2021年1月 5日 (火)

京都老舗中華そばと謎のメニュー「篠田屋」さんの中華そば(大盛)650円・皿盛750円

 昨年末、仕事が終わった翌日、京都に行ってきた。
 とりたてて目的があった訳ではないが、その後は家に引きこもる為に、年末の風情でも感じておくかというのと、美味いもんでも食べ納めするかというくらい。

 京都と言えばやはり「京都ラーメン」であるが、ワタシは仕事で行ったついでに食べてたので、基本駐車場がない店には行けてない。
 だからあんまり中心地は行ってないのが実情。

 そんな中でこの店は永らく行けてなかったが、今回ようやっと行ってみることにした。
 場所は三条大橋を西から東に渡ったとこ、京阪&地下鉄三条駅にブッ〇オフがあるのでその並び。

 

1229
Up_20210105211802

 ・篠田屋:中華そば(大盛)650円・皿盛750円

 まずは店構えから昭和の佇まいで実に味わい深い。
 人通りの多い場所ではあるが、それにしてもお客さんの多い人気店。

Photo_20210105211701

 店の前にメニューというか、食品サンプルのサンプルないようなのが出てて、そもそもが中華そば・うどん・そば・皿盛と書かれている。
 上段左からデラックス丼800円に皿盛750円、中華そば550円、下段にたぬき600円ににしんそば650円とある、にしんそば良いねぇ、京都っぽくて。
ちなみにデラックス丼とは天ぷらに玉子に肉が入っていろいろな味がミックスされておいしいとか。
 皿盛は後述、たぬきはこれまた京都らしくきつねのあんかけしょうが風味で身体がぽっかぽかにあったまるらしい。
 きつねそばのたぬきではなく、もちろん天かすの入ったたぬきでも当然ない。

Photo_20210105211702

 ではがらっと入ってみる。
 この時12時ジャストくらいか、でも小上がりとテーブル席が空いてたので、厨房に近 いテーブル席に陣取る。
 本当に使い込まれた良い味が出てるんだよなー。
 広島の竹原にあった「一富士食堂」さんならこのお店に対抗できたけど、数年前に火事でなくなってしまったのが惜しい。

Photo_20210105211801

 改めてお品書きを確認、品数多いよなー。
 気になるメニューはいくつもあるが、とにかくスタンダードな中華そばと皿盛なるメニューは食べないといかんだろ。
 しかし何で中華そばを大盛にしちゃうかな、これはもう習性としか言いようがない。

 先客が結構多くて、10分程待ったが、お品書き及び店内を見てるだけで時間はあっという間に過ぎた。

750_20210105211801

 そうして出てきたまずは皿盛がこちら。
 ふむふむ、ライスの上に豚カツが載ってて、カレーうどんのお出汁(あんかけ)がでれっとかかってるのか。
 上でオリジナルメニュー①と書かれてたが、確かにオリジナルだわ。
 福神漬けが添えられてることからカレーはカレーやな。

Up_20210105211801

 ソースや七味をかけてもOKとあったが、ここは普通にいただく、もぎゅっと。
 カツは平たく伸ばした感じ、そこはたいした問題ではなく、このカレーうどんのお出汁とご飯の相性やろ。
 何とも言えん出汁感のカレーあん、合う合う合う。
 カツはボリューム要員やね、あるとなしとでは見た目も実食しても全然違う。
 皿盛というネーミングが謎やが、昭和のセンスには驚かされる秀逸なメニューや。

650_20210105211801

 間髪入れず出てきた中華そば(大盛)、これは先にコショーが振られてるので、要らない人は最初に抜いてくれと言うらしい、けどこれもそのままいただく、それがこの店の味なんやろう。

Up_20210105211701

 では麺から食べる、ずずず、細めのストレートで変化球ではなく直球ど真ん中って感じ。
 そしてスープいただきまーす、じゅるっと、おうおう、少し重めの鶏ガラスープって感じか。
 これもド直球やね、懐かしの中華そばとはまさにこれか、って感じ。
 チャーシューはモモか、一枚脂乗ったバラがあったような。
 これは醤油ダレを取りました、みたいな感じで、脂のノリはないが、昔の中華そばってこんな感じやん。
 メンマはじんわり程良い味付けで、箸休めにピッタリ。
 緑のネギが彩鮮やか。

 いや、これは貴重な味よ、「京都ラーメン」という概念とは違うけど、「京都ラーメン」以前の京都のラーメンって感じ。
 皿盛もお客さんの半分は頼んでたんじゃないかという人気メニューで、確かに名物だわ。
 先客の親子が中華そばと皿盛を両方頼んでるのを見たが、それも納得。
 かくいうワタシもその内の一人であったが、こりゃ両方食べて全然OKでしょう。
 ただ次回はにしんそば食べてみたいかな。

Dsc_4323
Dsc_4324
Dsc_4325

 その後、「たまこマーケット」の舞台の出町商店街に行ってみたが、歩いて行くとかなり遠いわ。
 帰り四条まで歩く気にはとてもならんかったから。


 ということで、昨日から昨日から出勤であったが、明日から在宅。
 流石にここまで増えると外出るの怖い。
 しばらく外出もままならんので、行って良かった京都なのであった。

| | コメント (0)

2020年12月 8日 (火)

金沢の超人気味噌らーめん「麵屋 大河」さんの味噌らーめん750円大盛100円

 プライベートと仕事でちょこちょこ国内移動しているが、9月が新潟、11月は北陸と広島と九州と青森、今月は熊本と長崎と佐賀と福岡に行った。
 我ながら大丈夫かと不安になる。
 今日は姫路に行ってたし、怖い怖い。 

 ということでこないだの先月の半ばに北陸に行った続き。
 初日は武生で昼にミニボルガライスを食べて、池上遼一センセの特製ボルガカードをもらったことは既に述べた。

Dsc_4134
Img_20201112_192842
Dsc_4135

 その日は夜に金沢まで移動して、夜は片町の吉田類さんも行ったお店(ワタシも金沢に行けば必ず行く)「赤城」さんで初物のカニの香箱を食べた。
これが身がギッチリ詰まっててメチャメチャ美味かったんだわ。
 日本酒2合呑んで勘定5000円くらいやったから香箱で3000円くらいかな、時価やったから分からんが。

 そんで翌日が金沢営業、午前中終わってお昼どこで食べようか。
 金沢駅前に居たんだけど、駅はもう珍しい物はない。
 なので、鼓門の方に出たら何かしらあるのではないかと、スマホンのGPSでチェック。
 近江町市場に行く方とは違う、北東に行くとラーメン屋さんがあるみたい。
 歩いて5分で発見、ところが5人くらい並んでた。
 ワタシ並ぶの嫌いなのでスルーして、駅北の線路沿いに更に5分程歩いたら「ご当地ラーメン」という店があったので、金沢の地ラーメンかと期待して行ったらこれが大違いで、和歌山や博多や熊本や家系やととにかく節操がない。
 ここまで来て他所のご当地食べても仕方ないので、さっき並んでてスルーした店に戻ることにした。

Cimg5288_20201208235301

 ・麵屋 大河:味噌らーめん750円大盛100円

 だから場所は鼓門から北東へ歩いて5分くらい、道路に面してる訳じゃなくて、一本入らないと行かんのでお気を付けて。
 幸いなことにさっき5人くらいだったんだが、往復して帰って来てもまだ5人待ちだったので、この列に並ぶことにした。

Cimg5289_20201208235301

 何のラーメンか知らんかったのだが、並んでるとメニューが回ってきた。
 味噌ラーメンの店らしい、へー、そうなんやー。
 とりあえずフラッグシップメニューを頼めば間違いあるまい、ワタシ的につけめんはあり得んし。
 後からバイトのおねいさんが注文を訊きに来てくれたので、味噌大盛と注文。

 しかしここからが長い。
 なっかなかお客さんが出て来んのよ。
 この日は繰り返すが11月中旬だったけど、メチャメチャ天気良くて暑かったくらい。
 隠れる所がないので日差しがキツイ。
 そんで何人か出ては来たんやけど、なかなか進まない。
 理由は店の中に入って分かったんだが、カウンターだけの店なので席が3席空いてようとも次の客が4人組だったら後ろの客を飛び越して案内は絶対しないのよ。
 だからガチで順番通りに入らなければいかんので、列がなかなか進まない訳だ。

 結局20分くらい待ってようやく入店、よう辛抱したわ。
 この時既に12時50分くらい。
 けど恐ろしいのはこの後ワタシの後ろに並ぶ人がどんどん増えてきてたこと、この時間でどういうこっちゃ???

