2017年2月28日 (火)

岐阜県は多治見市の老舗家中華「新富亭」さんで古老肉(スブタ)770円 炸子鶏(鶏のから揚げ)800円 新富飯(キャベツと豚肉の味噌炒ご飯)600円 餃子(ギョーザ)310円 ランチ(ラーメン・チャーハン)650円

 ちょっと前の話になるが、朝から名古屋のディーラーさんと岡崎で仕事を済ませ、次は全然逆方向の小牧に行くことになってるという、かなり無理なローテの日があった。
 しかしその為に、昼はゆったりめに組んでたので、多治見の老舗中華に連れて行ってくれるという。
 家中華・大衆中華・老舗中華、いずれも好きじゃぁぁぁ。

 なので、ほぼ仕事はそっちのけで多治見の中華がメインになったこの日、初めて岐阜県は多治見に行ったが、これはまった見て分かる盆地やねぇ。
 ニュースで多治見が最高気温38度とかってよく聞くけど、さもありなんって感じ。

 このお店はJR多治見駅南側の出口を出て、土岐川を越えて更に南下、歩いてじゃ行きにくいけど駅からだと1kmちょいって所か。
 ワタシ達は名古屋のディーラーさんの車で行ったが。


Cimg6330Cimg6331 ・新富亭:古老肉(スブタ)770円 炸子鶏(鶏のから揚げ)800円 新富飯(キャベツと豚肉の味噌炒ご飯)600円 餃子(ギョーザ)310円 ランチ(ラーメン・チャーハン)650円

 えーっと、これはもちろん、ワタシ一人で食べた訳じゃなくて、ディーラーさんとの折半。
 と言いながら2/3はワタシが食べたのだが。

Cimg6337Cimg6338 調べてみたら、何とこの老舗・家中華には【公式ページ】がある。
 トップにはこう書かれている。
 「創業以来32年 昔そのままの味を頑固にこだわり続けている店。ラーメンコロ、鶏の唐揚げ、広東麺が特に人気。スパイシーな唐揚げは「多治見じまん」に認定されました。」
 だそうだ、今これ見て、ラーメンコロと広東麺も食べりゃ良かったと後悔。
 あ、ラーメンコロとは名古屋で言うころうどんと同じで冷やしぶっかけラーメンみたいな感じ、冷やし中華ではないらしい。
 菜譜も載っけておく。
 冷たいラーメンってことで麺コロは通年、冷やし中華は夏期のみ。
コロはぶっかけのようなもんだから値段も480円と冷やし中華の680円に比べて200円安い。
 さすがに食えんかったが、麻婆豆腐食べてみたかったなー。

Cimg6342 着いたのが12時半過ぎで、座敷が程良く空いてきた頃、じゃじゃーんと出てきたまず最初がこの古老肉(スブタ)、熱々ほかほかやで。
 ではまずは野菜から、おお、玉ねぎのシャキシャキ感がナイス、にんじんにピーマンじゃなくてキュウリなのがおもしろい。
 そんで豚肉のゴロゴロ入ってることよ、ゴロゴロ。
 この豚肉がしっかり下味付いて美味いのだよ、あんも甘酸っぱ加減もドンピシャ、ビールくれビール!!!

Cimg6343Cimg6347 次に炸子鶏(鶏のから揚げ)が出てきた、ひぃぃぃ、ゲンコツ大のが5個もあるで、ゲンコ5つ。
 揚げ立てなので超熱いが、とにかく囓ってみよう、がじがじ。
 おろろ、コショウがメチャ利いてスパイシー、だけじゃなくてほんのり甘く感じるのは八角かなんかごく少量使ってるか???
 これはかなり美味い、簡単に言うとケン○ッキーのフライドチキンを5倍美味くしたみたいな感じ、こりゃ絶品やわ。
 骨も所々あるが、そこがまた豪快、下味ににんにくとかやんわり味付いて、味自体はそれほど濃くなく、塩を付けて食べたいんだが、そのものの唐揚げ力が全く違う、ビールくれビール!!!

