2020年9月27日 (日)

新潟五大ラーメンを食べる「三吉屋西堀本店」さんの中華そば大盛750円

 シルバーウィークで4連休の人が多かったと思うが、ワタシは毎年この時期に夏期休暇の3連休をくっ付けて大型連休にして外国に行く。
 特に今年は7連休だったので、昨年末に2020年のカレンダーが出た時はラッキー♪と思った。
 ところが年が明けていきなり新型コロナ騒動、年末年始と上海に行ってたワタシは少しビビったが、コロナがどやこや言われ出した頃は中国から帰ってきて2週間以上経ってたので、ひとまずワタシ的には安心した。
 夏期休暇を申告するのは5月末、この時は9月末なら台湾とかタイとかベトナムとかなら受け入れてくれるのではないかと思ったが、そんな訳はあるはずもなかった。
 結局海外は断念せざるを得ず、ならばと沖縄は得策ではないし、北海道も初めてじゃないし、八丈島に行ってみたかったが、離島は何かあっては不味い。
 となると、日本全県巡りで最後に達成した物の、西南の端にちょこっとタッチして帰ってきた程度で、市内観光なんてしてない、かつ行ってみたい島もあるあの県に行こう、と決めた。
 その県は5年前くらいに仕事で行った新潟県、ちなみにタッチして帰った西南の端とは直江津市、滞在時間3時間であった。
 新潟だけどこれが調べてみたら美味しそうな物が一杯あって楽しそうなんだよ。

 ラーメンは五大ラーメンなる物があり、へぎそばにタレカツ丼、半身揚げにイタリアン、当然魚も美味いし米も美味い、当然酒もイケる。
 こりゃ楽しみだ。

Cimg4893

 9月16日の始発の阪急電車に乗って、伊丹空港からのフライト。
 1時間半で行けちゃう、行きはJALで1万円くらい、帰りはピーチで6000円くらいやった、けんど関空なので時間と電車賃が掛かる。

Cimg4899
Cimg4900

 8時に着いて空港をちょこっと見て8時半のシャトルバス420円でJR新潟駅まで25分で着いちゃう。
 ホテルに荷物を置かせてもらって、なんやかんやしてたらお昼に近くなったので、まずは五大ラーメンの一つ、醤油ラーメンを食べに行くことにした。
 今回は雑誌も何にも買ってないが、基本、ネットで調べた情報のみで動いてるので行った店は新潟県民の方なら誰でも知ってるいかにも素人向けな店であると思う。
 初めてはスタンダードでイイノダ、次回行くことがあれば目に付いた面白そうな店に行ってみたい。

Cimg5165

 ということで、JR新潟駅北口から行くと駅前のメイン通りを歩いていって、日本最大の重要文化財の萬代橋を越えてもちょっと歩いて西堀という交差点を南に折れて100m程。
 駅から歩くと結構遠いが初めての場所でバス乗るのもハードル高いので、30分くらい掛かっても歩くべし。
 

Cimg4913
Cimg4914
Cimg4912

 ・三吉屋西堀本店:中華そば大盛750円

 上の画像は全て食後に撮った物、一番上は人情横丁を抜け切った所から撮った。
 真ん中は道路の反対側、下は進行方向で北から南に向かって。
 見にくいのは交差点に地下道があるから。
 
 到着したのは12時くらいで、店のある交差点に人が並んでたので、しまった出遅れたか、と悔やんだが、それはこの隣の交差点、店の左にあるカレー??? のお店が行列してたみたい。

Cimg4911

 店に入る前に、店の前の自動販売機の上に「昔そのままの味」と書かれてる、そりゃ楽しみやん。

Cimg4908

 がらっと入るとお客さんが誰も居ない、しまった間違ったかと思ったが、店内古いながらもいかにも昭和な良い雰囲気だったので、食べちゃえ食べちゃえ。

Cimg4907

 メニューこんなん、中華そばとワンタンと冷やしとチャーシューメンのみ。
 冷やし中華そばってまさか年中やってるんかな???
 冬になったら上から紙貼って隠すんかな。
 とにかくお腹空いてたので中華そば大盛注文、次もあるのにどうして大盛頼むんだよ~~~。 

Cimg4909

 お昼になったからか、ラーメンが出てくる前からどんどんお客さんが入ってくる、良かった人気店で。
 そうして5分待たずに出てきた中華そばはあっと驚く極細縮れ麺、へぇへぇへぇ。

Cimg4910

 新潟五大ラーメン一軒目、当然麺から食べるぞ、ちゅるちゅる、ははは、口に入れた時の食感が実に心地良い、何というか優しい口当たりの麺。
 麺によく絡むスープはどれどれ、じゅるり、これは豚の重い感じの醤油味か。
 甘い要素全くナシの硬派でうっすら表面に油の膜。
 これ飽きない味やなー、「昔そのままの味」というのも頷ける。 
 チャーシューは薄切り2枚、ももとバラで、肉のジューシーさはないが噛み締めると最後に醤油の旨味がじんわり広がる。
 メンマもこれが甘味も酸味もなく、塩味のシャッキリした良い歯応え、奇をてらってなくシンプルで好き好き。
 唯一の問題はゆっくり食べると麺がスープを吸ってふやけて、いつまで食べても終わらないことくらいか、福岡のうどんかっちゅーねん。

 美味しかったのだが、やはり気になる点は密であったことであろう。
 ホント、12時過ぎたらあっと言う間に満員になって、テーブル席はほとんど相席させられてた。
 ワタシの席に相席する前に食べ終わって出てきたけど、そこだけが惜しかった。


 むふー、五大ラーメンなかなかやるやん。
 つっても五大ラーメンの内、三つしか食べれんかったんやけど(発祥の地元の店で食べるとJRではよほど時間がないと難しかった)。
 次回は翌日に行った二つ目のラーメン屋さん、これがまった凄く時間が掛かった…。

 

| | コメント (0)

2020年9月23日 (水)

岐阜の超老舗中華そば「丸デブ総本店」さんの中華そば500円

 今月のアタマに名古屋に行ってきた。
 どうしても行かなければいかん仕事が一件あったので、しかしそれ以外はどこも積極的に会ってくれる所がなかったので、いつもなら1泊2日で行くが、点を繋げるようにアポ取って何とか1日営業した。
 行ったのは金曜だったので、日帰りはもったいないから、久しぶりに岐阜で1泊することにした。
 もちろん狙いは「水谷」さんのどて系メニュー。
 密にならないようになるべく早めに行って混み出しそうな一歩手前で素早くホテルに戻った。

 ワタシは数年前に初めて岐阜で泊まった時に、何でこんなに何もないんだと驚いたが、それは名鉄岐阜駅前のR157をぼらぼらしてたからであった。

 その後駅前の金の信長像の北の通り(平和通り)とR157の間の程い道路、これを玉宮通りと言うらしいが、ここが呑み屋街だと遅まきながら気が付いた。
 これにより「水谷」さんを発見し、ますます岐阜が好きになった。

