2017年6月21日 (水)

広島老舗ラーメン発見「来頼亭」さんの中華そば(大)650円

 ワタシは広島を担当して7年になるが、お客さんは決まったとこに行くのがほとんどで、ましてや宇品にはお客さんがないので行くこともなかった。

 なんだが、これまたCATVの再放送で吉田類さんの「酒場放浪記」で広島何部作かの一つで宇品の「ぎょうざの美和」さんを取り上げておられて、ここに行きたくて先月行った。
 餃子より新鮮な魚が美味かった(いや、餃子も美味しかったけどね)、また行きたい。

 そこに行く途中、いろんな店を路面電車を乗ってて発見した。
 ゆめ○ウンのある皆実町6丁目より南は行ったことなかったから。
 すると、ラーメン屋や讃岐うどんの店やら、なかなか良さげな店発見。
 翌日、南区のお客さんとこに行くのに、時間がちょっと空いたので、15時前やったけど、空いてたらラッキーとばかりに、わざわざ行ってみた。


Cimg7910 ・来頼亭:中華そば(大)650円

 場所は路面電車で行くと県病院前って所で降りる。
 駐車場があるんかないんか知らんが、路面電車で行くのがベストやろうな。
 広島駅からだと30分弱ってとこか。

Cimg7914 お店に風格が漂ってるような、何てったって「中華そば 味本位の店」なのである、不味い訳がなかろう。
 まさに昭和レトロな暖簾をくぐって店内にぐわしと入ってみた。
 薄暗い店内は、そうねぇ、20人は入れそうな店。
 座敷に女性1人、真ん中のテーブルにおっさんサラリーマン1人、ワタシの斜め前に女性1人、そしてビジネスマンのワタシ。

Cimg7911 まずは券売機で食券購入、もはや安全面考えたら券売機なんかもしれん。
 メニューは至ってシンプル、中華そばとチャーシュー(麺)しかない。
 それと小か大か、70円差で半玉じゃなくて1玉だそうだ。
 ならお昼はしっかり食べてたが、ここは大食べるしかないであろう(いや、ないことはないが)。

 おばあさんに食券を渡す。
 厨房が実に見えにくいんだが、トイレ行った際にちろりと見てみたが、スープ係にでっぷりした感じ(に見えた)おばさん、ネギ切ってたのがおねいさん、の女性3人のようであった、だから券売機よな。

 店内を見てたが、サラリーマンのおっさんの食べ方が気になった。
 麺に替え玉の時に使う醤油ダレをかけて食べているのである、???
 斜め前の女性にも中華そばが出てきたが、その女性も途中麺に醤油ダレをかけて食べてた、うーむよく分からん。

Cimg7912Cimg7913 そうして10分もかからずに出てきた中華そば(大)がこちら、ほー、錦糸玉子ですかぁ???
 チャーシューにもやしが載ってるのが広島っぽい。
 では麺から食べてみる、ラーメンは麺から食べんとどうすんじゃ、ずずず~~~。
 細めのストレート麺はもちもちとしてイケル。
 それに絡むスープよ、これ結構な粘度がある、んだけど味が薄い、塩豚骨みたいな味。
 つか、スープ原液のような感じ、なるほどだから醤油ダレが置かれてるのか。
 自分でカスタマイズして食べるのね、へぇへぇへぇ。
 そうして麺にワタシも同様醤油ダレをかけて食べたら、おお、確かに広島醤油豚骨の味になったではないか。
 スープ単体は奇をてらってないストレートで濃い目の豚骨やけど、臭みはない。
 少し醤油ダレをあくまで麺にかけて楽しんで、今度はスープにちょろっと入れてじゅるりと。
 なるほど、これが広島ラーメンや、ってな味になるのなー、おもしろい。
 最後は醤油ダレをぴゃーっとかけて混ぜ混ぜしてぞぞっと完食。

 いやー、こんな食べ方初めての経験、まだ初めてのことがあったのか。
 つくづくラーメンは自由だと思った次第。


 後からおばあちゃんが持ち帰りの中華そばを買いに来てた、地元の人にも愛されてるこの店。
 県外人にも優しいお店の方達、また行きたい店が出来た、広島いーじゃん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月12日 (月)

福山の新名物「麺や 長いち」さんの辛いラーメン900円

 最近、体重オーバー気味なので、呑んだ後の〆のラーメンとかもってのほか。
 健康診断が来週に控えているので、何かとセーブしていかないと。
 そうなんだけど、最近噂をあちこちでよく聞くので、これは行ってしまわないとという案件が出来た。

