2024年7月 4日 (木)

これも沖縄名物「福助の玉子焼き 市場本通り店」さんの厚焼きポーク玉子おにぎり400円

 年末年始で沖縄に行った時に、とにかく混んでてびっくりしたのが「ポーたま」と呼ばれているポーク玉子おにぎり。
 特に牧志公設市場の北隣にある店は外国人観光客と思われる人たちが物凄く並んでて道路一杯に拡がって食べてて、そないに美味いもんでもあるまいにと思ってた。

 その店の角を西に折れた所にこっちは地元人御用達みたいなそれ程大きくはないんだが、これまたかなり並んでる繁盛店を見付けた。
 どうもこちらが巷で言われている所の「ポーたま」のお店だそうで、最近では博多にも出店したとか。

 ワタシにとってはどっちでもいい話だったんだが、4月中旬に2回目の沖縄に行った際に、その牧志公設市場の北隣にある店がまだ早かったからか(9時45分頃)、それ程並んでなかったので、じゃ、ネタで食べちゃえ、と少し待って買ってみたという話。

Cimg2854
Cimg2853

 ・福助の玉子焼き 市場本通り店:厚焼きポーク玉子おにぎり400円

 だから場所は国際通りのむつみ橋の交差点を南に下った牧志公設市場の手前の店。
 表通りに面しているので誰でも分かるし、行列出来てるから間違えようがない。
 ちなみに国際通りにもポーク玉子おにぎりの店はあるが値段は少しお高めで人もほぼ居ないので、こちらか「ポーたま」かのどちらか空いてる方で食べれば宜しかろう。

Cimg2859_20240704231201

 まずは福助に挨拶。
 厚焼きポーク玉子おにぎりを両手で抱えてる所が愛らしい。

Cimg2855

 厨房の上にメニュー各種の看板があるが、下にA型看板が置かれてるので自分のお好みを探してみましょう。

Cimg2856

 そして決まったらタッチパネルでポチる。
 ワタシは初めてなのでスタンダードな「元祖」とある厚焼きポーク玉子おにぎりにしてみた。
 他には変わり種というか納得と言うか、ハニーマスタードとオーロラソースがたっぷりの厚焼きポーク玉子サンドなるおにぎりではなくサンドもある。
 玉子焼きだけの厚焼き玉子焼き(プレーン)というのもあるが、これは一本物で750円といくらか値段は高め。
 この日は2泊3日の中日の朝ごはんなのでまずはこれくらいで良いでしょ。

Cimg2860_20240704231201

 しかしこれがそんなに並んでるようには見えなかったのだが、結構時間が掛かる。
 それは作り方見てて分かった。
 とにかく焦げないように低温でじっくりしかも中まで焼くのよ、何重にも卵液を注ぎ込んで。
 だから意外と時間が掛かる、物理的に並ぶのも納得。
 そうして自分の番号が呼ばれたら右手の奥に受け取り口があるのでそこでもらう。

Cimg2862_20240704231201

 10分以上待ったな、くそう待ってしまったではないか。
 ではまずは福助との2ショット、ご飯の比率少ないか???

Cimg2863_20240704231201

 んじゃ食べますか、もぎゅもぎゅ。
 おおっとぅ、このふわっと柔らかい優しい出汁の利いた玉子焼きとスパムの塩気がよく合うやん。

Cimg2864_20240704231301

 あー、ピントがポーク玉子焼きおにぎりじゃなくて、福助に合ってるやん、いつまで素人やねん。 
 ちなみにスパムは揚げてるので、食感もパリッとしてて旨味も濃くて全体として優しいだけじゃないワイルドな味になってる。
 舐めてたけどこの玉子焼きは侮れん、ハッキリ言って美味しいでしょう。
 見た目や名前だけの面白い店ではなかった、ちゃんと味わえる一品であった。
 しかしおにぎりとしてこのでかい具材がしっかりハマってたのには驚いた、ちゃんとお米感もあっておにぎりやった。
 ここにも美味しい物があったか、沖縄恐るべし、並んで食べる気持ちが少しわかった。

 と言いながら一度食べたからもう食べなくて良いんだけど。
 そこが博多の「むっちゃん万十」とは違う所かな、隙あらばハムエッグ買って食べたいもんな。


 あ、よく考えたら3回目のGWに行った際に、朝から営業しているタコライスの店があったので、そこに行った際にポーク玉子おにぎりを売ってたので、ついでに1個食べたわ、そこはポークたまごみそってラップにくるんで手作りおにぎりを170円で売ってた。
 ま、「ポーたま」でも「ポーク玉子おにぎり」でも何でも良いけど、もはや家庭の味ってことで、いろんな味を楽しんじゃいましょう。

 

| | コメント (0)

2024年7月 1日 (月)

沖縄の夜は「お食事処 きらく食堂」さんのラフティ(角煮)880円・ソーメンちゃんぷるー700円・じーまーみ豆腐550円・ミミガー(豚耳)500円・豆腐よう300円・オリオンビール樽生440円他

 去年末から年始にかけて沖縄に行ってた話は既に何度も述べた。
 初日の夜は県庁前駅ら辺の飲み屋で非常に上等な魚のバター焼きを食べた。
 続いて大晦日、ここはワタシも着いてからではあるが作戦があって、昼も夜も観光客で賑わってる(中には地元人も居るようだが)、那覇市第一牧志公設市場が元日から三日まで休みと書かれてたので、大晦日の夜はこの市場の二階の店で食べ飲みするぞと決めた(たいした作戦じゃないな)。

