2024年4月 2日 (火)

佐賀はやっぱり卵なんだよ「とんちゃんらーめん」さんの卵らーめん500円・大盛100円・めし(大)150円

 明日からまた熊本~長崎に行くが、先々週は佐賀と長崎に行ってた。
 佐賀は泊まる所ではないが、お昼は結構楽しみにしてる。
 いつもはお客さんに教えてもらうんだが、今回は車でちょっと走るが、ドえらい安いラーメン屋を探したので、そこ一択で。

 場所は佐賀大和ICを南に降りてイオ〇モールまでは行かずに、途中で佐賀外環状線というのに乗って西へ向かう。
 すると3分くらい走れば微妙な分かれ道になっててそれを細い左の方に行くとちょっとで右手に何故か青いお店のラーメン屋がある、メルヘンか。
 可愛い「とんちゃん」が目印なので行けばすぐ分かる。

Cimg2590
Cimg2592
Cimg2593
Cimg2591

 ・とんちゃんらーめん:卵らーめん500円・大盛100円・めし(大)150円

 着いたのは12時ちょい過ぎ、がらっと店内に入るとお客さんぽつん。
 まぁ、ハッキリ言って田舎やからな。

Cimg2595

 店内こんなん、小上がりもあるし、カウンターも長いし、結構広い店内。

Cimg2599

 逆から見たらこんなふう、天気良すぎて逆光になっちゃった。
 右に背中が見えるが店主はママさん。

Cimg2594

 上の画像にメニューが遠くに写ってるが、UPでどん。
 確かに安い、らーめん450円って今時。
 だからこそここはしっかりお金を使いましょう。
 佐賀のラーメンは卵が入ってないとな、卵らーめん500円、それを大盛100円にめし(大)150円で計750円、これがちゃんとしたお金の使い方じゃ。

Cimg2597

 5分待たずに出てきたラーメンライス、漬物付いて来た、ラッキー。
 これがめし(大)と言うだけあって、確かに大盛なのよ、やるなー。

Cimg2598

 では気持ちだけ野菜、ネギわしゃわしゃ食べて麺をいただく。
 少し太めの佐賀っぽい麺、カタで言ったのでそれなりにごわっと、佐賀やわー。
 スープは思ったより濃厚で、豚骨の味はしっかり出てる少し甘め、けど旨味がちと強いか。
 チャーシューは獣系でこれはめしがススム君。
 ワタシは生卵は最後にちゅるんと呑んじゃう派、これも佐賀っぽい(とワタシはカテゴライズしている)。
 うん、めし(大)ものボリュームあってかなり満腹になった。

 女性店主の割に店が汚いが(漫画置きっぱやし)450円なら許しちゃう(良いのか)。
 やっぱ佐賀はしつこいけど卵ラーメンだよなー。


 ラーメンとは言いながらうどんも食べる。
 佐賀というか九州のうどんも行ったので近日公開。

 

| | コメント (0)

2024年3月27日 (水)

岡山で朝らー「三方らーめんおお田」さんの朝らーめんしょうゆ600円

 岡山で泊まった時に朝ラーしようと思って探してみたら、土・日は7時から開いてるラーメン屋さんがあった。
 駅近やし行ってみることにした。

 場所はイ〇ンモール岡山を南に下がり二本目の東西の筋を西に折れてすぐ。
 この辺って夜の飲屋街でもなさそうやし、何でこんな所でラーメンが食べられるのかが謎や、しかも土・日は朝ラー、うーんよく分からん。

Cimg2144
Photo_20240327231601
Cimg2143

 ・三方らーめんおお田:朝らーめんしょうゆ600円

Cimg2145

 おお、ちゃんと開いてるではないか。
 表にA型看板があってメニュー確認、朝らーめんあるある。

Cimg2147

 一番客やったか、ガラッと入ってテーブル席に座る。

Cimg2146

 再度メニュー確認。
 朝は塩としょうゆ、何故か塩だけが細麺か全粒粉の平打ちめんが選べるらしい。
 スタンダードにしょうゆが食べたいワタシとしては残念。
 どんだけ酒飲んだ後の人向けのメニューやねん、的な限定10食の具だくさんおみそ汁600円ってのがある、へー。

Cimg2148

 普通のメニューはこんなん。
 坦々麺やってるのと光って見えんがしそ梅らーめんというのは興味深い。
 かなり創作が得意と見た。

600_20240327231601

 しょうゆを頼んで5分くらいで出てきた朝らーがこれ。
 おおー、メチャメチャ凝ってるやん、もやしにキャベツにとろろ昆布に紫玉ねぎに普通のネギに煮卵にチャーシューに豆腐??? 面白い。

Cimg2151

 まずはもやしから食べて麺、この麺は細目の加水率高めのつるシコ麺、のど越しヨロシイ。
 スープは鶏メインなんかな、甘めの醤油で万人受けしそうな味。
 チャーシューが絶品で、側が炙られててカリッと、噛めば醤油ダレの旨味がじゅわっと拡がる、これは酒の肴になるタイプ、イケる~~~。
 朝の600円らーめんなのに黄身とろとろの煮卵まで付いちゃってラッキー。
 何故か豆腐にとろろ昆布がトッピング、この狙いはなんざんしょ???

