2018年9月19日 (水)

高砂市は荒井駅前の町&家中華「ミスター中華」さんのミスターセット680円(しょうゆラーメン、餃子、俵おにぎり)

 今年の春から仕事で高砂市まで行くようになった。
 大阪からだとJRで明石で山陽に乗り換えて荒井という駅まで行く。
 なのでいつもは明石でご飯を食べていたのだが、ちょっとネタが切れた感があったので、目的地の荒井駅に町中華&家中華があったのを思い出してそこで食べてみることにした。

 荒井駅周辺は工場地帯で本当に何もなく、駅前だとここと隣の焼肉屋さんがランチしてたのと、居酒屋ランチがあった、って結構食べるとこあるやん。


Cimg1088Cimg1089Cimg1090 ・ミスター中華:ミスターセット680円(しょうゆラーメン、餃子、俵おにぎり)

 見ての通り荒井駅前という交差点にある、駅から徒歩1分。
 北側に出たら必ず目に付く店だと思う。
 「うまい! 安い!」そして店名が「ミスター中華」だもん、気になるよ。

Cimg1092 半年にして初めて訪問、お昼前にアポで仕事終わったら丁度お昼だったっていうのも良いタイミングであった。
 12時を10分程過ぎてがらっと入店。
 カウンターのみで10席くらいか、なかなか使い込まれた感がある。
 先客が角のおっつぁんと隣の親子2人、ワタシの右奥にまたおっつぁん、後客でおっつぁんが2人来てた、っておっつぁんばっかりやんけ。

Cimg1091 表の看板ではぎょうざにラーメンに焼きそば焼きめしその他とあったが、店内のメニューはと。
 光って見にくいが、餃子は220円、水に揚げ餃子が270円、以下野菜炒め系にニラ玉にレバニラ、八宝菜に麻婆豆腐に酢豚にチンジャオにエビチリまであるから、意外とポテンシャル高い、ただのラーメンと餃子ではない訳だ。
 値段も430円~750円と確かに安い。
 麺類はしょうゆに焼そば、トンコツに塩に味噌、チャンポン麺に冷麺と、こちらも480円~730円とリーズナブル。
 飯類は焼めしに中華丼に肉丼、天津飯にマーボー飯とこれも480円~630円と良い値段。
 だけどワタシは単品よりお得なセット、ラーメンセット580円ではラーメンと俵おにぎりだけでおかずがない。
 焼めしセット630円ではラーメンがないので寂しい。
 半チャンセットは800円とちと高い。
 スタミナセットも酢豚セットもやっぱりラーメンがない。
 ということで、しょうゆラーメンと餃子と俵おにぎりのミスターセット680円が妥当な選択かと。

Cimg1093 先客の焼めしやラーメンを作って、餃子が焼けたタイミングで出てきたミスターセットがこやつ。
 おおっとぅ、餃子に俵おにぎりがワンプレートで出てくるとは、これはワタシの人生でも初めての経験ではないか。
 しょうゆラーメンは普通の7割くらいの器に見えた。
 
 麺UPの画像はないが、麺から食べる麺太郎、ずずず。
 極細な縮れ麺ってちょっと意外、食感が心地良く、いくらでも食べれる。
 スープは真っ当な鶏醤油でここには意外性はない所が町中華らしい。
 もやしにネギにチャーシュー1枚海苔1枚、480円らしい出来、うんうん。
 では餃子食べよう、タレに付けてもぎゅもぎゅ。
 にんにく結構利いてるか、中のあんは固形物という感じではなくほぼペースト状になってる。
 なのである意味ジューシーと言うか水分が高いという感じ、ビール呑みたいにんにく感。
 俵おにぎりにはごま塩少々、ラーメンに餃子におにぎりの三角食いは王道でしょ。
 
 いやー、町&家中華万歳。
 本当に最近こういう店が減ってるのが悲しい。
 ウチの近所は京都○将に席巻されて町&家中華がすっかりなくなちゃったからねぇ。


 流石に次回はこの寂しい(ヲイヲイ)荒井駅でお昼をすることはないが、隣の高砂駅なら何かあるのかな???
 まぁ、明石と天秤にかけてぼらぼら探索していくこととする。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月17日 (月)

名駅新幹線側で超最新のラーメンを食べる「麺屋 はやぶさ」さんの豊潤はやぶさ890円(税込)ランチライス無料

Cimg0672Cimg0685 水曜から昨日まで遅めの夏休みを取ってて、ロシアはウラジオストクに行ってきた。
 札幌くらいにあるので涼しいかと思いきや、これがなかなかに良い天気で、一枚厚着していったので暑い暑い。
 それとウラジオストクは港町なので、ここまで坂道だらけとは思わんかった。
 ハッキリ言ってメチャメチャな筋肉痛である。
 という訳でシベリア鉄道の始発駅、ウラジオストク駅と中央広場を貼っておく。
 

 さて、ずいぶん前の話になるが、名古屋で40.3度という超暑い日に偶然名古屋に居た。
 その時は、やっぱり名古屋に来たので、やっぱあんかけか鉄板ナポリタン食べないとなー、なんて外の暑さを気にせず名駅新幹線側ののビッグ○メラの筋を西へ7・8分程歩いた「スパゲッティハウス シェフ」で久しぶりに鉄板ナポリタン食べた。

 その時久しぶりにそこまで行ったので、新しい店が出来てることに気付いた。
 こりゃ、近日行かんとあかんなと思ってたら、8月の終わりのまだまだ残暑厳しい日にその辺に居たので行くことにした。