Cimg6335Cimg6346 続いて新富飯がスープと一緒に登場、つまりはホイコーロー丼だわな。
 ワタシはホイコーローが大好きで、ご飯と一緒に頼むが、いつも残ったタレをどないかしたいと考えてたが、これは既にご飯の上に載ってるので、最後まで美味しくいただけるという優れもの。
 味噌加減は優しい感じで、豚もキャベツもたっぷり、お代わり食うてもええでー。

Cimg6348 そして何故か一番最後に餃子、転がって出てきたのはご愛敬。
 8個入りで310円だからそんなに高い感じはしない。
 肝心の餃子はにんにくが利いてて仕事に差し障りがあるってのはなく、野菜が細かく刻まれて歯触り心地よく、いくらでも食べられる餃子やね、ビールくれビール!!!

Cimg6344 ちなみにディーラーさんが頼んだランチのラーメン・チャーハンがこやつ。
 どっちも至ってシンプルで、見た目通りで味も素朴であった。
 チャーハンには醤油かソースかけて食べるの好きじゃ。
 これ650円って安いと思うけどなー、最近のラーメンは高すぎる。

Cimg6349 ちゅーことで、さんざ食い散らかした皿の後がこやつ。
 とても2人(いやほとんどワタシなんだが)で食べたとは思えんパーティー量、満漢全席かっての。
 ビール、ビールと言うてたが、逆にビール呑んでたら、餃子1人前でOKなんだから酒呑みは難しい。
 老舗32年の多治見の味、堪能させていただきましたー。


 HPで言ってるだけあって、ここの唐揚げはワタシはもの凄く美味しいと思った。
 なので、多治見ではあるが(微妙な言い回し)、通り過ぎるだけではもったいない。
 時間があれば唐揚げ食べに行ってみなはれ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月29日 (土)

今更京都うどん「てん狗」さんのかけうどん270円きつね丼450円

 ちょっと寝かせすぎたネタになってしまった。
 以前から気になってた店だったんだが、せっかく京都に行ってるんだからここで一食使っちゃもったいないでしょ、と放置されまくってた店。

 いつもは車で京都に行って好き放題にラーメン新規開拓してたんだが、この日はたまたま営業車が空いてなくて電車で行くことに。
 しゃーねーから、「新福菜館」で中華そば(並)食うて、ずいぶんつまんねー味になったもんだと思いながら仕事に向かった。
 そんで仕事が終わってまた京都に戻ってきて、小腹が空いたので行ってみるかと、ついにこの店に行くことが実現した。


Cimg5431Cimg5430 ・てん狗:かけうどん270円きつね丼450円

 場所はJR京都駅の西の端、ってより近鉄京都駅の西の端か。
 見ての通り京都タクシーの建物であるように見えるので、最初はタクシーの運転手さん専用食堂かと、思う訳ないっちゅーねん。
 寄って見たら何てことない普通の立ち喰いではない座り喰いのうどん・そばスタンド。
 とにかくワタシは座り喰いでも立ち喰いでもそんな店が大好き。
 ましてや少し怪しい感じがワタシ好みや。

 やっと来れた期待に少し胸を膨らませてがらっと入店、14時頃であったのでお客さんもまばら。
 つってもカウンターで10人ちょっと入れば満員になりそうな店、昼は混むんかいな。

 その前に入口に掛けられたメニューで何食べるかは決めてた。
 かけうどんだけでは実力が図りかねるかと思い、何かないかと見てたら、きつね丼発見。
 ワタシは丼物の中では一番好きなのが実はきつね丼、ちなみに二に親子丼で三は玉子丼。
 蛇足ながらカツ丼と天丼を好んで食べたいということは全くないと言っておく。

Cimg5432 そうして注文して先に出てきたのはかけうどん、きつね丼が出て来んがな、混んでないんやから揃えて出せよと心の中でキツく言う。
 3分程の時間差できつね丼も出てきたのでここに披露する。

