2024年1月 9日 (火)

岡山は上道で味わい深い店と味「レストラン ツモロ」さんのハンバーグステーキ(サラダ・ライス付き)1000円(税別価格)

 沖縄から帰ってきたのが2日、3日は家で疲れ果てて回復に充てる。
 4・5日が仕事で3連休。
 ワタシはシーズンになると18きっぷを買うんだが、冬の18きっぷは使用期間が短い。
 10日までなので昨日までの3連休で使わないと期限切れちゃう。

 岐阜・名古屋は仕事で行き過ぎてるのでもはや面白くもない。
 岡山はお隣県で18きっぷで行くには丁度良い時間と距離。
 ラーメンも美味いしうどんも香川に近い分だけ美味い。
 それにいつも夜飲みに行く店があるんだけど、これがまた何食べてもハズレがなくて、流石ミシュランも目を付けたなと感心した。

 しかし今回はまずは岡山中心地に入る前の話。
 うどんかラーメンをよく探すが、最近はハンバーガーとか肉もよく食べる、岡山の少し手前に興味ある店を発見したので、そこに行ってみることにした。

Cimg2123
Cimg2124
Cimg2134

 ・レストラン ツモロ:ハンバーグステーキ(サラダ・ライス付き)1000円(税別価格)

Cimg2135

 場所は上道という、三つ手前の駅。
 11時開店だそうで、山陽本線とはいえ、このローカルな場所にはそうしょっちゅう電車は来ない。
 10時半くらいに着いて、駅周辺で何か時間を潰す場所はと、しかしこの駅はコンビニすらない。
 車なら少し走れば何かあるんだろうけど、このR250沿いには一番上の画像の通り、歩いていける場所にはなーんにもない。

 しゃーなし早めに着いて写真パシャパシャ撮ってた。
 とにかくこの外観凄過ぎやろ、昼前やからええけど、夕方は幽霊屋敷やで。
 若干傾いてるように見えるのは気のせいか。
 そんで中を見てたら店のおかあさんが入れてくれて中で待ってて良いとのこと、ラッキー♪

Cimg2125

 店内がこれまた実に素晴らしい、こっちは怖さはなく、ヨーロッパの田舎の店のような雰囲気、実に味わい深い。
 一番奥には個室があって、昔はよく貸し切りで誕生会なんかやったそう、良いねぇ。

Cimg2127

 待ってる間にこの店のシステムについて書かれてたのを見付けた。
 完全セルフの店だそうで、まずカウンターで注文したら、コップに水を入れて席を確保。
 注文の品が呼ばれたらカウンターに受け取りにいく、だいたいサラダ→ライス→メインの順みたい。
 そんでナイフとフォークを持ってきて自分の席で食べ終わったらカウンターに返すという流れ。

Cimg2126

 何食べようかと考えることもなく、ここはハンバーグが美味いとの前情報だったのでハンバーグ一択。
 カレーはもうやってないみたいだけど、ローストポークにローストビーフにビーフシチューが1000円税別。

Cimg2128

 10分くらい待ってたら上述の通り、サラダにライス、そしてラストに出てきたハンバーグ、何じゃこりゃ!!!
 げんこつ大で横から見たらエアーズロックに見えんことない(行ったことないので適当)。
 上にクルトンがまぶされてるのが珍やね、ソースの上に浮かんで見えるのもなかなか。

Cimg2129
Cimg2130

 残念なことに大きさが分かりにくいのがでかい料理の欠点。
 ハンバーグ単体で撮ってみたが、イマイチ伝わりにくい。

Cimg2131

 げんこつ大なのでげんこつと比べてみたが今度はピントが甘い上にげんこつと前後してて比較になってない、あうー。

Cimg2132

 ま、ええわ、先に野菜食べてからハンバーグ、まずは割ってみよう。
 この大きさで中まで火が通ってる、オーブンで仕上げてるからか、側が見ての通りカリっと焼けてる。
 肉汁ドバーではないが、ジュわって感じ。

Cimg2133

 ではいただきます、もぎゅもぎゅ、おおー、このソースがメチャクチャ美味いやん。
 粗挽きのミンチで食感があって、肉々しい所にこの醤油に生姜に酒かみりんか、そこに肉汁が合わさったソースは肉も米もススム君やでこれ。
 何gくらいあるんかな、400か500か、恐ろしいことにこのげんこつ大のハンバーグがペロリと食べられちゃうのよ。
 特に香辛料が利いてる訳じゃないんだけど、焼きとソースが絶品。
 行儀悪いからやってないけど、このソースにライスをダイブさせて食べたいくらいよ。

 開店前の一番客やったが、11時でオープンしたら団体客とか、一気に押し寄せてほぼ満員。
 知ってないと来んわな、一見さんは外観だけやったらビビってよう入らんもんな。


 人気店の理由が分かった、店外のもじゃと店内のメルヘンと強烈な個性のハンバーグ、そしてアイパッチしたおとっつぁん。
 こりゃ足伸ばして行く価値ありでしょう。
 是非お勧めしちゃうので隣県の人、行って行って~~~。

| | コメント (0)

2023年12月13日 (水)

佐賀でまさかのハンバーグ「HAMBURG MAN 佐賀大和店」さんの月のハンバーグ170g880円・ごはんバー429円

Cimg1663

 11月末に佐賀に行った。
 新幹線だと新鳥栖で特急に乗り換えるんだが、その新鳥栖駅がまた何もない。
 ただ駅そばはメチャメチャ良い臭いさせてた。
 しかしお客さんに聞くと新鳥栖ではなく鳥栖駅の方が美味しいんだそうだ、名古屋のきしめんの「住よし」さんじゃあるまいし。

 んで佐賀駅前でレンタカーを借りて九州ドライブの始まり。
 11時にお客さんとこに行ったんだが、ウチから佐賀駅に10時半に着くように行くとすると家を6時に出なければならん、これはこれで結構過酷なんだよ。
 そのちょっと前に9時半に熊本着というのがあって、これは4時起きで5時の阪急の始発で行ったから新神戸から博多まで寝っぱなしであった、余談。

 前回来た時に佐賀大和ICを南に降りた所の餃子屋さんを教えてもらったんだが、次に行く店として同じ道をもうちょっと南下してイオ〇モール佐賀大和の東の裏側くらいにあるハンバーグ屋さんを紹介してもらってたので、そこに行くことにした。

Cimg1670
Cimg1667

 ・HAMBURG MAN 佐賀大和店:月のハンバーグ170g880円・ごはんバー429円

 イオ〇モール側のR263は車通り多いけど、こちらはやはり裏道感があって通行量もそこそこ。
 着いたのは12時半前で、画像の通り駐車場の車はそれ程停まっておらず、木曜ということもあって、比較的空いてた。

Cimg1671

 がらっと入って右手の客席のテーブル席に陣取る。
 お店はアメリカンな雰囲気を醸し出している。

Cimg1664

 メニューこちら、正直ハンバーグ店という以外の情報って全く持ってなかったので、何がウリなのかサッパリ分からん。
 要はハンバーグのボリュームで名前と値段が変わって来る訳だ、そんでトッピング要らなければ基本、全ておかわり自由のごはんバー429円を頼むようだ。
 一番上に太陽のハンバーグ250gとあるが、これがスタンダードなメニューなんであろう。
 これだと1265円に429円なので1694円になっちゃう、昼からディナーコース食べてどうすんのよ。
 なので一番ミニマムな月のハンバーグ170g880円にごはんバーを合わせることにした。

