2017年8月 3日 (木)

広島は観音新町ラーメン新規開拓「らーめん 丘の」さんのらーめんセット780円塩

Cimg8240 来週も広島行くけど、これは前回行った際のネタ。
 先々月に広島はヘリポートの手前の総合グランドの隣に見付けたラーメン屋さん、確か以前はカレー屋さんであったと記憶している。
 店が変わってるのを発見したのはバスからで10時半過ぎ、12時過ぎに一仕事終えて歩いて向かったが、どうやら木曜は休みのようであった。

 で、リベンジの先月は水曜に行ってみた。
 すると何人か店の外で待ってるではないか、待つの嫌いなんだけどしゃーない。


Cimg8248Cimg8247 ・らーめん 丘の:らーめんセット780円塩

 店の前に小さなA型看板があって、それで何食べようか見てたら、何かとてつもないサービスをやってる。
 お勧めは塩なんだそうだ、この690円に90円を足すとセットになり、豚骨と鶏ガラで取ったスープで作ったカレーが付くらしい。
 それとお総菜が2品、そしてご飯お代わり可なんだそうだ、メッチャお得やん!!!

Cimg8241Cimg8242 一応、カウンターにあるメニューも貼っておく。
 平日ランチメニューは上述の通りであるが、土・日のランチメニューだとお総菜が2品から1品になるとのこと。
 でもお代わりしてええんやからこれだけでも十分なサービスと言える。
 裏が夜メニューになってて、サイドメニューはから揚げ・餃子・牛すじ・イカから揚げ・小イワシのフライ・枝豆・冷奴にポテトフライトなかなかに豊富。

Cimg8243 何やかんやで10分くらい待って入った、カウンターのみで10席ちょいか。
 店内は広々としており、ゆったりしてる。
 道路側にご飯にカレーにお総菜に漬物が置かれており、ラーメンを注文して、先にカレーを皆食べてた、なるほど。

Cimg8244Cimg8245 注文した塩らーめんが10分くらい経って出てきた。
 食べはしなかったが、撮影用に副菜の準備は万端(笑)、ようやく食べられるとパシャリ。
 +90円で付くサービスじゃないだろ、凄い。

Cimg8246_2 だけど麺太郎なので麺から食べる、つるつる、九州っぽい極細ストレート。
 そんでスープは上述の通り、豚骨と鶏ガラで、広島っぽく白濁はしていない。
 豚の脂はそこそこ出てるが、臭みはない。
 豚骨醤油なら広島やけど、豚骨塩ってのは珍しいよなー。
 あまり濃い味付けではないので、淡麗なんだが、そこはフライドガーリックが少し浮いてるので、満足感が得られるようになっている。
 チャーシューは分厚くホロホロ、脂は多いがあっさり食べられる。
 もやしが広島っぽいか、ネギ多めも嬉しいし、半熟卵もありがたい。
 +90円のサービスは、カレーはスパイス感は少ないが、ラーメンスープで伸ばしてるだけあって、味に厚みがある。
 お総菜のキャベツとキュウリの味噌和えは冷たいホイコーローみたいでご飯がススム君や。
 高野豆腐にひじきにぬか漬けは、出張時の野菜不足にはありがたい。

 うーむ、トータル780円でこのパフォーマンスは昨今のメチャメチャ高いラーメンに一石を投じる内容となっている。
 やれば出来るってことか。


 ハッキリ言って裏通りだが、行ってみる値打ちはあるかも。
 隣の隣は派出所やけど、結構車停めて食べる人居てたから、車でも行ってみるがヨロシ(ヲイヲイ)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 1日 (火)

たまには東京でチェーン店「せい家 仙川店」さんのらーめん500円(税込540円)ぎょうざ100円(税込108円)

 先週もハードで、水曜名古屋で仕事して、夕方から東京へ移動、木曜は東京で仕事して、夕方にまた名古屋に移動、そんな出張やった。
 そんで東京では、池袋、仙川、新宿に出没、その仙川での話。

Cimg8326 お昼を食べるにももはやネタがなくなってるが、それでも新しいラーメン屋さん発見。
 たぶん、そう古くない店舗だと思われる。
 何よりラーメン500円(税別)に期間限定終わっちゃったが7月31日まで、ぎょうざ5個100円(税別)ならチェーン店でも入ってみて良いだろ。
 ラーメンはこれくらいの価格で食べたい。

 場所は京王仙川駅から賑やかな商店街入ってすぐくらい。
 調べてみたら東京で30店舗近く展開してるチェーン店らしい。
 こないだまで税込500円やったらしいが、諸般の事情により税別となったそうだ。


Cimg8324Cimg8325 ・せい家 仙川店:らーめん500円(税込540円)ぎょうざ100円(税込108円)

 つまりは648円ってことやけど、それにしても安い。
 でも安かろう不味かろうでは話にならん、どんなんかなー???
 地ラーメンではないけど、チェーンの実力も知っておかねばならん(ならんこたぁないけど)。