Dsc_3927

 余談ながらその駅前の金の信長像がマスクの啓蒙活動をしてるのに笑った。
 信長自らが率先してマスクしてるんやから、これはせねばなるまい。

 さぁ翌日、大雨の後だったので、朝から雲一つないサマルカンドブルーな青い空は強烈な陽射しで、午前中で既に35度は超えてたような暑さであった。
 思い出したくはないが、同じ9月やっちゅうのに今との差が凄い。
 一応、下調べしてたのがやはりラーメン屋さん。
 何か名物はないかいなと見てたら、駅から歩いて10分くらいの所に老舗の中華そばがあるという。
 ちょっと暑すぎるが予定通り行くとしよう。

 その呑み屋街の玉宮通りを北上していく、「水谷」さんより北に行くのは初めて。
 けどそんなに寂れてない、どころか更に北上するとアーケードがあるではないか、何かと思ったら、高島屋が平和通りに面しており、どうもここを中心に街が出来てるみたいな感じ(後先は知らんが)。
 目的の店は11時開店で30分前には高島屋に着いてたので、アーケードを練り歩く。
 昭和の映画館があって故渡哲也さんの映画を上映してた。
 まぁ、そんなに面白い物はなかったが、シャッター街のR157よりは楽しいか。

 そうして11時になったので、お店に向かったが、どうやら11時を前に先にお客さんが入っていたようで…。

 

Cimg4877
Cimg4875

 ・丸デブ総本店:中華そば500円

Cimg4876

 場所はその平和通りの高島屋の信号渡った反対側、迷う方が難しい。
 11時ジャストに着いたが、既に2組が前に並んでて、店内にはお客さんが入って中華そばが食べられているではないか、むむう。

 店内をよく見ると、ちゃんとお客さんは間引かれており、グループは同席であるが、1人だとテーブルの端と端に座るという距離の取り方であった。
 ならば並ぶのも仕方あるまい、ちゃんと考えてくれてるのはありがたいことだ。

 この店は何でも100年味を変えずに営業されてるそうで、昔ながらの中華そばが食べられるという触れ込みであった。
 昔の中華そばとはどんな味か気になる、いや楽しみじゃ。

Cimg4878

 結局10分程待って店内に入れた。
 厨房の前の大きなテーブルの端に案内され、先にお品書きをパシャリ。
 なるほど創業大正6年と書かれてある。
 ワタシの手帳によると大正6年だと今年で103年、なかなかの歴史。
 こないだまで中華そばとわんたんは400円であったらしい、どこまでもノスタルジックな。

 中華そば注文して店内観察。
 テーブル席と座敷があり、結構広い店内で、大家族が来ても対応出来そうや、けどメニューがこれしかないので使い方が難しいそう。
 しかし謎なのが、あるお父さんは、丼2つ並べて食べてんのよね。
 おそらく中華そばとわんたんの両方を頼んだんだと思われるが、ダブルで食べるかー。
 それと運ばれている中華そばだが、丼がえらく小ぶり、だけど表面張力すれすれまで中華そばで満たされている、個性的やな。

Cimg4879

 さー、待つこと10分弱で出てきた中華そば。
 画像では分からんが玉子丼食べるくらいの器の大きさにそこになみなみと中華そば、しかも熱々。
 スープ黒いなー、チャーシューは3枚にネギと蒲鉾、こりゃ昭和、いや大正やな(知らんけど)。

Cimg4881

 では麺から食べるぞ、麺太郎やから、ずずず~~~。
 細めの加水率低めのストレート麺はこれは生麺やろうけど、乾麺みたいな食感やな。
 茹で時間次第やけど、固めに茹でたら結構豪麺よ。
 しかし違和感はそこじゃない、スープよ。
 じゅるり、これはそばつゆやね、関西じゃなく関東の。
 関西風やったら鳥取の素ラーメン、麺が茹で麺の温め直しやったら姫路のえきそばか。
 チャーシューはジューシーというより旨味は抜けてたので、おそらくこのスープの醤油ダレがチャーシューの煮汁であって、そこに昆布と鰹の出汁を合わせてるではないか。
 だからそばつゆながら中華そばとして成り立ってるのでは???

 なので麺もチャーシューも食べ終わって最後スープだけになったら、これは関東のそばを食べてるような気になったくらいや。
 岐阜でそばもうどんも食べたことないから知らんけど、出汁文化は関東なんか???
 ワタシ的には愛知県は豊橋くらいから関東の出汁文化に変わって行ってるような気がしてたんだが。


 なるほど、実に興味深い一杯やった。
 出汁は和で麺が中華ってのはいろんな所にあるんやね。
 ワタシが食べ終わってからがまさにお昼の時間帯に差し掛かってたので、行列が更に長くなっており、なかなかの人気店やなと思った次第。
 こういう岐阜もあったか、へぇへぇへぇ。

| | コメント (0)

2020年9月14日 (月)

大阪は西船場(最寄り駅は肥後橋)ラーメン偶然開拓「らーめん砦 大阪京町堀店」さんの砦セット(砦ラーメン+煮卵+ダンクライス)1000円

 8月のお盆の話。
 毎年の如く電話番として出勤して、夏休みは人の少ない9月の後半の連休に併せて取ってる。
 今年は4連休だったので、昨年末に今年のカレンダーが来た時は3日付けたら7連休じゃん、ヨーロッパでも行くかと考えた。
 すると年明けから情勢がどんどん悪くなり、しかし正式に休暇を取る5月末くらいになると、9月末なら落ち着いてくるだろうから、台湾とかベトナムなら受け入れてくれるのではないかと思ったが、現実は全く甘くなかった。
 結局、水曜からの7連休は北の方に行くことになった、台風大丈夫かな???
 余談。

Dsc_2560

 とにかく毎年お盆の出勤日には2時間程抜けて心斎橋の「にし家」さんに行って夏の名物たらいうどん食べ放題するのが毎年の決まり事やった。
 なんだが、今年はやはりイレギュラーか、何と定休日に遭ったことがない「にし家」さんが休んでるという超突発事態。
 お客さんは何人も来ては定休日の貼紙見て帰ってたから、やはり特異な出来事であったのであろう。

 とにかく休んでるのは仕方ないので、とっとと心斎橋を脱出して北に向かうことにした。
 心斎橋筋商店街を歩いて行ったが、これという響くものはなく、それではと、本町の「ニューハマヤ」さんに超久しぶりにダブダブするかと歩いたが当然休み。
 ここからさらに迷走が始まる、靭公園の方に行ってみたが、そもそも15日なので空いてる店が牛丼チェーン店くらいしかない。
 更に北上して西に折れてみたら角にお店がいくつかあるような。
 もうこの時は超暑かったのでマスクで歩くには限界、何かしら入らないと体が持たん。
 しかし妥協はしたくないし…、と、西船場公園の手前の角地にお店がいろいろあったので、ここで食べようではないかと。
 北東の角がラーメン屋さんで見た目がおしゃれだったのでここに決定。
 暑かったので、もう深く考える余裕がなかったのだが、これが結果大正解なのであった。

