2021年1月 5日 (火)

京都老舗中華そばと謎のメニュー「篠田屋」さんの中華そば(大盛)650円・皿盛750円

 昨年末、仕事が終わった翌日、京都に行ってきた。
 とりたてて目的があった訳ではないが、その後は家に引きこもる為に、年末の風情でも感じておくかというのと、美味いもんでも食べ納めするかというくらい。

 京都と言えばやはり「京都ラーメン」であるが、ワタシは仕事で行ったついでに食べてたので、基本駐車場がない店には行けてない。
 だからあんまり中心地は行ってないのが実情。

 そんな中でこの店は永らく行けてなかったが、今回ようやっと行ってみることにした。
 場所は三条大橋を西から東に渡ったとこ、京阪&地下鉄三条駅にブッ〇オフがあるのでその並び。

 

1229
Up_20210105211802

 ・篠田屋:中華そば(大盛)650円・皿盛750円

 まずは店構えから昭和の佇まいで実に味わい深い。
 人通りの多い場所ではあるが、それにしてもお客さんの多い人気店。

Photo_20210105211701

 店の前にメニューというか、食品サンプルのサンプルないようなのが出てて、そもそもが中華そば・うどん・そば・皿盛と書かれている。
 上段左からデラックス丼800円に皿盛750円、中華そば550円、下段にたぬき600円ににしんそば650円とある、にしんそば良いねぇ、京都っぽくて。
ちなみにデラックス丼とは天ぷらに玉子に肉が入っていろいろな味がミックスされておいしいとか。
 皿盛は後述、たぬきはこれまた京都らしくきつねのあんかけしょうが風味で身体がぽっかぽかにあったまるらしい。
 きつねそばのたぬきではなく、もちろん天かすの入ったたぬきでも当然ない。

Photo_20210105211702

 ではがらっと入ってみる。
 この時12時ジャストくらいか、でも小上がりとテーブル席が空いてたので、厨房に近 いテーブル席に陣取る。
 本当に使い込まれた良い味が出てるんだよなー。
 広島の竹原にあった「一富士食堂」さんならこのお店に対抗できたけど、数年前に火事でなくなってしまったのが惜しい。

Photo_20210105211801

 改めてお品書きを確認、品数多いよなー。
 気になるメニューはいくつもあるが、とにかくスタンダードな中華そばと皿盛なるメニューは食べないといかんだろ。
 しかし何で中華そばを大盛にしちゃうかな、これはもう習性としか言いようがない。

 先客が結構多くて、10分程待ったが、お品書き及び店内を見てるだけで時間はあっという間に過ぎた。

750_20210105211801

 そうして出てきたまずは皿盛がこちら。
 ふむふむ、ライスの上に豚カツが載ってて、カレーうどんのお出汁(あんかけ)がでれっとかかってるのか。
 上でオリジナルメニュー①と書かれてたが、確かにオリジナルだわ。
 福神漬けが添えられてることからカレーはカレーやな。

Up_20210105211801

 ソースや七味をかけてもOKとあったが、ここは普通にいただく、もぎゅっと。
 カツは平たく伸ばした感じ、そこはたいした問題ではなく、このカレーうどんのお出汁とご飯の相性やろ。
 何とも言えん出汁感のカレーあん、合う合う合う。
 カツはボリューム要員やね、あるとなしとでは見た目も実食しても全然違う。
 皿盛というネーミングが謎やが、昭和のセンスには驚かされる秀逸なメニューや。

650_20210105211801

 間髪入れず出てきた中華そば(大盛)、これは先にコショーが振られてるので、要らない人は最初に抜いてくれと言うらしい、けどこれもそのままいただく、それがこの店の味なんやろう。

Up_20210105211701

 では麺から食べる、ずずず、細めのストレートで変化球ではなく直球ど真ん中って感じ。
 そしてスープいただきまーす、じゅるっと、おうおう、少し重めの鶏ガラスープって感じか。
 これもド直球やね、懐かしの中華そばとはまさにこれか、って感じ。
 チャーシューはモモか、一枚脂乗ったバラがあったような。
 これは醤油ダレを取りました、みたいな感じで、脂のノリはないが、昔の中華そばってこんな感じやん。
 メンマはじんわり程良い味付けで、箸休めにピッタリ。
 緑のネギが彩鮮やか。

 いや、これは貴重な味よ、「京都ラーメン」という概念とは違うけど、「京都ラーメン」以前の京都のラーメンって感じ。
 皿盛もお客さんの半分は頼んでたんじゃないかという人気メニューで、確かに名物だわ。
 先客の親子が中華そばと皿盛を両方頼んでるのを見たが、それも納得。
 かくいうワタシもその内の一人であったが、こりゃ両方食べて全然OKでしょう。
 ただ次回はにしんそば食べてみたいかな。

Dsc_4323
Dsc_4324
Dsc_4325

 その後、「たまこマーケット」の舞台の出町商店街に行ってみたが、歩いて行くとかなり遠いわ。
 帰り四条まで歩く気にはとてもならんかったから。


 ということで、昨日から昨日から出勤であったが、明日から在宅。
 流石にここまで増えると外出るの怖い。
 しばらく外出もままならんので、行って良かった京都なのであった。

| | コメント (0)

2020年11月20日 (金)

これが新潟名物「バスセンターのカレー」!!! 「名物 万台そば」さんの普通カレー480円

 長くなってるが、ワタシが今回新潟行くに当たって、一番食べてみたかったのは、五大ラーメンでもイタリアンでも半身揚げでもない。
 実は「バスセンターのカレー」。
 新潟のB級グルメで検索したらこれがトップに出るといっても過言ではない。
 調べるまでは新潟県民がカレー好きなんて全く知らんかった。
 カレーが名物と聞いたなら食べたくて食べたくて仕方ない、カレーマンでもあるからな。

 しかしこのカレーを食べるまでが結構難しかった。
 繰り返すがワタシが新潟に着いたのが9月16日(水)、市内に着いたのが8時半。
 朝早くから開いているということであったが、同時にワタシが行く直前に仕事で新潟市内に行った後輩が居たので、「バスセンターのカレー」について訊いた所、今は耐震工事かなんかで休んでて、向かいのホテルの2階で営業してるとのことであった。
 そのカレーの画像を見せてもらったが、真っ黄ぃ黄でもったもたなカレー。
 何とも重そう、これこれ。

 荷物が重いのでチェックインには早いけど、ホテルに荷物を置かせてもらって、ソッコー向かったバスセンター。
 この時は近道が分からず、駅北口のメイン通りを萬代橋に向かって行き、ショッピングモールが見えた所を左折した真ん中あたりがそのバスセンターであった。