 広島に行ったら広島市内に泊まりたいんだが、仕事の事情もあって、福山で泊まることもよくある。
 先月、福山泊まりになったので、深夜のラーメンが良くないということで、とっとと飛ばしてアルコールを摂取して、その噂の物を20時くらいに食べに行ってみた。


Cimg7902Cimg7909 ・めんや 長いち:辛いラーメン900円

 実はこちらの大将とは仲良くさせてもらっている。
 創作ラーメンも得意で実に勉強熱心だ。
 ここが最近、激辛を推進しているという噂であった。
 まぁ、ワタシも激辛を吹き込んだクチなんだが、ちょっと懲らしめに行かないと。

Cimg7903 ちゅー訳で、店に入ると確かにメニューを見たら辛い辛いと連発している。
 しかも「ヘタレ」から「真面目に辛い」、「さらに辛い」、「さらにさらに辛い」まで、かなり挑戦的である。
 カウンターに座り、昨今の激辛事情なんぞ話し、焼酎呑んで(やっぱり呑むんか)、大将の手が空いた時に作ってもらう。
 一番辛いのでも良いと言ったんだが、味が分かるスタンダードな辛いラーメンを食べて欲しいというので「大人気真面目に辛いラーメン」が出てきた。
た。

Cimg7905Cimg7906 どーん、うーん、これは地獄の何丁目ラーメンやろうか、何か毒々しい色してますけど???
 ではお約束で麺からぞぞぞ~~~、うん、「長いち」さんののド豚骨用の太めのちぢれ麺やないか、太い麺に激辛なスープが絡む絡む、辛い確かに。
 続いてスープをいただく、ずずず、とはならん、粘度が高すぎてあんみたいや。
 ひぃー、確かに辛いわ、タイでよく使われるプリッキーヌがふんだんに使われており、少し荒い赤唐辛子も使って、辛さに深みを持たせてる。
 つるつる食べることが出来ない、もさもさ食べるラーメンや。
 確かに元の濃いラーメンを想像することは出来るギリギリの線か、これ以上辛かったら味分からんイタいだけのラーメンになっちゃうもんな。

Cimg7907Cimg7908 途中、大将がこれ入れたら美味しい、とおろしにんにくを有無を言わさず勝手に投入、次の日仕事やっちゅーねん。       
 そんなこんなで焼酎を呑み呑みして完食。
 ほー、ワタシ的には丁度ええ辛さやったか。
 普段から家でハバネロを使いまくって辛さには慣れてるからな(どんな自慢や)。


 うむ、おもしろいだけのラーメンかと思ったが、ちゃんと激辛ながらしっかりした一杯になっている。
 普通の人には辛すぎるかもしれんが、激辛好きの人なら食べに行かなければいかん。
 さぁ、頭髪がどれだけ抜けるかしらんが、れっつらごん♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 6日 (火)

【徳島麺巡りラーメン編】「まるしょう」さんの中華そば(玉子入り)大650円

 一回挟んでしまったが、前々回の続編、徳島麺巡り、ラーメン編。
 繰り返すが、今年初めての徳島、もちょっと行っても良さそうなもんだが、最終目的地が香川でうどんなので、道中、岡山や福山の方が楽しくて、ついつい後回しになっちゃう。
 鳴ちゅるに徳島ラーメンに徳島の讃岐うどんではそうそうネタが持たん。

 ということで前回の続き、覚えてるか、とにかく名前の分からない交差点だが相当大きい、東西に走る県道24号と南北に走る県道1号の交差点。
 この交差点北上したら高松自動車道板野ICに出る、そんな道。
 ここは交差点東すぐ、駐車場は店の前にある。


Cimg7880Cimg7881 ・まるしょう:中華そば(玉子入り)大650円

 県道14号線は東から西に行く道中、何軒かラーメン屋さんがあったが、行ったことある店が多くて、この店は見覚えがないのでここで新規することにした。
 ちなみに最後まで老舗の「王王軒」さんと悩んだがハズレたくない気持ちより、新規開拓の熱意の方が勝ったってこと。

Cimg7875Cimg7876_2 ちわっと入ったが、どうにも店内が新しい、最近の店っぽい。
 どうすんのか分からず、まず壁沿いのカウンターの席に座ってみたが、おねいさんから食券を買って下さいと言われ、振り返って玄関を見れば入って左に券売機があった。
 さっきぶっかけうどん(大)イカ天に天ぷらぶっかけを食べて、なので何にしようかと考えたが、あまりの安さに玉子入りの大盛りをチョイス、これで650円だよ、普通なら850円はボラれるぞ(だけど何で大盛り食うんだよー、オレ)。