Cimg1665

 さぁ、ごはんバーを取りに行くぞ。
 野菜はキャベツとトマトとブロッコリーにトマト、ドレッシングはキャロットだったっけ。
 そしてコーンスープにガーリックライス。

Cimg1672

 10分程で鉄板煙もうもうのハンバーグが出てきたんだが、その形は丸、まるで静岡の「さ〇やか」さんのようで、紙のクロスをテーブルの上に敷いてその上に鉄板ハンバーグを置いて、その場で〇のハンバーグを二つに割って断面を鉄板にぎゅーっと、ビーフ100%だけにぎゅーっと(面白くないのに2回言うヤツ)、ソースは人気No.1というガツンとにんにく醤油を頼んでたので、それが置かれて、自らじゅわーっとかけるスタイル。

Cimg1673

 鉄板かなり熱くて脂飛び散るのでここは注意しましょう、ソースも後から落ち着いてかけるが宜しかろう。

Cimg1677

 落ち着いた所でこれが全体像、左下からガーリックライスにサラダ、月のハンバーグににんにく醤油にコーンスープ、そして漬物的意味合いで福神漬とにんにく醤油漬、にんにく醤油推してるな。

 まずは野菜を食べてから、もぎゅもぎゅ、野菜から摂るのは最早鉄則。
 スープも一口、ずずず、コーン味濃いなー。

Cimg1678

 ではハンバーグいただきますか、にんにく醤油かけてまた更に香ばしい、だいぶ時間経ったけどまだ中はレアよ。
 熱々を頬張る、ふむ、「さわ〇か」さんと比べてこっちの方が肉の挽き方が細かいのかな。
 なのでごろっとした肉感というよりも粘度が出てねっちょり感がある。
 特に香辛料がどうとかではなく臭みを消すべくもないのであろう、肉の旨味で勝負、みたいな感じか。
 ワタシはもうちょっとごつごつしたまさに「げんこつ」の方が好みっちゃあ好みやがそれはあくまでワタシだけの話。
 肉汁じゅわじゅわなのでこれも十分に美味しいと思う。
 ガーリックライスはそれ程ガーリック主張してなかったが、ガーリック出過ぎたら午後から仕事ならんのでこれで丁度ええ。
 途中、だんだん火が通るハンバーグをにんにく醤油に直接付けて食べてみたが、にんにく風味に少し甘めだけどあくまで醤油辛く、人気No.1のソースも納得。

Cimg1680

 中盤過ぎたらカレーを食べよう、じゃじゃーん♪
 このカレーは甘ったるくなく、結構スパイスのキレがあるカレーで私は結構好みの味。
 ここで福神漬の登場よ、これで軽く一杯いただきましたー。
 そして名残惜しいが一口残しておいたハンバーグを食べてフィニッシュ。

 画像はないが、〆にはアイスコーヒー、うむ、フルコースやった。
 食べ終わってからいつも思うが、このハンバーグなら2個食べても全然ええなと。

Cimg1681

 更にハイグレードなメニューで熊本赤牛の神のハンバーグというのがあったが、流石にこれ食べることはないやろうな。


 ワタシ的には昼は1000円以内で納めたいが、このクオリティならたまにははみ出しても良いでしょ。
 土・日は混んでるんやろうな、空いてる時に行けてラッキーやっった。
 しかしまさか静岡の味が佐賀で食べられるとは思わんかった、佐賀侮れんな。

 

| | コメント (0)

2023年12月 6日 (水)

仙台の珍過ぎるステーキの店「うまいものや」さんのステーキ定食1100円

 仙台の2日目の昼ご飯は、J:COMの「ふくあじ」という番組の北海道・東北編で放送されてた店に行くことに決まってた。

Cimg0996_20231206204301

 場所は仙台駅から2駅のJR宮城野原駅なんだが、仙台からその宮城野原までは地下で、電車は地元出身の偉大な漫画家石ノ森章太郎大先生の「仮面ライダー」電車であった。

Cimg1014_20231206204401

 繰り返すが前情報は「ふくあじ」程度しかなかったので、この最寄り駅の宮城野原がまさか楽天イーグルスの本拠地である楽天モバイルパークから徒歩6分だなんて思いもよらんかった。

Cimg1013
Cimg1009
Cimg1011

 どうよこれ、球場に近い駅の入口の上がヘルメットになってる。
 JRもこういうことするのね、なかなかジョークが利いてる。
 それは置いといて、目指す店は駅から徒歩10分、少し雨が降っててとっても難儀だったんだよ、傘持って行ってないから。

Cimg1000_20231206204301

 ・うまいものや:ステーキ定食1100円

 場所は駅を地上に上がって東に歩いて宮城の萩大通りという幹線道の手前にある老舗、だけどマンションの一階のテナント、築50年は超えてそう。

Cimg0999_20231206204301
Cimg0998_20231206204301

 見ての通り看板や駐車場には「麺遊喜」とも書かれており、以前はラーメン屋だったらしい、×××してるってことは忘れたい過去なのか、の割には駐車場はそのまま「麺遊喜」やしドナイヤネン。

Cimg1001_20231206204301

 それが何故かステーキ一本で行くようになったらしい(この辺の経緯忘れた)。
 「ラーメン(麺)はやめました ステーキ定食だけです」やもんな。

 その「ふくあじ」ではステーキに副菜がこれでもかと付いて1100円という、まぁ、仙台に来てまで食べなくても良いような内容ではあるが、これといってイベントもなかったので、とにかく面白い所には顔出しとかんとな。
 するといろんなテレビで紹介されてる店らしく、「ふくあじ」観て来る人の方が少数派だったみたい、知らんかった。
 
 番組でも言ってたが、シェフは元フレンチ出身だそうだ。
 どんなステーキにおかずが食べられるんだろうか。
 と、興奮した訳ではないが、11時開店の所、30分近く前に着いちゃって、小雨降る中近くをぶらぶらしてみたが、コンビニくらいしかなかった。
 そうしてぶらぶらしてて先に入られたらもったいないので、また一番客で並び直した。

Cimg1002_20231206204301

 でも正解で、お店は10人も入れない小じんまりした店なんだけど、後からどんどんお客さんが来てたので、回転はそれ程良くなさそうだったことから(おかずが多いから)、待ったけど先に入れて良かったと言える。
 注文はステーキ定食の店なので、当然一択しかない。

Cimg1003_20231206204401

 税込み1100円で10年前から値段は変わってないのに品目が8から9になったと盛んに老大将が繰り返し喋ってた、「いろんなおかずがついてきます」だもんね。
 あ、ここではシェフとは言わず老大将ね。
 
