2020年3月24日 (火)

岡山市北区ラーメン新規開拓「麺や 心楽」さんの濃厚煮干しそば/細麺780円(税込)

 こないだの3連休で岡山に行ってた。
 ワタシは昔は岡山なんて通り過ぎるだけじゃ、なんて隣県なのに冷たいことを言ってたが、一度泊まってからえらくお気に入りになり、今ではしょっちゅう遊びに行ってる。

 こないだは広島に仕事で行った帰りに泊まってきた。
 何するという訳ではないが、美味しい物がやたら多い印象がある。
 去年、岡山駅前のどこで呑もうかとぶらついた時に、吉田類さんが入りそうな、えらく気になるお店があったので、入ってみた「鳥好」さんは鳥も美味しいけど、魚やおばんざいがとにかく絶妙に美味い。
 今回行って初めて気が付いたが、店の壁に「ミシュラン掲載店」みたいなことが貼られてたが、ホンマに載ってんやね、道理で何食べても美味いはずや。

 さておき、今回は路面電車が通ってる道のどん突きのホテルに泊まってたので、翌朝、時間潰しに1月~3月期の中でかなり面白いと思って観てる「推しが武道館いってくれたら死ぬ」という岡山のローカルアイドルをモチーフにしたアニメのロケ地を見ようと思って路面電車の道を表町から内山下という交差点を東に折れた道、県庁通りと言うらしいが、ここで朝から開いてるラーメン屋さん発見。
 これはお腹が空いてなくても入らないといかんだろ。

 

Cimg4491
Cimg4478

 ・麺や 心楽:濃厚煮干しそば/細麺780円(税込)

 こちらのお店は何と6時から開けておられるようで、笠岡ラーメンもびっくり。
 そんなに早くてお客さんが来るのか訊いた所、それなりに需要はあるらしい。
 この時は祭日の金曜の朝9時半で先客も後客もなかったが(そりゃそーだろ)。

Cimg4479

 惹かれたのは店の前の看板にある朝煮干しそば550円だったんだが、店内に入ってメニューを見たらこの朝煮干しそばは6時~8時までとある。
 朝の超お得メニューってことか、がくり。
 そこで煮干しそばにするのも芸がないと思い濃厚煮干しそばにしてみた。
 平打ち麺か細麺を選べるというので、煮干しなら細麺かと冒険せずに普通に注文。

 ご夫婦でやっておられるのか、上の朝からやっててお客さん来るのか、という失礼な質問にも丁寧に答えてくれた奥さんの接客も優しい。

Cimg4483

 そうこうしてる内に5分と経たずに出てきた濃厚煮干しそばがこちら。
 おおっとぅ、煮干しなので透き通ったスープを想像してたが、なるほどこういう濃厚さか。
 一杯のラーメンに何gの煮干し使ってます、みたいな感じか。

Cimg4484

 だけど麺から食べる、麺太郎やからな、ずるずる。
 ほー、この細麺、麺がぶりぶりやんか、凄い活きてる麺、この麺がまず美味い。
 では濃厚煮干しスープをいただこう、じゅるり、これ鶏なんか、これも味濃いけど、煮干しもたくさん使ってるその苦みがインパクトあって良いやん。
 濃厚やけど口の中にざらざら感はない、多少醤油ダレが濃く感じるかな。
 でも重厚で味わい深いスープやないか、岡山のラーメンもここまで来たのか。
 メンマ好きのワタシはチャーシューよりまずメンマ、これ歯応えシャクシャクで酸味なくて、醤油のダレの旨味が丁度ええ塩梅。
 チャーシューは炙ってあって、濃い味付けではないが、ちゃんと肉にやはり醤油ダレの旨味が付いてる、最近肉の味だけで食べさせるチャーシュー多いからな、あれと低温調理のチャーシューは毎度々々でガッカリさせられる。
 麺もスープもメンマもチャーシューも全てにおいてワタシ好み。
 いやー、偶然とはいえええ店発見しちゃった~~~。

 店主曰く、朝煮干しそばと煮干しそばは同じ物ではないとのこと。
 そう言われたら朝煮干しに煮干しの食べ比べもしたいし、中華そばもどう違うのか食べてみたい。
 つけ麺とまぜそばは興味ないけど。
 ちょっと駅から歩くと遠いけど、また行こうっと。

 

Cimg4486

 そしてその「推しが武道館いってくれたら死ぬ」、通称「推し武道」に出てくる地下アイドル「Cham Jam」がいつもLIVEしてるのがここ。
 「心楽」さんから歩いて100m程東に行った所にある「おかやまスマイルホール」という。
 ここ毎回出てくるから初めて行った気がせんかった。
 ちなみに本編は次の土曜の深夜が最終回なので岡山チェックな人は観てみるがヨロシ。

| | コメント (0)

2020年3月11日 (水)

JR静岡駅で謎の店開拓「ファミリー食堂 さいとう」さんの大もりラーメン600円

 先週は名古屋に行ったその足で夜は浜松に泊まり、翌日に清水に初めて行った。
 仕事が16時にはハネたので、清水駅周辺をぼらぼらしてたんだが、「清水銀座」みたいな商店街があって、面白そうかとずーっと西に最後まで歩いてみたが、魚の美味しそうな店と、芝居小屋があったくらいで、格別行かねばならんという感じがなかったので、とっとと静岡駅に戻っちゃった。
 やっぱり何やかんや言うても都会っ子なのだ。

 そして軽くラーメンかカレーでも食べて帰るかと駅の北側を探してみたが、中途半端な時間だったので、開いてなかったりとか、食べた店しか開いてなかったりとか、開いてたけど思ったより高かったので止めたりとかで、駅に戻ってきた。
 南側で最近何度か呑む機会があったので、何か面白そうな店があるのではと行ってみたらワタシ好みの店を見付けたので入ってみることにした。