Cimg5229

 一応、最初にバスセンターのお店を見学、確かに開いていない。
 さぁ、どこでやってるのかと探したら、道を挟んだホテルの2階で営業してるみたい。
なので急ぎ行ってみたが、玄関にドアマンの方が居て、カレーは昨日で終わりましたと言う。
 どういうこった???
 どうやら元のバスセンターの店で営業を再開するので、ホテルでの営業は前日の15日で終わってしまったらしい、がちょーん。
 そんで2日置いた18日から営業再開とのことであった(上の画像の通り)。
 むー、そりゃ困った。
 18日は佐渡島に渡る予定で、朝の6時にはホテル出てる。
 19日は市内観光に食べ歩きをする予定で胃袋のキャパがない。
 となると家に帰る最終日の20日(日)の朝行くしかないやないか。

 一応泊まったホテルには朝ごはんが付いているので、最終日なら最後なので、朝ホテルのごはんを食べてもカレーくらいなら食べられるであろうという判断で新潟の最後のご飯を飾ることにした。

Cimg5230

 ・名物 万代そば:普通カレー480円

Cimg5226

 ということでホテルから5分ちょっと歩いてバスセンターに到着。
 っても、着いた日に場所は確認してるし、前日の19日の市内観光した際に、店が開いてるか、込み具合はどうかチェックしに行ったからだいたいは分かってる。

Cimg5228
Cimg5237

 しかしながら9時半に着いたが、その行列っぷりは凄かった。
 どんだけここのカレー好きなんや(笑)。
 「万代そば」の右隣はラーメン屋さんで、ここも美味しそうではあったが、それは次回の話。

Cimg5236

 とにかく奥までぎっしりとすし詰め状態でカレー食べてる。
 一部カレーうどん食べてる人が居たが、でけぇ大盛食べてる男性も居れば、女性はミニカレー食べてるし、立ち喰いそばやのにこのカレー率の高さよ、老若男女に食べられてる流石や。

Cimg5231

 あんまり並んでは居れんが、これが思ったより回転が速く、10分も並べば券売機まで辿り着いた。
 瞬間券売機とメニューをパシャリと撮影。

Cimg5239

 当初はうどんの実力も知りたかったので、かけと普通カレーにしようか、または大盛カレーにしようかと考えたが、大盛カレーを食べてる人を見て、さっきホテルの朝ごはんを食べたワタシにはとても無理だと思い、普通カレーにした、しかし「普通カレー」ってネーミングどうよ、ふふふ。

 厨房の人はルーチンに則って決まった型でピシッと最後に真っ赤な福神漬けを多めに入れてスプーンを挿してカレーを出してくれる。

Cimg5235

 この日はまだ午後ティーとのキャンペーンをやっており、小さい缶紅茶がもらえた。
 さて、どこに割り込んで食べようかと探したら、お店の人が、奥の方(バス乗り場の方)が空いてますよ、というので、外れの方まで行ってそこに陣取った。

Cimg5232

 おおー、ついにあの「バスセンターのカレー」が食べられる!!!

Cimg5234

 この小麦粉を焙煎した香ばしい香り、だいたい味は想像出来るけど、食べてみよう、一口ぱくり。
 ほー、ワタシが思ってた味とずいぶん違う。
 もったりもたもたなのは見て分かるけど、カレーが意外とスパイシー。
 けどこれは唐辛子とかコショウが利いてるという感じではないので、ストレートにカレー粉が普通に作る分量より多いんだと推測。
 そして甘い、甘くてスパイシーでもったりしてる。
 ワタシはこの手のカレーにはウスターソースが必須なので、受け渡し口にウスターソースを取りに行って、カレーに回しかけしてまた戻しに行った。
 では完食するか、もぎゅもぎゅ、具材は玉ねぎと人参と豚肉か。
 豚は小間ではなくトンテキくらいの厚さのお肉をカットしたみたいな感じ。
 じゃがいもは入ってないようやった、これ以上もさもさになったら困るからか???
 レストランで食べるカレーとは全く違う、やはり立ち喰いそば屋で食べるカレーなんだけど、これが確かにハマる。
 A級にはなり得ない絶対的なB級、だけど美味い。

 食べ出したらばくばく食べて、軽く完食しちゃった。
 大盛カレーでも良かったかも。
 いやー、確かにここを食べたら新潟はカレーの街だと言って差し支えなかろう。
 ここのカレーを食べるだけでも新潟に行って良い、いや行きたい。
 そして行ったら必ず「せきとり」さんで半身揚げ食べちゃうけど(結局カレーなんだって)。

Dsc_4037

 実に興味深い味だったので、家に戻って2日後に自分で作ってみた(笑)。
 固形ルゥをワタシは家では使わないことが多いので、必然小麦粉を焙煎したもったりカレーが多いんだが(ワタシは「大正カレー」と呼んでいる)、それをもっと強調して作ってみた。
 ここまでのもたもたカレーは初めてやったので、滑らかさでは本家に劣るが、味は80%は再現できてると思う。
 帰ってすぐ作ったからだいたい合ってる。
 福神漬とスプーンの挿し方まで決まってるっしょ???

 ちなみに作り方は目分量、自分の食べたい量の野菜(ワタシは玉ねぎ1個に人参1本に 生姜焼き用の豚肉200gくらい)を鍋で炒めて、この量に見合ったカレーソースを作った。
 油を引いたフライパンに多めの小麦粉を入れて30分以上炒めて、カレー粉を普通の3倍くらい投入。余熱で炒めて馴染ませる。
 そんで野菜の入った鍋に水と固形スープを加え、ここから「バスセンターのカレー」の固さまで仕上げる。
 小麦粉&カレー粉を小鍋に取ってスープで伸ばしどろどろになったら鍋の端の方に戻す。
 そしてまた小鍋で小麦粉&カレー粉を伸ばして、これを何度か繰り返し、似たようなもったりさになったら残った小麦粉&カレー粉は捨てる。
 そこから味付け、余計なことはしないで、塩と砂糖のみで仕上げる。
 これがワタシが作った「バスセンターのカレー」の大雑把なレシピ、真似して下さって大いに結構!!!