 この醤油らーめんを常時提供してるのか知らんが、ここがどうやという穴がなく、工夫の多いラーメンやなと思った。
 7時からやってる店もそうはないので、要チェックの店やと思う。


 繰り返すが中国地方を3年ぶりに再度担当することになったので、また行く機会が増えたらええな。
 岡山楽しいんだよ。

 

| | コメント (0)

2024年3月 9日 (土)

熊本にもこんな美しいラーメン「富喜製麺研究所 菊陽店」さんの鰹昆布水つけそば1000円・大盛無料(300g)

 今週もメチャクチャな週やった。
 木曜の10時半に長崎は諫早で待ち合わせだったんだが、伊丹から長崎空港の始発では長崎到着が10時40分と全く間に合わない。
 始発の新幹線で行くのもハード過ぎる。
 なので水曜の夕方に会社を出て諫早で前泊することになった。

 わーい、長崎新幹線(正確には西九州新幹線というらしい)に乗れる、と思ったのは良いが、新大阪から「さくら」に乗って博多経由で新鳥栖までで3時間弱、遠い。
 そこで10分電車待ちして特急で武雄温泉まで30分、向かいのホームに「かもめ」が停まってたので乗り継いで15分で諫早、長崎に行くは更に5分で着くらしい。

Cimg2448
Cimg2447

 その武雄温泉で撮った「かもめ」、新しい新幹線で非情にきれいな車体。
 時間が20時くらいだったので乗客はほとんど居なかったけど。

Cimg2450

 諫早で降りて全体像を撮影。

Cimg2451

 ちなみに諫早駅改札に行くとペーパークラフトというのか、段ボール? みたいなので造った「かもめ」が置かれてた。

 それは良いんだけど、たった15分、長崎でも20分しか走らない新幹線って意味ねぇ!!!
 新鳥栖からそのまま佐賀を通って武雄温泉経由で諫早に行った方がどんだけ楽チンか。
 新大阪から乗り換えなしで行ける方が良いに決まってる。
 なんでも何もないことを分かってる佐賀人が通過されるだけを嫌って新幹線駅を反対してるとかいう話であるが、それは確かにそうだ。
 佐賀に降りる人は居ないであろう、だって本当に何もないんだし。
 だけど兵庫でいうと西明石や相生で乗り降りする人は居ない。
 岡山の新倉敷で降りる人も居ない、広島の新尾道を使う人も居まい、東広島も。
 山口は新岩国や徳山はまだ企業があるから使うかもしれんがほぼ機能不全だろ。
 新山口って山口の要そうな響きに聞こえるが、これ全く必要性感じんし、人の乗り降りないし、政治以外の何者でもないだろ。
 だから佐賀も新幹線駅増設すりゃ良いんだよ、逆に言うと佐賀の人が広島や関西に行くのを邪魔してるんじゃないの。

Cimg2452

 と、初めて乗った長崎新幹線があまりにももったいなかったので物申した。
 前にも来たが、諫早駅は最新の駅で、周りの町は昭和やけど、地元諫早出身の草場道輝センセのキャラクターがお迎えしてくれる。
 「第九の波濤」に「ファンタジスタ」やね。

 それはさておき、昨日の熊本の昼ご飯。
 結局木曜は諫早で仕事を終えて夕方に熊本に移動して昨日は朝から熊本で活動。
 昼から熊本空港の近くのお客さんが最後だったので、昼ご飯食べたら空港に登坂するだけ、くらいのルートにした。
 となると麓の菊陽町のあのラーメン屋さんに行ってみるか。

Cimg2485_20240309090001
Cimg2486

 ・富喜製麺研究所 菊陽店:鰹昆布水つけそば1000円・大盛無料(300g)

 この店はR57バイパスにあるんだが、表からは見えない、表ではない一本裏にある。
 ワタシはR57の菊陽町の表に面してるマ〇クでPC作業することが多いので、たまに入るのだが、裏の駐車場にこの店を発見したのが昨年11月、丁度開店したばかりだったみたい。
 その時はお昼食べてたのでスルーしたが、後から見たらこれまた透明な美しすぎるつけ麺(ラーメンではない)だったので、つけ麺食べないワタシでも行ってみようかと思い、昨日行ってみた。

Cimg2489_20240309090001

 着いたのはまさにお昼時、混んでたらどうしようと思ったが、それ程でもなかったのはいくら半導体工場造ってるとはいえ、平日の昼間やからか。
 平日より土日が混雑店なんかもしれん。
 画像通りに周りにテーブル席をカウンター席で囲む形。

Cimg2487

 メニューこんなん、フラッグシップはつけそばでしょう、中華そばはNo.2扱いやね。
 ラーメンはこの二つであとはセットメニューでチャーハンかチャーシュー丼が付くかトッピングを足すか。
 ワタシはつけ麺派ではないが、麺が鰹と昆布の出汁に(鹿児島産の本枯れ節と北海道産羅臼昆布だそうだ)浸されて出てくるという工夫があるので食べてみたくなった。
 なのでつけそば一択。

Cimg2488_20240309090001

 注文は最近多いがQRコードを読み取ってスマホンで注文するタイプ。
 これ結構多くてこないだ名古屋であんかけスパ食べた時も導入されててメンドくせーなーと思った記憶がある。
 だけど支払いは電子ではなく現金のみなのが矛盾してるんだよな、別にええけど。

