2022年8月 9日 (火)

佐賀の山奥の秘境ラーメン「一光軒」さんの大盛ラーメン600円

 「山口お好み屋」さんの続き。
 本命はこっちのラーメン屋さんだったんだが、「お好み屋」さんで度肝抜かれちゃったんで、こんな凄いのが二度はないだろと思ったら二度続いた、すげぇ、いやがばい佐賀(また適当な)。

Cimg8590
Cimg8591

 ということで、このラーメン屋さんは佐賀と唐津を結ぶ相知厳木線という県道?350号の町切という交差点にある。
 昼間行けば車がぎょーさん停まってるので嫌でも目に付くと思う。
 駐車場はそんなに広くないが、店内もそれ程広くないので、これっで十分回ってるのであろう。

Cimg8603

 ・一光軒:大盛ラーメン600円

 すぐそばにJR唐津線というのが走っており、最寄り駅は北に岩屋という駅があるが、歩いて来る客は居らんやろ、と言いながら中学生みたいな子供らが何故か11時半に並んでたのだが。

Cimg8605

 11時半から営業で、ワタシはお好み焼き食べてから行ったので少し出遅れてしまった。
 着いたら外でその子供達が3人くらい並んでたのでその後になった。
 けれども10分も待たずに店内に入れてもらい、その後すぐに客席に座れたのでそこから撮った一枚がこれ。
 ラーメンなので回転早いんやろうな。

Cimg8604

 さー、どんなメニューかいな、すげーシンプルでラーメンとチャーシューメンしかない。
 バリエーションは大盛か、それにしてもラーメン550円って価格破壊やな。
 大盛にしちゃうよそりゃ、600円やもん。

Cimg8606

 あと、ごはんもあるがおにぎりもある。

 外で待ってる時から豚骨臭が凄かったんだが、濃厚そうなのはホント臭いで分かるよ。
 注文してから10分くらい掛かったのはおそらく麺が博多ラーメンみたいな極細麺じゃないからだと思う。

Cimg8607

 っと、出てきましたよ、大盛ラーメン、確かに丼一杯々々に入ってるわ。
 このラーメンが濃厚そうなのは色で分かる、そこにチャーシュー3枚に海苔にネギが緑で彩がええやないか。

Cimg8612

 丼の隣のレンゲが置いてるざるそばのつゆ入れるような器には紅生姜が入ってる、これどこかで見たな。
 それこそ唐津の「竜里」さんまんまやん、結局味的にも似てたので何か関係あんのかな???
 どうでもええ話やが、ワタシは紅生姜をラーメンに入れるの嫌い、スープが濁るから。
 だからこうして別出ししてくれるのはありがたい、余談。
 んじゃ、麺からいただきます、細めながらも少し太めの麺やな、ずずず~~~。
 うむ、加水率低めの麺はピンとしててしっかりした食感、ムチっとしてる。

 ここに絡むスープ凄いな、ではスープをいただくぞ、ぞぞぞ~~~。
 うひょ、見かけ以上に超濃いわ、このスープ。
 醤油ダレは若干濃いめで甘い要素がない硬派なド豚骨、臭いっちゃ臭いんやけど、これが美味しいというのが九州愛よ。
 そんでこのラーメン熱い、なかなか減らん。
 大盛なだけあって麺のボリュームもあるので食べ応えありよ。
 チャーシューはこれも醤油の味とか付いてない、肉そのもののストレート、ぶれんなー。

Cimg8613

 結局濃い濃いと思いながらスープまで全部完食。
 最後見てよこれ、骨まで溶けてるよ。
 佐賀で何軒かラーメン食べたけど、こういう骨までな濃い店が多いような気がする。
 そんで麺も極細系じゃなくて弱細めのストレート。
 これがひょっとしたら佐賀のラーメンの王道スタイルなんかと思ってみたり。


 いやー、この店凄いよ。
 九州愛のある人は食べに行って損はない。
 近くに観光する所もあるのでJRの18きっぷででも行っちゃえ!!!

 

| | コメント (0)

2022年7月24日 (日)

鹿児島は天文館でラーメン「薩摩らーめん家 おこば 天文館店」さんのおこばらーめん800円

 今年二度目に行った鹿児島の話、まだまだ続くで。
 今回はラーメン、鹿児島のラーメンは正直うーん、と言わざるを得んラーメンが多い。
 この時は地元鹿児島人が勧めてくれた飲み屋とかラーメン屋とかがあったので、優先させて行こうかと。
 紹介してくれた人は飲んだ帰りにいつも寄るとのことだったが、ワタシは夜にラーメンは食べないので昼に行くことにした。

 場所は高見馬場からの方が近いが、普通は天文館から流れるだろうから、となると最近できたセンテラスを南に下って、緑のコンビニを西に折れて、「のり一」さんの次の交差点を南に下がったとこ、斜め前に行列店の「豚とろ」さんがある。
 センテラスからだと5分で着くか。

Cimg8519
Cimg8518

 ・薩摩らーめん家 おこば 天文館店:おこばらーめん800円

Cimg8520

 店の前の看板、鹿児島のラーメンって天文館界隈で食べるとどこでも800円なのは不満や、「のり一」さんくらいや価格破壊してるのって。
 がらっと入って薄暗い店内でカウンターで先客1組後客女性一人、12時半なのにこんなもんなんか。
 斜め前の「豚とろ」は行列できてたんだが。