Cimg8328 カウンターに座ってメニュー確認、したけどらーめんって最初から決まってる。
 味は味噌とつけがあるみたい、後はトッピングのバリエーション。
 一番高いのでネギチャーシューメン850円(税込918円)か、これはちょっと高いかな。
 お父さん方にはお疲れ様セット400円(税込432円)があり、生ビールにチャーシュー2枚に味玉にメンマが付いてくる。
 学生さんには学生セットなる物があり、ラーメンライスで570円(税込615円)だ。
 とにかくリーズナブル、いや本来の価格であると思う。

Cimg8327 ちょこっとカスタマイズも可能なようで、普通は太麺なのだが、細麺もあるらしい。
 醤油タレも濃さ調整可、チー油も加減してくれる。
 なのでワタシは太麺固めチー油多め醤油タレは普通でオーダー。

Cimg8329Cimg8330 全く知識なく入ってるので、どんな味かもサッパリ知らんのだが、出てきたラーメンこんなの。
 へー、大きな海苔と大きなチャーシュー、ほうれん草がポイントやね。
 餃子も間もなく出てきたので合わせてパシャリ、648円(税込)なら安いよなー。

Cimg8331 では麺から食べる、ぞぞぞ~~~、おうおう太麺の平打ちびらびら麺か。
 固めなので食べ応えあるやん、太麺ならではのしっかりしたもっちり感がある。
 意外なのはスープ、太麺やからまさか豚骨&鶏ガラのスープとは思わんかった。
 九州っぽいのなら細麺やけど、意外な太麺を合わせたな。
 豚と鶏の旨味があって、超濃厚クリーミーではないが、しっかり味は出てる。
 個人的には醤油ダレは薄めでも良かったかな。
 チャーシューはでろんとしており、味が付いてる訳ではなく、肉の旨味で食べさせる感じ、最近この手のチャーシュー多いよなー。
 ほうれん草は個人的に嬉しいトッピングや、緑物ナイス。
 ぎょうざは普通に美味いので5個で108円(税込)はナイスなサービスだと言える。

 この値段でこの味なら全然OKでしょう、もっと不味くて高いチェーン店なんていくらでもあるしな。
 しかし東京の味かと思えば九州寄りだったので少し肩透かしあったが、みんな豚骨好きなのね。


 ラーメン850円、大盛+150円、ご飯と唐揚げのセットで計1200円なお店にはちょっと考えてもらいたい、ラーメンの地位上げ過ぎやっちゅーねん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月30日 (日)

神戸は長田で牛テール「龍の髭」さんのテールラーメン・玉子かけごはんセットで750円(お昼のおすすめ)

 仕事で何ヶ月かに一回垂水に行く。
 帰りにこの日は長田でぼっかけでも食べようかと思って、和田岬まで車を走らせたのだが、途中で怪しげなラーメン屋さんを発見したので、急遽開拓してみることにした。

 場所は新長田からR2を下ってまだ南西、地下鉄海岸線の苅藻駅東すぐ。
 駐車場はないが、店の前に停めてへっちゃらやった(ヲイヲイ)。


Cimg8267Cimg8266 ・龍の髭:テールラーメン・玉子かけごはんセットで750円(お昼のおすすめ)

 12時ちょい過ぎくらいに入ったんだが、前客1人。
 座敷にテーブル3つにフロアにテーブル2つ、壁にカウンター席を設けてあり、都合25人くらいは入れるような、元居酒屋だよなこりゃ。

 それは良いんだが、入って誰も居ないのかと、厨房を覗き込んでみたら、大将がマスクをして出てきた。
 風邪か??? それとも終わった頃のアレルギーか??? はたまた衛生的なもん??? とにかく見たまま怪しい。

Cimg8258Cimg8260 メニューはこんなんで、ぼっかけも食べられるみたいなんだが、おすすめがテールラーメンと玉子かけごはんのセットで本来は900円の所を、卵かけごはんがサービスになった感じ。
 ならこれを注文するしかないでしょうよ。

 そんで注文してちょっとしてから奥さんらしき人が外から戻ってこられたんだが、これがまた凄くインパクトのある方で、一度見たら忘れない系な人。
 ここでようやっと水を持って来てくれて、再度注文を訊こうとするので、中から大将がお昼のおすすめ!!! と言ってくれたので、二度言わずに済んだ。

Cimg8259 そうこうしてる間に、食べてた先客は帰り、ワタシ一人になったんだが、なっかなかラーメンが出て来ない。
 なんだけど厨房のカウンターにはトレーにごはんと玉子は置かれてる。
 麺茹でてスープ注ぐだけやからワタシだけやし3分で出てくると思うんだが、結局10分以上経待った。
 その間に、テールラーメンの薬味、ってことでヤンニョンジャンかなんかに漬かったニラが先に出てきた。
 これ入れたら反則的に美味くなっちゃうじゃんかよー。

Cimg8261 まだかまだかと待ってると、ようやっと出てきた。
 待ってる中、見にくい厨房を見てたが、テボを持って右往左往してたり、スープから脂をすくったりというのが見えた、大丈夫かいな。
 しかしこのルックスはテールのボリュームがメッチャあるし、糸唐辛子も美しいし、味玉もキラキラしてる、期待して良いのかな。