Cimg4416
Cimg4417

 ・ファミリー食堂 さいとう:大もりラーメン600円

 位置関係は上の画像の通りで、要は駅の南口を西側に出て最初の角を右に折れたらすぐ。
 この辺は早い時間から開いてる呑み屋さんや餃子屋さんがあり、メインではないと思うがそれなりに活気のある場所。

Cimg4418

 の、目立たない裏通りなんだが、通り過ぎるにはもったいない雰囲気を持っていたのでショーケースをまじまじ見たら、「らーめんまいう~」と書かれてたので、じゃ、らーめん食べるかと思った次第。
 「店内に多数のメニューが有ります。」と下に貼られてるが、このケースだけでも大概の物が食べられそう。
 上から焼肉丼に玉子丼、ドライカレーにカレーライスに玉子入やきそば。
 中段にチャーハンとぎょうざにハンバーグ定職に焼肉定食。
 下段にチャーシューメンにラーメンにやさいラーメン。
 いささか中華に寄ってるが、まぁ、「ファミリー食堂」と呼ばれるには不足のないメニューかと思われる。

Cimg4423

 いかんせん入ったのが17時前だったので先客不在、TVが観られる場所を陣取り、振り返って入口をパシャリ。
 「らーめんまいう~」のはずが、「当店自慢の餃子をどうぞ!」に変わってる。

Cimg4424

 一方でワタシが座った真ん前では「やきそばがおいしいお店です。」と謳ってる、ドナイヤネン。

Cimg4419

 確かにやきそばメニューは充実しているように思われる。
 「いか不良の為しばらくいか入はできません!」と右端にあるが、右からミックス・玉子入・いか入・いか玉・肉玉・肉入・塩・普通のやきそばに大もりとあるが、どれもそんなに高くはなくむしろリーズナブル。

Cimg4420

 肝心のラーメンメニュー、大もり・わかめ・みそ・みそ野菜・みそチャーシュー・野菜・塩野菜・塩バター・チャーシュー・スタミナ・みそスタミナ・みそバター・ラーメンライスときたもんでい。

Cimg4421

 そして定食メニューはやきそば定食・ラーメン定食・塩焼肉定食・餃子定食・焼肉定食、丼物が焼肉丼に玉子丼とかがある。

Cimg4425

 とにかく大もりラーメン注文して待つんだが、釜の湯温めてるんか、結構時間が掛かってるみたいで、出てくるのに10分は待ってようやく出てきた大もりラーメンがこやつ。
 おおー、メチャメチャ普通やん、これよこれ、こういう何の変哲もない普通のラーメンが食べたかったんや。
 豚骨醤油とか濃厚魚介とかしゃらくさいわ。
 透き通った鶏ガラ醤油か、脂が少し浮いて、ネギにチャーシューにメンマ、シンプルの極みや。

Cimg4426

 では麺から食べてみよう、ぞぞぞぉぉぉ~~~、極細とは言わんが結構な細麺、いいねぇ、こういう麺。
 続いてスープをいただく、じゅる~~~、本当に何がどうやってのが全くないが味付けが上手く出来てて不足感を感じない普通の醤油味。
 甘さを排除してて醤油が少し勝ってる所もワタシ好み。
 チャーシューは分厚いのが一枚だが、これは味が付いてなく、肉の味だけで惜しい。
 メンマはあるあるな酸味で丁度良い濃さ。
 普通のラーメンも結構美味いということか、飽きへん味やね。
 「ファミリー食堂」のラーメンを満喫させてもらった。

 「ファミリー食堂」やけどお酒も呑めるので、次回は賑やか過ぎる呑み屋ではなく、ここで自慢の餃子とおいしいやきそばで呑んでも良いかも。
 定食メニューも多いが単品でもOKみたいなので、肴に不足はない。


 いやー、面白い店やった。
 次に静岡行ったら一軒目で行くな、たぶん。
 入るのに勇気が要るという人には、店内は凄く明るいし年式の割にはきれいなので、心配することは何もないと言っておこう。

 

| | コメント (0)

2020年3月 4日 (水)

またまた福山ラーメン開拓「麺屋 遼太郎」さんの朱〇麺(あかまるめん)800円4辛麺大盛100円

 前回に続いて福山ラーメン開拓。
 今回は珍しく笠岡に行かない回やった。
 初日に倉敷から入って福山駅前でラーメン新規、そっから三原経由で夜に広島入り。
 広島ではこれといって開拓はせず、3日目に福山に戻って、ここで行くことにした。

 お客さんから「この店人気なんだけど、一度食べに行ってよ」って言われたので、それは行かねばならんだろうと、構想半年、ようやく行けた(それくらい笠岡ラーメンへの愛は深いってことよ)。

Cimg4401

 ・麺屋 遼太郎:朱〇麺(あかまるめん)800円4辛麺大盛100円

 場所はJR福山駅の南側の通りをずどーんと下りて、5分程車で走った沖野上町4丁目(西)という交差点を北東に3分ってとこか。
 ばら公園の南側とも言えるか。
 幹線道なので車の量は結構多い。
 そして、ここは車で行く店なので駐車場は店の左側の通りにいくつもあるので、絶対お店の駐車場に停めましょう、車の客はどこの駐車場に停めたかお店の人に訊かれるのでな(相当近隣からの苦情が多いと思われる)。

Cimg4405

 何食べて欲しいとかってのは言われてなかったんだが、店の前の看板を見ると辛ねぎ麺と遼太郎麺と朱〇麺にみそ麺の4つがあるみたい。

 この時は早めに着いて、11時半くらいだったんだがカウンターは全て埋まっており、1人待ってたがすぐに空きが出来て、ワタシは3分も待つことはなかった。

Cimg4402

 カウンターに座って改めてメニュー確認。
 普通は店の名前を冠した遼太郎麺を頼むんだろうけど、当店イチオシ!ってなってるし、激辛でもありそうなので、ここはイチオシに乗っておくことにした。
 この朱〇麺は最高30辛まであるそうで、それだと280円増しって言ってたっけか、スイマセン覚えてません。
 無難に無料の範囲の4辛にしといた、辛過ぎたら味分からんし。