Cimg8522

 先客が奥の席で、後客がカウンターの2席向こう、間にパシャリと撮ったのがこの画像。
 なのでお客さんが居ないように見える、ま、この時はワタシしか居ない時間帯だったんだけど。

Cimg8521

 店内メニューこんなん。
 まぜそばに坦々麺につけ麺はイラン、チャーシューメン1050円は高すぎる。
 なので「当店一押し」の豚骨醤油のおこばらーめんでええやろ。

Cimg8523

 注文すると先にキムチが出てくるがステイ。
 5分程度で出てきたおこばらーめんと一緒にどや。
 おおー、チャーシューでかいのが2枚、味玉にネギにもやしにキクラゲか。
 肉も野菜も入ってる、見た目は濃厚には見えん、サッパリしたような感じ。

Cimg8524

 最近はデブにならんようにもやしやネギやキクラゲから食べて麺に行くぞ。
 それどれ、麺は細くも太くもない細麺でコシがある訳でも伸びてない訳でもなかった、普通という言葉が相応しい。
 スープは鹿児島らしいライトなあっさり豚骨で、何というか輪郭のはっきりしないぼやんとした味なんよ。
 チャーシューは側にほんのり味が付いて、脂は溶けてくるとガッツリ感がある。
 キクラゲはたくさん入ってるのが嬉しい、味玉が付いてくるのも鹿児島では珍しいかな。
 そして小皿の小キムチは箸休めになるのかな、少量ながら味の濃いキムチやった。

 とにかく鹿児島らしく捉えどころのない一杯というのが印象(これまでどんな鹿児島ラーメン食べとんねん)。


 うーん、これ酔って食べたら美味しいんかな、紹介してくれた人は〆に食べると言ってたが。
 ワタシ的には斜め前の店が並んでてここが並んでないのも納得するような感じか。
 今でも次の鹿児島いつ行こうかと考えてるけど、その中に鹿児島ラーメンという選択肢は残念ながら入ってないのが現状。
 美味しい「鹿児島」ラーメン出て来い(「鹿児島」ラーメンではない美味しいラーメン店があってもしゃーないからな)。

 

| | コメント (0)

2022年6月30日 (木)

久しぶりの久留米ラーメン「大龍ラーメン 東町ベルモール店」さんの並ラーメン600円

 前回の久留米の屋台の続き。
 ここのラーメンを食べたかったから久留米に泊まったし、屋台を早めに切り上げた。
 ワタシのお客さんではないが、久留米のディーラーさんのイチオシの店らしい。

 今調べたら3店舗あって、ワタシが行ったのは西鉄久留米駅西側歩いて3分のお店。
 北にR209の明治通りが東西に走ってて、その南が一番街というアーケードでその間。
 しかし久留米って餃子と焼鳥の街よなー、もちろんラーメンも。
 

Photo_20220630211204
Photo_20220630211203
622_20220630211101

 ・大龍ラーメン 東町ベルモール店:並ラーメン600円

 上の画像が明治通りから、真ん中の画像がアーケードから、焼鳥屋さんがあるんよねー。

Photo_20220630211202

 先週の水曜の夜だったので、そんなに人出はなかった。
 ガラッと入って先客はなしでカウンターの左端に座って店内をパシャリ。
 カウンターだけの店かと思いきや2階もあるみたい。

Photo_20220630211101

 さてメニュー確認。
 定番の並ラーメンが600円、今時ラーメン600円ってメチャメチャ安いな。
 人気No.1はチャーシューたっぷり10枚のチャーシューメン920円だと、10枚って!!!
 謎は大盛700円で替玉130円やな、半玉と1玉なんかな。
 厚切りチャーシューでピリ辛の赤にマー油の黒なんてメニューもある。
 面白いのはねぎと海苔の素ラーメン550円か、でも50円差やったらチャーシュー載ってる方がええか。
 初めての店ではスタンダードな物を頼むのは常識、なので並ラーメンをバリカタで注文。

Photo_20220630211201

 待ってる間にテーブル調味料その他拝見。
 紅生姜にたくあんがあるのね、この翌日もこの辺りで有名なラーメン屋さんで朝ラーしたがそこも紅生姜にたくあんやったから、決してご飯のお供だけではないような。

650_20220630211201

 さて5分経たずに出てきた並ラーメンがこれ。
 チャーシューにねぎに海苔に割と多めなキクラゲ、そしてメンマ、ってメンマ!?
 九州で豚骨ラーメンにメンマ入ってんの初めてかも、メンマ派なんで嬉しいやんけ。

Up_20220630211201

 っと、まずはキクラゲとねぎを食べてから麺に行く。
 麺は極細ではない細麺でバリカタなだけあってピシッと筋が通ってて、歯応えが良くぶりんぶりんで美味い。
 スープどれどれ、これはそれ程の脂っ濃さはないが程々に濃厚で、醤油ダレ加減が丁度良くコクある旨さ。
 チャーシューもほんのり甘くてこれまた丁度良い。
 メンマは弱酸味があって豚骨の濃さを多少緩和してくれて口が少しフレッシュになる。
 豚骨ラーメンにはメンマはイランのかと思ってたのでこれは新鮮な出会いやった。
 麺もスープも具材もとにかく全てが丁度良い、ワタシにとっても美味い店やと思った。