Cimg5292

 店内はこんな感じで、一直線にカウンター、ちゃんと間仕切りされてて、意識は高くて良かった良かった。

Cimg5291

 座るとまずは野菜ジュースが一口分出てくる。
 要するに炭水化物を摂る前に野菜ジュースを飲んで血糖値の上昇を抑えましょう、ということらしい。
 珍しいサービスやな。

Cimg5293

 そうして座って5分も経たずに出てきた味噌らーめんがこやつ。
 おお、低温調理のチャーシューがでろん、その上に生姜、極太メンマに柚子、それに青のりか。

Cimg5294

 でも麺から食べる麺太郎、黄色の縮れ太麺、典型的味噌ラーメンやな、青のりが絡んでる、ぞぞぞ~~~。
 うむ、ごわっとしてるがムッチリもしている、後になると馴染むな。
 ではスープはと、じゅるり、これまたニンニクと生姜のパンチのあるコク旨味噌って感じか。
 味噌ラーメンの反則さをよく表してるスープやな。
 青のりは香りが良くて濃くてクドイ味をサッパリさせる、柑橘系も一緒。
 でろんチャーシューは結構なボリュームで噛み応えあり、旨味がじわっと来る。
 極太メンマはこれ好き、追加トッピングなら間違いなくメンマや。
 ラーメンとしてはとかく味が濃いし、しっかりし過ぎてるので、一回食べたらしばらくイランという感想。

 と、ワタシ的にはよくある普通に美味しい味噌ラーメンで、ここでなければいけない理由は何もなかったんだが、店出た後の行列が超凄い。

Cimg5295

 逆方向から撮った時はざっと15人にまで列が伸びてる。

Cimg5296

 そして道路側から撮ろうとしてたらまた人が並んじゃって、20人くらいになっちゃった。
 この列の最後やと食べるの2時間後になっちゃうよ。
 正直そこまで並ぶなら別の店行くけどな、と思った次第。
 並んで食べるのが好きな人は良いかもね。

 でもバイトのおねいさんの接客は気持ち良く、店内の意識も高かったので良い店だったとは思う。
 しかし最初から15人並んでたら絶対食べない、そういう感じかな。
 あ、また大勢の人を敵に回した感があるけど、気にしない気にしない。

 
 この1週間後くらいに青森で以前UPした「味噌カレー牛乳ラーメン」を食べることになるんだが、今から考えたらこのお店の方が50倍くらい美味かったので、やっぱ人気店でしょう。
 しかし味噌ラーメンって今人気してんのかね、ウチの会社の近くでも最近よく食べるし。
 まぁ、「味噌カレー牛乳ラーメン」に比べたらどこでも美味しいわ(あ、青森県民を敵に回してしまった)。

 

| | コメント (0)

2020年11月27日 (金)

これが名物なのか…青森市は「味の札幌 大西」さんの味噌カレー牛乳ラーメン(バター入り)880円

 先週の土曜から今週の火曜まで青森に行ってた。
 目的の一つは有給の消化、全然使ってないからねー。
 そんで9月に新潟行った際に、あまりに良かったので、日本も捨てたもんじゃないと再考した訳。
 10月に入って11月の3連休を発見し、ここに1日足して4連休にして東北に行こうと考えた。
 何で東北かと言うと、南は、つまりは九州は年明けからワタシの営業エリアになるから。
 現に青森行く前の19・20日は引継ぎで博多から佐賀に行って、そんで博多に戻って新幹線でウチに戻ってきたし(そんで翌朝神戸空港まで行ったので、家の滞在時間は12時間であったが)。
 なので目指すは東北、20年以上ぶりの青森。
 何で青森かというと、感染者が当時少なかったから。
 そうして早々と飛行機のチケット押さえた矢先に弘前でクラスターが発生し、どうなることかと思ったが、時間薬が効いて来たか、ワタシが行く頃には連日感染者ゼロとなった、良かった。

Cimg5343

 先週末から全体的に感染者は増加していたが、早々に飛行機のチケット買っちゃってるので、行かないという選択肢はなかった。
 ちなみに神戸空港往復で25000円くらい、新大阪~東京間の新幹線往復より安い。

Cimg5345
Cimg5589

 11月21日(土)神戸11時45分発、青森13時20分着、近いねぇ。

Cimg5347

 空港から市内行きのバスの発車が遅れ、青森駅に着いたのは14時半、駅東側歩いて200mくらいのホテルにチェックイン。
 ちょっと時間は中途半端になっちゃうけど、一食目は何食べよう。
 やはり楽しみにしていたあのラーメンを食べに行ってみるか!!!

 

Cimg5348
Cimg5349

 ・味の札幌 大西:味噌カレー牛乳ラーメン(バター入り)880円

 青森の煮干しラーメンとどっちか悩んだが、泊ってたホテルに近かったのでこっちにした。
 場所は青森駅前のメイン通りを東に歩いて300mくらい、100円ショップの角を南に下って更に200mくらい歩けば見つかる、目立つ店やからね。

 泊ってるホテルの前にもこの「味噌カレー牛乳ラーメン」って書かれた看板が見えたし、 道中もちらほらあったので、結構青森の人に受け入れられてる味なんだと改めて認識。

 着いたのは15時、二重扉になってて、一つ目入って消毒、そして店内に入るんだが、 何とこの時間でも満員で、まだマシな方だと思うが、レジ前に3人くらい座って並んでた。

Cimg5352
Cimg5350

 注文は謎の味噌カレー牛乳ラーメン(バター入り)一択なんだが、一応メニュー確認。
 外で撮ったメニューの方が見やすいかもね。
 普通のラーメンもやってるみたいだけど、お客さんの食べてるの見たら、ほぼこの味噌カレー牛乳ラーメンみたいよ。

Cimg5351

 店内はまずは入口のコの字のカウンターに厨房前のカウンター、そして座敷が結構広い。
 これ土曜の15時で満員って凄い人気やないか。
 でも流石に時間なので、食べ終える客が多くて10分程の待ち時間で厨房前のカウンターの一番端、即ちレジ横の席に座れた。
 間仕切りなしなので密っちゃ密やけど。

Cimg5355

 更に待つこと5分、その間何故か梅干しがサービスで置かれてるので、唾液を出させる為に3個くらい食べた。

Cimg5356
Cimg5357

 そうして出てきた味噌バター牛乳ラーメン(バター入り)がこやつ。
 味噌ラーメンらしくもやしがたっぷり、その上にバター。

Cimg5358

 では先にもやし食べてから麺食べるか、わかめ戻ってないけどこれは愛嬌か。
 うわっっっ、そうだろうなとは思ってたけど真っ黄っ黄ぃな麺やないか。
 中太の弱縮れ麺、スープが飛び跳ねないように気を付けてぞぞぞ~~~。
 うーむ、何というかビビっと来んな、ありきたりで札幌ラーメンのステロタイプ。
 スープは麺食べた時点でだいたい分かったが改めてじゅるり。
 あうー、まずはラーメン自体がぬるい。
 そんでスープが弱い、その上味噌も弱いしカレーも弱い、牛乳も弱いし、弱々。
 ついでに言うとチャーシューもメンマも弱い。
 ワタシこの美味さが分からん。