Cimg0483Cimg0484 ・麺屋 はやぶさ:豊潤はやぶさ890円(税込)ランチライス無料

 左の画像は真っ直ぐ行けば名駅新幹線口に行き着くという画像。
 そしてこのお店だが、ワタシは開店11時かと思って、お腹が空き過ぎる中、11時に到着したのだが、よく見りゃ11時半。
 あと30分も辛抱するのか、もうどこか違う店で食べて昼からの仕事に備えるかという考えが頭をよぎったが、最近名古屋でラーメン新規してないので、更に30分ぼらぼら探索してまた舞い戻ってきた。

Cimg0489Cimg0490 なので暖簾が出たと同時の一番客として入った。
 その前に窓にメニューがぺたぺた貼られてあるので、何食べようか物色。
 パッと見、オマール海老湯950円(税込)にしようかと思ったが、いやいやこれは看板メニューではあってもスタンダードではないだろうと思い直す。
 右上のまぜそばはワタシ的に論外。
 えらく白濁したにぼし醤油というのもあるが、これは後回しメニュー。
 かといって懐かし煮干し中華そばはド直球過ぎておもしろくない。
 下に定番おすすめってことで、豊潤とオマール海老の対決になってたので、ここは豊潤から入りたい。
 ちなみにマジでヤバイ人気はリピーター率99%の大潮まぜそばだそうだ。
 そんで忘れちゃならんのはランチライス無料やね、パチパチパチ~~~♪

 一番客としてがらっと入って左手にある券売機で食券購入。
 一番客なので細長い店のカウンターの真ん中に陣取った(これが不幸で、後からどんどんお客さんが来て、中途半端で邪魔になるという失態)。

Cimg0486 カウンターにおこだわり発見。
 ざっと述べると全国より厳選した醤油を配合した「かえし」がポイント。
 次に、全てのスープに超軟水を使用し数種類の煮干しでじっくり出汁取り。
 その煮干しは全国から取り寄せ「香り、旨み、くさみ、えぐみ」を調和させている。
 そんでこの店の全てのラーメンには経験により培った洋のテイストが注がれている。
 麺は全粒粉を使用し、香りと食感がしっかりしてる。
 らしい。

Cimg0487 5分程で先にラーメンが出てきてその直後にライスが出てきたのでまとめてパシャッと。
 ええー、めっちゃ白濁してクリーミーなんですけど!!!
 表のぺたぺた貼ってたメニュー解説によると、左から水菜に丸いポテトみたいなのが貝ペーストなんだそうだ。
 そんで糸唐辛子でその下の黒いもろみみたいなのは刻み黒トリュフなんだそうだ、後からこれ見て知った。
 刻み玉ねぎがわさっと、あさつきの小口切りに柚子の皮が浮いてる。
 見えないがチャーシューは低温調理のチャーシューらしい。

Cimg0488 もう文字で食べるのしんどい、実食しよう、麺からぞぞぞ~~~。
 おおっとぅ、極太に近い弱ちぢれ麺かい、ちょっとびっくり、確かに全粒粉や。
 この太い麺にスープが絡まる、やるなー。
 鶏に豚に貝とあったが、確かに貝のつーん感がある。
 とかく複雑なスープなのであるが、上品に巧くまとまっている。
 あさつきより柑橘の爽やかさがよく合う、玉ねぎのシャクシャク感は楽しいな。
 ワタシは貝ペーストというのを最後までマッシュポテトと思ってたので(笑)、別に特別な感動はなかった、もったいないことに黒トリュフももろみ程度にしか捉えてなかった(涙)。
 これスープがここまでいろんな味がしながらもしっかりまとまってるのは良いが、その分はみ出た感がないのでご飯を何で食べようか困る。
 そこでチャーシュー、噛めばじんわり味が出るのだが、この肉感でご飯を食べる。

 貝ペーストやら黒トリュフやらよう分からんが、とにかく味が刻々と変化して飽きさせない仕掛けが楽しい。
 メチャメチャ完成度高い一杯だと思った次第。


 うわー、名古屋のラーメンもここまで進化したのか。
 また行くかどうかは別として(ワタシは笠岡ラーメンは月1か2で食べに行ってる)、これが最先端の味と言っても過言ではなかろう。
 もし次に行くとしたらオマール海老やけど果たして興味はそこにあるかは知らん。
 でもとにかく説明不要の美味さなのでいっぺん食べといて損はないでー。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 8日 (土)

滋賀県は草津でラーメン「なかよし」さんのしょうゆラーメンライス550円

 8月終わりのまった35度超える日に草津経由で甲賀まで行く用事があった。
 お昼は草津で降りてなんぞ食べようと、10年ぶりくらいに駅から出たが、本当に失神しそうな暑さであった。
 ノープランで行ったので、近くで食べようかと駅出てすぐのショッピングセンターの辺りに何か店がないかと探してみたが、これというのがなかった。

 ちょっと離れてみるかと100m程東に行ったらアーケードみたいなのがあった、しかしこれが屋根がとぎれとぎれ。
 アーケードの青空の部分に仮設店舗なんか??? 長屋みたいな店舗にラーメン屋さんを発見。
 これがまたエラく安かったのでここで食べてみることにした。