 なるほどイチオシなのも分かる。
 お昼にお腹空かして来てライスと大盛か替玉かしてガッツリ食べてみたいな、昼に居ることないけど。
 どうしても夜の〆のラーメンだと背徳感があるもんね。


 久留米良い街じゃーん。
 今度は餃子と焼鳥をハシゴしよ、そんで〆はまたここで並ラーメンね。
 

| | コメント (0)

2022年6月14日 (火)

長崎は佐世保で初ラーメン「とんこつラーメン 博多 一確」さんのラーメン700円・替玉150円

 4月に遅まきながらコロナ禍でずっと行けてなかった長崎は佐世保のお客さんがようやく会ってくれると言ってくれた。
 去年引き継いで(何でコロナの真っ最中に担当変更するんじゃ)、1年4ヶ月全く行けず、初めて行くことになった。
 福岡空港でレンタカーを借りてロングドライブ。
 
 場所は西九州自動車道佐々ICを降りて左(南)に曲がってすぐ。
 下の画像のように南下して右手にある。
 同じ敷地内の向かいにクリーニング屋さんというよく分からん二コイチ。
 店に入る前にトイレに行ったが、店の奥に製麺機があったので自家製麺みたい。 

Cimg8383
Cimg8384
Cimg8385
Cimg8386

 ・とんこつラーメン 博多 一確:ラーメン700円・替玉150円

Cimg8387

 行ったのは変則出張であったので月曜日、この前の週の金曜からラーメンが650円から700円、替玉が100円から150円に値上がりしてた、世知辛い。

Cimg8393

 麺の硬さこんなん、一杯目は10秒のバリカタで注文、
 粉落としはよく聞くが注文したことないけど、まさかたったの5秒とは、確かに粉落としだわ。
 しかしバリカタでも10秒なんね、へぇへぇへぇ。

Cimg8388

 注文して5分ちょっとで出てきたラーメン、きくらげたっぷりか、ネギも多めでチャーシュー2枚。

Cimg8390

 きくらげとネギ食べてから麺をいただこう、ずずず~~~、うん、ビシッと決まっててこの麺は美味い麺だと一口で分かる。
 スープは博多と言うだけあって、濃厚豚骨ではなくシャバめのあっさり豚骨。
 けどあっさりやから不満があるということではなく、豚骨の旨味は出てるので、色が濃くないのと粘度がないというくらい。
 チャーシューは少し甘め、やっぱりキクラゲ多めなのは嬉しい所。

Cimg8392

 最初のバリカタは瞬殺しちゃったので替玉、ワタシは替玉はヤワで頼むのが常なので、60秒のずんだれでお願いしたが(何で「ずんだれ」なのか誰か教えて)思ってたよりヤワではなく、普通のラーメンの固さみたいな感じやった。
 個人的にはもちょっと柔らかいつるつるした素麺みたいな麺かと思ってたが、よほどしっかりした麺なんやろうね。

 長崎市内では思案橋ラーメンストリートで何軒か食べたが、あそこもかなり豚骨やったが、ここはいくぶんサッパリした感じ。
 長崎と佐世保とではまた味も違ってくるんかな。


 値上げ直後に行ってしまったのは不幸だったが、失礼ながらこの田舎でこのラーメンが食べられるならお昼は安心かな。
 実はここからもっと南に下った所にぽつんとかなり味わい深い店構えのラーメン屋さんを発見してるので、次回はそこに行くつもりなんだけど。
 しかし九州は豚骨過ぎて、嫌いじゃないけど他に選択肢ないんかと言いたくなってくる今日この頃である。

 

| | コメント (0)

2022年6月 8日 (水)

高砂市ラーメン老舗開拓「長浜ラーメン 一番」さんのラーメン500円

 前回の続き、地元兵庫県ローカルグルメ巡りで、播州ラーメンに続き、高砂のにくてんを食べに行った。
 一軒目は「ミナミ」さんで教科書のようなにくてんを食べた。
 次のにくてんはと、車を走らせた途端ににかなり見た感じ渋い店を見付けてしまったので、これは行かねばならんといきなり横道に逸れてしまった。

 場所は前回の「ミナミ」さんのほん近所、前回は小松原という交差点が起点になったんだが、今回はその東の小松原東の交差点の手前。
 この幹線道は明石高砂線というらしい。

Cimg8333
Cimg8334
Cimg8335

 ・長浜ラーメン 一番:ラーメン500円

 上の画像が小松原から小松原東に向かった景色。
 停まってる車が「黒い秘密兵器」号、最初はショボいエンジンだと思ってたが、燃費の為のハイブリッドではない、走りのちょいパワーアップの為の自転車で言う電動アシストみたいなハイブリッドは最近は結構好きになってきた。
 しかし相変わらずMRからの乗り換えなのでフロントヘビーで乗りにくいと感じる所がある。

 それはさておき、看板には高砂店とか書かれてたのが消えてるので、ここは素直に「長浜ラーメン 一番」というお店ということにしておく。
 入口の右手に立ってるブーちゃんはなかなかに味がある。 

