2017年3月27日 (月)

宇治市×京阪電車「響け!ユーフォニアム2」デジタルスタンプラリー

 実はワタシは深夜アニメをよく観ている。
 しかし本当に深夜にやっているので、一体誰が観ているのかと謎に思う。
 「ジョジョの奇妙な冒険」も土曜の夜中3時半なんて、ほとんどニチアサくらいの時間帯にやってた。
 今年の1月放送のクールではこれといっておもしろい番組はなかったが、つーか、昨年までやってた「響け!ユーフォニアム2」ロスがかなり大きかった。
 これは言わずと知れた京都は宇治を舞台にした熱血吹奏楽アニメで、かなり感動する、いや泣ける。
 流石は京都アニメーションと言った所か。
 あ、ちなみに京アニっつったら「けいおん!」とか「氷菓」とか「天城ブリリアントパーク」とか「Free!」だよなー。

 1期の放映が終わって2期をやるという所で、京阪電車と「響け!ユーフォニアム」がコラボしてることを偶然仕事で京阪乗って行った伏見で知り、これは行かなければと、スタンプラリーに出掛けたのは昨夏。
 38度もあった超真夏日で、昼飯食うて早々に退散した、いやー暑かった熱かった。
 そういう具合に2期も終わってしまったので、そろそろ京阪とまたコラボやってんじゃないかと調べてみたら案の定やってた。
 これは早々に行かねば!!!

 ちゅー訳で何をやってるのか調べてみた。
 1つには京阪の宇治・伏見1dayチケット900円を買うと先着順だがクリアファイルがもらえる(それぞれ2500枚)。
 ちなみに1月21日~2月20日が黄前ちゃん、2月21日~3月22日がサファイア川島、3月23日~4月21日が葉月ちゃん、4月22日~5月21日が麗奈。

Cimg7552

 京阪の各駅でチケットを購入しこんな引換券をもらう、そして中書島駅でクリアファイルと引き換え。
ワタシが行ったのは3月11日(土)だったのでサファイア川島のクリアファイルがもらえた。
 まだ春休みになってなかったので残ってたかは分からんが、これから行かれる方は確認してから行くが宜しかろう。

 2つには等身大パネルの展示。
 当然ながら宇治駅と他では中書島駅と黄檗駅と六地蔵駅、去年は伏見桃山駅にサファイア川島のパネルがあったが、今回は集約してるようだ。

 3つめは「舞台めぐり」というスマホンアプリを使ったデジタルスタンプラリー。
 アニメで登場したスポットに行くとキャラクターと写真が撮れるという優れた機能に加え、開催されてる4ヶ月で毎月スポット(各4ヵ所)が変わるんだが、それらをクリアした方にはマイARがもらえる。

 後は大津線であるが、ラッピング電車が走ってるらしい。

 では宇治へれっつらごん♪


Dsc_1309

 8時半に天満橋から京阪に乗ってまずは中書島でクリアファイルをもらう。
 ひひひ、残っててラッキー。

Dsc_1310

 そして中書島の等身大パネルをパシャリ。
 ここにQRコードがあるので、読みとったらマイARがいきなりもらえた。
 しかしそれは「響け!ユーフォニアム2」のタイトル枠組で、これって微妙かなと思ったが、後になってなかなか使えるヤツだと思うようになった。

20170311_001

 つまりはこんな感じになる。
 ちゅーことで、今回は全てスマホンで撮影した画像を使う。
 ちなみにワタシのはauのAQUOSフォンである。

Dsc_1311

 次に向かうのは順番的に黄檗駅、パネルは反対側ホームにあるので、駅員さんに言って入らせてもらう。
 ここにもQRコードがあったので読みとったら、まさにこのパネルのまんま二人のマイARがもらえた。

 黄檗と言えば前回も来たけど、秀一くんの大好きなフランクデニッシュのある「中路ベーカリー」さん。

Dsc_1313_1
Dsc_1312

 店内も「ユーフォニアム」で溢れてる。

20170311_004

 そのフランクデニッシュは側がもっちりしてて、秀一くんならずとも美味しい。

 Dsc_1315

 次は宇治行っちゃえ。
 宇治駅は前回は改札内に麗奈、階段下った所に黄前ちゃんが居たが、今回は2人一緒。
 ここでのQRコードは終わってた、残念。

20170311_003
20170311_006

 デジタルスタンプラリー開始、チェックポイントの一つに縣神社があったので、平等院すっ飛ばして向かう。
 ここで出てくるARは麗奈と鎧塚センパイ。
 使い方に慣れてないので、あんまりおもしろい画像にならん、無念。

Dsc_1316

 この日はまだまだ寒かったので、宇治市観光センターで暖を取る。
 いや、トイレを借りる、すると給茶器があったのでお茶までいただけた。
 そんで昨夏に行かなくて残念に思っていた1期のパネルがまだ飾ってあったので、これをパシャリ。
 まだ顔がおぼこいこの4人、中学生上がりって感じやね、今となっては。

 Img_i2mf76

 そしてド定番の井川用水機場前もチェックポイント、ここでは黄前ちゃんが登場したので、ベンチで記念写真。
 黄前ちゃん、良い音聴かせてよ!!!

Img_45lv2t_2

 橘島から朝霧橋を越えて宇治上神社へ、大吉山展望台へのさわらびの道もチェックポイントやったか???←もう忘れたか。
 サファイア川島が単独で出てきたので宇治上神社と合わせてみた。

 
20170327_001_2

 うっかり葉月ちゃんも出てきたが、使い道が今回はなかった(笑)。
 なのでこの舞台めぐりMAPの画像に使ってみる、おもしろいねー。

 そして昨夏は暑すぎてよう登らんかった大吉山を登る。
 このじぐざぐじぐざぐした遊歩道はかなり傾斜がきつく、とてもじゃないがユーフォ持って登るような所ではない、若さって素晴らしい。

Dsc_1317_2
20170311_009_3

 15分くらい??? かけて登ったらお目当ての大吉山展望台。
 本当は夜景を見に来るんであろうが、そんな寒いことは出来ん。
 それでもなかなかの景色であった。
 ここのチェックポイントでは4人一緒のマイARが手に入ったので、全員集合で撮影。

 途中他にもARが出てくる所があったんだが、この日実は体調不良で元気に歩き回る余裕がなかった。
 なのでとっとと進めて帰る。
 具体的に言うと宇治橋や朝霧橋でARが出るんやけど、この「舞台めぐり」アプリはGPS機能をONにしないといけなくて、すると電池がメチャメチャ早く消耗する。
 なので、予備電源持ってないワタシはすっ飛ばすくらいでイイノダ。

Cimg7569_2
Dsc_1318_2
Img_5lm71u_2

 2期のオープニングを観た時にどうしても行きたかったのが宇治川河川敷の水管橋。
 これは宇治の一駅向こうの三室戸駅にある。
 駅から歩いて10分足らず、こんな狭いエリアで上手いことロケ地見つけて来るもんだ、流石地元やね、京アニ。
本来なら夕方が美しいのであろうが、これも時間的に難しいので仕方ない。
 ほら、このマイARなかなか使えるでしょ???

Photo

 ちなみに三室戸駅はあすかの最寄駅でもあるので、あすかのARが現れる。

Dsc_1320
Dsc_1319

 黄檗を越えて木幡に着くと、ここに京都アニメーションがあるというではないか。
 駅出て右すぐということだったので、行ってみることに。
 ほぼ斜め前に確かに京都アニメーションって看板が出てる。
 2階に京アニショップがあったので入ってみたが、これぞまさにオタクの集団、ワタシもその一人になってしまったが。
 何が売ってるのかと見てみたら、「ユーフォニアム」と「Free!」と今やってる「小林さんちのメイドラゴン」グッズがほとんどで、「けいおん!」や「氷菓」はバッジくらいしかなかった、残念。

Dsc_1323

 10分に1本電車は来るので、滞在時間わずか10分で次の六地蔵駅に移動。
 北宇治高校は六地蔵駅にあるという設定から、パネルは全員集合。
 駅の構内にパネルがあるのは良いのだけど、パネルとの距離が近すぎて、全体像が撮りにくい。

 ここで14時、言ってるように体調が芳しくないので、これにて終了し、帰宅。
 それでも家に着いたら17時くらいやったから十分大人の遠足であった。


 さー、春休みに突入しちゃったし暖かくもなったので、人も多くなるぞ、宇治。
 一日まるまる遊べるので京阪1dayチケット買ってデジタルスタンプラリーに行ってみたら???
 ワタシも余裕があればもう一回くらい行きたい。
 または「氷菓」の舞台である高山で「舞台めぐり」アプリを使って散策したい。
 ちなみに行かんけど、興味あるのは「甘々と稲妻」のJR中央線沿線、「普通の女子高生が【ろこどる】やってみた」の流山市、「orange」の松本市かな。
 「ラブライブ!サンシャイン!!」の沼津はええわ(笑)。

 うーん、分からん人にはサッパリ分からん今回のネタ、ま、そういう世界もあるってことで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月29日 (火)