Cimg1963_20240701222801

 この牧志公設市場に寄らない観光客はないんじゃないかと思われる程の人気の市場なんだが、ここは一階が市場でもちろん一般人も買い物が出来るんだが、ポイントは一階の店で買った品を二階のお店に持っていけばいくらかで好きに調理してくれること。
 中国人らしき人達が爆買いしてるのを何度も見かけた。
 もちろん、この二階のお店の数々はは魚を下で買って行かなくても美味しい物を食べさせてくれる。
 観光客が多いがそれ程高くもなく飲み食いできる所が良い所。
 その後4月も5月も沖縄に行ったが、やっぱり一回はこの二階の店に行って飲み食いした、安定のお店。
 その中でワタシが気になって気に入った店がここ。

Cimg2053
Cimg2055

 ・お食事処 きらく食堂:ラフティ(角煮)880円・ソーメンちゃんぷるー700円・じーまーみ豆腐550円・ミミガー(豚耳)500円・豆腐よう300円・オリオンビール樽生440円他

Cimg2062

 エスカレーターで二階に上がったら真後ろにある店。
 別に何かに特化したわけではなく、オールラウンダーで何食べても美味しいし沖縄料理なら大概網羅してるのではないか。

 閉店は21時なのでそれ程遅くまでは飲んでられないんだが、ワタシは部屋に戻って更に飲んで〆るので丁度良い。
 この時は初回の二日目だったので、典型的沖縄料理を食べたくてこのようなチョイスとなった。

Cimg2052
Cimg2051

 メニューは中華・海鮮もあるけどやっぱうちなーでしょ、まず絶対食べたいのがラフティ、次に食べたかったのはじーまーみ豆腐、豆腐ようも食べたいと思ってたからメニューにあったので迷わず注文。
 ミミガーも定番だから最初食べたとかんとな。
 チャンプルーはゴーヤは季節じゃないし、隣の家族連れは真っ黒なイカ墨のソーメンちゃんぷるーチャンプルーを食べてたが、同じの頼むと真似したみたいで嫌だったので、普通のソーメンちゃんぷるーを頼んだ。
 そしてもちろんオリオンビールもね。

Cimg2058

 しばらくして一品々々揃いだして、全部揃っちゃったので、まとめてデジカメでパシャリ(デジカメええで)。
 かなりボリュームあるよなー、種類食べたいから王将のジャストサイズメニューが欲しいくらいやわ。

Cimg2059

 ラフティは脂は落ちてくどくなく甘くもなく肉は歯がなくても食べられちゃうくらいにやらかい。。

Cimg2060

 そーめんチャンプルーは熱々で塩味がシンプルに美味い、だけどこれにはこーれーぐーすをかけて食べるのが好きじゃ。
 ミミガーは酒の肴としてはドンピシャやね、がじがじコリコリ。
 ここのじーまーみ豆腐はねっちょりしててピーナッツの香ばしさがじんわり感じられ、メチャメチャワタシ好みの味、良い店から仕入れてますねー。
 そして豆腐よう、この発酵臭がたまらん、かなりの塩味があってそのスメルとでなかなか食べにくいメニューかもしれんが、好きな人は好きで、ワタシはこの半分で酒がいくらでも飲めちゃう。

Dsc_0032

 んあー、何食べても美味しいやん。
 GWにも訪れて〆に沖縄そば(小)というのを頼んでみたが、ホントに小で笑った。
 いや、〆なのでそれくらいでいーんです。
 お出汁は普通に美味かった、一般店恐るべし。


 ワタシはこことここの右隣の店が贔屓の店なので、秋になったらまた行くよ。
 早く夏も台風も終わらんかな。

 

| | コメント (0)

2024年6月16日 (日)

沖縄はサンライズなはでタコライス「タコライスの店 赤とんぼ」さんのタコライス(大)700円

 昨年末と今年年始にかけて行った沖縄話、ちなみにそこからGWまでに3度行ったからそれだけ食べ物がワタシに合ったか分かってもらえよう。
 次は台風シーズンが終わった秋に行きたい、いや行くぞ。

Cimg2001

 これは大晦日の話で「JEF」というローカルバーガーチェーンでぬーやるバーガー食べたの直後に見付けた店、というか屋台。
 なので「サンライズなは」というアーケードで繋がってる、「JEF」からだと歩いて3分か。

Cimg2000

 ・タコライスの店 赤とんぼ:タコライス(大)700円

 何か結構な行列が出来てて、丁度11時の開店ちょい前に着いたみたい。
 10人も並んでなかったので、よく分からんがこりゃ並んじゃえ、と勢いで並んでみた。
 30日に沖縄来て沖縄そばとかバター焼きとか食べたが、タコス&タコライスはこれが初めて。
 後から分かったことだが、この店はいつも混んでて、売り切れるのが早い、そしていつも行列が出来てるので、すんなり買えるのはかなり難しい

Cimg2002_20240707233301

 今はタコはタコスだけど、この時は食事として楽しみたかったので、タコライスにした、(大)で。
 ちなみにタコスは1本300円で3本だと800円になるサービス。

Cimg2004
Cimg2003

 待つこと10分くらいでタコライス登場、店の前の丸テーブルで食べることにした。
 最初は透明プラ容器に輪ゴムで止められている。

Cimg2005

 それを開けて、じゃーん。
 サルサソースが別添なのがこっちの流儀なのか、そうなのか。
 ほかほかライスにビーフのタコミート、そこにチーズにレタスにトマトでサルサソースをお好みで。