Cimg8262 では麺から食べる、ぞぞ…って熱っっっ!!!
 透明なので分からんが、牛のスープの脂が表面を覆ってるようで、これがメチャメチャ熱い。
 食べ終わりの10分後まで熱々やったから相当熱い。
 麺は北海道産小麦を使ってると店内に書いてあったが、確かに麺はぶりぶりの食感で、最後まで伸びることがなかったので、かなりの強者。
 では肝心のテールスープはどうやねんと、あちちあちあち、ほう、豚骨とかと違ってクセがないのが牛だけど、独特のつーん感があり(分かりにくい表現や)、結構塩味が強い。
 無化調でやってる感じか、テールスープの旨味は確かにあるが、上述のように脂がかなり濃い。

Cimg8265 ではゴロゴロ入ったテールを食べてみよう、ほろほろ。
 おおー、箸入れただけで骨から身が剥がれる、とろっとろやん。
 本当にたくさん入ってるので、ほぐして食べ、口に入れてはほぐし、の繰り返し。
 コラーゲンたっぷりなのは確かに凄いが、だから脂が凄いのも事実。

Cimg8264 途中でニラを少し入れてみた。
 味の変化はあるが、これはニラが強く出ちゃったし、辛味も少しあるので、スープが濁っちゃったかな。
 これは入れるか入れないかはよく注意して入れるが良かろう。

 とにかく熱いので麺がなかなかすすれないんだが、一方の卵かけごはん。
 これは待ってる間にトレーに最初から置かれてたので、卵かけたら完全に冷たくなっちゃった。
 これスープの温度差をわざと演出してんやったら凄い計算や。
 熱さと冷たさの対比は結果オーライやもんな。
 ちなみに味付玉子は黄身にかなり塩辛い出汁が染みてた。

 うーん、美味しいんだけど何かがずれてるんだよなー。
 大将、マスクやったのは風邪で高熱出てたとか???
 だから出てくるのが遅かったり、脂濃すぎたりスープも少し塩が利きすぎてたりしたのも合点が行くんだけど…。

Cimg8268 帰りにとてもインパクトのある奥さん??? に気に入られたのか、味玉サービス券をもらってしまった。
 ここに書かれてる店主のこだわりの一言!!! によると、「当店は、精肉直営店だから、スープにこだわり、すべて牛テールから旨味を引き出し濃厚な味と麺の絡みが最高の一杯を実現しました。コラーゲンたっぷりなので、女性の方も、ぜひご賞味くださいませ!」とある。
 ワタシが見た店主と思しき人がとても言いそうにはないコメントや(笑)。


 しかし牛テールスープは本物なので、もう少し優しい味付けならまた行ってみたいお店であると思った次第。
 ま、ちょっと辺鄙な場所にあるので、興味のある人は行ってみて損はないでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月14日 (金)

倉敷の恐怖の廃墟ラーメン(こらこら)「萬福食堂」さんのラーメン大盛600円

 先月倉敷に仕事で行った。
 いつも11時にアポ入れてるので、終わってからはお昼を倉敷開拓に充てている。
 つってもラーメンしか食べたことないんやけど。

 次が岡山市北区の田舎まで行くことになってたので、R2岡山バイパスを東にレンタカーを走らせた。
 何かないかいなとスマホン検索してみたら、R2からちょっと北西に上がった所にラーメン屋さんがあったので、急ぎ向かうことにした。


Cimg8231Cimg8232 ・萬福食堂:ラーメン大盛600円

 場所は加須山という交差点を上で言ってるように北西に上がって3分程度。
 遠くから見て大きな看板が見えたので、あれかと思ったが、近付いてびっくり、これですかぁぁぁ!!!
 手前に広い駐車場があるので、そこに車を停めて、建物をまじまじと見てみる。
 うーん、廃墟ではないのか。
 ちょっとどころかかなり怖いやんけ、ひぃぃぃ。

Cimg8233Cimg8239 この建物2階はどうなってんのか知らんが、どう見ても使用してるようには見えん。
 つか、階段上がったら建物自体が崩壊してまうんちゃうか、と思える程。
 入ろうかどうしようか悩んでいたが、そうしてる間にもお客さんが入れ替わり立ち替わりしてるようなので、ならば入ってみようと勢い付けてがらっと入店。

Cimg8235 店の中は薄暗いが、古くて怖いじゃなくて、使われた美しさみたいな物が感じられたので、ひとまず安心。
 ノスタルジックの極みのような昭和40年代テイストがぷんぷんする。
 何でもGACKTが特製ラーメンを食べたとか、TOKIOの国分なんちゃらが来たとか、吉本の誰それが食べたとか、そんなんが貼られてた、。
 途中、前日にもTV取材が来たと、お母ちゃんが言ってた、何となく納得はする。

