2022年1月17日 (月)

長崎の元祖B級グルメと言ったらトルコライス「ツル茶ん」さんの昔懐かしトルコライス1380円

 昨日長崎から戻ってきたが、これは11月に行った長崎の話。
 初日の夜はベタながら思案橋の「雲竜亭」さんでビーギョした後、おでん食べに行ったことは既に述べた。

Cimg7115
Cimg7117

 そして次の日の昼、この時は午前中から亀山社中に行ったり風頭公園の若き坂本龍馬を見に行ったりと、とにかく階段をひたすら登った。
 上の画像の通り、メチャクチャ久しぶりに行った亀山社中はずいぶん中が変わってた。

Cimg7145
Cimg7142
Cimg7143

 風頭の龍馬は変わり様もなかったが、逆にワタシが老けただけであった、とほほ。

 そうしてお昼を食べに山を下りて辿り着いたのがここ。
 ワタシが今更言うべき店ではないが、とにかく久しぶりだったので、ド定番を食べてみることにした。

Cimg7166
Cimg7167
Cimg7168

 ・ツル茶ん:昔懐かしトルコライス1380円

 場所は路面電車で行くと思案橋で降りて北側行って、東西のアーケードを東に抜けた所。

Cimg7157

 上の画像では切れっちゃってるが店の前には「孫文先生故縁之地」という石碑が建ってる。

Cimg7156

 ちなみにもう少し東に進むと「大浦けい居宅跡」がある、あの大浦のお慶さんね。
 関西では「物の始まり何でも堺」なんだが、長崎にもいくつもの発祥の地があって驚く。
 そしてこういう著名人の石碑がいくつもあっていちいち気にしてられん。

 到着したのは13時くらい、表にまでは並んでなかったが、店内はかなりの人。
 基本は二階席のようで、階段の上から下に並んでる。

Cimg7158

 しかしお昼の客が食べ終わって出ていくタイミングだったか、15分程待って階段上がった所の席が空いたのでそこに座った。

Cimg7159

 ではメニュー確認、ミルクセーキも有名な店だけど(「元祖」は分かるが何で「長崎風」なんだよ、広島で「広島風」お好み焼きって言うのは許さんぞ)、ここはトルコライス一択。

Cimg7160

 しかしそのトルコライスもバリエーション多くて驚く。
 チキンやシーフードにステーキ、ラム肉のステーキは何故か「真正トルコライス」と言うらしい。 
 とにかくスタンダードな普通のトルコライスを注文、しかし1380円ってええ値段するよなー。

Cimg7161
Cimg7162

 ここでまた15分くらい待ってようやく対面したトルコライスがこちら。

Cimg7163

 今更だがトルコライスとはナポリタンに豚カツにカレーにピラフの大人のお子様ランチ。

Cimg7164

 ではサラダを先に食べてからカツカレーとピラフ部分を食べよう、ぱくり。
 ピラフは味付けがあっさりし過ぎて白ご飯かと思ったくらい。
 この組み合わせはまさに全く奇を衒ってなくて普通やね、超カロリーに炭水化物やけど、ここでは細かいこと言わん。

Cimg7165

 続いてナポリタンを食べるぞ、ぞぞぞ、個人的にはもっとケチャップの味がクドくてもええけど、ここはこの店のカラーであくまで全てが標準って感じ。
 さー、全部食べよっか、ナポリタンと豚カツにカレーにピラフ、これ考え出した人は子供の心を持った大人や、洋食の全てを詰め込んだにしても遊び心あるね。
 単品ではそれぞれもっと美味しい店あるやろうけど、これが全て組合わさってまとまってる訳よ。


 うーん、それなりに納得した。
 けど、次行ったら(先週はラーメンに振りすぎて行けなかったんだが)別の店のトルコライスを開拓してみたい。
 自分の店を発見したいって感じやね、みんなが行く店じゃないマニアックな店。
 しかしこちらは歴史の古い店でもあるので長崎に行ったら是非ここからどうぞ。

 

| | コメント (0)

2022年1月 4日 (火)

長崎は思案橋の夜は「雲竜亭 本店」さんのひとくち餃子二人前(10個×2)400円×2・キモニラ500円・瓶ビール(キリン)500円・ハイボール400円

 昨年仕事の担当替えがあって、中国地方から九州の一部を持つことになったことは既に述べた。
 ところがコロナ禍となり去年九州に行けるようになったのは11月になった頃。
 12月には博多から佐賀にも行った、しかし今日から仕事であったが早々に感染爆発が起こりそうな予感。
 また行けなくなりそうなので、来週から行ける内に行っておく。

Cimg7053

Cimg7361
Cimg7052

 でだ、九州には仕事では行けんなと諦めて、プライベートで行くことを考えた。
 それが11月中旬に行った長崎。
 ただ10月には感染が一旦収まってしまったので、仕事で先に行っちゃって翌週にプライベートで行くという間抜けな事態に。
 結果二週連続で長崎空港を使うことになった。

 仕事で長崎に行くのは諫早でプライベートで行くのは長崎市内なのでええっちゃええんだが。
 昔はバイクで行ってたので、路面電車と歩きで行くなんて初めての経験。
 本来の目的は軍艦島だったんだが、美味しい物も食べまっしょい。