 後客のを作ってるのを見てみたが、まず丼に味噌ペーストを入れて(一味入り)、次にカレー粉かカレーペーストみたいなのを入れて(遠くて見えにくい)、それを常温の牛乳で溶く(牛乳パックから直接入れてた)、この時点でぬるいわな。
 そしてフライパンでもやしをスープで炒め煮したそのスープを丼に注ぎ、麺が茹で上がったら麺を丼に入れて上からもやし等トッピング。
 これお客さんと一対一で作るんならまだ熱いのが出てくるかもしれんが、4人分くらいをまとめて作るのと、麺が太いので茹で時間掛かるからどうしても丼にスープを注いだままで放っておく時間が長くなる、これがぬるいラーメンの原因であろう。
 元々味噌ラーメンは味噌で食べさせるラーメンだからスープは弱いと思ってたが、これは流石に薄味過ぎる。
 そこにバターの風味を上乗せするんだけど、これもあんまりワタシには響くものがなかった、香りの貧弱さをバターでごまかすみたいな。
 そもそも皆が食べ終わった丼を見てたけど、大半のお客さんはスープなんてほとんど飲んでない。
 8割くらいスープのまま残してる人が多いように見えた。
 なので麺ともやしを食べる、って言うのなら納得するが、ワタシみたいなスープの一滴も残さない派にはかなり無理。
 言い出したらキリないけど、もやしのみなのも何だかなー、玉ネギ入れたらもっと美味しいんじゃないの???

Cimg5359

 とにかく何年かぶりにスープ残しちゃったよ、これ無理。
 家でカレー作る時に味噌もカレーも牛乳も使うことはあるけど、これには全く生きてなかったし、単に混ぜ合わせただけのラーメンって感じ。
 梅干しとの相乗効果があるのかと思ってたら何の関連性もなかったし。
 賄いで食べるならまだしもこれが名物ってどうよ???

 ということで一食目からいきなりガクッと来てしまったが、青森のポテンシャルはこんな物ではない。
 最初にこれを食べたので、後は昇るだけ、実際そうであったということはハッキリ言っておく。


 しかしこのラーメンが人気って、ワタシが旧人になっちゃったってことかもしれん、がくり。

| | コメント (0)

2020年11月 4日 (水)

広島最後の汁なし坦々麺「赤麺 梵天丸 アルパーク前店」さんの汁なし坦々麺(大)780円・中ごはん(200)ザーサイ付き120円・温泉玉子100円

 実は丸10年担当していた中国地方からジョブローテで離れることになった。
 2ヶ月くらい前に突然決まって、次は西九州を担当する。
 これからは九州ラーメンを開拓することになるのか。
 ここんとこのコロナ禍でろくに営業も行ってないままでの引継となるのは心苦しいことだ。

Dsc_3802_20210114215101
Dsc_4069
Dsc_4073

 12月は年末進行で忙しい、だから11月から引き継ぎ作業を行う、よって自由に行動出来るのは10月まで、なので先月笠岡ラーメンとか広島のお好み焼きとか、広島にとどまらずワタシ的に3本の指に入るカレースタンド「サン・カレー」さんでカレーも食べてきた。

 で、広島のディーラーさんと同行してもらった2日目の昼、ワタシ的には広島中央卸売市場内の「平和食堂」さんでマグロ丼を食べに連れて行ってもらおうかと思ったんだが、何と2ヶ月くらい前に閉店したらしい。
 すっかり常連になってたのに、これもコロナの影響か、何とももったいない。
 だったら別の広島っぽい物ということで、汁なし坦々麺を食べに行くことになった。
 ワタシ的には汁なし坦々麺は5年くらい前に流行りだした頃に盛んに食べて食べて食べて飽きた。
 だからかなり久しぶりの汁なし坦々麺、どう進化してるのか楽しみじゃ、これが最後の汁なしなので満足させてクレイ。

Cimg5255
Cimg5254

 ・赤麺 梵天丸 アルパーク前店:汁なし坦々麺(大)780円・中ごはん(200)ザーサイ付き120円・温泉玉子100円

 場所はJR新井口または広電商工センター入口を南に降りた所にあるアルパークとその駐車場の間、「アルパーク前店」と言われると??? となる。
 これはこの店を知ってないと行けない店、普段この道通る人なんて居ないんじゃないの???

 ということでアルパークの駐車場に車を停めて、EVで下に降りてお店確認。
 一応、食べ物屋さんは集まってる場所みたい。

Cimg5256

 どんなメニューがあるのか、入口に貼られてあったメニューを見る。
 通常と特製がまずはあって、特製は温玉にねぎと肉そぼろが増量らしい。
 そんで超激辛の梵天斬らずというのが、エビ唐辛子で瞬時に燃えるような辛さだそうだ。
 これにハバネロとエビ唐辛子を入れたのが梵天斬りⅡ。
 そして一番辛いのが「挑戦コース」と銘打たれた元祖梵天斬り、生唐辛子と山椒とハバネロが「たっぷり」入ってるんだって。
 5年前ならこれ注文してたやろうけど、これが最後なので美味しく納めたい。
 なので普通で良いかと店内に入った。

 12時少し前くらいでお客さんは8分の入り、食べてる頃に12時になったので客席は満員に、なかなかの人気店やないか、この立地で。

Cimg5257

 入って右手の券売機で何食べるか改めて確認。
 通常の汁なし坦々麺670円をを大にして780円、中ごはん(200)120円、200とは200gであろう、この後上述の「サン・カレー」さんにどうしても行きたかったので、中ごはん。
 
 これで券売機の横のカウンターに座ったんだが、汁なし坦々麺を食べるのに何か足りない。
 ああ、温泉玉子やないかと思い出してトッピングの温泉玉子をポチっと押した、画像では光って何も見えんけど。

Cimg5258

 そのカウンター上には花山椒と黒酢に自家製ラー油と激辛注意の自家製えびラー油が置かれている。

Cimg5259

 標準が2辛ってことやったんで、3辛(辛さ倍数は6で2辛の倍)で頼んで、5分くらいで出てきたのがこやつ。
 久しぶりのルックスやなー、中ごはんはこれで十分、温玉は自分で割るのか、そんでごはんには自家製ザーサイが付いてくる。

Cimg5260

 では麺をUPで、これは麺を見ただけね、このままでは味がないので、底に溜まったタレとまぜまぜしないといかん。
 この時に油が飛ぶことが多いので、ここは紙エプロンをくれたけど、気を付けた方がヨロシイ。
 ざっくり混ぜてではいただきます、と麺を吸い込もうとすると、ここに使われてるラー油の辛さで思わず咳き込んじゃいそうになるが、このご時世、咳するのもはばかられるので、すすらないで口に入れて噛む式にした。
 ふむ、細麺はエッジが立って茹で具合も良い感じ。
 食べてみたら何とも言えん旨味があり、唐辛子が後で来て、山椒の辛さも少しながら感じられる。
 花椒ってよりどっちかというと唐辛子、つまりはラー油に辛みを振ったような感じかな。
 肉そぼろも通常やけど結構入ってて食べ応えある。
 とにかくラー油の香気成分で咳き込みそうになる。
 少し時間が経って冷えてきたらそうでもなくなってきて、そうなると3辛ってそう辛くないような感じがした。
 で、ごはんは最初はザーサイともぎゅもぎゅ食べてたが、改めてザーサイとごはんはよく合う。
 個人的にはザーサイ茶漬けが好きやけどこれは余談。
 麺半分食べた頃くらいに温玉投入、そして途中自家製えびラー油を入れて食べてみるが、これまた旨味が濃い、それ程激辛とは思わんかったが。