Cimg8234 メニューはこんなん。
 ラーメン500円ってメッチャ安っっっ!!!
 大盛で100円増し、もやしも100円、チャーシューも100円増し、特製はチャーシューともやしのW増しなんかな???
 牛肉ラーメンってもんまである。
 店舗の家賃が掛からんと、ここまでラーメンは安くなるといった典型かと思われる。

Cimg8236 注文して待つこと10分、出てきたラーメンはいかにも岡山っぽいスタンダードな一杯。
 ちなみに先客のもやし大盛はもやし1袋分茹でたのをそのまま載っけたようなボリューム感。
 これでも良かったかな。

Cimg8238 では麺から、卵麺みたいに黄色がかっており、麺カタとは言ってないが、ごわっと堅い食感。
 なんか一本の麺の密度が高いような感じがするのは気のせいか。
 細めのストレート麺なんだが印象は角がなくて、とにかくずしりと重いんだよ。
 スープは豚のライトな味でしっかり出た脂にほんの少し甘めの醤油ダレ、岡山ってこういうスープなんだよなー、好き好き。
 チャーシューは箸でほぐれるくらいにホロホロ、醤油ダレで煮込まれたのか、しっかり濃い味。
 同じことはメンマにも言える、ただしメンマは煮込み過ぎか、食感はなくなってたが。
 麺の存在感が大盛2玉??? やからかハンパねぇ!!!

 とにかく安くて美味くてボリュームあるのは確か。
 キワモノかと思ってたが、それは外観だけで、ラーメンは至って岡山らしいラーメンやった。
 若い客が多いのも分かる気がする。


 このラーメン屋さん、勇気を持って行ってみる価値大いにありでっせ。
 怖いもん見たさでどうじょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月10日 (月)

京都は伏見ラーメンはしご後編「特製ラーメン 大中」さんの:バラ肉大中ラーメン630円麺硬め・【元味】豚骨醤油・味の濃さ普通・モヤシの量普通・ネギの量多め・チャーシューの脂身の量多め・温泉卵あり・キムチなし

 京都は伏見のラーメン後編。
 前回は「大国ラーメン」さんで胃袋にも財布にも優しいラーメンを食べた。
 お次は久しぶりやが、伏見に来たら食べたい店や。

Cimg8171 雨もだいぶ弱くなってきたので、歩いて5分程やったが苦にはならんかった。
 場所は近鉄桃山御陵前駅高架下、高架下独特のちょっと怪しい感がたまらんねー。
 ちなみに道路挟んだ向こうが桃山御陵前駅ね。


Cimg8170 ・特製ラーメン 大中:バラ肉大中ラーメン630円麺硬め・【元味】豚骨醤油・味の濃さ普通・モヤシの量普通・ネギの量多め・チャーシューの脂身の量多め・温泉卵あり・キムチなし

 12時半くらいに着いたか、客席は8割方埋まってた。
 カウンターの一番端の席が空いてたので、傘置いてカバン置いて、さぁ、注文しよう。
 ここはシステムが分かりにくい店なんだが、元気な店員さんが優しくナビゲートしてくれるので、初心者でも安心(笑)。

Cimg8172 ここは肉入りのラーメンを頼むと無料トッピングが付いてくる。
 なので何も要らない人は並ラーメン500円を頼もう。
 ワタシはフラッグシップな京丹波高原豚使用! トロトロ脂身多めのチャーシューのバラ肉大中ラーメンを頼んだので、無料トッピングをこうした。
 麺硬め・【元味】豚骨醤油・味の濃さ普通・モヤシの量普通・ネギの量多め・チャーシューの脂身の量多め・温泉卵あり・キムチなし。
 トッピングとは言わんが、これまでの豚骨醤油に加えて新味の魚介豚骨醤油があるので、そこのチョイスは必ず訊かれる所。
 さっきラーメン(大)食べたから、このくらいでイイノダ。
 しかし温泉卵トッピングで630円って安いよなぁ、普通は最近は何でも850円やもんな、ボリすぎやっちゅーねん。

Cimg8173 あと、蘊蓄の数々。
 チェーン店のようにCKで作った乳化剤なんかを加えた濃縮エキスを湯で薄めるようなんではなく、ちゃんと店で骨から炊き上げてますよ、って書かれてる。
 食べ方としては、直前にニンニクチップをほんの少しトッピングして食べると、より完成された味になるのだそう。

Cimg8183Cimg8184 結構早く出てきた、5分掛からずか、確かに脂の乗ったチャーシューがでーんと鎮座しておられます。
 でも麺から食べる麺太郎、ずるずる、ほう、加水率低めのごわっとした細めのストレート麺。
 味が九州っぽいのでこの麺が合うな。
 スープは豚と鶏の濃厚スープやが、臭みやイヤミはなく醤油の当たりも柔らかく、これが意外としつこくない味なのだ。
 やっぱり大ぶりなチャーシューが気になる、味付けは素朴で弾力性のあるバラ肉や、ビール欲しくなるねー。
 メンマは細く、これは特にどうと言うことはない。
 画像では分からんが、もやしが入ってて、その上からネギ多め、海苔もあるし、何より最後にじゅるりと呑む温卵が好きじゃ。