Cimg0502Cimg0503 ・なかよし:しょうゆラーメンライス550円

 とにかくこの仮設店舗の成り立ちは知らんが、地元客とか、値段もあってか、ガテン系の兄ちゃんらが唐揚げとラーメンライスを食べてた。

Cimg0508_2Cimg0504 窓に掲げられたメニューは本当に安い。
 くどいようやが一杯850円のラーメンってどないかしてるんやないの???
 ラーメンはしょうゆとみそとチャンポン、土地柄やね。
 店内にもメニューがあるってことで、コの字のカウンターの一番奥に座って壁に貼られたメニューも撮影。
 やきそばに中華丼にやきめしがあるのか、でもやっぱスタンダードで格安なラーメンライスだな。

 注文してから7・8分待ったが、これ仮設店舗やからかメチャクチャ店内が暑い。
 外の暑さに中の暑さにラーメンの熱さが加わるのか、ひぃぃぃ。
 店内は
 そこに暑さを気にしたお店のおかあちゃんがみんなにうちわを配ってた、やっぱりな、とほほ。 
 
Cimg0506Cimg0507 そうこうしてスポーツ新聞の競馬欄を読んでた頃に出てきたしょうゆラーメンライスが登場。
 メチャメチャ普通のしょうゆラーメンライスやないか、良いねぇ良いねぇ。
 あっさり醤油かな、シンプルイズベストや、まずは麺からつるつる。
 中太の弱ちぢれ麺、加水率高めのしこしこ麺なんやろうが、デジカメでパシャパシャ撮ってたのもあるし、元からヤワ目に茹でられてたってこともあるんやろう、ゆるい。
 最近ラーメン屋さんで麺カタって言わなくなって久しいが、ここは麺カタで言うのが正しかろう。
 スープはどれどれ、これがあっさり甘めの醤油を想像してたんだが、意外と塩味強くて、そんで結構獣臭がするんよね、単純に鶏ガラ醤油と思ってたが、豚感がある。
 チャーシューはメチャ普通、メンマは細めでこれもメンマらしいメンマ臭。
 スープが思いの外味が濃いのでライスがススム君なんだよ。
 
 とにかく暑かったけど、きっかり完食。
 このアーケードがまだ未完成なのか、今のままでは暑いのも寒いのも辛いので、早く店舗として完成して欲しい所かな。


 草津駅で気になる店はちょこっとあったが、いかんせん今回は超イレギュラーな案件で、二度行くことはない仕事であったので、次回は北陸帰りで湖東周りで帰って途中下車するくらいしかない。
 そうなると途中下車してまで行きたいってのは…な草津なのであった。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月25日 (土)

倉敷ラーメン開拓「中華そば 福助」さんの中華そば500円大盛100円

 世間がお盆休みに突入する直前の金曜日、前々日の夜に姫路から広島に移動し、前日の木曜は広島で活動。
 この日金曜は早朝から新幹線で広島~福山と移動し、そこからレンタカーで福山市内と昼は足を伸ばして倉敷にまで行った。
 R2の方だったので、大雨災害の影響はなかったのだが、翌日からお盆休みってこともあったのか、いかんせん車がとても混んでいた。
 お昼を倉敷辺りでラーメン食べようと考えていたので(行き先は決めてなかったが)、R2からR429に入って倉敷駅に向けて走ると途端に渋滞。

 これじゃお客さんのアポ13時に戻ってこれるかも分からん状態だったので、中島の交差点から北にエスケープすることにした。
 途中、ディオという大型の激安スーパーがあり、この先何もなければここでジャンボいなりと焼きそば計200円で済ましてもええかと考えて通り過ぎてJRの線路を越える。
 何かこれといってありそうな雰囲気ではなかったので、もう一つの選択肢としてディオの向かいに開店したての豚カツ屋さんも見付けてたので、折り返してそっち行くかと思った矢先にラーメン屋さん発見。

 「塩元帥」さんかい、何でこんな辺鄙な所に。
 しかしワタシが「塩元帥」さんを食べても仕方がないのでどうしようかと思った矢先に、実は手前にもう一軒ラーメン屋さんがあるのに気が付いた。
 おそらく「塩元帥」さんが後から出来たんやろうけど、超至近距離で出店してるなー、もちろん戦いにすらなってないんやろうけど。
 ということで、当然個人経営の方のお店に入ってみることにした。


Cimg0479Cimg0480 ・中華そば 福助:中華そば500円大盛100円

 だから場所は中島の交差点を北に上がってディオを左に見てJR越えてちょいってとこ。
 上の画像、これ今回の進行方向から逆なので、ワタシが行った方向から見ると隠れる形になってるので分かりにくい。
 けど一応ポールの看板が立ってるので、気にする人には分かる。

Cimg0478 かなり広い駐車場もほぼ満車、どこからどこまでが「塩元帥」さんの駐車場が分かりにくい。
 とにかく店舗の並びに停めて、お店の画像をパシャリ。
 チェーン店がなかったら普通の店やねんけどなぁ。

Cimg0475 着いたのは12時ちょい過ぎのお昼真っ只中、しかし先客ゼロのワタシのみ、うう気まずい。
 とにかくカウンターに座り壁のメニューを撮る。
 基本は中華そばでチャーシュー・わかめ・玉子・にんにく・高菜、それに塩ラーメンがある。
 お得なランチはギョーザ付きのセットとチャーハンセットにカラアゲにライスのラーメン定食がある。
 だけどこの日は朝から笠岡の「中華そば 坂本」さんで朝笠ラーしてたので、定食とか食べるのはしんどいので、単に大盛とした(どう違う)。