Cimg2006

 ではいただきまーす、もぎゅもぎゅ、ふむ、タコス&タコライスなんて10年は食べてないと思うが、こういうもんであったか、イケます。
 ビーフのタコミートはそれ程香辛料は利いてないのかな、サルサソースはバジル的なハーブにハラペーニョかなんかでピリ辛になってる。
 何というかメキシカン&ジャパニーズのちらし寿司、いやビビンバ???
 まぜまぜしては食べなかったが、そうして食べた方が美味しかったかなと思ってみたり。
 こちらは全て手作りだそうなのでハズレはないわな。
 ビーフにチーズにレタスにトマトなので意外とヘルシーやったりすんのかな。
 ちなみにウチでは牛と豚の合い挽きを使ってます。

 4月にも5月にも沖縄行ってこの店にも行ったが。結局タイミングが合わず大晦日以来食べれてない。
 今、ここのタコス食べたらどう思うのか自分でも知りたい。


 結果ワタシ的には今はタコはライスよりタコスやね、というのもトルティーヤがやっぱり店の個性やと思ってるから。
 お腹が空いてる時はライスで良いけど、夜だとタコスでしょ。
 というくらいにタコスの生地もいろいろあるのが分かったので、今はタコス一択。
 ちなみにタコスは家で作ると楽しい。
 トルティーヤからタコミートからサルサソース(サルサソースのベースはピザソース使ってるけど)まで自作して沖縄気分になってます。
 酒はオリオンじゃなくてブラックニッカハイボールやけどな。

 

| | コメント (0)

2024年5月28日 (火)

沖縄の地元バーガーショップは「JEF サンライズ那覇店」さんのぬーやるバーガー450円・沖縄シークヮーサーエード(M)270円

 ワタシの毎週録画して観る番組としては「迷宮グルメ 異郷の駅前食堂」がある。
 これヒロシがやってた頃はメチャ面白かったんだが、スギちゃんになってから全然面白くなくなった。
 外国人として現地人にカモられまくりなのを見てると次に行く日本人が気の毒になる。

 それはさておき、ヒロシがまだやってた頃、コロナ禍において海外へは行けない訳だから国内にシフトした。
 最初が沖縄で、ゆいレールに乗って旅してたと記憶してる。
 その時にハンバーガー屋に入ってたよな、とこの店の前を通った時にふいに思い出した。

Jef_20240528220901
Jef_20240528220902

 ・JEF サンライズ那覇店:ぬーやるバーガー450円・沖縄シークヮーサーエード(M)270円

Jef_20240528220903

 間違いなくこの店、場所は牧志公設市場を南に下ると「サンライズ・なは」というアーケードに出るので、そこを北東に歩いてすぐ。
 むつみ橋からだと歩いて5分って所か、行くのは簡単なんだけど、ごちゃごちゃしてるので説明がし辛い。
 ま、今ならスマホンでナビ使って行ってクレイ、ワタシは歩きながら偶然見付けちゃうんだけど。

 この「ジェフ」という店はバーガーで3店舗やってるらしいが、残り2店舗はちょいちょい遠いので観光客が行けるのは那覇店やろうな。
 いかにも地元密着型のバーガーショップらしい佇まい、沖縄の有名チェーンの「A&W」通称「エンダー」とは全然違う。
 調べてみたら全て店内調理で、パティやチリソースやコールスローサラダ等を調理してるそうだ。

Jef

 入ってメニュー確認、普通のハンバーガー食べても仕方ないので(仕方ないことないが)、ここはゴーヤを使った不動の人気No.1メニューであるという、ぬーやるバーガーを食べよう。
 ドリンクは沖縄らしくシークヮーサー、大晦日とは思えん朝ごはんや。
 あ、これ23年12月30日~1月2日までに行った初回の沖縄の話。
 ちなみに10時に「田舎」さんでソーキそば食べた直後ね。

Jef_20240528220904

 店内は奥に長く、ずずっと進んでテーブル席に座る。
 注文を受けてから作るからか、結構待ち時間がある、ファーストフードじゃない所が良いねぇ。

Jef450270
Jef_20240528220906

 10分くらいで出てきたぬーやるバーガーがこやつ。
 輪っかに溶いた卵とゴーヤを流し込んで、卵焼きゴーヤにしてる。
 そこにチーズとポークランチョンミートでパワーアップしてるんやろうな、面白い。

Jef_20240528220905

 ではいただきまっス、がぶり、ほう、ゴーヤの苦みはそれ程せんな、マヨネーズとの相性が悪くない。
 ランチョンミートの脂と旨味が卵ゴーヤと重なりこれはありです。
 バンズにゴマがたっぷり付いてるのもリッチな感じ。
 ちなみにぬーやるバーガーとは「ぬーやるばーが(何なんだ)」と掛け合わせた造語だそうだ。
 シークヮーサーは今更ワタシが語るまでもない、ゴーヤにシークヮーサーで大晦日とはいえ沖縄感ありありやった。

 ここ大人から子供まで客層幅広い、そういう店は良い店よね。
 店内明るいし、居心地良いからのんびりしちゃった。
 なんつーかあか抜けない感じも実に好ましい。
 ヒロシのサインあったけっか、覚えてない。