 麺食べ終わった後には半分食べたご飯を丼に投入してまぜまぜして完食、この美味さは鉄板やね
 流石にこのまぜまぜごはんは絵的に汚いので撮ってないけど。

 うーん、何と言うか、昔に比べてずいぶん洗練されたように感じた。
 店が清潔なのは当たり前やけど、オリジナルメニューもあるし、辛さも超激辛はおそらく相当辛いのであろう。
 と思いきや0辛もあるのでお子様からお年寄りまで網羅してるような店やと思う。
 うむ、美味かった、また老舗や新規開拓したくなっちゃったけど残念ながら次はない。
 関西にも美味しいとこ増えるとええな(なーんて言いながらワタシは名物はそこに行って食べる派なのであった)。

 
 ということで次回行けば最後になる可能性が高い広島。
 JR広島駅が新装される2025年までやりたかった、くぅー。

| | コメント (0)

2020年10月15日 (木)

東京は新富町でラーメン新規「鶏ラーメン つむぎ」さんのラーメン800円・麺大盛り100円

 在宅勤務してるくせに、東京で会議をするという何という矛盾。
 日帰りでは朝早すぎて帰りは夜が遅すぎる、なので1泊2日で行くのが常。
 火曜に昼着いて、昨日の夜遅くに戻ってきた。

Dsc_4043

 火曜の昼は八丁堀の方に行く予定だったので、東京出身者に築地の近くに高菜ラーメンの店があると教えられてたので、スマホンナビで八重洲口から歩いて行ったが、何と定休日でもないのに休みという恐るべき事態。
 まぁ、このご時世そんなことで悩んでるバヤイではない、とっとと歩いてなるべくお客さんの近くで昼を食べようとした。

Cimg5253

 どんどん歩いて新富町の方に戻って、立ち食いそばのチェーン店を発見も、一食目がこれでは寂しい、後ろ髪引かれるが先に進んだ。
 どこをどう歩いたのか全く土地感ないので口では説明出来ん、新富町と八丁堀の間くらいに置かれてた小さなA型看板発見。
 鶏ラーメンと書かれてあったので、まだ昼前やったけど混み出したら嫌だったので、ここに決めた。

 

Cimg5252
Cimg5251

 ・鶏ラーメン つむぎ:ラーメン800円・麺大盛り100円

 上の画像の左下の○がA型看板ね、こんな距離。
 着いたのは11時45分、そんな時間であったのでワタシが入るのと同時に先に3人グループのサラリーマンが一番客で入った。
 サラリーマンは奥のテーブル席に行ったが、ビジネスマンのワタシはカウンターの一番奥の席に陣取った。

Cimg5247

 ここから撮った画像がこれ。
 壁はコンクリートの打ちっ放しやし、カウンターは分厚い木の一枚板で、どう見てもラーメン屋には見えん。
 どうやら夜は鶏料理の店で昼はラーメンの二毛作みたい。
 
 最近昼の営業始めたのか、店内がメチャメチャ暑い。
 どういうことかと言うと、スープの寸胴とか麺の寸胴とか、そこの熱をたぶん読み違えてたんちゃうか。
 なので、座った途端に店員のおねえさんからハンディータイプのミニ扇風機を渡された。
 計算外やったんやろうな、たぶん。

Cimg5246

 ということで、メニューと共に写してみた。
 鶏ラーメンって書いてあったので、メニューはシンプルやろうと思ってたが、やはりその通りでメニューは一つでトッピングの差しかない。
 800円のラーメンは豚チャーシュー1枚に海苔に九条ネギ。
 特製の1200円は豚チャーシューが2枚になり、鶏チャーシューに味玉に海苔に九条ネギが大盛りになる。
 チャーシューには力が入ってるみたいで、やはり鶏料理の店、天草大王のチャーシュー400円がある。
 米沢チャーシューは牛かと思いきや豚で300円。
 チャーシュー2種盛り600円は酒やね、こりゃ。 
 150円の味玉は奥久慈卵の味玉となかなかの凝りよう。

Cimg5248

 メニューの裏見たらうんちくが書かれてる。
 生産者から直送される天草大王を贅沢に丸ごと使った無化調スープらしい。
 麺はスープに絡む中太縮れ麺なんだそうだ、細麺じゃないのか。

Cimg5249

 ほぼ一番客ながら10分弱で出てきたラーメン(麺が太いので茹で時間が掛かる)、見た感想、小っちゃ!!!
 大盛りで頼んでるんだが全然大盛りに見えない所が縦型丼の恐ろしい所。
 それによく見るとスープも少ないような。
 丼の半分以下くらいしか入ってないと何か寂しい気がするのはワタシだけではあるまい。

Cimg5250

 しかしこの麺の色よ(チャーシューのレアな感じより麺の色の方が気になる)。
 ではいつものように麺から行ってみよう、どれどれ。
 極太ではないが結構太い、つけ麺みたいな麺やが、色がまるでそば粉を使ってるみたいな色した麺やな、こんなん初めてやずるずる。
 ほー、この太さの縮れ麺、これがまずは香ばしいし柔くもなく固すぎる訳でもない食感で美味いやないか。
 続いてスープすくってみる、じゅるっと。
 はうー、これは何という滋味深い味なんや、鶏だけでこんなにオーケストラみたいな旨味が重層的に来るんか、これはギターソロじゃ全然ない。
 天草大王の旨さがこれか(ホンマか)???
 美味しい所がピッタリ決まってる、凄いなー。
 チャーシュー食べてみる、もぎゅもぎゅ、低温調理かとちょっとがっくり来る最近のワタシ、もう飽きた。
 けどここのは噛みしめてる内に肉の旨味と共に醤油ダレの旨味がちょこーんと染み出てくるんよ、これがまた絶妙の加減で素晴らしい。

 完成度高いなー、と感心して食べるんだが、いかんせんワタシ的には麺もスープも少なすぎて美味しいんだけど腹の足しにはならんかったのが残念。
 昼に出すラーメンじゃなくて呑んだ後に〆で食べたい人向けの量って感じ。
 ガッツリ食べたい人には全く食うた気せん、ワタシに食べられたのが残念やったとしか言いようがない。

Dsc_4047
Dsc_4045-2

 なので、美味しすぎる鶏ラーメンはそれはそれ。
 さっき通り過ぎたチェーン店のそば屋「小諸そば」さんでもり2枚350円ぺろっと食べちゃった、ワタシ的にはこれで丁度良い量(値打ちのないヤツ)。
 しかし「ゆで太郎」さんも好きやが「小諸そば」さんもええな、値段が凄すぎる。
 混雑してる割には回転も速いし、12時過ぎて混んできてたけど5分も待たんかったからな。


 いやいや、そばの話やなくてラーメンよ。
 麺も独特でスープも奥の深い味、これはハシゴで東京のラーメンを食べたいという人に是非とも行ってもらいたい。
 混雑店になる前に行ってちょーだい。

 

| | コメント (0)

2020年10月 7日 (水)

新潟五大ラーメンを食べるその③(最終回←えっ!?)「杭州飯店」さんのラーメン800円・餃子(2個)400円・ハイボール400円×2杯

 新潟五大ラーメン三つ目にして最後、残り二大ラーメンのカレーと味噌は流石に一日では回れんかった、車なら行けたかもしれんが、JRでは全く無理やった。

 前回は新潟二日目でまずは五大ラーメン二つ目のしょうがラーメンを食べようと、長岡駅の一つ隣の宮内駅に11時に着いて、開店早々に食べようと思っていたのだが、地方のJRを舐めてた、つか下調べ一切してなかったので、乗り継ぎの待ち時間に驚いた。
 長岡では1時間の待ちだったので、昼時だったこともあって、地元の人気レストランでお昼ご飯を食べた。
 そんで宮内駅の「青島食堂」さんで青島ラーメン(しょうがラーメン)を食べた頃には13時前となっていた。