Cimg7058
Cimg7057

 ということで夜のライトアップされた眼鏡橋を見に行って、初日の夜は思案橋、飲食店が潰れまくっててテナント募集の看板だらけであったのには驚いたが。
 

Cimg7066
Cimg7067
Cimg7065

 ・雲竜亭 本店:ひとくち餃子二人前(10個×2)400円×2・キモニラ500円・瓶ビール(キリン)500円・ハイボール400円

 もう今更説明不要の有名店、メチャクチャ久しぶりに来たけどここは健在。
 場所は思案橋横丁の東の入口入ったとこ。
 店内少し間引いてたか、それでも早めに行ったので待ち時間は10分くらいで済んだ。

Cimg7060

 カウンターが空いたので呼ばれて店内に、そしてメニュー確認。
 ひとくち餃子一択やけど、せっかくなので他に美味しそうなのはと、レバーとニラの卵とじのキモニラを食べてみよう、キモニラというネーミングがワタシにピッタリや。
 そして最初はビールから始める、つまりはビーギョ。

Cimg7063

 10分も待たずに出てきたひとくち餃子とキモニラ、餃子はもちろんやけど、このキモニラの卵がとろっとろで絶妙の火の通し具合、美味そう!!!

Cimg7061
Cimg7062

 しかしまずはひとくち餃子からでしょ、表面の焦げ具合がたまらん、餃子の王道やな、んじゃぱくり。
 ほー、中のあんはフードプロセッサーでミキシングしたみたいな細かさ、しゃくしゃくした食感を楽しむ訳ではなく、ほろほろとしてて歯がなくても食べられるぞ。
 この大きさなら30個くらいやったら軽い軽い。

Cimg7064

 続いてはキモニラ、お好みでソースを、とのことだったのでちょいかけて食べる。
 とろける卵にニラとキモ、この組み合わせで不味い訳がない。
 ビールの次はハイボール、くぅぅぅ、たまりやん。 

 どちらも赤い柚子こしょうで食べると美味い、普通に出てくるあたりが九州やね。
 軽くジャブみたいに食べ終わっちゃった、一軒目にしてこの贅沢。

Cimg7072

 この後吉田類さんも行ってたおでん屋さんに行って酒とおでんで更に呑んだ。

Cimg7076

 そんで〆はやっぱり食べとかんと、とホテルの前の普通の中華料理屋さんでちゃんぽん。
 これが普通に美味いのよ、絶対的なレベルが高いのね。

 

 初日から三軒とはこの先どうなるんだ、といきなり美味い長崎なのであった。

 

| | コメント (0)

2021年12月 8日 (水)

和歌山ラーメン新規開拓その2(最終回)「中華そば 丸太屋 ぶらくり丁店」さんの中華そば770円(税込)

 もう12月なのにまだ9月の新潟から和歌山に行った話をしている。
 一軒目で食べた店は後に和歌山のミシュラン掲載店となったから驚きや。
 二軒目に行こうとしたのがワタシがウン十年前初めて和歌山ラーメンを食べて美味いと気に入ったお店「〇京ラーメン」さん。
 しかしこの日は何と臨時休業で目の前が真っ暗になった。

 でも一軒で帰る訳にもいかんので、どこに行くかと思った時に、道中ラーメン屋さんの看板を見付けてた、そこに行ってみようじゃないか。
 ということで築地通りを北上して城北通の交差点の東に折れて川を渡った所にある店に辿り着いた。

Cimg6874
Cimg6875

 ・中華そば 丸太屋 ぶらくり丁店:中華そば770円(税込)

 上の画像の案内板に「築地通り」って書いてるので場所を察してクレイ。
 この日はまだ暑くて、さんざ歩いて来たから、ガラッと入った店内の熱気にダウンしそうになった。
 着いたのはお昼寸前だったんだが、店内は結構なお客さんの入り、ひょっとして人気店なのか???
 2人席のテーブルが空いてたのでそこに座らせてもらう。

Cimg6876_20211208214101

 メニューは見る必要ないくらいに中華そば一択、初めての店やしね。
 大盛はあるけど替玉って珍しいな。
 ごはんメニューが結構充実してる感あるな。

Cimg6877

 待ってる間に店内を見ると二階があるのか、何か古くて新しい感じの店やな。

Cimg6878

 そんなこんなで10分も待たずに出てきた中華そばがこちら。
 はや寿司と茹で卵がいかにも和歌山ラーメンっぽいよねー。

Cimg6879

 ここもネギ多いな、ネギもしゃもしゃ食べてから麺をいただきやーす、ぞぞぞ、熱っっっ!!!
 ふむ、結構な細麺で食感良くてぶりんぶりんしてるな。
 そんじゃスープ、どれどれ、熱っっっ!!!←そらそーだ。
 うおー、麺食べた時に思ったけど、このスープ味濃いーなー。
 濃厚豚骨は良いんだけど、醤油ダレが濃すぎて、塩気が先立って濃いというのは良い言い方で、悪い言い方ではしょっぱくて飲めるスープではない。
 麺とかチャーシューとかは悪くないし、スープ自体も骨まで溶けてそうな濃厚さで全然ええのだけど、豚骨醤油の醤油が濃すぎてワタシにはとてもとても食べ辛かった。
 これ本当にみんな普通に食べてる味なん???
 ワタシはどんな店でもスープまで完食派なのでこちらでも一滴も残すことなくいただいたが、正直かなりキツかった。
 うーん、これが今の和歌山の流行の味なのか…、いや直前に食べた「まるイ」さんはここまでキツくなかったからやっぱりここの味で、それを受け入れてるってことか、むむう。