 さー、次の沖縄名物はと、このサンライズなはをちょっと戻ったあの屋台に行ってみるか。

| | コメント (0)

2024年5月21日 (火)

国際通りは牧志で沖縄そばの自家製麺「沖縄そば タイラ製麺所 国際通店」さんの沖縄そば800円

 沖縄には沖縄そばを食べに行ってるみたいなもん。
 基本、海のレジャーには興味ないし、海よりも街が好き、しかも裏通り。
 だから「田舎」さんみたいな怪しい沖縄そばの店が大好き。

 しかしこちらは国際通りに面してるという、沖縄そばの専門店では珍しい店。
 ここは去年の大晦日に行って食べた。
 自家製麺に惹かれたから。

Dsc_7968

 場所は国際通りを東に行って、ゆいレールの牧志駅の手前。
 斜向かいには「軍用地買います」なんて不動産屋があったりしてちょっと驚く。

Cimg2019
Cimg2020

 ・沖縄そば タイラ製麺所 国際通店:沖縄そば800円

 ワタシが着いたのが12時半、店の前に外国人女性の2人が並んでた。
 なのでワタシはその後ろとなったんだが、何のかんので10分くらい待っちゃった、くそう。

Cimg2011

 順番が来て入店、カウンターの端に座ってメニュー確認、ワタシはソーキそばより沖縄そばの方が好き、それはソーキはやっぱり重たいから。
 ここは見た目のビジュアルも沖縄そばの方が美味そうに見えるので、それもヨロシイ。

Cimg2010

 注文してお金払って出来たら読んでくれるセルフ式、だからこんなふうな渋滞が起こる。

Cimg2015
Cimg2016

 そうして5分くらいで出てきた沖縄そばがこれ、このでろんとした三枚肉が魅力なんだよねー。

Cimg2017

 だけど麵からいただきます、ぞぞぞ、うーむ、ワタシはここが初めての自家製麺の店だったので(今では引き出しもっと広くなってます)、正直自家製麺の美味さがよく分からんかった。
 ま、普通かな(何様じゃ!!!)。
 スープはワタシ的には若干獣臭く、塩味も強かった。

Cimg2018

 三枚肉は見た目のインパクト程には感動せんかった、かな。

 今は上でも述べてるが、自家製麺の凄すぎる店を食べてしまってるから驚きは全くない。
 スープは相性もあるので何とも言えんが、時間がなくて国際通りで自家製麺をと言われる方は行かれるが宜しかろう。

Cimg2013

 あ、塩味の強いスープにはこーれーぐーすがよく合うと思うのでお試しあれ。


 今ざっと計算したら、3回で12軒の店でそば食べてる。
 まだ12軒だけど、自分のスタンダードが見えてきたように思う。
 忘れん内にまた行きたいが、もう梅雨に入っちゃったし夏やし台風やし、行くのは11月~3月かな。
 これがワタシにとっての沖縄のオンシーズンなのである、夏とっとと終わってクレイ、 いや来なくてもええで。

 

| | コメント (0)

2024年5月15日 (水)

沖縄は豚だけではない「沖縄丸鶏製造所 ブエノチキン」さんのブエノチキン半羽カット1000円

 今日15日から阪神百貨店の催事が沖縄物産展、今年に入りにわか沖縄ファンの血が騒ぐ。

Cimg3008_20240515212701

 ちゅーか、こないだのGW前半にこの店に行った際、玄関のドアに「GO! OSAKA 沖縄丸鶏製造所 ブエノチキン」と貼られてあった。

 ということで「ブエノチキン」さん。
 何でこの店に行くことになったんやろ、おそらくTVで放映されてたのをチェックしてたんだと思う、じゃないとわざわざ行かんもんな。

 なので場所は中心地ではない。
 GW初日の4月27日は10時に那覇空港に着いてゆいレール乗り放題2日乗車券を買って最初の2日はゆいレールで行ける所を行きまくる予定であった。
 ちなみに1日券800円で2日券だと1400円なのでゆいレール観光する人は絶対買った方がお得。

Cimg2966

 しかもこの券、日が変わればお終いじゃなくて購入してから24時間。
だから10時にチケット買ったら翌日の10時まで乗れちゃう。
 ワタシは土曜の10時14分に買ったから月曜の10時14分まで使える、だから月曜も早朝からゆいレールを近場でも乗り倒してメチャメチャ有効に使った。

 ま、それは置いといて、初日はまずは終点のてだこ浦西駅まで行って始まったこの時の沖縄旅行はどんどん南下することになる。
 道中首里で沖縄そば食べに降りたりして、正直お腹一杯であったが、せっかくなので寄らねばならん、何しに来とんだ、食べに来とんだ。

 ちゅー訳で最寄駅は首里から2駅の古島。
 ここから北に歩いて5分に丸鶏製造所がある。

Cimg3003

 ・沖縄丸鶏製造所 ブエノチキン:ブエノチキン半羽カット1000円

Cimg3004_20240515212701

 到着時間は14時半、まったこの日は良い天気で日差しが強いので暑いというより痛い、まだ4月なのに。
 遠めに見ても分かる派手な黄色い看板、ここか。
 ワタシは半身焼きとか半身揚げとか鶏肉大好き、もちろん焼鳥も塩でもタレでも、唐揚げはそうでもないが。
 こちらの店は老舗で県民に昔から好かれている馴染みある店だそうだ。