 まとめて4人分くらいを作るのか、中華鍋に袋からもやしを開けて他の野菜も入れて上手に中華鍋を振る、流石にプロやね。
 待ってる間にみんな何食べてるのか見てみたら、お店の言う通り、当店イチオシ! は伊達じゃなく、真っ赤なラーメンを食べてる人は多かった。

Cimg4403

 そうして5分くらいで出てきた朱〇麺大盛がこちら。
 紙エプロンをくれるので、着けてから食べないとY-シャツに飛び散っちゃあ目も当てられんぞ。
 うむ、赤いねー、唐辛子の原形が4・5本入ってるのも見た目のインパクトもある。

Cimg4404

 今回は上のもやしをもぎゅもぎゅ食べてから麺を食べる、ずるずる、麺の形は細めの平打ち麺なので尾道ラーメンの麺みたい、ただし茹で加減が若干甘く、既にだらしなくなってる。
 スープはどれくらい辛いねん、ぞぞーっと、豚に醤油ベースで辛さは辛味油で調整してるんかな、4辛は辛いのが苦手な人が必死で完食するくらいのレべルで、ワタシなら汗もかかずに食べられそう。
 具材はもやし一袋分くらい入ってんのかな、あとニラとニンニクが時々出てくる。
 そんで意外だったのがコロチャーで、これが結構入ってるんだよ。
 熱いし辛いんだけど、肝心のスープが薄っぺらい。
 簡単に言うと旨味が化調っぽいんよねー、福山の人ってラーメン好きだと思ってたけど、この店入っちゃうんや、ふーん。

 ということで、頭を傾げて店を出たワタシ。
 午後からここを紹介してくれた人と会う予定だったので、行ってきたと話をすると、どうったったかと訊くわな当然。
 で、正直に旨味が薄っぺらいと言うと、帰ってきた答えが「ですよねー!!!」であった。
 何や、お勧めで紹介してくれたんとちゃうんかい(笑)。
 この人は自分で食べてワタシと似たような感想を抱いたらしく、なのにお客さんは凄く入ってるのが不思議で仕方なかったので、ワタシに行ってくれ、ということらしかった。
 それ早く言ってくれ、最初メチャメチャ気を使って話したがな。


 ワタシはそう感じたけど、非常に人気店であるので、ワタシの舌がへっぽこなのであろう。
 まぁ、辛いのが好きな人は行ってみるがヨロシ。

 

| | コメント (0)

2020年2月28日 (金)

遅まきながら福山ラーメン新規開拓「中華そば そのだ」さんの中華そば600円麺大盛100円

 先週行ってきた広島は福山のラーメン開拓。
 先週は岡山の倉敷から入って、在来線で福山まで来てお昼を摂って、そこから更に三原まで乗り継いで、最後は夜に新幹線に乗って広島まで行った。
 笠岡で降りて笠ラーしても良かったんだが、時間の問題で福山でお昼にした。

 この店は3年くらい前にオープンしたと思うが、夜の〆でラーメン食べるなんて恐ろしいこと今はしないので、昼に福山駅前に行くということがほとんどないから長らく放置していた案件、ようやっとチャンスが巡ってきた。

Cimg4395
Cimg4396

 ・中華そば そのだ:中華そば600円麺大盛100円

 場所はJR福山駅南に出て天満屋の東のアーケード入ってすぐ、迷いようがない。
 看板にはシウマイって書かれてるが、シウマイも美味しいんかいな。

Cimg4398

 入口は右と左にあるが、正しくは右が入口で左は出口である。
コの字の店内で入って右手に券売機が券売機があって、厨房を中心にぐるーっと回り込むことになる。
 奥にはテーブル席もあったが、基本カウンター。

Cimg4397

 メニュー改めて見たら、台湾ラーメンに油そばは今風で、定食はシウマイに唐揚げに魯肉飯がある。
 注目すべきはラムパクチー炒飯であろう、これ食べたい。
 ワタシの中華呑みの絶対的な一品、蒸し鶏もあるし、パクチーよだれやっことはいかなるメニューか、なかなか呑ませそうな店や。
 今度夜行っても良いかも。
 でも中華そばの実力が知りたいので、スタンダードに中華そばを麺大盛で注文。

Cimg4399

 お昼ちょっと時間ずれてたので、待つことなく出てきた中華そばがこやつ、おっとぅ、尾道ラーメンだったか。
 豚清湯に小魚の出汁に背脂ごろっとか、最近尾道ラーメンによく当たるな、流石広島。

Cimg4400

 では麺から食べるぞ、麺太郎やから、ぞぞぞ~~~。
 うん、この細めの平打ち麺はしっかりした食感で、伸びるという感じがしない。
 そこに絡むスープはと、じゅるり、豚に小魚特有の苦みを感じるがそれがベストマッチ、醤油の当たりが少し強めなのも合ってるし、麺との相性も良さげ。
 でろりチャーシューはラーメンと同じ醤油ダレで煮込んだと思えるようなじんわり醤油感が出てくる。
 メンマはシャクシャクしてて食感が心地良い弱酸味で箸休めになる。
 総合的にバランスが取れた一杯だと思った、良く出来てる。

 うむ、何度も言うが美味しい尾道ラーメンは尾道以外にある。
 ここもそんなお店やな。


 シウマイ気になるので、福山泊まりの時はシウマイと蒸し鶏で一杯やるとするか、最近ずーっと「自由軒」さんばっかりやったからな(吉田類さんの「酒場放浪記」に出たことのあるお店)。

 

| | コメント (0)

2020年2月17日 (月)

福井続編ラーメン開拓「ラーメン 多弐家」さんの醤油 太麺800円

 福井続き。
 しやくそ食堂でソースかつ丼とおろしそばのセットを食べて、でもやはりミニでは腹が持たん。
 なので近所のラーメン屋さんをスマホン検索したら、しやくその西側の路面電車の通りに二軒あることを発見したので行ってみた。

