鹿児島に行ってしまうかもしれんからな。

 とにかく鹿児島で美味いと言えばやはり黒豚。
 最初に行った3月にあまりに美味かったので5月にもう一回食べに行ったくらい。
 しかもまた行きたいと思ってるもんな。

 3月に行った際に天文館近くのホテルを探そうかと思ったんだが、どこも一杯で、適当な値段のホテルがなかった。
 そこで天文館にこだわらずに探してみたら、JR鹿児島中央駅徒歩北に5分の所に便利なホテルがあった。
 1階にレストランが入ってるし、屋上ではビアガーデンやってるし、朝ごはんも付いてる。

Cimg8155

 つまりはホテルユニオンって所に泊まってた訳だ。
 施設はそれなりやけど部屋はきれいにされてるし、朝ごはんは美味しいし、駅から近いし、次泊まるのもここが良いと思ったが、5月は部屋に空きがなかったので残念。

 天文館に行かないのであれば鹿児島中央が交通の要衝、そりゃ天文館には結果的に毎日行ったが、歩いて20分くらいなのでそれ程苦じゃなかった。
 3月に行った初日、天文館をぶらついてみたが、面白そうな店は満席で、しゃーないからメッコだけ付けてホテルの1Fのレストランで黒豚のしゃぶしゃぶコースというのを頼んだんだが、これが目から鱗が落ちるくらいに美味かった。
 鶏の刺身も美味いし〆のラーメンも美味いしと、宿泊者には焼酎無料券くれてたもんやから、よく吞んで食べた。
 しかしこの時は酔ってたし、泊ってたホテルというのもあり、身びいきになりそうだったので公開することはなかったが、今回はここの黒豚しゃぶしゃぶを食べる為に来たのも理由の一つなので、大いに喧伝したい。

1657887080784

 ・かごしま黒豚 六白亭:黒豚しゃぶしゃぶ単品1980円・とりさし580円・焼酎(白玉の露)1杯無料・ロック280円

 この時泊まってたのは鹿児島中央駅から南に5分くらいの宿で、ここは北へ5分なのでしかも宿は南東だがここは北西なので、JRをまたいで反対側に行かねばならん。
 それにしてもたった1ヶ月であったが、何とも懐かしいことよ。
 帰ってきた感がハンパない。
 よほどワタシにとって良い所だったんだろうな、やっぱ九州は合うのかもね(あ、スイマセン、広島は第二の故郷です!!!)。

Cimg8444

 行ったのは5月3日、予約せんでも大丈夫かなと思ったが、着いたのが18時半であったので、15分くらい待っただけで済んだ。

Cimg7961

 テーブル席に座って黒豚のしゃぶしゃぶを注文、メール会員だと2398円が1980円になるのでその場で入るのがお勧め。
 メニューは3月に行った際に食べた「黒豚しゃぶしゃぶ薩摩懐石コース」、この全8品で3000円ってメチャメチャお得やと思う。
 けど今回は単品で、とりさしが絶品だったのでこれはマストね。
 
 そんでトイレ行った際にフロントに顔を出したら、1ヶ月前に泊まってたワタシのことを覚えててくれて、あれやこれやと地元の話で盛り上がり、ありがたいことに宿泊者向けの焼酎券をいただいてしまったので1杯無料。
 こんなんやと次回行ったらまた泊まらないといかんやないか。

1657887081137

 この店焼酎の種類が豊富でしかも安い、280円で呑めちゃうから凄い。
 今回頼んだのは白玉の露という焼酎、別に銘柄こだわってる訳じゃないけど適当に頼んだ。

Cimg8434
Cimg7963

 さて、その黒豚しゃぶしゃぶ、10分程で準備されたんだが、この肉の美しいことよ。
 肉の右下に餃子があるが、これは皆にサービスで配ってたみたい、ありがたやありがたや。

Cimg8436

 前回来た時に黒豚より美味しいんちゃうかと思わせたとりさしから食べる、鹿児島は地鶏だろやっぱ。
 とりさしと言ってるが実際は周りが焙られており、実際はたたきのようになっている。

Cimg7965

 んじゃ、このとりさしから食べちゃおう、生姜とにんにくをポン酢にまぜまぜしてとりさしに付けてもぎゅもぎゅ、おおおおお、この歯応えと肉の旨味よ、絶妙な火の通し方といい、今回もメチャクチャ美味いこれ。
 噛めば嚙む程味が出るではないけど、そんな感じ。
 これが口福か、焼酎が止まらんわ。
 ホントこのとりさしメチャクチャ美味しいので、この後毎晩違う店で食べたけど、結局この店が一番美味かったから、ワタシにとってラッキーだったと言える。

Cimg8437

 さてさて、透明な出汁も沸騰してきたので、黒豚のしゃぶしゃぶ食べちゃうよ~~~。

Cimg8438

 野菜も入れてと、豚はポン酢ではなくこの出汁と一緒に柚子こしょうで食べる、いただきます、はふはふ。
 うひょー、黒豚の脂の美味さと赤身の美味さが絶妙、そんでこの出汁が旨味が凝縮したような上等の出汁で、黒豚のしゃぶしゃぶなんだがそれ以上の料理にしちゃってるんよな、すげっ。
 これまた焼酎ススム君やん、ごきゅごきゅ。

Cimg8439

 ポン酢でも食べる、やっぱり柚子こしょうでね。
 うーむ、安定の美味さよ。
 とにかく美味いもんは何しても美味いってことやな。

 あとはもうとりさし食べて黒豚食べて酒呑んで、なんて豪華な共演よ。
 本当にこの黒豚と出汁のコンビネーションは最強クラス。

Cimg8441

 そして最後には〆のラーメンがあるんだよ。
 ただでさえ美味しい出汁に黒豚の旨味が重なって、これは間違いない。

Cimg8443

 麺は生麵、これをそのまま入れる、出汁に馴染んだらこの細麺と出汁を一緒にちゅるちゅる、これぞまさに至福、これはまた鹿児島に来たくなる味よ。

 むー、前回も満足したが、今回は食べたくて来ただけに満足の度合いが違う。
 ひいき目なしにしてもここのしゃぶしゃぶは絶品やと思う。
 夏期休暇では暑いので次回は秋から冬が良いかな。


 最初の15分の待ち時間の間に別の客が注文した豚かつ見てたんだが、ここのは厚切りと言ってるだけあって2cmくらいの厚みがありそうなのよ。
 熟成ヒレかつ200gで1580円やったか、ご飯とキャベツがお代わり可だと思うけど、次回は昼に豚かつも食べたいと思うここ「六白亭」さんなのであった。

 

| | コメント (0)

2022年7月 3日 (日)

鹿児島は枕崎で新メニュー「味処 一福」さんの枕崎鰹船人めし825円・かつおのタタキ770円

 これは3月に行った鹿児島での話、指宿経由で枕崎まで行ったの忘れてた。
 この時は鹿児島中央駅西側のホテルに泊まってたので、天文館には少し遠かったが、駅近なので便利っちゃあ便利やった。
 4日も鹿児島に居ると市内観光だけでは持たん(そうでもないんだが)。
 一応遠くにも行ってみようと言うことで、日本最南端の駅(JRね)を超久しぶりに見に行くかと思って電車を調べたら、電車は時間帯によっては3時間くらいなかったんかな、それに電車代もメチャクチャ高い。
 時は金也なので、ここは中央駅で安いレンタカーを借りた、軽自動車で十分。