Cimg4874
Cimg4873

 ・らーめん砦 大阪京町堀店:砦セット(砦ラーメン+煮卵+ダンクライス)1000円

Cimg4864

 がらっと店内に入ると、左手に券売機。
 初めての店だが、いきなり何が正しいかのチョイスを迫られる。
 まぁ、スタンダードに一番左上の定番品を頼めば間違いなかろう。
 ラーメンだけではとても足りんからセットが丁度良い。
 ラーメンに煮卵によく分からんが〆にスープの後にご飯を入れるのであろう、ダンクライスなる物があって1000円。
 これに決定、興味はあったのが「冷やし砦始めました」やったが、初めてなので変化球はなし、一期一会で王道の味を食べることに悔いはない。

 入ってすぐのカウンターに腰掛けて、冷たい水飲んで一息。
 店内はカウンターの奥にテーブル席がある。
 店員さんは若く、清潔感があるな、床がぬるぬるの店も良いけど(良いのか)、現代風なラーメン屋さんもまたヨロシイ。

Cimg4866

 ここでスープのうんちく発見、ようやくこの店が何ラーメンなのか知る(ヲイヲイ)。
 貝白湯らーめんなんだって、そんなジャンルがあるのか。
 あさりに牡蛎にほたてに赤マテ貝なんかのエキスをじっくり抽出して大豆の絞り汁を加えて、秘伝の塩ダレと香味野菜などから作る香味油を加えて作るスープなんだって、へぇへぇへぇ。
 トッピングは青ネギに揚げネギにわかめに薫製マテ貝にベーコンなんだそうだ、ベーコン???
 これにもこだわりがあって、チャーシューの醤油がスープの塩味をボケさせてしまうからベーコンなんだそうだ、ふーん。
 麺はオリジナルの特注麺なんだと。

Cimg4868

 そうして待つこと5分ちょっとで出てきた砦セットがこちら。
 おおー、器から普通のラーメン屋さんのそれではない。
 ラーメンも具材たっぷりでスープが見えん、左のダンクライスの上に載ってるのは柚子こしょうか???(ぶぶー、ジェノベーゼでした)

Cimg4869

 とにかく1時間近く歩いて来たので腹減った、食べよう食べよう。
 まずは麺からいつものようにずるっと、ふむふむ細めの弱縮れ麺で全粒粉か、いや赤いから何やろ、とにかく弾力性があってぶりんぶりん、この麺活きてる活きてる。
 まずは麺に驚かされた。
 続いてスープ、じゅるり、ほほー、何ともクリーミーで優しい味やないか。
 これは大豆の絞り汁が利いてるんかな、だから白濁してるのか、豚骨や鶏ガラを使ってなくとも全く不満を感じん。
 貝が好きとか嫌いとか全く関係ないと思う、これは実に完成度の高いスープちゃうか、うんうん。
 低温調理のチャーシューかと思いきや、上で述べてるように実はベーコン。
 別にチャーシュー派じゃないからこれで全然OK、メンマ派やけど流石にこのラーメンではメンマは浮いちゃう。
 薫製マテ貝が意外と載ってて結構楽しめる、これで酒呑めるわ。
 それより、驚いたのは揚げネギ、これが食べたら香ばしいネギの甘みがちゅるんと出て、良いアクセントになる、これはナイスな組み合わせやん。
 煮卵は当然な美味さで、行かれる方は必ず注文すべし。
 わかめもぎょうさん入ってた。

Cimg4870

 名残惜しいが麺を食べ終わって、残ったスープにライスをダイブ、いやダンク。

Cimg4871

 上でも言ってるが、柚子こしょうかと思いきや、舐めたらバジルだったのにびっくり。
 これはこの洋風とも言える貝と大豆の白濁スープには合う組み合わせやろうね(ワタシは柚子こしょうでも良いと思うが←しつこい)。
 ああ、もうこれは外す訳がない、見事な貝出汁雑炊やった(台ナシな言い方やな)、もとい、貝出汁リゾットやった。

 いやー、超偶然ながら凄い店発見してしまった、メチャメチャ美味い。
 一体何者やねんと、後で調べてみたら、何と長崎は佐世保の会社だそうで、もちろん九州がメインだが、関西にも堺や寺田町に店舗があり、東京にも進出してる。
 この新しいラーメンならばどこに行っても通用するわ。
 しかし九州にも新しい波が押し寄せてるんやね、驚きと共に感動した。


 なかなか梅田より南に行くことがないので、次があるかは分からんが、とにかく話のタネに一度行ってみるがヨロシ。
 絶対満足すると思うな、どぞどぞ。
 ただし平常時の混雑具合は分からんので、早めか遅めかに時間をずらすとすんなり入れるかもねー。

| | コメント (0)

2020年8月29日 (土)

【リベンジ】鳥取のミシュラン掲載のラーメン屋さん「淡麗鶏らーめん ホットエアー」さんの極み塩味玉子付き900円税込

 ワタシはお盆は毎年出勤して、代わりに休みを9月の連休と併せて取って毎年外国に行ってる。
 今年も夏季休暇申請する5月末の段階で流石に9月末くらいになれば、東南アジアで受け入れてくる国があるのではないかと見ていたが、どうしてどうして全然現実は甘くない。
 つか引き続き9月に入っも再度の在宅勤務になっちゃってるし。
 お盆の帰省やなんやで感染拡大しちゃうともうアウトだわな。

 そのお盆休み前の3連休に遅くなったが鳥取の「砂の美術館」に行ってきた。
 そもそも「砂の美術館」自体がコロナ禍で開館してなかったので、いつもは5月くらいに行くんだが、3ヶ月遅れでの鳥取行きとなった。

 中国人観光客が居ないでの、空いてるであろうことは想像されるが、やはりお昼過ぎに着いてゆっくり鑑賞したい。
 しかしながら砂丘周辺にはお昼を食べるところがない。
 なので、鳥取市内かどこかでお昼を食べねばならん。

 別にどこに行くとか考えてた訳じゃなかったんだが、少しは高速が混んでるのかと見込んで早めに出たが、最寄りの宝塚ICの入口だけが混んでたくらいで、後は流れるようにすいすいと走れた。
 中国道の佐用まで1時間、鳥取自動車道に乗り換えて鳥取までやはり1時間、10時半過ぎには鳥取ICに着いちゃう。

 ちょっと早すぎるので、それならばと去年行ってみたが、行列の凄さに早々と断念したラーメン屋さんがあったので、再挑戦してみることにした。

 