Cimg4376
 東側の店はおされなラーメン屋さんでバジルがどうたらこうたら書かれてあったような、そういうの興味ないので、その南西の信号の角の店に行くことにした。


Cimg4377_20200217215201

Cimg4378_20200217215201

 ・ラーメン 多弐家:醤油 太麺800円

 上の画像の矢印の奥の方が飲み屋街になってて、魚の美味い店紹介してもらって行ったのが2年くらい前か。
 お昼に来たのは初めてなので、ラーメン屋さんの存在も気に掛けてなかった。

 植え込みにメニューがあるが、このメニューの価格は古いので、正しい価格はお店に入って券売機で確認してくれ、100円くらい上がってる。

Cimg4381

 これが入ってすぐにある券売機。
 醤油と塩と味噌豚骨に極み鶏がラーメンの種類。
 小さい店だけど種類多いな。
 それに太麺や細麺が選べて大盛や替え玉がある。

Cimg4379

 ただしこのようにラーメン頼んだ人はランチタイムはご飯1杯サービスなので、昼は大盛も替え玉も要らないと思う。
 しかし、最近こんなサービスどっかで見たような、ああ、東静岡の鶏白湯ラーメンやったな。

 初めての店ではフラッグシップメニューを頼む、ということで醤油の太麺をチョイス。
 800円は高いと思わんことないが、ご飯1杯サービス込みの価格ならこんなもんかと納得。

Cimg4382

 13時前くらいだったので、前客1人と2人組、なのでそう待つことなく5分で出てきた醤油がこちら。
 えー、全然想像してたのと違う、これは濃厚豚骨じゃないのか???
 ご飯を盛ってパシャリ。

Cimg4383

 ラーメンのみも撮っておく、パシャリ。
 シンプルにでろんとしたチャーシューにメンマに鳩の卵、いやうずらの卵、とネギ。

Cimg4384

 どんだけ太麺かと見てみたが、それ程太いという訳ではなかったが太麺の範疇であろう(ドナイヤネン)。
 シコシコ麺でエッジが効いてたような感じで結構好きよ。
 そしてスープはやっぱり濃厚な豚骨で脂も結構ある、極み鶏っていうメニューがあるから鶏も使ってるんかもね。
 しかし醤油っていうから醤油ラーメン想像したら全然違うので気を付けましょう。
 東静岡の時も思ったが、あれは濃厚鶏白湯やったが、ここのこういうスープもご飯食べにくいんだよなー。
 チャーシューが肉々しかったので、ご飯のおかずになったが、なかなかこのスープでは食べにくいとワタシは思う。
 なのでテーブルにあった豆板醤でご飯食べたくらいよ。
 東静岡でも思ったが、漬物があれば美味しく食べられるのにと。

 ちゅうことで、今回は東静岡からずいぶん遠い所に来たが、鶏と豚とで味は違うが、麺の太さやご飯サービスとかで、フラッシュバックしたような店やった。
 濃厚ラーメンが好きな人には良いかもね。


 しやくそ食堂の回でも述べたが、なかなかお昼にここに来ることがない。
 行くなら金沢やし、行かないなら武生やし。
 まぁ、また機会を作って行ってみたい福井市内である。
 駅前凄い進化してるしな。

 

| | コメント (0)

2020年2月 9日 (日)

本竜野でラーメン開拓「ご馳走ごはん あの頃」さんの俺のみそ醤油らーめん858円(メニューには780円と書かれてるが実は外税)

 先日兵庫の奥の素麺の里に行って来た、たつの市ね。
 この辺は揖保の糸とか醤油屋さんがいっぱいある。
 駅で言うと本竜野、姫路から姫新線で20分くらい、ハッキリ言って何がある訳でもなく、何もないと言っていい。
 そこでお昼を食べることになったんだが、車なら何かしら店はあるんだろうけど、徒歩なので選択肢がない。

 駅西側に出て南北の幹線道の県道437に当たったら、そこを南に行くとマック○バリューとかあるんだが、今回は北に中華料理屋さんがあったのでそこを目指した。
 しかしその目的の中華屋さんの隣に気になるメニューのお店があったので、そこに行ってみることにした。

Cimg4386

Cimg4387

 ・ご馳走ごはん あの頃:俺のみそ醤油らーめん858円(メニューには780円と書かれてるが実は外税)

 下の画像にあるように駅との位置関係はそんな感じ。
 歩いて5分は掛かるが10分もイラン。

Cimg4388

 気になったメニューとはこれ、「和食店のらーめん しょう油らーめんでもみそらーめんでもない新しい味 みそ醤油らーめん」。
 和食店のらーめんはどうでもええけど、しょう油でもみそでもない新しい味というのに惹かれた。
 
 12時ちょい過ぎに入ったが、実に昭和ノスタルジックなお店。
 玄関で靴脱いで、下駄箱に入れて、真ん前のカウンターの端が空いてたので、そこに座る。
 店内は昭和ノスタルジックな割りには何故かテーブルに椅子席で変な感じ。
 仮面ライダーの変身ベルトとか、「仮面の忍者 赤影」のポスターとか、そんなのが店内に一杯貼られてた、確かに「あの頃」だわ。
 店主はおいくつくらいかな、60前くらいかな、結構いかつめかと思いきや、実は親切やったような。

Cimg4391

 みそ醤油らーめんのメニューこんなん。
 誕生秘話ってたいそうに書いてあるが、要は自分が食べたいラーメンがなかったから自分で創ってみたら、1年半かかったという話。
 特徴は以下。
 ・麺が違う! スープが違う!
 ・発酵食品で作った「みそ醤油のタレ」なので、健康的でヘルシー。
 ・胃もたれしない、あっさり系!
 ・ご飯やから揚げとの相性は抜群!
 なんだそうだ。
 だからみそ醤油らーめん単品で注文した時、俺のみそ醤油らーめん+から揚げ2個セット960円と下におすすめの2点セットと強調されている、実際店主にこれお勧めされた。
 だけどこれ960円じゃなくて実は税込1056円やからね。