Cimg8072
Cimg8074
Cimg8071

 そうしてまずは指宿に向かったんだが、この日はそれ程天気が良くなくて曇り、時々雨。

Cimg8066

 指宿は砂風呂に入る訳でもないので軽く駅前商店街から駅を見てみたが、何ともこの駅前商店街の寂れてることよ。
 夜がどれだけ賑やかなのか知らんが、時代に置いてけぼり喰らったような観光地の商店街やった。

Cimg8070
Cimg8068

 駅はこんなんでそこまで廃れてるとは思ってなかったんやけどねぇ。

Cimg8063
Cimg8062

 ゆるキャラも居たので町興しする気はあるんだと思うけど。

Cimg8086
Cimg8082
Cimg8080

 そうして西に向かって車を走らせ、日本最南端の駅である西大山に着いた。
 まったワタシは持ってるもんで、着いた時に何と列車が到着してた、おおー。
 やっぱ時間合わせて来てる人も多いのか、どこから来たのかというくらいに観光客が集まってびっくり。

Cimg8090
Cimg8083

 そうして列車が枕崎に出発してからゆっくり開聞岳をバックにシャッターを押す。
 ベタな画像であるが、絶対ここ行ったらこんなアングルになるんよねー。

Cimg8087
Cimg8092

 その他駅周辺でパシャパシャ撮って、あんまり遅いとお昼が遅れるので、最果ての駅枕崎へれっつらごん。

Cimg8100

Cimg8109

Cimg8101
Cimg8107

 JR枕崎駅も流れ上大昔バイクで来たことあったけど、昔と駅舎が全く違ってて、新しくなってかつての面影なんぞ欠片もなかった。

Cimg8102
Cimg8103

 ここでもさっきの列車が停まってて、まさかの再会(いや必然やろ)。
 つくづく持ってるわ(だーかーらー)。

Cimg8104

 やっぱ駅も鰹の町をアピールしてるよなー。
 なんつたって本枯節やもんな。

Cimg8093
Cimg8095

 駅前には「日本最南端の始発・終着駅 枕崎」のシンボルの灯台がある。

Cimg8097
Cimg8098

 もうなんでも鰹よ、駅前の水飲み場も鰹。

Cimg8099

 駅前のマンホールもこんなん。
 鰹ぶりぶりやで。

 そうこうしてたら13時過ぎちゃった。
 お腹空いてきたやないか。
 どこでお昼食べるかと、これは会社の同僚が仕事でもプライベートでも行くらしいので、お昼は駅前のここで食べろと紹介された。
 本当に駅前で店を探す必要もないくらいここだと分かる店。

Cimg8121

 ・味処 一福:枕崎鰹船人めし825円・かつおのタタキ770円

 画像じゃ分かりにくいがかなり分かりやすい場所、ここしかないって店。
 左下に「←枕崎駅」とあるが、本当に近く1分、目の前が上の灯台。

Cimg8112
Cimg8113

 がらっと入って結構広い店内、先客1人でテーブル席に座ってメニュー拝見、何が面白いのかいな。
 ようわからんがB級グルメで賞を獲得したメニュー(正確にはS-1グルメグランプリ、って何これ???)があって、その枕崎鰹船人めしというのを注文。
 それだけでは物足らん、やっぱ鰹食いなら鰹のたたき食べんといかんでしょ。
 うー、かなりお腹空いて来た、お客さんは時間ずれてるからか、枕崎に人がいないからなのか店は空いてたので早く出てきてちょーだい。

Cimg8114

 まずは10分程で出てきたかつおのタタキ。
 でもまだ食べる訳には行かん、肝心のメインを待たんと。

Cimg8115
Cimg8116

 更に5分で登場した枕崎鰹船人めしがこんなん。
 船人めしだけじゃ寂しいので、かつおのタタキを同じお盆に乗っけちゃうといくぶん寂しくなくなり様になる。
 左の船人めしは中央に鰹のヅケが鎮座して、錦糸卵と鰹のそぼろに海苔にシソに鰹節、蒲鉾の上にわさび、わさびなのか、そしてたっぷりのネギ。
 鰹のヅケは言うまでもないが、問題は謎の急須。
 これは本枯節と昆布の出汁が入ってて出汁茶漬けで食べるんだそうだ、へぇへぇへぇ。

Cimg8117

 でもいきなり出汁茶漬けはもったいないので、まずは鰹のヅケ丼でいただく、もぎゅもぎゅ、うむ、わさびってよく合うね。
 ヅケ具合が絶妙で、薬味一杯なのもナイス。
 これ何杯でも食べられるわ、うめー。
 方やかつおのタタキはというと、これは季節柄生きた鰹ではなく死んだ鰹であったのは仕方のない所。
 今行ったら生きてる鰹が食べられると思うので、行くんだったらこれから秋までやろうな。

Cimg8118

 そうして半分くらい食べたら本枯節の出汁を入れてみる、先に出汁をいただいてみたが、透き通った感じの上品な出汁で、これだけでもお代わりしたくなるくらい。
 しかし出汁茶漬けが本来の食べ方。

Cimg8119

 では再びいただきまーす、じゅるじゅるもぎゅもぎゅ。
 ほう、これは新しい!!! やっぱ鰹のヅケが利いてるな。
 この本枯節の出汁に鰹やねんから相性が悪い訳がない。
 ほんっと何杯でも食べれちゃうよこれ。
 しつこいけどわさびは良い仕事してます。

 途中箸休めで小梅とか鰹味噌とかあって、丼でも出汁茶漬けでもワンクッション置けるからトータルバランスも良かった。

 うむ、流石鰹の町枕崎、これぞというお昼を食べさせてくれた。
 次行くことは可能性としてかなり少ないと思うが、十分良い思いさせてもらいましたー。

 

 余談。

Screenshot_20220703125144
Screenshot_20220703125150
Screenshot_20220703125210

 この時に「枕崎ぶえん鰹スタンプラリー」ってのをやってて、何軒かでスタンプ捺してもらって応募したのよ。
 ならついこないだいきなり冷凍便が来て、ぶえん鰹が4切れ当たってしまった。

Cimg8122
Cimg8123
Cimg8124

 この枕崎市かつお公社から送られてきた。
 マージーでー、出してみるもんよ、以前も笠岡スタンプラリーで5kgのお米当たったことあったし。
 解凍して自分で炙っていきなりタタキにして食べた。
 来週は刺身で朝ごはん食べよっかな。

 

| | コメント (0)

2022年6月23日 (木)

何と久留米で屋台「夢屋」さんのトマト300円・とり皮100円・とり身150円・豚バラ150円・大根150円・あつあげ150円・焼酎(芋)2杯400円×2・計1800円

 火曜から九州に行っててさっき帰ってきた。
 初日は博多駅前で泊まり、昨日は西鉄久留米駅前で泊まった。
 久留米で泊まるの初めてだったのだが、西鉄駅前があんなに栄えてるとは思わんかった。
 正直もっとショボイのかと。
 そんで夕方散策してて驚いたのがラーメン屋が多いのは当然としても、焼鳥と餃子の店がやたらめったらあったのには驚いた。
 久留米は餃子の街であったか。