 この老大将、フレンチ出身というが、おかずはどれもフレンチの技法の物はなく、そもそもおかずはおかあさんが作ってるようで、老大将は肉焼くだけ見たいな役割。

Cimg1004_20231206204401

 座れば出て来るおかずがこれ、にら玉に三陸わかめか、シランケド、こんにゃくに高野豆腐に里芋、かぼちゃに豆腐に厚揚げにもやしという素朴な物。
 まずは副菜食べてからね、しかし野菜は嬉しいがこれでお腹一杯になりそうや。

Cimg1005
Cimg1006

 ここに鉄板に載せられたステーキとなんや小さいプラの皿にも盛られたライスが登場、テーブルに乗り切らんって、なので別々にカメラで撮る訳だ。

Cimg1007

 ではいただきまーす、ギコギコ肉切ろうとするんだが、これが拍子抜けするくらいに簡単に切れちゃう。

Cimg1008

 さぁ、どんなんかなー、ぱくり、えええ、何これ!!! 肉がメチャクチャ柔らかい、これは凄いと確かに言える、どんなマジック使ってるんや。
 しかし肉が柔らかいのとフレンチとがどうにも繋がらん。
 だってこのステーキってからし醤油に付けて食べるんだよ。
 フレンチならソースじゃないのか(笑)。
 それにしてもこの肉はただただ柔らかい、どうやってこれほどの柔らかさを実現してるのやら。
 また笑うのはライス、もっと大きい皿に盛ればいいのに、コーヒーカップのソーサーみたいな小さいプラの皿にライスよ。
 大盛りごはん200円増しと書かれてたが、実際はお代わり言うてやと言ってたのでサービスしてくれるみたい、ナンノコッチャ。

 元ラーメン屋なのでテーブルが小さくそんなに皿が置けないのでこんな変なスタイルになったそうだが、繰り返すが肉の柔らかさは確かに凄い。
 これは好きな人は話のタネに行くがヨロシ。


 とにかく老大将もおかあさんも喋る喋る、同じネタ(であろう)をよくも毎日喋れるもんだと感心しちゃう。
 テレビネタになるのも分かる珍店であった。

 

| | コメント (0)

2023年7月23日 (日)

仙台で絶品牛たん「牛たん 一福」さんのみそ漬・しお味牛たん焼盛合わせ1350円・牛たんシチュー950円・牛たんサガリぽん酢550円・メガビームハイ750円×2杯

Cimg0956_20230723185701

 先週の16日に2泊3日の仙台旅行から帰ってきた。
 相変わらず今年も海外は自粛、円安やし行っても全然宜しくない。
 物価は高いし、まだ国内旅行に専念するのが得策かと。
 
 一昨年は九州に固執して鹿児島や長崎に行ってた。
 去年は相変わらずの新潟に久しぶりの札幌とか。
 仙台はいつもテーマに上がるんだが、なかなか格安のエアーが出て来ない。
 なので今年の夏期休暇はまとめずにばらして1日平日休んで安いチケットを買って行くことにした。

Cimg1211

 そして仙台というとやっぱり「ジョジョ」でしょ。
 一応「地球の歩き方」は買ってて、いつでも世界に出ていけるようにはしてるが、今回は第四部の「ダイヤモンドは砕けない」の杜王町を探索ということで(思った程何があった訳ではなかったが)、チェックだけは入れてた。

Cimg0957

 昔は「ジョジョ」のマンホールがよく設置されてたみたいやが今はもうなく、それよか今では「BLUE GIANT」に取って代わられてる、あらら。
 
 その「地球の歩き方」の中で紹介されてた牛たんの店に仙台最初の食事として行くことにした。
 なかなかの繁盛店で最後帰る日には昼に大行列が出来てた。
 しかし仙台って街歩きしたら分かるけど、牛たんとラーメン屋しかないことに驚いた。
 JR仙台駅は牛たんとずんだしかないと言っても過言ではないくらい。
 
 仙台は仙台駅西側の街の規模は大阪のキタとミナミを合体させたくらいの大きさで、アーケードはでかさハンパない。
 飲み屋もメチャクチャ多くて本当にでかくて驚くが、仙台駅に集中してる為、たぶん一駅ずれると何もないのではないかと思われる。

 そんなことはどうでもええ、とにかく牛たんを食べに行くんだが、この店がまた駅から遠い。
 仙台駅からあおば通を西に進んで東二番町通りというR286を越えてまたアーケードを歩いて東一番町通りを北上して広瀬通を越えて果物屋さんの角を曲がれば虎屋横丁という飲屋街でそこにこの店がある。
 ここまで駅からだと15分くらい掛かるが、この辺りが飲屋街なので頑張って歩きましょう。

Cimg0958_20230723185601
Cimg0971_20230723185601

 ・牛たん 一福:みそ漬・しお味牛たん焼盛合わせ1350円・牛たんシチュー950円・牛たんサガリぽん酢550円・メガビームハイ750円×2杯

 ワタシにしては珍しく予約してたのですんなり入店、17時半と早かったからまだ混んでる時間じゃなかったが、後からお客さんがどんどん来てヤヴァイとこやった。

Cimg0959

 ではメニュー確認、絶対みそ漬が食べたかったので、みそはマストなんだが、しお味も食べ比べてみたい。
 探すと両方食べられるナイスな盛合わせがあったのでまずはこれ。
 牛たんならタンシチューは食べたいのでこれも。

Cimg0963_20230723185601

 あと壁に貼られてた新登場のメニューが野菜もあったので注文してみる。
 そんでメガハイボール、これで牛たんを迎え撃つ。

Cimg0962_20230723185601

 店内はこんなん、よう分からんが2階が広いんかな、1階は厨房がメインなのか客席はそう多くない。

Cimg0961

 壁にはこれでもかとサインが飾られてて、相当の人気店だと見た。
 流石「ジョジョ」本に取り上げられてることはある。

Cimg0965_20230723185601

 最初にサガリぽん酢が出てくるのかと思いきや、いきなりメインのみそ漬としお味焼が来て、程なくタンシチューも登場、うひょ♪

Cimg0966
Cimg0968_20230723185601

 しゃーない、まずはみそ漬からいただきますか、1cmとは言わんが、かなり分厚いやないの。
 このみそ漬は1週間漬けてるらしいんだが、その割に食感がぶりんぶりんで、みその酵素が食材の旨味を引き出してかつみその風味が馴染んで美味い、いやこれマジで絶品やん。
 ここから比べると塩は一枚落ちる、普通に分厚くて美味い、何故か醤油付けて食べるみたいやし(塩味付いてるのに)。
 あ、いきなり満足してしまったやん、これ以上美味いもんあるん???