Cimg7877 入ったのは13時頃だったが、家族客で結構賑わってた。
 なので10分は待ったか、ようやく出てきたワタシの久しぶりの徳島ラーメンがこれ。
 やっぱ玉子載っけないと徳島ラーメンじゃないよなー。
 見た目は白濁した豚骨醤油みたいやが、実はそうじゃない。

Cimg7878 しかしまずは麺太郎なので麺から食べる、ずるずる。
 ほー、これは極細と言って良い細さの麺やん、しかも麺カタで言ってるから食感もしっかりしてるナイスな麺。
 これに絡まるスープはタダもんじゃないな。

Cimg7879 ではスープのみ行ってみよう、ほら、色が黒いでしょ。
 表面は脂で白濁してるように見えたんだが、脂どけたらこんなに濃い醤油。
 なんだけど、味は見た目程醤油辛くはないんだよ。
 濃厚、いや超濃厚なのは豚骨、粘度が結構あるくらいにコラーゲンな感じ、ネトネト。
 色は黒いがそれ程醤油辛くないスープには、徳島ラーメンはすき焼きっぽいと言われる甘みがある。
 これは確かにご飯が欲しくなるラーメンや、うどん食べてなかったら絶対ご飯注文してたな。
 そして甘辛く煮付けられた豚バラと、これが味が付いてなくて箸休めのメンマ、そしてもやし。
 そして最後に玉子の黄身を潰して混ぜてじゅるり…至福。
 うーん、実にハイレベルで融合されているではないか、これは自慢して良い地ラーメンや、素晴らしい徳島ラーメン、勉強して一から出直せ尾道ラーメン。

 当然、スープまで完食したんだが、その後の口の周りの脂ねっとりは流石超濃厚やと思った。
 いやー、この交差点はなかなかにレベルが高い。
 うどんとラーメンで何回でも来れるんちゃうか、と言いながらしばらく行かんけど。


 名物に美味い物はある、徳島ラーメン是非一度。
 あ、鳴ちゅるうどんもね♪

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月30日 (火)

広島市内ラーメン開拓「九州ラーメン 八起」さんのラーメン650円替玉100円

 年明けに広島に行った際に、珍しく平和大通りに面したNHKの対面のホテルに泊まった。
 割と遅く着いたので、面倒臭くなり、テイクアウトのカレーとコンビニで酒を買い込んだ。
 ぶらぶらとホテルへ帰る途中に初めて通った道には入ってみたい店が結構あった。

 遅まきながら今になってようやく行けた、場所は路面電車で中電前で降り「陽気」さんの2本裏の筋。
 なかなか雰囲気ある店なんだよこれ、暖簾に大きく書かれた「八起」の迫力はただ者ではない。


Cimg7843Cimg7844 ・九州ラーメン 八起:ラーメン650円替玉100円

 着いたのは12時半過ぎ、なので先客はだいぶ帰っちゃって、すんなり座れた。
 やっぱりオフィス街やから行くなら12時半過ぎて行くがヨロシ。

Cimg7849 入って左の端に座っておしながきを見てみる。
 ラーメン650円か、大盛ラーメンより替玉100円やな、半そばラーメン550円って半玉か。
 ライス250円やのにおむすび(一個)100円なんやな。
 そんでチャーハンじゃなくてピラフなんや、って炊き込んでんの???
 半ピララーメン850円ってのは半ピラフにラーメンってことか、半ピラって(笑)。

 お店はおばあちゃんとおばちゃんの二人で切り盛りされていらっしゃるみたいで、このおばちゃんが関西人顔負けのマシンガントークなんだわ、負けました。
 作るのはおばあちゃん、接客はおばちゃん、みたいな役割分担か。

 作るとこ見てたが、丼にスープを注ぎ、麺を入れる。
 なんだけど丼の半分にも満てないような感じ、追いスープでも入れるのかと思いきや、具材載っけてそのまま出て来ちゃったよ。

Cimg7845Cimg7846 それがこれ、横から写してないけど、丼の半分くらいしか入ってないような…。
 ま、ええわ、まずは麺から食べる、ぞぞぞぉぉぉ。
 へー、細めの弱縮れ麺なんや、カタって言ったので、しっかりと歯応えあるカタや、わしわし。
 ではスープどんなんかなー??? ほー、ふわっとしたにんにく臭がするが気になる程ではない。
 豚臭さもそれ程ではなく、白濁してるスープには塩味が適度に利いてた。
 これって久留米っぽい感じか??? 長い間久留米で食べてないから忘れたけど。
 チャーシューは醤油ダレの旨味がしっかり染みて、見た目とは裏腹にとろっとしてて美味い。
 これはビールだわ、ビール。
 きくらげがたっぷり入ってるのも嬉しい、ネギも多いな。