 って、これはあくまでワタシだけの話なので、他の人は何をバカなことを言ってるんだと仰られるかもしんないので、人それぞれってことで。

 あー、「〇京」さんがやってなかったのが大ダメージや。
 洋食に魚にラーメンにお城に、とあるにはあるんだけど、泊りに来る程ではないのが和歌山なんだよねー。
 でも「フライヤ」さんのタンシチューは超絶品だったので、年明けたらどこかで行ってみるか。
 その時こそ「〇京」さんも必ずってことで。


 それでは明日から今年最後の九州、と思う。
 泊りは博多、ラーメンとうどんが楽しみじゃ。

 

| | コメント (0)

2021年12月 1日 (水)

和歌山ラーメン新規開拓その1「まるイ 十二番丁店」さんのラーメン820円

 また話は古くなるが、9月に新潟行ったその足で和歌山に移動した。
 老舗洋食店の「フライヤ」さんで絶品タンシチューとオムライスを食べたことは既に述べた。

Cimg6851
Cimg6854

 その夜は5年ぶりくらいに「すず音」さんに行ったが、場所が変わってて、しかも新築みたいでびっくりした。
 しかし相変わらず魚は絶品だったので、和歌山の夜はこの店に行くべき。

Cimg6859
Cimg6862

 特にマグロには絶対の自信があるようなのでお勧め。

 そんで翌日、昼は当然和歌山ラーメンだよなー。
 ホテルに近い店があったので、まずはそこに行ってみることにした。
 まさか後にミシュラン和歌山に掲載されることになるとは思いもよらんかった。

Cimg6873
Cimg6872

 ・まるイ 十二番丁店:ラーメン820円

 場所は和歌山城の北で和歌川までは行かない。
 賑やかな通りではないどちらかというとまだ住宅街、現にお店はマンションの1F。

Cimg6871

 開店と同時に入店、3組目くらいの客やった。
 最近できた店なんか新しい店内は清潔よ。

Cimg6866_20211201210501

 出入口に近いカウンターに腰掛けてメニュー確認。
 前情報なしで行ったので、ラーメンがネギまみれなのにびっくり。
 これネギラーメンじゃなくて普通のラーメンなのか、和歌山ラーメンというジャンルから飛び出してそうな。
 ワタシはハシゴするからラーメンのみやったけど、ここ一軒なら平日限定昼メニューのラーメン+ライスのラーメンセット880円が良いかな。
 次もあるので普通のラーメンを注文、ネギの量を訊かれるので、ネギ大好きなので普通(普通にネギまみれ)でとお願いした。
 訊かれるくらいやからネギの量は調節してくれる、普通・抜き・少なめ・半分。

Cimg6869

 そうして待つこと10分足らず、トイレ行って戻ってしばらくしたら出てきたラーメンがこやつ、すげー。
 まずは野菜から、ネギをスープに漬けてわしわし食べる、健康的やないか。

Cimg6870

 表面が見えてから麺をいただく、ぞぞぞぉぉぉ、ほう、そこまで細麺ではないが、ビシッとしつつもなかなかの弾力性がある、活きが良いな。
 スープどんなんや、じゅるり、おおー、メッチャ濃厚やん。
 とろりとしてて骨まで溶けてそうな豚骨、醤油ダレはそこまで濃くなくて、バランスの良いスープやと思った。
 チャーシューどれどれ、肉感あるやん。
 基本、味は濃厚なので、そこでまたネギに戻ると口の中がサッパリする訳よ。

 うむ、久しぶりの和歌山ラーメン、まずは美味いのに当たった。
 と言ってるが、後に冒頭でも述べてるが、和歌山ミシュランに掲載されちゃうんよね、分からんもんだ全く。


 次回も和歌山ラーメン続く。

 

| | コメント (0)

2021年11月10日 (水)

新潟から和歌山に移動しての絶品洋食「レストラン フライヤ」さんのタンシチュー1980円・オムライス913円・ビール<大>638円

 9月の夏季休暇に新潟に行ったことは既に述べた。
 実はこの時は当初新潟3泊4日で取ってた。
 ところがピーチがコロナ禍において減便するというので、本当は火曜に帰るはずだったんだが、火~木だったかを全く飛ばなくされてしまった。
 新潟行きの直前くらいでのアナウンスであったので、しゃーなし月曜に帰る土・日・月の2泊3日コースになった訳だ。
 しかしそれだと休みが余る、そこで考えたのが関空なのでその足で和歌山に行って泊まるという変則3泊4日コース。
 これなら旅行気分は終わらない。
 和歌山は普通日帰りで十分な場所だけど、泊りで行けるぞ。
 あの飲み屋にも行って翌日は和歌山ラーメンも食べちゃおう、おー。