Cimg0967_20230723185601
Cimg0969_20230723185601

 続いて牛たんシチュー、ぱくり、これはまたたんがほろほろで甘くて美味く、みそ漬に負けん一品がいきなり出てきたという嬉しい誤算。
 たんはもちろん、肉の旨味がたっぷり詰まったシチューも絶品やん、パン欲しくなるな。

Cimg0970_20230723185601

 そうして最後に出てきた牛たんサガリぽん酢、このサガリというのは舌の裏側の筋肉の部分で「舌の下」という部位らしいんだが、これがほぐしてあるから筋っぽい所がなくしぐれみたいで、しぐれ煮ではないが滋味深くぽん酢ですっきりして夏にはピッタリでこれも美味し。
 やべー、メガハイがススム君やないの、2杯呑んじゃった。

 みそ漬凄い破壊力やった、仙台でまた食べたい物はと言われたら牛たんみそ漬と言うね。
 タンシチューは美味しい洋食屋に行けば食べられるやろうけど、みそ漬はここだけやろうからな。


 うむ、仙台いきなり美味かった。
 これは2泊3日楽しみや。
 と言いながら九州と仙台を行ったり来たり話は遅々として進まないのであった。

| | コメント (0)

2023年7月 1日 (土)

松阪で松阪牛「回転焼肉 一升瓶 宮町店」さんの松阪肉セット(280g)3850円・松阪牛内臓セット(200g)1650円・焼野菜盛合わせ660円・カクテキ385円・ハイボール580円 ×3

 前回四日市でトンテキ食べた、その後三重から知多半島まで移動してまた名古屋に戻るという偉業を達成して、翌日また三重県は伊勢中川に向かう。
 伊勢中川というのは近鉄の交通の要衝、どこ行くにもここ経由で行く。
 その伊勢中川でディーラーさんと待ち合わせで昼ご飯食べて仕事を終わらせる。

 15時には仕事が跳ねたのでまだ時間はたっぷりあるから、伊勢中川まで送ってもらって松阪まで移動。
 せっかくここまで来たからやっぱり焼肉食べたいじゃんよー(予定通りのくせに)。

Cimg0744
Cimg0745

 暑かったけどまだ湿気はそれ程なかったので耐えれた。
 松阪駅歩いて1kmくらいの所に上の画像のマンホールカードが2枚もらえる所があるので、ぽちぽち歩いて行くんだが、相変わらず松阪はシャッター街よなぁ。
 駅前も変わってないし。
 
 この日は最初から泊まるつもりで来てたので(そりゃ肉食べたら酒も呑むでしょうよ、なら泊まるしかないでしょ)、17時前に一旦チェックイン。
 荷物を置いて暗くなる前に出掛けるんだが、ホテルにウェルカムドリンクがあるので、そこでウェルカムじゃなくて、呑みに行く前の下拵えで一杯呑んでいく、ハイボール呑もうと思って氷にウイスキーを合わせたが肝心の炭酸がないようであった、がくり。
 しゃーなし濃いめの水割りにして呑んだ。

 まず行きたかったのが松阪駅近鉄側、つまりは東側出た所にある「たこやん」さんに行ってみたが、予約で一杯なんだそうだ、マージーでー。
 入れんもんはしゃーない、もう一軒行ってみたかった店に向かう。
 ここも混んでたら泣くぞ(だから予約しろや)。

Photo_20230701084501
616_20230701084601

 ・回転焼肉 一升瓶 宮町店:松阪肉セット(280g)3850円・松阪牛内臓セット(200g)1650円・焼野菜盛合わせ660円・カクテキ385円・ハイボール580円 ×3

 場所は松阪駅近鉄側東口をそのまま直進すると300mくらいでR166という車通りの多い道に出る。
 そこを南下して宮町という大きな交差点を北東に上がってすぐ。
 上の画像で見ての通り交差点の角地ではないが、そんなに難しい場所でもない。
 駅からだと10分ちょい歩いた所か。

 この店は「回転焼肉」という面白いシステムで、最上級のA5の松阪牛が回転寿司みたく回ってるんだそうだ。
 同じ松阪牛食べるのならこういうギミックでも楽しみたいじゃん。

Photo_20230701084701

 うわー、楽しみだなーと着いて玄関でいきなり突き落とされた。
 ワタシが行ったのが6月16日、まさにリニューアル工事の真っ最中、うげげ。
 これで見たら今日7月1日から回転席リニューアルオープンみたいよ、行っちゃって行っちゃって~~~。

Photo_20230701084601

 幸いにも一般席というのがあり、座敷で七輪で焼いて食べるというこんな席。
 ただし回転が営業してないので席に空きがない。
 でもまだ時間が早かったので次の次くらいで順番回ってきそう。
 トイレ行って出てきた頃にどうぞと呼ばれた、早くない???
 1組キャンセル出たそうだ、持ってる持ってる、ぐふふ。

 回転してないとメニューどんなんかな???
 画像はないが赤身とホルモンそれぞれ丁度良いセットがったのでこれにしよう。
 どれも松阪牛のA5よ、カルビに赤身に中落ちカルビに切り落とし、これ全部松阪牛ね。
 ホルモンも全部松阪牛ホルモン、県外に滅多に流通することがないそうだ、へぇへぇへぇ。
 テッチャン・ホルモン込み・焼ハツ・焼レバー・焼センマイ、不足はないねぇ。
 肉の前には野菜も、焼野菜盛合わせにカクテキ、そしてハイボール。

 まずはカクテキとハイボール、ちょっと呑んでは来たが、喉渇くってもんよ、カクテキとごきゅごきゅ。

660

 焼野菜来たから先に七輪に載っけて焼いちゃおう。

280g3850385580
Up_20230701084501

 とすると松阪肉セットが出てきた、うおー、肉ピンク色でっせ、何よりサシが美しい!!!
 上にかけられてるのは秘伝の自家製味噌ダレだそうだ。

Photo_20230701084503

 野菜焦げそうだったのでちょいちょい食べてスペース空けて肉焼こう、まずは赤身から。
 あんまり焼きすぎないようにと、どれどれぱくり、肉甘っっっ!!!
 甘くて美味い、そして柔らかい、歯がなくなっても歯茎で食べれるぞ。

Photo_20230701084505

 続いて中落ちカルビ食べる、これも軽く炙る程度、おおっと、好みの問題やと思うが赤身より肉は薄いが脂がたまらん。

Photo_20230701085601

 メインはきれいにサシが入ったカルビ、早く食べさせろ、どれどれ…、はふー、これは口の中で溶けます、脂ってこんなに甘くて美味かったんや、松阪牛のA5恐るべし。
 いやこれは反則級の味やん、嫌みが全然ないのでいくらでも食べれる。

Photo_20230701084504

 そしてあんまり期待してなかった切り落とし、わっ、これ味噌ダレでも美味しいけど、卵絡めて食べたら上等のすき焼きになるんじゃないの??? ご飯欲しくなるやん、やべーわこれ。

200g1650

 松阪牛ホルモンまで行くと長くなるので端折るが、内臓の臭みなぞ一切なかった。
 ぷりぷりでコリコリ、生で食べたいような物もあったが、そこは自己責任で。
 このホルモンは食感も脂も旨味もあるので、ハイボールがススム君なのよ、ぶはー。

 改めて松阪牛のA5堪能させていただきました、何と贅沢な。
 言っちゃ悪いが回転という興味が先立って選んだ店やったが、一般席で良かったと思ってしまった。
 2月に山形は米沢で米沢牛食べたが、記憶が新しい分、松阪の法が鮮烈やったかな。