Cimg4993

 とりあえず長岡駅に戻らねば話にならないので駅のホームに出てみると、こんな駅名看板があった。
 どうやら酒蔵があるようだ(そりゃあるだろ)、当初は酒蔵巡りも良いなと思ってたが、たぶんどこもコロナ禍で入館禁止だろうなと思ったので、調べもしなかった。
 今、調べてみたら駅からどれくらい掛かるのか知らんが、「河合継之助記念館」なるものがあって、特に幕末の歴史好きのワタシには悔やまれることとなった。

 そうして長岡駅に戻り、戻ったは良いが乗りたい列車がまた1時間待ち。
 次に行きたい店は信越本線を東三条で弥彦線へ乗り換えて向かう、今回の五大ラーメンのメインであるとも言える燕三条背脂ラーメン。
 しかし1時間後の14時半のJRに乗ったとしても着くのは15時半くらい。
 お店は昼は14時までで、次は夜の部の17時から、あああ、上手くいかん!!!
 マップで見てみたが、JR西燕駅駅周辺には何もなさそう。
 だったら1本飛ばして長岡駅で2時間過ごして夜の部の一番客で行くかと決めた。
 今回の旅は4泊5日であったが、必要最小限の荷物しか持ってなく、道中ユ○クロで下着と靴下買えば良いやと思ってた。
 丁度、駅の東側に20分くらい歩いた所に店があったので、買いに行って戻って1時間。
 後は駅や周辺をぶらついて1時間潰すことにした。

Cimg4998
Cimg4996

 駅西側が栄えてる(少しね←ヲイ)んだが、一番新しい建物はこの「アオーレ長岡」であろう。
 これは昭和レトロ商店街とは全く違う平成の建物であった。

Cimg4994

 あと、やはり新潟と言えば花火なので、駅西側にはかつて使われてた二尺玉・正三尺玉打揚筒というのが移築されていた。

Cimg4999

 この日は朝にホテルの朝食、昼に長岡のレストラン、続けてしょうがラーメン食べてたので、次の背脂ラーメンと夜は市内に戻って酒もあるのでお腹のキャパがなくて残念ながら諦めたが、本当は新潟市の「みかづき」さんに対する長岡市の「フレンド」さんでB級グルメのイタリアンの食べ比べをしたかったのだが、流石に止めた。

 結局長岡に2時間滞在し、買い物も観光も終わったので、15時半の列車に乗った。
 30分くらいで東三条で弥彦線に乗り換え、これは同じホームに電車が待っててくれたので、待ち時間なく出発。
 ここから景色はずいぶん都会になってくる、新幹線駅の燕三条辺りは新幹線が停まる駅だけのことはあると言った風情。

Cimg5000

 そして燕駅で瞬間降りて駅名看板だけパシャリと撮った、「燕」って駅名がまた良いねぇ。

Cimg5001

 そんでまた同じ電車に飛び乗り次の西燕駅が目的地、ヤレヤレ。

 目的は幹線道の脇にある超人気店(だそうだ)。
 線路沿いに南東に戻る形で15分くらい、何もないが田んぼか畑を見ながらぼらぼら歩いてクレイ。

Cimg5003

 目印はこのコイン精米所の看板、国民的アニメのキャラクターを見かけたら、次の角を左に曲がったとこ。
 屋上に鉄塔の看板が出てるのですぐ分かる

Cimg5011
Cimg5014

 ・杭州飯店:ラーメン800円・餃子(2個)400円・ハイボール400円×2杯

 ここまでずいぶん遠かったけど、燕三条背脂ラーメンと言えばここらしい。
 20分くらい前に着いてたので、平日の夕方なので待ち人ナシの一番客。
 だけど流石に疲れたのと夕方なら酒呑んでも良いので、一旦離れて5分程また南西に歩いて大型ドラッグストアーを発見したので、そこで500mlのハイボールと缶チューハイを買って呑みながら戻る。
 戻って5分程待ったらようやく17時、やっと食べられる、お疲れさん。

Cimg5004_20201007182901

 一番客なので適当に開いてるテーブルに座る、奥には座敷席があり、結構なお客さんが入れそう。
 ワタシが入った後からぽちぽちお客さんが来て、食べ終わる頃にはテーブル席は半分以上埋まってた、まだ早いのに。

Cimg5005

 さてメニュー、酒呑んでしまってたので、追いハイボールと勢いで餃子2個400円ってのを頼んだが、1個200円の餃子ってどんなんやねん、当然4個だとこの画像では光って見えないが800円である。
 それとこれ食べに来たんやから当然中華そば(ラーメン)850円。

 まずはハイボールが来たのだが、そこに小さな羽虫が入っちゃってたのよ。
 そんなことは別に交換してもらえば良いだけの話なので、小声で入ってますよ、と交換をお願いしたのだが、何か間違って伝わったのか、クレーム客みたいに扱われたような感じがしたのはこちらとしてはちと残念。
 そこからまだ何か言って来ようもんならシバキあげるつもりで居たが(あのね)、こちらが笑顔で取り繕ったのでそれ以上のことは何もなかった。

Cimg5007

 さぁ、再出発、新しいハイボールに餃子登場、羽根つきか、それにしても1個で2個分は軽くありそうなので実質4個または5個400円の餃子くらいの感じ。

Cimg5008

 すると程なく中華そば(ラーメン)登場。
 第一印象、丼小ぶりやなー(最近はどこもそうやけど)、そんなことはどうでもええ、確かに背脂だわ。
 チャーシュー二枚に味の濃そうなメンマにネギじゃなくて玉ネギ、それとこの平たいむにょーっとしたのは麺か??? へぇへぇへぇー。

Cimg5009

 中華そば来ちゃったから、ハイボールと餃子は一旦放置して、まずは麺からいただく。
 なんじゃこの刀削麺みたいな麺は、または平打ちのきしめん、またはほうとうみたいやな。
 このむっちりした麺がまずは美味い、背脂醤油だけでここまで来たが、実は麺が美味かったか。
 そしてスープ、京都ラーメンみたいな背脂やけど、京都みたいな鶏が濃厚なスープでは全くなく、ライトな豚に煮干し系かなんかで、ギトギト感もそんなに感じず脂は濃いが味は結構あっさりで、醤油ダレが寸止めのようにピタッと決まっててしつこくない。
 チャーシューは側に醤油味があり噛みめると美味くなり、メンマはかなり濃いかと思ったが、酸味なく食感が良く、これもスープの邪魔をしない。
 この背脂にはネギより玉ネギの方がシャクシャク感と甘みがあってナイスなマッチング。

Cimg5010

 一通り味わったらさぁ、冷えん内に餃子を食べないと。
 しかし大きいな、あんもみっちり詰まってるし。
 その餃子はニラが利いてて皮パリジューシー、ハイボールがススム君。
 2個で良かった、4個やったらギブアップやった(嘘付け)。
 この餃子1個でハイボール1杯呑めちゃったから、2杯ごっそさんでした。

 そしてまた中華そばと取っ組み合う、うーん、燕三条背脂ラーメン、堪能したー。
 最初は100円高いかと思ったメニューだが、値段以上やった、こりゃ、こんな田んぼしかないところやけど、行列出来ちゃうわー。
 って家に戻ってきてからシルバーウィーク中のこの店の画像見たけど、超行列でどこから人が集まるの???ってくらいに50mは大袈裟やけど、それくらい並んでた、木曜日で良かったわ。