Cimg6825

 関空には14時くらいに戻ってきた。
 いつもなら南海で難波まで行くが、和歌山市駅に向かった。

Cimg6826

 着いてびっくり、昔の和歌山市駅の印象しかなかったのでその新しい立派な駅にはただただ驚かされた。
 駅にはワタシが週一で通うネカフェまであるではないか、いやー、凄いわ。

Cimg6827

 向かうは和歌山城のそばのR26沿いのホテル、その途中に勝海舟のこんなの発見。
 かつて和歌山に住んでたことあったのか、へぇへぇへぇ。

Cimg6863

 そうしてチェックインしてまずは向かったのはここいらでとてもとても有名な洋食屋さん。
 新聞にも広告出してた(翌日の朝刊)、年中無休とはすげー。

 15時くらいというとても中途半端な時間だけど、この前に食べたのが朝9時に食べた万代バスセンターの「ラーチャン家」さんのラーチャンセットだけやったからここ行ってから夜も飲みに行ける、はず。

Cimg6829
Cimg6830

 和歌山城の西を南下して和歌山城を沿うように東に向かう。
 途中に公園があって、SLとかが置かれてたので覗いてみた、別に鉄ではないけど。

Cimg6831

 しかし何とそこには陸奥宗光の銅像があってこれまたびっくり。
 そう言えば紀州藩出身でであったか、へー。

 そんでまた城の南側を東に歩く、この道路三年坂通りと言うらしい。
 広瀬通丁という交差点を南に下れば目的の洋食屋さん。
 ホテルから15分、和歌山市駅からだと20分以上は掛かりそう、ここまで来たらJR和歌山駅の方が近いな。

Cimg6832
Cimg6833

 ・レストラン フライヤ:タンシチュー1980円・オムライス913円・ビール<大>638円

 メイン通りではない変な立地に立派な洋食屋さん。
 しかしその佇まいから期待できそうな雰囲気がぷんぷんする。
 15時半に着いてがらっと入店、先客1名、後客なし、そらそーだ。

Cimg6841

 店内ずいぶん厨房が広い、2階席の方が広そうな感じ、1階の客席が少なすぎる。
 ワタシは入った右手奧がテーブル席なのでそこに陣取った。

Cimg6835

 ではメニュー拝見、タンシチューが絶品だということであったので、これはマスト。
 後、基本的なオムライスでこの店の実力を問う。 
 それにしてもどれも美味そうやな、これ。
 ミンチボールというハンバーグ食べたいわー。
 今見たらオムライスも特製にしても良かったな、分からんかったわ。

Cimg6837

 一方、定食に玉子料理というメニューもある。
 オムレツも良いけどシェフおすすめのベシャメルソースが絶妙の旨味という特製グラタンのチキンコキールはそそる。
 そのチキンコキールをケチャップしたテテングという謎のネーミングの料理も面白そう。

Cimg6839

 壁見たらタンシチューはタンが高騰してるので値上げしたみたい。
 コロナ関係でタンも上がっちゃうの???
 全く世知辛い世の中や。

Cimg6842
Cimg6845

 こんな時間なのでビールも頼んじゃう、ひーたまらん。
 そうして10分程で出てきたタンシチューとオムライス、どっちもすげー!!!

Cimg6844

 タンシチューは見事なまでの肉厚さ、左からタン元・タン中・タン先になるらしい。
 このドビソース(デミソース)の海がまたたまらんではないか。

Cimg6847

 オムライスの方はと言うと、卵でチキンライスをくるんでるんだが、その卵の薄さよ。
 チキンライスが透けちゃうくらい、こんなの見たことない、凄い技術やなー。


Cimg6846
Cimg6849

 んじゃタンシチューいただきます、魚ぉぉぉぉぉ!!!
 何これ、歯が要らんやん、確かにホロッととろけるやないの、ドビソースも濃厚でコクがあって絶品。
 この分厚いタン3切れで1980円なんて超特価やと思う、いやこれ美味いわホント。

Cimg6850

 オムライスも美しすぎる、しかし食べる、ほー、これもシンプルで特別なことしてないのにしみじみと滋味深い味や。
 飽きの来ない味ってこれやね、大盛で食べたい。

 合間にビールを挟んでタン食べてオムライス食べて、いやー、新潟から和歌山まで来て良かったよ。
 このお店に行く為だけに和歌山行っても良いわ。

Cimg6834

 ちゅうことでしっかり完食、ビールとタンシチュー合うねー。
 このように昼はお得限定お得なセットもやってるのでランチタイムも行ってみたい。
 しかし今年から和歌山の担当が外れてしまったので行きにくくなってしまったんだが。
 とにかくここは絶対何食べても美味しいはずや、まずは和歌山大正解であった。

| | コメント (0)

2021年10月27日 (水)

最後の新潟メシ「ラーチャン家 バスセンター店」さんのラーチャンセット680円

 また話は9月アタマの新潟に戻って今回の新潟最後のご飯。
 去年、バスセンターのカレーを食べた時にも思ったんだが、隣のラーメン屋さんも食べておかんといかんだろ、あっさり淡麗醤油っぽいし。