Cimg7847 撮ってはないが、テーブルにはゴマと紅生姜、それよりご飯物頼んでないのに、おばちゃんがすすっと置いてくれたのが、この高菜とたくあん。
 何でたくあんやねん、思わずラーメンに入れてもうた、紅生姜は入れんくせに。

Cimg7848 とにかくスープは減らさぬように、そして替玉へ、あっちゅう間に出てきた替玉なんだが、これ少なっっっ、半玉もないんちゃうか???
 でもチャーシューにきくらげにネギが付いてきたので気にしない。
 おちょこに入ってるのはラーメンダレ、薄くなったら入れてくれとのことだったが、スープが少ないからこれ入れたら濃すぎるやん。

 何やかんや言うたが、これは見た目通りにワタシの期待を満足させてくれた。
 全体的に好みの味、無化調万歳ってか。
 しかしもちょっと量が欲しい、美味しいだけに。
 なのでこの後八丁堀まで行って、昨年末以来の「サン・カレー」さんで玉子カレー550円食べて丁度良くなったよ。


 この何てことない通りにまだ行かねばららん、まぜ麺のお店もある。
 なかなかお昼時にこの辺りに居ることはないが、まだまだ開拓の余地のある広島市内なのであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月26日 (金)

名古屋は黒川でラーメン超新規「らーめん専門店 大神」さんの中華そば680円→480円(開店記念セール200円引き)

 さっき2泊3日の名古屋~東京の出張から戻ってきた。
 水曜に名古屋に行って、仕事を終えてその足で東京、木曜は終日東京、今日は朝から埼玉は加須に行って、再び東京に戻って帰ってきた。
 正直疲れた、雨も降ってたし、はふー。

 あ、今回はいつも使い続けて来たデジカメ、CASIO EXILIM EX-Z90がレンズが出てこないという故障に遭ってしまって、修理代より新品買った方が安くなりそうなので、イマイチながらスマホンで撮影している。


524Photo ・らーめん専門店 大神:中華そば680円→480円(開店記念セール200円引き)

 ちゅう訳でこの出張で名古屋に行って発見した店。
 場所は黒川、地下鉄名城線黒川駅の南側1分。
 本当はあんかけスパの「パプリカ」に行くつもりであったのだが、少し早いかと周辺調査したらこの店を発見。
 って、一番奥の「若鯱家」さんを見に行ったら見付けたってのが真実。
 
200Photo_2 ワタシが行ったのが24日で、開店したのがその前日23日(火)。
 明日27日(土)までこの開店記念セール200円引きやっておられるみたいなので、名古屋の人は行くがヨロシ。
 到着は11時半前くらいで1番客のようであった。
 カウンターのみで10席くらいか、まずは券売機で何食べようか、大将に聞いた所、一番上にある豚骨醤油らーめん480円ではなくて、中華そば絶対とお勧めされた。
 一応メニューにはみそ・辛みそ・特製台湾混ぜそば・豚そば・塩・冷やし中華、がある。
 トッピングはチャーシュー300円(高っっっ)・煮玉子80円・メンマ80円・もやし50円・ネギ50円。
 麺大盛り100円・ライス100円・チャーシュー丼350円、となっているが、明日まではラーメンとのこと。

 待ってる間、話好きのお母ちゃんがいろいろ話してくれた。
 中華そばの懐かしいスープがウリなんだそうだ、そして麺は4mmの麺を4分茹でるんだって。

680480Up そうして5分程度で出てきた中華そばがこちら。
 おおー、見た目シンプルやん、いかにも中華そば、って感じ。
 麺太郎なのでまずは麺から食べる、ぞぞぞ~~~、丸い食感の少し太めに感じる麺。
 ぷりぷりしてる、しかしこのスープには太くないか、普通は細めのストレートか、同じく細めのちぢれを使いそうやけど、って聞いたら、お母ちゃんがこのスープにはこの麺が一番合うと断言してたのでコレデイイノダ。
 スープは鶏に煮干に香味野菜の旨味、醤油ダレはそれ程濃くなく、ほんのり甘みを感じる。
 とにかく旨味が結構出てるので、この少し太く感じるストレート麺で受け止めるって寸法か。
 チャーシュー食べてみよう、1cmくらいありそうな厚さ、がぶり。
 噛めばほろっと、醤油ダレがじんわり染みて美味しい。
 なるほどこれならトッピングで3枚300円も納得、高くないよ。
 ワタシの大好きなメンマはと、これは酸味が全くなく、塩味のみでコリコリしてる。
 ネギが多めでシャキシャキして食感も楽しいな。