 これにて五大ラーメンは終わり、完食出来ずに三大ラーメンとなってしまったが、何となくカレーと味噌は食べなくてもええっか、的な所があったので、これで好とする。
 もちろん、次回行くことがあればチャレンジしたい。
 ワタシには新潟競馬場というとても行きたい場所があるので、そんなに心の距離は遠くないのでな。

 

| | コメント (0)

2020年9月30日 (水)

新潟五大ラーメンを食べるその②「青島食堂」さんの青島ラーメン800円

 新潟二日目、前日に市内で食べられる五大ラーメンの内の醤油を食べた。
 残りの四つはJRで移動しないと食べられないんだが、ワタシはこの二日目で全部食べてしまうつもりで居たんだよ。
 しかし田舎のJRを舐めてた、1時間に1本しか走ってないとは驚きや、つか下調べして行けよ。
 大きな地図でざっくり長岡まで50kmくらいやから1時間乗ってたら着くかととてもとても甘く考えてた。

 なので来た南行きの列車に乗ったんだが、まずいきなり新津という駅で乗り継ぎ。
 え、乗り継ぐの???
 しかも次30分くらい待たなきゃいけない。
 まぁ、えちごワンデーパスという1570円で乗り放題のチケット買ってたので、乗り降り自由だったんだが。

Cimg4955
Cimg4956

 30分程待たないといけなかったので降りたらホームの向こうに蒸気機関車が牽引する列車??? みたいなのがあった(よう分からん)。

Cimg4957_20200930224001

 改札出たら、撮り鉄の人が改札の高架橋から一眼でパシャパシャ撮ってたので、やはり珍しい列車なのかとワタシも行ったら、この列車じゃなくてその左の高級寝台車みたいなのを狙ってたみたい。

Cimg4958

 外に出て何かないかと歩いてみたが、何もなかったので駅前のコンビニでお茶買って戻った。
 しかしこの駅は西の米原、東の新津と呼ばれてるらしい、降りて良かった、のか???

 そんで長岡駅から一駅の宮内駅が五大ラーメンの二つ目、しょうがラーメンを狙ってたんだが、これまた長岡駅で1時間待ちと来たもんでい。
 なので長岡で降りて地元で有名なレストランで図らずもお昼を食べることになってしまった。


Cimg4982

 そうして次の宮内駅に着いたのが12時半くらい、ワタシの予定では11時の開店と同時に食べてるはずだったのにおかしいなぁ???

 

Cimg4992
Cimg4990

 ・青島食堂:青島ラーメン800円

 折り返しの列車が45分後くらいに来るので、それまでに行って食べて帰って来なけりゃいかん、と焦って駅を出たら宮内駅ロータリーの前、駅から1分なので安心した。

Cimg4991

 あー、実に良い佇まいのお店やないか。
 この袖看板がまた味がある。

Cimg4983
Cimg4984

 店の雰囲気の割には券売機があって、しかも最新式なのが不思議なギャップ。
 とりあえずド定番であろう青島ラーメン800円をぽちっと
 繰り返すがここのご当地ラーメンはしょうがラーメン。
 時間もずれてたのでお客さんは退いた後やったみたい。

Cimg4989_20200930224301

 こちらのお店はコロナ対策もバッチリ。
 感染者の少ない新潟でここまでやってんやから、首都圏は見習ってもらいたい。

Cimg4987

 そうして5分と経たずに出てきたラーメンこやつ。
 おおー、正統派醤油ラーメンやん。
 ほうれん草とナルトと海苔、下にチャーシューが見える。

Cimg4988

 しかしまずは麺から、これは見た目からつやつやで食べればシコシコ、自家製麺だそうだが良い麺だ。
 スープは豚のどっしりした旨味に醤油、しょうがはバーンと出てる訳じゃなく、言われてみれば後から来る。
 スープ自体は濃いけど全然完食レベル。
 ここの美味しいのはチャーシュー、焼き目付けてからしっかり煮てて、柔らかくて味はここってとこで止めてる、これはチャーシュー麺にしたい所。
 メンマは細切りでこれもこだわりがあるみたいな食感重視の酸味のない塩味、スープの邪魔せんけどないと困る。
 最後の方になるとしょうがってのは納得した。

 いやー、店は昭和で、間仕切りさえなければ凄くええんやろうけど、先んじて取り入れてる「青島食堂」さんはエライ!!!
 JR不便過ぎるけど、来て良かった、実に完成度の高い一杯に満足。
 

 ってもう13時過ぎてるけどどうすんじゃ???
 今から長岡まで一駅戻ってまた1時間待ちやん、あーあ。
 先は長い新潟二日目ラーメン行脚。

 

| | コメント (0)

2020年9月27日 (日)

新潟五大ラーメンを食べるその①「三吉屋西堀本店」さんの中華そば大盛750円

 シルバーウィークで4連休の人が多かったと思うが、ワタシは毎年この時期に夏期休暇の3連休をくっ付けて大型連休にして外国に行く。
 特に今年は7連休だったので、昨年末に2020年のカレンダーが出た時はラッキー♪と思った。
 ところが年が明けていきなり新型コロナ騒動、年末年始と上海に行ってたワタシは少しビビったが、コロナがどやこや言われ出した頃は中国から帰ってきて2週間以上経ってたので、ひとまずワタシ的には安心した。
 夏期休暇を申告するのは5月末、この時は9月末なら台湾とかタイとかベトナムとかなら受け入れてくれるのではないかと思ったが、そんな訳はあるはずもなかった。
 結局海外は断念せざるを得ず、ならばと沖縄は得策ではないし、北海道も初めてじゃないし、八丈島に行ってみたかったが、離島は何かあっては不味い。
 となると、日本全県巡りで最後に達成した物の、西南の端にちょこっとタッチして帰ってきた程度で、市内観光なんてしてない、かつ行ってみたい島もあるあの県に行こう、と決めた。
 その県は5年前くらいに仕事で行った新潟県、ちなみにタッチして帰った西南の端とは直江津市、滞在時間3時間であった。
 新潟だけどこれが調べてみたら美味しそうな物が一杯あって楽しそうなんだよ。
 ラーメンは五大ラーメンなる物があり、へぎそばにタレカツ丼、半身揚げにイタリアン、当然魚も美味いし米も美味い、もちろん酒もイケる。
 こりゃ楽しみだ。
Cimg4893

 9月16日の始発の阪急電車に乗って、伊丹空港からのフライト。
 1時間半で行けちゃう、行きはJALで1万円くらい、帰りはピーチで6000円くらいやった、けんど関空なので時間と電車賃が掛かる。

Cimg4899
Cimg4900

 8時に着いて空港をちょこっと見て8時半のシャトルバス420円でJR新潟駅まで25分で着いちゃう。
 ホテルに荷物を置かせてもらって、なんやかんやしてたらお昼に近くなったので、まずは五大ラーメンの一つ、醤油ラーメンを食べに行くことにした。
 今回は雑誌も何にも買ってないが、基本、ネットで調べた情報のみで動いてるので行った店は新潟県民の方なら誰でも知ってるいかにも素人向けな店であると思う。
 初めてはスタンダードでイイノダ、次回行くことがあれば目に付いた面白そうな店に行ってみたい。

Cimg5165

 ということで、JR新潟駅北口から行くと駅前のメイン通りを歩いていって、日本最大の重要文化財の萬代橋を越えてもちょっと歩いて西堀という交差点を南に折れて100m程。
 駅から歩くと結構遠いが初めての場所でバス乗るのもハードル高いので、30分くらい掛かっても歩くべし。
 

Cimg4913
Cimg4914
Cimg4912

 ・三吉屋西堀本店:中華そば大盛750円

 上の画像は全て食後に撮った物、一番上は人情横丁を抜け切った所から撮った。
 真ん中は道路の反対側、下は進行方向で北から南に向かって。
 見にくいのは交差点に地下道があるから。
 