Cimg8337

 ちわーっと店に入ってみる。
 見ての通りのコの字型カウンターのみの店。
 到着したのは12時45分、客は1/3くらいの入り。

Cimg8338

 メニューこんなん、ラーメン一杯500円でっせ今時。
 大100円で替玉100円、普通は替玉やけど、さっきにくてん食べたし次もにくてん食べるので、ここは普通で、昔に比べて食べれんようになったもんよ。
 麺は上に貼られてるように毎日博多から直送されてるらしい。
 「これが一番よか麺たい!!」とあるので、こりゃ麺楽しみや。

Cimg8336

 入った右角のカウンターに座ったが、ふと横を見ると、ドリンクの冷蔵ケースがあり、その上にラジカセが置かれてる、昭和か!!! しかもAIWAやで、懐かしー。

Cimg8339

 カウンターの上にはコロナ対策か、高菜が個別に包装されてた、手間掛かっとるな。
 先客のチャーシューメン750円が出されたのを見て驚いた、ラーメン丼に隙間なくぺたぺたとチャーシューが貼り付けられてる、どんだけなチャーシューやねん、すげー。

Cimg8340

 しかし頼んだのは普通のラーメン、5分と掛からず出てきたのがこちら。
 チャーシュー3枚にネギか、シンプルやね、長浜ラーメンはこういうもんだろ。
 上で述べてるチャーシューメンは丼のナルトマークの所に隙間なくチャーシューが敷き詰められてる、だからビジュアル凄いよ。

Cimg8341

 先にネギもしゃっと食べて麺行くか、細麺のストレートね、バリカタで頼んでんのよ、ずるずる。
 おおっとぅ、博多から直送と言うのも納得なぶりんぶりんに活きの良い麺やん、イケてます。
 スープは見た目から白濁豚骨なんだが、これは甘い感じの旨味を取り払ってるので、硬派な豚骨塩に近い薄醤油といった感じ。
 お母さん達が作ってるのでもっと優しい感じかと思ってたが、どうしてどうして真逆のベクトルやん。
 チャーシューは側に焼き目が付いてて脂感がある。
 これは替玉したらスープの濃さが丁度良い塩梅になるスープと見た。
 だから替玉出来なくて残念。

 客は若い人は少なくて割と年輩だったのは店が渋いのとラーメンの味やろうな。
 若者に全く迎合してないと言っていい。
 ワタシ的には半分の客がチャーシューメンで替玉してたと見た。
 コアな客がガッツリ食べる店のような感じがした。 
 ワタシも次行くならお腹空かしてチャーシューメンに替玉やな。


 ああ、ナイスな寄り道。
 次回はもう一軒行ったにくてん、全く違うタイプなので興味深い店よ。

 

| | コメント (0)

2022年5月24日 (火)

兵庫の地ラーメンは播州ラーメン「畑やんラーメン」さんの播州ラーメン しょうゆラーメン650円&「sweets cafe kazitsu」さんの播州らーめん486円

 播州ラーメン後編。
 4月の桜咲く頃、播州ラーメンを食べに行ってきたことは既に述べた。
 「がいな製麺所」さんといううどん屋さんも発見して、ラーメン食べる前になかなかの満足度。
 そして11時に一軒目の「大橋」さんを食べて、次はと。

 これは播州ラーメンを食べに行くきっかけになったお店、CATVのチャンネル12で放送されてる「ら~めんDAY'S」という3分番組で「兵庫県 播州ラーメン」として取り上げられてた。
 これを観て播州ラーメンがあったかと思い出した訳だ。
 そこに敬意を表して行ってみることにしたんだが、この店のシチュエーションがまった笑っちゃうくらいに凄くて、何とまぁ。

Cimg8218
Cimg8227
Cimg8226
Cimg8219

 ・畑やんラーメン:しょうゆラーメン650円

 見ての通りの山河ラーメン。
 流れてる川は杉原川と言って加古川の支流、桜が美しかった。
 車で行くしかないとは思うが、行くなら滝野社からR175を北上すると新西脇駅を越えたら加古川も越える、すると北西のR427に別れて更に10分弱走った所。
 見て分かるようにR427に面してないので、そこは地力で探してクレイ(カーナビ見逃さないようにね)。

Cimg8220

 玄関には「播州ラーメン認定店之証」ということで、播州ラーメンの由来が書かれている。 
 かつて播州織で栄えてて、集団就職で働く女性達に向けてかしらんが、少し甘めのスープが愛されてたんだと。

Cimg8221

 ではガラッと入ってこんちゃー。
 着いたのは12時半だったからか、場所が辺鄙だからなのか、先客2人でワタシが入ったら1人出ていったので、カウンターの端におとっつぁんが1人でビール呑みながらおでんとラーメン食べてた。

Cimg8222

 カウンターの右端に陣取って、メニューを撮りに移動してパシャリ。 
 御飯ものとして焼めし、播州ラーメンとしてしょうゆにしおにとんこつにみそがある。
 播州ラーメンは基本豚骨に鶏ガラなので、そこのスープの部分をベースにしたら、醤油にも塩にも豚骨にも味噌にもなるんだろう。
 大盛は何と300円増し、すげー価格設定や。
 トッピングはニンニクに焼き豚にバターにネギ。
 ここはお腹も限界であったので、普通に播州ラーメンしょうゆを注文。