 ホテルは駅から3分くらいの所だったんだが、アーケードをぶらついてチェックインしてPC作業を終えて呑みに出たんだが、ホテル出て驚いた。
 目の前に屋台があるではないか!!!
 メチャメチャ入りたいけど客が居らんから入りにくい、どうしようかと一周回って来たら二人客が入ってたので、ここで意を決して入ることにした。

Photo_20220623213604
Photo_20220623213603
622

 ・夢屋:とり皮100円・とり身150円・豚バラ150円・大根150円・あつあげ150円・トマト300円・焼酎(芋)2杯400円×2・計1800円

 上の画像が駅方面、真ん中が駅から西行き、んで下が正面。
 屋台のカウンターの左端に一人、右のテーブル席に一人、なのでカウンターの右端に座ってメニュー確認。

Photo_20220623213601
Photo_20220623213602

 先にトマト注文して、串焼きメニューからは皮と身と豚バラ、後からおでん、大根と厚揚げ、ベタやけど。

100150150300400

 トマトを半分くらい食べた所で串焼き登場、焼酎はロックで芋。

Photo_20220623213605

 大将、いかつめな藤原喜明みたいな人かと思ってたが、話してみると気さくで良い人。
 居心地ええやーーーん。
 トマトにマヨネーズは余計やけど(ワタシが食べんだけ)、串焼きはどれも美味かった。
 キャベツにかかってるタレもナイス。

150150400

 続いて出てきたおでん、メチャメチャ味染みてるやん(笑)。
 和辛子がツーンと来て濃い目の味のおでんに合うんよ、今日はこんなに暑いけど、昨日の夜はここまで暑くなかったんやから不思議。
 大根ほろほろやし厚揚げはハズレないやろ。

 うーん、この後行きたいラーメン屋があったので、軽く切り上げたけど、もっと本腰入れて呑み食いしても良かったかも。
 看板メニューの「チャンポン」も気になるし。
 しかし中州じゃなくて久留米とはまさかやったな。


 コロナが落ち着けば佐賀に行く機会も増えるので、となると泊まるのは久留米やなとワタシ的に決定した今回の久留米泊やった。
 それにしても健康診断の反動から九州で炭水化物摂りまくった2泊3日、体重計乗るのは怖いが検査終わってるから暫くはええっか。

 

| | コメント (0)

2022年4月29日 (金)

鹿児島行ったら絶対豚かつ「開花亭 荒田店」さんの熟成ヒレかつ定食1510円

 3月の連休に有給1日くっ付けて4連休にして鹿児島に行ってきたのは、新潟も長崎も既に行き切った感があるから。
 本当は北の方に行きたかったんだが(仙台)、この時は地震がちょくちょくあって、行く気にはあまりならんかった。
 そこにウチの会社のリーダーが鹿児島の担当から離れて1年半、黒豚の豚かつが食べたい食べたいと盛んに言ってたので、じゃあ、ワタシが行って食べてきましょう、ということになった。

 調べてみたら丁度そのタイミングで「せっ〇くグルメ」というTV番組で天文館に行列のできる美味しいラーメンがあるとか(行ってみたとんでもない店やった、TVの力は恐ろしい)、「オモ〇マい店」に鹿児島中央駅徒歩10分のお好み焼き屋さんが出てたりとか、普段なら気が付かないような所にやけに目が行く。
 これも巡り合わせや、15年以上前に食べてワタシが美味しいと思ったラーメン屋さんはまだ健在のようで、ここにも行ってみたいし。
 ああ、楽しみじゃないか鹿児島、と単純に浮かれてた。

 リーダーお勧めの豚かつ店は「竹亭」さんという店。
 いつもは鹿児島のディーラーさんに連れて行ってもらうので、車でしか行ったことがないという。
 歩いて行けそうな所では鹿児島中央駅から西の方に行った所に店があった。
 ホテルは天文館ではなく、鹿児島中央の西側のホテルだったので、そこに18時くらいにチェックインして、「竹亭」さんに歩いて行きたいんですけど、と言うと、「そんなん歩ける訳なか!!!」←あ、偽鹿児島弁ですので!!! と言われてしまったので、着いた夜に黒豚の豚カツで一杯呑ることは諦めた。
 とにかく「竹亭」さんはネットで見ても歩いて行きにくい店だったので、他にないかと事前にウチのリーダーに尋ねたら教えてくれたのがもう一方の雄であるこの店。

Cimg7973

 場所は鹿児島中央駅から路面電車、高見馬場で谷山行きに乗り換えて(直行便もあるのでよく見て乗りましょう)4駅目の二中通という停留所で降りて東に折れてすぐ。

Cimg7969
Cimg7971

 ところでワタシはこの日を鹿児島市内観光に充ててたので、路面電車一日乗り放題の切符はないかと見てみたら、車内販売してるようであったので、電車に乗り込んで早々に購入。
 路面電車のみならず、市内循環バスにも乗れるし、博物館の割引も受けられるという優れ物であった。
 それは良いんだけど、面白いのがその切符。
 古くて新しいというか、旧世代的な物で、コインで銀の部分をこすれば当たりが出て来るあれが日付になってるんだよ。

Cimg7972

 だからこうして乗った日をこするとその日しか使えない一日乗車券ができちゃう、面白いねぇ。
 一日600円で、歩いて行けんことはない所でも無理矢理乗ったから、十分元は取ったと思う。
 でもワタシ的には鹿児島中央から天文館まで歩くなんて別にたいした距離ではないのよ。
 歩いてるだけでも楽しいしね、余談。

Dsc_5522

 泊まってたホテルは朝ごはんが付いてて、これがけいはん(ざくっと言うと鶏の出汁茶漬け)とかがあって、かなり美味くて豪勢なのよ、朝ごはんにしては。
 初日なのでけいはん2杯食べたので、そんなにお腹も空いてないんだが、とにかくホテルに居ても仕方ないので行ってみることに。

Cimg7974
Cimg7986

 ・開花亭 荒田店:熟成ヒレかつ定食1510円

 店が開くよりかなり早く出たので、二中通の手前で降りて地元スーパーの品揃え見たりとかして時間潰してぼらぼら歩いたが、それでもまだ11時開店の15分前に着いてしまった。
 なので斜め前のコープで更に10分、ぼちぼちかと行ってみたら、店頭に名前を書く順番待ちになってた。
 なので2番客で名前を書いて後は店の前の椅子に座って開店を待ちながら店を観察。

Cimg7976

 これ開店前の画像で上のは食べ終わってから撮った画像、混み方凄いでしょ。
 ちなみに一番上の画像の左に丸してるが、この道ずっと西に行けば鹿児島中央に行ける、歩けない距離じゃないと思うな。

Cimg7975

 そんでこんな垂れ幕があった、「身体にもたれないとんかつ」だって、衣が軽いのか肉がさっぱりしてるのか、これが売りっていうのも凄いな。

 そうこうしてると開店の11時になり、店に入って席を案内された。
 2番客なのでまだお客さんが入ってない店内。
 入ってすぐはテーブル席で、奥が座敷になっている。
 かなり広い店よここ。