Cimg3005_20240515212701

 入口には2時間かけて焼くというロースターがある。
 こういうの見たら名古屋は大須のブラジルの丸鶏を思い出す。
 そして入口には上述の「GO! OSAKA」が貼られてて大阪に来ることが分かった訳だ。

Cimg3007_20240515212701

 時間的にもアイドルタイムだったので早速注文、イートインも出来るので勧められたが、ビールと一緒に食べたいし、そもそもお腹空いてないし、ここはテイクアウトで。

Cimg3006_20240515212701

 メニューこんなんで、1羽か半羽かの二択、吞んだ後のホテルで〆用に買うので半羽だろ。

Cimg3135

 待つ程もなくカットしたやつをアルミホイルで包んで渡してくれた。
 熱々だったら神のような美味さだそうだ、袋には「美味しさ期限3時間」、30分以内だと神の美味しさ! 当日中だとこれぞブエノチキン、翌日~4日目でただの味付トリニク、5日目~食べられません、だそうだ、なかなかにシャレ利いてる。
 こちらの特徴は1羽のお腹にまるまる1個のにんにくを刻んだものが詰められてるらしい、そして大量の酢を使った秘伝のタレに2日間漬け込んでること。
 けんども当然アルミホイルに包んでるので臭いはないから、ゆいレールにも余裕で乗れた。

 そんで一旦ホテル置いといて、牧志公設市場の1Fと2Fで飲み食いしてホテルに戻る。
 レロレロの一歩手前くらいやが、ちゃんとお腹も残してますよ、アルミホイルなのでオーブントースターで焼いてみるか。

Dsc_0019

 おおー、ロースターで焼かれた焦げが美味そうや。
 そんですげージューシーなのよ、カットされた肉はもちろんやが、荒く刻まれたにんにくがぼってり入って大丈夫かってくらいそそる。
 香りはにんにく臭はそれ程ではなく、よく分からん香ばしさがある。

Up_20240515212701

 では食べてみよう、もぎゅもぎゅ、へぇへぇへぇ、こんな味なんや。
 と説明するのも難しいんだけど、鶏肉の肉汁がたっぷりでにんにくが蒸し焼きみたいになっててしっかり食べても臭さがない。
 そんで鶏肉自体の旨さとほんのりとした酸味、何というかあんまり食べたことない味で新鮮、酢使ってんのか使ってないのか分からんくらい、面白い。
 肝心のにんにくは本当ににんにく臭がなくて旨さだけが残ってる。
 肉の旨さとほんのりした酸味ににんにくの旨味、確かにこりゃシンプルで美味いわ。
 泊まってたホテルの1Fのフリースペースで飲み食いしてたが、うかつにも酔っ払って寝ちゃうくらいの(危険だから寝るなよ)酒がススムくんな食べ物よ、ブエノチキン。

 さー、催事は20日まで。
 沖縄を出ることはないそうなので、沖縄発のブエノチキン、食べに行く価値あるかもよ。


 次回は焼き立て食べたいけど、昼は沖縄そばやろうから、やっぱりテイクアウトになるのは悲しいことや。
 でも美味しいからまた古島まで行っちゃうよ~~~。

 

| | コメント (0)

2024年5月 6日 (月)

ワタシの沖縄そばのスタンダード「田舎 公設市場南店」さんのソーキそば(並)600円

 昨年と今年の年末年始を沖縄で迎え、4月中旬に行って、またGW前半に沖縄行にってきた。
 どんだけ好きやねんと我ながら思うが、理由の一つは間違いなく麺太郎のワタシが沖縄そばを大好きになったから。
 本当に次から次へと美味い店が出てくるので驚かされる。

 ここはこれまでで3回通った、前情報なしでは実に入りにくい店だけど、昔の沖縄そばの店を体現してくれている稀有な店。
 朝10時と早くから営業してるのもポイント高い。
 国際通り周辺で美味しい店と言われたら真っ先にここを挙げるであろう。

Cimg1965
Cimg1990

 場所はだから第一牧志公設市場の南、ちょっと怪しげな感じがたまらなく良い。
 一見さんお断りのようなオーラが出てるが、観光客もたくさん食べにくる店なので、ビビらずに玄関開けてみましょう。

Cimg1984

Cimg2076
Cimg2865_20240506195201

 ・田舎 公設市場南店:ソーキそば(並)600円

 ここは3回行ってると言ったが、一回目は上の画像の通り430円とあるが、店内は480円であった、これ大晦日ね。
 ただしこの時は翌日令和6年1月より500円に値上げとのことだったので、20円だけで良いの??? と逆に思ったくらい。
 翌日1月1日に食べに行ったのが中の画像ね。
 そんで4月中旬に行った際には3月より600円と突き抜けてた(笑)。
 いや、それでも十分安いと思うんだけどね、下の画像。

Cimg1985

 これがその店内メニュー、480円なのよ。

Cimg2866_20240506195201

 しかし4月に行った際には600円になっており、てびちそばや沖縄そばも100円上がってた。
 とにかくここはおすすめであるソーキそばを食べて欲しい。

Cimg1989

 屋台っぽい雰囲気も趣深い所、並と頼めば3分で出てくる早業。
 そばと現金は交換で。
 ちなみにワタシは入口すぐのテーブル席に座るんだが、そこには紅しょうがは置いてない、受け渡し口の所に置いてある。
 もっと言うとこちらの店にはこーれーぐーすはないので七味で辛さは調節する、余談。