Cimg4392

 お客さんは意外と結構居て、みんな弁当みたいなの食べてる。
 お隣の女性二人は左上の俺のから揚げスペシャル和膳1180円を食べてた。
 あ、こっちはちゃんと税別って書いてあるやん。
 ピリ辛四川風味のから揚げ定食もあり、要はから揚げが売りなのであろう。

Cimg4393

 結構待つのかと思ってたら、10分程度で出てきた、俺のみそ醤油らーめんがこちら。
 表面にラー油が浮いてるな、みそらーめんらしく炒めた野菜がたっぷり載ってる。
 キャベツにもやしにニラ、ニンジン入ってたかな、忘れた。

Cimg4394

 今回は先に野菜を食べてから麺を食べる、日和った麺太郎。
 おおー、何じゃこれ、メチャメチャ平打ちで刀削麺みたいと言って良いのか、フィットチーネみたいと言って良いのか、加水率は低いごわっとした麺、確かに麺は違うな。
 ではスープはどう違う??? じゅるり、ほー、みそのコクが凄く感じられる。
 醤油って感じはよう分からん、濃厚みそラーメンと解釈した。
 チャーシューは入ってなくて、鶏ミンチが時たま見られる。
 確かに麺もスープもかなり特徴がある、今までに食べたことないような味ではあったので結構満足した。

 そんで会計、その前にワタシがまだラーメン食べてる時にレジで消費税が何とかかんとか前客のサラリーマン2人が言ってた。
 その時は何とも思わず食べてたが、ワタシがレジで会計する時に、店の女の人がレジ用のメニューをひっくり返して消費税込み価格を言われた時には驚いた。
 なるほど、サラリーマン2人はこのことを言ってたのかと納得。
 レジでの会計で店の人が分かりやすいように、通常価格のメニューの裏に消費税込み価格が書かれてた訳、何じゃそりゃ。


 うーん、ラーメンの味はえがったが、会計時の後味は悪かったと言っておく。
 けど確かに新しい味やったかもしれんので、興味ある人は行くがヨロシ。
 素麺は腹持ち悪いので、ラーメン食べてみてもええんじゃないか。
 ま、普通は名物の素麺食べるか、いやそもそもたつの市に行かんか、ナンノコッチャ。

 

| | コメント (0)

2020年2月 4日 (火)

三原ラーメン新規開拓「めん屋 8(はち)」さんの無化調 中華そば580円

 1月中旬に年始挨拶で広島に行ってきた。
 2泊3日で初日は福山、2日目は広島市内、3日目は竹原、その帰りの話。

Cimg4357
 三原経由で新幹線で帰るんだが、いかんせん三原に停まるこだまは1時間に1本くらいしかない。
 なので駅前で時間を潰すことが多い。
 だから「おはぎの店 こだま」さんの唐揚げがワタシの中では日本で三本の指に入るとか言っちゃってる訳だ。

Cimg4358

 この時も「こだま」さんで唐揚げ4つ買って、駅に戻ろうかとふと振り返ると、こんなラーメン屋の立て看板を見つけた。
 「こだま」さんの斜め対面にラーメン屋さんがあるので、そこのことかと思いきや、そこは夜のみの営業なのでこの時はやっておらず、画像にあるように「営業中」ではない。
 じゃ、この奥の細い路地にあるのかと探索したら20mくらいのビルの奥で営業してるのを発見した、なるほどこりゃ分かりにくい。

Cimg4360

 「こだま」さんとはこんな位置関係ね、よく行く三原であるが、この路地は入ったことがなかった。
 建物は昔からあるが、お店自体は最近やられたんだとは思うが。

 

Cimg4359

 ・めん屋 8(はち):無化調 中華そば580円

Cimg4361

 このビルの奥の1階に店がある。
 ぺたぺた「めん屋 8(はち)」って貼ってくれてるから入れるけど、これなかったらかなりハードル高いと思う。

Cimg4363

 到着したのは16時、なのに前客が1人居たのには驚いた(驚くな)。
 お店はこんな感じでカウンターのみの10席くらいか。
 この画像じゃ分からんが、店内は沖縄で、BGMも沖縄民謡みたいなのが流れてる。
 夜が沖縄居酒屋にもなるんかいな。

Cimg4362

 そのカウンターの奥の方に座ってメニュー確認。
 ☆お昼のメニュー☆って書いてるから、やっぱ夜は夜メニューがある訳だ。
 ワタシは無化調に惹かれたので、当然無化調中華そばを頼む。
 ピリ辛とかたっぷりネギとか、甘い手羽煮込みとかは次があれば次の話。

Cimg4364

 待つこと5分、出てきた中華そばを見て想定外に驚いた、見た目尾道ラーメンやないか。
 沖縄とは思わんかったけど、まさか尾道とは。
 確かに尾道ラーメンは化調の塊で、有名店なんかはとてもじゃないが食べれたもんじゃないからな(尾道以外の尾道ラーメンはまじめに作ってて美味しいパターンが多い)。
 それを無化調でやるのか、へぇへぇへぇ。

Cimg4365

 この尾道らしい背脂をかきわけてまずは麺から、この平打ちの固麺は間違いなく尾道のそれや、ずずず、しっかりした歯応えの麺でそれなりに活きが良い。
 ではスープ、その前に上のメニューに書かれているうんちく、舌で感じるより先に頭でいただいてたという。
 「出汁は手羽先・豚肩ロース・キャベツ・ニンジン・白ネギ・しょうが・リンゴ・煮干し・荒けずりぶしなどを5時間以上かけてゆっくりと煮だし。タレは1ヵ月以上ねかせたかえしと野菜・しょうが・ニンニクでチャーシューを煮たものに沖縄産海塩と岩塩で味を整えています。提供する直前に背脂をあぶってこがし風味も!」
 というそのスープとは!? うーむ、ハッキリ言って旨味が全くない。
 よう分からんが、いろんな物が入ってて、動物系と魚介系の味がするのは分かるが、上の出汁の味はワタシにはよう分からん、醤油ダレがそもそも量が合ってるのか、無化調は良いんだが、ならば旨味を何かで補わんといかんと思うんだが、その旨味がない。
 なので尾道ラーメンの化調抜きといった感じのぬぼーっとしたスープ。
 これは好き好きだけど、背脂がメチャメチャ濃くて、途中水飲んだら、コップに脂がべったり付くくらい。
 もやしはシャキッと、チャーシューは柔らかく、野性味ある肉の味。
 麺も具材も組み合わせは悪くないんだが(背脂はワタシ的には多すぎやが)、肝心のスープに味がない。
 だから化調はやはり凄くて恐ろしいと思った次第。