坂本ですが? 西宮Cool探訪マップ&スタンプラリー

 突然であるが、ワタシは漫画好きでもあるが深夜アニメヲタクでもある。
 今年の春のクールでは結構おもしろかった作品が「坂本ですが?」であった。
 これは漫画が原作なので、当然ワタシは読んでもいた。
 しかしまさかこんなことになってるとは全く思ってみなかった。

 ことの起こりは11月1日だったかの朝日新聞の阪神版にこの「坂本ですが?」の記事が掲載されててびっくり。
 何とこの漫画の舞台が西宮の甲子園~鳴尾間であるという。
 毎週テレビ観てたけど全く気付かんかった。
 そんで今流行の「聖地巡礼」で11月からスタンプラリーを始めたとのことで、これは行かねばなるまい、と丁度翌々日3日が祭日だったので、朝から行ってきた。


 ・坂本ですが? 西宮Cool探訪マップ&スタンプラリー

 新聞記事によると阪神電車とコラボされてるという話で、特に鳴尾駅が大々的にタイアップしてるって話やったので、ここはスタンプラリーとは関係ないが最初に行ってみることにした。
 ちなみに阪神鳴尾駅はウチから車で20分くらいの距離。

Cimg6917

 駅に着いてびっくり、高架になってる!!!
 そういや長い間工事してたもんな、だから駅はピカピカ。
 でも相変わらずのホームの傾き具合であったので、そこは安心した(この駅は普通しか停まらんのだが、電車が止まった時にもしも空き缶が落ちていたら、ころころと転がっていくくらいに傾いているのであった、余談)。

Cimg6916

 まずは駅の柱に「阪神電車ですが?」のポスターがお出迎え、何これ、マジで???

Cimg6900

 そして「阪神電車ですが?」のみならず「西宮市ですが?」ってなのポスターも!!!
 調べてみたら作者の佐野菜美センセはこの辺りのご出身の方であるという、知らんかったなー。

 1日から初まって、ワタシが行ったのは3日、しかも朝。
 駅員さんも「坂本ですが?」目的で来た人への対処が分からなかったようで、本当は入場券を買わなければいけないのであろうが、この時はサービスで中に入れてもらった、ラッキー♪

Cimg6899

 そしてこの駅にあるのが「秘技・風景重ね合わせ(シナリー・オーバーラップス)」展、Coolに開催中だそうだ、おもしれー。

Cimg6903

 それがこれ、坂本君と8823先輩がガン飛ばし合ってる所にアニメの一場面と実際の景色の写真が額に入れられて飾られている。
 なるほど風景重ね合わせねー。

Cimg6904

 まずは甲子園けやき散歩道、あったあったこんなシーン。

Cimg6905

 次は笠屋歩道橋、これって笠屋歩道橋やったんか、うひょー。

Cimg6906

 続いては武庫川河川敷、確かにあそこに架かってる橋はR2の武庫川大橋だわ。

Cimg6907

 そして武庫川河川敷、言われてみたらこの松は武庫川や、ははは。

Cimg6908

 これ分からん、学文殿町、けど流石坂本君や。

Cimg6909

 最後は西宮市鳴尾図書館、ここに図書館あったとは知らんかった…。

Cimg6901
Cimg6902

 それだけではない、エスカレーターにはこんなおもしろ坂本君もある。

Cimg6911_2
Cimg6913

 更にトイレまで坂本君になってる、ようやるわ。

Cimg6918

 あと、これ内側から撮るの忘れたが、坂本君と猫。
 タダで入らせてもらったので、もう一回入れてくれとは言えんかったシャイなワタシ。

 ワタシは分からんかったが、他に坂本君のメガネや久保田君のお母さんが落とした貝殻のペンダントもこの駅のどこかにあるらしい。
 是非探しに行ってクレイ。


Cimg6921

 ではスタンプラリーを始めよう、まずは台紙をもらいに行くのとスタンプを同時に捺せる阪神甲子園駅へ。

 
Cimg6919_2

 駅出てすぐの「こうしえん観光案内所」で両方GETだぜい。

Cimg6920

 そこには佐野菜美センセ直筆の「西宮へようこそお運びを」と書かれたカラーの色紙まである。
 いやー、本当に西宮のご出身なんやねぇ。
 ちょっと係の人に話を聞いたが、この時でまだ3日目やが、結構人は来てるらしい。
 特にてっちゃんが遠方から来てるという話であった、鉄恐るべし。

Cimg6930
Cimg6922

 次のポイントは鳴尾図書館、駅からだと歩いて10分くらいで行ける。
 おもしろかったのは、この図書館に「坂本ですが?」の単行本が置かれてたことやね。

Cimg6929
Cimg6928
Cimg6925_2

 連続で行けるのが次で、裏にあるららぽーと甲子園2Fの「クリエートにしのみや」。
 ワタシはここの図書館に車を停めて(30分無料)、ぐるっと回って急ぎ足で回った。

Cimg6926

 知らんことばっかやが、何と舞台は鳴尾高校であったらしく、ここでは「学び舎の風景」として学校内のシーンが飾られてた。
 卒業生も在校生もたまらんのー。

Cimg6927

 そしてこんな簡易アンケートがあった。
 ワタシは昔住んでたことはあるが、今は隣の市なので兵庫県内・見た(読んだ)・知ら
なかったとシールを貼ってきた。

Cimg6939

 最後はちょっと離れているので車でないと行きにくい所だが(もちろんバスがある)、西宮浜の奥にある西宮市貝類館。
 こんなマニアックな博物館があったなんて知らんわ!!!
 1999年開館で安藤忠雄氏の設計らしい。

Cimg6936
Cimg6938

 ここではやはり佐野菜美センセのサイン色紙と坂本君の等身大パネルがある。
 ただしパネルと一緒に写真を撮りたい方は200円の入場券を払いましょう。
 この貝類館なかなかマニアックな展示なので30分は見れるぞ。

Cimg6931
Cimg6932

 これでコンプリート、すると上の「阪神電車ですが?」と「西宮市ですが?」が一つになったポストカードがもらえる。
 ああ、この「西宮ですが?」ってここの貝類館がバックになってたのね。

Cimg6941

 んで、引き換え済みスタンプとして坂本君メガネのスタンプを捺してくれる。

 いやー、なかなかアホアホな企画やったけど、軽く回れてなかなか楽しかった。
 どっかのCATVのチャンネルで再放送したら録画してまたじっくりと観ねばならんな。
 なお、この特製ポストカードは先着1000名なのでもうないと思うけど、「西宮Cool探訪マップ」は入手しといた方が良いし、阪神鳴尾駅は行っておくべきや。
 スタンプラリーは2018年3月31日までなのでファンの方は是非どうぞ。


Cimg6940

 最後に舞台の鳴尾高校に行ってみたが、ここが鳴尾高校か、というくらいに分かりにくいし、存在感の薄い学校やった(ヲイヲイ)。
 しかしこれで一気にブレイクかもよ!!!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月12日 (金)

京都は宇治「響け!ユーフォニアム」を歩く

 先週の土曜に京都は宇治まで行って来た。
 毎週々々、水・木・金で出張に出てるのに、また何を好きこのんで超暑い、沸騰した京都にまで行くのか、それにはちゃんと理由があるのである。

Cimg6233

 以前から「響け!ユーフォニアム」というアニメがあるのは知ってた。
 しかし観る機会が残念ながらなかった(そもそもユーフォニアムって楽器すら知らんし)、ところがこの6月にCATVの日テレチャンネルかなんかで一挙連続放送、というのがあった。
 それをまとめて録っておいた矢先に、仕事で年に一回行くか行かないかの伏見に行く仕事が入った。
 これは淀屋橋から京阪で行くんだが、その京阪が「京阪電車×響け!ユーフォニアム2016」としてタイアップしてると来たもんでい。
 そんでこのスタンプラリーもやってるし、これはロケ地を歩くのも良いのではないかと思い始めた。

 そんで全話観て、最終回では確かに泣いた(泣くんかヲイ)。
 内容は弱小吹奏楽部が全国を目指すという、今風ながら熱血なストーリーとなってて、ワタシみたいなオッサンが観ても実におもしろい。

 このスタンプラリーにある作品紹介より。
 「高校1年生の春。中学時代に吹奏楽部だった黄前久美子は、クラスメイトの加藤葉月、川島緑輝とともに吹奏楽部の見学に行く。そこで久美子は、かつての同級生・高坂麗奈の姿を見かける。葉月と緑輝は吹奏楽部への入部を決めたようだったが、まだ踏み切れない久美子。思い出すのは、中学の吹奏楽コンクールでの麗奈との出来事だった。吹奏楽部での活動を通して見つけていく、かけがえのないものたち。これは、本気でぶつかる少女たちの青春の物語。」。

Cimg6234

 そんでまぢまぢとスタンプラリーの用紙を見たら宇治の街を巡ってオリジナルグッズをもらうスタンプラリーのVol.4が7月27日~8月31日までとあった。
 行ったのは先週の土曜だから8月6日、果たして何か残ってるのかどうか、真夏の宇治を歩いてみることにした。

 ちなみに「響け!ユーフォニアム」というのは武田綾乃センセの原作小説をあの「けいおん!」の京都アニメーションがアニメ化したという、ハズレようがない企画であった。
 そうそう、ワタシを宇治に行かせたもう一つの理由は、10月より「響け!ユーフォニアム」の第二期が放映されるのも決め手となった。
 第二期はLIVEで観たいからなー。

Cimg6229

 さて、実はワタシは宇治にはこれまで行ったことがない。
 平等院があるが、京都の国宝とかってあんまりワタシのつぼをドンピシャ突いてる訳じゃないので、これまで行ったことがなかった。
 ではどうして行くかってことなんだが、これが便利な切符が出てて、大阪市交通局の「宇治・伏見1dayチケット」ってのを買って行った。
 大阪市交通局、つまりワタシの場合は地下鉄御堂筋線梅田駅の構内で販売してる。
 このメリットは地下鉄も京阪もコミコミで1000円で乗り降りできちゃうという優れものってこと。
 だから宇治のみならず、黄檗でも六地蔵でも中書島でも伏見稲荷でも降りて構わないってこと、これで1000円とは安い!!!