 凄い濃いというイメージがあったが、意外とサッパリ食べられる。
 これで630円どすえ、今も昔も人気店なのも頷ける。
 
 
 最近の850円ラーメン屋さんには是非とも勘違いに気付いてもらいたい。
 ラーメン大盛に唐揚げライスで1200円とかあり得んし!!!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 7日 (金)

京都は伏見ラーメンはしご前編「大国ラーメン」さんのラーメン(大)630円メンマ入り50円増

 いつも京都に行ってるが、この春から伏見にまで行くようになった。
 夜だと酒処なので呑んで帰るのだが、昼だとやはり京都ラーメンだろ。

 今回は初めての店と何度か行った店をハシゴしたので、前編は新規の方から。
 ちなみにこの前日に健康診断を終えてたので、その反動でラーメンをハシゴするという暴挙に出た訳だ。
 余談ながら体重は減量の甲斐あって、ベスト体重を0.1kg割り込んだが、身長は逆に0.5cm縮んだ、くそう。


Cimg8160Cimg8161 ・大国ラーメン:ラーメン(大)630円メンマ入り50円増

 場所は京阪伏見桃山駅と近鉄桃山御陵前駅の間を南北に通る京町通を北に3分程か。
 画像の通り、この日は未明まで大雨が降ってた雨がまだ残っていた。
 着いたのは丁度お昼頃であったが、大阪では上がってた雨が京都ではまだ降ってた。
 店の看板に「幸福とスタミナのもと」、「味は一番だ」と書かれており、何だか楽しくなっちゃうコピーだよな。

Cimg8162 雨降ってるので、とっとと入店。
 1人客用のカウンターが奥にあり、後はテーブル席で、思ったより店内は広い。
 なんだけど、テーブルでの相席を勧めてくれたので、レジ前のテーブル席に座ってメニュー確認。
 ラーメン500円って今時安っっっ!!!
 ラーメン(大)とチャーシューメンが同じ630円、630円でも安っっっ!!!
 申し訳ない気になってきたので、(大)にメンマ入50円増も付けちゃえ。
 よほどライス100円か焼きめし220円、220円!? 頼もうか迷ったが、ハシゴするという目的の為に自重することとした、それでも(大)注文してるけどな。

 とにかく家族連れから老夫婦、ワタシのようなビジネスマンと、いろんな人たちが入れ替わり立ち替わり、なかなかの人気店ではないか。
 220円の焼きめしが気になったので、よくよく見てたが、半チャーハンの出で立ち。
 しかしラーメン半チャーのセットで720円ならこのラーメンバカ高いご時世としてはかなりリーズナブル、

Cimg8164Cimg8165 5分程で出てきたラーメン(大)がこちら!!!
 おおー、なかなか濃厚そうなシンプルな京都ラーメンではないか。
 迷わず麺から、ぞぞぞ~~~、ちょっとヤワで出てきたかな、でもこのはんなりさが京都の味や(ホンマか)。
 細めのストレート麺はスープによく馴染んでる。
 そのスープはと、じゅるり、おお、鶏の滋味溢れる鶏の旨味を搾り尽くしたような美味さや。
 かなり濃厚なんだが、醤油ダレはそれ程濃くなく、どっちかと言うと優しい系の味やね。
 しみじみ響くなぁ、このスープ、懐かしい京都ラーメンの味や。
 チャーシューはべろんとでかくて、噛めば肉の旨さがじんわり。
 メンマ入りにしたそのメンマは味は淡泊ながら実に瑞々しい、つか、水分メチャメチャ含んでる。
 もやしにネギ、特にもやしが入ってるのが嬉しいやないか、
 テーブルには京都らしくにんにく唐辛子があり、最後の最後に少しだけ入れたら、反則的に美味くなったが、これはドーピングなので×。


Cimg8167 これだけでも十分なパフォーマンスなのに、勘定と引き換えに次回ラーメン100円割引券をいただいてしまった。
 並ラーメンが400円で食べられる!!! 何て素晴らしい!!!
 地元人で大盛況なのも納得な「大国ラーメン」さんであった。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月30日 (金)

広島は八丁堀ラーメン開拓「月月亭」さんの中華そば(大盛)750円

 梅雨やっちゅー割には結局あまり雨が降らず、とにかく蒸し暑い。
 そんな暑い中広島の八丁堀をぼらぼらしてた、どこでお昼食べようかと。
 暑いので、やっぱ夏はカレーかと、いつもの「サン・カレー」さんに行こうとしたが、それはあまりにも芸がない。
 やっぱ新規開拓して攻めなければいかんだろ。

 ということで、八丁堀の交差点の北西の「肉のますゐ」さんの方はあまり行ったことがないので、かつてここでラーメン新規開拓したことあったから、何かしらあるだろうと行ってみたら本当にあった。