 この味さえ覚えてたら新潟行きたい病を我慢出来る。
 「せきとり」さんの半身揚げもお取り寄せ出来ちゃうみたいなので、少しは辛抱できる新潟なのであった。
 でもやっぱり行きたいんだけどね。
 早く夏の新潟競馬開催せんかいなー。


 という訳で繰り返すが明日からちょっと遠出してくる。
 火曜有給取ったから4連休で行く、ここまでの状態になる以前にチケット買ってたので、行かざるを得んのを許してクレイ。

 

| | コメント (0)

2020年11月13日 (金)

南船場で激辛カレー「辛激屋」さんの黒カレー850円・極激辛150円(7辛)

 心斎橋なんてお盆くらいしかもう行かなくなったんだが、仕事の都合で先日行った。
 お昼をどこで食べるか、同僚と一緒に行ってたので、カレー屋さんを見付けてくれてた。
 ワタシが激辛と大盛が好きなのを知ってるので、見合ったお店をチョイスしててくれたみたい。

 場所は南船場、ワタシは御堂筋線を使っているので、心斎橋から長堀通の一本北の筋を東に歩いて7・8分で発見。
 入口は小さい店だけど、幟が入り口をふさぐ程に立っているので、行けばすぐ分かると思う。

 

Dsc_4115

 ・辛激屋:黒カレー850円・極激辛150円(7辛)

 13時前くらいだったので先客2人後客2人であったが、お店的には細長いカウンターのみで10席くらいか。

Dsc_4107

 真ん中に座ってメニュー拝見。
 いろんなカレーがあるではないか、特に梅しそチキンカレーなんてカレーと合うのか???
 納豆は何となく分からんでもないが、ワサビ海苔ってのも攻めてるよなー。

Dsc_4108

 普通にビーフやチーズや野菜にドライは分かりやすい。

Dsc_4109

 最後は胡麻パクチーに麻辣黒やもん、今風ではある。

Dsc_4106

 けどワタシはこの店名物の激辛カレー「鮮烈な辛みと複雑な香り!」とあるので、フラッグシップであろうこの黒カレーを注文。
 よく分からんが、辛さは全てMAX7辛の極激辛に合わせることは可能みたい。
 でも黒カレーは最初から4辛であるので、これを極激辛にしてみることにした。

 お店は息子さん??? のマスターとおかあさんのお二人で、おかあさんがライスを皿にもりもり盛り付けてる間に、マスターがカレーを煮込む。
 黒カレーはチキンカレーに何かよく分からんカウンターに置かれた鍋だったか、から黒いペーストを2・3回鍋に入れてた。

Dsc_4110

 テーブルには福神漬とアーモンドとにんにくのオイルが置いてある。
 これはチキンとドライに合うと書かれていたが、余裕があればつまんでみたい。

Dsc_4111

 最初に酢キャベツが出てくるんだが、これはサービスみたい。
 その5分後くらいで出てきた黒カレー極激辛(7辛)、これは確かに黒い!!!
 皿にソースを注ぐのを見てたが、かなりシャバい。
 つーか、スープカレーみたい。
 別にスープカレーがどうこう言ってる訳じゃなくて、小麦粉っぽい感じが全くなさそう。

Dsc_4113

 果たしてどれだけの辛さなんか、食後に胃がねじれるくらいに辛いのは勘弁(なら頼むなや)。
 画像上、チキンをすくってるけど、実際はソースからいただいた、じゅるり。
 おおー、これは鶏の旨味がぐっと出てながらも凄いフルーティーではないか。
 にんにく…ではない、玉ねぎの旨味も感じる。
 この黒いペーストは何なのか、味わってみたがサッパリ分からん。
 例えば上にアーモンドがあったので、アーモンドを粉末化して唐辛子オイルと黒コショウで炒めて寝かせるとか??? 知らんけど。
 ところどころトマトの皮か??? と見られるようなのがあったんだが、トマトじゃなさそうな、なんか小さいフルーツを入れて甘さを出してるんやろう。
 ライスと福神漬と合わせてもぎゅもぎゅいただく、何というか唐辛子的な激辛感はないんだけど、コショウが利いてるのか、かなりスパイシー。
 途中から毛穴から汗が噴き出てきた、特に後頭部。

Dsc_4114

 旨辛々々と食べ進んでいたら、前でライスを盛り付けてるおかあさんが、ご飯足そか??? と追加ライスをしゃもじからダイレクトで入れてくれる、それがこれ。
 ソースが結構多かったので、このライスの援軍はありがたい。
 ちなみにワタシの後客でマスターの前に座ったお客さんは、カレー足しましょか??? と言われてたので、マスターの前に座るとカレーが、おかあさんの前に座るとライスが追加されるのかと、勝手に解釈した。

 そんで後、特筆すべきはこのチキンの柔らかさよ。
 結構なボリュームで入ってるんだけど、これがほろっほろで、スプーンで簡単にほぐれちゃう。
 これがこのソースとよく合うんだよ、やっぱカレーはチキンでしょ。
 途中、アーモンドオイルを少し入れてみたが、甘くて香ばしかった。

 麻辣はもう飽きたし、ハバネロとかの安直な激辛ももう要らん。
 なのでこのコショウがベースなのか、かなりスパイシーなカレーは久しぶりに食べた。
 たぶんお昼はかなり混んでるんやろうが、また行きたいお店。


 食後に胃がわし掴みにされて身体が九の字に折れ曲がる激辛カレーを何度も食べたことがあったが、こちらは実に食後感が良かった。
 デトックス効果とでも言おうか。
 なのでスッキリしたい人は行ってみるがヨロシ。

| | コメント (0)

2020年11月 8日 (日)

新潟は長岡の繁盛店「レストラン ナカタ」さんのランチタイム・ポークカレー640円・辛さ50倍210円増・木曜日アイスコーヒーサービス

 またまた第三波なのか、新型コロナの猛威が吹き荒れているが、もう先月から仕事で出まくってるので、どこで感染してても全くおかしくない。
 そもそも今年の正月は上海に居たくらいやから、ワタシ的にはもうどないなってるんか分からん。

 今月末の勤労感謝の日に有給取ってまた国内旅行に行こうかと思ってるんだが、これ以上悪化するといろいろ考えねばならんかもしれん。

 さておき、9月のシルバーウィークに本来ならヨーロッパに行くはずだったワタシの夏期休暇であったが、何度も述べてるが新潟に行って来た。
 まだまだ美味しいものを食べてるので、しつこく続く。

 初日は市内で五大ラーメン醤油に「みかづき」さんのイタリアン、夜は「せきとり」さんで絶品半身揚げを食べた。
 2日目は五大ラーメンの残りを食べるべくまずは長岡に行った。
 これがまった全然すんなり行かなくて(下調べしてなかったので)、長岡着いたのが11時半。
 次の列車まで1時間以上ある、こりゃここで何らかのお昼を食べないと時間が持たん。
 さくっと調べてみたら、老舗の洋食店があるみたい、駅から10分くらいなので、行って食べて戻ったら丁度良かろうということで、急ぎ行ってみた。