Cimg6177

 では京阪から特急に乗って中書島まで行って、そこから宇治線に乗り換えて、宇治に着いたのが11時少し前。
 「響け!ユーフォニアム」ラッピング電車ってのもあるらしいが、この日は走ってなかったようだ。


 じゃ、まずは等身大パネルから行ってみよー。

Cimg6178

 宇治駅の構内にはトランペットの高坂麗奈ちゃんがお出迎え。
 最初と最後で大きく変わったキャラクターこそが彼女、全編通して見せ場たっぷりの麗奈である。

Cimg6179
Cimg6180

 本来なら京阪宇治駅にオリジナルグッズをもらえるスタンプラリーがあるんだが、それは確かに改札出たとこにあった。
 あったんだが、いきなり終了してた、あらら。
 よほどの人気ということか、残念ながら仕方ない。
 ロケ地巡りと等身大パネルに切り替えて歩くことにした。

Cimg6181
Cimg6183

 続いても同じ宇治駅、主人公の黄前久美子ちゃん。
 この二人は最寄り駅が京阪宇治なので2つ置かれてる。
 彼女がユーフォニアムの演奏者だが、1作目では苦い出来事もあったが、2作目で巻き返すのが見所、成長する主人公ってのは良いもんだ。

Cimg6185

 これが宇治駅、劇中よく出てくるのは夜なので、日中は現物で初めて見た(笑)。
 コンクリート打ちっぱなしのお洒落な駅舎だが、コンビニ以外のテナントが入ってないのは残念。

Cimg6186
Cimg6184

 そして隣に流れるのが宇治川、黄前ちゃんが「上手くなりたい上手くなりたい上手くなりたーい!!!」として絶叫していた橋が宇治橋。
 この日は38度近くまで上がったので、とてもとても暑かったが、天気だけは良かったので山も川も美しかった。

 橋は渡らずにいきなり向かったのは川沿いを南下した世界遺産「古都京都の文化財」に含まれる神社二つ。

Cimg6187
Cimg6188

 まずは宇治神社。
 この階段は黄前ちゃんと麗奈があがた祭には行かずに大吉山に登った際に待ち合わせした場所。
 黄前ちゃんがでかいユーフォを担いで階段登ってたシーンが印象的。
 この神社は重要文化財である。

Cimg6190
Cimg6194_2
Cimg6196
Cimg6197
Cimg6198

 すぐ東に神社が並んでおり、こっちは国宝の宇治上神社。
 非常に厳かでオーラが出てた、確かに。
 ちなみに麗奈はここの横を通った際に、前の神社と後ろの神社では後ろの方が大人っぽくて好きと言っていた。

 そこで本来ならこのさわらびの道を歩いて大吉山展望台まで行って、宇治の街並みを一望せねばいかんかったのだが、いかんせんこの暑さと歩いて1.5kmも掛かるというので、早々に断念。
 10月以降、または夏が終わったら今度こそ来るということで情けなくも引き返す。

Cimg6199

 宇治川に戻って朝霧橋東詰、非常に絵になる場所なので、劇中でも使われてた。

Cimg6201

 朝霧橋から宇治橋を望む。

Cimg6202

 そして中州である橘島を渡って、本来なら平等院に行くのが観光コースなのだが、ワタシは目的が違うのでスルー。

Cimg6204

 これも劇中よく出てくるあじろぎの道。

Cimg6203

 そしてユーフォやトロンボーンやチューバも吹いてたか、これが井川用水機場前のベンチ。
 ホントしょっちゅう出てくる場所なんで、一目で分かった。
 ここで楽器の練習しても本当はええのかどうか知らんけど、京都の学生さんに対する懐の深さを見た思いがした。

Cimg6205

 おまけ、京阪から宇治川を渡った宇治橋西詰の南側には紫式部の象がある。
 源氏物語ミュージアムもあるし、好きな方は行ってみるが良かろう。

Cimg6206

 宇治橋から橘島と朝霧橋を遠くに見やって、ここからは京阪の旅、再度の等身大パネルツアー開始。

Cimg6207

 一番近いのは宇治から2駅の黄檗のカトちゃんこと加藤葉月ちゃん、チューバ命である。
 カトちゃんの最寄り駅はここのようで、チューバのチュパカブラを持って家に帰ることも多い。

Cimg6209
Cimg6210

 そこで何度か登場するのが黄檗駅出て30m程の「中路ベーカリー」さんのパンだよなー。
 この日は柚子こしょうの利いた塩焼きそばパンとハムサンドを買ったが、パンがもちもちして美味しかった。
 ちなみに店内には「響け!ユーフォニアム」の写真が貼られていた。

Cimg6212_2

 更にそこから北に2駅戻って六地蔵駅、何もない駅だったが(お昼を食べようと出てみたら何もなかった…)、ここには全員集合のパネルがあった、ここだけ冬服(別にワタシは制服フェチではない)。

 さー、残りはサファイア川島こと川島緑輝ちゃん、彼女は宇治線ではなく京阪本線の伏見稲荷駅なので、一旦中書島でお昼食べて小休止して、塩分と水分をこれでもかと補給して向かった。

 サファイア川島のパネルがあるのは京都行きじゃない反対側のホーム。
 見た所反対側のホームに向かう橋がなさそうだったので、一旦出て伏見稲荷でもぶらっとするかと、5分歩いてみたが、あまりの暑さに辿り着く前に引き返すことを決意、情けないがそれ程暑かったってこと、ホント参ったー。

Cimg6227

 そうして下りのホームでついに川島みどりちゃんコンプリート。
 この時点で14時半、これだけで4時間掛かった。
 しかし4時間でここまで回れたってのも、宇治が小さい街だからってのもあるが、電車もしょっちゅう来て便利だったから、流石京阪電車(それとなくヨイショしておく)。

 家に戻って何話か見返したが、「響け!ユーフォニアム」がおらが街の物語のような気がした(現金な)。
 さー、お盆休みのそこのあなた!!!
 京都行くなら宇治もあり、1dayチケット買って宇治に行ってみよう!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 5日 (土)

渋谷マルイ「僕だけがいない街 僕たちのアジト in 渋谷マルイ」後「仙台や」さんのチャーシューチャーハン850円大盛り150円

 今週は三重から名古屋で2泊3日であったが、先週は朝から名古屋に行って、仕事を終えて夜に東京に移動、翌日東京での仕事を終えると名古屋に移動というハードな日程であった。
 2泊3日の連発はしんどい、移動が多いと疲れも倍増、やれやれ。

152 そんな中でも、東京では昼にちょっと時間を空けて渋谷のマルイに行ってきた。
 8階のキャラクターステーションとやらに、今話題の「僕だけがいない街」の期間限定ショップが出来てるというので行ってみた。
 その名は「僕だけがいない街 僕たちのアジト in 渋谷マルイ」。
 なんだけど、期待して行った割には、展示物がショッパくて瞬殺。
 隣のウルトラスーパーアニメタイムで放送中の「教えてギャル子ちゃん」のブースの方を一所懸命に見てしまった。
 しかしアニメあと何回で終わるんか知らんが、毎回強い引きされるので、次回が楽しみで仕方ない。

Photo こないだの3日はお昼に知多半島に居たんだが、そこのショッピングセンターの本屋でヤングエース発売日とかち合い、店頭に飾ってあって仰天。
そう、「僕だけがいない街」完結号。
 アニメから入ってるのでいきなりここで漫画の最終回読む訳にはいかんが、それでもどういう結末になってるのか知りたい!!!
 もう読むか読むまいか手に取ってどうするか、迷いマイマイしたが、結局アニメの最終回を取ることとした。
 後でまとめて漫画読もうっと、おろろ~~~ん。