Cimg0476 トイレ行って戻ってきたらほぼ出来上がりのラーメンがこやつ。
 これラーメン丼だけの画像になってるけど、実際にはトレイに乗って出てくる、見栄えの問題で外しただけ。
 褐色色のスープは岡山ら辺でよく食べられる豚骨醤油なのか。

Cimg0477 だけど麺から食べる、いやその前に軽くもやしを食べてから麺を食べる、ぞぞぞ~~~。
 ふむ、細めのストレート麺は少し茹ですぎた感があってもったいない気がする。
 だって、なんちゅうか潤いのある麺っていうか、瑞々しい感じの麺。
 後で店の看板見たら自家製麺って書かれてあったのでなるほどと思った次第。
 だから少し茹で時間が長かったのが惜しい、麺カタって言わんとあかんな。
 続いてスープじゅるっと、ふむ、豚骨に野菜の旨味が出たライト白濁系豚骨醤油か。
 中国地方のラーメンってこういう味なんだよねー、うんうん。
 チャーシュー3枚、どれどれ、醤油ダレで煮込まれたって感じも、結構若くて肉の食感もカッチリ残っている、噛んだ後に醤油の旨味が出てくる。
 メンマどれどれ、うー、これはかなり酸っぱい、暑すぎたからか???

 特に何が々という訳ではないけど、1杯500円は今時安いと思う。
 隣が隣なだけにどうやって共存していくのかが難しいが。
 でも後客で母子二人連れが入ってきて、途中、お店も大将一人から娘さんも加わってたし、やはり懐かしさと常連がキーワードかと余計なこと考えてみたり。


 とにかくチェーン店が好きな人はそっち行けば良いし、そうじゃない人はこっちか別の所に行けば良い。
 要は好みの問題だってこと、特にラーメンなんてそういう食べもんでしょ。
 まぁ、懐かしい味であったことは言っておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月20日 (月)

今更渋谷で有名店訪問「太陽のトマト麺 渋谷道玄坂支店」さんの太陽のトマトラーメン720円替玉110円ぷちリゾ無料896円税込

 先月東京に行った際に渋谷でお昼を食べることになった。
 行きたいラーメン屋さんがあるんだが、いつも開いてないんだよな、おそらく夜のみの営業なのかもしれん(調べろよ)。

 その店が道玄坂を北に折れてすぐだったので、しゃーなし道玄坂に戻ってこの店に入ることにした。


Cimg0462Cimg0451 ・太陽のトマト麺 渋谷道玄坂支店:太陽のトマトラーメン720円替玉110円ぷちリゾ無料896円税込

 非常に高名なお店だが、実は入るの初めて。
 調べてみたら大阪の福島やなんばにもあるんやね、へぇへぇへぇ。
 しかしまさか自分がこのお店に入ることになるとは、人生分からんもんや。

Cimg0452Cimg0453 看板のメニューこんなん、1番人気は太陽のチーズラーメン820円(税込886円)だそうだ。
 ここ渋谷道玄坂支店限定メニューというのが下にあって、香ばし海老ラー油のトムヤムトマト麺という、ちょっとハードルが高めの一品。
 LUNCH SETというのがあって、ラーメンにサイドメニューにドリンクが付いて1000円(税込)~、けどサイドメニューにドリンク込みとはいえ1000円以上出すのはちょっと違うような気がする。

Cimg0456 なのでちゃんとしたメニュー広げて一番スタンダードなメニューを頼んだ。
 このトマトラーメン以外にも右に豆乳パイタンシリーズがあり、やっぱターゲットは女性だよなと思ってみたり。
 ちなみにランチタイムだとチビリゾ130円が無料になるとのこと。

Cimg0455 とにかくお洒落な店内、昼前に入ったが男性客は前客2人、後客1人、ほぼ女性客。
 時間は見ての通り、11時45分やね。
 注文してから10分ちょっと待ったか、それ程混雑してなかったけど待った感がある。

Cimg0457 ようやっと出てきたトマトラーメン、トマトの香りが実にかぐわしい。
 鶏チャーシューに菜っぱがたくさん、この葉物は小松菜を品種改良した江戸菜というらしい。
 そんでトマトが形になって入ってる、ふむふむ。
 では江戸菜から食べて健康に気を遣う、絡むスープにはトマトににんにくが少し香る鶏ベースのスープ。

Cimg0459 そして麺を食べる、ちゅるちゅる、おおっとぅ!!! この極細麺メチャメチャ美味いやん!!!
 スープに注目してたので、この麺の美味さは想定外、トマトのスープによく絡む、のけぞった。
 そして改めてスープ、じゅるっと、あまりハーブ感はそれ程表だって出た感じはなく、ベースのスープにトマトの旨味が出たシンプルイズベストって感じ、外連味がないんだよなー。
 トマト嫌いの人は行かないと思うけど、そうじゃない人でも違和感なくすんなりラーメンスープとしてのトマトは受け入れられると思う。
 まぁ、トマトのスープパスタのラーメン版って思えばそれ程奇をてらった訳ではないのか。
 鶏のチャーシューはそこまでぶりぶりでジューシーで美味いってのではないが、クセなく食べられる。

Cimg0460 この豆乳入りという麺があまりに美味いので当然替玉注文。
 画像としてはきちゃないが、ワタシの食べかけのラーメン丼はさておき、替玉とランチサービスのちびリゾ登場。
 まずは麺だけ食べてみたんだが、これまた「あっ!!!」と驚く美味さ。
 なんじゃこれ、トマトの美味さが抽出されたオイルみたいなのがかかってるんかな???
 とにかくスープに入れずとも麺だけでトマトの味わいがある凄い仕掛け。