Cimg8224

 待つこと5分ちょっとで出てきた播州ラーメン、見た目は「大橋」さんより色が若干薄いのと、チャーシューがももの乱切りかでろんチャーシューになってることが違うか。
 もやしちょいにネギに海苔は変わらんな。
 だけど見た目の色は薄めなんだが、食べてびっくりなのがこっちの店。

Cimg8225

 麺は弱ウェーブの細麺でぶりっと弾ける、大盛300円は??? だけど好きな麺。
 ではスープ、一口すすったら、これか!!! と唸るくらいに播州ラーメンの特徴が前に出てる。
 繰り返すがここは豚骨&鶏ガラ&野菜で無化調らしいが、そのスープの甘さはメチャメチャ「播州」というのを前面に押し立ててる。
 これは確かに甘い、もちろん動物系のスープの旨味があって醤油の塩味があって、その上で甘いので、単純な甘さではないんだけど、これはかなり特徴あるよなー。
 優しい播州ラーメンより、これぞ播州ラーメンという味。
 チャーシューはこれも周りが甘醤油でハッキリと播州ラーメンだと分かる。
 メンマ欲しい所なんだけど、何故か入ってないんだよな、ここのラーメンって。

 やっぱり甘いんだけど、ぶりん麺とスープも全て完食。
 いやー、これぞ地ラーメン、こういうのが食べたかったのよね、都会のよく出来すぎたラーメンもええけど、それは飽きるのも早い。
 なので戻るのはこういう地ラーメンなんよ。
 何が言いたいかというと、笠岡ラーメン食べに行きたいなってこと。

 

 おまけ。
 

Dsc_5537

 ・sweets cafe kazitsu:播州らーめん486円

 何と播州ラーメンをスイーツにしちゃったという優れ物。
 場所は上で言う、R175から川を越えてR427に別れてすぐ。
 見ての通りのオシャレなお店よ。
 地元の人も買って帰るなかなかの人気スイーツ店。

Dsc_5536

 麺はモンブランでスープは紅茶ゼリー、チャーシューはチョコ、もやしはレモンピールだそうだ。
 食べたあとは「御飯茶碗として使える」とある通り、これ以降、ウチのご飯はこの茶碗を使ってたりする、ははは。

Dsc_5550

 家に持ち帰って食べてみたが、味は本物の播州ラーメン程甘さを感じず、ワタシでも食べられるスイーツであったと言っておく。


 明日は4時半起きで1月以来の熊本行き。
 明後日は島原に渡り長崎は諫早から佐賀に向かい博多泊まり。
 明々後日はまた佐賀に行って帰りは博多から新幹線で帰る。
 今週も週末ぐだぐだになりそうな予感がひしひしとする、うーん、がくり。

 

| | コメント (0)

2022年5月18日 (水)

兵庫の地ラーメンは播州ラーメン「中華そば 大橋」さんの中華そば670円

 播州ラーメンの回、前編。
 前回は途中で見付けてしまった「がいな製麺所」さんでイレギュラーなぶっかけうどんを食べた、その後の話。
 
 場所はJRでも行けちゃう、滝野駅から東に歩いて5分も掛からん。
 車で行ったが、滝野駅を目指していけばちょっと東の奥に入ってるが見付けるのは難しくない。

Cimg8217

 こんな感じでJRで行けると言ってるが、お客さんはほぼ車なので、駐車場は店の前にだだっぴろくて、よほどの繁盛店だと思われる。
 現に11時開店で11時10分くらいに到着して出遅れたと思ったが、下の画像のように誰も並んで居なかった。
 それは並んでなかっただけで店内は満員ギリギリだったので、11開店前には30人くらい並んでたと想像できる。

Cimg8211
Cimg8210

 ・中華そば 大橋:中華そば670円

Cimg8212

 店の外観をパシャパシャ撮って店内へ、ご多分に漏れず今風な、入って左に券売機が置かれている。
 もう一軒ハシゴしたいのでここも並。
 メニュー的には中華そばでも濃口赤身と濃口脂身、あとたぶんそのハーフの濃口半分ずつってのがある。
 醤油が濃いのか脂身が多いのか、確認してないので分からん。

Cimg8213

 ワタシの後からも何組か入ってきて店内はついに満員。
 ここからワタシの分が出てくるのは何分後なんかいなと遠い気持ちになる。
 せっせと運ばれる中華そばだがいかんせん客の多さハンパない、結局30分近く待ったもんな、お疲れさん。

Cimg8215

 ようやく出てきた中華そば、見た目は昭和の中華そばで海苔が載っててチャーシュー乱切りが目立つが、少々のもやしにネギでもちろん見ただけで甘いとは分からん。
Cimg8216
 では麺からいただくよ、ずるずるずる。  
 ふむふむ、混雑店なので、麺は大鍋でまとめて茹でるんやろう、だから麺は少しヤワ目。
 スープは見た目は普通の中華そば、香りが若干甘そうやが、いただくぞ、じゅるり。
 色は多少濃いがスープはなるほどという、醤油味の中に程良い甘さがある豚骨&鶏ガラ&野菜の旨味という所か。
 特徴と言えば特徴やが、ここは甘い中華そばと断定するにはほんのりな甘さで普通に美味い。 
 チャーシューはたっぷり、側が少し甘くて播州ラーメンとしては標準的な一杯かと。