Cimg8083Cimg8082 ・月月亭:中華そば(大盛)750円

 隣の看板が目立ちすぎて分かりにくい店なんだが、よく見りゃ「懐かしの尾道中華そば」のA型看板が立ってる。

 尾道かぁ~~~!!! とひとしきり残念がってみる、そりゃあの悪名高き尾道ラーメンやねんもん、化調で舌痺れまくりやっちゅーねん。
 確かに尾道ラーメンはクソやが、得てして他地域で食べた方がちゃんとした物を作ってるってことがままあるので、そこに懸けてみた。

 13時前の入店、この鰻の寝床のような細長い店はかつてスナックやったとか??? そんな感じがする。
 そこに先客2名、カウンターのみの店内は10席くらいか。
 注文を訊かれてびっくり、何と30代半ばくらいに見えるまだ若い女性が店主なのか、へぇへぇへぇ。

Cimg8085 慌てて掛けられてるメニューを見て、初めてなので、まずは単品の中華そばを大盛を注文。
 冷やし中華そばは梅しそ風味やったみたいやけど、基本中華そばのみ。
 セットでおむすびか白ごはんか炊きこみチャーシューご飯か月見炊きこみチャーシューご飯セットか牛めしセットがある。
 トッピングはネギ・煮たまご・梅・チャーシュー、とここでも梅が出てくる。

Cimg8087 細麺と太麺を訊かれたので細麺をチョイス、5分程で出てきた中華そばは丸い丼が可愛らしい。
 ちんちんに熱い丼、でろんとでかいチャーシューにネギ多め、そんで背脂ちゃっちゃと、確かに尾道ラーメンや、いや懐かしの尾道中華そばか。

Cimg8088 では麺から食べる、ずるずる、色白な細めの角としたストレート麺、ひょろそうやけど、この熱いラーメンの中、最後まで伸びずに辛抱したから良い麺だ。
 スープはこれが懐かしのなのか、実にあっさり、表面の豚の油は重いんだけど、基本淡麗醤油。
 そこでハタと気付いた、そうやん、尾道みたいなライトな豚出汁に小魚で取ったと言われてる(本当に取ってる店はほとんどないはず)スープは、油こそあれ濃厚ではないんだから、薄目の醤油ダレで素朴に仕立て上げたらええのや。
 なのに何でか足りてない旨味を安直にグルソーぶち込んじゃうから、とても食べられん代物になる。
 逆の発想が正解やったか、なるほど!!!
 チャーシューはだからでろりん、肉には醤油ダレが染みたようなんじゃなくて、肉の旨味で食べさせるタイプ。
 噛めばほんのり甘みを感じる所から、蜂蜜でも塗ってたか???
 背脂を口に含むとそこで濃厚な満足感を得る。
 メンマはごぼうのササガキのようなスリムな感じで、特に味は付かずの箸休め。

 うん、確かにこれは懐かしの尾道中華そばと言って過言ではない、って昔の懐かしの尾道中華そばは食べたことないんやけど(笑)。
 いや、でもかつて最初の頃の尾道ラーメンってこんなんやったんやろう、たぶん。
 有名になっちゃうと不味くなるから、名物に美味いもんなしなんやろう、気を付けましょう。

 女性の店主にお話を伺った所、尾道出身ではないが、尾道で修行したそうである。
 うーん、まだ尾道にそんなに美味い店があったのか、これは行ってみたい。
 太麺って頼んだら、尾道みたいな平打ち麺が出てくるのかとも訊いてみたが、それはないらしい。
 ウチは無化調でやってますと、胸を張って答えた店主にはある種の感動を覚えた(話でかすぎるって)。

 とにかく尾道で尾道ラーメン食べるのなら、ここに行って食べるがヨロシイ。
 尾道で食べたらエライ目に遭うからな、マージーでー(どんだけ~~~、いやそんだけじゃ!!!)。


Cimg8084 ちなみに看板の上に「冷やし中華そばはじめました」とA型看板にあったが、よく見りゃ、冷やし中華じゃなく、冷やし中華そばみたい。
 山形の冷やしラーメンっぽいな、興味あるので次回は冷やし食べてみようっと。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月21日 (水)

広島老舗ラーメン発見「来頼亭」さんの中華そば(大)650円

 ワタシは広島を担当して7年になるが、お客さんは決まったとこに行くのがほとんどで、ましてや宇品にはお客さんがないので行くこともなかった。

 なんだが、これまたCATVの再放送で吉田類さんの「酒場放浪記」で広島何部作かの一つで宇品の「ぎょうざの美和」さんを取り上げておられて、ここに行きたくて先月行った。
 餃子より新鮮な魚が美味かった(いや、餃子も美味しかったけどね)、また行きたい。

 そこに行く途中、いろんな店を路面電車を乗ってて発見した。
 ゆめ○ウンのある皆実町6丁目より南は行ったことなかったから。
 すると、ラーメン屋や讃岐うどんの店やら、なかなか良さげな店発見。
 翌日、南区のお客さんとこに行くのに、時間がちょっと空いたので、15時前やったけど、空いてたらラッキーとばかりに、わざわざ行ってみた。