Cimg7979

 さー、何食べようか、と言いつつ、ヒレをお勧めされてるのでヒレ一択なんだけどね。
 ロースかヒレかって言われたらワタシはヒレかな。
 そんなに脂が好きな訳じゃないので、純粋に肉を楽しみたい。
 でもフラッグシップはロースでしょ。
 熟成たから豚ロースかつに黒豚ロースかつがあるみたい。

Cimg7977

 ヒレのページにはチキンにミンチカツにかつバーグという謎のメニューに味噌かつまである。
 しかしチキンカツで990円やからこれにご飯お代わりキャベツに漬物食べ放題やったらメチャクチャお得やと思うな。

Cimg7980

 当然、海老フライもメニューにあるが、注目はそこじゃなく、その下の盛り合せよ。
 ツインかつ盛り合せ(2人前)で2590円、ファミリーかつ盛り合せ(3~4人前)で4390円、極めつけははっぴぃかつ盛り合せ(ファミリーかつに海老4尾)5450円やろ。
 まぁ、4人で注文したら一人当たりメチャメチャ安くなるので、超お得メニューかもしれん、宴会メニューか。

 でも注文するのは熟成ヒレかつ定食よ、まずは10分待たん間に最初にキャベツとかお漬物とか何かいろいろ出てきた。
 ソースは甘いのと辛いのと2種類あるらしい。

Cimg7983

 早くメイン出て来いと更に待つこと5分、これで定食完成。
 うわー、何か物凄いことになってるんですけど。
 これ豚かつ以外は全てお代わり可というから豚かつ屋さんにありがちやけど、グレードが全体的に高い。

 ここは当然キャベツから食べてみよう、もぎゅもぎゅ、何じゃこの美味さは!!!
 キャベツも美味しいんだろうけど、このドレッシングがハンパじゃないぞ。
 玉ねぎドレッシングみたいやけど胡麻っぽいなと思って、後から確認したら食材に関するこだわりとしてこんなことが書かれてた。
 「新鮮なたまねぎをベースに、独自に調合した調味料と、醸造所に依頼して作っていただいた、くせのないお酢とキャノーラ油をブレンドし、乳化剤には天然のお酢で作られた粉末を使って仕上げています。それから二~三日程度ねかせることによって、たまねぎの甘さが出てきます」だそうだ。
 そしてこの行程を毎日各店舗で行ってるんだそうだ。
 ワタシも思ったが、やっぱりこのドレッシングを売ってくれというお客さんが多いらしいが、毎日コツコツ作ってるから売るまでの量ができないんだって。
 やっぱりスペシャルなドレッシングやったか。
 このキャベツ、惜し気もなく何回でもお代わりして下さいね~~~、と貫禄のある店長? さんがお勧めに回ってる、何とも気前の良いお店や。

Cimg7984

 いやいやキャベツでお腹一杯になる訳にはいかん、かつ食べよう。
 最初は失敗してソースを結構一杯付けて食べちゃった、もちろんこれでも美味しいんだけど、肉の美味さを堪能するならソースはちょん漬け程度が丁度良いと思った。
 そのかつは衣がサクッサクで軽いのよこれが、確かに身体にもたれんなこれ。
 そんで肉は歯がなくても食べられそうな柔らかさで、肉の旨味が濃い。
 うわー、豚かつとか唐揚げとか揚げ物って天ぷら以外はそんなに興味なかったけど、この豚かつは別次元や、これは確かに食べてなかったら食べたくなるわな、よく分かった。
 漬物にご飯にお代わり可なんだが、ワタシ的にはご飯は漬物で食べて、味噌汁で口をサッパリさせて、そして豚かつは豚かつ単独で味わうんだと勝手に得心した。
 豚かつにソースでご飯食べようとしたら肉の味が分からんようになるので、かつはかつで食べるべし。
 ご飯は漬物と味噌汁で食べる、これが鹿児島の黒豚豚かつの美味しい食べ方や、違ってる???

 ついでに言うとお茶も美味い(笑)。
 食後に店長? さんがきゃべつお代わり如何ですかとまだ言って下さるのには笑った。
 ドレッシングがえらく美味かったことを伝えると、やはり自慢のドレッシングらしく、熱く語ってくれた。
 とにかくどれもメチャクチャ美味かったので、豚かつという概念が変わってしまった。
 後から後からお客さんが入ってくるのも納得の店やと思った。
 そうね、全然違うけど静岡の「さわやか」さんがどの店もいつ行っても昼間は超混んでるみたいな感じよ。


 うわー、これは確かに食べたくなるわ、なのでGWの後半戦にもう一度行くのだ。
 豚かつにしゃぶしゃぶにラーメンを食べるよ、もちろん白熊もね。
 今度は鶏焼きも食べちゃう、健康診断前やけどしゃーないわ、じゅるり。

 

| | コメント (0)

2022年2月23日 (水)

熊本で食べる小樽の味「なるとキッチン 熊本下通店」さんの若鶏半身揚げ1200円・きゅうり1本漬け450円・角ハイボール430円×3杯

 1月に行った熊本での話。
 この週は熊本から長崎に仕事で行って、その週末に一日休みを取って三度目の新潟に行こうとしてた。
 ところがその新潟が豪雪の為、早朝確認したら飛行機が飛ばなくなってたので、急遽代わりにどこか行ける先はないもんかと探して、また長崎に行くことにした。
 前回11月に長崎市内に行った際も同じ週に2回長崎空港を利用してるし、今回も、続く時は続くもんだ。
 このイレギュラーのおかげで去年の11月に行った際には上陸できんかった軍艦島に上陸出来たんやから何が起こるか分からんもんよ。

 余談。
 熊本に単独で行ったのは去年の11月に次いで2度目、最初に行った時は吉田類さんの「酒場放浪記」に出てたお店に行って、たいそう美味い料理に酒をいただいてきた(飲み屋の記述がないのは毎回酔っぱらってるので記憶があやふやだから)。
 今回はどこにしようかと、熊本の一番の繁華街の下通をぼらぼら歩いてたら、銀座通りとの交差点角にやけに目立つ店を発見した。
 よく見てみると「若鶏半身揚げとザンギ」とあるではないか。
 上述の新潟に行ってたら「せきとり」さんで半身揚げ食べてたんだよ、予約もしてたくらいやから。
 小樽は半身揚げが有名なのかと、新潟に行く前に(結局行けんかったが)小樽の味を試してみようと行ってみることにした。

111_20220223150401
Photo_20220223150504

 ・なるとキッチン 熊本下通店:若鶏半身揚げ1200円・きゅうり1本漬け450円・角ハイボール430円×3杯

Photo_20220223150502

 店の前の看板でメニュー確認、なるほど半身揚げだわ。
 そんでザンギとあるのが北海道感があるねー。

 持ち帰りの客が待ってたが、ワタシは店内で飲み食いしたいのでカウンターの端っこに陣取る。

Photo_20220223150602

 改めてメニューどれどれ。
 若鶏半身揚げ以外にその下の鶏肉全種盛り2180円って面白いな、けどこんなに食えん。
 右の野菜7種盛り1420円も面白いが、揚げてるし、半身揚げより高いってどうよ。
 なので肉食べる前の野菜ということで、右下のきゅうりの1本漬けを注文。