 これがかけときつね丼、何と合計720円!!!
 あわわ、立ち喰いで720円も使っちゃった、オロオロ。
 ま、たまには豪快に使ってみてもええやろ。
 ちなみにそこは立ち喰いなので、支払いはキャッシュオンデリバリーである。

 ではこれ以上伸びたらたまらんのでうどんから食べてみよう、ぞぞぞぉぉぉ~~~。
 うん、細めの麺は角がなくて丸い、そんでコシもへったくれもない、これや(笑)!!!
 このB級具合がナイス、本気で言ってるがこれぞ立ち喰いうどんや。
 お出汁はと、じゅるるん、ふむふむ出汁感はあるが輪郭がぼやけとるな。
 分かりやすく言うとストレートのお出汁を2割伸ばしたような感じ、これや(笑)!!!
 別に悪く言ってる訳じゃなくて270円やから味をどうこう言うのは野暮ってモンよ。
 立ち喰いながら麺もお出汁もイケてるなんて、新大阪の「なにわ家」さんくらいやろ。
 ちなみに天かすはトッピングフリーやけどどうするかと聞かれたので、少しだけ入れてと最初に言っておいた、余談。

Cimg5433 続いてきつね丼食べよう、ワタシにとってはこれがメインかも。
 何だけど、ワタシの知るきつね丼とルックスが違う、何でかな???
 ハッと驚く何とやら、そうや、卵とじやないんや!!!
 そういうきつね丼もあるのかと軽いめまいを覚えた(嘘です)。
 とにかく食べてみよう、もぎゅもぎゅ。
 ふんふん、お揚げさんとネギと海苔だけという非常にシンプルな一杯。
 小鍋でお揚げさんとネギをお出汁で煮詰めた感じやけど、こっちの方が味にメリハリがあるのはご飯に味が馴染むようにみりんか砂糖か、少し強めの味になっている。
 玉子はないのは残念やけど、これはこれでイケルやん。
 今度小腹が空いた時に作ってみよーっと。

 よく見たら他に気になるメニューがあって、人気メニューはカレーうどんやとか、大盛2玉は100円増しやけど、丼のうどん半玉セットでも100円引きやとか(普通50円引きやろ)、ピリ辛丼の正体とか、ラーメンの味とか、実に気になる。
 またこういうどないもしようがない時間が出来た時の宿題としておく。


 やー、これで京都の謎が一つ解決した。
 次はまた十条の「うどんグルメ 雲平」さんに行ってかけ出汁のうどんかざるうどん食べて、その実力を体感してこよーっと。
 京都はラーメンだけではもちろんないってこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月12日 (月)

神戸は垂水のかつ丼の店「達」さんのかつ丼600円ご飯大盛100円みそ汁50円

 3ヶ月に一回くらい神戸は垂水に行く。
 車で行ったり電車で行ったり、最近は車の方が多いか。
 そんで兵庫の笠岡ラーメン「中華そば いまい」さんで笠ラーと卵かけご飯するのがいつものお昼。

 しかし今回は新規開拓。
 というのも垂水のお客さんがこのお店を教えてくれたから。
 凄く分かりにくいが味とボリュームはナイスとのことであった。


Cimg6259Cimg6260 ・達:かつ丼600円ご飯大盛100円みそ汁50円

 垂水駅のすぐ東に福田川というのが流れており、この東隣の道を10分くらい北上したら、第二神明の名谷ICに出るんだが、その道を駅から30秒上がったら川と交差する所がある。
 そこのバイパス状の道の下にぽつんとあるマンションかつ丼の店がこちら。
 この道は地元の人以外通ることは絶対にあり得ないし、バイパスからも見えにくいので、偶然発見して新規することはあり得ない。
 マンションかつ丼という新しいジャンルを開拓した希有な店。