Cimg4959

 駅の西側のバスロータリーを越えて少し行くと4車線のメインの道路に出る、何というノスタルジックな昭和のアーケードよ。
 高い建物が全くないので空が広い。
 そんなまったりしてる時間はない、その道路を突っ切って、次の南北の道路が規模は小さいがまたアーケードになってるので、そこに「レストラン ナカタ」さんという看板が見える、これか。
 着いたのは11時40分くらいなので、このアーケードには人が全く居ない、新幹線が停まる長岡でさえこうなのか。

 

Cimg4962
Cimg4960

Cimg4980

 ・レストラン ナカタ:ランチタイム・ポークカレー640円・辛さ50倍210円増・木曜日アイスコーヒーサービス

Cimg4961

 店の前にA型看板があるのを見たが、ランチメニューが充実してるみたい。
 袖看板にはカレーの辛さを全面に打ち出している。
 ほほう、これは激辛チャレンジしろってことやな、良いでしょう!!! 乗った!!!

Cimg4979

 店は2階で階段の途中に「50倍クリアー者」の写真がぺたぺた貼られている。
 袖看板には20倍と書いていたが、50倍もあるのか、結構達成者が居るので食べられる辛さなんかな、それとも新潟の人達は辛さに強いとか???
 まぁ、カレーではいくつも死線を越えてきたから大丈夫やろ。

Cimg4963

 折り返して上がった所が玄関。
 入ったら漫画がたくさん置かれている、サラリーマン御用達ってことか。

Cimg4964

 お店に入った所から店内をパシャリ、これが結構広いんだよね。
 真ん中くらいのテーブルに座ったが、奥には座敷もあって、かなりの大箱。
 たまたま入った店やが、かなり地元では有名な店なんかな、相変わらずワタシの引きは強いこって。

Cimg4967

 立派なメニュー拝見、ランチメニューどこや、ランチメニューは綴じられてなくて単独であった。
 洋風カツ丼というのも面白そうやが、とてもとても親切な店員さんに尋ねると、ここは「キッチン」という名前だけど、洋食屋さんじゃなくてカレーの店なんだって。
 ならやっぱりカレーじゃん。
 カレーはポークとチキン、これは後で分かったんだが、チキンは20倍まで、ポークが50倍までやったみたい。
 たまたまポークの気分だったのでポークの頼んで、辛さはと訊かれたので50倍で注文。
 別に止められるような感じじゃなかったので、食べられるのであろう。
 しかし50倍で210円増って凄いな、でも50倍やからそれくらいじゃないと値打ちがないか。

Cimg4969

 割り箸やナプキンを立ててる箱にも辛さが書かれている。
 1倍:普通の辛さ 
 3倍:ちょっと辛い
 5倍:辛い
 10倍:極辛い
 20倍:極・極辛い
 50倍:極・極・極辛い
 しかしこの女の子のキャラクターはいったい何なんだ???

Cimg4978

 それはちゃんと壁に貼られてます。
 どうやらポッポちゃんと言うらしい。
 エプロン姿のお団子頭でなかなか可愛らしい。
 飲食代500円で1スタンプ、35個でポッポちゃん人形(中)が、50個でポッポちゃん人形(大)がもらえるそうだ。
 この画像の真下にポッポちゃん人形があったと思うが、いかにも手作りな感じであったように記憶してる。
 ワタシが長岡に居たら間違いなくポッポちゃん人形(大)の為に通うな。

Cimg4975

 では待っている間に他のメニューも見るか。
 カレーの店と言う割には開けたらいきなり「長岡ご当地グルメ洋風カツ丼」やないか。
 ライスの上にトンカツを載っけてその上にデミソースかケチャップベースのソースをかけるみたい。
 まるで福井県は武生のボルガライスやん、まぁ、あそこはオムライスの上にトンカツにソースやから厳密には少し違うが、しかし日本は広いようで狭いもんだ。

Cimg4977

 カレーのページが次、ポークとチキンとキーマを選ぶみたい、ちなみにキーマはランチメニューにはなかったな。
 やはり50倍があるのはポークのみ。
 この時の本来の目的は長岡の隣の駅の宮内の「青島食堂」さんでしょうがラーメンを食べること、なのでここでお腹一杯になる訳にはいかんので大盛とかは結構。
 しかし、オーダー訊かれた時に木曜日はアイスコーヒーがサービスということであったので、それはお願いしておいた、サービスええ店やなー。

Cimg4971

 そうこうしてたら出てきたポークカレー50倍。
 ここで付いてくるスープがコンソメとかコーンじゃなくて味噌汁っていうのが何かホッとするというか、納まりええな。

Cimg4972

 では画像みたいにいきなりポークは食べんが、そろりとライスとカレーをすくってパクッと。
 おおー、普通50倍くらいに辛いんやと、時間差で唐辛子の辛さが後からドバーって汗掻くように来るんやけど、ここのカレーソースは口に入れた瞬間から辛い。
 ソース自体はトマトの酸味が利いてフルーティー、だと思う、辛くて詳細は判別し難いが。 
 豚肉は脂がしっかりあってとろとろに柔らかい。
 家のカレーみたいなもったりしたのとは全然違う、確かにカレー店のカレーやと思う。
 辛いには辛いが、フルーティーで辛いから、何とか食べられちゃう。
 味噌汁が口休めに丁度良かったりもするし、胃がやさぐれることなくお米一粒残さず完食、うむ、満足であった。 

 完食したらお店の人がデジカメで撮影してくれた、2週間位したら貼ってくれるとのことだったので、今では階段のどこかにワタシの写真を貼ってくれてることであろう。
 
 しかしここメチャメチャ人気店みたいで、ワタシが昼前に入店したが、後からどんどんお客さんが来てすぐ満員。
 お会計して店出る頃には玄関に待ちの客が何人も。
 そんで階段下りて店出たら、サラリーマンの集団がみんなで階段上がろうとしてた。
 ランチがお得ってのもあるんやろうけど、素直に美味しいからやし接客もええから、あとポッポちゃん人形が欲しいからなんやろうな(それは違うやろ)。


 もうすっかり鉛色の空に寒くなっちゃってるのかな、新潟。
 帰ってきてから1ヶ月半は経つがまた行きたい。
 今の美味しい魚とお酒が呑みたい、そしていつでも半身揚げ(笑)。
 これ今、取り寄せようかと画策中。
 それだけ魅了された新潟、落ち着いたら是非とも行って欲しいと勝手に押し売り。

| | コメント (0)