1200480430

 10分ちょい待って半身揚げが出てきたので、きゅうりとハイボールと一緒にパシャリ。

Up_20220223150501

 確かに半身だわ、真っ二つ。

Photo_20220223150601

 きゅうりから先に食べて、ハイボールで喉を潤して、つっても1月なので寒いのよ。
 では半身揚げいただいちゃおう、ビニールの手袋が付いてくる、油ギトギトになるから嬉しいサービス。

Photo_20220223150503
Photo_20220223150501

 きれいに解体とか、そんな面倒臭いこと考えずにバキッと折ってガブリ、って言ってもガブリチキンじゃなく半身揚げやからね。
 おおおおお、これはメチャクチャ熱い(当たり前や)。
 鶏肉がすんごいジューシーなのには驚いた。
 素揚げで新潟の「せきとり」さんみたいにカレー粉で下味は付けてないが、鶏肉そのものの美味さを感じる。
 手羽も美味いけどやっぱももが美味いか、でも胸もイケます。
 とにかくシンプルながら野趣溢れる一品や、ハイボールが3杯軽く飲めちゃった。

 いやー、美味かったなー。
 でも「せきとり」さんを知っちゃってるから申し訳ないけど2位やわ。
 けど新潟行かんと食べれんので、今調べたらこの店ワタシの出没する名古屋や岐阜にもあるし、何より大阪は本町にもある。
 今は担当じゃなくなったけど、広島はekieにもある、次の名古屋では行こーっと、そういう点から言うとこっちのが便はええかな。


 という訳で、ワタシ的にはなんだかんだ言いながらかなり美味いと思ったので、近場で食べるならここでしょ。
 若鶏半身揚げお勧め致します。

 

| | コメント (0)

2022年1月30日 (日)

長崎の行列店「吉宗 本店」さんの茶碗むし 御一人前(茶碗むし・蒸寿し揃)1375円

 去年の11月と今月と長崎に行って来た。
 これは去年の話。
 長崎には美味い物がたくさんあるんだが、その中でもこの店はかなり有名なんじゃないかと思う。
 いつ行っても行列が出来てる店で、B級ではないA級。
 この料理ってお腹一杯食べてみたいと思うので、それを体現してくれた稀有な店。
 店の雰囲気も長崎らしくて渋い。

 地元の人には何を今更だけど、県外人には新鮮。
 混んでさえなきゃ良い店なんだけどねぇ。


Cimg7222
Cimg7224
Cimg7223

 ・吉宗 本店:茶碗むし 御一人前(茶碗むし・蒸寿し揃)1375円

 ワタシはこの店ずっと「よしむね」さんだと思ってたが、今見たら「よっそう」さんでした、ははは。
 さてそのお腹一杯食べてみたいというメニューは茶碗むし、一度はこれでもかと食べてみたいでしょ???

 場所は浜町アーケードの中心のMドナルドを北に上がって次の筋を東に折れたとこ。
 角が持ち帰りのお店だったかなので、行けばすぐ分かる、行列も出来てるから目立つし。

 ワタシが行ったのは軍艦島に行こうとしてたが、上陸できないと言われたので翌日に振り替えてもらった日なので平日の月曜、開店して少し経った頃くらいの11時ちょい過ぎに着いた。
 ちなみに前日に見に行ってみたら日曜の昼ってこともあって20人は並んでたんじゃないの。
 店内は二階もあるので(というか二階が風情があって良いみたい)かなりのキャパがありそう、だから回転も早いのかというと、これは作るのに時間が掛かるし食べるのにも時間が掛かるので、結構待ち時間は長いと思われる。

 ワタシが着いた時は前に2組居ただけなので、店内で待ってた。
 後になるとお昼時になるので画像のように並ぶことになる。
 それでも店内で15分程待って案内されたのは一階の奥のテーブル席、並ぶの嫌いなので早けりゃどこでもイイノダ。

Cimg7235

 二階の方がええかもしれんが一階は一階で中庭があったりして、こっちは平成やけど落ち着いた雰囲気は踏襲してると思われる。

Cimg7225
Cimg7227

 注文は決まってるけど一応メニュー。
 茶碗むしに幕ノ内にお寿司メニューにその他天ぷらや角煮の定食もあって、決して茶碗むしの店という訳ではない。
 江戸のむかしより継承された伝統の味、ということで、吉宗の茶碗むしは茶碗むしだけではなく、蒸した酢飯「蒸寿し」を添えた夫婦蒸しで、創業以来一子相伝継承されております、とある。
 これって見たらボリューム多そうで食べ歩きには不向きかもしれんけど、茶碗むし単品770円もあるので、安心して行きましょう。

Cimg7229

 更に待つこと10分、ようやく出てきた一人前の茶碗むしに蒸し寿し。

Cimg7231

 パカっと開けたらこうなる、色鮮やかやねー。
 写真撮るのに結構時間掛かっちゃったけど、それでも全然冷えないのがこの料理の凄い所。
 よく分からんが、蒸すのにかけた時間が長ければ長いほど冷えにくいとかってあるんかな、というくらいに最後まで熱々なのは単純に凄いと思った。

Cimg7233

 では茶碗むしをこれでもかと食べてみよう、ほわっと、あちち。
 ほえー、これはメチャメチャ良いお出汁が出てますねー、かなり上品な仕上がりで、具材を食べればその食べた具材の出汁が出てるのは楽しい仕掛けや。
 その具材には穴子をはじめ、海老、鶏肉、しいたけ、きくらげ、銀杏、たけのこ、蒲鉾、麩、などの吟味された材料が使われている(HPより・笑)。

Cimg7232

 一方の蒸し寿し、錦糸卵とでんぶに魚のそぼろか、暖かい酢飯ってどんなんやねん、ぱくり。
 おおー、これもイケてるやん、意外と合うもんやね。
 冷えたら酸味が出るのかもしれんが、上で述べてるようにいつまでも暖かいので酸味の角がないマイルドなお味。
 上のでんぶとかそぼろが甘いんだが、全然嫌味な甘さじゃないのよ、これも美味いわ。


 そんなこんなで美味さの相乗効果で最後まで美味しくいただきましたわい。
 これはホント並んでなかったら何度でも食べたい店。
 並ぶの苦じゃない人は是非どうぞ。

 

| | コメント (0)

2021年12月31日 (金)

池袋の洋食店の謎のメニュー「キッチンABC 西池袋店」さんの豚からしセットB メンチカツ880円・「ちょび辛」おためし黒カレーソース80円・ビール(中)550円×2

 正月どこ行くともないので、昨日と今日で和歌山にショートトリップしてきた。
 日帰りでも行けるがあえて泊まり。
 夜は「すず音」さんに行こうと思ってたが、早々に予約で一杯だということだったので、昼に行こうとしてた「フライヤ」さんをメインにした。