 ということで駅の南側のホテルから北側のバスセンターまで10分ちょい歩いて行った、相変わらず好きねー、バスセンター。

Cimg6818
Cimg6819

 ・ラーチャン家 バスセンター店:ラーチャンセット680円

 もはや説明不要、バスセンターのカレーの真隣で営業されてる店。
 カレーの方が注目されがちだけど、こっちの店も結構お客さんが並んでるんだよ。
 炒飯と中華そばとタンメンの店。
 この日は行った時間が早かったからどっちも並んでなかったけどな。

Cimg6820

 まずは券売機でラーチャンセットをポチっと。
 ラーメンとチャーハンの店なんだからこの組み合わせが初心者にとってベストなのは間違いない。
 ラーメンとチャーハンの単品メニューもあるけど、やっぱ店名通りラーチャンでしょ。
 ラーチャンでもラーメンのグレードアップが可で、手打ち煮干し中華そばだと750円になり背脂煮干し中華そばも同様、この時は冷しラーメンもあったが今でもあるんかいな。
 タンメンの店でもあるので、タンチャンセット(細麺)が850円、背脂タンチャンセット(太麺)が950円、背脂辛子タンチャンも950円であった。
 ちなみに単品チャーハンは500円、ネギチャーハンが580円、背脂チャーハンも580円。

Cimg6821

 1番客で食券渡して待つ、後客が1名でチャーハン頼んでた。
 じっと厨房を見る、チャーハン作ってる所なんてまさに職人、魅せるわ。

Cimg6823

 5分くらい待って出てきたラーチャンセットがこやつ。
 スープの色が美しく、まさにゴールドエクスペリエンス。
 チャーシュー一枚にメンマが多いか、ネギもわさっと。
 チャーハンはピシッとキトラ古墳みたいに盛られてる(最近行ったもんで)。

Cimg6824  では麺からいただきます、細麵ぞぞぞ~~~、この新潟の細めの弱縮れ麺って好きやわー。
 やっぱ個人的に太麺より細麺の方が好きなのはうどんでも一緒やな。
 スープはどんなんかなー、じゅるり、これ和の出汁のスープみたいにあっさり淡麗やな、 脂の旨味はないけど、淡麗やからコレデイイノダ。
 チャーシュー普通でメンマは角がピシッと軽い酸味。

 続いてチャーハン、ご飯パラッパラでラーチャンの名前に全然負けてない。
 火加減が絶妙なんかな、味付けも決まってるし、これとこの黄金スープの相性はバッチリでしょう、卵がしっかり入ってるのも嬉しさUPよ。

 後客が頼んでたのが実は背脂チャーハンだったんだが、作ってるのを見てたら、最後に背脂をどばっと載せてるのにはびっくりした。
 こういうのもありなんか、アホや、いやすげー。


 この値段ならバスセンターのカレーにも負けてない。
 カレーライスとラーチャンとの二択が正解か。
 もしくは2階のイタリアンとの三択が良いのか。
 改めて万代シティバスセンター恐るべし。
 年明けにまた新潟行くこと決まってるので当然行っちゃうよ、バスセンター。

 

| | コメント (0)

2021年10月13日 (水)

新潟の超有名な廻転寿司「佐渡廻転寿司 別館 立ち食い 弁慶」さんで寿司21貫・えび汁・ワンカップ4杯・計5808円

 去年は風の噂程度でしか知らなかったのだが、行った後で調べたらこんな店もあったのかと。
 だから今年は是が非とも行きたかったのが新潟の廻転寿司。

 かつて新潟に赴任していたワタシのツレから何で行かなかったのかと残念がられた、
 なので今年は初日は「せきとり」さんやけど、二日目はここと決めてた。
 今年は飛行機の都合上新潟二泊だったので、最後の夜を飾るのはこの店。

Cimg6807
Cimg6808

 ・佐渡廻転寿司 別館 立ち食い 弁慶:寿司21貫・えび汁・ワンカップ4杯計5808円

 基本は「佐渡 廻転寿司 弁慶」らしい、本店は何と佐渡島だそうだ。
 そんで新潟市内に少しずつ形を変えた店が7店あり、東京にも銀座や神田に系列店を出されているみたい。

 今回ワタシが行ったのはいかにも酒呑み心をくすぐる、「立ち食い」の店。
 寿司は立ち食いだろ、鶴橋に行ったらいつも最後は高架下の屋台の「すし幸」さんで〆て帰るもんな。

Cimg6805
Cimg6806

 ということで青梅ショッピングセンターからまた萬代橋を渡り信濃川を越えて陸橋のある東港線十字路という交差点を北に10分程歩いた所の「みなとのマルシェ ピアBandai」の一角にある。
 普通の「廻転寿司 弁慶」さんもあるが、今回は立ち喰い。