Cimg0461 そしてここからわ若干カスタマイズ。
 テーブルスパイスこんなんで、お酢やラー油は入れる気ないので、まずはコショウをガリガリ、うんうん、普通に美味い。
 じゃなくてやっぱ隣のタバスコでしょ、わっさわっさ振りかけて食べると、これがベストマッチや!!!
 やっぱトマトにはタバスコ、更にはニンニクとオレガノとバジルが鉄板でしょ、と脇に逸れてしまう。
 替玉は瞬殺、ちびリゾもこれも美味しくいただいたので、スープも麺もお米の一粒も残さず完食。
 夏バテとは全く関係なかったワタシであった。

 東京の店だとばかり思ってたが、大阪にもある。
 なら食べたい時にいつでも行けるな。
 冷やして食べて夏っぽいイメージあるけど、実は冷たい時にでも熱いトマトスープ、そしてラーメンと美味しい要素が一杯ある。
 なので季節問わずに行くが宜しかろう。


 しかし今更ながらの有名店訪問。
 ま、地方の人間ってのはこんなもんやな。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月26日 (木)

今こそ呉その②「珍来軒」さんの呉冷麺(大)800円

 ということで呉へ行こうその2。
 呉と言えば屋台街、それは夜。
 翌日に昼の名物はないのか、細うどんか、またはラーメンでは「モリス」さんか。
 呉冷麺も名前は聞くが、行列しすぎてて行ったことがなかった。
 でも平日なら並ばなくても食べられるのではないかと、様子を見に行ってみた。

 場所はJR呉駅を東に出て、川越えてR185を上がっていく、駅からだと15分くらいか。
 れんが通りではないのでお間違えなく。


Cimg0065Cimg0064 ・珍来軒:呉冷麺(大)800円

 5年前くらいに呉に行った時に屋台で呑んだ後、更にもう一杯「海軍さんの麦酒館」で呑んで〆に「珍来軒の冷麺」というのがあったので食べたことがある。
 だけど記憶は全くない、呑んでたからな。

Cimg0057 着いたのは12時少し越えた頃、サラリーマン2人組とおばあちゃんお二人が椅子に座ってた(画像は食べた後の)。
 これなら待っても良いかと、椅子に座って待つこと10分も経たずに店内に入れた。
 それ程広くない店内だが、客席は多く、当然満席。
 入って右手にある券売機でチケットを買う。
 この時は呉冷麺しか目に入ってなかったが、席に座って店内を見回したら他のメニューもあることが分かった。
 中華麺という名のラーメンがあり、ワンタン麺に何をもってスタミナというのか、スタミナ中華麺というニンニクを想像させるのもあり、旨辛味噌ラーメンに旨塩ラーメンに点心もある。
 定食250円増というのはご飯におかず一品でも付いてくるのかしらん???

Cimg0059 外で待つより中で待つ方が長かった、なかなか出てこないのでうんちくを読んでみる。
 「呉冷麺の誕生」ではこの店が呉冷麺発祥のお店で創業60年とある。
 冷麺に中華そばの麺を使えば、それは冷麺ではなく冷やし中華になる(どう違うんだ???)。
 と、このお店の初代が平打ち麺で、甘味とピリッとした辛さが広がる酸味の抑えたスープの呉冷麺を作ったんだそうだ。
Cimg0058 「呉冷麺の食べ方」には麺とスープをよく混ぜて、何口か食して冷麺の味を味わう。
 そんでお好みによって、酢辛子をかけるんだと、そんで酢辛子はかけ過ぎると辛くなるという(そりゃそーだろ)。
 酢辛子をかける事で味がしまりサッパリ、お好みで黒酢をかけたら甘くまろやからしい。

Cimg0061Cimg0062 結局15分程待って呉冷麺(大)到着。
 シンプルやなー、もやしでなくキュウリ、ハムではなくチャーシュー、小エビが2尾にゆで卵輪切り。
 ではキュウリをシャキシャキ食べてから平打ち麺を食べる、ぞぞぞ~~~。
 麺はもっとシコシコしたものかと思ってたが、そうではなく、平打ちだというだけでとりたててこれだっていう主張はないかな。
 冷麺のスープどんなんやねん、ちゅーっ、ちょっと味が濃いが至って普通の冷やし中華やな、いや冷麺なのか。
 これだけでは確かに酸味が足りないので、お好みで酸味を足すってことか。
 麺に酢辛子をかけてみる、うん、かけた方が食べやすいがあまり辛いとは思わん。
 次に黒酢をかけてみる、おお、こっちの方がワタシの好みや、マイルドな優しい感じになる。
 ではチャーシュー食べてみる、うぐぁぁぁ、これはおそらく中華麺のチャーシュー。
 これをこの冷麺で食べたら豚の脂が口で溶けなくて、ねちょねちょしてとてもとても気になる、だから冷やし中華はハムなんだよなー。
 これはかなり不快なので酢で油を落とすくらいの気持ちで麺を食べる。
 結局3枚当然ながら完食したから結構ハードな作業だと思うなー。

 冷麺のスープに黒酢は良かったが、麺は平打ちなだけでこれやって感じはなかったような。
 キュウリ刻んでゆで卵、小エビの存在感もそれ程感じんかった。
 どうしてもって感じではないが、名物やもん、興味のある人は食べに行くがヨロシ。