 うぬ、新しくて懐かしい一杯、680円でも安い方じゃない???
 まして480円は破格、やっぱり持ってるわー、偶然に当たっちゃうんやから。
 とにかくまずはお試しで食べてリピートしましょう。


 あ、ちなみにこの後、当初の予定通り「パプリカ」さんであんかけスパ1.5倍食べた、ワタシはやっぱり麺太郎なのであった。 
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月23日 (火)

【後編】西新宿5丁目ラーメン開拓「麺家 さざんか」さんの中華そば700円麺中盛り(プラス40g)50円

Cimg7729Cimg7740 さて前々回の続き。
 だから都庁をこう見る熊野神社前交差点を北に上がってすぐの店をハシゴする。
 今回は右側のお店。

 13時過ぎにお隣の「ひじり屋」さんで支那そば大盛り700円を食べちゃってるのに、またぐわしと食べようとしてるよ、全くワタシゃもう。


Cimg7735Cimg7739 ・麺家 さざんか:中華そば700円麺中盛り(プラス40g)50円

 どっちも13時過ぎと遅めだったんだが、それでもお客さんは居たし、また入ってくる。
 二軒ともなかなかの人気店と見た。
 こっちはカウンターもあるしテーブル席もある。
 客数20人くらい入れんのかな???

Cimg7736 ここはまず券売機でチケット購入して席に座る。
 何々、スタンダードな中華そばは700円か、中盛り40gってのがあるやないか、+50円で、これにしよう(だからさっき大盛り食うてるやろ!!!)。
 他のメニューとしては坦々麺を導入してる、あとつけ麺に味噌つけ麺、坦々つけ麺ってのもある。
 隣の「ひじり屋」さんより今風な品揃えやね。
 でもシンプルな中華そばを注文。
 今更言うことでもないが、ワタシはつけ麺嫌いやし。
 

Cimg7737 ここも待つことなくすんなり出てきた、どじょ。
 さっきの店とルックスはかなり似てるな、味玉の代わりにナルト、醤油はこっちの方が色が濃い。
 メンマも海苔もネギもよく似てる、一瞬デジャヴ。

Cimg7738 では麺から食べよう、ちゅるちゅるっと。
 ほー、ここも細めの縮れ麺やが、ゴムパッツン系、しかも黄色い。
 これはビタミンBですね、後でトイレ行ったらおしっこまっ黄ぃ黄ぃやったからな。
 ではスープどんなんかなー??? ずずっと、ここは魚介ではなく動物系の旨味が濃い。
 鶏に豚を重ねた感じか、醤油の色は濃いがそれ程ショッパい感じはなく、何かが突出した感じはせん。
 チャーシューは厚さ1cmもある肉厚なもので、だけどここも同じく味が付いておらず、肉の旨味だけで食べさせる感じ。
 醤油味の箸休めがチャーシュー的なある意味珍しい立ち位置のチャーシュー。
 メンマはこっちのが歯応えあって酸味もある。

 そうねー、スープに比べて麺がちゃちい感じがするが、それも好みの問題か。
 メニュー豊富でこっちのがモダンな感じもするので、「ひじり屋」さんとどっちがどっちってより、その日の気分かな。


 ということで新規開拓2軒出来て良かった。
 ちなみにこの日の朝は池袋西口の「富士そば」さんで朝そば(大)、翌朝はやはり池袋の「いわもとQ」さんで朝そば(大)。
 つくづく麺太郎なワタシなのであった。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月16日 (火)

【前編】西新宿5丁目ラーメン開拓「ひじり屋」さんの支那そば600円大盛りプラス100円

 こないだ名古屋に行った後、三重に侵入し、仕事を終えて東京に行くというハードな移動があった。
 夜は渋谷の「ネパリコ」さんでダルバートノンベジにワインを呑んだ、ハイボールは新幹線で呑んでたので、下地は出来上がってたから。
 ダルスープのしみじみとした美味さはやはり最高、ネパール万歳である。
 また行きたいカトマンズ。

 それはええんやけど、翌日お昼を食べるのに、どこで食べようかと。
 新規全くなしではお話にならん。
 仕事で行く西新宿5丁目、都庁方面に行けばなんかラーメン屋さんがあったような。

Cimg7729Cimg7740_2 つーことで、駅を出て都庁方面に向かって3分程歩くと熊野神社前って交差点がある。
 ここから見る都庁はこんな感じに見える。
 この交差点を北に50mくらいでラーメン屋さんが2軒並んでた。
 よっしゃ、ハシゴしちゃおうっと♪


Cimg7730 ・ひじり屋:支那そば600円大盛りプラス100円

 まずは左側の店から、到着時刻は13時ちょい過ぎ。
 カウンターだけのお店はまだ賑やかで、結構入れ替わる。
 何が人気なんかいな???