 11時半に入ったんだが、暖簾が掛かってないので開いてるのか分かりにくかったが、お客さんが中に居たので安心して入った。

Cimg6270 まずは店入ってすぐ右にある券売機でメニュー確認。
 かつ丼とカレーしかないのか、カレーはかつカレーとカレーがある、しかしかつなしのカレーだと350円という超リーズナブルな価格。
 しかしかつを勧められてきたので、かつ丼しか選択肢はない。
 大盛にしてみそ汁付けてかつ丼定食(大)ってか。
 卵別途がよく分からんかったが、後客が卵券を買ってるのを見たが、これはかつを普通1個でとじる所を卵を2個使うというリッチさ。
 たぶん行く機会はないと思うが、次に行くなら卵はダブルやな。

 若い店主が一人でやっておられるようで、注文を聞いてからかつを揚げてくれる。
 揚がったかつは包丁で切られて出汁と一緒に煮詰められて卵でとじられる。

Cimg6268Cimg6267 そうして出来上がったかつ丼(大)にみそ汁がこやつ。
 分かりにくいが、この大盛が結構ご飯がみっちり詰まってるのよ、重さを感じる。
 そんで大盛はかつが(並)より切れ端を2切れ多めに盛ってくれるというありがたいサービス。

Cimg6269 おおお、お腹が空いたぞ、食べよう食べよう。
 かつだけ食べてみる、ふむ、油がそんなにしつこくなく、脂もしつこくないので、あっさりした方じゃないの???
 ご飯と卵とかつを一緒に食べてみよう、わさっと。
 うーん、お米が美味いな、そんで出汁(タレ?)がそれほどクドくなく、濃くも甘くも程々で食べやすい。
 隣客は女性がかつカレー、男性がかつ丼で、カレーには福神漬けが供される。
 かつ丼用には最初からたくあんが壺に入って置かれている。
 このたくあんも普通に美味い、みそ汁はもちょっと出汁が利いててもええような気がするが、50円やから言いっこなし。

 もさもさ食べてると、先客も後客も帰っちゃったので、ここで店内写真パチリ。
 ワタシの食いさしがあるが気にせんように。
 店主はこれからの仕込みがあるのか、奥に引っ込んでた。

 普段、かつ丼食わんのでかつ丼を評価する物差しがないが、ワタシ的にはかなり美味しかったと思う。
 そんで盛も良かったし、値段を考えてもナイスな仕事であった。
 ワタシが食べ終わって店を出る頃にはまたお客さんが入ってきて9席のカウンターを埋めてた。


 こんな分かりにくい場所なのに、お客さんが付いてるようで、垂水に行って食べる値打ちありのマンションかつ丼であった。
 この店知ってると、やるなと思われるので、是非とも行くが宜しかろう。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 2日 (金)

姫路に行ったら「紅宝石」さんの肉飯(大)750円(税別)

 姫路には毎月行ってる、厳密に言うと姫路の更に北西のそうめんの里(のある町ね)。
 けど、そのそうめんの里にはお昼を食べる所がほとんどない。
 だから姫路でお昼を食べて、一服してから姫新線に乗って行く。

 そこでいつも食べるお昼はここ、何度も行ってるが、安くて美味くてボリュームもあり、そして店員さんのサービスも良いし、大繁盛店なのに注文したらすぐに料理が出て来るという、非の打ち所がない店。
 ついでに言うと定休日がない不定休、閉まってたら運のなさに嘆きなさい(ワタシは1度開いてなかったことがある、泣いた)。
 とにかくここは何食うても美味しいが、今回はお昼では一番の人気であろう、この洗面器大の丼を取り上げる。


Cimg6248 ・紅宝石:肉飯(大)750円(税別)

 場所は姫路駅を東に出て新しく出来た「テラッソ姫路」を北上、東駅前の信号を越えてすぐ。
 駅からだと歩いて5分、まぁ、迷いようのない場所じゃ。
 ワタシは昼食べるか、昼食べない場合は夜食べるって具合に、ここの大ファンなのだが、今更ではあるが声を大にしてここの肉飯は美味いと言いたい。