 店内超混雑してるから行かれる方は時間ずらすか覚悟していくのが良かろう。
 しかし観光客がこぞって押し寄せる程のネームバリューはないと思うので、地元の人が大半やと思うけど、それだとよほど愛されてるラーメンってことやな。
 兵庫県人でも行ったことない人多いと思うので小旅行で行ってみると楽しいかもよ。

 ちょっとした謎だが、ワタシは以前、大橋ラーメンってとこで食べた記憶があるんだけど、ここのお店ではなかった。
 調べてみたらまた別に「西脇大橋ラーメン」という店があるそうだ。
 ここに昔行ったんやな、この謎もいずれ解かないといかん。


 次は最後にこれぞ播州ラーメンという店に行ったので紹介する。
 あと、播州のスイーツもね。

 

| | コメント (0)

2022年5月 3日 (火)

恐るべき鹿児島は天文館のラーメン「ラーメン小金太」さんのラーメン750円

 今からまた鹿児島に行くんだが、3月に行った鹿児島のラーメン屋さんを紹介して、行く前に濁しまくって行くことになるのが心苦しい。
 まぁ、これは個人の好みの問題なので、ワタシだけが不味いと思ったのかもしれんので、もちろんここが美味しいという人を否定する気は毛頭ございません。
 あくまで関西人のワタシには合わなかったかなという話。

 場所は天文館公園に面した南側にある。
 昼間通ってみたが、昼間も結構混んでるし、その日の夜に行ったら夜も並んでたので、なかなかの繁盛店。
 ワタシはどこそこに行くと決めたら、いろんな現地情報が集まってくるタイプで、今回は「せっか〇グルメ」で天文館の人気ラーメンということで、ここが紹介されてた。
 そんなに美味しいのなら話の種に行っとくかと思って昼間場所を確認して、夜に行っても混んでたが、意外と早く列が進んだので並んで食べることにした。
 到着したのは20時少し前でで10分足らずで店内に入って食べ始めたのが20時15分くらい、意外と回転速いみたいよ。

 ちなみに正面玄関は下にある画像だけど、人の流れは真ん中の画像の矢印通りなので気を付けましょう。

Cimg8046
Cimg8055
Cimg8054

 ・ラーメン小金太:ラーメン750円

 店外は暗いが店内はまぶしいくらいに明るい。
 入って奥の壁の厨房の前のカウンターの席に案内された。

Cimg8049

 ここなら何もかも良く見える場所じゃん、ということで店内はこんなに混雑してますよ。

Cimg8048

 そしてメニューはこんなんですよ、と。
 今見て意外に思ったのはラーメンに醤油に味噌までやってたのね、結構節操のない。

Cimg8050

 テーブルスパイスこんなん、基本餃子系調味料に七味ににんにくにアジシオね、へー。

 頼んだのはフラッグシップのラーメン、基本を食べないと応用もない。
 やることないので厨房を見てたけど、なるほど、だいたい分かりました。

Cimg8051

 10分も待たずに出てきたラーメンこちら。
 チャーシューたくさん載ってるな、ネギ多めにもやしにキクラゲ、見えてないけどキャベツも入ってたっけか、そんな些細なこと覚えてない。
 このラーメンの隣に置かれてる大根は先に出てくる付出しのようなもん、先に野菜を食べとかないとね、ありがたやありがたや。

Cimg8053

 では先にパリポリあっさり塩味の大根食べて、それでは麺に行きますか。
 細麺よりは少し太い麺で角はピシッとしてるか、ずるずるずる。
 うんうん、麺はぶりんとして弾力性があるが、それに乗るスープの味がどんなんだぁ???
 んじゃ、肝心のスープをいただきます、じゅるり、んんんんん、じゅるり、おや????
 なんだこの白濁してるけど間の抜けたぼやんとした主張のない薄いスープは。
 スープは豚骨に鶏ガラに香味野菜に鹿児島やし昆布とか??? 醤油ダレは色付くくらいには使ってるけど、そこに旨味は感じられず、味に芯がない。
 いろんな具材を使ってる割には拍子抜けするようなインパクトのない味。
 もう回りくどいからハッキリ言っちゃうと、スープには味がなく、魔法の白い粉の味がべっとりして、今時こんなラーメンを出す店があるのかと驚いた。
 この白い粉が好きな人には大好きな味なんだろうな、安定の味ってか。
 しかしウチにはこの手の調味料はないので(インスタントラーメンはよく食べるけど)、この味が先に出てくると正直参る。
 キクラゲで口直ししてチャーシュー食べてみる、側がほんのり甘めでたくさん入ってるけど取り立てて美味い訳ではないので、チャーシュー半分にしてくれてええから100円引いて欲しいって感じか。

 鹿児島ラーメンは福岡みたいにこってりしてないんだ、あっさりしてるんだ、という以前の問題で、これが鹿児島ラーメンだと言われると、鹿児島ラーメンは残念ラーメンと言わざるを得ん。