Cimg2491_20240309090601
Cimg2490_20240309090001

 とにかくスマホンから注文して10分程で出てきた鰹昆布水つけそば大盛300g、うむ、これは確かに見るからに美しい。 

Cimg2492_20240309090001

 この平打ちの麺が折り畳まれて揃ってののがナイス。

Cimg2496

 まずは鰹昆布水をじゅるりと、ふむふむ、決して麺を邪魔することない軽いが美味い出汁。

Cimg2497_20240309101601

 では蘊蓄としても書いてあったが麺だけ食べる、全粒粉使用の平打ち麺をきりっと水で占めてあるんだが、これが小麦の香りが鼻から抜けるような麺で固茹ででビシッとしてる。
 少量の藻塩を付けて麺だけ食べてみたが、塩の量さえ間違わなかったらこれはこれであり。

Cimg2493_20240309090001

 つけ汁、レンゲで汁をずずず。
 中華そばのスープをスープ少なく割ったみたいな、中には薄いながらもチャーシュー2枚にメンマ2本にネギ。
 ここに麺入れて濃度を普通にすれば極小ラーメンとして成り立つ、黒こしょうの粗挽きがキリっと味を引き締めてるのよ。

Cimg2498

 んじゃ、麺をつけて食べるか、つけ汁はメチャメチャ熱いスープではなく、麺の量も多く冷え方が違うので汁はすぐにぬるくなるが、この麺を食べるにはこれがベストでしょう。
 この鶏と豚で取ったのか、魚介もぐわっと香る醤油ダレの濃い目で油も多めのつけ汁は麺に負けてない。
 これも流れ通りで途中すだちをかけて食べてみる、この油と濃いつけ汁がクドくなったらサッパリと口がリセットされる、これは上手な食べさせ方やね。
 そんで最後は残った鰹昆布汁をつけ汁に入れてスープ割りとしていただく訳だ、ぺろっと完食してしまった。

 まずはやっぱり麺の美しさと香りも含めた美味しさやろうな。
 つけ汁の具材のチャーシューとメンマは味が濃すぎるように感じるが麺に負けない味付けになってるんやろう、これは麺と一緒に食べる、もしくはチャーシュー食べた後で麺を食べる、またはすだちと絡めることで解決できる。
 一旦つけ汁で食べちゃうと、鰹昆布水単体の淡い味はもう分からなくなっちゃうのは惜しいが、味の薄い順番から食べると問題ないでしょ。

 製麺研究所と謳うだけあって麺は流石やった。
 今見たらJR熊本駅にもあったのね、ここまで来なくても食べれるじゃん。
 

 と絶賛はしたが、やっぱり熊本に来たら熊本ラーメン食べたいので次回食べるかというとそれは分からん、物珍しさもあったしね。
 それと大盛とはいえ300gでは食べた気がせんかったのも事実。

 ワタシがこのつけそばでお腹一杯になるには倍の600gが必要やから昼から2000円は使えないので次はだいぶ先かな(ヲイヲイ)。

| | コメント (0)

2024年2月20日 (火)

佐賀は有田で本物の博多の味「博多ラーメン 竹林 本店」さんのラーメン650円・替玉150円

 先月長崎は佐世保方面から唐津に向かって走る途中に有田で見付けた店。
 この手前に最初に見付けたラーメン屋さんがあったんだが、混んでたのでスルーしたら駐車場のごっつ広い店を直後に発見したので、正直それほど期待せずに入ったが、これが大当たり、佐賀は有田だけど、博多より美味い博多ラーメンかもしれん。

 と言ってるが、最初は看板しっかり見てなかったので佐賀ラーメンだと思って入ったんだけどね。
 

Cimg2173
Cimg2174_20240220210201
Cimg2175_20240220210201

 ・博多ラーメン 竹林 本店:ラーメン650円・替玉150円

 大型トラックが何台も停められそうな駐車場に車を停めデジカメで撮る(今時デジカメかい、いやデジカメ良いですよ)。

Cimg2176_20240220210201

 玄関入って右手の券売機で何食うか、ド定番のラーメンと替玉ポチリ。
 替玉150円はもはや当たり前、200円じゃないのがラッキーってか。
 メニューはチャーシューやネギとかもやしとかキクラゲのバリエーション、後客がキクラゲ頼んでたが、丼一面のキクラゲで真っ茶っ茶やったのにはウケた。
 その他チャーハン餃子に豚足にホルモンと呑める店でもあるが、運転手が居ないとどないもならんな。

Cimg2179_20240220210201

 一番奥の席に座って店内パシャリとした所でスマホンが鳴って、表で喋って戻って来たらもうラーメンが出てた、バリカタやったからそんなもんか。

Cimg2177_20240220210201

 小ぶりな丼なのも今見たら博多ラーメンっぽいな。
 キクラゲにネギにチャーシュー、バランス取れてるやん。

Cimg2178_20240220210301

 ではネギとキクラゲわしゃわしゃ食べてから麺をいただきます、ずるずる。
 うひょー、この極細ストレートはまさに博多ラーメンやん、バリカタええ感じ(ここでようやく博多ラーメンと確信)。
 スープはと、これが表面が脂の層になってて若干ワタシにはくどかったが、佐賀の超濃厚程重くなく、骨まで溶けてはないけど、これが豚骨ラーメンだろというお手本みたいなスープ、美味い。
 これこれ、こんな博多ラーメンが食べたかったのよ、やりぃ。