 しかーし、美味いには美味いが、やはり脂が濃いので、松阪から2週経ったが、焼肉という形では肉は食べてない。
 やっぱ胃が重くなるんよね、歳喰っちゃったってこと。
 

 「一升びん」さんは松阪には回転してない店もあるので落ち着いて食べるにはそちらを。
 最近則武のイオンモールに回転の方が出店したそうなので、松阪まで行かなくても良くなったみたいよ。
 気軽に松阪牛食べたい人はどうぞ。
 ワタシは次回は松阪では鶏焼肉食べたいかな(ややこしいこと言うな!!!)。
 

| | コメント (0)

2023年6月27日 (火)

三重県四日市といえば「トンテキ屋 ちゃん 近鉄四日市駅前店」さんのトンテキコマギレセット1160円

 先々週に三重に行ってた。
 いつも行くのは桑名なんだが、今回は初めてのお客さん、場所は四日市。
 大阪から名古屋に行って名古屋から近鉄で四日市まで行って、四日市から桑名に戻ってまた名古屋。
 そこから知多半島まで行くという、一日で行くにはハード過ぎるスケジュール。
 翌日は名古屋からこれまた三重の伊勢中川まで行くという強行軍。

 四日市は初めてじゃないが、JRから近鉄四日市まで歩いたことあるくらいで、何か食べたことがある訳ではない。
 今回はやはりせっかくの四日市なのでトンテキを食べたい。
 最近、ワタシの中ではトンテキはマイブーム、梅田の第二ビル地下でえらく美味いトンテキ屋さんに出会って以来、そこの虜になってしまった。
 しかしこの店が最近混んできて、並ぶのが嫌なので、界隈のトンテキを食べたりしてるがその店程美味い店にまだ出会ったことがない。
 
 今回は商談が終わって、地元の人が行く店を教えて欲しいと行ったが、歩いていける場所にはないそうだ。
 駅前にないのか??? と訊いた所、自分達がよく行く店なら駅前にあるというので教えてもらったのが今回のお店。

Cimg0736
Cimg0737
Cimg0738
 ・トンテキ屋 ちゃん 近鉄四日市駅前店:トンテキコマギレセット1160円

 場所は近鉄四日市西に出て北にくるっと回った所にある、駅からだと3分ってとこか。
 

Cimg0739

 11時半開店で10分前くらいに着いた。
 店の前に出てたメニューがこれ。
 ラーメンも出してるみたい、珍しい組み合わせやな。
 1番人気は四日市店だけの限定メニューの駅前セット1050円、トンテキコマギレ100gに醤油ミニ麺にライス(おかわり自由)だそうだ。
 うーん、トンテキ100gではあまりにもボリューム不足や。
 上述の梅田の店では300g食べて大満足したことがあるので100gぽっちじゃなー。
 その下にはトンテキコマギレセットというのがあって、醤油ミニ麺は付いてないが、トンテキが150gになってる、味噌汁おかわりにはあまり魅力はないが、「初めての方にオススメ」とあるので、これがベストチョイスやろ。
 ちなみに人気No.2はトンテキが200gになった四日市セット、ただし1570円というお高めな設定、なのでトンテキコマギレで丁度良い、ちなみに通称「コマセ」というらしい、余談。

 上の写真パシャパシャ撮ってたらその内並びだしたので、慌てて列に加わる、3番手グループやったか。

Cimg0740

 入った順番から左手のテーブルに案内される、そこから撮った店内はこんなの、分かりにくいって。
 注文はもちろん「コマセ」、って言う訳ない、トンテキコマギレセットと言いました。

Cimg0741
Cimg0742

 10分も待たずに出てきたトンテキコマギレセットがこちら。
 やっぱトンテキはキャベツがもりもりじゃないとな、それにしてもにんにくゴロゴロに入ってるな。
 しかしトンテキ=豚ステーキではなく豚小間切れなのがちょっと惜しい。

Cimg0743

 ではキャベツから食べちゃうか、トンテキはこのタレひたひたなのが楽しいんだよなー。
 ホントこれ最後にご飯にかけて食べたいくらい。

 キャベツの次にトンテキコマギレぱくり、肉は軟らかいとまではいかんな、ジューシーとまでもいかん。
 次ににんにくと一緒にひたひたのタレをたっぷり絡めて、おうこの無臭にんにくのほくほくした感じがトンテキコマギレと合うね、これはご飯と合う。
 つか、この色はたまりみたいに濃いが軽い酸味と相まって軽く食べれちゃうのよね、このタレは反則やろ。
 たっぷりかけられたタレはキャベツで食べるのが良い、思いっきりキャベツに吸わせてご飯と一緒にばくり、おおお、これよこれ。
 ご飯当然おかわりね、味噌汁は赤出しでこれはおかわりせんかったけど。
 にんにくはマストやね、チューブのにんにくじゃなくて良かった。
 
 ステーキじゃなくてコマギレやったのは残念やったが、四日市でトンテキ食べたってのは箔が付いて良かった。
 このにんにくとトンテキコマギレとタレの組み合わせは是非とも体験して欲しい、しかし梅田の方が美味いけどな(ヲイ)。


 翌日は伊勢中川から松阪に行ってやっぱ肉食べんとな、ということでちょっくら贅沢した話。

 

| | コメント (0)

2023年6月18日 (日)

これは確かに感動する新名古屋めし「感動の肉と米 東海名和店」さんのロースステーキ(プラスハーフ:270g)1400円

 最近はもっぱら九州ネタがほとんどなんだが、相変わらず名古屋にも行ってるんだよ。
 先週も木・金と三重から名古屋に行ってまた三重に行ったりとか。
 月イチであんかけスパも食べてるし、ただそれでも新ネタがないというのが実情。

 知多半島には相変わらず行っており、先日の台風の際には名鉄の終点の河和という駅に初めて降りた。
 けどあまりの雨風であったのと、河和駅周辺に面白そうな店がなかったので新規を断念した。
 しかし今年の3月くらいに初めて降りた駅があって、そこには凄い店があったので二度目の訪問で開拓してみた、ここメチャクチャ良いのでまた行きたい。

 駅は名和、常滑線でも河和線でも太田川までは同じ線路を走るのだが、その3つ手前の駅。
 初めて降りた時にはとりあえずR247に出た所の中華屋さんでランチ食べた。
 その北にあるお客さんにとこに行った際にこの店を見付けてそのサービスにびっくりした。
 次回こそはと思って行けたのが先月。

Cimg0415
Cimg0414
Cimg0418

 ・感動の肉と米 東海名和店:ロースステーキ(プラスハーフ:270g)1400円

Cimg0416

 R247歩いて驚いたのがこれよ。
 「濃厚な味わい。ロースステーキセット レギュラー180g税込1000円」、それにご飯にご飯のお供にみそ汁がセットで付いてお替り無料なのよ、このご時世にどんだけ価格破壊やねん。

Cimg0417

 裏に回るとこんな看板。
 セルフスタイルであるらしい、お肉は食肉工場直送でご飯は高出力の羽釜炊きだそうだ。
 肉もロースに粗挽きハンバーグに中落ちステーキに赤身カット、カットヒレに厚切りポークと種類も豊富。