 話は先週に戻って、マルイは本当に通り過ぎただけ程度で終わってしまったので、とっとと昼ご飯を食べに行くことにした。
 渋谷なので本来は「ネパリコ」さんでダルバートを食べに行く所なんだが、ワタシの大食いを知ってるお客さんから勧められて、大盛の中華料理屋さんに行くことにした。


225Photo_2 ・仙台や:チャーシューチャーハン850円大盛り150円

 とにかく何を食べても量が多いらしい、中華の大盛、楽しくなってくる。
 場所は山手線の線路の西側を沿って南下すること5分程度か。
 辺鄙な場所にあるなぁ、と思いきや、開店と同時に入ったワタシであったが、後から後からお客さんが訪れる、実は超人気店なのであった。

Photo_3 一人だったのでカウンターの一番端に座らされたが、この席は鍋の真ん前、大将が中華鍋を振る様がまじまじと見れる、結果オーライ。
 とにかく何食べるか考えてなかったので、まずはメニューだ。
 字が細かいしメニュー多っっっ!!!
 開店と同時とはいえ先客が居り、酢豚定食とかカツカレー大とかオムライスとかの声が聞こえた。
 カレーにオムライスは大好物であるが、初めて来て食べるもんではないだろ。
定食も実力を図りかねるので、シンプルにチャーハン、だけどそれじゃつまらん、するとチャーシューチャーハンなる物を発見したので、これを注文してみることにした、大盛りで(ヲイヲイ)。

 店はご夫婦でやっておられるにしては広い店内、テーブル6脚にカウンター5席、これが本当に満席になっちゃうんだからよくお二人で回されてることよ。
 大将は鍋振りっぱなしやし、奥さん(と思う)は下拵えにラーメンにサービスにと奔走してる、メチャメチャ忙しい店やった。
 必然料理の出てくるのも遅くなるんだが、ワタシの次に入ってきた1人客がワタシの隣に座ったんだが、この人もチャーシューチャーハン大盛りを頼んだのでびっくりしたが、順番が来たら2人分作ることになるので、手間は幾分か省けたろう。

 ガラスの間仕切り越しの厨房であるが、ワタシの前に大将がガスコンロ2つでガシガシ料理作ってる。
 隣が厨房機器の真ん中でどでかい寸胴があってスープとなっている。
 この寸胴も大将がお玉から直接スープをすくい取ったり、あるいは料理で使う卵割った後に殻をぼんぼん放り込まれたりと、かなりハードに使われてたが、どんな味のスープか興味津々。
 そんで玄関寄りの右端が麺を茹でる鍋で、これは上でも述べたが奥さんの領分みたい。

 興味深いので、いちいち作る料理を見てたが、カツカレーの大盛りなんてマジでこんだけでかいの!? ってくらいの量で、オムライスも普通盛りながらまるで枕のよう。
 これは楽しみになってきた。
 そんでようやっとワタシらの番が来たようで、ご飯をこれでもかとジャーから皿に盛っ
てる、2人分やからなと、少しビビる。

850150Photo_4 そうして20分以上待って出てきたチャーシューチャーハンの大盛りがこちら!!!
 うーん、相変わらず全く大盛り感がない画像になってしまってる、残念。
 実際は山と言うより小高い丘ってかんじやけど、ご飯だけで2合はありそう。
 見て分かるようにチャーシューチャーハンとはチャーハンの上にチャーシューがこれでもかと載ったもの、へぇへぇへぇ、これにして良かった。

Up では食べてみよう、もぎゅもぎゅ。
 うん、チャーハン自体は非常にシンプル、醤油を回し入れてないので、本当に味は捻ってない。
 油はしっかり回ってるけど(笑)。
 そんな素朴な味付けやが、チャーシューもこれもあっさりした肉の旨味のみなので、良く言えば滋味深い美味さ、悪く言えば物足らない味付け。

Photo_5 とりあえず丘を半分切り崩してみた。
 王将のギガントチャーハンに較べたら普通よ普通(較べる物が尋常じゃないぞ)。
 とはいえやはりボリュームがあるので、後半戦からは味を変えて、醤油やらとんかつソースやらを回し掛けて食べた。
 ちなみにテーブルには調味料の他にキムチの壺があり、勝手に食べてええようになっている、変わった味のキムチ調味液やったが。

Photo_6 10分程度できれいに完食、いやーこれくらいが丁度の大盛りか。
 余談ながら隣のチャーシューチャーハン2号もワタシと同タイミングで完食してた、やるやん2号。
 でもこれくらいの量がギリかな、これ以上多かったらそれこそ大食い選手権になっちゃうからな。
 そうそう、一緒に出てきた興味津々のスープはいかにもな中華料理屋さんのスープで味わい深いものであったということを付け加えておく。

 正直二度と行くことはないと思うが(行きたいけど)、次に行くならオムライスの大盛りを食べてみたい。
 って中華料理屋さんではないが、こういうメインでないメニューが美味しいのも中華料理屋さんの良い所。

 
 超人気店なのも頷ける(女性客は居なかったが・笑)、使い勝手の良い町の大盛り中華料理屋さん。
 ガッツリ食べたい人は行って損は全くない!!!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月31日 (日)

山陽新幹線全線開業40周年記念 新幹線:エヴァンゲリオンプロジェクト

 1月14日に新幹線エヴァンゲリオンに乗ってきた!!!

11440

 これは「山陽新幹線全線開業40周年記念 新幹線:エヴァンゲリオンプロジェクト」として2015年11月7日から新大阪~博多間で運行されている。
 同時にエヴァのTV放送から20周年でもある為に今回の企画は始動したらしい。
 なんだが、上りと下りの往復1便しかないようなので、乗ろうとしてもなかなか乗れない人も多いかと思うので自慢かたがたレポートしたい。

 まずは500 TYPE EVAの運転時刻。

 ・こだま730号:博多6時36分発→新大阪11時14分着
 ・こだま741号:新大阪11時32分発→博多16時07分着

 これだけしかなく、ワタシの仕事で乗るなら新神戸→広島(福山)か、広島→福山または広島(福山)→新神戸だが、時間帯を考えたらこだま730号で広島→福山の8時34分発の福山行きしか乗るチャンスはなさそう、これなら9時10分過ぎのドンピシャの時間帯で福山に着くのでありがたい。

ってことで実は去年の内に乗っておこうと、暮れに広島に8時半過ぎに向かったんだが、5分差で遅れて乗れず、朝寒かったのでグダグダし過ぎた、がくり。
 なので今回1月14日(木)は余裕で広島駅に着いて舐めまくるように見てやろうと10分前には広島駅に着いてた。

Photo

 そうしてホームに入ってきた新幹線エヴァンゲリオン、おおお、確かにエヴァしてるやん!!!

 ワタシは元々新幹線は500系が一番格好ええと思っていたので、今回のプロジェクトは実に素晴らしいと思っていたが、案の定絵になってた。

 以下、やたらめったら画像を貼り付けるので興味のある方は見てクレイ。

Photo_2
Photo_3
Photo_4
Photo_5
Photo_6
Photo_7
Photo_8
Photo_9
Photo_10
Photo_11

 さんざデジカメとスマホンのシャッターを押したら、ぼちぼち出発、では乗ってみよう、1号車は500 TYPE EVA 展示・体験ルームとなっており「新幹線×エヴァンゲリオンパネル」「フォトスポット」「ジオラマ」、そして「実物大コクピット搭乗体験」の4つのコーナーがあるらしいが、これは事前に予約が必要で、別途料金も掛かるよう、まして応募にはJ-WESTネット会員でないといかんようなのでこれはスルー。

 しかし2号車は500 TYPE EVE 特別内装車、となっており実は見所たっぷりなのであった。

 まずは窓装飾。

Photo_12
Photo_13
22


 貫通扉装飾。

Photo_15
26_2
27
Photo_16


 床面装飾。

Photo_17
24_2
Photo_19


 シート装飾。

Photo_20
Photo_21
Photo_22


 まぁ、一通り見たら満足してシートでのんびりなのだが、トイレに行こうと2号車から3号車に向かうと、そこには喫煙スペースがあり、そこにも装飾が施されていた、やるなー。

21


 そしていよいよ目的地の福山に着きそうだという時にもっかい2号車をぼらぼら歩いて見ていたら、2号車の1号寄りのシートが展示・体験ルーム(1号車)待機席となっていた。
 広島出たての時は何人か居たのだが、20分程度で落ち着いて、福山に着く頃には見学は終わってたと思われる。

25

 そんでしげしげと改めて車内装飾を見てると、何と窓装飾のカーテンの一つに碇ゲンドウ氏が!!!