Cimg2180_20240220210201

 替玉は当然ヤワで、これがまたしっとりしてて良いんだ。
 別の後客は替玉で粉落としを盛んに注文してたが、好みの問題なので宜しかろう。
 ちなみにゴマと紅生姜もちゃんとある、ワタシはスープが赤くなるのが耐えられないので、替玉の小皿に取って食べたが、結構甘めな紅生姜やった。

Cimg2182_20240220210201

 スープまで完食すると丼の底から「博多」が現れる、これもこだわりやねぇ。

 いや、そんなことはどうでも良いのよ、こんな山の中でワタシの好みドンピシャのラーメンに出会えたことが素晴らしい。
 おそらく今年一年通るか通らんかの道やからな。


 後客もどんどん入って来てたので、結構な人気店だと見た。
 次行く機会あるやなしや。
 とは言いながら2泊3日で豚骨ばかりだとあっさり醤油ラーメンが食べたくなるんだけど。

 

| | コメント (0)

2024年2月13日 (火)

久留米でニューウェーブなラーメン「252 マルダイラーメン」さあんの澄まし豚骨ラーメン650円・しお手羽120円・あま手羽120円・ジムビームハイボール190円×3

 これ先月久留米で餃子食べた後の話。
 当然ハシゴだわな。

 ワタシの活動区域は西鉄久留米駅西に出た所のアーケード一番街がメインなので、この西鉄久留米を東西に走るR209より一本北の大通り昭和通りは今回初めて来た。
 場所は西鉄久留米からだだと7・8分って所。
 駐車場もあるけど酒呑む人も多いでしょうから、そうした人は歩いて行きましょうね。

Cimg2159_20240213074201
Cimg2160

 ・252 マルダイラーメン:澄まし豚骨ラーメン650円・しお手羽120円・あま手羽120円・ジムビームハイボール190円×3

 通常、呑んで〆のラーメンなんてやること滅多にないが、せっかくの久留米で、凄い珍しい店を教えてもらったので、記憶のある内に行ってみた。
 20時過ぎに着いて店内カウンターに座ったが、テーブル席かなり多くて結構な大箱よ。

Cimg2163_20240213074201

 店の由来はうんちくを読んでくれい、とにかくこだわってるらしい。


Cimg2161_20240213074201

 メニュー見て驚いてよ、豚骨なのに透き通った豚清湯なのよ。
 しかも値段が650円って今時。
 澄まし豚骨が透明なのは分かる、澄ましなんだから。

Cimg2162_20240213074201
Cimg2166

 豚骨や煮干し豚骨も透き通ってる、そして安い。
 煮干し豚骨はかに味噌みたいな煮干しのペーストが付いてて溶かして食べるんだそうだ、これは興味深いので次回のテーマにしよう。

Cimg2164_20240213074201

 でもまだラーメンには早いので、何かアテはないもんかいな、ということで手羽発見。
 一本からでも頼めると言うので、しおとあまをそれぞれ注文してジムビームハイボールと呑るんだが、これがまた190円と、20時半でとっくにハッピーアワー過ぎてるのに何たる特値よ、そりゃ呑んじゃうって。

Cimg2167

 5分ちょっとで手羽登場、串で出てくるのか、そりゃ手が汚れなくて食べやすい。
 上にかかってる白い粉は違法か合法か、ガーリック&ペッパーみたいな感じで合法でした、いや、これ食べてハイボール呑んで気持ち良くなったのでやっぱ違法か。
 しおはシンプルであまも直球なんだけど、これが実に美味い。
 あまはいかにもな手羽の味で手堅い。

Cimg2168_20240213074201

 カウンターには九州らしく青の柚子こしょうと赤の柚子こしょうがあるんだが、これはラーメンより手羽に付けて食べると美味いと思った。
 しおには青、あまには赤、個人の意見ね。
 しかしこの手羽食べてハイボール呑んでると澄ましラーメンのこと忘れてしまいそうになる。

Cimg2171_20240213074201

 ハイボール3杯呑んだので〆にしよう、ラーメン注文。
 出てきたのはとても美しいスープに麺に具材。
 どうして具材が別なんやろ、やっぱスープを強調したいからかな。

Cimg2172_20240213074201

 でも麺から食べる、麺太郎やから、ずるずる、うおっっっ、この細麺かなり好みやん。
 それに絡むスープも美味い、スープだけじゅるり。 
 なるほど豚骨を低温で抽出したスープはしっかり旨味が出てて不足感は全くない、タレも濃すぎず薄すぎず絶妙。
 ネギは普通にネギやが(当たり前のことを言うな)、メンマは軽い酸味で好きなタイプ、チャーシューは薄いが、ワタシはチャーシューに重きを置いてないので、箸休め程度で十分。
 このチャーシューは熱いスープにくぐらせてしゃぶしゃぶして食べた方が美味さが際だつ。