Cimg6244Dsc_0302 メニューこんなん、最近また激辛シリーズをよく食べてる。
 一昨日の水曜に行った時は野菜もたっぷり摂れる、麻婆飯(大)。
 なんつたってグラスビールが付いて750円(税別)という超サービス、まぁ、昼やったからウーロン茶になったけど。
 とにかくわざわざこの店で呑み食いしたいが為に、仕事を終わってまで滞在したことも数度ある。
 ハーフメニューが各種あるんだが、フルに近い盛りで、1人や2人で行くにはもったいない、本来は大勢で行ってこそ楽しい店よ。
 なので結構宴会も多い、繁忙期はは貸し切りに注意しましょう。

Cimg4884Cimg4883 ホント混雑店なのに注文したら5分程度で出てくるのがこの店の素晴らしさ、分かりにくいが、端から見たらそのでかさは上でも述べてるが洗面器大である。
 これは大盛りなので卵の黄身は別皿、普通盛りだとてっぺんに鎮座してる。
 自分の見るより他人の(大)見た方がその大きさにびっくりする。

Cimg4885 そしてびっくりするのは盛りじゃない、そのパンチのある美味さにじゃ、見て油でギラついてるのが分かるであろう、もぎゅもぎゅ。
 ひょー、このこれでもかと焼かれた豚肉は食べても食べても減りそうにない所が凄い。
 その味は、豚肉を甘辛い醤油ダレで炒めて、ご飯に載っけただけのもんであるが、基本タレかけご飯が不味い訳なかろう。
 鰻が載ってなくても鰻丼のタレでご飯が食べれるように、焼肉のタレでご飯が食べれるように、餃子食べ終わった後の旨味が移った餃子のタレをご飯にかけて何杯でも食べれるように(それはワタシだけか)、とにかくこの反則的にパンチのある旨醤油ダレをかければそりゃ美味しいに決まってる。
 そんでまたこの肉が脂&油でその旨味がご飯に染みてガツンと美味いのなんのって。

Cimg4886 途中、スープとザーサイで口を休めて、再度アタック、食べても食べても減らん快感。
 残り半分になった時点で卵黄投入、これでまったレンゲがススム君になっちゃうんだよなー。
 そして気付けばいつの間にか完食してしまってるという、恐ろしい肉飯。
 これ大盛りやと軽く1500kcalは超えてると思われる、だけど月に1度の姫路の楽しみ、全然構わんのだ。
 
Cimg6245Cimg6246_2 ここのメニューの豊富さは毎日食べても食べ尽くせん程じゃ。
 ちなみにお昼のランチ・メニューでラーメンと餃子またはラーメンと唐揚げで、ご飯おかわり自由で500円ってのがあって、これまたワンコインという太っ腹。
 ラーメンは醤油と塩を選べるぞ。
 ついでに言うとカレーライスも美味しいぞ(笑)。
 こんなに大盛りはイランと仰る方には、肉飯とラーメンいずれも8割くらいの盛りの肉飯セット650円というのもあるので、それを注文する人も多い。


 ああ、思い出すだけでまた行きたい、なのでワタシの中では「姫路に行ったら紅宝石」!!! なのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月15日 (金)

岐阜県は関市の繁盛店「鮮魚専門店 魚」さんの特上海鮮丼1500円ご飯大盛100円

 何度も繰り返すが、最近仕事のエリアを拡げ、岐阜県は関市にまで進出している。
 二回目に行った時に、時間潰しで喫茶店に入ったんだが、そこは何と「終日モーニング」を実施してて、ついさっきラーメン大盛に雑炊したとこなのに(「麺屋 白神」さんの回参照)、トーストと茹で卵とフルーツが付いて来るという、400円での過剰なサービスに驚いた。