Cimg7731 おしながきを見てみる、支那そばなんとこのご時世で600円ですと!?
 これがポイント高いやないか!!!
 最近ラーメンが高すぎるとお怒りのワタシであるが、新宿でこの価格とは素晴らしい。
 それも人気の内の一つか。
 ちなみに支那そばチャーシューだと一気に230円上がる、よう分からんが、ホホ肉だと330円UPの930円になる、しゃーねーなー。
 しかしハシゴするって言ってるのにどうして大盛り食べちゃうんでしょうねー。
 味はちなみに塩にタンメンにみそがあり、オールレンジな対応が可能や。

Cimg7732 とにかく10分掛からずに出てきた支那そばがこちら。
 おっとぅ、かなりシンプルじゃないの。
 しかしチャーシューにメンマに味玉に海苔とネギ、必要なのは全部載っかってる。
 ストレートに醤油味と見える、十分々々。

Cimg7733 では麺から食べよう、ぞぞぞ~~~、細めの縮れ麺でこれがぶりぶりで美味い。
 この麺好きじゃ、カタメとも何とも言ってないが、茹で加減絶妙。
 さて、この縮れ麺に絡むスープをじゅるっと、ふむ、鶏と煮干しのスープか、醤油が勝った訳でもなく優しい味やないの。
 チャーシューは薄いけど、ほろほろに崩れる。
 味は付いてなくて肉の旨味だけで食べさせる感じ。
 メンマは良い意味でメンマ臭がし、メンマ食うてる気になる。
 味玉もこれがどや!!って訳じゃないけど、彩りという安心感がある。
 全体的に調和が取れてて、和を乱す物がない。
 あえて言うなら載ってるネギの苦みが少し枠からはみ出しててヨロシイ。

 うーん、全くけれん味のない一杯で、シンプルな大人の味。
 ここじゃなきゃいかんという感じではないんだけど、何度でも食べたくなるような感じかな。
 値段も素晴らしいので、呑んだ〆には寄りたくなっちゃうね。


 さー、お次は隣の店に行くか、待て次回。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 2日 (火)

倉敷ラーメン開拓「支那そば餐休 倉敷店」さんの名物そば800円

 先日倉敷に仕事で行って来た。
 新規開拓なのでまだ商売にはなってないが、顔は覚えてもらったと思う。
 昼前のアポで、終わってワタシはどこでラーメンを食べたらいいかと尋ねてみた。
 お客さんはあんまりラーメンマンみたいな感じではなかったが、この方が岡山市内の人で、この何軒かある店の岡山店を紹介してくれたのだが、手っ取り早く倉敷店に行ってみた。

 R429から走って行ったが、全てナビだったので、結構南だったんだと今地図見て思った。
 地図上だとワタシはR2に出て大高東という交差点を南に下ったら「王将」の隣にあったって感じ。
 こんな派手な店やのに今まで全く知らんかったワタシは井の中の蛙。


Cimg7633Cimg7634 ・支那そば餐休 倉敷店:名物そば800円

 1986年創業らしい、それと「うまいスープの店」と謳っちゃってる所も凄い。
 着いたのは12時半前くらい、駐車場は広いし、結構な大箱やん。
 隣の「王将」に負けない存在感を感じる。

Cimg7628 カウンターの一番端に座ってメニュー確認。
 紹介してくれた人はこってりしたのが美味しいと言ってたので、本当は「伝統のしょうゆスープ」の支那そば700円を食べたかったが、おそらくこっちのことを言ってるのであろう、「秘伝のごま味スープ」の名物そば800円を注文した。
 大盛りは110円増しやけど、910円でラーメン大盛りってのが気にイランので、並で十分。
 しかし110円の10円って何やねん、全く。
 最近のラーメンが高いと嘆いてるワタシなのである。

Cimg7629Cimg7631 さておき5分程で出てきた名物そばは泡吹いてそうな濃厚豚骨風。
 ネギのおかげで素ラーメンにしか見えんかったので、除けて具材確認、分厚いチャーシューと黒々としたメンマが出てきたので一安心。

Cimg7630 では麺から食べる、ずずず~~~、細めのストレート麺で特に何がどうやってことはない。
 しかし、そこに絡むスープが濃い、いや辛い、醤油(何で倒置法に体言止めやねん)。
 表面をレンゲですくっていただく、じゅるっと、ごまの香りはするが、濃厚クリーミーって程ではない。
 底の方をすくってじゅるり、これメッチャしょっぱいんですけど!!! 醤油濃いんですけど!!!
 このスープはかき混ぜてもすぐに元の二層に戻っちゃうので、一体感に欠けるような。
 チャーシューは厚くてホロッとしてて食べ応えあり。
 メンマの色見たらここの醤油ダレの濃さが分かるであろう、それくらいに色黒。
 だけど食べてみたらちゃんと塩気は抜かれており、辛くはない。
 うーん、どこかでこんな味のを食べたことがあるような…。

 結論、あえて言うなら姫路の「御座候」さんのごま坦々麺を5倍くらい濃くしたような味か。
 って分かりにくいっちゅーねん!!!