 うひょー、これは久留米ラーメンの概念をひっくり返す一杯やった。
 湯に浸かった麺をタレに付けて食べるように見えるが、これがスープと麺とは恐れ入りました。
 いやー、これから久留米来たらこの店だけで完結しちゃうやん、それくらいに完成度の高い店やった。


 しかしその後で「大栄ラーメン」さんで、いつもの一杯を食べたのはご愛敬よ、ふふふ。
 それはそれ、これはこれってね。

| | コメント (0)

2024年2月 9日 (金)

岡山の豚骨ラーメンはここだ「麺屋咲」さんのさきぶたらーめん800円

 明日から3連休、今週もかなりハードな一週間だったが、それでも明日から3連休なので、仕事でもないのに広島から福岡まで行っちゃう。
 ストレス溜まり過ぎててどっか行って美味いもんでも食べんとやっとれん。

 これは正月明けに18きっぷで岡山に行った時の話。
 見付けて来るのに5年掛かったんちゃうか。
 場所はJR岡山駅東に出た所の桃が吊られてる桃太郎大通りを抜けて小川を超えて北に上がった所にある岡ビルを東に折れた角の店(下の画像参照)。
 ちなみにこの岡ビルにあったセルフうどんの店はなくなっていた。

Cimg2137
Cimg2136

 ・麺屋咲:さきぶたらーめん800円

 いつも横通ると豚骨の良い臭いがしてんのよ、ようやく来れた。
 お昼時やったが店内先客2名、客の多くは一本南の筋の二郎系に持って行かれてるみたい。
 言っちゃ悪いが、ウチとか田舎モンはいつまでもウブで、ああいうのをありがたがって食べる傾向にある。
 今更ジローやけどな(つまんねぇこと言うな!)。

Cimg2138

 ガラッと入っていきなり券売機で何すっか、激辛ラーメンやってるけど、それは今日食べるもんじゃない。
 1stコンタクトはやっぱノーマルで。

Cimg2139

 店内こんな感じ、壁にもたれて一枚パシャリ。
 店主のおかあさんか? よう分からんがおばあさんがサービスしてくれる、まだまだ現役よ。

Cimg2140

 5分経たずに出てきたさきぶたらーめん、キクラゲ多いしネギもたっぷりでチャーシューでろんやん。

Cimg2141

 まずはキクラゲわしゃわしゃ食べて麺を食べる、ずるずる。
 おおっとう、この麺は博多でも佐賀でもない、笠岡かと思ったが違う。
 エッジの効いた細麺でちょっと長いんかな、しなやかでぶりんぶりんで美味い。
 スープは見て分かる醤油の濃さ、結構濃厚で甘い要素がなく弱醤油ダレ辛め。
 塩身が恋しい人にはピッタリ、呑んだ後に食べたい味やわ。
 チャーシューはこれも甘い要素はないがこのボリュームよ、程々に味付いて柔らかく肉の満足感を得られる、うむ、大人の味やね。
 しかしこの店はおねいさんが一人で入る店ではないな、オヤジが行く店や。

 店主それほどのおっさんじゃないけど、味を受け継いでる感があって良かったな、ワタシは。


 豚骨が恋しい時はここやね、中国地方の豚骨醤油じゃなく、九州の豚骨ね。
 ま、ワタシは飲んで〆ることはほとんどないんだけどね。

 

| | コメント (0)

2024年1月28日 (日)

これは大いに熊本ラーメン「白龍」さんのらーめん720円・大盛150円・Bセット(チャーシュー丼)330円

 今年三回目の出張は結構ハードで新幹線で新神戸から福山まで行って、一仕事終えたら広島まで新幹線、もう一仕事終えたらまた新幹線で博多経由で熊本間まで行くという強行軍。
 移動するだけでもしんどいっちゅーねん。

 二日目は熊本のディーラーさんと午前中一緒にお客さん訪問。
 これが熊本の中心地からだと南に車で空いてて20分くらいか、R266の超巨大イ〇ンの近所。
 
 商談終わってお昼どこで食べようか、ワタシが知ってる訳もなく、ディーラーさんにお任せ。
 そのR266をちょい北上した所に讃岐うどんの店があって、そこに連れて行ってくれるはずだったみたいだったんだが、このうどん屋さんがメチャ混んでて、車は入れなかったので、その北にある分かりにくいラーメン屋さんに行くことになった。
 内心、ちょっとラッキー、実は朝に下通の24時間の「資さん」で朝丸天うどん大盛食べてたとこやったので、連チャンでうどんは辛いと思ってたから。

Cimg2196_20240128183001
Cimg2193
Cimg2197_20240128183001

 ・白龍:らーめん720円・大盛150円・Bセット(チャーシュー丼)330円

 一番上の画像を見ていただくと分かるんだが、讃岐うどんの看板は北上しても南下しても見えるんだが、ラーメン屋さんの看板は北上すると見えず、南下するしか見える術がない。
 それに見ての通り、ラーメン屋さんというより建築事務所みたいな店なので、通り過ぎる率かなりあると思われる、惜しい。