Cimg4713
Cimg4714

 ・淡麗鶏らーめん ホットエアー:極み塩味玉子付き900円税込

 場所は鳥取ICのまだ向こう、浜村鹿野温泉ICまで行って、そこから北上すればJR浜村駅に出るので、そこの北側の幹線道を東に走って浜村川という小さな川の手前のお店。

 ちょっと変な店なのは見ての通り、自動車メーカーの看板がある。
 何でも中古車販売店を営んでおられた(る?)らしい。
 これが鳥取ミシュランのビブグルマンに選ばれたというので、ワタシの知る所となった訳だ。
 そんで去年行ってみたらミシュランに載ったとこだったからか、凄い行列だったので早々に諦めたと。
 ところが今回は11時15分開店で10時50分に着いたので、しかも先に待ってる人も居なかったので、一番客として待つことにした。
 上の画像は食べ終わってから撮ったヤツね。

Cimg4702

 本当は一番客やからこうなってる。
 有限会社ホット・エアー・コーポレーションとあるが、これは会社名、店名は入口の上に「ホット・エアー」とあるが、下の画像のメニューには「淡麗鶏らーめん ホットエアー」とあるのでこっちを採用する。
 ま、どうでも良いけど。
 待ってる間に店の前に置かれてる看板を見たが、新商品として「スパイスみそ古川さん」とかバターとアサリを使った塩らーめん「ゆかちゃん」とか、結構ちゃけた店主みたい。

Cimg4703

 11時15分になって「ただ今準備中」が取られ、店に招き入れられた。
 一番奥の席に座ってメニュー確認、塩と醤油がある。
 「ミシュランガイド京都・大阪+鳥取2019」掲載メニューと書かれてあるのが極み塩味玉子付き、味玉なしは800円やが、せっかくなので味玉付きにしてみた。

Cimg4704

 ページひっくり返すといわし煮干しとサバ節の極み魚に2種類の味噌と魚介の旨味の極み味噌もある。
 まぁ、初めての店はフラッグシップメニューを食べておけば間違いないであろう。

Cimg4705

 店内はこんな感じで、フィギュアや漫画が置かれている。
 漫画の趣味はワタシと結構合ってたりするので、なかなかやるなとニヤリ。

Cimg4707

 10分も待たないで出てきた極み塩味玉子付き、おおー美しい。
 味玉子の黄身がうるうるしてるし、低温調理のチャーシューがでろんと鎮座してる。
 貝割れは緑が映える、色鮮やかなあられは謎で、キクラゲは豚骨でもあるまいにとよく分からんが、野菜やしOKでしょう。

Cimg4711

 いつもの如く麺から食べる、ぞぞぞ~~~、ふむ、細めの平打ち麺はラーメンやけどパスタみたいな麺やな。
 京都のやはりミシュランに載ったラーメン屋さんでもこんな麺食べたことある。
 スープはと、じゅるり、鶏の旨味に魚介か。
 ここで上のメニューの隣にうんちくが書かれてあるのでそこから拝借。
 材料は鳥取県産の鶏、いわし煮干し、道産魔昆布と羅臼昆布、あさり、しじみ、県内産原木干し椎茸、鷹の爪、にんにくなど、だそうだ。
 これを鷲峰山水系のおいしい水で素材に最適な温度と時間を分けて二段階で仕込み、0~1度の温度帯で1日寝かしたものなんだって。
 いろんな物使ってるらしいが、イマイチ分かりにくいな。
 美味しいけどそれ以上ではないって感じ。
 鶏ハムはプリッとしてて、食感が良い。
 チャーシューは醤油の味がじんわり後から追いかけてきて美味しい。
 味玉もそのまんまの味付け、絶妙な加減。
 しかーし、パーツそれぞれは悪くないんだけど、全体としてこれが究極の一杯かと言われたらそうでもないから不思議。

 ミシュランってことでこっちがハードル上げすぎたからか???
 この味って世代的に3世代くらい前の味っぽいし(それだけ目新しさはないということが言いたい)。
 それにここより美味しいラーメン屋さんはどこでもあるし、場所も含めた珍店ということでワタシの中で位置付けするなら納得。

 

Cimg4700

 1時間に1本くらいしか来ないがJR浜村駅から歩いて10分も掛からんし、青春18きっぷでも行けちゃう。

Cimg4701

 温泉の町やし、駅前に足湯もあるし、興味ある人は試しに行ってみれば???
 ただし自己責任でね(ハードルを上げすぎないようにってこと)。

| | コメント (0)

2020年8月18日 (火)

初めての滋賀県は長浜食べ歩き⑤「長浜ラーメン」さんのラーメン550円

 滋賀県は長浜市食べ歩き最終回、1泊2日で行ってこれだけ食べるネタがあるんやから長浜侮れん。
 彦根は彦根城という凄い観光地はあるけど、食べるネタなんて近江ちゃんぽんくらいしかないもんな(まだまだ甘いか)。

 とにかく長かった長浜食べ歩きもこれで終了。
 最後を飾るのはやはりラーメン、つまりは「長浜ラーメン」でしょう!!!

 

Cimg4692

 ・長浜ラーメン:ラーメン550円

 これも前日、長浜大手門通りを散策した際に発見した店。
 長浜で福岡の「長浜ラーメン」が食べられる店、決して滋賀県長浜市の地元ラーメンではないことだけ口酸っぱく言っておく。

Cimg4693

 というのもメニュー見れば一目瞭然、どう見ても「長浜ラーメン」だろ。
 白濁スープに紅生姜やもん、九州でしょーよ。
 しかし長浜で「長浜ラーメン」やねんから、シャレ利いてるよなー。

 彦根から長浜に10時過ぎに着いて、焼鯖そうめん食べて、イタリアン焼きそばに中華そば、更にホワイト餃子まで食べての連チャン、ラーメン一杯くらいなら食べられるやろ。

 「茶しん」さんから歩いて5分、11時45分くらいに到着、大手門通りは賑やかであったが、こちらのお店は空いてた。
 「長浜ラーメン」だけど地元の味じゃないからか、確かにここで食べないといかん味ではないけど、今回は面白いから、それに尽きる。

Cimg4697

 店の看板には愛らしいブーちゃんが描かれており、何かこの店好きやわー。
 「あっさり風味のとんこつ味」やもんね、長浜々々。
 九州ラーメン好きじゃあ、けどチェーン店は嫌じゃああああ!!! という私にはぴったりなお店のような気がする。

 メニューは入口に置かれてたのでお腹のキャパもないのでシンプルにラーメンと決めて、ガラっと入って玄関に一番近い席に座って注文。
 こちらは女性二人親子でやっておられるたんだが、実に親切なのよこれが。
 このサービスだけで来た甲斐あったわ。

Cimg4695

 5分と経たずに出てきたラーメン、ここもシンプルやねー。
 チャーシュー1枚に紅生姜、ネギにゴマ、最低限のスペック。
 長浜ラーメンやねんからこんなもんこんなもん。

Cimg4696

 では麺からいただく、ずるずる、細麺で長浜っぽいが、微妙に違うムッチリ感がある、細麺好き好き。

 スープどんなんかな、じゅるり。
 豚骨臭はしっかりしてるが、こってりではなくあっさり。
 確かに看板に偽りなしの味やね。
 チャーシューは柔らかく、ゴマたっぷり。
 紅生姜はスープが染まるから本当は別にして欲しいが、それはワタシだけの話なのでヨロシイ。
 特にこれといったインパクトはないけど、オールドタイプの懐かしい豚骨ラーメンやった。
 これだけ食べてながらスープの一滴、ゴマの一粒残すことなく完食、ゲフー。