 倉敷なんてまだまだ分からんことだらけ、今度は下調べしてから行ってみようか。
 つか、少しは行き当たり場当たり止めろっちゅーの。


  ではワタシも明日からGW突入、当然うどんを食べに四国に行って来る。
 明日は徳島で鳴ちゅる食べて徳島ラーメン食べて、徳島の讃岐うどん食べて、明後日は本場香川でうどんの予定。
 デブまっしぐらでなのある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月28日 (金)

神戸市東部中央卸売市場「プリンス亭」さんの白ら~めん650円

 前回の続き。
 「石田鶏卵/コンビニエンスストアー」さんで自販機天ぷらうどんとシャケ弁食べた後の話。

Cimg7837Cimg7839 とりあえず東部市場も行ってみるか、と車を3分走らせた。
 ここも久しぶりに来たな、メチャメチャ天気ええなー、食欲の春や。
 ずいぶん老朽化してるが、対面に新しい市場が造られてた、さもありなん。

 市場はかなり好き、思わぬ掘り出し物がある。
 岡山中央卸売市場では「市場のカレー屋さん」さんのスープカレーはかなり好き。
 福山の卸売市場の「此花食堂」さんの海鮮丼なんて月イチくらいで食べに行ってる。
 さて、ここでは何があるのかな???

Cimg7838Cimg7836 これが案内図と市場内、実際はもうやってない店とかもあったようだが、東側の食堂は健在であった。
 「丸吉食堂」に「オリーブキッチン」に「マギー食堂」。
 しかし「レトロな市場の雰囲気を体験できます」って自分で言うか(笑)。
 オリーブカフェはオリーブキッチンの二号店みたいな感じで焙煎カレーが売りだそうだ。
 この「マギー食堂」も何故「マギー」なのか知りたい店やね。
 左奥の見えない所にある「丸吉食堂」も「マギー食堂」同様の一膳飯屋みたいな感じやった。
 確かにレトロだわ。

 つらつらと西側まで歩いて行くと、丁度真ん中くらいにラーメン屋さん発見。
 カレーかラーメンか…さっき天ぷらうどん食べたけど麺類、ラーメン行っとけー。


Cimg7834 ・プリンス亭:白ら~めん650円

 豚骨ラーメンとギョーザの店なんだそうだが、何で名前が「プリンス亭」???
 「マギー食堂」もそうやけど、凡百の者には思い付かん店名や。
 ちなみに到着時刻は12時半、結構入れ替わり立ち替わりのお客さんの入りであった。

Cimg7829Cimg7835 カウンターだけのお店で、席数10あったかなかったか。
 メニューはスタンダードの白650円に赤みそ入りの赤700円、にんにく焦しマー油入りの黒700円、そして変わり種の豚骨坦々麺750円どんなんや???
 そして豚骨坦々パーコー麺850円に豚骨パーコー麺800円となっている。
 トッピングは味玉80円にネギ増し50円、これが狙ってる一発だが、高菜はプリンス(ピリ辛高菜)は30円、高輪プリンスだって、キャハハ。
 チャーシュー増しは150円、ちょいたしマー油は無料となっている。
 お得やなと思ったのはラーメンに並ライス50円大盛80円、そして替麺は100円。
 「麺は通常カタめん、お好みでやわめん・バリカタ・ハリガネ・粉落とし○○は無理」と書かれてたが、○○は反射して見えんかった。
 地味なおっちゃんがやってるんだが、高輪プリンスねぇ、キャハハ(しつこいって)。

Cimg7831 バリカタで注文したので5分も待たずに出てきた白ら~めんがこやつ。
 ちょっと小ぶりな丼ながら、見た目はなかなかに美しい、チャーシューでろんもええけど、彩りの赤が引き締めてるな。
 マー油って言うから熊本ラーメンかいな???