23

 これには驚いた、全部カーテンを降ろして確認することはできんが、ひょっとしてどこかの席の窓にはまだ隠れキャラが居たのかもしれん。
 まぁ、それは多分に運なのだが(そもそも天気が悪けりゃ遮光することもない訳だし)、もしも乗った方はいろいろ探してみるが宜しかろう。

 最後に福山駅での500 TYPE EVAを貼っておく。

29
28


 いやー、本来ならのぞみで23分で着く所をこだまなので49分もかけて移動しちゃったよ、贅沢な遊びであった。

 さー、乗れるもんなら乗ってみ!!!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月26日 (月)

西武池袋本店de「もやしもん×純潔のマリア原画展~石川雅之の世界~

 酷い風邪ではないのだが、だるい症状が治まらん。
 先週はその中で名古屋~東京~名古屋とハードスケジュールで行ってきた。
 まずは名古屋で一仕事して、夕方から東京に移動、渋谷でまたまたネパール料理の「NEPALICO」さんで優しいスパイスの利いた豆料理とかでワイン鯨飲。
 これまた定宿になってる池袋の変なホテルでそのまま寝たら、朝には更に調子崩してた。

 22日(木)の午前中は半死、京王線に乗って府中の方まで行かねばならんのだが、とにかく全くテンション上がらず、ハッキリ言って辛い。
 しかし熱があるとか認めてしまうと本当にダメになってしまうので、何とか気力を奮い立たせる。
 お客さんとこに行く前にマックでホットコーヒー飲んだら、ちょっと寒気が飛んだような気がして無理矢理アゲアゲで行った。
 お昼はワタシらしくもなく、東京まで来て「ココイチ」でカレー、10辛食うて汗流す。
 こんな馬鹿なことでどうなるとも思わんかったが、だいぶマシになったから人間って不思議。
 更に新宿のお客さんを訪問して一通り仕事終了。
 少し復活したのでこうなりゃ行ってまうか、と西武池袋に ↓ ↓ ↓ を観に行った。


Imag2825PhotoPhoto_2 ・もやしもん×純潔のマリア原画展~石川雅之の世界~

 えーっと、昨日25日(日)で終了してるので、残念ながら東京の方はもう行けないんだが、行けなかった人は実にもったいない。
 会場は西武池袋本店別館2階の西武ギャラリーでやってた、入場料800円。
 ちょっとスキャナーが上手く動かないのでスマホン画像。

 ワタシは漫画が好きで少年・青年・レディース(流石に少年はあまり読む物がないが)、とにかく立ち読みだけでも相当数の週刊をこなしてる。
 お気に入りはかつては小学館であったが、ここ十ウン年は講談社。
 サンデー&ビッグコミック系からマガジン&モーニング&イブニング&アフタヌーンの方が好きになった。
 あ、昔も今も集英社は仲間に入ってない、ジャンプもヤンジャンも読むもんほとんどないもんね(それはヤンマガも一緒)。

 そんな講談社シリーズだが、イブニングは創刊号から買ってる、しかも捨ててないので全冊が家に眠ってる。
 最初は立ち上げたばっかなので、そうおもろい作品があった訳ではないが、アフタヌーンから「勇午」が移籍した時はそりゃー興奮したよー。
 ちなみにその「勇午」であるが、久しぶりに復活したのは良いが、これが最後の交渉らしい、オロローン、泣ける。
 あ、ちなみに今日最新号を買ったが、柴田ヨクサルセンセの新連載があった。
 余談だが柴田ヨクサルセンセならワタシは「谷仮面」を推す、最後涙するで。

 さておき、そんな中で2004年から始まって、最後はモーニングtwoに行っちゃったが、とても好きな漫画があった、それが「もやしもん」。
 ワタシは好きになったら徹底的にその作者の単行本を買い漁るので、当然「週刊石川雅
之」とか「人斬り龍馬」に「カタリベ」も揃えた。
 石川センセのギャグは爆笑する訳ではないが、にんまりさせられるおもしろさで、泣ける話も号泣する訳ではなく、ぐすん、って感じ。
 とにかく大袈裟でない所が石川センセの良い所。
 まぁ、「もやしもん」については誰もが知ってるであろうことから説明はスルーするー。

Photo_3Photo_4Photo_5 今回何で池袋で原画展が開催されることになったか分からんが、一つには「純潔のマリア」がアニメ化されたタイミングということもあるのかいな???
 残念ながら当然の如く原画については撮影禁止なので、入口のこんなのしか画像はないが、菌もほぼ全キャラクターが総出でお迎えしてくれて大変な歓迎ぶりであった。

 東京は終わっちゃったが、次は九州は博多で3月から開催されるそうなので、九州の方は是非とも手描きの良さと(PC使ってないってことね)、アシスタントなしで描いてる石川センセのこだわりを楽しんでいただきたい!!!
 ワタシは描き込みもさることながら、カラー原稿の色の美しさに驚いた。
 やっぱ絵を描く人なんやね、本当に手描き手塗りの素晴らしいことは見れば分かる(あ、別にPCを否定するものではない)。

 当初30分くらいで帰るつもりがあまりの原画の凄さに1時間半も居てしまったってことが、その圧巻さを物語ってる。
 「純潔のマリア」の2巻最後ののモブシーンなんてよくもここまで描きなさった、と感心して感動した。
 なので一昨日は「純潔のマリア」を読み返して、昨日は1月7日に発売された「純潔のマリアexhibition」も買って、マリアの最後の最後を堪能した。
 ちなみに夜は録り溜めしてたアニメの1・2話を観て、早く続きが観たくなった。

 ちゅーことで何が言いたいかというと、九州の石川雅之ファンは行かないと損だってこと。
 行けるもんならワタシももっかい行きたい、と本当に思ってるのでな。


 って、今回は体調不良の為、山ナシ落ちナシですまぬ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月18日 (月)

機動戦士ガンダムUC×特急ラピート「赤い彗星の再来 特急ラピート ネオ・ジオンバージョン」

 今年はガンダムが35周年ってことで各地でいろんなイベントが行われている。
 大阪では今月末まで機動戦士ガンダム展開催記念の「大阪市営地下鉄駅巡りスタンプラリー」やし、天保山ではその「機動戦士ガンダム展」。
 行きたいんだが、出張ばっかで天保山まで行く暇がねー。
 時間は作るもんだと言うが、エラいもんはエラい、そうこう言うてたら盆休みも終わって通常業務、もう8月末まで待ったなしや、えらいこっちゃ。

 さて、今回のネタはこれまたちょっと古い話になるが、南海電車がコラボした赤いアイツ、3倍の速さなんか!?


Uc ・機動戦士ガンダムUC×特急ラピート「赤い彗星の再来 特急ラピート ネオ・ジオンバージョン」

 この企画はラピート運行20周年とガンダム35周年であるUC最終作~episode7「虹の彼方に」~を迎えたことで双方の思惑も一致したのであろう、普段は鉄人28号である青いラピートをシャア専用、いやシャアの再来であるフル・フロンタル専用、という訳ではないが、ネオ・ジオンの赤いラピートに仕立て上げてしまったのだ。
 そんでそれを4月26日~6月30日まで走らせてたんだねー、南海電車大英断。

 平日は行ける訳もなく、週末は出張帰りで家で休養してるし、特にこの時期は日曜が春の6月末までなんてGⅠ開催花盛りであったので、行けるべくもなかった。
 6月30日が最終日と述べたが、直前の日曜日29日は宝塚記念、こっちはゴールドシップ、つまりは黄金の船が制覇した訳だが、これは赤、どんなもんでっしょい。

 今回のポイント。

Photo_2

 ・フル・フロンタル率いる「ネオ・ジオン」をイメージした赤に車両が塗られている。
 ・車内に登場人物である「ミネバ・ラオ・ザビ」「フル・フロンタル」「アンジェロ・
ザウパー」の専用席があって、スーパーシートの利用客はこの専用席に自由に着席できて写真も撮れる。
 ・車速は通常のラピートの3倍、3倍!!!←もちろん嘘です。

 ではラピートやけどザクっと画像貼り付ける。
 見て分かるように撮り鉄も多かったようや。

 入ってくるラピート、人多すぎるし、カメラ持ってるじいさんやガキんちょも多い。

Cimg0458_2

 着艦!!!