 そうではないと証明したいので、今回はラーメン屋さんを3軒は行って、ワタシなりに鹿児島ラーメンの汚名を返上してきたいと思う。
 しかし入る前と出た後でこれだけ落差がある店も珍しかったかな。
 いやー、凄い経験させてもらいました。

 

| | コメント (0)

2022年4月24日 (日)

長崎は諫早で長浜ラーメン「長浜ラーメン こたろう」さんのラーメン550円・替玉150円

 また長崎の話だけど、これは二度目の長崎に行く2日前の話。
 仕事でも行くんよね、仕事では諫早までで長崎市内には行かないので、長崎市内はやはり観光では別格の場所。

 このパターンで行く時は熊本に飛行機で入って、翌日朝イチのフェリーで島原に渡って、そこから昼前に諫早に着くというパターン。
 そして午前の商談終えて、昼からの間にどこでご飯を食べるか、これが毎回悩まされる。
 お客さんに話を聞くと、諫早のR57沿いはチェーン店の店ばっかりで期待するような長崎の味はないよと、悲しいことを言ってくれる。
 確かに流して走ってみてもどこかで見たようなどこでも食べれる店ばっかりなのよ。
 だけど、去年来た時にメッコ付けてた店があったではないか、と思い出し、そこに行ってみることにした。
 全然長崎じゃなくて店の名前から「長浜ラーメン」やねんけど。

 場所はだからR57を東から西へ行くと鷲崎町という比較的大きな交差点の東南の角。
 手前に弁当屋さんがあって店は見えないけど、東でも西でも来ると看板が目立って分かりやすい、けどおそらく西からは店には入りにくいという、大きな国道の交差点あるあるみたいな店。
 ちなみに対面には消防署、斜め前にはバッティングセンターがある。
 時間余ってたので食後の運動で10年以上ぶりにバットを持ってホームランを打ちに行ったが、もうバッティングフォームすら忘れてしまってたわ。
 2回分やったけど(30球300円×2)、空振りがあんなに体に良くないもんやとは思わんかった。
 次の日、いやその次の日か、身体バキバキになったからな、恐るべし運動不足。

Photo_20220424221608
Photo_20220424221609
112

 ・長浜ラーメン こたろう:ラーメン550円・替玉150円

 駐車場はごちゃごちゃしてるが台数は多いので(車でしか行きようがないから)、何とか停められるでしょう。

Photo_20220424221602

 まずは店の側面にうんちくが書かれてたのでそれを拝見。
「うまいラーメンここにあり 安心・安全国産小麦の自家製麺」とある。
 麺にこだわりがあるのね、ふむふむ。

Photo_20220424221606

 んじゃ、店に入るかとするといきなり値上げの案内が貼られてる。
 今、4月で値上がりまくりやけど、既に去年の12月25日から値上がってたねぇ。

Photo_20220424221607

 元の値段知らんしええわ別に、とガラッと入る。
 画像では明るく見えるが、外から入ったので結構薄暗い店内、カウンターがあってテーブル席があって、思ったより店内広いし厨房も大きい。

Photo_20220424221605

 入った時はカウンターが一杯だったので、その前のテーブルに座ってメニュー確認。
 スタンダードなラーメン550円ならそんなに高いとは思わんが、以前が450円で100円上がったんならそう思うかもしれんが、500円が550円ならしゃーないだろ。
 しかしその割に替玉150円は少し高いような、ワタシの中の長浜ラーメンの替玉は50円やからな。
 それにスタミナ味噌とかあごだし塩とかしょうゆに坦々麺につけ麺もあるから、長浜ラーメンとは遠いような、ま、ええか。

Photo_20220424221604

 それにしても洋食屋かっちゅーくらいに豊富なメニューでいろいろある。
 ガテン系の兄ちゃんが多く見られたのはこういう定食に魅力あるからなんかな。
 国産牛の切落しステーキ定食1590円ミニラーメン・ライス付きなんてメニューもあって、どういうシチュエーションでこのメニュー頼むんだという不思議なメニュー構成。

Photo_20220424222101

 肉にこだわりがあるのかハンバーグや塩麹のステーキまである。
 牛フィレステーキ定食1690円なんて凄いメニューや。
 なかなかマルチなラーメン屋さん、外観からは想像付かんで。

Photo_20220424221603

 とにかく初めての店は一番普通のラーメンをバリカタで注文、基本が分かってないとステーキどころじゃないからな。
 後から窓に麺以外にも味の濃さや青ネギ油もカスタマイズできるみたい、遅かったが。

550_20220424221601

 そうこうして5分も経たずに出てきたラーメンがこれ、おおー、メッチャ美白やな。
 白濁の濁を取り除いたみたいな色白なスープや。

Up_20220424222201

 そんじゃ麺から食べるか、バリカタは普通にごわごわして博多らしい麺、長崎って長崎市内もそうやけど、ここ諫早でも福岡っぽいラーメン出す店多いよなー。。
 スープはこれがまった色白やが濃厚で、醤油ダレは弱くて甘め、だから美白なのね。
 チャーシューはでろんと一枚、肉の旨味で食べさすタイプ。
 この麺美味しいので最初の1玉なんて瞬殺やん。