 到着したのは12時くらいで、店のある交差点に人が並んでたので、しまった出遅れたか、と悔やんだが、それはこの隣の交差点、店の左にあるカレー??? のお店が行列してたみたい。

Cimg4911

 店に入る前に、店の前の自動販売機の上に「昔そのままの味」と書かれてる、そりゃ楽しみやん。

Cimg4908

 がらっと入るとお客さんが誰も居ない、しまった間違ったかと思ったが、店内古いながらもいかにも昭和な良い雰囲気だったので、食べちゃえ食べちゃえ。

Cimg4907

 メニューこんなん、中華そばとワンタンと冷やしとチャーシューメンのみ。
 冷やし中華そばってまさか年中やってるんかな???
 冬になったら上から紙貼って隠すんかな。
 とにかくお腹空いてたので中華そば大盛注文、次もあるのにどうして大盛頼むんだよ~~~。 

Cimg4909

 お昼になったからか、ラーメンが出てくる前からどんどんお客さんが入ってくる、良かった人気店で。
 そうして5分待たずに出てきた中華そばはあっと驚く極細縮れ麺、へぇへぇへぇ。

Cimg4910

 新潟五大ラーメン一軒目、当然麺から食べるぞ、ちゅるちゅる、ははは、口に入れた時の食感が実に心地良い、何というか優しい口当たりの麺。
 麺によく絡むスープはどれどれ、じゅるり、これは豚の重い感じの醤油味か。
 甘い要素全くナシの硬派でうっすら表面に油の膜。
 これ飽きない味やなー、「昔そのままの味」というのも頷ける。 
 チャーシューは薄切り2枚、ももとバラで、肉のジューシーさはないが噛み締めると最後に醤油の旨味がじんわり広がる。
 メンマもこれが甘味も酸味もなく、塩味のシャッキリした良い歯応え、奇をてらってなくシンプルで好き好き。
 唯一の問題はゆっくり食べると麺がスープを吸ってふやけて、いつまで食べても終わらないことくらいか、福岡のうどんかっちゅーねん。

 美味しかったのだが、やはり気になる点は密であったことであろう。
 ホント、12時過ぎたらあっと言う間に満員になって、テーブル席はほとんど相席させられてた。
 ワタシの席に相席する前に食べ終わって出てきたけど、そこだけが惜しかった。


 むふー、五大ラーメンなかなかやるやん。
 つっても五大ラーメンの内、三つしか食べれんかったんやけど(発祥の地元の店で食べるとJRではよほど時間がないと難しかった)。
 次回は翌日に行った二つ目のラーメン屋さん、これがまった凄く時間が掛かった…。

 

| | コメント (0)

2020年9月23日 (水)

岐阜の超老舗中華そば「丸デブ総本店」さんの中華そば500円

 今月のアタマに名古屋に行ってきた。
 どうしても行かなければいかん仕事が一件あったので、しかしそれ以外はどこも積極的に会ってくれる所がなかったので、いつもなら1泊2日で行くが、点を繋げるようにアポ取って何とか1日営業した。
 行ったのは金曜だったので、日帰りはもったいないから、久しぶりに岐阜で1泊することにした。
 もちろん狙いは「水谷」さんのどて系メニュー。
 密にならないようになるべく早めに行って混み出しそうな一歩手前で素早くホテルに戻った。

 ワタシは数年前に初めて岐阜で泊まった時に、何でこんなに何もないんだと驚いたが、それは名鉄岐阜駅前のR157をぼらぼらしてたからであった。

 その後駅前の金の信長像の北の通り(平和通り)とR157の間の程い道路、これを玉宮通りと言うらしいが、ここが呑み屋街だと遅まきながら気が付いた。
 これにより「水谷」さんを発見し、ますます岐阜が好きになった。

Dsc_3927

 余談ながらその駅前の金の信長像がマスクの啓蒙活動をしてるのに笑った。
 信長自らが率先してマスクしてるんやから、これはせねばなるまい。

 さぁ翌日、大雨の後だったので、朝から雲一つないサマルカンドブルーな青い空は強烈な陽射しで、午前中で既に35度は超えてたような暑さであった。
 思い出したくはないが、同じ9月やっちゅうのに今との差が凄い。
 一応、下調べしてたのがやはりラーメン屋さん。
 何か名物はないかいなと見てたら、駅から歩いて10分くらいの所に老舗の中華そばがあるという。
 ちょっと暑すぎるが予定通り行くとしよう。

 その呑み屋街の玉宮通りを北上していく、「水谷」さんより北に行くのは初めて。
 けどそんなに寂れてない、どころか更に北上するとアーケードがあるではないか、何かと思ったら、高島屋が平和通りに面しており、どうもここを中心に街が出来てるみたいな感じ(後先は知らんが)。
 目的の店は11時開店で30分前には高島屋に着いてたので、アーケードを練り歩く。
 昭和の映画館があって故渡哲也さんの映画を上映してた。
 まぁ、そんなに面白い物はなかったが、シャッター街のR157よりは楽しいか。

 そうして11時になったので、お店に向かったが、どうやら11時を前に先にお客さんが入っていたようで…。

 

Cimg4877
Cimg4875

 ・丸デブ総本店:中華そば500円

Cimg4876

 場所はその平和通りの高島屋の信号渡った反対側、迷う方が難しい。
 11時ジャストに着いたが、既に2組が前に並んでて、店内にはお客さんが入って中華そばが食べられているではないか、むむう。

 店内をよく見ると、ちゃんとお客さんは間引かれており、グループは同席であるが、1人だとテーブルの端と端に座るという距離の取り方であった。
 ならば並ぶのも仕方あるまい、ちゃんと考えてくれてるのはありがたいことだ。

 この店は何でも100年味を変えずに営業されてるそうで、昔ながらの中華そばが食べられるという触れ込みであった。
 昔の中華そばとはどんな味か気になる、いや楽しみじゃ。

Cimg4878

 結局10分程待って店内に入れた。
 厨房の前の大きなテーブルの端に案内され、先にお品書きをパシャリ。
 なるほど創業大正6年と書かれてある。
 ワタシの手帳によると大正6年だと今年で103年、なかなかの歴史。
 こないだまで中華そばとわんたんは400円であったらしい、どこまでもノスタルジックな。

 中華そば注文して店内観察。
 テーブル席と座敷があり、結構広い店内で、大家族が来ても対応出来そうや、けどメニューがこれしかないので使い方が難しいそう。
 しかし謎なのが、あるお父さんは、丼2つ並べて食べてんのよね。
 おそらく中華そばとわんたんの両方を頼んだんだと思われるが、ダブルで食べるかー。
 それと運ばれている中華そばだが、丼がえらく小ぶり、だけど表面張力すれすれまで中華そばで満たされている、個性的やな。

Cimg4879

 さー、待つこと10分弱で出てきた中華そば。
 画像では分からんが玉子丼食べるくらいの器の大きさにそこになみなみと中華そば、しかも熱々。
 スープ黒いなー、チャーシューは3枚にネギと蒲鉾、こりゃ昭和、いや大正やな(知らんけど)。

Cimg4881

 では麺から食べるぞ、麺太郎やから、ずずず~~~。
 細めの加水率低めのストレート麺はこれは生麺やろうけど、乾麺みたいな食感やな。
 茹で時間次第やけど、固めに茹でたら結構豪麺よ。
 しかし違和感はそこじゃない、スープよ。
 じゅるり、これはそばつゆやね、関西じゃなく関東の。
 関西風やったら鳥取の素ラーメン、麺が茹で麺の温め直しやったら姫路のえきそばか。
 チャーシューはジューシーというより旨味は抜けてたので、おそらくこのスープの醤油ダレがチャーシューの煮汁であって、そこに昆布と鰹の出汁を合わせてるではないか。
 だからそばつゆながら中華そばとして成り立ってるのでは???