Cimg0403

 もうお腹も減り過ぎたのでとっとと入ろ。
 入っていきなりある券売機で食券購入、ロースにするんだが、せっかくこの時間までお昼を我慢したんだからガッツリ食べよう(13時半到着)ということで、180gプラスハーフの270g1400円にしてみた。

Cimg0412

 時間は遅かったので客はまばら。
 食券渡して適当な場所に陣取ってる内に呼ばれた、ソッコーやな。

Cimg0413

 それのそのはず、後で見付けたが、提供時間が早いというのもモットーの一つだそうだ、何と爆速1分。

Cimg0411
Cimg0405

 トレーに熱々鉄板に載せられた肉もらってご飯は隣のロボから受け取る、みそ汁もボタン一つと徹底したセルフ。
 店員さんが客席に出て来ることはないな、厨房オンリーか、それに帰ったお客さんのテーブル拭くくらいか。

Cimg0404

 ご飯のお供をいただこう、イカの塩辛に野沢菜に白菜キムチにピリ辛そぼろ、写ってないけど左端に生卵あるやん、ラッキー♪
 2回にわたってやが一通りのお供をいただいたが、野沢菜がサッパリして良かったかな。

Cimg0406

 そんなこんなで肉に取り掛かるまでに時間掛かってるんだが、それでも肉は焦げてないし冷えてもない。
 こりゃ相当早い段階でお客さんに出してると見た、なんやかんやセッティングしてソースもテーブルからチョイスセにゃならんし、それを見越しての焼き加減だと思われる。
 そのソースは上にあるように「やみつきガーリック」・「王道ステーキ」・「旨味塩ダレ」、何なら下に醤油と天然岩塩にコショウもあるぞ。

Cimg0408
Cimg0407

 ということでこんな感じになった、どん。
 なるほど、90g×3で270gということか、1枚2ポンド換算ってことね。
 肉だけでも1400円って衝撃のパフォーマンスんやのに、セルフとはいえご飯にお供にソースも選び放題かけ放題、にんにくもあったので、後先考えずに使っちゃう。

Cimg0409
Cimg0410

 肉は時間が経ってもこのようにレアで表面は熱々、どれどれ、うーん赤身食べてるという感じがする、満足感あるなー。
 ソースはいろんなの試してみたが、定番の「王道ステーキ」ににんにくが一番好みやったかな。
 とにかく肉食べて米食べて肉食べて米食べてでまさに「感動の肉と米」やん。
 肉と米ってそりゃ相性悪い訳ない、更にご飯のお供まであるし、ここで終わってええなら何杯でもご飯食べれそうよ。
 270gって結構食べ応えあるけど、次回は普通に180gでええかな。
 メチャメチャ満足感あるけど、180gくらいが丁度ええ量かなと改めて思った次第。

 最後は卵かけご飯で美味しくご飯をいただきましたー。
 結局3杯食べたから肉90gにご飯1杯ってことね。
 そんで忘れちゃいかんのがセルフなので最後も食器を返さねばならん、これ忘れがちなので行かれる方はお気を付けを。

 13時半やったから空いてて良かった、1時間早かったら行列ちゃうの、知らんけど(出た、知らんけど)。
 後でお客さんに聞いた話だが、この店は愛知県を中心に展開してる焼肉チェーンの「あみやき亭」さんの新業態らしい。
 なるほど、だからこの肉と米がこの値段が実現できる訳か。
 セルフで乗り切るにも程があるもんな、納得。


 この「米と肉」さんも調べてみたら20店舗以上ある。
 歩いて行ける所にはなかなかないが、ワタシが行けそうなのは小田井店かな。
 いやホントに値打ちのある店なのでこれは足を延ばしてでも行ってもらいたい!!!
 「いき〇り」なんか元より「やっ〇り」よりも凄い、侮れませんぜ、名古屋。

 

| | コメント (0)

2023年5月26日 (金)

知ってる??? 博多のこんなB級グルメ「元祖びっくり亭 住吉店」さんの鉄板焼一人前900円・ご飯(中)味噌汁付き200円

 今回の福岡は偶然知った「山田全自動の福岡暮らし」というエッセイ漫画を参考にしている。
 その中でも特に行きたかったのがこの店。

 4月中旬に仕事で博多に行った際に、お客さんに訊いてみると、若い頃によく行ったと言ってた。
 ガッツリ感がハンパないそうだ。
 エッセイ漫画の中でも「何があっても絶対に肉が食べたい!」というテンションの時に行くと描かれてあった。
 これはかなりワタシ向きの店っぽい。

Cimg0432
Cimg0431

 ・元祖びっくり亭 住吉店:鉄板焼一人前900円・ご飯(中)味噌汁付き200円

 ワタシが行ったのは博多駅から15分程度の所の住吉店、「アジフライセンター おむこさん」から西へ2本行ったこくてつ通りという大きな筋を南に下って300mくらいで西に曲がった所。
 きれいな店で驚いた、ワタシが4月に発見した店は天神大牟田線の高宮駅の高架下の店で、ここはかなり歴史のあるお店みたいやったから、その違いにまさに「びっくり」。

 到着したのは11時半開店の10分前、なんだけど、ワタシを認識してくれたお店の方が気を使ってか、半になる前に暖簾を出して入れてくれた、ありがたし。

Cimg0430

 一番客で入った店内、真ん中のテーブル席に座ってメニューをパシャリ。
 なるほど、鉄板焼しかないんやな、潔い。
 肉の量とご飯の量を選ぶ訳ね、それに酒飲むか飲まんかか。
 平日ランチはご飯味噌汁サービスなんや、そりゃ行くでしょーよ。

 着いて早々、「牧の」さんでごぼう天うどんとかしわご飯を食べた後に「むっちゃん万十」を一個食べてるから一人前でご飯も(中)でええ、まだ次も食べるんやから。

Cimg0435

 食べ方が書かれてあるのでこの棒、びっくり棒と一緒に撮る。
 要はこの棒を鉄板の端の下に置くことによって、タレが片方に集まる訳よ、そこにこの辛味噌を投入して辛さ調節して食べるというのがポイントだそうだ。
 ますますワタシ好みや。

Cimg0438
Cimg0439

 5分くらいでメチャメチャ熱そうな鉄板焼到着、湯気か煙か、とにかく迫力あるな。
 辛味噌凄いでしょ、割り箸が突っ込まれてるのよ、一番客なので誰も手を付けてないのはナイス。

Cimg0440

 これが鉄板焼の肉、肉は牛じゃなくて豚の小さな塊みたいなの。
 ワタシはいきなりびっくり棒を置くのではなく、ちょっと減らしてからにするのでまずはキャベツから先に食べてみる、もぎゅもぎゅ、うほー、これ凄いオイリーでにんにくのパンチがあるな、味濃い~~~。
 これだけでもかなりインパクトあるやん、これは確かにご飯ススム君や。

Cimg0441
Cimg0442

 1/4くらい食べたら左下に棒を差し込んでタレを右側に集めて辛味噌投入。
 この辛味噌は旨味はそれ程ではなく、辛さに振ってあるみたいな感じ、だけど激辛ではない。

Cimg0443

 これで肉とキャベツと絡めて食べてみる、このオイリーでにんにくなタレに辛味噌、KO必至のフィニッシュブローやね。
 これは反則級の食べ物やわ、癖になるのも分かる。
 行儀が悪いのでやらんかったが、この肉の旨味と辛味噌ダレが混ざったオイリーなタレをご飯にかけて食べてみたかったわ。
 このタレかけご飯はさぞや美味しかろう。