Cimg7910 ・来頼亭:中華そば(大)650円

 場所は路面電車で行くと県病院前って所で降りる。
 駐車場があるんかないんか知らんが、路面電車で行くのがベストやろうな。
 広島駅からだと30分弱ってとこか。

Cimg7914 お店に風格が漂ってるような、何てったって「中華そば 味本位の店」なのである、不味い訳がなかろう。
 まさに昭和レトロな暖簾をくぐって店内にぐわしと入ってみた。
 薄暗い店内は、そうねぇ、20人は入れそうな店。
 座敷に女性1人、真ん中のテーブルにおっさんサラリーマン1人、ワタシの斜め前に女性1人、そしてビジネスマンのワタシ。

Cimg7911 まずは券売機で食券購入、もはや安全面考えたら券売機なんかもしれん。
 メニューは至ってシンプル、中華そばとチャーシュー(麺)しかない。
 それと小か大か、70円差で半玉じゃなくて1玉だそうだ。
 ならお昼はしっかり食べてたが、ここは大食べるしかないであろう(いや、ないことはないが)。

 おばあさんに食券を渡す。
 厨房が実に見えにくいんだが、トイレ行った際にちろりと見てみたが、スープ係にでっぷりした感じ(に見えた)のおばさん、ネギ切ってたのがおねいさん、の女性3人のようであった、だから券売機よな。

 店内を見てたが、サラリーマンのおっさんの食べ方が気になった。
 麺に替え玉の時に使う醤油ダレをかけて食べているのである、???
 斜め前の女性にも中華そばが出てきたが、その女性も途中麺に醤油ダレをかけて食べてた、うーむよく分からん。

Cimg7912Cimg7913 そうして10分もかからずに出てきた中華そば(大)がこちら、ほー、錦糸玉子ですかぁ???
 チャーシューにもやしが載ってるのが広島っぽい。
 では麺から食べてみる、ラーメンは麺から食べんとどうすんじゃ、ずずず~~~。
 細めのストレート麺はもちもちとしてイケル。
 それに絡むスープよ、これ結構な粘度がある、んだけど味が薄い、塩豚骨みたいな味。
 つか、スープ原液のような感じ、なるほどだから醤油ダレが置かれてるのか。
 自分でカスタマイズして食べるのね、へぇへぇへぇ。
 そうして麺にワタシも同様醤油ダレをかけて食べたら、おお、確かに広島醤油豚骨の味になったではないか。
 スープ単体は奇をてらってないストレートで濃い目の豚骨やけど、臭みはない。
 少し醤油ダレをあくまで麺にかけて楽しんで、今度はスープにちょろっと入れてじゅるりと。
 なるほど、これが広島ラーメンや、ってな味になるのなー、おもしろい。
 最後は醤油ダレをぴゃーっとかけて混ぜ混ぜしてぞぞっと完食。

 いやー、こんな食べ方初めての経験、まだ初めてのことがあったのか。
 つくづくラーメンは自由だと思った次第。


 後からおばあちゃんが持ち帰りの中華そばを買いに来てた、地元の人にも愛されてるこの店。
 県外人にも優しいお店の方達、また行きたい店が出来た、広島いーじゃん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月12日 (月)

福山の新名物「麺や 長いち」さんの辛いラーメン900円

 最近、体重オーバー気味なので、呑んだ後の〆のラーメンとかもってのほか。
 健康診断が来週に控えているので、何かとセーブしていかないと。
 そうなんだけど、最近噂をあちこちでよく聞くので、これは行ってしまわないとという案件が出来た。

 広島に行ったら広島市内に泊まりたいんだが、仕事の事情もあって、福山で泊まることもよくある。
 先月、福山泊まりになったので、深夜のラーメンが良くないということで、とっとと飛ばしてアルコールを摂取して、その噂の物を20時くらいに食べに行ってみた。


Cimg7902Cimg7909 ・めんや 長いち:辛いラーメン900円

 実はこちらの大将とは仲良くさせてもらっている。
 創作ラーメンも得意で実に勉強熱心だ。
 ここが最近、激辛を推進しているという噂であった。
 まぁ、ワタシも激辛を吹き込んだクチなんだが、ちょっと懲らしめに行かないと。

Cimg7903 ちゅー訳で、店に入ると確かにメニューを見たら辛い辛いと連発している。
 しかも「ヘタレ」から「真面目に辛い」、「さらに辛い」、「さらにさらに辛い」まで、かなり挑戦的である。
 カウンターに座り、昨今の激辛事情なんぞ話し、焼酎呑んで(やっぱり呑むんか)、大将の手が空いた時に作ってもらう。
 一番辛いのでも良いと言ったんだが、味が分かるスタンダードな辛いラーメンを食べて欲しいというので「大人気真面目に辛いラーメン」が出てきた。