2020年8月 7日 (金)

初めての滋賀県は長浜食べ歩き②「SUNカリー部」さんのカレーライス(大)390円

 長浜食べ歩き第二弾、つか連チャンで食べた店。
 だからJR長浜駅東口に隣接してるスーパーの駐車場に車を停めて、一軒目の「中島屋食堂」さんに食べに行ったのだが、それというのも、まずはこの「えきまちテラス長浜」に何かあるかと思って入ったことから始まった。
 下の画像にあるが、最初から300円カレーの幟がはためいて、即チェックしてたし。
 しかし長浜に着いて最初の食事が300円のカレーじゃ何かなと思い、他に探してみたら、このえきまちテラス1Fにラーメン屋さんがあるのを発見したので、そこに行ってみることにしたんだが、となりに凄すぎる「中島屋食堂」さんを発見したのでえきまちテラスのラーメン屋さんをスルーしただけ。
 ちなみに駅近で有名なつけ麺の店があったようやけど、つけ麺全く興味ないワタシは当然これもスルー。

Cimg4633

 ということでこれがJR長浜駅東口、結構新しくてきれいな印象。
 駅前も再開発されてるし、不便はなさそう。

Cimg4632

 上の画像を撮って90度左に回って撮った画像がこのえきまちテラスの全体像。
 1Fには地元の名産品とか売ってるスペースがあったり、ちょっと休憩も出来る。
 正面に黄色い幟があるのが分かる、けどさっききつねヨモギうどんに親子丼食べた後なので軽くジャブ程度で良かろう。

 

Cimg4634

 ・SUNカリー部:カレーライス(大)390円

 (大)食うとるやないか、あちょー。
 ええ大人が330円って訳にもいかんだろ、なので(大)390円。

Cimg4631

 玄関の看板こんなん。
 カレーライスは毎日お店で手作りしてるそうだ。
 それにしてはえらく安いな。

Cimg4635

 14時過ぎてたのでとっとと入店、券売機で一応メニュー確認。
 トッピングで儲け出すんかと思いきや、これもまた安い。
 左上に貼られてる熱厚チキンカレーのチキンカツトッピングで250円、後は大きさは分からんが、からあげ・コロッケ・温玉・チーズ・ソーセージ・アジフライが100円。
 メンチかつが130円、季節の野菜が150円。
 カレーホット(辛味オイル)・ 福神漬けが20円、らっきょ30円に牡蠣フライ150円ととてもリーズナブル。

 カウンターのみの店内、10人くらいが入れるんかな。
 マスターに(大)の食券渡して券売機の隣に座る、時間が時間なので先客は居ない、後客で家族連れが来たが。

Cimg4638

 ちょっと面白いなと思ったのは、スプーンが先割れなこと。
 トッピングが多いから先割れの方が便利という判断かな???

Cimg4636

 ご飯計量してソース注いで出てきたのはソッコー、シルバーのプレートが良いな。
 鶏肉のカットされたのがトッピングとして載っけられている、プレーンと思ってたからラッキー。
 (並)を知らないのでこれがどれくらい(大)なのか分からんが、これで390円なら文句はない。

Cimg4637
 見た目のインパクトは上にパセリが振られてるくらいか、では一口いただきまーす。
 もぎゅもぎゅ、うん、普通やね。
 普通って何やねんって話やが、手作りとはいえ、そんなに手作り感は感じんかったし、スパイシーな訳でもないし、小麦粉の焙煎感が素晴らしい訳でもない。
 スープが独特とか、それもないし、至って普通。
 なのでカレーに何かを求めて入ったら物足らんが、お腹を満たす為に入るのならばそれは正解でしょう。
 特に学生さんは(並)でも(大)でも330円らしいから、そういうニーズがあるのであろう。

 一軒目やったらガックリしたかもしれんが、二軒目なので全然OK。
 逆にこの値段で凄いなーと思ってしまった。


 初日はこれでお腹一杯、夜に呑みに行くからな。
 なので続編は翌日のブランチから始まるが、ここからが味わい深い店が多いので、待て次回。

| | コメント (0)

2020年3月 8日 (日)

名駅でインドカレー「自家製麺とインドカレーの店 よもだそば」さんのよもだカレー620円大盛り100円

 相変わらず名古屋に行ってる訳だが、先週はお昼に新幹線で名古屋に着いた。
 どこでお昼を食べようか、毎度あんかけばっかり食べてるんだが、この日はカレーな気分。
 一瞬、KITTE名古屋の「ERICK SOUTH」さんでミールスでも食べようかと思ったが、広小路口に居たので引き返すのが面倒臭い。
 ならば、と閃いたのがこの店。

 最近、ワタシは一条もんこさんが好きで、確かここのカレーが美味しいと言ってたと思ったので、食べに入ってみることにした。
 そばは以前食べたことがあるので、今回はカレーを狙い撃ち。

 

Cimg4406
Cimg4407

 ・自家製麺とインドカレーの店 よもだそば:よもだカレー620円大盛り100円

 だから場所は名駅の広小路口入ってすぐ。
 昔も立ち食いそばの店やったと思うが、3年くらい前に今の店になったはず。

Cimg4415

 ずーっと何で立ち食いそばがインドカレーなのか気になってた。
 一条もんこさんが言ってなかったらまだそばしか食べたことなかったやろう。

Cimg4408

 カレー一択なんだが、一応メニューを見てみる。
 お昼だったのでそばと丼のセットでも良いかと思ったが、カレー系だと半カレーに半たぬきそばとどっちも半だったので止め。
 「よもだ名物 変種メニュー」ってのがあって、自ら変種と言うのとはどんなメニューじゃ。
 ニラ天そば、ニラねぇ。
 チーズそば、チーズねぇ。
 ばらのりそば、これはピンと来ん。
 すんきそば、何じゃすんきって、何々木曽地方に伝わる塩を一切使わない漬物で乳酸菌の宝庫なんだと。
 ハムカツそば、確かにハムカツはないな。
 岩下の新生姜天そば、岩下じゃないとあかんのな。

Cimg4409

 でもカレーの口なのでカレー、券売機でよもだカレーを大盛りで、720円って立ち食いにすれば高いような気もするが、インドカレーだから別にええか。
 しかしそばとインドカレーねぇ、と半信半疑。

Cimg4410

 座るけど立ち食い形式、チケット渡してトレーに乗ったカレーをいただく。
 スプーンと水はセルフでね。

Cimg4412

 おお、確かに見た目は日本のカレーじゃない、油がキラキラしてる。
 色はチキンカレーっぽい油の赤と茶色でシャバそう。
 だけど付け合わせは福神漬けじゃなくてキューちゃんみたいなの、やっぱ名古屋やからか???