 何でここ滋賀の長浜で福岡の「長浜ラーメン」なのか聞きそびれたが、あまりにもお店の方が優しかったので、また行かねばならんだろうから、その時には是非とも詳しく聞いてみたい。


 ということで長浜5部作、これにて終了。
 次回は長浜のあのミユージアムを紹介したい(まだ長浜です)。

 

| | コメント (0)

2020年8月14日 (金)

初めての滋賀県は長浜食べ歩き④「茶しん」さんのイタリアン焼きそば510円・ホワイト餃子10個490円・中華そば380円

 しつこく続く長浜食べ歩きだ第四弾。
 10時半に「翼果楼」さんの絶品焼鯖そうめんを食べた後に向かった店。
 これが7月の4連休のワタシ的には最大のハイライト(にしては小さい話やけど)。

 普段あんまり調べて行くことなんかないけど、これは軽く「長浜・B級グルメ」で検索したら出てきた。
 これこそワタシが行くに相応しい店ではないかと真剣に思った。
 しかしここ行く為にわざわざ彦根泊りで長浜まで行くかねぇ。

 

Cimg4679

 ・茶しん:イタリアン焼きそば510円・ホワイト餃子10個490円・中華そば380円

 場所はJR長浜駅東口出て2・300m、元浜町の交差点にある老舗なので迷う方がどうかしてる。
 ちなみに前日13時半過ぎくらいにこの前通ったら凄い行列が出来てた。
 なので並ぶの嫌いなワタシは早めに行かねばならない。
 焼鯖そうめんを食べ終わってとっとと店出て「茶しん」さんへは歩いて3分、11時開店の10分前くらいに着いた。

Cimg4680

 まぁ、これくらいの行列だったので、開店と同時に入れるであろう。
 それにしても大箱やな、えらく横に長いような。
 食堂だけじゃなく回転焼きも売ってるみたい、「暫(しばらく)」というブランドのよう。
 道路の反対側にはお茶屋さんもやってて、グリーンソフトが食べられるそうである。

Cimg4681

 繰り返すが11時開店なので、10分並んで入店。
 入口にメニューがあったので、改めて確認。
 イタリアン焼きそばとホワイト餃子は食べよう、あと破格の値段の中華そば380円は捨て置けん。
 なのでさっき焼鯖そうめん食べたけど、その前には泊ってたホテルで朝ごはん食べてたけど、ここは行っとこ、だって目的がこれなんやから。
 メニューは他にとんかつ定食にやきめしにかつ丼にとん汁にライス。
 「らーめん」は注文する中華そばとは別に何故からーめん(みそ・しょうゆ)530円がある。
 中華そばとしょうゆらーめんとはどう違うんやろ???
 あとちゃんぽん麺もある。
 一番高いメニューでホワイト餃子20個980円やからリーズナブルなお店や。
 ビールもお酒もあるし、ホワイト餃子で呑むのも悪くない。
 つってもこちらのお店夜は19時まででラストオーダー18時半なのでそうは呑めんけど。

Cimg4682

 ショーケースにイタリアン焼きそば他の食品サンプルがあるが、これではなサッパリ分からん。
 やはり本物を見てみなければ、いや食べてみなければ。

Cimg4683

 レジがコロナ対策でビニールで覆われてるが、入って先にお金を払う前払い制。
 食券もらって空いてる席に座る。
 何とか奥の空席に座れたが、結構ゆったりした席数のようであったので、ひょっとしたら間引いてるのかもしれん。

Cimg4691

 ホワイト餃子は広島の横川で食べたことがあるからどうしてもって訳じゃないけど、それでもガラスにこうして「手づくりの味 茶しんのホワイト餃子」って貼られてるくらいやから、やっぱりここは行っとかんと。

 水はセルフで持ってきて、さてイタリアン焼きそばどんなんやろか???
 厨房の一番客席に近い場所に鉄板があり、そこで焼かれている。
 お客さんの半分以上が注文してるような感じの人気メニュー。

Cimg4684

 ワクワクしてると真っ先に出てきたのがそのイタリアン焼きそば。

 ほー、もっとトマトソースの真っ赤なものを想像してたが、オレンジ色の方が近いのかも。
 まるで新潟のB級グルメのイタリアンみたいやな。

 そんで上にこれでもかと青のりが振られてるのがイタリアンじゃなくてやっぱり焼きそばなのかと面白い。

Cimg4685

 では麺から食べてみよう、ずるずる。
 へー、生麺を茹でて焼きそばにしてるんや、流石自家製麺。
 細麺でエッジがビッと利いてて食感もええやないか。
 しかしこの麺に絡んでるウスターソースが甘い、まるっきりスパイス感がなく、夜店の焼きそばみたいなソース(スイマセン、夜店の焼きそば食べたことないので想像です)。
 ははは、と笑っちゃう味、何とも懐かしい。
 んでイタリアン部分が食べてびっくり。
 うわっ、何これ、やっぱり甘い(笑)。
 これトマトソースなん??? トマト感があまり感じられず、かなり甘い。
 具材はミンチと玉ねぎのみじん切りでミートソースっぽいけど、ひょっとしてこれが滋賀県の味???
 焼きそばにも具材はあって、細かく刻んだキャベツともやしが入ってる、なのでこれは間違いなく焼きそばや。
 そんで何でか甘酢の生姜を刻んだのが上に載ってあって、紅生姜の代わりなのか実にB級っぽい、不思議な味。
 これはわざわざ長浜まで食べに来たかいがあった、他では食べられん味や。
 活きのいい麺に甘いウスターソースに甘いミートソース、珍味としか言いようがない一品や。

Cimg4686

 続いてほぼ同時に出てきた中華そばとホワイト餃子。
 中華そばは値段相応のシンプルさ、ホワイト餃子は相変わらず滋賀で食べてもホワイト餃子や。
 ちなみに関西で食べられるホワイト餃子はここだけらしい。
 やっぱり中華そばには餃子やね。

Cimg4688

 先に中華そばから、チャーシュー1枚にメンマ1本にネギ。
 要らんもんをそげ落としたような一杯やね。

Cimg4689

 麺から食べる麺太郎、ちゅるちゅる。
 んんん??? これって焼きそばと同じ麺じゃないよな、それか茹でられて太っちゃったか???
 焼きそばのきりりとした所が感じられん。
 それは置いといて、それよりこのスープよ、何って味がない、コロナか???
 いやいや、鰹と昆布といった魚介のテイストはしてるんだけど、醤油ダレ入れ忘れたんかというくらいに味が薄い。
 けど、麺と一緒じゃなくスープ単体でいただくとこれが違和感ない超あっさりスープなんよね、すまし汁みたいな感じで不思議な美味さや。
 チャーシューは柔らかくほんのり味が付いてるのが変化あるか。
 しょうゆらーめんはこの中華そばの具材豪華版なんか、それとも醤油を前面に出した醤油ラーメンなのか知りたい所やが、いつかまた行く機会があれば。