Cimg2192

 店の前に自販機があって、らーめんとホルモン煮込みと餃子」が買える、今っぽいっちゃ今っぽい。
 自販機で売るということはそれなりに有名な店やったりするんかいな。

Cimg2187

 着いたのは12時半くらい。
 店内こんなんで、先客が一組とカウンター一人。

Cimg2186

 お品書きはこれ。
 らーめんに炙りチャーシューに麺2倍のメガ豚、後はピリ辛激辛四川風みそと辛い系のメニューもある。
 初めての店なので普通にらーめん、これを大盛にして、Bセットのチャーシュー丼を付けよう。

 それ程お客さんが居る訳ではなかったんだが、ワタシ達が頼んだらーめんは15分くらい出てくるまで時間が掛かったんちゃうかな。
 あー、腹減った。

Cimg2188
Cimg2189

 ようやく出てきたらーめん大盛にチャー丼のセット。
 大盛のらーめん丼が洗面器大なのに驚く、でも底は浅い。

Cimg2190

 しかしなかなかのボリュームやん、この茶色が熊本ラーメンっぽい、マー油といいキクラゲといい。

Cimg2191

 キクラゲ食べてから麺食べる、ずるずる。
 おおっと、この細麺、茹で加減言ってなかったけどヤワやん、このヤワはナイスなヤワ。
 スープどれどれ、豚骨濃厚でクリーミー、醤油ダレ加減もええ塩梅でマー油が油ギッシュなのは熊本らしい。
 それになによりこのスープってメチャクチャにんにく利いてるんだよ、食べ終わって夕方くらいになってもゲップがにんにく臭いんちゃうかってくらい。
 チャーシューは炙ってあってとろっとろで味の染み込み加減が絶妙でこれは酒の肴にしたいチャーシューや。
 味玉は普通か。

 方やチャーシュー丼はというと、ほぐしチャーシューなんだけど、とろっとろ感があまりなくて、どちらかというとパサッとしてて、タレがそれ程かかってる訳じゃないので、口の中の滑りが悪い。
 なので餃子のタレかけて食べたくらい。

 けんど、熊本ラーメンとしてはワタシ的には王道かと思った。
 にんにくは利き過ぎてるけど、だけどこれがたまらんのやろうね。

 ラーメン大盛で850円、チャー丼セットで1200円、今時のお昼はこれくらいが普通か。
 まだワタシの頭の中がランチ1000円にリセットされてないので早く今風にアジャストして行かねばならんのー。

 

| | コメント (0)

2024年1月 3日 (水)

沖縄は那覇で食べるそばは美味い「牧志そば」さんのソーキそば550円・ジューシー200円

 12月30日から昨日1月2日で3泊4日で沖縄に行ってきた。
 台湾にしようか迷ったが、沖縄の方が久しぶりなので沖縄の美味しい物を食べ歩こうかと。 
 到着時の気温が25度、家出る時は10度ないので、普通に厚着したけど、現地に着けば暑すぎる。
 しかし12月30日に25度って言われてもなぁ。

 という訳で12時半に那覇に着いたが、なるほど暑いわ。
 スタジャン着ていったがこりゃT-シャツでしょ。

Cimg1947
Cimg1951

 超久しぶりの沖縄、日本最西端の駅「ゆいレール那覇空港駅」。
 このゆいレールが出来て20周年だったそうなので、20年以上ぶりの沖縄と言うことになる。

Cimg2116
Cimg1952

 初めてのゆいレールに乗って県庁前で降りて国際通りに。
 このゆいレールの切符は切符にQRコードが印刷されてて、改札に通すんじゃなくてぺちっと押しつける、そんで切符は改札機に回収BOXがあるので、そこに捨てることになる、へぇへえへぇ。

 その国際通り、メチャクチャ人多い、日本人じゃない人もかなり多いけど。
 チェックインは15時からだったので、荷物持ったまままずはお腹空いたので、ソーキそばを食べに、牧志公設市場の方に向かう。
 国際通りはどうしても観光客向けで美味そうな感じがせんからな、値段も高いし。 

 牧志公設市場の手前に裏通りながら黄色いテントの目立つ店があったので、ここに入ろう、もう我慢できん。

Cimg1955
Cimg1957
Cimg1956

 ・牧志そば:ソーキそば550円・ジューシー200円

 沖縄そばの専門店でセルフの昔ながらの渋い食堂、偶然にも良い店に来ちゃったみたい。
 注文しようと思ったら若き?大将に食券買ってねと言われる。

Cimg1953

 三枚肉の沖縄そば600円かソーそばの二択なんだが、ここはやっぱ圧倒的人気No.1というソーキそばでっしょい。
 お腹空き過ぎだったので、ご飯ものはと探したら、こっちの言葉か、ジューシーという炊き込みごはんの小さいのが200円とリーズナブルだったのでこれに決定、食券渡して待つ。

Cimg1954

 着いたのは13時20分なので一息ついた頃か、お客さんは一組しか居なかったが、ワタシが食べ始めた時から団体客がどばっときて、すぐに満員になった、かなりの人気店なのではなかろうか。

Cimg1958

 5分も待たずに出てきたソーキそばにジューシー。
 このソーキ=スペアリブがよく味が染みてて美味そうやし、この白い平麺も沖縄のそばやん、懐かしー。

Cimg1962

 では麺からいただく麺太郎、ずるずる。
 そうそう、この加水率低めの固めに茹でられた麺、んあー。
 お出汁は豚精湯に鰹に昆布の和出汁で、だけどうどん出汁ではないんだよ、微妙な違い。

 ソーキ食べちゃう、うわっ、これとろとろやん、歯がなくても食べられる、骨も柔らかい。
 甘辛く煮付けられててこの味が出汁に影響してんのかな。
 こりゃ美味い。

 一方のジューシー、炊き込みごはんはひじきなんかが入って上にネギが散らされてる。
 ぱくり、おおっと、この絶妙の味付け、濃くもなく薄くもなく、これはそばとの定食用のご飯にぴったりやん。
 同じお出汁で炊いてるんかいな???