Cimg0459

 では角度を変えてぐるっと撮ってみた。
 人が多いのでベストショットがほとんどない…。

Cimg0464
Cimg0483
Cimg0478
Cimg0470
Cimg0477
Cimg0472
Cimg0473

 そしてネオジオンのマークが貼られた中のシートがは上述の「ミネバ・ラオ・ザビ」「フル・フロンタル」「アンジェロ・ザウパー」の専用席(この画像は南海電車からこっそり使用させていただいております、苦情ありましたら削除致しします)。

Neo_zeon
Photo_3

 結局、乗ることは叶わんかったが、こうして見ただけで満足じゃ。
 それよかガンダムUCの最終話、~episode7「虹の彼方に」~は前も述べたが、ワタシの中での1stガンダムはこの「虹の彼方に」で35年かけて終わったと言える作品だったので、是非とも見てクレイ(もちろん見てない人は最初からね)、損はさせん。

Origin この次は安彦センセの「機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅰ青い目のキャスバル」が2015年春イベント上映でスタンバってる。
 何でキャスバルがシャアになったのかは必見。
 これ観てからガンダムUC観た方がもっとおもしろいのかも知れんな。


 とにかくまだまだ終わらぬ、ガンダムワールドなのであった。
 今月末までやから行ける人は天保山行っちゃって行っちゃって~~~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 9日 (土)

岡山de新B級いやSea級グルメたまの温玉めし「お好み焼き Qちゃん」さん&「ジャカッセ」さん&「ののちゃんち」と吉川ロカちゃん

 なんか巨大な台風が来てエラいことになりそうやが、何することもなく終日引き籠もってグダグダする、被害が出ないことを祈るのみ。 

 さて話は前後するが、先月東京行って帰ってきた翌日から3連休で、ここんとこずっとマイブームになってる岡山に行って来た。
 何で岡山なのかと言うと、一つには先にアゲたがうどんがかなり美味しいことからセルフうどん巡り、一つにはデミかつ丼やえびめし等のB級グルメがあることからローカルグルメ巡り、一つには大のお気に入りの回転寿司「おんまく」さんで寿司と酒、これらがあるので何度でも岡山に行っても飽きんのだ。

 しかしネタは常に仕入れておかねば、ってんで今回岡山に行くに当たって、何か新しいモンはないかいなと、ネットで検索してたら何と新しいB級グルメができとるではないか。
 場所的にも玉野市ってとこで岡山市の南なので、初日はここを目的に行けば良いじゃん。
 ウチから行くのに岡山も玉野も一緒や。

 ちゅーことでその新しいB級グルメとは「たまの温玉めし」である。
 調べた所によると、ことの起こりは2010年に開かれた玉野市のB級グルメコンテストで優勝してから以後、玉野市公認のB級グルメとして町興しに一役買うことになったそうだ。
 本人??? はB級じゃなくて港町なので「Sea級グルメ」と言ってるけど(笑)。
 どれくらいの規模のイベントかサッパリ分からんが2011年の「第1回みなとオアシスSea級グルメ全国大会in三原」で優勝し、第4回の大分大会でも優勝をもぎとってる。

 ちゃんと公式レシピがある(今流行のコピペだす)。

 1.米を炊飯する。※1
 2.長ねぎを縦に十字に切り、2~3mmの幅に切る。
 3.フライパンに油を熱し、長ねぎを炒める。
 4.2cmくらいに切った穴子※2を入れ炒め、酒をふってさらに炒める。
 5.ご飯を加え炒める。
 6.蒲焼のタレ、しょうゆ、青ねぎをサッと混ぜ合わせる。
 7.器に盛りつけ、温泉玉子をのせる。

 ※1)雑穀入りご飯を推奨する(雑穀:米=1:9がおすすめ)。 
 ※2)焼き穴子は、皮側を水洗いすることを推奨する。

 だそうだ。
 要は穴子のタレ焼きめし温玉載っけってこったね。
 そりゃータレかけご飯大好きな日本人にはウケない訳がないわいな。
 鰻丼や穴子丼ののタレだけでナンボでもご飯食べられるから反則メニューとも言える。
 まさに盲点、コロンブスの卵や!!!

 という訳で「温玉めし」食べに行くぞ、おー。


719qQ_3 ・お好み焼き Qちゃん:たまの温玉めし700円

 場所は宇野高松間を結ぶ宇高国道フェリーのフェリー乗り場の西側、警察署の並び、そんなに難しい場所じゃない。

 12時半にはなってなかったが、がらっと入れば先客として老夫婦が1組。
 メインの鉄板前の席が空いてたのでどっかと座って、ろくにメニューも見ず温玉めし注文。
 鉄板で焼くのかと思いきや、裏にある厨房で作るのだそうだ、ま、どっちゃでも構わん。

Q その間に写真を撮る、山陽新聞の夕刊、12年4月7日のご当地グルメ食べ歩記って記事。
 
 「かば焼きのたれでしっかり味付けされた焼きめしにトロ~リ温泉卵をからめると、まろやかな味に変化。甘酸っぱいガリは絶妙なはし休め」。
 「蒸してふっくらアナゴのかば焼き きざんだアナゴもたっぷり入ってるので大満足!」、「にぎやかな外観の店舗はまさに『THEお好み焼き店』量が多くて安い! と常連客にも評判」、だそうだ。
 取り上げられとるねー。

Q_2 そして「たまの温玉めし」のオフィシャルなポスター。
 「港まちのSea級グルメ。おいSea! たのSea! 温玉めSea!」だって。
 いしいひさいちセンセの「ののちゃん」が登場してるのは、そのいしいひさいちセンセの地元にして「ののちゃん」の舞台がここやから(劇中ではたまのの市と言ってる)。
 そういや、いしいひさいちセンセってこの辺りの出身やったっけと思い出してみたり。


719
Photo

 話はここから脱線するが、近所には「ののちゃんち」というどう見ても元薬局かなんかを改装したいしいひさいちセンセの記念館? みたいなのもあり、「たまのの市」が舞台の回もちょこちょこ登場してる。

4_2

 壁の4コマを切り取ってみる、ここまで公開してるので、今回は著作権云々はスルーしてクレイ。
 これは「玉野4コマまんが祭り2011」って書いてあるので、そのイベントの書き下ろしなんかな???

Photo_2

 中に入るとごあいさつとプロフィールがあり、ごあいさつに『いしいひさいち氏は玉野市でうまれて、玉野高校を卒業後、関西大学在学中からアルバイト雑誌に「Oh! バイト君」を連載…』とある。
 そんで、『その「ののちゃん」が住む町のモデルは玉野市といわれています』、ということなので、「ののちゃん」ファン、及びいしいひさいちセンセのファンは岡山は玉野市に行かなければなるまい。

Photo_3

 そして展示物としては主要キャラが主役の4コマが飾られてる。

Cimg0298
 

 これは8月6日の朝日新聞の「ののちゃん」、「たまのの」と「温玉めし」がさりげなく出てる、分かる人にしか分からんネタやが、全国紙でっせこれ。

 ちなみにこの回の主役は吉川ロカちゃん、ここから更に大きく温玉めしから逸脱してしまうのだが、その「ののちゃん」内で月1・2回程度出てくる話で、普通の「ののちゃん」のストーリーとは別にこの「吉川ロカ」シリーズを連載内連載してたのは一部では有名な話。
 10年前に海難事故で母親を亡くした女子高生のロカちゃんは、このキクチ食堂でのLIVE活動なんかのおかげでついにポルトガル歌謡のファド歌手としてメジャーデビューを果たしたのが2012年3月24日の朝日新聞のこと。
 この「吉川ロカ」シリーズの最終回は、最終回と思わずワタシ的にはロカちゃん良かったなと感動して読んだ記憶がある。
 そんで話は前後するが、温玉めし食べ終わった後、この「ののちゃんち」に行き、上のロカちゃんの4コマ漫画が飾ってあったので、このロカちゃん最近見ないけど、メジャーデビューした後どうなったんですか??? と館内の人に聞いたら、あれで最終回でもう登場することはないとセンセも書いてたよ、と言うので、その「いしいひさいち 仁義なきお笑い」という本を読んでみたら確かにそう書いてあった、3月24日付けの朝刊をもって終了と。
 ところが、先月久しぶりにロカちゃんが登場してきたので、すわっ! 「吉川ロカ」シリーズ連載再開か??? と密かに思ってたら、2度目がこの回、これは続きがあるものとして、ロカちゃんファンのワタシとしては今後も「ののちゃん」楽しみに読ませてもらいます。


 長くてスイマセン。

Q700 話は戻って「Qちゃん」さん、程なく温玉めしが出てきた、これがそうかそうですか~~~。
 穴子タレ焼きめし温玉載っけに味噌汁付きで700円ならお得ではないかい???

Qup ワタシは玉子は最後に潰す派なのでまずは普通に穴子タレ焼きめしをぱくり、おおー、そりゃ美味いやろ(笑)。
 穴子は刻んで焼きめしの具材としても入ってるが、更に大きく切ったのが盛られており、ちょっと贅沢感あり。
 他は玉子(温玉とは別)に玉ねぎににんじんにピーマンとか、実に正統派や、土曜の昼のウチのご飯みたい。
 これが甘辛いタレと醤油で味付けされてるんやから間違いはない。
 一見強面のお母ちゃんだが実はしゃべり好きで集中して食べさせてくれないのにはいささか参ったがそれも味か。
 最後に温玉をスプーンで崩して絡めて食べたらそれは至福の瞬間であった。

 今やB級グルメは作るもの、あまりにも突然すぎるメニューだと違和感を感じるが(ワタシの中では豊橋カレーうどん)、ここはそうは感じない。
 おそらくこの海で穴子が捕れるんであろう、瀬戸内やし、そこから発想するなら良くできた創作料理で、まるで昔からあったメニューを現代風にアレンジしたと言っても過言ではない。
 個人的にはかなり気に入ったと言っておく。
 岡山を知った気で居たが、まだまだやったわ。