Cimg7833 とにかくいつでも麺からずずずっ、細めのストレート麺は丼が小さいからか麺密度が高く感じた。
 食べ応えあるバリカタ麺やね。
 そしてスープをぞぞぞっ、おおー、小細工なしのこれぞ豚骨やないか。
 これは熊本ではなく長浜っぽいな、メチャメチャ濃厚ではないが、ストレートに旨味の出た豚骨。
 長浜と違うのはチャーシューがしっかりしてるってことか。
 とろっとろのが3枚でろんと載っかってる、これはライス頼んでも良かったか(だからさっきシャケ弁に天ぷらうどん生卵入り食べてるっちゅーねん)。
 この分厚いチャーシューは芯まで醤油ダレがじんわり染み込んでて、このチャーシューで酒呑める、ビールくれ。
 赤い玉は柑橘系の皮と唐辛子か、塩気もそれほどなく、辛くないかんずりみたいな感じ。
 テーブルにはゴマと紅生姜、ワタシは紅生姜はスープに浸けない派、食べる分だけレンゲに入れて食べる。
 10分前に食べたばっかやったので替麺も自重、大人になってきたな。

 いやー、まさか関西でこんな本格的な九州ラーメンが食べられるなんて思ってもなかった。
 阪急仁川駅前の「しぇからしか」さん以来ちゃうか。
 何か秘密の良い場所見つけちゃった、って感じ。


 新装東部市場が出来ちゃうと、このレトロな方は取り壊されちゃうんかいな???
 焙煎カレーも「マギー食堂」も興味あるし、外側に中華料理屋さんもある。
 これは早急に攻略しなければいけない東部市場なのであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月18日 (火)

京都は西京極ラーメン開拓「笑福屋」さんのらーめん(大)800円

 先月の話、まだ寒かった頃、京都に行って来た、もちろん仕事。
 昼イチのアポだったので、午前中早めに行ってラーメン新規開拓。
 前に西京極ら辺でちょっとぬるくて高いラーメン食わされた時に発見してた店。
 その時は定休日か何かで開いてなかったのよねー。
 この日が開いてるか分からんかったけど、とりあえずリベンジで再度行ってみた。

Cimg7600 場所は高辻通の高辻葛野西通の交差点を南に降りたとこ。
 南から下ると下のように見える。
 駐車場は店の隣に数台分あるので、車で行ってもヨロシ。


Cimg7590 ・笑福屋:らーめん(大)800円

 パッと見、居酒屋さんみたいな雰囲気やが、「一杯入魂!!」と力を入れてるみたいやが、実はそれ程期待せずに入った。
 店内はやはりラーメン屋さんらしからぬ雰囲気で、カウンターと座敷で構成されている。

Cimg7593Cimg7592 メニューこんなん。
 基本、らーめんにチャーシューめん、夜限定で17時しおラーメンも出すみたい。
 このらーめんとラーメンの表記の違いが分からん、「塩らーめん」ではないのか、むむう。
 ☆お得なセットメニュー、ってのもあって、何故かづけ丼セットが1000円てある、不思議やづけ丼…。
 チャーシュー丼セットがラーメン(並)とセットで900円、平日ランチ・セットはライス+温玉で800円。
 通常だとらーめん(並)700円にライス100円温玉50円なので50円のお得になっている。
 最初これにしようかと思ったが、直球で(大)にしてみた、果たしてどんなん出てくるかいな。

Cimg7597 トイレ行って帰ってきたらもう出てきた、それくらいにスピード勝負な感じで一杯入魂の心意気を感じる。
 あれれ、普通すぎるやん、海苔以外は何がどうなってるのか見えにくい。
 探ってみたらボリュームのあるチャーシューとメンマが出てきた、良かった。

Cimg7598 では麺から食べてみよう、ぞぞぞ~~~、中細のストレートか、麺が黄色く感じるのは気のせいか卵のせいかビタミンB2色素のせいか(そりゃないか)。
 細麺ではないが食感はそこそこある。
 スープはと、じゅるり、へぇへぇへぇ、煮干しの香りするやん。
 鶏・豚に魚介ってとこか、とろっとはしてないが、白濁してるスープは塩味の強い醤油ダレ。
 スープはしっかり仕事してるやん、意外な味。

Cimg7599 チャーシューは側に甘辛醤油ダレが塗られており、ほろほろの食感と相まって美味しい、お代わりくれ。
 メンマはその代わり普通。
 なんつーか、力入ってる所は入ってるし、抜く所は抜いてるって印象。

 だから結論から言ってチャーシューとスープはしっかり仕事してるが、麺とメンマは既製品、みたいな感じ。
 でも相対的にバランス取れてて美味しかったと言える。
 何よりそれ程期待していなかったので、その分点数が高くなったってか。


 まだまだ京都の奥は深い、西京極まで行っちゃってるが、まだまだ食べ歩くどー。
 行けたら今月行きたいが果たして。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