 11時半過ぎたらお客さんもぼちぼち入って来て、若いお客さんより年配の人が多かったような印象。
 このパンチを受け入れるパワーがまだ残っとるんだね、やるやん博多っ子純情。
 定期的に食べたくなるのも頷ける。


 いやー、凄いメニューやったな。
 似たような食べ方する店って思い付かん。
 博多の人には当たり前かもしれんが、実に新鮮やった。
 ワタシが仕事の流れで行けるとしたら高宮店か、またお昼の選択肢が増えたわ。
 ちなみに「本家」と「元祖」があるみたいやが詳細は知らん。

| | コメント (0)

2023年1月 3日 (火)

「SELECTRAVEL」どころか「孤独のグルメ」でも放送されちゃった「すすきの 肉の浅鞍」さんの塩ジンギスカン850円・スーパーロース3800円・牛とろライス黄身付630円・酒飲み過ぎて不明

 年末が札幌ネタで年始も札幌ネタ。
 年明けは美味しい物から始めたい。
 今回の話は実は去年の暮れに昨年〆のネタの札幌のラーメンとセットで作ってた。
 ところがぎっちょん(古いな)、大晦日の恒例の「孤独のグルメ」年末スペシャルで五郎ちゃんの方が先に放送しちゃったので、後追いになってしまった、残念。
 まぁ、とにかく良い店は良いので、札幌に行く機会があれば是非どうぞ。

Cimg8991_20230103192701

 ということで去年の9月21日~24日まで3泊4日で遅めの夏休みでメチャクチャ久しぶりに北海道へ行ってきたことは既に述べた。
 余市や小樽へ行ったが基本札幌3連泊で、夜はすすきの辺りを飲み食いしてた。

 話は変わるが、ウチはCATVなんだが、有料チャンネルに2つ入ってる。
 1つがグリーンチャンネルで、もう1つがフジテレビチャンネル。
 何でかというと、当てには全くしないが観てて面白い「競馬予想TV」があるから。
 しかしこのフジテレビチャンネルはそれだけじゃなくていろんな番組も当然やってて、「寺門ジモンの肉専門チャンネル」とかつまんねーけど観てる。
 そんで最近のお気に入りはコロナ禍におていて外国人は来ていないんだが、やたらと再放送されてる「SELECTRAVEL」。
 これは外国人の男女がそれぞれ別アプローチから目的地を目指す旅番組なんだが、なかなかバブリーで外国人の視点で見た日本的な要素がなくもないので、自分が行った所とかこれから行こうかなという所が放送されると録画している。
 「SELECTRAVEL」とは二つのコースをセレクトしてトラベルするから。
 これで札幌の回があって、そこで観た焼肉屋さんが今回の元ネタで、札幌に行く機会があれば是非行くぞと決めてた。
 しかし北海道に行くことは全く想定してなかったのでお蔵入りになってた。
 だけど去年突然思い立って北海道は札幌へ行くことを決めて、ならばこの店に行かねばならないと、改めて再放送を録画して観てみた。
 やっぱり凄いじゃん、この店は行かんと!!!

Cimg9123
Cimg9118

 ・すすきの 肉の浅鞍:塩ジンギスカン850円・スーパーロース3800円・牛とろライス黄身付630円・酒飲み過ぎて不明

 「SELECTRAVEL」や「孤独のグルメ」で放映されてたのは地下鉄東西線円山公園駅から南に10分程歩いた住宅街にある本店。
 まさかこんな所に焼肉屋さんがあるとは思えないシチュエーションなので行けば五郎ちゃん同様びっくりする。
 滞在2日目の9月22日(木)の夕方に予約なしで行ってみた。
 何故ならただの木曜で夕方17時頃だったから混んでる訳がないとタカをくくってた。
 ところが店を探して行ったものの、何と予約で一杯だというではないか。
 ここは本当にただの静かな住宅街で人の気配もない所なんだが、これからどんどん人が来るのだという。
 ガックリ来てたら、お店の人がすすきの店があるからそこに電話してみたらという。
 えー、円山公園のこんな静かな住宅街で満席になっちゃうのに、すすきのなんて無理に決まってんじゃん。
 変な客を支店に回したかと、ダメ元ですすきの店に電話してみたら、翌日の23日、秋分の日なのに空いてるという。

Cimg9071
Cimg9072

 マージーでーすーかー、ということで一気に形勢逆転したワタシは夕方からぽっかり予定が空いた分、藻岩山に夜景を見に行ったのであった、余談。

 そして翌日の23日の18時、お店を探してたんだが、どうにも見付からない。
 場所はすすきのの行列店「だるま5.5店」さんの斜め前なんだけどなぁ???
 周辺をぐーるぐーる周ってみたがどうにもそれらしい店がない。

Cimg9108
Cimg9109

 ここでふと気付いた、ひょっとしてビルのテナントに入ってるのではないかと。
 そうしてビルの中を探してみたら、「肉の浅鞍」さんをようやく発見。
 この古臭いビル(ポプラビルという)の3Fではそりゃ分かりにくいし、一見さんが入る店では絶対ないし、普通の客は「だるま」さんのジンギスカンを食べに行くからそりゃ祝日でも空いてる訳だと納得した。

Cimg9119

 そうしてエレベーターで3Fに上がって、会員制の秘密クラブみたいな玄関を開けるとそこは焼肉屋さんなのであった、あー良かった。

Cimg9111

 店内は全然広くなくてテーブル席3つくらいやったか、こじんまりしたお店でこの席数で、空いてるとはいえよく予約受けてくれたこっちゃ。

 手前の席に座って店の人と雑談。
 来るきっかけが「SELECTRAVEL」なんですよ、と言うと、たまに言われるけど「観たことないから知らん」と言われてしまった、まぁ、CSの有料チャンネルやしそんなもんか。
 逆に今や「孤独のグルメ」やから混んでんじゃないの???

Cimg9110

 ではメニューどんなんかなー???
 店の人はウチも一応ジンギスカンやってて、特に塩がお勧めなんだけど、ということだったので、ジンギスカンはもうええかなと思ってたが、注文。
 あとは「SELECTRAVEL」でも「孤独のグルメ」(これはモブ客が注文してた)でも注文してた七輪からはみ出る草鞋のような大きさの400gはありそうなスーパーロース。

Cimg9113

 「孤独のグルメ」にも出てたが前菜に有頭海老と野菜が出てきたのでこれで十分かと(どんなボリュームやねん)。
 まずは野菜と有頭海老、これもでかいなー。
 七輪で焼くってのがまたええやないの。

Cimg9114

 続いて塩ジンギスカンどうなんよ、じゅわー。
 おお、やっぱりこれも臭みがないな(だから臭みがない以外に言うことないのか)。
 でもこれだったらやっぱり牛の方が美味しいよなと思うのは私だけではあるまい。
 しかし850円だとありありあり、これもボリュームあるよなー。
 普通やったらこれと白ご飯だけで十分かも。

Cimg9115

 よし!!! メインイベントのスーパーロース行っちゃえ!!!
 このはみ出るロース肉どや!!!