 ちゅーことで美味しかったんだけど、一軒だけ食べて全部を知った気になっちゃいけんだろ、なのでハシゴ。

 いろんなとこでこのたまの温玉めしを食べさせてくれる店があって、変わり所では玉野市のしやくそ食堂では500円で食べることができる。
 これは素ラーメンが鳥取しやくそで食べれるのと同じくらいにレアや。
 あとおもろいのは玉野市競輪場内食堂なんてこれまた興味深い。
 ゴルフ場内のレストランやゲストハウスで提供されたり、ホテルのお食事処やカフェでも食べられる。

 そんな中、次に選んだのはフェリーターミナルにあるここ、車で3分程の近所やったから。


719jacasse ・ジャカッセ:たまの温玉めし650円

 産業振興ビルと言うらしい、釜揚げパスタと手作りピッツァの店。
 海の玄関口なので当然ここで温玉めし出さないとどこで出すんや、って感じ。

Jacasse ランチで注文したつもりやったんやが(定食は750円)、食べ終わって会計する時に650円と言われたので、味噌汁が付いてたが単品として扱ってくれたのだと解釈。
 定食なら小鉢が付いてたみたいやったが、いくらなんでも2皿食うとキツいので小鉢がないだけでも助かった。

Jacasse650 13時前で結構店内賑やかやったので時間掛かるかと思いきや、5分程度で出てきたのがこれ、じゃん。
 おおー、カフェめしになってるやん。
 上に海苔トッピングするだけで違う皿になったみたいや。

Jacasseup では食べる、ぱくり。
 ほー、ぱらりと炒められてるのなー。
 「Qちゃん」さんではレシピに沿った王道のタレと醤油の温玉めしだとすると、ここはニューウェーヴな感じ、上品に洗練されとるね。
 「Qちゃん」さんがお袋の味なら、こちらは余所行きの味、見ての通り、店構えからして全く違うもんな、ははは。
 具材はにんじんやピーマンはなく玉ねぎで至ってシンプル。
 ぱらっとはしてるがタレの味はあるのでこれまたご飯ススム君、穴子と温玉を絡めて食べたら誰でもファンになっちゃうんじゃないの???

 って具合に2軒連続で食べたが、似て異なるがアレンジの仕方の妙を思った。
 ラーメン屋さんの温玉めしも食べてみたいし、和食屋さんの温玉めしも食べてみたい。
 結構奥深かったりしてね。
 とか言いながら、これはワタシの家メシとしてこれからは外で食べずに家で食べます!!!←ヲイ。


 これでデミかつ丼にえびめしに温玉めしと3本柱が揃った。
 さー、どんどん岡山に行っちゃって行っちゃって~~~。
 岡山市内から玉野市に向かう途中にセルフのうどん屋さんをいくつか発見したので、岡山市内のうどん屋さんはある程度行っちゃったから一旦休止して、次回から玉野市に狙
いを定めるのもありかも。

 これでワタシも「おんたマニア」かな、ははは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 3日 (土)

機動戦士ガンダムUC展in池袋

 だから先週は東京に行ってた、変則日程で火曜に大阪での仕事を終えて、夜から東京に乗り込んで前泊して水曜は朝から営業活動。

 そんで水曜は朝はホテルに軽食が付いてたので(「宮武」で激怒したのは木曜朝)、昼何食うかとうろついてたら、築地直営とかいう回転寿司の店があって、そこで刺身3種盛ランチってのがあった。
 ご飯もお代わり可で税込み800円ちょいやったと思うが、入って注文した所、全然出てこない。
 10分経ってもまだ出てこない、20分近くになって、どんだけ時間掛けて魚捌いとんねん、もうええわい帰ろうと思ったら(実際持ち帰りの客が何組か怒って帰ってた)やっとこ出て来やがった。
 ってくらいに不出来やったので、せっかく東京に行ったのにネタが悪かったんだが(刺身だけにな)、やはり持ってる男は違う。
 泊まりは前回言ったように池袋、山手線からパルコの方に出るんだが、そのワタシがいつも泊まる宿のほん近所の池袋パルコ別館4F特設会場にてあの展示会をやってたので、これはと入ってみた。

423ucin_3

 ・機動戦士ガンダムUC展in池袋

 サブタイトルは~Road to episode7~。
 この展示会は去年の10月14日から札幌パルコで始まって福岡・名古屋と続き、そんで今回池袋で開催、以降その他地方で開催予定だそうだ。
 5月17日公開のepisode7でについにユニコーンも最終回を迎える、episod「虹の彼方に」がそれである。
 この公開に先駆けて、CATVでは(アニマックスね)日曜日の夜に2話ずつ放送されており、ワタシもまさに昨日録画したのを何度目か楽しんで観た。
 まさに旬のネタで、episod6の終わりがメチャメチャ盛り上げてくれたのでこれは何とかして観なければばいかんと思ってる次第。

Uc

 なんてったってこの赤いヘルメットのマスクの男、シャア・アズナブルの再来と言われてるフル・フロンタルが気になるでしょうが(著作権スルーしてくれ)。
 「虹の彼方に」では1stを踏襲してまたシャア、もといフル・フロンタルが足がないモビルスーツに乗るみたいやし、ラストが興味津々。

 ストーリーを語っても仕方ないので展示物に行く。
 中には撮影禁止のものもあるが(設定原画とか上記足のないモビルスーツもそう)、ワタシにとってはお宝もあったので300円の入場料は値打ちあったな。

Ucin

 まずは入口には肖像画が並べられている。
 主人公のバナージ・リンクスに連なる人達であるが、紅一点がオードリー・バーンことミネルバ・ラオ・ザビ、あのドズルの娘。
 彼女がこのストーリーの始まりである。

 中に入ってみるとこれまでの各episodeのポスターが貼られており、その奥のTVではざっとしたユニコーンのこれまでのダイジェストが流れてる。
 「逆シャア」から3年後の設定であるが、もちろんこれまでのストーリーなんぞ知らなくてもかなりおもしろい、知ってるとよりおもしろい、とナレーションでも言ってたがその通りであろう。

Ucin_2
Ucin_7

Ucin_5

 最初にして最大の目玉展示物がこれ(ワタシ的に)、フル・フロンタルの原寸大マスク、マージーでー。
 このフル・フロンタルは登場回でいきなりマスクを脱いで自分がシャアであるような話をしてるが、そのまさかの原寸大マスク、これ売ってたら間違いなく買ってたな。
 ホント、嬲るようにレロレロ見たわ、いやーこれ見るだけでも行く価値あるよ。

Ucin_8
Ucin_9
 

 さて、続いてキャラクター設定、ネオ・ジオンのと地球連邦軍。
 あのブライト・ノアも艦長として出てくるんだよ、うふ。
 1stガンダムからはカイがほんの少し出てる、アムロはこの額入り写真通りにブライトさんの回想で出てくるだけね。 
 当たり前っちゃ当たり前やが、ネオ・ジオンも地球連邦も脇役でしぶいオッサン達が出てくるのよ、ガンダム的にはお決まりの地球の砂漠のシーンもあるしね、ここでまた泣かせるんだー。

Ucinhobby
Ucin_10

 さ、次に進む。
 これが主役のモビルスーツと船、白いモビルスーツがユニコーンガンダムで赤いのがシナンジュ。
 どちらもサイコフレーム搭載、分かる人だけ分かってクレイ。
 味も素っ気もない暗い緑の船体はガランシェールという輸送貨物船。
 足付きもどきはネエル・アーガマ、かつてのホワイトベースを彷彿とさせる。
 この2隻のいずれの艦長も良い味出してる。

Ucin_11
Ucin_12
Ucin_13
 

 そして更に奥に進むと最後にフル・フロンタルが乗る撮影禁止の足なしのモビルスーツに、1/10サイズの黒いユニコーン、バンシィ・ノルンのデストロイモードが立っている、やるなー。

 一番最後は原画が展示されてあってもちろん撮影禁止。
 展示スペース自体は全然広くないが、ワタシは1時間近く居たかな。
 好きな人にはたまらんでしょう。

Ucin926

 いやー、充実してたなー、ってんで入口に戻ってお土産コーナーを見てたら、流石にシャアは魅せるなという一品を発見。
 「シャア専用赤いポテトチップス」926円。
 シャア専用ザク!! 3倍辛い! 3袋入り! だそうだ、ははは、おもろすぎるやん。

 何が何やら分からん人も多いだろうが、実はこのユニコーン、6月1日(日)から毎日放送で3週連続2話ずつ放送されるので、深夜ながら観たことない人は是非どうぞ。

Cimg9781

 尚、来場者にはこの【ガンダムトライエイジ】プロモーションカード(非売品)がもらえるので、ファンの方はやはり行くが良かろう、つか行ってるか。


 ということでGW突入、何の計画性もないまま徳島に鳴ちゅるうどんを食べに行くとする、サイナラー。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 3日 (日)

2013 たけはら憧憬の路

 広島県竹原市に仕事でよく行くという話はしょっちゅうしてるし、今年は竹原市のイベントには全て参加しようと、雛めぐり・竹祭り・七夕祭りときて、イレギュラーでももねこ様祭り、そして今回のメインイベント「憧憬の路」である。