Cimg1986

 このソーキのボリュームよ、だいたい2枚半入ってる。

Cimg1987

 だけど麺から食べる、麺太郎なのでずずず、ここの麺は平打ちで少し太い麺なんだが、このごわっとしたカタ麺が沖縄そばって感じがして好き。
 そしてこの透き通ったスープよ、豚がベースなんだが、獣臭は全くなく、鰹風味で塩味も丁度良くあっさりしてサッパリとキレもある。
 スープ美味ぁぁぁ~~~。

Cimg1988

 そしてソーキ、軟骨部分も全く問題なく噛める、というか歯がなくても食べられる程の通りの良さ。
 少し甘辛に煮付けられてて、これ単体で十分ご飯のおかずになる。
 ま、ワタシはソーキそばより三枚肉の沖縄そばの方が好きなので、あまりソーキ食べないんだけど、ここ程柔らくてボリュームもありかつ美味いソーキはそうないと思う。
 麺もソーキもスープも値段も全部が良い。

Cimg2868_20240506201201

 ということで、3回も行ってしまう訳だ、これ4月中旬の画像、紅生姜が乗ってる方が絵的には美しいね。
 GW前半では新規開拓に専念したおかげで行くことはなかった、つか国際通り周辺に居ることがなかったので行けなかったが、最後に食べようとはずっと思ってたけど叶わず。
 しかしここのソーキそばを思い出すとまた沖縄に行きたくなっちゃうので、やっぱり美味しい店なんだよなー。


 初めて沖縄行く人には是非ともお勧めの一杯やと思う。
 勇気を出して店内へ入ってみまっしょい。

 

| | コメント (0)

2024年4月30日 (火)

沖縄は首里で「首里そば」さんの首里そば大600円

 昨年末12月30日から1月2日まで沖縄は那覇の国際通りを堪能した。
 この時は23度くらいでメチャクチャ快適で天気も良く何食べても美味しかったので、また行きたいと思った。
 
 チャンスはすぐ来て、4月の半ばの月曜に休みを取ると往復で2万円で行けることが発覚した、なら行かねば。
 先々週レンタカーを借りて浦添から宜野湾まで走って沖縄そばにバター焼きにタコスの美味い店を回ってきた。
 ただし天気は曇りがちで夜は雨が降って、特に2泊3日の最終日は大雨洪水雷警報なんかで出て、バケツをひっくり返したような雨に、どんがんどんがん雷が落ちて歩き旅では久しぶりにエラい目に遭った。

 それでGW、新幹線ののぞみは全席指定だわ、ホテルはどこも一杯やし高いわ、それにそもそももう行きたい所もそれ程ない。
 ならまだ極めてない沖縄に行くかと、また今日30日を有給にして、帰りの飛行機9000円と格安で帰って来ることにした。
 心配は天気、結構雨予報だったが、強烈な晴れ男のワタシが来たのでほぼ好天に恵まれてメチャ日焼けしてしまった。
 
 で、初日はゆいレールを乗りまくりで、検索したら必ず出てくる沖縄そばの有名店に行ってみようかと。
 先々週に超行列店を見付け、その豪雨の最終日にあまり並ばずに行ってみたが、これが全然たいしたことなくて(いや、美味しいんだけど、並ぶ労力と価格が合ってないってことね)、ここも期待せずに、むしろ揚げ足取るくらいの気持ちで行ってみた。

Cimg2986_20240430215001
Cimg3002

 ・首里そば:首里そば大600円

Cimg2043

 首里城のあるゆいレール首里駅から歩いて5分、住宅街にある家沖縄そばの店。
 着いたのは12時45分くらいで待ちが10人くらい、この時間なので、出てくる客ばかりなので早かろうと、珍しく並んでみた。

Cimg2987_20240430215001

 待ってる間にメニュー確認、なんかエライ安いんですけど。
 そうして待つこと10分、すんなり入れた。

Cimg2990_20240430215001

 店内こんなん、まずは玄関で靴脱いで入店、この辺も家沖縄そばたる由縁。

Cimg2991_20240430215001

 待ちが出来てるくらいなので店内は満席、すると奥の部屋を開放してくれて、そこに座らせてもらった、相席で。

Cimg2994_20240430215001

 メニューは首里そばにご飯かおにぎりかジューシー(炊き込みご飯みたいなもん)にジュースにビールにかき氷ぜんざい(沖縄ではぜんざいのかき氷が定番)、ここはそば小400円・中500・大600円とかなりリーズナブルなので、もちろん大でしょう。

Cimg2995_20240430215001
Cimg2998_20240430215001

 混んでる割に5分も経たずに出てきた首里そば大、見た目は三枚肉が3枚、蒲鉾2切れにネギに紅生姜じゃなくて、普通の生姜をケンにして載せてるのがポイントか。

Cimg3000_20240430215001

 じゃ、まずは麺から食べる、麺太郎やからずるずる。
 うわー、ここはメニューに旨・かた麺と言ってるように、自家製と思われる平打ちの幅が不揃いの麺が見た目も面白いんだが、それが沖縄そば特有のごわっとした茹で加減で、違った意味での喉越しが楽しい。
 スープは豚の風味に鰹節感があり、見事に透き通ったスープは芸術品か。
 三枚肉は脂がとろけて甘さも丁度良く、これで泡盛呑めちゃう、酒クレ。

 麺とスープと具材にケチを付ける所が何もない。生姜は紅生姜じゃないのも自然派やし、接客も見事なまでに気持良いし、値段も大600円と優しいし、これぞ理想の沖縄そばや。