Cimg4413

 では一口ぱくり、およー、メッチャ酸っぱいな、ヨーグルトにトマトの酸味か。
 この酸味は好き嫌いあるやろうな、ワタシは全然OKやけど。
 鶏のスープに玉ねぎにトマトにヨーグルトにカレー粉か。
 カレー自体は後からじわっと辛さが来る、スパイシーって感じじゃないがそこそこ辛い。
 この酸味が気になる人はウスターソースがあるのでそれをかけたら少し緩和されると思うぞ。

Cimg4414

 そんで具材の手羽元、これ2本ごろっと入ってて、スプーンでほろほろとほぐれちゃう。
 うんうん、旨味出てるんやろうな、この2本は満足感がある。
 
 なるほど、日本のカレーではないが、インドでもないような気はした。
 ネパールは行ったことあってインド行ったことないけど、でも通常の日本のカレーではない。
 ワタシ的にはご飯が長米種やったらもっと良かったのにと思った次第。


 これはこれで美味しいカレーやった。
 この酸味の利いたカレーっって実はそばのつゆとベストマッチやったりする???
 気になるので、次回はそばとカレーを組ませてみたい(カレーそばじゃないよ、一応)。

 

| | コメント (0)

2019年6月18日 (火)

岸和田の大盛オムライスの店「AA service」さんの純正オムライス800円大盛200円

 先日久しぶりに岸和田に行ってきた。
 どこでお昼食べようか、何年振りかの岸和田市しやくそ食堂でも行ってみるかと、覗いてみたが、これが意外と普通の値段であんまりお得ではなかったので止めた。

 この日は満腹になりたい気分だったので、しっかりお米が食べたい。
 そこでふと思い出した、以前、岸和田にでっかいオムライスの店があるってことを。


Cimg2515 Cimg2516  ・AA service:純正オムライス800円大盛200円

 場所は南海岸和田駅の一つ北の駅で和泉大宮という駅が最寄り駅みたい。
 ワタシは車で行ったので、南海から200m程間隔を開けて通っている堺阪南線という幹線道を北に上がったら左側にお店が見えた。
 お店の左側に駐車場が完備されてるので安心して車で行くがヨロシ。

Cimg2524 Cimg2525  正面のテントの部分に「純正オムライス」とある、どういう意味やろ。
 店の前には幟があり、「最強オムライス」と喧伝している。
 そして何故かイギリス国旗、そういや店内は英国調というか、この左側に停められてる車はMINIやし、関係あるんかいな。
 右の画像のドアノブ車のハンドルやし。

Cimg2523  玄関の左には-選べるサイズ-とあって、大は愛情盛り200円UPで、並はサービス盛りで表示金額、小は世間一般盛りでこれも表示金額なんだそうだ、税込。
 要は元々大盛りなんだけど更に200円足すとかなりの大盛りになるってことやな、了解。

 着いたのは12時ジャストくらいだったので、店は3分くらいの入り、後客が入ってきて7分入くらいになったが、一人なので入口そばのカウンター席に座った。

Cimg2518  メニューもらったんだが、注文したら回収されてしまったので、壁に貼られたメニューをパシャリ。
 左上に「ごはん」と書かれているが、他にパスタメニューもあった。
 ナポリタンとかもごっつ盛りなんかいな、気になるなー。
 とにかくオムライスを食べに来たのだから、左上に載ってるフラッグシップメニューを食べねばなるまい、それが純正オムライス、そういう名前なのね。
 「大盛ケチャップライスにふっくらスクランブルオムレツ、仕上げはなんとカレールー! ご賞味あれ!」とのこと。
 オムライスとカレーのコラボレーションが純正とは何とも贅沢な。
 下に特製ケチャップのオムライスがあり、おそらく真っ当なオムライスなんだと思うが、これも純正と同じ800円なので、純正の方がカレー分だけお得かと思われる。
 なかなか変態メニューが多く、キダ☆タロー650円なるメニューはお好み焼き風チャーハン。
 ヒョッコリひょうたん島850円はハンバーグソースとガーリーライス(ガーリックライス)、そこに半熟目玉焼きととろけるチーズにイカも入ってえらいこっちゃ!! なんだそうだ、ふむふむ。
 ライスモンテカルロ900円(ミニサラダ付)はたっぷりのイカとシシトウを使ったエスニックチャーハンにミートソース、ここにもとろけるチーズなんだと。
 後、名前で気になったのはウインブル丼750円、イギリスかと思いきやポークキムチ丼にチェッカーマヨネーズをトッピングしたあま甘てりやきテイスト、うーん訳分からん。
 普通にチャーハンにカレーやロコモコもあるので、別に奇をてらう必要はない、気楽に行けば良いんだよ、気楽に。

Cimg2519 Cimg2520  10分程待って出てきた純正オムライスがこやつ、大盛ケチャップライスを更に大盛にしたオムライス、むうう、確かにでかいが画像では分かりにくいのが常、真横からも撮ってみたがやはり伝わりにくい。
 そうねー、子供の頭ぐらいの大きさかな(どんな比較や)。
 食べ終わった感覚だとケチャップライスは2合半くらいあるか。

Cimg2521  ではざくっと割って食べてみる、もぎゅもぎゅ、うむ、ご飯の密度が濃いな。
 このケチャップライスはケチャップの甘ったるさも酸っぱさもなく、実にええ塩梅。
 ウエットになり過ぎてる訳でもないので飽きの来ない味って感じか。
 カレールーだけちょろっといただくか、ペロリ、ふむ、これはかなり煮込まれた感じのコクと旨味がある。
 メチャメチャなスパイシーって感じじゃないけど、確かなスパイス感はある。
 シャープな感じではなくオールスパイス的な苦さを感じる。
 続いてオムにカレーで食べてみる、おおっとぉ、これはスクランブルなオムレツの卵の美味さと相まって、美味さの相乗効果やないか。
 ケチャップライスとカレーが相性良い所に卵よ、これはかなり無敵な組み合わせではないか。

Cimg2522  食べかけできちゃないが、一応半分まで到達した画像も付けておく。
 席の後ろにセルフの水とその下に調味料が置かれており、辛味スパイスみたいなのとタバスコをかけてみたが、タバスコは酸味が出過ぎてオムライスに合わないので止めといた方が良かったかも(ヲイヲイ)。