 ソーキそばのお供には紅しょうが、これもこの出汁に合うんだよ、九州のラーメンじゃないのに。
 そして唐辛子を泡盛に漬けたこーれーぐーすー、入れすぎると泡盛っぽいし辛いけど、数滴垂らすと相性抜群、たまらんね。

 ああ、瞬殺してしまった、この一食だけで沖縄来て良かったと思った。
 やっぱ沖縄のそばは美味い、結局滞在4日で5杯食べたもんな、なので店によっていろんな違いがあることが分かったのと、自分の好みも分かった。
 いやこりゃ毎日食べても飽きない味やね、これぞソウルフードでしょう。


 いろんな名物が沖縄にはあるけど、やっぱりそばが一番美味しいかも。
 と言いながら、タコライスもステーキもハンバーガーも美味かったけど。
 明日から仕事で社会復帰出来るか心配になるこの年末年始やった。

 

| | コメント (0)

2023年12月29日 (金)

2023年ラストは佐賀で博多ラーメン「博多とんこつラーメン 喜隆」さんのラーメン650円・タイムサービスおにぎり1個70円

 今年のラストは佐賀話。
 先月末から今月アタマに佐賀~諫早~佐賀に行って来た。
 
 初日の昼は「ハンバーグマン」さんで「さ〇やか」さんみたいなげんこつハンバーグを食べた翌日の昼ご飯、この日が12月1日。
 やっぱり九州に来たらラーメン食べんといけんでしょ。

Cimg1710
Cimg1709_20231229233501

 ・博多とんこつラーメン 喜隆:ラーメン650円・タイムサービスおにぎり1個70円

 場所は佐賀大和ICを南に下ってR263の分岐があるので、左の細い方に進路を取る。
 これがイ〇ンモールの東側で裏R263になる訳だ。
 そこまで行かんが。交通の要所である尼寺南小路の交差点を更に南に降りて100m程。
 この筋は「ぎょうざ屋 大和店」さんや上述の「ハンバーグマン」さんとか結構イケてる店が多い通りでこの店はその2店の間くらいにある。
 前日に「ハンバーグマン」さん行く時にも前通ったが、表に並んでる人が居たような。

 この日は到着したのは13時ジャスト。
 隣にある駐車場は満車でどこ停めるか迷ったので少し遅れてしまった、どこ停めたかは聞かん方がええし言わん。


Cimg1711

 暖簾にうんちくが書かれており、かんしゃく魂ラーメンは、10数種類の果物野菜味噌をブレンドした秘伝のタレで、「貴方をとりこにする事まちがいなし」だそうだ。

Cimg1712

 普通のラーメンスープは豚骨だけを約21時間かけてじっくり作り上げ濃厚なのに意外とあっさりしてるんだそうだ。
 要注目は次、化学調味料はほとんど使用しておりません、だと。「ほとんど」って(笑)、どうせなら無化調でやりゃええのに控え目なことよ。

 少し雨が降ってたのでガラッと店内に入ると、中で座ってる先客男女一組あり。
 何でこんな時間に混んでるんだぁぁぁ???
 入って左の角に4人グループで座ってた隣の国の外国人が昼飲みしてたみたい、注文したラーメンはほとんど食べてなかったけど。
 しかし他の一人客が空いたので、男女2人を飛ばして開いた席に案内されてしまった、すんまへん。

Cimg1718

 そこから見た店内こんなん。
 分かりにくいが、玄関入ったらコの字型のカウンターになってて、ワタシは左のカウンター席に座った。

Cimg1713

 そしてメニュー確認。
 今時ラーメン650円とはえらく安いな、暖簾に書かれてたかんしゃく魂ラーメンはピリ辛味噌で810円、替玉は150円とここは今風。
 初めての店なので普通にラーメンと通常1個120円のおにぎりが、ランチタイムサービスで1個70円らしいのでこれを注文。
 麺の固さを訊かれるのでカタで注文。
 水と漬物は入口左に置かれてるので、そこはセルフね。