 名前だけの店では全然ない、ヒットするのもの分かる良い店だと実感した。
 しかし沖縄の恐るべし所は、この十分完璧だと思われた店と同等かそれ以上の店がどんどん出てくる所、奥深いよ沖縄ぞばの世界。

 

| | コメント (0)

2024年3月11日 (月)

これも沖縄名物らしい「肉まる産業 泉崎店」さんの海鮮サラダハーフサイズ550円・魚のみそ和え600円・バター焼(アカマチ)2800円・角ハイボール480円×2

 年末年始で沖縄に行ってたことは既に述べた。
 国際通り近辺に泊まってたので、とっても便利で毎日歩き回ってた。

Cimg1963

 だいたい起点となるのはこの那覇市第一牧志公設市場であろう。
 一階が市場で買い物も出来るし、二階は食事処で各店でそれぞれ一階の市場で買った魚や肉を調理してくれる。
 ここは年内は31日まで営業で正月は三が日休みであった。
 ということはワタシが着いたのが30日なので大晦日に二階に飲みに行って、30日はまだ開いてそうな一般店に行くことにした。
 大晦日まで営業してる店はそうはないだろ。

 公設市場周辺は昼飲みも夜飲みもやってるんだが、驚くことにせんべろの店がほとんど。
 今調べたら「公設市場裏せんべろ街へようこそ」なんてサイトがあり、名物になってるみたい。
 せんべろって関西ではほとんど見ないけど、どうして沖縄に根付いたのか謎やね、興味深い。
 ざっと30軒はあるみたいやからホントどこでもせんべろやった。

 それはさておき、ぼちぼち夕方になったので店を探しに行こう。
 ちなみに国際通りの入口のゆいレールの最寄り駅は県庁前ね。
 国際通りは観光地価格の店も多いので一旦抜けることにした。

Cimg1968

 県庁を越えて更に西に向かうと(国際通りの反対側)、何かアンコールワットみたいな凄い建物があるではないか、何じゃこりゃ。

Cimg1969

 よく見りゃ那覇の市役所、何という個性的な市役所よ。
 食堂あるんやったら是非ともしやくそ食堂巡りしたい、まぁ、年末年始なので開いてる訳もなかったが。

 そうしてぼらぼら歩いてどこか開いてる居酒屋でバター焼が食べられる店はないかと探したら、しやくその近くにあったのでそこに行ってみることにした。
 国際通りのなれの果てを西に向かうと沖縄バスの本社ビルがあるのでそこを北に折れてまた西に折れた所にある。

Cimg1971
Cimg1970

 ・肉まる産業 泉崎店:海鮮サラダハーフサイズ550円・魚のみそ和え600円・バター焼(アカマチ)2800円・角ハイボール480円×2

 がらっと入店したのが18時半、空港に着いた時は25度あったが、夜は流石に少しは涼しい。
 まだ早かったからかお客さんはまばら。
 この日は流石に晦日であったので仕入れもままならんかったのであろう、ない魚も多いとのことだった。

Cimg1974

 メニュー見る前に店内に南国っぽい魚が並べられてるので、まずはそれを見る。
 なかなか個性的な魚が多い、実に面白い。

Cimg1972

 んじゃ、お品書き。
 看板には黒アグー豚と黒毛和牛のしゃぶしゃぶと書かれてたが、狙いはあくまでバター焼、何でここまで固執してるかというと、ご当地物のTV番組で取り上げられててご飯にも酒にもイケると言われてたから。
 豚肉だけじゃなくてこれも沖縄料理だろ。
 ちゃんとバター焼ありますぜ、へへーん。
 ワタシはこの但し書きを見てなかったんだけど、魚の種類と大きさで値段は変わるらしい、これが後でびっくりすることになるんだが。
 後は魚のみそ和えという謎のメニューも注文。

Cimg1973

 野菜は食べないといかんので海鮮サラダをハーフで注文。
 そして角ハイボールね。

Cimg1977

 無料のお通しと海鮮サラダと角ハイ登場。
 海鮮サラダハーフというが、魚がごろごろ入ってて凄いお得感あるんですけど。
 これは前菜にもなるしメインにもなるくらいにリッチや。

Cimg1978

 続いて魚のみそ和え、どんな味かと思ったら酢みそ和えやった、ははは。
 何の魚かよう分からんがこれもサッパリしてイケます。

Cimg1979

 さー、いよいよバター焼登場、キター!!!
 何の魚ですかと訊くと、アカマチという魚だそうだ。
 一尾まるっと、凄いボリュームやなこれ。

Cimg1981

 角度を変えて見てみよう、実に立派な魚やなー。

Cimg1982

 じゃ、箸入れるか、もぎゅもぎゅ。
 おおっとぅ、バターとにんにくがガツンと利いた味だという刷り込みがあったんだが、これは上品に仕上がってるな。
 白身の美味さをスポイルすることない味付けのようで、難癖付けるならきれいにまとまり過ぎでもっと大衆寄りでも良かったか。
 しかしこれ美味しい魚よ、アカマチ。
 何かとてつもなく贅沢してるような気がする。

 ハイボールもう一杯飲んでお会計、4910円だったんだが、別に何とも思わんかった。
 しかし後で計算してみたらこのアカマチのバター焼は何と2800円であるということが判明した、おっとぅ。