 「ピアBandai」を冷やかしてもたもたしてたせいで到着が17時半になってしまった。
 この時は9月のアタマで、新潟は酒は19時まで、時間ないやん。

Cimg6811

 それより席が空いてるかだけど、がらっと入ると右手がカウンターになってて、その一番奥が空いてたのでラッキー。

Cimg6809

 ㏋から引用「本館の味をそのままに、立ち食いスタイルで豊富な地酒と共に堪能」とある。
 ほらー、立ち食いの方がいいっしょ???
 更に立ち食い店では本館にはない約20種類の地酒ワンカップや季節の地酒もあるそうだ。
 何てったって日本酒BARだもんね。

 最近あんまり日本酒呑まなくなったので、ワンカップ事情は詳しくないんだが、地酒のワンカップなら間違いないでしょうよ。
 カウンターは確保したのでお酒を取りに行く、これが日本酒BARたる由縁で、自分で好みのワンカップをチョイスする。

Cimg6813

 結論から言うとこれらのお酒をいただいた。
 左から「千代の光」に「金鶴」に「月不見の池」に「真野鶴」。

Cimg6810

 魚は新鮮でお米も美味いと来たらお寿司として不味い訳がない。
 いきなり握ってもらったのがこの天然ブリ157円と平目二貫(平目大好き)297円×2、脂乗ってる魚と白身の旨味の平目、メチャクチャな注文やけど、天然ブリはこの日の本日のおすすめやから頼むよなー。

Cimg6812

 そして後に頼んだ海老三貫440円、これは三貫にぎりね、生と茹でと甘海老。
 生と甘はねっちょりしててナイスで茹でが想像より美味かったのでびっくり。
 結局頼んだのはレシート順にあじ・天然ブリ・かわはぎ・真鯛・平目(二貫)・紋甲いか(これも美味かったので二貫)・赤身・大トロたたき・鉄火巻・煮だこ・貝三貫・ホッキ貝・海老三貫・中トロ・玉子、以上。

 いやー、噂以上に美味しかった、ここは毎日来ても良いな(ヲイヲイ)。
 時期的に空いてたのかな、廻転の方は見てないから知らんけど、並ばずに食べられるなら絶対こっちの方がワタシの好みやった。

 

Cimg6726_20211013214401
Cimg6814

 美味い寿司に美味い酒、サイコーな気分で駅前に戻ると、駅北側の「NIIGATA」がライトアップされてピンクになってたのはちょっといかがわしかったが。
 さー、次「弁慶」さんいつ行く???

| | コメント (0)

2021年10月10日 (日)

新潟にもこんな所がある「青梅ショッピングセンター内/鈴木鮮魚」さんの鰻のかば焼き800円日本酒400円

 もう少し続く新潟、2日目の話ね。
 朝から万代バスセンターでカレー(大)とそば食べて、レンタカーで三条まで行って五大ラーメンの最後、カレーラーメンを食べて、その足でもう一つのイタリアンを食べたのが前回。
 長岡の「レストランナカタ」さんで去年撮ってもらった50倍カレー完食記念の写真を見届けて13時半に新潟へ帰るべく出発。

 帰りもR8のバイパスをひた走り1時間半くらいで借りたレンタカーに戻ってきた。
 レンタル2500円にガソリン1500円くらいやった。
 15時に帰れたのは間違いなく車のおかげ、電車で行ったらワタシのシュミレーションだと17時着くらいやったもんな。

Dsc_4882

 その17時にはどうしても行きたい店があるんだが、早く着いたので時間ができた。
 これでもう一軒行きたかった店に行けるようになった、やっほー。
 ここで初めて今回萬代橋を越えて本町に向かった、やっぱ萬代橋越えないと新潟来た気がせんよなー。

Dsc_4889
Dsc_4888

 ・青梅ショッピングセンター内/鈴木鮮魚:鰻のかば焼き800円日本酒400円

 去年来た時にぶらっとこのショッピングセンターを歩いてみたが、青森の魚菜センターののっけ丼みたいな感じの場所。
 要はこのショッピングセンター内が魚市場になってて、のっけ丼はないが、お店によっては定食とかもやってて、一品とお酒を呑める店もある。
 家に帰って来てから情報番組でこの青梅ショッピングセンターが特集されてた番組を見たが、カウンターのとあるお店では魚を1品チョイスしたら総菜が2品に味噌汁付いて、ご飯食べ放題で800円やった。
 その魚は鮭もありゃあのどぐろもあり、次に行くなら朝か昼はここやろと思ったくらい。
 それにしても駅の北側のレンタカー屋から萬代橋越えてここまで30分歩いた、あーしんど。
 途中、軽くハイボールで渇きを癒し、さてどの店で呑もうかなと。

 混んでる店もありゃそうでない店もあり、入口には中華まである。
 ぐるっと二周回って集団呑みしてたグループが出て行ったので、そこに座ることにした、TVもあったし。

Dsc_4887

 空いたから座ったってのもあるけど、これが美味そうだから狙ってたというのもある。
 こういう風に店先に魚が置かれてるので好きなの取って空いてる席座る。

Dsc_4886

 今回とても美味そうだったのがこのとても濃そうな鰻のかば焼き。
 日本酒は隣に冷蔵ケースがあるのでそこから好きな酒を取って後で支払い。

 鰻はレンチンしてくれる、山椒も付いてさぁ、どんなもんじゃろ、もぎゅもぎゅ。
 おおー、柔らかいー、それに味濃いー。
 これ酒ススム君やー。
 鰻は皮っぽい所はなくて身が厚くてむっちりのほわっと、臭みはない。
 お酒は新潟の本醸造の生原酒「君の井」、隣の席のヨッパな人が勧めてくれた酒。
 これでちびりちびり呑んで鰻一串食べて30分で出てきたが、次がなければもうちょっと呑んでたかったな。