Cimg4687

 そしてホワイト餃子、これは今更ワタシが語らずとも良かろう、てか5年以上前に広島の横川のホワイト餃子を取り上げてるし。
 相変わらず見事な焼きというか揚げ具合の餃子や。

Cimg4690

 基本片面焼き(揚げ)なので裏は色付いてない。
 ラー油8に醤油2、酢はお好みでと書かれてたので、そういう配合で食べてみる。
 この側の厚さよ、バリっとしてる、けど肉汁どっばー、という感じではないけど野菜感はしっかりある。
 焼小籠包に見た目は似てるけど、そこが違うか。
 皮がしっかりしてるのでタレが乗りにくいので、割って付けても良いし、一口で食べて後からタレを吸うのもあり、ワタシはそうした、余談。
 
 うーん、イタリアン焼きそばといい、和出汁のような中華そばといい、ボリュームのあるホワイト餃子。
 これは確かにここでしか食べられん。
 地元で人気なのも分かるような気がする行列店やった。


 いやー、食べた食べた。
 しかし長浜食べ歩きはまだ終わらない。
 次回、どんなダジャレやねんという、前日に見付けた店に行く、これで〆。

| | コメント (0)

2020年7月16日 (木)

名古屋は大須でラーメン新規開拓「麺屋 しらかわ」さんのラーメン800円

 前回の続きの名古屋。
 またきな臭くなってきた名古屋であるが(大阪の方がもっとヤバいだろ)、名駅とか金山は人が少なくてびっくりしたが、大須は賑やかやったけど。
 そんな大須でラーメン食べちゃった、経済は回さないといけないんだよ、むー。

Cimg4587

 大須をぐるぐるしてて偶然見付けたので場所は説明しにくい。
 大津通の万松寺ビルを西に抜けて、一本北の筋を西に向かってすぐ。
 駐車場の向こうの建物の壁にでかでかと看板が貼り付けられてたので、これは行くしかないでしょうよ。
 最近にしては珍しい(ワタシ的に)「飛騨高山 中華そば」だよ。
 飛騨高山行ったのって何十年前かいな、何軒かはしごした記憶あるもんな、こりゃ楽しみだ。

Cimg4588

 ・麵屋しらかわ:ラーメン800円

 ずいぶん清潔感のあるお店や、最近出来たんかな。
 大須自体が久しぶりなんで、しかもメイン通りではないからよう分らんが、とにかく新しい。

Cimg4589

 券売機がそもそもタッチパネルで新しい。
 この時はせっかくの大須なので何軒か行きたい所もあったので、シンプルにフラッグシップのラーメンをポチっと。
 800円って高いなヲイ、でも最近はこんなもんか。
 でもラーメン大盛で1000円ってやっぱり高いな。

Cimg4590

 11時半くらいに入ったが先客1組、そこから席は離されてて案内。
 縦に長ーい店で厨房の前がカウンター席で後ろがテーブル席になっている。
 ワタシが食べてる途中からお客さんが来出したので、結構な人気店かと思われる。

Cimg4592

 座って5分もかからず到着したラーメン、早っっっ、そんで丼ちっちゃ!!!
 まぁ、これも最近のトレンドや、仕方ない。
 それにしても色濃いなー、醤油感が見て分かる。
 具材はチャーシューにメンマにネギに海苔、十分々々。

Cimg4593

 では麺から食べる、麺太郎なので、と箸ですくってその細麺と縮れ具合にちょっとびっくり。
 ここまでの細麺って久しぶりや、ぞぞぞ~~~。
 口に当たる食感が実に心地良いではないか、細いながらぷりんぷりんしてる。

 続いてスープ、じゅるり、醤油の当たり強っっっ。
 豚のような重みを感じる。
 だからか知らんが粗挽きのコショウが最初から振られている。
 このスープには一切の甘みはない、醤油が前面に押し出されてる。
 飛騨高山の中華そばってこんなんやったっけ???
 どっちかというとスープだけなら富山ブラックに似てるような(あそこまでは濃くないけど)。
 個人的には上に柑橘系の皮かなんか載ってたら嬉しかったかも。

 チャーシュー小ぶり、肉に味はそれ程付いてない、肉の旨味で食べさすチャーシューやけど、これがこの濃いスープだとぴったり来る。
 メンマはほのかな酸味、意外と太くて食感も良くて量も多く、メンマ好きのワタシにはとても好ましい。

 とにかくこのラーメンは強気の醤油味なので、それを分かって食べに行くと宜しかろう。
 飛騨高山と思って行ったら??? と思うかもしんない。
 けど、この細麺とインパクトのある醤油ラーメンは一度は食べてみても良いかも。


 この前にスガキヤさんが展開してる博多うどん食べてて、この後は「鈴木商店」さんで焼きそば肉入り食べるという、かなりの麺活を行った。
 しかし3ヶ月ぶりだったのにあんかけスパが食べれんかったことが至極残念。
 また名古屋行ける日が来るかな、つか何とかしてあんスパ食べに行きたい(仕事は!?)。

 

| | コメント (0)

2020年7月12日 (日)

今更名古屋は丸の内のこの店開拓「昇神 丸の内店」さんの北海道白味噌らーめん750円・11時30分~19時ライス無料

 3ヶ月ぶりに名古屋に行って来た。
 お客さんによっては受け入れてくれる所もあって、1泊2日で会ってくれるメーカーさんを広く回った。

 2日目の金曜日に名古屋は丸の内に午前中行った。
 話が終わってお昼は天気もイマイチやったので近所のラーメン屋さんを開拓することにした。
 本当は日銀前交差点の北東にある、いつもよく泊まるホテルの前にあるラーメン屋さんに行ってみたんだが、12時前なのに既に人が並んでたので断念。
 そんで元居た所に戻ってこっちはこっちで行ってなかったので今更ながら新規することにした。 
 この店は5年くらい前に開店したような記憶がある。
 確かその時は海老出汁のラーメンやったような気がするんだが、今回改めて見てみたら味噌ラーメンの店になってた。

 

Cimg4581
Cimg4582

 ・昇神 丸の内店:北海道白味噌らーめん750円・11時30分~19時ライス無料

 場所は日銀前交差点の北西がコンビニで北に上がった角が郵便局なので、そこを西に折れたらすぐ。
 地下鉄だと鶴舞線の出口すぐ。
 ワタシが着いたのが12時前だったので画像の如く並んでなかったが、店内は8割入っており、12時過ぎたらどんどん人が来て表にまで並んでた。
 まぁ、この辺りで他に食べる所ないからな。
 ちなみにいつもなら近所にあんかけスパの店があるので、定番コースではあるんだが、今回はあくまでラーメン開拓。