Cimg1715

 5分程で出てきたラーメンとおにぎり、チャーシュー2枚が肉々しいし、真ん中にネギがわさっと乗っけられてるのも嬉しい。
 たくあんに高菜に小梅はセルフね。

Cimg1716

 最近は野菜から、ネギからわしゃわしゃ食べて麺ずるずる、うむ、佐賀で博多ラーメンと名乗るだけあって、細麺でカタの茹で加減はナイス。
 佐賀のラーメンはもう少し太い麺なのでこれは博多でしょう。
 スープどんなんじゃ、じゅるり、ふむふむ、豚骨の香りはしっかり出てるしスープ自体は濃厚。
 これでどんだけ自分が化調に慣れてるのかということがよく分かるのだが、化調の旨味がない分、ぽっかり穴が開いたようなスープになってる。
 化調恐るべしやね、この化調をほとんど使ってないスープを飲んだら、おそらく物足らなさ感がハンパないんちゃうかな、つまりは気の抜けたような味、もしくは味付けし忘れたスープと思っちゃう。
 しかし味わえばちゃんと豚骨の味は出てるので素の味を堪能して欲しい所。
 でろんとしたチャーシューはじんわり醤油味が染みこんでおり、噛めば美味さが出て来るしみじみチャーシューで、結構このチャーシュー好き。

 おにぎりとテーブルに置かれた紅しょうがをつまみながら麺とスープとをてれこで食べる。
 おにぎりは意外とボリュームがあり、最初2個にしようかと思ったが、1個で十分やった。

 もちろんスープも一滴も残さず完食。
 外まで並ぶ店なのは値段もあるがそれだけではあるまい。
 お店のこだわりを客が受け入れてるんやろうね。
 佐賀の博多ラーメン堪能させていただきましたー。

 今年はもう終わりやが、年明けには年始挨拶で佐賀に行くことになるので次回は意外と早いかもしれん。
 しかし佐賀は何にもないように見えてこちょっと面白い店があるのが楽しい、かな。
 泊まることはないけど(しつこい)。
 

 ちゅーことで明日から沖縄は那覇に行って来る。
 果たして年末年始の国際通り、お店が開いてるかどうか、ヨロシク頼んまっせ。 

 

| | コメント (0)

2023年12月26日 (火)

鹿児島の新しいラーメン「黒豚とんこつラーメン 南州農場」さんの濃艶880円

 話は遡って9月の鹿児島の話。
 美味しいラーメン屋はないかと探してて、これはメイン通りにはないのだと、裏通りに行かねばならないのではないかと思ってたら面白い所を見付けた。

 山形屋前の路面電車の反対側の一本向こうの南北の通りに「YOKADO KAGOSHIMA」=「よかど鹿児島」というよく分からんが完全キャッシュレスの商業施設があり、ここにラーメン屋さんもあったので行ってみることにした。
 繰り返すが現金不可ですよー。

Cimg1439

 これが「よかど鹿児島」、天文館から5分も歩かないのに裏通りなので人通りが少ない。

Cimg1440

 入った所にエスカレーターがあり、2Fに行けば「FOODSTREET」になってる。
 ここにはスイーツ・カフェ・黒豚・焼肉・そば・お好み焼・漁協直営食堂・うなぎ等、ここ行けば一通りの料理が食べられる。
 何だけど、あまり人が居なかったのは開店した所だったのもあるし、現金不可というのもあるだろうし、表通りから外れてることもあろう。
 だからかえって穴場だと思う。

Cimg1441

 ・黒豚とんこつラーメン 南州農場:濃艶880円

 到着時間は11時であったので一番客か。

Cimg1442

 まずはレジ前でメニュー確認、一口餃子セットとチャーシューめしセットがあるみたい。

Cimg1447

 カウンター席に座って改めてメニュー拝見、自分で育てた黒ブーちゃんを本格派のとんこつラーメンにしちゃうという、凄いのか怖いのか分からんコンセプトの店や。
 自分で育てたからこそ美味しく食べちゃおうという姿勢はエライよねー。
 麺は大隅半島で獲れた小麦を使った全粒粉麺らしい、こりゃ楽しみだ。

Cimg1446

 初めての店はスタンダードな物を注文するのは最早鉄則、ここではフラッグシップは濃艶というラーメンなのでこれをバリカタで注文。
 濃艶の他に塩野菜と味噌があるみたい、ここでも他の鹿児島ラーメンと一線を画してるな。

Cimg1449

 5分程で出てきた濃艶こんなん、おおー、豚骨ではあるが博多でも久留米でも佐賀でもないな。

Cimg1450

 先にネギわさわさ食べてから麺に、鹿児島、いや九州では珍しい全粒粉の極細ではない普通に細いストレート麺はバリカタが合ってて食感良く確かにこれはナイスな麺。
 スープは見事な白濁豚骨で、濃厚ながらもしつこくなくクリーミー、かつ旨味がしっかり出てて、醤油ダレも丁度良い。
 チャーシューは見事に3枚揃えられた黒豚で、とろっとろではなく味も濃くないが噛んで美味いタイプ。
 味玉もこれが見た目普通やけど普通以上に美味い。
 ネギの上にフライドオニオンが乗ってて鹿児島ラーメンより熊本っぽいような感じさえする。

 いや、ワタシ的にはこれが鹿児島ラーメンかと言われたら困るが、ネオ鹿児島ラーメンだと断言しよう。
 だから鹿児島ラーメンが食べたい人にはちょっと違うかもしれんが、九州ラーメンとしては間違いない。
 個人的にはまた食べたいと思う美味しい店やと思ったが、かごんまの「ぼっけもん」はこの店いかがでしょ???

 ああ、また鹿児島行きたいな、「開花亭」さんの豚かつ食べたいな、言い出したらキリがない鹿児島よ。
 しかし年末年始では海の向こうの沖縄に行って来ます。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