 また一つ行きたかった店を制覇した、けど行って満足じゃなくて行けばまたリピートしたくなるのが新潟なんだよねー。


 次回は新潟で超有名な寿司屋さんに行く、ここも行ったらまた行きたくなる店なので参った。

 

| | コメント (0)

2021年10月 6日 (水)

新潟のもう一つのイタリアン「フレンド 三条店」さんのイタリアン340円

 「大衆食堂 正広」さんでカレーラーメンを食べた直後の話。

 今回、長岡市にも行こうとしてたのには二つ理由がある。
 一つには去年偶然立ち寄った洋食屋「レストランナカタ」さんで50倍の辛さのカレーを食べて記念写真を撮ってもらったので、それがちゃんと貼られているのかの確認。
 それとイタリアンのもう一方の雄「フレンド」さんに行きたかったこと。
 JR長岡駅構内に「フレンド」さんを発見してたので、そこに行こうかと。
 ところが直前に食べた「正広」さんの近くのイ〇ンに「フレンド」さんが入っているというので、これはここで行くしかあるまい。

Cimg6796
Cimg6797

 ・フレンド 三条店:イタリアン340円

 場所は「正広」さんからR289に戻って信号東に折れてすぐ。
 車だと3分、歩いてだと10分、這ってだと1時間ってとこか(ヲイヲイ)。

 「フレンド」さんは長岡を中心に9店舗、「みかづき」さんは新潟を中心に22店舗、さてこの名物イタリアンにどういう違いがあるのか。

Cimg6755

 ちなみに着いた初日に食べた万代バスセンター2階の「みかづき」さん。

Cimg6757
Cimg6758

 イタリアン350円、メニュー多めで甘い系もあり。
 特徴は極太麺のソース焼きそばに赤いマイルドなトマトソース。
 ムッチリ麺は食べ応えあり。

Cimg6798
Cimg6802

 一方の「フレンド」さん、イタリアンメニューも同様になかなか多く、イタリアンに留まらずラーメンに餃子があるのがポイント、あと甘いメニューの種類は互角か。

 とにかくここも普通にイタリアンを注文、公平にね。
 小さいフードコートみたいなここ三条店であるが、お昼時でもお客さんパラパラ、このイ〇ンがそもそも時代遅れのイ〇ンやから仕方あるまい。

Cimg6799

 5分程で出てきたイタリアン、へー、こっちの方がソースの色がミートソースではなく、 カレーと言っても通じてしまいそうな色。
 生姜はセルフなので盛ってみたが、こっちは紅生姜やん、へぇへぇへぇ。

Cimg6801

 では麺から食べる、向こうはフォークやけどここは割り箸なのね、ぞぞぞ、ふんふん、こっちの方が細麺やね(見たまんまや)。
 麺のインパクトは普通な印象。
 イタリアンソースどれどれ、うむ、これは肉々しい感じの印象で、食べ応えあるかな。
 そんなにトマトトマトしてなく酸味もない、何味という定義がしにくいな。
 味の完成度的には似たり寄ったり、好みの問題やろうね。
 ただ「フレンド」さんは受け取り口の前に調味料が置かれてて(上の画像の〇)、味を自分でカスタマイズできるのが魅力的、使わんかったけど、麺にソースかけてみたりとかね。
 値段的には同じ(並)で10円安いけど、大盛りになると「みかづき」さんは70円UPに対して、とこっちは140円UPやから、ホントどっちもええ所あるしどっちも足らん部分あるかなって感じ。
 まぁ、新潟と長岡で棲み分けしてるから一つの地域でどっちの店行こうかなんて悩む必要はないので問題ないけど。
 郷に入れば「みかづき」さんで郷に入れば「フレンド」さんってことで。

510

 ちなみに滋賀県は長浜の「茶しん」さんのイタリアンは「フレンド」さんに近いと思った、青のりは新潟ではないけどね。

 

Cimg6804

 三条で目的は済んだけど、一応長岡まで行って「レストランナカタ」さんを見に行って来たら、ちゃんとワタシの50倍カレーの完食記念写真を貼っててくれてたとさ(感涙)。

 

| | コメント (0)

2021年9月29日 (水)

再びの新潟五大ラーメンを食べる(最終回)「大衆食堂 正広」さんのカレーラーメン900円

 新潟2日目、9月5日(日)。
 朝ごはんはバスセンターのカレーを食べに行った。
 初日の一番で食べたかったが、これ食べると他に何も食べれなくなりそうだったので、二日目の朝イチに回した。

Cimg6778

 8時半くらいだったのでそれ程混んでもおらず、カレーは大盛560円でガッツリ、そして「万代そば」というくらいなので、そばの実力も知りたい。
 だからかけそば320円も注文。