 580円と安価で体に良いのならそれは絶賛なんだが、旨味のないスープでは食べ辛い。
 でもグルソーで舌がべっちょりするのよりは安心ってくらいか。 
 いやー、面白い体験やった。


 これからまだまだ変わっていくと思われるので(変わっていって欲しい)、無化調で美味しい尾道ラーメンになればええのにね。
 まだまだ楽しめる三原なのであった、近日また行きたいぞ三原。

 

| | コメント (0)

2020年1月31日 (金)

東静岡で初ラーメン「鶏白湯専門店 五星村」さんの鶏白湯750円ライス無料食べ放題

 去年から何だかんだと静岡に行き始めてるが、今年も継続していくことになった。
 まぁ、取り組み始めた所なので、何も成果は出てないが。

 ということで、先々週に行った東静岡の話。
 JR東静岡駅って大昔にお台場のガンダムがここにあった時に見に来たことがあったが、それ以来。
 駅はイベント会場かなんかがあるからか、とてもとても巨大。
 駅南側も駐車場はとてつもない台数が停めれそうやし、とにかくこれでもかとスペースが余ってる。
 遠くに高層マンションもあるみたいだし、これから発展していく町なんかいな。

Dsc_3291

 駅南口に出て東側のグランシップという巨大なイベント会場に用事があった。
 この建物がまたどでかくて、中は体育館みたいになってて、イベントも出来る。

Dsc_3286
Dsc_3287

 上層階にはレストランや会議室なんかもあり、10階くらいだったか、から見る富士山がまた美しい。

 それは余談。
 で、お昼をどこで食べるかと、何か人の気配が少ないような町なので、むやみに歩いても何もなさそうなことから、ここは最初からスマホンのナビ機能から検索。
 東静岡駅南口という交差点の少し西にラーメン屋さんがあるようなので、ここに行ってみることにした。

 

Cimg4347

 ・鶏白湯専門店 五星村:鶏白湯750円ライス無料食べ放題

Cimg4336

 その南口交差点からこの店の壁の看板が見えたので、これかと思った次第。
 何と嬉しいことに「ライス無料食べ放題」とあるではないか。
 ここで初めて鶏白湯専門店であることを知った。

Cimg4346

 選択肢も他になさそうだったので、ここに決定。
 二十扉になってて、最初の扉を開いたら、激辛の挑戦者求む! とあった。
 赤鶏白湯の50辛を15分以内で完食するとラーメン代1400円がタダになり、認定証がもらえてアイスクリームがサービス、そして餃子1人前がサービスなんだそうだ。
 まだ仕事中なので、流石にこれには参加せんかったが、もしも機会があれば次回はチャレンジしたい。
 そんで、ここには写ってないが、この激辛の上には、ウチは無化調でやってます、といった謳い文句が貼られていた。

 店内に入ってカウンターは先客が居たので、空いてるテーブル席に陣取る。
 とにかくこの店、外観から見て分かるようにだだっ広い。
 しかし店内は大将(と思われる)一人が作って、お運びさんは外国人の一人の計二人で回してる。
 うーん、繁盛店なら過酷な労働環境やが、この日はそれ程混雑してなかったので、何とか運営は出来てた。

Cimg4339
Cimg4340

 メニュー拝見、ストロボが反射してるはピントは合ってないわでろくでもない画像やな。
 白といかすみを使った黒と激辛の赤がある。
 それにありがちな濃厚魚介つけ麺と担々麺に汁なし担々麺に醤油のスタンダードな中華そばがラインナップされている。
 ここは当然、フラッグシップの鶏白湯でお願い。

Cimg4341

 そんでカウンターにはラーメン注文した人に限り食べ放題のライス。
 まぁ、ラーメンが出てくるまで我慢々々。
 半チャーハン100円ってあったが、ここは経費節減で白ごはんでヨロシイ。

Cimg4345

 店内に貼られたお札の数々、ではなくて、激辛食べた人の認定証が一面に貼られている。
 50辛完食ではなく、5辛完食から貼ってくれるみたい。
 気楽にチャレンジしても良いかも。

Cimg4343

 そうこうしてて10分経たずに出てきた鶏白湯がこちら。
 併せてご飯をよそってきたのがこれ。
 私の第一印象、丼ちっちゃ!!!
 二口くらいで食べ終わりそうな量に見えた。
 縦長ってどうしても残念感があるんだよなー。

Cimg4338

 ここでメニューの最後に「鶏白湯ラーメンの美味しい食べ方」なるうんちくがある。
 STEP①としては、そのまま食べて無化調の旨味とコクあるスープを楽しむ。
 STEP②は揚げネギ入れる、更に柚子胡椒を溶かして味の変化を楽しむんだと。
 STEP③は締めにライスを入れて雑炊を楽しむ、とある。
 撮るだけ撮って読んでなかったが、実践したのは途中で揚げネギ入れたことと、最後残ったスープにご飯入れて食べたことや、何やお店も推奨してたのか。