 なので麺もチャーシューも食べ終わって最後スープだけになったら、これは関東のそばを食べてるような気になったくらいや。
 岐阜でそばもうどんも食べたことないから知らんけど、出汁文化は関東なんか???
 ワタシ的には愛知県は豊橋くらいから関東の出汁文化に変わって行ってるような気がしてたんだが。


 なるほど、実に興味深い一杯やった。
 出汁は和で麺が中華ってのはいろんな所にあるんやね。
 ワタシが食べ終わってからがまさにお昼の時間帯に差し掛かってたので、行列が更に長くなっており、なかなかの人気店やなと思った次第。
 こういう岐阜もあったか、へぇへぇへぇ。

| | コメント (0)

2020年9月14日 (月)

大阪は西船場(最寄り駅は肥後橋)ラーメン偶然開拓「らーめん砦 大阪京町堀店」さんの砦セット(砦ラーメン+煮卵+ダンクライス)1000円

 8月のお盆の話。
 毎年の如く電話番として出勤して、夏休みは人の少ない9月の後半の連休に併せて取ってる。
 今年は4連休だったので、昨年末に今年のカレンダーが来た時は3日付けたら7連休じゃん、ヨーロッパでも行くかと考えた。
 すると年明けから情勢がどんどん悪くなり、しかし正式に休暇を取る5月末くらいになると、9月末なら落ち着いてくるだろうから、台湾とかベトナムなら受け入れてくれるのではないかと思ったが、現実は全く甘くなかった。
 結局、水曜からの7連休は北の方に行くことになった、台風大丈夫かな???
 余談。

Dsc_2560

 とにかく毎年お盆の出勤日には2時間程抜けて心斎橋の「にし家」さんに行って夏の名物たらいうどん食べ放題するのが毎年の決まり事やった。
 なんだが、今年はやはりイレギュラーか、何と定休日に遭ったことがない「にし家」さんが休んでるという超突発事態。
 お客さんは何人も来ては定休日の貼紙見て帰ってたから、やはり特異な出来事であったのであろう。

 とにかく休んでるのは仕方ないので、とっとと心斎橋を脱出して北に向かうことにした。
 心斎橋筋商店街を歩いて行ったが、これという響くものはなく、それではと、本町の「ニューハマヤ」さんに超久しぶりにダブダブするかと歩いたが当然休み。
 ここからさらに迷走が始まる、靭公園の方に行ってみたが、そもそも15日なので空いてる店が牛丼チェーン店くらいしかない。
 更に北上して西に折れてみたら角にお店がいくつかあるような。
 もうこの時は超暑かったのでマスクで歩くには限界、何かしら入らないと体が持たん。
 しかし妥協はしたくないし…、と、西船場公園の手前の角地にお店がいろいろあったので、ここで食べようではないかと。
 北東の角がラーメン屋さんで見た目がおしゃれだったのでここに決定。
 暑かったので、もう深く考える余裕がなかったのだが、これが結果大正解なのであった。

Cimg4874
Cimg4873

 ・らーめん砦 大阪京町堀店:砦セット(砦ラーメン+煮卵+ダンクライス)1000円

Cimg4864

 がらっと店内に入ると、左手に券売機。
 初めての店だが、いきなり何が正しいかのチョイスを迫られる。
 まぁ、スタンダードに一番左上の定番品を頼めば間違いなかろう。
 ラーメンだけではとても足りんからセットが丁度良い。
 ラーメンに煮卵によく分からんが〆にスープの後にご飯を入れるのであろう、ダンクライスなる物があって1000円。
 これに決定、興味はあったのが「冷やし砦始めました」やったが、初めてなので変化球はなし、一期一会で王道の味を食べることに悔いはない。

 入ってすぐのカウンターに腰掛けて、冷たい水飲んで一息。
 店内はカウンターの奥にテーブル席がある。
 店員さんは若く、清潔感があるな、床がぬるぬるの店も良いけど(良いのか)、現代風なラーメン屋さんもまたヨロシイ。

Cimg4866

 ここでスープのうんちく発見、ようやくこの店が何ラーメンなのか知る(ヲイヲイ)。
 貝白湯らーめんなんだって、そんなジャンルがあるのか。
 あさりに牡蛎にほたてに赤マテ貝なんかのエキスをじっくり抽出して大豆の絞り汁を加えて、秘伝の塩ダレと香味野菜などから作る香味油を加えて作るスープなんだって、へぇへぇへぇ。
 トッピングは青ネギに揚げネギにわかめに薫製マテ貝にベーコンなんだそうだ、ベーコン???
 これにもこだわりがあって、チャーシューの醤油がスープの塩味をボケさせてしまうからベーコンなんだそうだ、ふーん。
 麺はオリジナルの特注麺なんだと。

Cimg4868

 そうして待つこと5分ちょっとで出てきた砦セットがこちら。
 おおー、器から普通のラーメン屋さんのそれではない。
 ラーメンも具材たっぷりでスープが見えん、左のダンクライスの上に載ってるのは柚子こしょうか???(ぶぶー、ジェノベーゼでした)

Cimg4869

 とにかく1時間近く歩いて来たので腹減った、食べよう食べよう。
 まずは麺からいつものようにずるっと、ふむふむ細めの弱縮れ麺で全粒粉か、いや赤いから何やろ、とにかく弾力性があってぶりんぶりん、この麺活きてる活きてる。
 まずは麺に驚かされた。
 続いてスープ、じゅるり、ほほー、何ともクリーミーで優しい味やないか。
 これは大豆の絞り汁が利いてるんかな、だから白濁してるのか、豚骨や鶏ガラを使ってなくとも全く不満を感じん。
 貝が好きとか嫌いとか全く関係ないと思う、これは実に完成度の高いスープちゃうか、うんうん。
 低温調理のチャーシューかと思いきや、上で述べてるように実はベーコン。
 別にチャーシュー派じゃないからこれで全然OK、メンマ派やけど流石にこのラーメンではメンマは浮いちゃう。
 薫製マテ貝が意外と載ってて結構楽しめる、これで酒呑めるわ。
 それより、驚いたのは揚げネギ、これが食べたら香ばしいネギの甘みがちゅるんと出て、良いアクセントになる、これはナイスな組み合わせやん。
 煮卵は当然な美味さで、行かれる方は必ず注文すべし。
 わかめもぎょうさん入ってた。

Cimg4870

 名残惜しいが麺を食べ終わって、残ったスープにライスをダイブ、いやダンク。

Cimg4871

 上でも言ってるが、柚子こしょうかと思いきや、舐めたらバジルだったのにびっくり。
 これはこの洋風とも言える貝と大豆の白濁スープには合う組み合わせやろうね(ワタシは柚子こしょうでも良いと思うが←しつこい)。
 ああ、もうこれは外す訳がない、見事な貝出汁雑炊やった(台ナシな言い方やな)、もとい、貝出汁リゾットやった。

 いやー、超偶然ながら凄い店発見してしまった、メチャメチャ美味い。
 一体何者やねんと、後で調べてみたら、何と長崎は佐世保の会社だそうで、もちろん九州がメインだが、関西にも堺や寺田町に店舗があり、東京にも進出してる。
 この新しいラーメンならばどこに行っても通用するわ。
 しかし九州にも新しい波が押し寄せてるんやね、驚きと共に感動した。


 なかなか梅田より南に行くことがないので、次があるかは分からんが、とにかく話のタネに一度行ってみるがヨロシ。
 絶対満足すると思うな、どぞどぞ。
 ただし平常時の混雑具合は分からんので、早めか遅めかに時間をずらすとすんなり入れるかもねー。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