Dsc_5250

 変わりに昼は前回9月に行った時に臨時休業してた「〇京」さんに行った(開いてて良かった)。
 やっぱり所謂「車庫前系」の方が和歌山ラーメンは好みかな、ここの豚骨は骨まで溶けてるという超濃厚ではないが、とろりとしたそのスープは醤油ダレの塩梅が丁度良く、麺も細麺より少し太いがむっちりしててナイス、やはり和歌山で一番美味いのはここやと再確認した。

Dsc_5256

 そして夜はその「フライヤ」さんでハンバーグであるミンチボールとタンシチューとマカロニグラタンのチキンコキールというのをいただいてきた。
 とにかくここは何食べても美味い、中でもタンシチューは絶品、これだけの為にまた和歌山行ってもええわ。

 さて、本題。
 いつから始まったのか知らんが、コロナ禍においてBSで「植野食堂」という番組が放送されている。
 キャッチコピーは「日本一ふつうで美味しい」である。
 内容は雑誌「dancyu」の編集長の植野さんがコロナ禍で外食もしにくいことから、巷で有名な美味しい料理にスポットを当て、料理を習いに行って自分で作ろうという物。

 毎日何らかの形で再放送されてるので観られたことのある方も多いのでは。
 けど、あんまりワタシには馴染みのない店ばっかりなので、いつもは適当に流し観してるんだが、たまたま観た回が池袋の店だったので、これはチェックして行かなければと思った矢先に、年内最後の東京行きの予定がクリスマス前に入った。
 店の場所は池袋の西口だというではないか、まさにワタシのホームグラウンド、行かんと!!!

 この時の番組内容は、視聴者からこの店の名物料理の一つの作り方を教えてもらって来て欲しいという内容だった。
 なかなか豪快でそそられる料理にだったので、それも行こうかなと思った理由の一つ。

 だから場所は西口の東京芸術劇場すぐ、2階に「蒙〇タンメン中本」さんがあるのですぐ分かる。
 いや、逆か、この店の2階に「中〇」さんがあるのですぐ分かるのか。

Cimg7513
Cimg7512

 ・キッチンABC 西池袋店:豚からしセットB メンチカツ880円・「ちょび辛」おためし黒カレーソース80円・ビール(中)550円×2

Cimg7514

 この日は名古屋で夕方の前まで仕事しててから東京に向かったので、到着は夜19時半。 
 佇まいは洋食屋というか何というか、奇をてらってなくて普通やな。
 しかし普通じゃないのはなかなかメニュー名から味が想像しにくい物が多いこと。
 オリエンタルライスとかインディアンライスとか豚からしなんて何じゃそりゃやもんな。

 店内入ってびっくり、ほぼ満席でみんなガツガツ食べてる、ある種異様な光景やった、すげー。
 席にはアクリの板が装備され体制は万全。
 真ん中の2人席の一つが空いてたのでそこに座らせてもらう。
 しかし人気店やな、活気あるわー。

Cimg7517

 ではメニュー確認。
 TVで紹介されてたメニューは豚からし焼肉、からしとは黒コショウのことで、豚バラを塩麹に漬けてフライパンで焼いて黒コショウをこれでもかと振りかける一品。
 塩麹だけで美味そうやのにコショウまみれなのよ、あらもうネタバレしちゃった、ははは。
 ここは本当にメニューが多くてどれも美味しそうなんだけど、とりあえず豚からし焼肉というライス・味噌汁付のセットメニューが730円ととんでもリーズナブルな価格であるんだが、それだけではもったいない。
 すぐ下に豚からしセットというのがあるではないか、AだとかにクリームコロッケでBだとメンチカツ、Cならチキンカツとなっている。
 前の週に「敦賀ヨーロッパ軒」さんでメンチのパリ丼を食べたので、ここはメンチ対決ということにした。

Cimg7520
Cimg7521

 本当はライス(小)って言うつもりだったんだけど、先にビール呑んだら忘れてしもうて、10分後に普通盛で出て来ちゃったのがこれ。
 メンチカツの存在感でかいなー、豚からし焼肉を食ってるやん。
 ケチャップスパにキャベツにライスと味噌汁、意外とライス多いな。
 酒吞んでご飯食べる習慣ないけど、まぁええわ。

Cimg7522
Cimg7523

 んじゃ豚からし焼肉食べてみよう、あ、その前にキャベツから食べんとね、もしゃもしゃもしゃ。
 改めて、豚をもぎゅっと、ふむふむ、これが塩麹の旨味か、単なる豚に塩コショウでは全くないワンランク上の味や。
 コショウは見た目の割にはそんなにガツンと来なかったが、これはライスも良いけどビールもススム君やで、ごきゅごきゅ。

Cimg7524

 続いてはメンチやメンチ、ソースかけてばくり。
 おおっとぅ、これはワイルドな味やな、衣厚いけどミンチの量がかなりあるので食べ応えにジューシー感が伴ってる。
 玉ねぎもざく切りで食感がしっかりしてる、これもライスよりビールちゃうの、ごきゅごきゅ、ぷはー。
 ビールお代わりで第二ラウンド、決して上品な味ではないんだけど、ボリュームに値段考えたらとんでもない店よここ。

Cimg7525

 さて、困ったのが残ったライス。
 けどワタシくらいになるとちゃんと手は考えてあるのだ。
 って大袈裟な、アクリの板にこんなのが挟んであったので、「ちょび辛」おためし黒カレーソース80円でライスを食べようということ。
 このお店は黒カレーも有名らしいので、「ちょび」でも食べとかんと。

Cimg7527
Cimg7528

 注文したらすぐ来たよ、なるほど確かに「ちょび」だわ。
 でもワタシは少量のおかずで大量のご飯を食べられる人間なので、これで十分。
 つか、豚からしもメンチもちょっとずつ残してるし。

1640943922630

 どりゃ黒カレー、こうしてライスにかけると、カレーというより海苔の佃煮やな、関西で言うと「アラ!」みたいな。
 ささ、食べましょ、ばくばくばく、ほう、固形のルゥに辛さを足してる感じか、それに色はイカ墨か竹炭か。
 これもなかなかのパンチ力、いやデビルチョップはパンチ力か(ナンノコッチャ)。
 この量でライス一皿イケちゃうくらいのパワーあるよ、だから黒カレーだと結構辛くてインパクトあるんやろうな。

 はうー、図らずも豚からし焼肉にメンチカツに黒カレーまで食べることができた。
 1食で3つ美味しかった。
 塩麹を使ってるので、家での味の再現は難しいが、やっぱり旨さの奥が深くなるな。
 それにコショウまみれ、若者の胃袋ワシ掴みや、値段も値段やし。

 うーん、東京でここまで安くて美味くて量も多いという三拍子揃った店があるのか。
 確かにこりゃ通うわ、近所に住んでたら週イチで行くね。
 ビール以外にも酒メニューがあれば良かったけど、それだと多分この店の趣旨から外れるんやろうな。
 ガッツリ洋食屋さんばんざーい♪


 ということで大変だった2021年も終わる。
 来年もお気を付けて良いお年を。

 

| | コメント (0)

2021年12月23日 (木)

天満橋の老舗洋食「グリルABC」さんのタンシチュウ1150円・ライス150円

 秋に新潟から和歌山の洋食屋の「フライヤ」さんでタンシチューとオムライスを食べてえらく感動して、暫く洋食ブームが来てた。
 大阪でも食べたし京都でも食べた。
 その中でも大阪を取り上げたい。
 といってもまだ日射しがキツかった日の昼ご飯なのでちょっと古い話。