Cimg4344

 さておき、まずは麺から食べるぞ、麺太郎やからな。
 ほほう、中太の縮れか、これは全く想定してなかった、ずるずる、むう、しっかりした剛麺ではないか。
 スープどんなんやろ、ほのかに魚介の香りもしてるな、鶏と魚介か、メニューには牛骨も使ってるって書いてあったような。
 表面の油の幕が張ってある、なかなか濃そうな、じゅるりと、うむこれは濃厚な鶏のポタージュではないか。
 無化調納得、かなり油も濃いけど嫌いじゃない。
 ただ、このラーメンではご飯のおかずにはならんのだよなー。
 トッピングはカイワレに玉ネギスライスに赤玉ネギのみじん切り、結局油が濃いのでこういう正気に戻してくれる苦さとフレッシュさはありがたいな。
 チャーシューは鶏と豚で、これはあっさりしててバランスを取ってる感じか。
 だからご飯のおかずにならんのだってば。
 ここに漬物があれば良かったのにな、と思う人は私だけではあるまい。
 なので一杯は醤油かけてご飯食べて、二杯目はご飯半分を残ったスープに入れて雑炊にして食べたのは必然(そうか???)。

 鶏白湯が好きか嫌いかでまずは分かれるとは思うが、無化調でやるという心意気は支持したい。
 好きな人は結構ハマるのではないかと思われる、太麺という意外性もあるし、750円でお腹一杯になるし、そないに揚げ足取る所はないような。


 しかし静岡ってここは豚骨ではないが、濃厚なラーメン屋さんが多いという印象は覆らんかった。
 淡麗醤油なんて見たことない、探せばあるんやろうけど。
 まぁ、濃いの好きなので、もし次回来ることがあったら50辛やらせていただきまっス、しばらくないと思うけど。

 

| | コメント (0)

2020年1月 9日 (木)

大阪にもある本場宮崎の激辛ラーメン「元祖辛麺屋 桝元 大阪本店」さんの20辛・レギュラー・こんにゃく麺1026円

 年末年始とぎっくり腰ではあったが、何とか上海にまで行ってきて、4日・5日は腰痛を癒す為、寝て過ごした。
 しかしついに6日の出勤日を迎えてしまった。
 だいぶマシになったとはいえ、50%くらいしか回復してねーし。

 6日はどうしても朝早く挨拶に行かなければいけない会社があったので、5時起きで6時に家を出て7時15分くらいに出勤。
 何とか客先に間に合って、さぁ、今年初のお昼はどこで食べるかと。
 年始の3日はグループでの近郊の客先の挨拶回りなので、みんなで車で移動。
 この時は辛い麺があるので食べに行こうということになった。

 

Dsc_3261

 ・元祖辛麺屋 桝元 大阪本店:20辛・レギュラー・こんにゃく麺1026円

 調べてみたら宮崎の激辛ラーメンだというではないか。
 ここは大阪店だが、他の店は関西のどこかと思いきや、なんと本場の宮崎にあるというので驚くべきことに本物ということになる。
 ワタシが大昔ツーリングで九州を巡ってた時に、宮崎と言えばチキン南蛮と釜揚げうどんくらいの印象しかなかった。
 ところが最近、テレビで宮崎名物激辛ラーメンって取り上げられてるのを観て、宮崎行きたいなと思ってたのであった。
 ナイスタイミングとばかりにこの店へ行くのに乗ったワタシ、しかしまた年始から激辛なのか…。
 実は去年の初日は心斎橋の激辛カレーで、これが本当にシャレにならんくらいに辛くて、食べ終わって30分も経たん内に胃が握られるように痛くて汗が噴き出して死ぬかと思った。
 それは人生3本の指に入るくらいの辛さだったので、まさかそんなことがそうそうあろうはずがないと思い、万全な体調ではないが喜んで行った。

 場所は新深江の交差点を100m程北に上がった所、駐車場はなさそうであった。
 地下鉄で行くと千日前線の新深江駅を出て、東に歩いてやはり新深江の交差点を北に上がる。
 店は近隣がごちゃごちゃしてて分かりにくいが、注意すりゃ分かる。

Img_20200106_113904

 11時からの開店と同時に入店。
 当然空いてたので、入ってすぐのテーブルに陣取りメニュー拝見。
 注文の仕方が分かりにくいんだが、ステップ1として辛さと量を選んで、ステップ2で麺を選ぶらしい。
 辛さは1~5までと6~10、11~15と15~20、そして21~25に26~30、この段階で50円ずつ上がっていく。
 31辛以上は要相談だそうだ。
 ワタシはお昼で1000円以上払うのを好しとしないので、20辛の950円にしたんだが、税込み価格だと1026円であった、ひでぶっっっ!!!
 サイズはレギュラーかレディースを選ぶ、レディースでは物足らんのだろうから、当然レギュラー、ちなみに替玉あり。
 そんで麺を選ぶんだが、一推しはこんにゃく麺だそうだが、何でこんにゃく??? と思ってよく見たらそば粉を使った韓国麺とのことだったので、冷麺の麺と解釈し、それを注文した。

Dsc_3263_20200109210601

 待つこと10分、何かただならない妖気を感じさせる20辛登場、しかも凄く熱そうなんですけど、地獄かこれは!!!
 あ、言い忘れたが最初に店主にニンニクとニラ入れて良いですか??? と言われたので、挨拶回りだからとタカをくくってお願いしたら後でえらい目に遭った。

Dsc_3265

 上に載ってる具材は卵と大きめに挽いたミンチとニラ、そして中にごろっごろに入ってるニンニク、一房くらい入ってたんちゃうか???
 んじゃ、こんにゃく麺から行ってみよう、熱いのでちるちる。
 へー、この麺って冷麺で食べるような麺なので、熱いのに弱いのかと思いきや、なかなか頑丈、結局最後まで伸びた感じがなかったので一推しも分かる。
 スープ20辛どんなんかなー??? じゅるり、ここまで唐辛子が入ってると味が分からん。
 最初もそもそしたスープなので辛味噌なのかと思ったが、唐辛子の粉でもさもさしてただけで、実は透き通ったスープではないかと後から思った。
 これだけ辛いと正直味はよく分からんが、スッキリ醤油ベースのスープだけではないような、少しの酸味があったかどうか、分からん。