 そんなメチャメチャでかいって言う程ではないが、でもこの日は夜中まで全くお腹が空かんかったから、やっぱりたいしたボリュームであったと言えるか。


 近日健康診断やのにブー太郎になるっちゅーねん。
 この無性に食べたくなる衝動を何とかセーブしていかんとあかん。
 ちなみに今朝の軽量では1kgオーバーであったので、無茶しなければ微調整で済むのだが、いかんせんまだ日にちがあるので欲望に簡単に負けそうや、はうー。

 

 

| | コメント (0)

2018年11月13日 (火)

驚異の「自遊空間 広島本通店」さんのヤミツキ!! 100円カレー無料

 ワタシはしょっちゅう出張に行ってるので(シャレではない)、時間を潰すのによく漫喫に行く。
 特に名古屋の名鉄レジャックの地下の「自遊空間」にはよく行く、そもそも会員券作ったのここやし。
 そんで調べてみたら、ワタシが出張で行く先に丁度ええ場所にあるのよ。
 福山だと福山駅南すぐとか、広島市内だとここ本通とか。
 前に初めて仕事が終わってから読んでなかったマンガ雑誌を読みに行った時にエラく安かったし、次回50円割引券とカレー無料券ってのをくれたのでびっくりした。

 なのでこの無料カレー券を使うべく、お昼時に行ってみた。
 もちろん昼ご飯を食べてから〆のカレーとしてだ。


Cimg0339 Cimg0340  ・自遊空間 広島本通店:ヤミツキ!! 100円カレー無料

 場所は広電立町を南へ下がって本通にぶつかった所くらいにある。
 看板の左にはマンガ席15分50円とあるが、ワタシは右側の30分150円であった。
 この「自遊空間」も店によって値段って違うのね、名古屋って結構高かったような。

Cimg0338  エレベーターで3Fに上がって会員券を読みとって席を決める、だからマンガ席が一番安いんだが、皆それを狙ってるので、結構競争激しいかもしれん。
 この時はマンガ席は空いてたのでカド席を取った。
 そんでカレー無料券使用する旨、店員さんに伝える。
 すると出来上がったらマンガ席の電話が鳴って受け取りに行くというシステム。

 5分くらいで電話が鳴ったのでもらいに行った、マンガ席で食べるのはあまりにも圧迫感があったので、奥にカウンターの食事席があるので、そこで食べた。
 ソースや唐辛子もあるのでカスタマイズできるし。

Cimg0335  その100円だけど実質無料のカレーがこちら。
 何故かパセリが振られてるが、見た目学食のカレーやん(学食かい)。
 ワタシはカレーはソース派なのでダバっとかけていただく、うむ、レトルトカレーやね。
 業務用の大量購入か??? いや、そんなのどうでもイイノダ、だってこれロハでっせ(出たロハ)。
 文句言うヤツはワタシが許さん!!!
 ワタシはカレーには甘いので、辛口が好みだが(ややこしい)、喫茶店で出てくるような缶詰のカレー(今時あるかそんなの)でも好きやし、広島なら「サン・カレー」さんみたいな小麦粉を絶妙に焙煎してるような黄色いカレーも好きやし、もちろんインドスタイルのカレーも好き。
 ラーメンやうどんはクソミソに言うけどカレーには甘いのでこれで全然OK。
 昼ご飯の〆にピッタリやった。

Cimg0336  しかしこの店、どうやって利益出してるのか謎。
 このメニューを見てクレイ。
 100円カレーも異常だが(トッピングの方が高いってどうよ)、左のランチ&ディナーメニューが凄い。
 人気No.1のカルビ丼なんと100円(税込108円)!!!
 人気No.3のエビフライ丼なんて右のカレーのエビフライトッピングが149円(税込)160円なのにエビフライ丼単体で100円(税込108円)なんだよ!!!
 カルボナーラも人気No.2の明太子クリームパスタも100円(税込108円)ってあり得ねー!!!
 190円(税込206円)で豚骨醤油や味噌ラーメン、おろしハンバーグ丼にソースカツ丼が食べられるんだよ!!!
 ちょっと凄すぎへんか???

Cimg0337  ランチ客を取り込もうとしてるのかと思いきや、隣にはサラリーマン応援企画として平日限定ながら17時~23時までちょい飲みセットとしてハイボール1杯にミニおつまみ1品無料やって!!!
 酒飲みまで取り込むつもりか???
 そんでその下、無料モーニングとしてお茶漬けが食べられる、どんなサービスやねん!!!
 24時間なのでホテル客まで取り込むつもりか!!!

 結局ワタシは1時間滞在で300円、50円割引券持ってたので250円でカレー食べて、もちろんドリンクバーにスープバー、アイスクリームも食べ放題でマンガも読んだ。
 これでたったの250円、凄すぎて毎日行けるっちゅーねん、行かんけど。
 更に凄い所は帰りにまた50円割引券とカレー無料券くれちゃうってこと、どんだけ~~~。


 今までマックでコーヒー飲んで時間潰してたけど、これからはここに居座ります。
 「自遊空間」恐るべし、何てステキな場所なんだ、凄すぎたのでここに載っけました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月21日 (日)

あの謎のメニューを食べてみた「くら寿司」のすしやのシャリカレーパン150円(税別)

 毎日いつまでも暑いここ関西。
 今週も35度超なのかと考えるとぞっとする。

 さてこのメニューが発表されてどれくらい経つのか、早く行かないとあかんと思ってた。
 季節も今やし、空いてそうな頃合いを見計らって行こう、「くら寿司」へ。
 ってそこまで気になる(いや別にそれ程では・笑)メニューとは、そう、カレーである。


Dsc_0466 ・くら寿司 安倉店:すしやのシャリカレーパン150円(税別)

 ちゅーことで夏はカレー、すしやのカレーは以前食べたが、なかなかの珍味であったので、シャリカレーパンも同様、興味ありだろ。
 回転寿司は18時過ぎたら何分待ちか分からなくなるので、着いたのは17時半頃。 
 カウンターなので待たずに座れて、普通に回ってる寿司を厳選しながら取って食べて取って食べて(ワタシは注文するヤツは撃ち殺す派)、中休みで注文したのがこれ。
 このメニューとか茶碗蒸しとか回ってない物しか注文してはいけないのがワタシの回転寿司でのルールだ!!!