 行ったのは先週の10月26日(土)、イベント自体は翌日の27日(日)と、そしてこの土・日なんだが、特に今日は「町並み竹灯りたけはら憧憬の路~たまゆらの日~」の「たまゆらの日2013ファイナル~もあぐれっしぶ~」 で、トークショー+アーティストライブイベントがあり、照蓮寺に監督さんと声優さんが揃って盛り上がっちゃう訳だ、ついでにヲタク軍団も集結するらしい、怖い。

 ワタシは前回のももねこ様祭りで懲りたので、通常営業の初日に行ってみた。
 もちろん金曜日は仕事を済ませて自腹で一泊してから。
 しかしこの金曜日が台風襲来で、中国地方は早くに過ぎてたとはいえ、そこは呉線、遅延なんぞは当たり前なのである。
 お客さんの所に15時半くらいに行く予定が三原発の竹原行きの電車が来ない。
 確認すると何と111分の遅延、ヲイヲイ。
 ま、ワタシ的には1時間遅れくらいでお客さんの所には行けて、しかもお客さんは呉線の事情は当然ご存じなので同情までしていただいて何の問題もなかったのだが、帰りも悲惨であった。
 18時半に駅に着いたが、電車が来る素振りは全くなく、先に待ってた女子高生に何分待ってるか尋ねてみたら30分以上待ってるという、しかし電車は遅れてるとのアナウンスはあるが、何分遅れで来るとか言うアナウンスが全くないので、仕方なくコンビニで酒買ってきていつ来るとも分からないので一人宴会開始。

1025 そうしてビールをごきゅごきゅ呑んでたら、信号待ちでこのバスを発見、慌ててカメラを取り出してシャッターを押したが、いかんせん突然過ぎてこんな画像になってしまった、たまゆらっぴんぐバス。
 側面だけでなく後ろにもラッピングされてた。
 

Photo 以前、大崎下島に行った際に(いずれアゲてやる)、たまゆらっぴんぐフェリーというのを見かけたが、バスも走らせてたのね。
 芸陽バスもやるなー、ちなみに調べてみると広島~竹原間を走らせる「かぐや姫号」にラッピングされてるらしいので、ワタシはいずれ乗ることもあるか。
 ではない方は、わざわざ広島まで行ってこのバスに乗って竹原まで行ってクレイ。

 さて、そんなこんなで電車が来たのは19時過ぎ、景色が良い々々と絶賛してた呉線だが、海の側を走ってるのみならず山と海の際を走ってる、三原~須波間は途中は山と民家との間を抜けていくので、もし地盤が緩くなって土砂崩れが起きれば大きな被害になる、そしてあってはならないことだが、まさかそこに電車が巻き込まれれば一大惨事となる。
 だから時速10km以下での徐行運転なのだ。
 結局、三原に着いて宿を取ってた尾道に着いたのは21時前、ヤレヤレであった。


 当日26日(土)は台風も行っちゃって天気は徐々に回復、夕方まで尾道観光した後、18時くらいに竹原に乗り込んだ、最大のイベントであろう「憧憬の路」とは如何なもんじゃい!!!

 
 駅を出てあいふる316に向かう、なるほど、こういうふうに竹の中にろうそくを入れて竹灯りとする訳ね、って知ってたけど(笑)。

10262013_2

 この日のももねこ様はハロウィン仕様であった、ゆるキャラGPにも出てるという話やが、広島と横浜以外で票取れるかいな。

2013
20132

 では道の駅をスルーして町並み保存地区へ行ってみる、旧笠井邸から順に見ていくこととする。
 しかしもの凄い人であったと言っておこう、ワタシはもっと情緒あってしみじみ見るもんだと思ってたが、どうしてどうして。
 地元の人達に観光客、カメラマニアにたまゆらヲタが混在して想像以上の混雑、このhitotose(一年)のイベントで最も多かったと言って過言ではない。
 ま、今日が一番多いのかもしれんけど、それはアニメ系ヲタ軍団が多いからで、やはり通常の「憧憬の路」が一番の目玉だと思う。


 では旧笠井邸、このどん突きがそう、毎回行ってるので今更説明はイランだろ。

2013_2

 二階に上って逆に通りを撮ってみる、暗くて何にも写ってないな、ははは。
 当然、三脚なんぞ持っていってないので、画像は全てブレマクリングと言っても過言ではない、とほほ。

2013_3

 いつも琴を展示してる間には傘が置かれてライトアップされていた。

2013_4

 そして竹原と言えば今や「おかえりなさい」だよなー。

2013_5

 一階の中庭もゆらゆらと竹灯りが、ここで竹原の地酒呑みてー。

2013_6

 続いては地蔵堂に行ってみる、ここも竹で作ったオブジェが多く、観光客も多かった。

2013_8

 特に今年は富士山が世界遺産に選ばれたことからこんな記念竹細工も。

2013_9


 流石に最大のイベント、松阪邸が無料開放されたので入ってみた。
 まぁ、混雑してることよ。

2013_10
2013_11

 と、広場にも庭も美しい。
 撮ってないけど、影絵みたいなライトアップの中、カップルがむちゅっとするようなコーナーもあって結構軽いなと思った、はは。
  そしてここから仰ぎ見ると普明閣が、こういうふうに見えるのねー。

2013_13


 では西方寺に上がってみよう。
 途中竹鶴酒造で屋台が出てて、どんだけ鶏もも肉の炭火焼きとか焼きそばとかでビール呑みたかったか、しかし朝から夕方までに尾道を食べ歩いたので余力なし。
 そんでお好み焼きの「ほり川」さんも長蛇の列、ありゃ1時間は軽く待たないと店にも入れんな。

 その西方寺に上がる階段、落書きしすぎて何が何やら分かりにくいが、とにかくこの丸いのが「たまゆら」←ヲイ。

2013_14

 たまゆらとは「ふわふわと幸せな気持ちの時に写真に写る小さな光の子供達、たまゆらの写真は見る人の気持ちをちょっぴり幸せな気持ちにしてくれる」のだそうだ、幸せな気持ちに浸ってくれると幸いである(しばかれるな、間違いなく)。

 西方寺の普明閣からの夜景、○の部分が松阪邸。

2013_15


 戻って隣が町並み保存センター、普段は観光案内とかもしてくれる。

2013_16

 一応、竹灯りを撮りたいのでストロボなしの地蔵シャッターで(固まってシャッターを押すこと、ワタシが今造った言葉)ブレを軽減(してないしてない)、後は画像補整しまくりである。

2013_17

 ここも中庭があって、超大作の東京スカイツリーが!!!
  竹灯りで撮ったのとブレが嫌やったのでストロボ発光させたヤツと両方貼り付けておく、上が竹灯り、下がストロボね。
 補正しまくってるからどっちもどっちかいな。

2013_18
2013_19

 これは時間的には少し戻るが上の西方寺に上る階段から見下ろした画像、同じく上が竹灯りで下がストロボ。

2013_20
2013_21

 地元の子供達はここ憧憬の広場が一番のお楽しみでは???
 何故なら自分たちが書いたお願い事が竹灯りに灯される、願い事も叶うと良いねぇ。

2013_22
2013_23


 更に北に進んで(つっても隣やけど)歴史民族資料館。
 竹まつりでは見事な鯉が編まれてたが、今回は竹の灯籠でこれも美しいものであった。

2013_24
2013_25

 資料館の入口には竹繋がりでかぐや姫が、そういや今回かぐや姫のコスプレ嬢が居なかったような。

 2013_26


 これは駐車場かな、空いてるスペースでこんな美しい物を、しかしいくら竹処とはいえここで使う竹と懸ける時間は大変なもんやろうに。

2013_27

 そして修景広場、「ようきんさったの」、広島弁じゃぁねー。

2013_28

 竹の折り鶴のようなオブジェまである。

2013_29


 そして胡堂、端まで来たぞ。
 この手前のお店やったか、でご主人が竹笛でエーデルワイスを素敵な音で奏でられてた。

2013_30

 ここで20時、いかん、20時19分竹原発や、ちゅーんで慌てて照蓮寺でギターライブやってるのを通り抜けてパチリと写真を撮って急ぐ。

2013_31
2013_32


 最後に藤井酒造交流館辺りの竹で組んだ本当は溝に落ちることのないように作ったガードなんだと思うんだけど、これがライトアップされるともの凄く美しくなる。
 芸術は爆発した…かな??

2013_33
2013_34


 もうここからはダッシュで竹原駅まで戻って、何とか20時19分に間に合ったのだが、またまた呉線やってくれました(呉だけにな)。
 
 8分という微妙な遅れやったけど、それは三原で山陽本線に乗り換えるには間に合わないとてつもないでかい8分で、家に帰れないことすら覚悟したが、尋ねてみるとこだまになるが何とか新神戸まで行って乗り換え乗り換えしたら家に戻れることが分かってヤレヤレ。

 ちなみに家に着いたのは0時半であった…。
 
今日の阪神間はぼちぼち雨が降っているが、せっかくの「憧憬の路」の最終日、ろうそくの灯りで最後まで町並み保存地区を灯して欲しいもんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)