 ワクチン接種した後に行ったんだが、その病院が天満橋近くの個人病院でそこから松屋町筋(ここでも松屋町筋なのか???)に出て内平野町2の交差点の角。
 ここもかなりの老舗で有名なお店なので、この辺のサラリーマンなら誰もが食べたことがあるであろう。
 ま、ワタシはビジネスマンやから違うけど。

Cimg6881
Cimg6880
Cimg6882

 ・グリルABC:タンシチュウ1150円・ライス150円

 ワタシが行ってから、ちょっとしてご多分に漏れずこちらもタンの値上がりで今は300円高くなったと風の噂で聞いた。
 和歌山の「フライヤ」さんは7月からタンの値上げをしてたので、ここは四の五の文句を言うのはお門違いだけど、1500円になるとサラリーマンのお昼ご飯ではなくなるよな。
 1150円ならばまだ週に一度の贅沢で許されてたかもしれんが。

 お店に入ると1Fは11時半なのにもはや満席、間引いてるのもあるかもしれんけど、それでも人気店だなぁ。
 なので2階へ案内される、ここはまだ二番客であった。

Cimg6883

 カウンターの端に座ってメニュー確認。
 グリルなのに中華そばがあるのが味やね、八宝菜とか。
 王道ではポークチョップやミンチカツとか、食べたい物が多すぎる。
 しかしこの日は「フレイヤ」さんに行った後であったので、タンシチュウ一択、あと平日でワクチン打つのに昼抜けただけやったので、ビールはなしね。

 ここで仕事のかなりウザい電話が掛かって来たので店外に出て迷惑電話に対応。
 その後の処理の電話を終えて2階に上がったがまだ来てなかったので、だいたい15分は待った感じか。

Cimg6885
Cimg6886

 そうして出てきたタンシチュウとライスがこれだっっっ!!!
 黒っっっ!!! ソースがカラメルみたいな色しとるな。
 「ライスカレー」じゃないけど、グリーンピースが3つ載ってるのが良いな、3つ(大事なことなので2回言ってみた、って「ライスカレー」なんてもう誰も知らんし)。
 でもまずはサラダから食べないとね、もぎゅもぎゅ。

Cimg6887
Cimg6888

 ということでサラダが消えたのでタンいただきまひょか、これまった分厚いタンやな、1.5cmくらいあるんちゃうか。
 いただきまーす、ぱくり、んんんんん、これは美味い!!!
 まずタンが噛まなくてもいいくらいに柔らかい、箸で切れちゃうよ。
 これは老人になって歯がなくなっても歯茎で食べれるな。
 ソースはというとデミグラスなんだけど、焦がした感を出してるのかいな。
 そんで上で言ってるようにカラメルみたいな苦味と甘さがある、ここが「フレイヤ」さんと比べると若干チープに感じる所だけど、この時で値段は830円違うから同じ土俵に乗せる訳にはいかん。
 ナポリタンが付け合わせであるが、やっぱこれがあるとないとでは全然違うよな。
 これにライスと福神漬け、特に福神漬けが嬉しい。
 タンシチュウにこのソースはライスによく合う、ライスもタンシチュウも相乗効果でどっちもいくらでも食べれる。
 ホントにこの値段で食べられてたのが素晴らしいくらいのタンシチュウ、なので惜しい。

 しかし美味い物って探せばいくらでもあるね。
 だけど高ければ意味がないので、やはり値段以上に美味しい物を求めたい、と勝手なことを言っておく。


 引き続き洋食ブームはワタシの中にまだあるので、有馬記念後はもう一回洋食ネタ行っとく。
 東京は池袋で同じ名前の店に行ったのでな。

 

| | コメント (0)

2021年12月15日 (水)

静岡県は清水の河岸の市でも魚市場でもない「どんぶり君」さんのアジフライ定食800円ご飯大盛100円

 今月に入ってコロナ禍初期に引継ぎで行って以来の静岡に行ってきた。
 1年半は行けてなかったので、ほぼ初めてみたいなもん。

Dsc_5129
Dsc_5130

 初日は藤枝から焼津に行って、静岡駅から歩いて5分のショッピングセンター5Fのフードコートの「さわやか」さんに行って、こっちは3年以上ぶりのげんこつハンバーグ食べてきた。
 中のレアな感じは健在やった、やっぱ美味い~~~。

Cimg7405
Cimg7415
Cimg7414

 翌日は静岡からお昼時に清水に行き、本当は「河岸の市 まぐろ館」にあるこの店で「盛りまくれ」な、まぐろいっぱい丼を食べようと思っていたのだが、12時半着ではとうの昔に売切れてたみたい。
 これは早朝に行かんとすぐなくなるヤツなんやろうな。
 そんなこともあろうかと、ここの港を知る人からここのこのメニューを食べろというのを聞いてたので、従うことにした。

Cimg7416
Cimg7406
Cimg7407

 ・どんぶり君:アジフライ定食800円ご飯大盛100円

 場所は一番上の画像から清水駅の東口から清水港にまで行く通路があるので、そこから南に少し。
 「河岸の市」からその隣の「清水魚市場」を突き抜けたとこ。
 隣接してるがここは個人のお店でなかなか渋い店よ。

Cimg7413

 こっちが港側からとった画像。
 場所的には穴場じゃないけど、観光客は皆市場の方に行くから穴と言えば穴か。

Cimg7412

 12時半過ぎでお客さんはまばら、小上がりにカウンターに、そして真ん中にテーブルと満員になったら何人くらい座れるんやろう、30人くらい入れるんかな、そりゃ密か。

Cimg7408

 真ん中のテーブルに座ってメニューをパシャリ。
 この時はカウンターにお客さん居なかったけど、この後どんどん入って来てカウンター満席になっちゃった、それが上の画像ね、食後に撮ったから。

 いろいろあるけどアジフライという指令が出てたので一択。
 後客はまぐろとしらすの二色丼とか鯖の塩焼きとか黒はんぺんカレーとかいろんなもん頼んでた。

Cimg7410
Cimg7409

 ワタシが注文した時はまだ後客が来る前だったので10分待たずに出てきたよアジフライ定食ご飯大。
 3枚もあるやん、けど何か違うような…尾っぽがないのか、これだけでもイメージ違うな。

Cimg7411

 UPでパシャリ、やっぱりむっちりムチムチやなー。
 さて、ソースをと、しかし残念なことにワタシはウスター派なので中農ソースみたいだったのが少し残念。
 けどそんなの些細なことなくらいにこのアジフライが美味かったんだよねー。
 しかし最初は小鉢のキャベツのマヨネーズ和えたのから食べる、もしゃもしゃ。
 そして豆腐には醤油、もにゅもにゅ。

 そうしてアジフライ、辛子を付けていただきます、もぎゅもぎゅ。
 おおー、全然生臭さがないのは凄い、それにメチャ肉厚なのよこのアジが。
 ウスターやったらもっと良かったのに(しつこい)。
 流石は地の魚、普段食べてるアジフライとは別物やね。
 小ぶりなお茶碗に盛られた大盛りご飯、これがまたススム君なのよ。
 味噌汁はちゃんと出汁から取ってるし、味の染みた大根もおかずになる。
 とにかくアジフライの新たな境地を開拓したと言ったら過言か。