Cimg1980

 どんな魚やねん、アカマチ。
 ということで調べてみたら、アカマチは沖縄の方言で一般的にはハマダイと言うらしい。
 沖縄では三大高級魚の一つだそうで、見た目はマダイより赤みが強く、大きな目とV字形の長い顎が特徴なんだそうだ、確かに。
 夏が旬で一番脂がのって美味しいらしいが、25度やから夏やろ。
 白身でクセがなく、刺身でも焼いても煮ても揚げても美味しいんだって。
 じゃ、2800円でも納得やん。
 ま、一言説明してくれても良かったかなとは今となっては思うが。


 これで大晦日は牧志公設市場で飲んで、元日は屋台村みたいな店があるのでそこで。
 一大観光地なので大晦日でも元日でも結果、全く食べて飲むのに苦労せんかった。
 あんまり毎日楽しかったのでまた行きたいと思ってる、なので次回はもっと庶民的なバター焼食べてみたいかな。
 オフシーズンの沖縄良いっスよ。

 

| | コメント (0)

2024年1月 3日 (水)

沖縄は那覇で食べるそばは美味い「牧志そば」さんのソーキそば550円・ジューシー200円

 12月30日から昨日1月2日で3泊4日で沖縄に行ってきた。
 台湾にしようか迷ったが、沖縄の方が久しぶりなので沖縄の美味しい物を食べ歩こうかと。 
 到着時の気温が25度、家出る時は10度ないので、普通に厚着したけど、現地に着けば暑すぎる。
 しかし12月30日に25度って言われてもなぁ。

 という訳で12時半に那覇に着いたが、なるほど暑いわ。
 スタジャン着ていったがこりゃT-シャツでしょ。

Cimg1947
Cimg1951

 超久しぶりの沖縄、日本最西端の駅「ゆいレール那覇空港駅」。
 このゆいレールが出来て20周年だったそうなので、20年以上ぶりの沖縄と言うことになる。

Cimg2116
Cimg1952

 初めてのゆいレールに乗って県庁前で降りて国際通りに。
 このゆいレールの切符は切符にQRコードが印刷されてて、改札に通すんじゃなくてぺちっと押しつける、そんで切符は改札機に回収BOXがあるので、そこに捨てることになる、へぇへえへぇ。

 その国際通り、メチャクチャ人多い、日本人じゃない人もかなり多いけど。
 チェックインは15時からだったので、荷物持ったまままずはお腹空いたので、ソーキそばを食べに、牧志公設市場の方に向かう。
 国際通りはどうしても観光客向けで美味そうな感じがせんからな、値段も高いし。 

 牧志公設市場の手前に裏通りながら黄色いテントの目立つ店があったので、ここに入ろう、もう我慢できん。

Cimg1955
Cimg1957
Cimg1956

 ・牧志そば:ソーキそば550円・ジューシー200円

 沖縄そばの専門店でセルフの昔ながらの渋い食堂、偶然にも良い店に来ちゃったみたい。
 注文しようと思ったら若き?大将に食券買ってねと言われる。

Cimg1953

 三枚肉の沖縄そば600円かソーそばの二択なんだが、ここはやっぱ圧倒的人気No.1というソーキそばでっしょい。
 お腹空き過ぎだったので、ご飯ものはと探したら、こっちの言葉か、ジューシーという炊き込みごはんの小さいのが200円とリーズナブルだったのでこれに決定、食券渡して待つ。

Cimg1954

 着いたのは13時20分なので一息ついた頃か、お客さんは一組しか居なかったが、ワタシが食べ始めた時から団体客がどばっときて、すぐに満員になった、かなりの人気店なのではなかろうか。

Cimg1958

 5分も待たずに出てきたソーキそばにジューシー。
 このソーキ=スペアリブがよく味が染みてて美味そうやし、この白い平麺も沖縄のそばやん、懐かしー。

Cimg1962

 では麺からいただく麺太郎、ずるずる。
 そうそう、この加水率低めの固めに茹でられた麺、んあー。
 お出汁は豚精湯に鰹に昆布の和出汁で、だけどうどん出汁ではないんだよ、微妙な違い。

 ソーキ食べちゃう、うわっ、これとろとろやん、歯がなくても食べられる、骨も柔らかい。
 甘辛く煮付けられててこの味が出汁に影響してんのかな。
 こりゃ美味い。

 一方のジューシー、炊き込みごはんはひじきなんかが入って上にネギが散らされてる。
 ぱくり、おおっと、この絶妙の味付け、濃くもなく薄くもなく、これはそばとの定食用のご飯にぴったりやん。
 同じお出汁で炊いてるんかいな???

 ソーキそばのお供には紅しょうが、これもこの出汁に合うんだよ、九州のラーメンじゃないのに。
 そして唐辛子を泡盛に漬けたこーれーぐーすー、入れすぎると泡盛っぽいし辛いけど、数滴垂らすと相性抜群、たまらんね。

 ああ、瞬殺してしまった、この一食だけで沖縄来て良かったと思った。
 やっぱ沖縄のそばは美味い、結局滞在4日で5杯食べたもんな、なので店によっていろんな違いがあることが分かったのと、自分の好みも分かった。
 いやこりゃ毎日食べても飽きない味やね、これぞソウルフードでしょう。


 いろんな名物が沖縄にはあるけど、やっぱりそばが一番美味しいかも。
 と言いながら、タコライスもステーキもハンバーガーも美味かったけど。
 明日から仕事で社会復帰出来るか心配になるこの年末年始やった。

 

| | コメント (0)