Cimg4586

 メニューはこんなん、北海道白味噌か名古屋赤味噌か北海道赤味噌がメイン。
 他に坦々麺にまぜそばに豚そばなんてのもあるみたい。
 けどやっぱり海老ラーメンはないのね、まぁ、別に海老出汁食べたい訳じゃないんやけど(味噌も食べたい訳じゃないんやけど)。

 店内は奥に長ーくなってて、入って左に券売機があるのでそこで食券を買う。
 アジア系のおねいさんに手渡すとご飯どうするかと必ず訊いてくれるので、遠慮なく注文しましょう。

Cimg4583

 玄関の一番手前のカウンターに座ったら目の前にスープのこだわりが書かれてた。
 動物系の骨にゼラチン質に魚介に野菜や米を大量に使用した栄養満点で旨味とコクが凝縮された特製スープだそうだ、って米???
 その後に野菜と米でとろみをつけて意外とヘルシーでくどくないって続いてる。
 へー、米入れるんや、知らんこと多いなー。

Cimg4584

 と、感心しながら5分ちょっとで出てきた北海道白味噌らーめんに無料のライスが来た来た。
 白味噌ってだけあって見た目からあっさりしてそうな。
 ライスは小盛りやったが、夜呑みに行く予定やったからコレデイイノダ。

Cimg4585

 では麺から食べる、中太の角がピシッとしたストレート麺、いかにも味噌ラーメンらしい麺、ぞぞぞ~~~。
 うん、定番なので驚かされることはないな、安定とも言うのか。
 スープ確かに濃厚やな、じゅるり。
 画像にあるように豚の濃厚さが来る、野菜の旨味も納得、とろみが米やと言われたらそうなのかと。
 けど、それよりニンニクとショウガがバチンと来る。
 チャーシューはとろっろとろ、メンマは弱酸味。
 完成度は高いのやろうけど、ワタシ的にはニンニクとショウガがパンチあり過ぎ。
 こういうのが好きな人はええんやろうけど、ニンニクとショウガでごまかされたような感じがせんでもない。
 だから味噌ラーメンってチルド麺で家で食べるのは好きやけど、お店で食べるのはあんまり好きじゃないんよねー(あくまで私見です)。

 しかし750円でライス2杯まで無料と、お客さんが並ぶのが分かるのも事実。
 赤味噌やったらこれぞ名古屋や!!!ってまた印象違ったのかもしれん。
 別に名古屋で北海道白味噌らーめん食べる必要全くなかった訳やからな、なんのこっちゃ。


 ということで久しぶりに名古屋に行ったが、大阪もまた感染者増えてきたから、受け入れ拒否されかねん。
 いつまで続くんやろうね、ホンマに。 

| | コメント (0)

2020年7月 7日 (火)

東京は茅場町で懐かしのラーメン発見「昭和」さんの昭和ラーメン800円(727円+税)ランチタイム大盛り無料・12時前入店卵無料

 先週、3ヶ月ぶりに東京へ行って来た、全く気乗りしなかった。
 そりゃそーだ、またレッドゾーンに入ろうかというタイミングだったので、気が気じゃない。
 なんせいつも泊まるホームグラウンドは池袋やからな。

 とにかく梅雨の合間の良い天気、11時半に東京駅に着いたワタシは、目的地が八丁堀方面であったので、お昼はラーメンを食べることは決まってたが、特に何も決めず、八重洲中央口から地下道で東に歩いていた、まだ7月やけど直射日光はやはり暑いのでな。

 程なく地下街も終わり、地上に上がって八重洲通りをまだ東に歩く、高速道路の料金所を越え、八丁堀2丁目の交差点辺りで何かお店ないかとスマホン検索、もうお昼前だったので混むと厄介。
 すると近所の店で何とも美しいラーメンの画像を発見。
 この場所からすぐみたいやし、今ならまだ並ぶこともなさそうなので、これは行くべし。

 

72

 ・昭和:昭和ラーメン800円(727円+税)ランチタイム大盛り無料・12時前入店卵無料

 場所は駅で言えば八丁堀より茅場町の方が近いのか。
 上で言ってる八丁堀2丁目交差点を更に八重洲通りを東に行けば、八丁掘の交差点の一つ前の通り、鈴らん通りというらしいが、これを北に上がって100mってとこ。
 ワタシの印象ではここだけかなり下町な感じ。
 懐かしい雰囲気がぷんぷんしてる、だから「昭和」な店が現存するんかな。

Photo_20200707202802

 建物的にはそんなに古いビルではなく、こりゃ平成であろうが、店には「昭和」と謳ってる。
 玄関は自動ドアやったしね。

Photo_20200707202801

 しかしがらっと入った店内は狭く、カウンターのみで何席? 9席か10席?? のようなかなり密な状態であった。
 しかも厨房内には大将に女性2名含め計3名、カウンター席はワタシが入ったことで8割が埋まってしまった。
 これ7月やからまだマシやけど、真夏はキツいやろうな。

Photo_20200707202803

 後からどんどん混んできそうな予感がしたので、カウンターにあるメニューを見て、フラッグシップメニューの昭和ラーメンを迷わず注文、大盛りできますか??? と尋ねると、はいよ、という声が返ってきたが、ランチタイムは大盛り無料と書かれてある。
 そんでおかあさんが、12時前なので卵付くけど??? と訊かれたのでもちろん断る理由もない、ウェルカムよ。

80072712

 ランチタイムは前金制、お茶はセルフサービスで待つこと5分、出てきた昭和ラーメン大盛り卵サービスがこちら!!!
 おおおおお、黄金スープと言うだけのことはある。
 透き通ってるなぁ、そんで上に載ってるのはハンバーグか(笑)???

Up_20200707202801

 見た目に心を奪われてはいかん、東京のラーメンにしてはもやしが載ってるのは珍しい、なのでもやしから食べるわしわし。
 そんで麺食べよう麺、ぞぞぞ~~~。
 ほう、細めの丸麺でゆるーくウェーブしてるような、このスープに合うシコシコ麺か。
 続いてスープいただきましょう、じゅるり。
 へー、よう分らんが鶏に豚の旨味に野菜の甘さとかそんな感じ???
 この透明なスープは三日間かけて丁寧に仕込んだ自慢のスープとあるが、ワタシ的には町の中華屋さんで料理頼んだら出てくるスープを更に上品にしてラーメンにしたような味やと思った。
 ということはつまりは昭和、この味は平成ではない、確かに昭和やで昭和。
 メニューには昭和30年代名店の味、と書かれてる(その名店ってどこよ???)。
 しかしこれ飽きない味よねぇ、トリプルスープとか濃厚魚介とかそれはそれで年に1回食べたらもうええけど、こういうのは近所なら通いたくなる。
 さぁ、ハンバーグのようなチャーシュー食べよ、おおー、厚さ1cm以上あるやん、表面を炙ってあって、焦げが香ばしい。
 肉がメチャメチャ柔らかくてワタシのような抜歯したばかりで歯がない人間でも食べられる。
 肉の旨味で食べさせるタイプでじんわり醤油味が香ってくる、ボリュームあるわー。
 メンマは極厚ながら柔らかく歯に優しい、そんでじんわり酸味。
 麺とスープは繊細やけど、トッピングは豪快。
 卵は黄身は固めで味がほんのり付いてる程度、けど半個じゃなくて1個まるまるやからたいしたサービスや。
 麺大盛り1.5玉じゃなく2玉のうように感じる重量なのもナイス。