 ということで次回は久しぶりに「モリス」さんに行きたい。
 あの透き通ったスープをまた味わいたい、暑いけど…。
 さー、いつ呉行こかー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月11日 (水)

明石の名物はタコもあるが鯛もある「麺屋 七つ星」さんの鯛塩らーめん鯛めしセット900円

 最近、仕事で高砂に行くようになった。
 電車で行くのでJR明石経由で山陽に乗り換える。
 なのでアポは昼過ぎに入れて、明石で昼ご飯を食べることにしている。

 この日は今回の大災害の起こる兆しの雨が降り始めていた日。
 明石に居たけど大雨の影響で明石川の水位が上がってるので避難するようにというメールが来た。
 って、よそ者にはどうしようもないメールやったけど。

 とにかくお昼は前からメッコ付けてたラーメン屋さんに行くことに決めてた。
 つか、明石焼き以外には意外とこれといって何もなさそうなんだよなー、明石。


Cimg0443Cimg0445 ・麺屋 七つ星:鯛塩らーめん鯛めしセット900円

 場所はJR・山陽明石駅を南に出て魚の棚を東から西に入ってすぐ南に折れた所。
 繰り返すがこの日から凄い雨だったので、当然魚の棚も人が少ない。

Cimg0446 店の前のA型看板でメニュー確認。
 半年くらい前に夜来た時にこの店を発見してた、最初から鯛塩らーめんを狙って食べに来たんだが、お得なランチはと、鯛塩らーめん鯛めしセットがランチタイムだと980円が900円だそうだ、これにしよう。

Cimg0434 店内入って右手にある券売機で改めて確認。
 鯛塩らーめん単品だと700円、よく分からんが味玉にチャーシューが多いのか??? トッピングが豪華な極上鯛塩らーめんが980円。
 国産豚100%をじっくり炊き出す濃厚な豚白湯らーめんが700円。
 変わり種ではトムヤムらーめん900円なんてのもある。
 更にキワモノではレモンパクチーらーめん950円だと、マニアやなー。
 ご飯系では鯛めしの他にルーロー飯もある、300円。
 おつまみプレートとかもあるのでチョイ呑み可。
 

Cimg0435 魚の棚に人が居ないので必然お店にも人が居ない。
 まぁ、あの雨じゃなぁ。
 思ったより広い店内、この日は店主と若い女性のバイトさんの二人で切り盛りされてるようであった。

Cimg0438_2Cimg0437_2 5分待って鯛塩らーめん鯛めしセット登場。
 鯛のお刺身が乗ってるのもインパクトがあるが、同様にレモンのスライスにもちょっと驚いた。
 そんで意外と油がキラキラしてんだよなー。
 チャーシューもあるし、サッパリだけではないってことか。
 キクラゲも九州系ではないのに珍しいな。

Cimg0439Cimg0441 運ばれた時に鯛めしにスープをかけてお食べ下さい、ってなことを言われた。
 え、いきなりスープかけちゃうの???
 なので無視して麺から食べる麺太郎ずるずる。
 麺は極細とも言える麺なので、写真撮ったりもたもたしてたら伸びが進行するのでとっとと食べましょう。
 九州みたいに極細でごつい麺じゃなく加水率はそれより高くシコシコ麺か。
 ではスープ、鯛と野菜の旨味らしいがどんなんでしょ、じゅるり。
 おー、鯛とは分からんが確かに魚の出汁、しかもあっさり塩、野菜の旨味って何やろ??? でも確かに旨味は見た目よりは全然複雑かも。
 しかし何の油かいな、上品で全然クドくないんだよなー、まさか鯛の脂とか???
 お刺身が2切れあるのはとてもリッチ、最初は半生感で最後は火が通ったみたいになる食感の妙。
 チャーシューはでろんとしてて、ジューシーと言うのか、旨味がじゅわっと出てくる珍しいチャーシュー。
 ルーロー飯やってるらしいから、そういう台湾系の味っぽいチャーシューなんかな。

Cimg0440Cimg0442 では鯛めしを食べてみる、まずは一口、鯛出汁で固めに炊いたんかな、の炊き込みご飯。
 続いてスープを注いで茶漬けで食べる。
 画像では見えんが、細かい鯛がそこここにあり、噛んだ瞬間に美味さが鯛。
 お焦げもあったりするが、それでも上品に仕上がってるという印象。

 ラーメンのスープにあるレモン、これは最後にギュッと押して絞ったようにしたが、鯛塩やから相性は良い。
 思ってた以上に完成度の高い味、だけどきれいにまとまり過ぎて物足らんか???
 要はガッツリ食べたい人には合わんが、こういう味が食べたい人にはドンピシャってこと。
 でも総合点はワタシ的にはかなり高いと思った。


 流石明石、タコだけでなく鯛が名物になるか。
 いや、タコの町をアピールするなら次はタコラーメンを出すべきだろ(ヲイヲイ)。
 さぁ、次はどこに食べに行こうか、と言いつつ3ヶ月でもうネタ切れか明石…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 8日 (日)

鳥取は湖山の家ラーメン「赤のれん」さんの醤油700円

 6月に鳥取に行って来たことは既に述べた、目指すは「砂の美術館」。
 ウチからだと2時間くらいで着いちゃうので、9時に出ればお昼前に着く。
 さぁ、お昼をどこで食べようか、海鮮丼でも良いけど、やはり鳥取のラーメンが食べたい。