 最後のみかんで口サッパリ、観光客用の市場の食事処も良いけど、ワタシ的にはこっちの方が合ってるな。
 次回は違うメニュー食べてみたい。


 と言いつつ、盛りまくれまぐろいっぱい丼はまだ諦めてないんやけどね。
 次回は年明けか、また行きたいなー。

 

| | コメント (0)

2021年11月17日 (水)

新発見「神戸市東部中央卸売市場 食堂」の刺身定食 4種盛・ご飯(大)850円

 西宮に車で仕事で行った際には鳴尾のいつも行く中華屋さんでお昼を食べるのが決まりなんだが、毎度々々で飽きた時には少し足を伸ばして神戸の深江浜まで行く。
 東部市場にあるラーメン屋さんを開拓したり、食堂を開拓したり、あるいは自販機うどんが食べたくて「石田鶏卵」さんに行ったりもする。

 コロナ禍においてほとんど行けてなかったが、今年の正月明けにちょっとしたトラブルがあって、神戸に仕事で行くことがあった。
 久しぶりに「丸吉食堂」さんに行っておばあちゃんの健在ぶりを確認。

Dsc_4990

 そこから10ヶ月、仕事でも何でもなくぷらっと「丸吉」さんに行ってみた。
 相変わらずの店内、昭和の香りがぷんぷんする。
 ちなみにこの店のシステムは分かりにくいので言っておく。
 行くなら既存メニューじゃなくてここはおかずを取って欲しい。
 まずは玄関入って右手に皿があるのでそれを取る、この時にご飯と味噌汁を注文する。
 そしてこれでもかとおかずがたくさんあるので、好きなおかずを皿に取る、値札がある訳じゃない所がポイント。
 ここでワタシは煮しめとかそういう渋いおかずばかり取っちゃうので、彩りが茶色くなってしまうのだ。
 ちなみにお勧めは椎茸、メチャクチャ出汁吸ってご飯ススム君。
 好きなおかずを盛って漬物もいくつか載せたら一旦おばあちゃんにおかずを盛った皿を見せる、この時にご飯と味噌汁も注文してることを告げる。
 するとおばあちゃんはどういう計算なのか、100の200の400の800円、と謎の計算をして値段が決定するという仕組み。

Dsc_4989

 おばあちゃんにも笑われた真っ茶っ茶なおかずがこれ、鮮やかさの欠片もないな。
 そんで食べ終わったら食器を返してお金を払う、800円、ごちそうさまでした!!!

Dsc_5001

 そうしてもはや日本でもいくらもない関西では唯一の自動販売機うどん「石田鶏卵」さんで天ぷらうどんを食べる、230円に卵30円やからメチャクチャ安い。
 自販機のパーツがなくなったら終わっちゃうかもしれないので、現役の内に行ってみよう。

 長い余談になったが、帰って東部市場をネットで調べてたら、この食堂以外に東部市場で働く職員さんの為の食堂があるという。
 これはしやくそ食堂巡りをライフワークとしているワタシにとっては親戚のような案件なのでクリアしとかないといかんだろ。

 ちゅうことで11月の最初の土曜に行ってきた。
 だから場所は深江浜ね、行けばすぐ分かる。

Cimg6984
Cimg6969

 ・神戸市東部中央卸売市場 食堂:刺身定食 4種盛・ご飯(大)850円

Cimg6966

 ここの市場は一般人が入って買うことは出来んだろうが、食堂にはパンピーでも入れるみたい。
 車は入ってすぐの郵便局の前くらいに停めると良い。

Cimg6986
Cimg6985
Cimg6983

 市場の上が事務所になってるので、駐車場からはこの緑の橋で事務所棟に渡るのが便利。

Cimg6968

 入って建物の中程の右手が食堂になっている。
 看板が出てる訳ではないので少し分かりにくいが、覗いてりゃ食堂かどうか分かるでしょ。
 かつては「こころ」と名乗ってたのがうっすら見えるが今は店名ははがされてる。

Cimg6967

 逆から見たらこんな感じ、あくまで事務的な建物内。
 噂によると朝は3時から営業されているという、流石市場食堂。
 ちなみにワタシが着いたのは11時、お客さんはまばらで、子供連れも居れば市場で働く人も居る。

Cimg6970

 メニューはこんなん、定食はA・B・Cがあって、他には麺とか丼があるみたい。
 カレーもあるけどここで食べんでもええし、うどんは「石田鶏卵」さんで食べるからイランし。

Cimg6971

 刺身定食で決めてたので、それを告げると、後ろの冷蔵ケースに刺身が置かれてるので4種盛りは2種類あったが、好きな方をチョイス。
 この日はマグロとカンパチと鯛とアジ、もう一種はアジがホタテになってた。
 ワタシはこの日は口がアジだったのでそっちを取る。
 あと、おかずが他にも付いてくるのでそれをもらってご飯の盛りを訊かれるので大盛りと注文して会計、価格は同じみたいなのでラッキー♪

Cimg6975
Cimg6974

 これが刺身4種盛定食じゃ!!!

Cimg6977
Cimg6978
 これ850円ってかなり豪華じゃない???
 市場食堂やから魚に間違いはないでしょうよ。
 では刺身のケンからいただく、野菜から食べないとね。

Cimg6979

 ではマグロから行こかー、ばくり、分厚いマグロは柔らかくほのかな酸味、やっぱりマグロは王様やな。
 続いてカンパチ(と思う・笑)、脂乗ってるなー、ご飯食べられるぞいくらでも。
 そして鯛、白身好きじゃぁぁぁ、わさび多めでつーんと来ながらも美味い。
 アジは生姜が付いてくる、当然やん、これもご飯ススムな。
 別の皿に盛られてるおかずはペペロンチーノでにんにく結構利いてる。
 後はきゅうりの酢の物とナスを煮たの。

Cimg6982

 一通り魚食べたらやっぱりこういう食べ方になるよね、海鮮丼。
 マグロだけは漬けにしておいた、種類は4つしかないけどこのボリュームよ。
 醤油を回してわさびを乗っけて、もぎゅもぎゅ、こりゃ幸せだ。
 小さい器での大盛ではなく大きな器での中盛みたいな大盛なのは、絶対海鮮丼する人が多いからわざとでかい丼にしてると見た。
 当然、ぺろりと完食。

 市場の人は今更魚なのか知らんが、刺身じゃなくB定食の油琳鶏定食とかC定食の野菜たっぷりみそラーメンとか食べてた、油琳鶏は凄いボリュームやった。
 刺身食べてるのは一般人と言ってるみたいなもんやな。
 しかしこの値段でこのボリュームならやっぱり刺身定食でしょ。
 実に満足した、月に一度くらいは行っても良いな。
 いや、「丸吉」さんと交互やな。

Dsc_1800

 ナイスな食堂を見付けてしまったので、仕事を作ってでも行ってみるかな。
 それだけの値打ちあるよ、そんで帰りにはしつこいけど「石田鶏卵」さんで自販機うどんね(笑)。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