Cimg9116

 たれは一旦置いといて、肉を焼くぞ、凄いボリュームやなぁ、3800円って安いのか高いのかもはや分からん。
 これをハサミでカットして、たれに付けてぱくりと、赤身の美味さと脂の美味さにたれが三位一体となってこれは不味い訳ないやろ。
 まさか「SELECTRAVEL」で観た店で円山とすすきのと店は違えど同じスーパーロース食をべることになるとは少なくとも3年前には夢にも思わんかったことよ。

 これで芋のロックをじゃぶじゃぶ吞んでんだけど、お腹一杯だけどどうしても食べたいメニューがある、
 それがメニューの右上にある牛とろライス、聞けば牛の赤身と脂を細かく切ってご飯の上に乗っけてたれをかけた物だという。
 それに黄身が付けば無敵のメニューでしょうよ、これが今回の〆じゃ。
 これ「孤独のグルメ」の五郎ちゃんが全く同じ黄身付を注文したのにはびっくりした。

Cimg9120

 そうして出てきた牛とろライス黄身付630円がこやつ、おおおおお、これ外れる訳ないヤツやん。

Cimg9122

 たれが掛かってるので混ぜ混ぜしていただきます、もぎゅもぎゅ、うひょ~~~。
 口の中で脂がとろけるよ、肉も甘いし脂も美味い、黄身がまた反則的な美味さやし。
 これはこの日にピッタリの〆の一杯やろう、素晴らしい!!!

 うーん、マジで道民の皆さん、羊食べてる場合じゃありませんぜ、牛食べんと。
 ワタシは羊肉をお代わりするにやったらここでスーパーロース食べます。
 なんちゅうかもう県民性やろうね、ワタシにそこまでの羊愛はないのでな。

 

 円山もすすきのも穴場的な雰囲気やったのもまた良かった。
 次回札幌行っても必ず行くな、今度は予約は忘れずにして行くよ。
 北海道に美味しい物はあり…ます!!!

Cimg9124

 ということで小雨降るこの日の帰りは20時でした。

 

| | コメント (0)

2022年9月25日 (日)

札幌はすすきの「成吉思汗 だるま 本店」さんの成吉思汗/ジンギスカン1280円・最初の野菜170円・お通し220円・ハイボール495円×2

 21日から昨日24日まで3泊4日で北海道は札幌に行って来た。
 特に予定はなく、美味いもんを食べて食べて食べまくろうという企画。
 CATVで北海道の食べ物をを特集してる番組を録画しまくって、だいたいの予定は立てた。
 初日の夜はサッポロビール園で出来たて生ビールとジンギスカン、次の日の夜は焼肉、最終日もまたジンギスカン。
 昼はラーメンかスープカレーで、小樽で寿司、おやつでザンギを食べようと漠然と。
 
 21日の17時には札幌に着いてチェックイン。
 サッポロビール園は大箱なので、こっちを祭日に回して、混んでなさそうな平日(水)の夜にお勧めされた有名店にまずは行こうと切り替えた。

Cimg8983
Cimg8985

 ・成吉思汗 だるま 本店:成吉思汗/ジンギスカン1280円・お通し220円・最初の野菜170円・ハイボール495円×2

Cimg8991

 場所はこの有名なすすきのの交差点を更に南下して3本目の東西の筋を西に折れて100mくらい。


Cimg8984

 ワタシは最初間違ってこの先の交差点の角の5.5店に行ってしまった。
 あれ、画像で見た店と違うな、本店に行くはずやったが、ここは5.5店とあるではないか。
 違う違うともう一回地図見たら30mくらい行き過ぎてて、本店は上にあるような路地にある。
 この画像と上の画像とは同じ位置から撮ってるのでそういう距離だってこと。

 ワタシが着いた時点で17時45分くらいで広くない店内は満席で、ワタシの前に10人は並んでた、うげげ。

Dsc_6218

 しかし実はこの程度の行列は可愛いもんで、帰る日の前の夜、祝日の23日に前を通ってみたらこんなメチャクチャな行列になってた。
 こんなに並んでたら絶対食べなかったから、平日に行ってて大正解やった。

Cimg8986

 15分ちょい待ったら次の次くらいの順番になったので、ガラス越しに店内をパシャリ。
 ここはカウンターのみの店で10人くらいで満員になるのかな。

Cimg8987

 次の人と呼ばれて店内に、丁度メニューの前の席だったので、メニュー写真を撮る。
 注文の仕方がよく分からんのだが、店の人が先に、8月から申し訳ないが野菜が別料金になったと言われた。
 とりあえずハイボールとジンギスカン1人前に最初の野菜を注文、まずはお通しで出汁醤油? に揉まれたキャベツが出てきた、これ要るんかな。

Cimg8989

 肉は100gくらいだそうで、これが1人前で1280円ってずいぶん良い値段するな。
 これに野菜でお通しキャベツで計1670円ですけど。
 ちなみに生のマトンの高級部位を使ってるそうだ。

Cimg8988

 七輪に炭火でここにジンギスカン鍋をセットして1人前の野菜を載っけててくれる店員さん。
 ワタシのイメージと違う所は、タレかけて食べないってことか。
 鍋の縁で肉汁とタレで野菜食べるようなのを想像してたが、こちらのお店は焼いた肉や野菜はタレに付けて食べるんだそうだ、へぇへぇへぇ。

Cimg8990

 ではお通しキャベツもぎゅもぎゅ食べてハイボールをぐびりと呑んで、では肉いただきまーす。
 ふむふむ、肉は柔らかくて、ベタベタな感想ながら臭みはないな、タレとの愛称も悪くない。
 だけどちょっと待て、肉に臭みがないのはええけど、それなら羊食べる意味ねーじゃん。

Img_20220925_210031
Img_20220925_210037

 会社のみんなでよく東三国の焼肉屋の「松本 別邸」さんという店にランチで行くんだけど、ここって赤身とハラミのハーフでタン塩が付いて、ご飯と味噌汁お代わり可で1000円なんだよ。
 肉は分厚いし思いっきり食べ応えあるし。
 ワタシは真っ先にここと比べてしまった、どう考えても値段と価格と食べ応えが合ってないような。

 お代わり肉してるお客さんが居たが、追加で100gぽっちを1280円出して食べちゃうの!?
 ワタシはこの値段ならば羊を食べる意味を見出せなかったので、ハイボール2杯呑んでとっとと食べて混んでたのもあるから退散しちゃった。
 だからサッポロビール園も行くの止めた、申し訳ないが牛肉の方が美味いと思った、部位もいろいろあるしさぁ。
 でもジンギスカン好きな人を否定する訳ではない、ワタシは1回食べたからええってこと。


 うーん、いきなり躓いてしまったが、この後食べたザンギが値段とボリュームと味が凄かったのと、〆に食べた味噌ラーメンもえらく美味かったので、札幌盛り返したよ。
 ということで北海道シリーズぼちぼち進めます。
 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