 ってんで、スマホン検索をしてみて、そこに向かってみたのだが、どうやら全く違う所に向かっていたことに気付いた。
 こりゃーいかんと、ナビに入れ直して向かった。
 開店12時からで少し遅れて着いてしまった。
 しかし着いたは良いが、これがまった分かりにくい場所にある。
 JRからなら鳥取の一駅西の湖山、ここから北西に歩いて5分ってとこ。
 車が難儀じゃ、山陰道つまりは県道318になるのか、これを東から西へ湖山駅入口の交差点を越えて次の交差点が緑のコンビにのある布勢入口って交差点なんだが、ここで曲がってしまうとエライ目に遭う。

Cimg0130Cimg0132 ここの交差点ではなく、一つ前の緑のコンビニの角の路地を西に折れると100m程である民家ラーメン、普通ここにラーメン屋さんがあるなんて思わんぞ。
 布勢入口の交差点を南に折れたので、これ見付けるのにぐるぐる5分探し回ったわ、ヤレヤレ。
 店の前の駐車場は満車だったので、緑のコンビニの駐車場の片隅に停めさせていただきました(あ、後で炭酸水買ったから許して!!!)。


Cimg0131 ・赤のれん:醤油700円

 まぁ、見ての通りの怪しいラーメン屋さんである。
 テントも日焼けでか既に店名も分かり辛くなっている。

Cimg0133 ガラッと入ると、カウンターのみで15人は無理か、10人ちょいってとこやね。
 壁にメニューがあるのでパシャリ。
 メニューは塩と味噌と醤油の3種類のみ、おとうさん一人でやっておられるので、出来る限りセルフでやるが良いでしょう。
 つってもお水は出してくれたので、食べ終わった後の食器はカウンターの上に置くとかね。

 何かうんちくが書いてある。
 「旨いラーメンの食べ方」だそうだ。
 ①最初にチャーシューを全部麺の下に入れる
 ②麺だけ半分食べる
 ③最後に麺とチャーシューを一緒に食べる
 だそうだが、ワタシは麺とチャーシューを一緒に食べる癖はないのでそれは別々ね。

Cimg0134 先客もあったので10分くらいで出てきた醤油がこちら。
 おおっとぅー、なかなかに脂ギッシュじゃないか。
 チャーシューでかっ!!! これが4枚もあるのか、へぇへぇへぇ。
 チャーシュー麺じゃないのに凄いなこれ。

Cimg0136 ではチャーシューを麺の下に入れる前にもやし食べてから麺を食べる、ぞぞぞ~~~♪
 ふむ、少し太い縮れ麺か、そんなに麺がメチャクチャ美味いって感じはない普通か。
 スープどれどれ、脂で熱々かと思ったが、逆で意外と熱々じゃない。
 結構白濁してるワイルド系なんだが、妙にスッキリしてるし脂も見た目程クドくない。
 ははーん、牛骨スープか、ならこの濃そうだけれどもサッパリしてるのも納得。
 そんで表面の脂も牛脂やろう、牛骨だけでは淡泊なので牛脂で旨味を足す訳か。
 だから見た目が大袈裟に脂に見えるが食べるとそうでもないのね。
 このスープ、醤油ダレもそれ程クドくなく、濃そうやけど飲み干せちゃう味なのよねー。
 じゃ、スープに浸したチャーシュー、温まってる温まってる、もぎゅもぎゅ。
 おおー、これは脂の乗りとトロトロ感といい、炙った感もナイスやし醤油ダレも絶妙で美味いなー。
 これが4枚も入ってる、贅沢やないの、うひょー。
 麺はなくなっても最後までチャーシュー食べられた、メンマ派なワタシやが、これはこれで嬉しいぞ。

 結構、後から家族連れが来てたりと、夜は9時半から12時まで(何でこの場所で12時!?)までやっているので、老若男女、素面の人にも酔っぱらいにも愛されてるお店なのであろう。
 鳥取ラーメンの実力を確認させていただきましたー。


 鳥取駅前にこだわるから何もないのであって(ヲイヲイ)、一駅ずらしてみたり県道や国道を流してみたら面白そうな店があった。
 行くのは年に1回やが、来年行くのも楽しいと、今から鳥取愛が溢れてきそうや(でも年1回やけど・笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 4日 (水)

岡山は金光の老舗ラーメン「味亭 三馬力」さんのしょうゆラーメン・ミニカツ丼550円

 夏の甲子園が始まろうかという時に、今年の春のセンバツのネタ。
 4月くらいの朝日新聞にこの店の記事が載ってた。
 場所は金光なんだが、ワタシは福山から車で月イチで倉敷まで行くが、なかなか良いタイミングじゃないとお昼時に金光まで行かない。
 先月たまたま午後から倉敷に行くことになったので立ち寄ることが出来た。

 ちなみにその新聞記事の内容はセンバツに出場したおかやま山陽って高校の御用達のラーメン屋さんなんだそうだ。


Cimg0006Cimg0007 ・味亭 三馬力:しょうゆラーメン・ミニカツ丼550円

 場所はJR金光駅を北に出て東に歩いて5分ってとこか。
 この日は本当に天気が良かった、今が台風なだけにずいぶん違う。

Cimg0009丁度お昼に着いたが、店の前にこの日のお勧めが置かれてたので、嫌でも目に入る。
 しょうゆかしおのラーメンにミニカツ丼が付いて550円ってどんだけ価格破壊やねん!!!
 これは学生御用達も頷ける。
 ラーメン1杯800円の店はよーく考えてもらいたい。