150_20220424221601

 替玉150円高いなと思いながらもラーメン550円やしええかとヤワで頼んだが、このヤワがホント絶妙に美味い。
 やっぱスープの温度が落ちた時にはヤワの替玉よ、いやこれ150円納得の替玉やったわ。

 替玉と併せてもあっちゅう間に食べ終わってしまった、ラーメン的には見た目が色白でチャーシューでろんとあるくらいで、ごく普通のラーメンやけど、麺がえらく美味いので濃厚甘めのスープと相性も良く軽く食べられる。
 これはある程度この辺り一周したらいの一番で二回目行く店やね。


 とにかくメニュー豊富なのでラーメンじゃなくても楽しめそうなお店よ。
 でもビール呑むなら車で来ちゃダメ、もしくは運転手連れて行きましょう、特に夜はね。

 

| | コメント (0)

2022年4月14日 (木)

長崎と言ったら皿うどんとちゃんぽん「三八ラーメン 浜町店」さんの皿うどん890円・ちゃんぽん840円

 先週久しぶりに出張してきた。
 名古屋から東京1泊2日、感染者増えてるけどwithコロナなんやろう、来週から通常勤務に戻る。
 4月の最終週は福岡から佐賀への久しぶりの仕事での九州となっている。
 3月の3連休に鹿児島に行って来たが、GWにもう一回鹿児島に行くことにした。
 行くと行ったらとことん行く九州なのである。

 さて、まだ残ってる長崎編。
 これまでで長崎のラーメンがメチャクチャ濃厚豚骨で美味いと分かったが、やっぱりちゃんぽんと皿うどんは欠かせん。
 これは行ったのは今年の話だけど、去年に既にメッコ付けてた店。
 ここのちゃんぽんと皿うどんはどんなんかな~~~???

Cimg7668
Cimg7669
Cimg7677

 ・三八ラーメン 浜町店:皿うどん890円・ちゃんぽん840円

 場所は観光通と思案橋の間、の一本北に入った通りの角にある。
 春雨交差点の路面電車の反対側にも店があったので調べてみたら、そっちは銅座店でこっちが浜町店、更に本店まであるらしい。
 地元長崎の故郷の味ってことか。
 ワタシは裏通りが好きなので、特に浜町店の方が気になったのでこっちをチョイス。
 春雨通り(路面電車の通り)から行ったとしたら矢印の方向となる、余談。

Cimg7670

 店のショーケースをパシャリ。
 「ラーメン」とはあるけどトップに来てるのは皿うどんと特製ちゃんぽんでラーメンは最下段にある。
 だからやっぱり皿うどんとちゃんぽんなんだよ。

 がらっと入ったら右手に厨房があり、カウンター席があるが、2階に案内される。
 2階がメインの客席みたいね、トルコライスの「ツル茶ん」さんも2階メインやったもんな。

Cimg7671

 改めてメニュー確認、この前に軽くお昼食べてたので、特製とかイラン、小があればそっち食べたいくらい。
 しかし皿うどんとちゃんぽんを注文、どっちも知っとかんといかんから、どこでも二つ注文してデブになる訳だ。

Cimg7672

 反対側はラーメンメニューになってて、もやしだワンタンだチャーシューだ野菜だ大盛だとなっている。
 しかし野菜ラーメンってちゃんぽんとどう違うんだ、あ、麺の太さが違うのか、と一人納得。

Cimg7673

 10分くらい待って下の厨房から上がってきた、まずは皿うどん。
 見た目かなり豪華な具材感があるんだが、キャベツにもやしにネギにきくらげに、ちくわにかまぼこにゲソにエビに、小さいけど牡蛎まで入ってるんだからリッチ。

Cimg7675

 このパリッとした極細麺のパリ部分はお菓子みたいに食べられるし、あんで柔らかくなったのはちゃんと麺なんだよねー。
 どれどれ、揚げ麺をいただく、パキっと、何だこの味は???
 あんをいただく、もぎゅもぎゅ、ははは、メッチャ甘~~~。
 ベースはちゃんぽんと同じライトな豚骨スープなんやろうけど、あんにしたらかなり甘い味付けで驚いた、こういう味もありかー。
 でも皿うどんは基本、ソースをかけて食べるもんなんで、そうするとこれはこれでありやから、皿うどんは二度美味しいね。

Cimg7674

 少し遅れてちゃんぽん、これはラードで具材を炒めた感があって、それがスープと混ざるとワイルドでラーメンとはまた違う味わい。

Cimg7676

 麺はだからこんな中太麺で弾力性がある。
 この具材も皿うどんと同様、蒲鉾の赤が彩としてナイスよね。
 とにかく野菜のボリュームあるので、なるほど某チェーン店が野菜が摂れると言う訳だ。
 ちゃんぽんもソースや酢をかけて食べたい所だが、酢はなかったのでソースを少し垂らしてまた味が変わってこれまた二度美味しい。
 こっちはスープが甘いということはなく、マイルドな感じの豚骨であった。


 昔からの味なんやろうな、これって。 
 しかしなかなかのボリュームがあった、完食するの大変よこれ。
 一軒だけやったらここで良いってくらいの満足感がある。
 家族連れが多かったのも納得。


 これが長崎の味か、名物に美味いもんはあります!!!(ちょっと甘いけど・笑)。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