Dsc_0462 モニターに待ち時間4分と出てたが、確かにそんな時間で来たわ、シャリカレーパン。
 見た目は普通のカレーパン、揚げ立てと謳うだけあって確かに熱々や、温度差の妙やねー、香辛料の香りも相まって美味しい臭いがする。

Dsc_0464 では食べてみよかー、その前に割って見てと。
 もぎゅもぎゅ、ほほう、あのちょっと甘くてかなりスパイシーなすしやのカレーのカレーソースを使ってるのだろうが、そこに甘酸っぱいシャリがある為、すしやのカレー程スパイシー感はない。
 そうねー、シャリカレーパンの中身は大阪の「自由軒」さんのまぜまぜしたカレーみたいなのをカレーパンにしたものだと思ってくれりゃ良い、それが白ご飯でなくシャリなのでほんのり酸っぱいって感じ。
 カレーが酸っぱいのはトマトやタマリンド入れたりするから違和感ないんじゃない???
 パンはふわっとした仕上がりではなく、パリッとサクッとした食感。
 スナック感覚で食べさせようってことかな。

 シャリカレーでイメージしたら際物っぽいけど、味はそうでもなく、子供にも楽しんでもらえるような一品に仕上がってると思う。
 ただ、揚げ立てはええけど、これ実はかなり油っこいので、気にしてる人はシェアするが良いかと。


 興味で食べただけなので二度はないが、一度は食べてみるべきだと言っておこう。
 ワタシが行った日はシャリコーラがなかった、次回は是非とも飲んでみたい、やるな「くら寿司」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月31日 (火)

福山のあの店がこの店に!? 「フジヤマドラゴンカレー」さんのカレー(辛口)680円ライス400g100円

 もう明日から6月、あっちゅう間や、今年も流れるように早い。
 さて、そんな5月の中旬の話、尾道の超有名店にして尾道ラーメンの元凶である「朱華園」が福山店を撤退したという衝撃のニュースを聞いたのが今年の初めやったか???
 まぁ、夕方で店閉めちゃうし、やる気があるのかないのか分からん店ではあったんだが。

 この時は福山駅の南側のホテルに泊まって、レンタカー借りるに歩いて行く途中に、普段は天満屋を横切って行くんだが、この日は何故か元「朱華園」を通る別ルートで行ってみたら、店がカレー屋さんに変わってるのに驚いた。
 これは仕事が終わって福山の〆の一杯に食べに行かなければ。
 いつもなら「三象」さんで玉子カレー食をべるんだが、今回は浮気、新規だ新規だ。


Cimg5805Cimg5806 ・フジヤマドラゴンカレー:カレー(辛口)680円ライス400g100円

 後でちらっと見てみたが、ワタシゃ知らんが、焼肉のチェーン店のカレー業態なんかな。
 居抜きで借りてるのでまんま中は「朱華園」なので、以前を知る者はラーメンからカレーへの変化に驚くであろう。
 何せ老舗やったからなー。

Cimg5804 入ったのが17時くらいだったので、お客さんは居らずワタシのみ。
 まずは券売機でチケット購入、味は2つに分かれてて、ミートソースをイメージしたトマトベースの甘口のフジヤマ味と、山椒のきいたパンチあるドラゴン味。
 後はこれでもか、とあるトッピングの多彩さ、けどそんなもんはどうでもええので、ライス400g100円を追加購入。
 チケット渡した時にニンニクとネギは如何致しましょうか??? と訊かれたので、仕事も終わった金曜やし、珍しくニンニク食べることにした。
 しかしニンニクは分かるけどネギって??? 山椒利いてるっていっても短絡的すぎるな、果たしてどんなんが出てくるのかなー。

Cimg5797Cimg5798 厨房の前のカウンターに座ったが、トッピングを各種揃えてくれたのがこれ。
 フライドオニオンに白菜漬けに高菜にカレーが美味しくなる特製ソースにドラゴンスパイスという万能調味料にヤンニンジャン。
 なかなかサービスの良い店だぁ。
 そんで過剰なサービスながら、最後に残ったカレーで雑炊をするのがポイントらしい。
 パイタンスープで食べるんだって、へぇへぇへぇ、だからネギが要るのかな。

Cimg5801Cimg5799 5分程で出てきたフジヤマドラゴンカレーがこやつ、なるほど横から見た目がフジヤマであったか、しかし黄身が載って噴火してますけど(笑)。
 お店のおねいさん曰く、ライスが400gなので山としての見栄えが良く、玉子も載りやすい、のだそうだ。

Cimg5802 なかなかの見た目のインパクト、では割ってライスはというと、少し色付いてたような気がしたので、バターライスに少しターメリックで色付けてるとか???
 では皿のへりの部分のソースとライスを一緒にぱくり、ベースは鶏のスープか、玉ねぎのあめ色になるまで炒めたような甘さと旨味、辛さはそうでもないがスパイシーではある。
 ではライスのてっぺんを食べてみる、ここがミンチとカレーソースでキーマになってる。
 もぎゅもぎゅ、うーむ、これはあまり食べたことないような味。
 カレーなんだが花椒を使ってんのか、この組み合わせって試したこともないので初めての味や。
 でも慣れてくるとありやな、花椒&カレー味のミンチなのでネギとの相性も良いと言えるか。
 なのでニンニクとヤンニンジャンと合わせてみたが、ちょっとやりすぎの感はあるが、分からなくもない味。
 ここで黄身を割ってまぜまぜして食べる、おおお、美味さUP。
 ここまで来たら味のオーケストラや(意味が分からん)、キワモノになりそうな味やけど、結構調和が取れてるからカレーの奥は深いってことか。

Cimg5803 さて、このカレーを3口分くらい残して雑炊にしてもらう。
 パイタンスープを注いで、同時に持ってきてくれたのが何故かソース味の付いたうどん1口分、よう分からんがもてなしてくれるよなー。
 これは正直、要るのか要らんのか微妙、物珍しい方は食べるが宜しかろう。

 こんだけやりたいようにやってるが、カレーの味としては完結してると思う。
 もちろん苦手な人は居るとは思うけど、それと美味い不味いは関係ないからな。
 ちなみにソースは甘い中濃タイプやったので、ワタシは珍しく使わなかった、ウスター派なのでな。
 更に言うならフライドオニオンがあるので生ニンニクはなくてもええかな(後からニンニク臭がむわっと来た・笑)。

 とにかく最小のメニュー構成680円でびっくり箱をひっくり返したみたいなインパクトが楽しめる、ちなみに店出る際に、チアシード入りヨーグルトドリンクを一口サービスでもらった。


 つくづく楽しませてくれる店だと思った次第。
 カレー好きな人なら入って損はない、「朱華園」を懐かしい人も行ってみたら如何でしょ???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