Cimg0010 がらっと入ると薄暗い店内、天気良かったからな、節約々々。
 カウンターとテーブルが少しあったくらい。
 ワタシはこのジャーの横の壁に面した席に座った。
 先客は4人程でガテン系のオヤジやったような、それはなるほど。
 壁にメニューが貼られてるので見るとそもそもラーメンが安い、400円って今時。
 おもしろいのは大盛は100円増しで替玉は90円ってこと、差は何なんだ???
 替玉は半玉で大盛は1玉??? にしては10円差はでかい。
 あと、ライス100円なんだがセルフなので勝手に大盛可ってことやね、学生には嬉しかろう。

Cimg0011 おかあちゃんとおとうちゃんでやっておられるようで、おかあちゃんが10分足らずで出してくれたしょうゆラーメンとミニカツ丼のセットがこれ。
 全体的に小ぶりな感じはするが550円でこれは安いとしか言いようがない。
 カツ丼の卵とろとろやん。

Cimg0012 では麺からいただく麺太郎、ずるずる、細くはない細麺で結構パッツンした感じ。
 スープはこれぞ昭和のラーメン、あっさり鶏ガラ醤油に生姜の香りがぷ~~~んと香る、懐かしい少し醤油ダレが甘めのスープ。
 チャーシューはじんわり醤油が利いててこの値段にしては大ぶり。
 メンマは麺と変わらんくらいに細長く、味はそんなに付いてはいないが少しの酸味がある。
 ミニカツ丼はこれが意外と食べ応えあり、味は結構濃いめなのでごはんがススムくん。
 小ぶりとはいえ、ラーメンがあるから小ぶりなんて関係ないない。

 これは学生またはガテン系御用達も頷ける。
 格別に何かがある訳ではないが、飽きずに毎日食べられる味やね。
 近くにあったら隔週土曜日の昼に通う店って感じか。


 まぁ、場所が場所やし一概に比べるもんでもないが、昨今のむしり取られるようなラーメンの価格については、店側も我々食べ手も一度考える時に来てるのかもしれん、まーじーで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月26日 (火)

広島ラーメン古豪開拓「きよちゃん」さんのラーメンライスセット700円(税込)

 前回広島に行った際に、広島から竹原へ移動するのにかぐや姫号を使っていくことにした。
 そういう話をお客さんとしてたら、広島バスセンターの待合室がリニューアルしてフードコートみたいになったという話だったので行ってみた。
 「バスマチFOOD HOOL」という物になってたのだが、ワタシ的にはこれといって食べたい物がなかったので(瞬殺)、前から気になってた店に行くことにした。

 場所は立町、ラウ○ドワンの西隣、対面には以前行ったサンマのラーメンの店がある。
 前から渋い店だと思ってたので、とてもとても行きたいと思っていたのでようやく行けて嬉しい。


Cimg0325Cimg0326 ・きよちゃん:ラーメンライスセット700円(税込)

 だから場所は見ての通り後ろにひろしま国際ホテルの展望レストランが見えてるからそういう場所だと思ってクレイ。
 ちょっと今、何かの改装工事をやっておられるみたいなので、ちと分かりにくいが、絶賛営業中のようである。
 広島ラーメン・中華そば・ワンタンメンとある、潔い。

Cimg0328Cimg0327 がらっと入った店内、まだお昼前だったので先客居らず、カウンターの一番奥の席に座る。
 カウンターのみで7・8席ってとこか、こじんまりとしたお店に何故か奥のTVでは韓流の時代劇が放送されてた、この渋い店主の趣味か???
 メニューは上に貼られているので、何がお得かというとやはり17時までのラーメンライスセットか。
 麺大盛150円増しはちと高いような気がするし、チャーシューもワンタンもあんまり興味ない。
 ニンニク入りは論外(仕事中なのでって意味)、おすすめ!! のネギかけプラス100円は気になったが、まずはスタンダードにラーメンライスでデブになろう。

Cimg0332 一人だったので5分経たずに出てきたラーメンライスセットがこやつ。
 おお、ラーメンライスにお漬物が付いてくるのか、これはナイスではないか。
 そんで同時にラーメンとライスの間にあるが醤油ダレのボトルも出された。
 ここも宇品の方の「来頼亭」さんみたいに自分で味調整するんかな???

Cimg0333 では麺から食べる、のは止めてもやしから食べる健康派、そして麺をぞぞぞっと。
 ふむ、細めのストレート麺でこれといった特徴はないが普通に美味い。
 そしてスープをいただこう、じゅるり、濃厚とまでは言わんが結構濃い目の白濁スープ。
 別に醤油ダレで味の調整するような感じには見えんかったが、一回だけ麺に直接タレかけて食べたが、逆に濃かったくらい。
 だからこのタレはご飯にかけて食べた(ヲイヲイ)。
 表面に後から脂が白く固まってきたので、結構脂も濃い、いかにもな豚骨醤油。
 チャーシューは3枚で、味付けは薄いんだが噛むと肉の旨味がじんわり出てきて美味い。
 そんでもやしが乗ってるってのが広島ラーメンらしくてヨロシイ。

 ぷはー、思ってた通りで期待を裏切らない味であった。
 実にトラディショナルな広島ラーメン、酔った後の〆で食べたら美味しいやろうなー、夜中3時まで営業してるってのも頷ける。


 新しい広島ラーメンもあればこんな懐かしい味もあるし、尾道には尾道ラーメンがあるし(恥ずかしい名物やが)、福山行ったらド豚骨、広島は実はお好み焼きよりラーメンの方が楽しい街かもしれん、うんうん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