 うひょー、もちろんスープ一滴残すことなく完食。
 これはまごうことなき昭和の味や。
 この店の歴史は知らんけど、昭和の頃の店名は何やったんやろ???
 平成20年過ぎたら昭和と名乗ることの意味はあろうが、平成10年程度では昭和を懐かしむことはなかったやろうからな。
 まぁ、どうでも良いけど。


 次回は辛みそラーメンを食べてみたい、辛さランキング①~⑦の⑦霊柩車(サヨナラ)を。
 まぁ、冗談はさておき、今のラーメンも美味しいけど、作り続けてる美味しい味もあるってことだね。
 これはまた行きたい店や、東京駅から歩いて10分ちょい掛かるけど、全然問題ないね。

 

| | コメント (0)

2020年7月 1日 (水)

阪急今津線逆瀬川駅ラーメン新規「ラーメン ロケット開発」さんの中華そば850円

 5月に入ってからは6月の健康診断に向け、ブー太郎を解消すべく歩いた歩いた。
 日頃、通勤したり出張したりって、今まで何歩歩いたなんか気にしたこともなかったが、何もしなかったらここまでブー太郎になるのかと痛感した。
 5月はサウナスーツ着てとにかくぐるっと2駅分くらい、毎日2時間くらいは歩いた。

 その中で、駅前ながら全く知らないラーメン屋さんを発見した。
 前は宝塚南口駅で見付けたが、今度は隣の逆瀬川駅。
 駅周辺ながらこの辺りなんて通ることないから、全然知らんかった。

Dsc_3721
Dsc_3720
 ・ラーメン ロケット開発:中華そば850円

 場所は阪急今津線逆瀬川駅。
 東側に出たら駅に連結してる「アピア」というテナントすかすかのビルがある。
 この1F南東側に本屋があるので、そこの出口出て小林駅方面に20m歩いたとこ。

Dsc_3722

 ワタシが気が付いたのはポールにチェーンが置いてあったこと、何でこんな場所に。
 よく見ると、「お待ちいただくお客様へ」とのメッセージがある。
 「当店は一杯ずつ丁寧に作っているため提供がすごく、すごくすご~く遅いので我慢できない方はご遠慮ください。お願いします。」とある。
 よく見りゃ「ラーメン ロケット開発」って冗談みたいな店名が書かれてるし。

 最初の遭遇ではまだブー太郎やったし(痩せる為に歩いてる)、時間も合ってないので行けんかった。
 しかし6月末の在宅最後の日に、早めに行けば並ばずに食べられるのではないかと考えた、体重も既にベスト体重やしな。
 ワタシは並ぶの大嫌いなので、行くとしたらこの日しかないやろ。
 ということで梅雨の合間のかなり暑い日にラーメンを食べに出た。

Dsc_3712

 着いたのは11時45分、並んでる人は居なかった、そうでしょうそうでしょう。
 がらっと入ったら薄暗い店内にそれでも7割は入ってる(つっても7席しかないみたいやけど)。
 一番奥の席行けますよ、というので、入って左すぐにある券売機で考える暇もなく中華そばをチョイス。
 今改めて見たら、旨辛麻婆麺(ミニライス付)と中華そばと焼き煮干しそば(味玉付き)というのがある。
 中華そばだけ付加価値なしか、でも焼き煮干しそばよりたぶんスープが贅沢なんやと納得させる。

Dsc_3713

 7席で5番目の入店で、今作ってるラーメンはなさそう。
 どんだけ時間が掛かるのかいな???
 丼に湯を入れて温めて、から始まり、醤油ダレにスープを注いで、1分半程で茹で上がった麺を丼に入れて、トッピング。
 これ結構こだわりあるようで、丁寧というか神経質に配置してた。
 でも10分も待たんかったから、そんなに不満はなかった。

Dsc_3714

 そうして出てきた中華そばがこやつ。
 おお、見た目は美しいではないか、しかし丼のサイズからしてハーフかと一瞬思った。
 ワタシは親指が浸かるくらいのラーメンが好きじゃ(いやいや)。
 若い店主さんは特に三つ葉の散らし方にこだわってたように見えたので、それだけにグッドルッキングや。

Dsc_3717

 では三つ葉先食べて(身も蓋もないな)、さっさと麺から食べるぞ、ぞぞぞ~~~。
 ほう、細麺で断面は長方形、平打ちやが平ではないな、しかしこの麺歯応えありながらもむちんむちんに弾力性があるやないか。
 ではスープをいただこう、じゅるり、鶏ガラに煮干しか、今時やなー。

Dsc_3718

 と、ここで隣の夫婦が席を立ったので、気になってたうんちくを見させてもらう。
 なかなかのこだわりが書かれてる、醤油タレは小豆島・九州・千葉など6種類を魚醤・ホタテ貝柱・乾燥しいたけなどで出汁を取ったとか、スープは名古屋コーチンのガラや鶏足に豚ガラや昆布と数種類の煮干しなんだと。

 このスープなんだけど、意外と醤油の当たりは強い。
 淡麗なんかじゃ全然ない、結構しっかりした味付いてるのよ、それもワタシ好み。

 チャーシュー食べよ、モモがでろんと一枚にバラを炙ったのが2枚でなかなかリッチ。
 まずはモモから、これ柔らかいなー、そんで噛めば醤油の旨味がじわーっと出てくる。
 バラはどうよ、おおっとぉー、これは肉も美味いが脂がまた美味い。
 それにこっちは食べた瞬間に分かる醤油とショウガのガツンとした味。
 最近の味の付いてないチャーシューとか低温調理にはうんざりしてるから、これくらいに主張してもらわんと。
 そして最後にメンマを、これワタシにどストライクなんですけど!!!
 色の濃いメンマ、だけど食感はシャクシャクしてて心地良い。
 そんで旨醤油やから、このメンマだけでハイボールなんぼでも呑めちゃうし、白ご飯も食べられるぞ。

 なので全然あっさりしたラーメンではない、むしろパンチのあるラーメンや。
 特に何が珍しいという訳ではないが、少なくとも逆瀬川にある味ではない。
 この場所に食べに来るってどういうシチュエーションなのかが分かりにくい。
 呑んだ後〆る場所でもないし、不思議な店や。


 仰る通り丁寧に作ってるのですご~く遅いのかもしれんが、この辺に住んでる人は一度行ってみるがヨロシ。
 最近の美味しいラーメンが食べられると思うな。
 もう豚骨ラーメンのチェーン店とかええんじゃないの???

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