Cimg6781

 カレーは今更ワタシが言うことではなく、相変わらずの口元が緩むもったりもたもたカレー、ははは。

Cimg6780

 カレーの大盛感が分かりにくいのでそばと一緒に、このそば普通の大きさの立ち食いそばなので、カレーのでかさが分かる。
 そばつゆは関西とか関東とか感じんニュートラルな感じで普通やった。

 さて、これから行くのが続いてカレー。
 新潟五大ラーメンの最後を飾るカレーラーメン、これは発祥の店がJR北三条から歩いて20分くらいの所にあるようなので、当初JRと徒歩で行くつもりであった。
 しかしいつものことだが、新潟はとにかくJRの便がひたすら悪い。
 11時開店のこの店には10時過ぎくらいに着いちゃうし、次だと2時間後くらいになっちゃう。
 その後長岡に行きたかったのと、新潟市内に17時には行きたい寿司屋があったので、それ考えて乗り継ぎ見てみたが、どうやっても戻って来れん。
 なので前夜突然格安のレンタカーを借りることを思い付き、丁度新潟駅北東徒歩5分くらいの所に2500円で借りれるレンタカーがあったので、予約して借りに行った。

Cimg6786
Cimg6788

 ・大衆食堂 正広:カレーラーメン900円

 新潟市からだとR8のバイパスをひたすら南下して30分ちょい、燕三条近くの須頃南という交差点を東に折れて信濃川を越えてすぐ、店の看板が見えるので斜め上つまりは北東に上がった所。
 食堂と聞いてたので、もっと雑多な所にあるんだと思ってたが、ロードサイドの単独店で駐車場も広く立派な佇まい。
 やっぱり車で行く店でしたか。

Cimg6787

 店の前の幟にはカレーラーメン以外にも五大ラーメンの一つみそラーメンも網羅してるのが分かる。

Cimg6793

 着いたのは11時ちょい過ぎであったが、店内は待ちきれずに入ったお客さんがたくさん居たんだろう、既にほぼ満員で空いてるテーブル席に滑り込ませてもらった。

Cimg6791

 メニュー一択なのだが一応確認。
 麺メニューではみそがトップに来てるんだよな、みそ野菜・みそバター・みそコーン。
そんでカレーラーメンがあって普通のラーメン、ないのは背脂ラーメンくらいか。
 右は他の麺や定食、一品メニューとなっている。

Cimg6790

 しかし目的はこっちでしょ、カレーラーメンメニューどどーん。
 新潟ご当地グルメ最強セットってことでカレーラーメンとミニタレかつ丼セットが1350円とある。
 下はカレーもミニになってミニミニで1050円。
 結構注文してる人が居たなと思ったのがカレーラーメン900円にライスと漬物が付いたカレーラーメンセット1000円。
 カレーにはライスだよな、麺食べ終わったらライスをダイブさせりゃ二度美味しいし。

 とにかく朝にカレー大盛とそば食べてるので、ここはカレーラーメンのみ、それでも900円もするねんな、流石名物や。
 この日はとても暑い日であったが、ほとんどのお客さんがカレーラーメン注文してたんだからみんな好きやねー。

Cimg6794  そうして10分程で出てきたカレーラーメンじゃじゃーん。
 うーん、見た目は固形ルゥのカレーをラーメンスープで割っただけのような…。
 具材ごろごろはありがたいが、ますます家のカレー的な感じがする。

Cimg6795

 ニンジンとかジャガイモの野菜があるけど麺から食べる麺太郎。
 太さは普通でストレートか、ずるずるずる、麺は普通。
 それではカレー部分をいただきまっしょい、もぎゅもぎゅじゅるじゅる。
 特段スパイシーでも隠れた仕掛けがしてる訳でもなく、ド直球で家カレーをラーメンスープで伸ばしたような、なのでワタシには固形ルゥのメーカーどこかなというくらいしか頭になかった。
 家でも固形ルゥ使うことほとんどないから。

 完食はしたけど、これ何が名物なのかさっぱり分からん。
 燕三条背脂ラーメンは全国に誇っていいラーメン、長岡の生姜ラーメンも新潟の醤油ラーメンも。
 前日食べた味噌ラーメンはそれらの一流所と比べると二枚落ちるが、カレーラーメンはもっと落ちるような。
 新潟をカレーの町として売り出したいというのは分かるが、それとここのカレーラーメンが他県人が来て美味しいと思うかは別の話。
 これは単純に家カレーをスープで割ったものでそれ以上でもない。
 具材ゴロゴロなんて家で食べりゃ具材入れ放題やし。
 でも新潟県人がカレーが大好きだというのは伝わったのでそれは納得いった(あ、新潟県人だいぶ敵に回しちゃったな)。

 これで新潟五大ラーメン完食、二年越しやった。
 カレーは??? やったけど(しつこい)、他のラーメンは別の店でも食べてみたい。
 発祥の店一回食べただけで調子こいてたらいかんからな。


 ウチに戻って計算してみたら、香川にうどん食べに行くのと変わらんくらいの時間とお金で新潟まで行けることが分かったので、競馬場もあるし、もっと行きたいと思う新潟愛が募る今日この頃なのであった。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