 だから具材は卵でニラはニンニクの存在感が強すぎて入ってるかどうかすら気にならんかった。
 そのニンニク、最初はうげげ、と思って思い切って食べたが、熱いスープの中に浸かっているとだんだんほくほくした甘みが出てくる。
 なのでかなりの数のニンニクが入っていたが、結果的にすべて完食。
 辛さは確かに辛いが、食べられない程の辛さではない、ハバネロとか入れたら食べられない辛さになっちゃうけど、これはキムチ漬けるような辛くない方の唐辛子だと解釈した。
 なので、辛いけど美味いという一杯になっている。

Dsc_3266

 という訳で、スープもニンニクも残さず全て美味しくいただきましたー。
 なんだけど、流石に一房くらいのニンニク食べちゃったので、コンビニで400円くらいのブレスケア買って辛みの緩和にヨーグルトドリンクも買ったので、結果お昼に1500円も使ってしまったのであった、なんのこっちゃ。
 そしてこの翌日、京都に同じメンバーで挨拶回りに行ったのだが、偶然通った道で同じようなコンセプトの店を発見。
 パクりかと思いきや、その店は宮崎で修業して京都にオープンした真似でも何でもない正統派であったようだ、今度行こ。
 これからは宮崎系の激辛ラーメンが流行るかもよ、シビ辛はもう古い!!!


 ちなみに翌朝トイレに行ったら、汚い話で恐縮だが、血便がドバーっと出たかとかなり焦ったことだけは言っておく。

 

| | コメント (0)

2019年12月24日 (火)

豊橋ラーメン開拓「ラーメン専門店 らーめん亭」さんの味噌ラーメン(大盛)850円(税込)

 先日ちょっとぶりに豊橋に行った。
 いつもは名古屋のディーラーさんとお昼を食べるんだが、この時は渋滞に巻き込まれてお昼時に着きそうにないというので、先に食べてくれと。
 うーん、困った、豊橋駅前って何もないんだよなー。

 ところで新幹線の東西に走ってるから駅も当然東西にあるもんだと思ってたが、今地図見てみたら、豊橋は南北にある。
 そういや岡山も名古屋も南北にあるような、知らんこと多いよなー。
 ということはワタシが豊橋の駅裏で全く何もないと酷評してるのは西側出口で、駅前アーケードはあるけどやっぱり何もないと罵ってる(ヲイ)のが東側出口ってことになる。

 さて、どこで食べようか、ああ、そういやそういうお一人様の時に食べようとキープしてたラーメン屋さんがあったではないか。
 一緒に行くならもっと豪華に食べるが、一人なのでラーメンで丁度良いではないか。

 ということで東側の出口を出て陸橋渡ってエスカレーターで降りてUターンしたら青いコンビニがあるので、その手前のビルの隙間に行くとある。

Cimg3820
Cimg3821

 上が駅から歩いて行った場合で下が駅を見た場合、だから駅からだと5分も掛からんよ、分かりにくいっていうか、一応駅前だけどあんまり人通りある通りじゃないから分からんってより知らないかも。

 

Cimg3822

 ・ラーメン専門店 らーめん亭:味噌ラーメン(大盛)850円(税込)

 結構ビルの奥のどん突きにまで行くのには勇気が要る、まだ昼は良いけど夜は一見さんは入りにくいと思うなー。

Cimg3823

 カウンターだけのお店で、入って右手の角に座ってメニューをパシャリ。
 へー、フラッグシップに味噌が来てるやん、珍しいな。
 他はしょうゆに塩で、トッピングはそれぞれにバターにモロコシにチャーシューか、ギョウザは8ケ350円でライスにビールもあるので、ギョウザ定食にビーギョも可能ってことやね。

Cimg3824

 12時少し過ぎに着いたが先客1名(確かに入るの怖い店かも・笑)、味噌大盛で頼んで出てくるのに5分ってとこか。
 確かに薄暗い店内に大将が鎮座してたら入るの勇気要るわ、ははは。

Cimg3825

 新聞見る間もなく出てきた味噌ラーメン(大盛)がこやつ。
 お、ちょっと赤味噌っぽいの???
 でかいチャーシュー2枚にメンマ、少しのもやしに少しのわかめか。

Cimg3826

 やっぱり麺から食べる、ずずず~~~、細めの麺はちょっとヤワい、カタでって言えば良かったかな。
 これかなり麺のボリュームあるから、1.5玉の大盛じゃなくて2玉の大盛みたいな感じ。
 しかしどっかで食べたことのあるような味やなー。
 スープをじゅるり、ははは、なるほど。
 梅田の阪神百貨店地下のスナックパークの味噌ラーメンにそっくりな味なんよ、色は少し違うけど。
 まさか豊橋で同じ味に出会うとは。
 そんで食べ進めると、旨味の素が強すぎて、旨いどころか、甘く感じちゃうこの素晴らしい調味料。
 久しぶりに大量摂取したから甘くて旨くて、なるほどと感心した次第。
 チャーシューはでろんとしてるが、噛むとじんわり醤油の味が染みてくる。
 メンマはその辺のメンマ、ワタシはその辺のメンマが大好きなのでウェルカムよ。

 この懐かしい味噌ラーメンをスープ一滴も残すことなく完食してしまった。
 最近、梅田でどうこうすることなんてすっかりなくなったからなー。
 こういうのは美味いとか不味いとか超越してる、嫌な奴は食べるな!!!って感じか。


 これで豊橋ネタは歩いていける所にはもうないか、ずーっとアーケードを東に抜けたらまだ何かあるのかな。
 それか知らない内に新店がオープンしてるとか???
 豊鉄駅ビルのスガキヤさんが店閉めちゃったから食べるとこなくなっちゃったやん。
 スガキヤさんの代わりに二郎系の店が入ったが、流石にそりゃねーだろ。
 一応、年明けにまた行くけど、今度はディーラーさん一緒に来てちょーだい。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