Cimg7905Cimg7906 どーん、うーん、これは地獄の何丁目ラーメンやろうか、何か毒々しい色してますけど???
 ではお約束で麺からぞぞぞ~~~、うん、「長いち」さんののド豚骨用の太めのちぢれ麺やないか、太い麺に激辛なスープが絡む絡む、辛い確かに。
 続いてスープをいただく、ずずず、とはならん、粘度が高すぎてあんみたいや。
 ひぃー、確かに辛いわ、タイでよく使われるプリッキーヌがふんだんに使われており、少し荒い赤唐辛子も使って、辛さに深みを持たせてる。
 つるつる食べることが出来ない、もさもさ食べるラーメンや。
 確かに元の濃いラーメンを想像することは出来るギリギリの線か、これ以上辛かったら味分からんイタいだけのラーメンになっちゃうもんな。

Cimg7907Cimg7908 途中、大将がこれ入れたら美味しい、とおろしにんにくを有無を言わさず勝手に投入、次の日仕事やっちゅーねん。       
 そんなこんなで焼酎を呑み呑みして完食。
 ほー、ワタシ的には丁度ええ辛さやったか。
 普段から家でハバネロを使いまくって辛さには慣れてるからな(どんな自慢や)。


 うむ、おもしろいだけのラーメンかと思ったが、ちゃんと激辛ながらしっかりした一杯になっている。
 普通の人には辛すぎるかもしれんが、激辛好きの人なら食べに行かなければいかん。
 さぁ、頭髪がどれだけ抜けるかしらんが、れっつらごん♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 6日 (火)

【徳島麺巡りラーメン編】「もりしょう」さんの中華そば(玉子入り)大650円

 一回挟んでしまったが、前々回の続編、徳島麺巡り、ラーメン編。
 繰り返すが、今年初めての徳島、もちょっと行っても良さそうなもんだが、最終目的地が香川でうどんなので、道中、岡山や福山の方が楽しくて、ついつい後回しになっちゃう。
 鳴ちゅるに徳島ラーメンに徳島の讃岐うどんではそうそうネタが持たん。

 ということで前回の続き、覚えてるか、とにかく名前の分からない交差点だが相当大きい、東西に走る県道24号と南北に走る県道1号の交差点。
 この交差点北上したら高松自動車道板野ICに出る、そんな道。
 ここは交差点東すぐ、駐車場は店の前にある。


Cimg7880Cimg7881 ・もりしょう:中華そば(玉子入り)大650円

 県道14号線は東から西に行く道中、何軒かラーメン屋さんがあったが、行ったことある店が多くて、この店は見覚えがないのでここで新規することにした。
 ちなみに最後まで老舗の「王王軒」さんと悩んだがハズレたくない気持ちより、新規開拓の熱意の方が勝ったってこと。

Cimg7875Cimg7876_2 ちわっと入ったが、どうにも店内が新しい、最近の店っぽい。
 どうすんのか分からず、まず壁沿いのカウンターの席に座ってみたが、おねいさんから食券を買って下さいと言われ、振り返って玄関を見れば入って左に券売機があった。
 さっきぶっかけうどん(大)イカ天に天ぷらぶっかけを食べて、なので何にしようかと考えたが、あまりの安さに玉子入りの大盛りをチョイス、これで650円だよ、普通なら850円はボラれるぞ(だけど何で大盛り食うんだよー、オレ)。

Cimg7877 入ったのは13時頃だったが、家族客で結構賑わってた。
 なので10分は待ったか、ようやく出てきたワタシの久しぶりの徳島ラーメンがこれ。
 やっぱ玉子載っけないと徳島ラーメンじゃないよなー。
 見た目は白濁した豚骨醤油みたいやが、実はそうじゃない。

Cimg7878 しかしまずは麺太郎なので麺から食べる、ずるずる。
 ほー、これは極細と言って良い細さの麺やん、しかも麺カタで言ってるから食感もしっかりしてるナイスな麺。
 これに絡まるスープはタダもんじゃないな。

Cimg7879 ではスープのみ行ってみよう、ほら、色が黒いでしょ。
 表面は脂で白濁してるように見えたんだが、脂どけたらこんなに濃い醤油。
 なんだけど、味は見た目程醤油辛くはないんだよ。
 濃厚、いや超濃厚なのは豚骨、粘度が結構あるくらいにコラーゲンな感じ、ネトネト。
 色は黒いがそれ程醤油辛くないスープには、徳島ラーメンはすき焼きっぽいと言われる甘みがある。
 これは確かにご飯が欲しくなるラーメンや、うどん食べてなかったら絶対ご飯注文してたな。
 そして甘辛く煮付けられた豚バラと、これが味が付いてなくて箸休めのメンマ、そしてもやし。
 最後に玉子の黄身を潰して混ぜてじゅるり…至福。
 うーん、実にハイレベルで融合されているではないか、これは自慢して良い地ラーメンや、素晴らしい徳島ラーメン、勉強して一から出直せ尾道ラーメン。

 当然、スープまで完食したんだが、その後の口の周りの脂ねっとりは流石超濃厚やと思った。
 いやー、この交差点はなかなかにレベルが高い。
 うどんとラーメンで何回でも来れるんちゃうか、と言いながらしばらく行かんけど。


 名物に美味い物はある、徳島ラーメン是非一度。
 あ、鳴ちゅるうどんもね♪

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