 それはええのだが、この喫茶店の道路を挟んだ反対側が何故か山の中なのに「鮮魚専門店」ってお店があった。
 メニューを見てみたら、昼はランチで海鮮丼をやってるという。
 ならば次回はここに行きましょうと、名古屋のディーラーさんと申し合わせ、それが実現したのが6月も末近く(前回の松阪の鳥焼きの翌日の話)。


Cimg6028Cimg6029 ・鮮魚専門店 魚:特上海鮮丼1500円ご飯大盛100円

 東海環状自動車道をドン突きの関広見という出口で降りて、そこからどうやって行くのか(ヲイヲイ)、結局は長良川と支流の武儀川ってとこの間の幹線道沿い。
 本人が分かってないので説明のしようがない。
 ま、何でこんなとこに魚の店がと思うやろね。

 しかしこれが意外な人気店で、丁度お昼頃に入ったのだが、ワタシら2人が座敷に座って満席。
 4人くらい座れるカウンターは一杯で、座敷も一杯、後から来たお客さんは相席になってたもんな。
 見ての通り、魚を食べさせてくれるだけのお店ではなく、魚屋さんの機能も兼ね備えてる。
 山の中ながら新鮮な魚を提供しているようだ、変な店。

Cimg6022Cimg6027 ランチメニューこんなの。
 日替わり海鮮丼に特上海鮮丼、いくら丼にマグロ山かけ丼、生しらす丼にねぎとろ丼、〆はうなぎ丼でい!!!
 玄関の前に掛けられてたメニューの方が分かりやすいかな。
 日替わりはマグロ・サーモン・かんぱちなど…、で特上はマグロ・サーモン・かんぱち・うに・いくらなど…だそうだ。
 迷うことなく特上注文、だよなー、ご飯大盛で。

Cimg6025Cimg6024 注文してから10分ちょいで出てきた特上海鮮丼がこちら、特上よ特上!!!
 更にカニに甘エビにハマチにトロ、カツオにホタテもあって、何故かとんぶりにとびっこ、と右にある謎のいくらのようなカラフルな球体。
 これは生臭さを感じなかったので、魚介系ではないと思うが、味のない不思議な食べ物やった。

Cimg6026 大盛にしといて良かった、この魚の多さではご飯が足らんとこや。
 もうこれが不味い訳はない、マグロは分厚く、カツオは新鮮、ハマチは食感がナイス、サーモンの脂の乗り方はたまらん、かんぱちは珍しいな、うににいくらは言うに及ばず、カニ愛してる、いくらはいくらでも食べたいが、痛風になりたくないので本当はセーブしたい。
 香の物は濃い梅酢を想像してたが、これが優しい味で箸休め。
 味噌汁もお出汁が利いてとても美味しい、そりゃ1500円も払って不味いなんてあり得ねー。

 最初で最後の関市の贅沢やった、うむ満足した。
 本当に人気店でワタシらが出る頃には駐車場がほぼ満車になってた(そりゃ車でしか来ようがないけど・笑)。


 さー、関市にはあと何があるのか、ディーラーさんは大盛のノスタルジックな昭和の食堂があるという。
 来週また行く予定になってるので何食べようか楽しみである、岐阜もおもしろいぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月16日 (木)

名古屋街並み保存地区の老舗中華「香楽」さんの本日の日替りランチ トンコツラーメン&ホイコーロー飯750円

 6月アタマの話。
 いつものように名古屋に行ってた、つっても名古屋周辺に。
 名駅に戻ってきたのは12時半過ぎ、サラリーマンはいざ知らず、ビジネスマンのお昼はあんかけスパだろうと、いつもよく行く店に行ってみたが、12時40分くらいでも満席で、店の前の待ち席に1グループが座って待ってる。
 そこまで待つ気はないので、少し離れたあの場所へ行ってみようと更に10分程歩いた。

481 そう、以前重要文化財に勝手に認定したうどんの「浅田屋」さんのある街並み保存地区である那古野。
 その「浅田屋」さんと同じ筋に、実は気になる店があったので、今回はここを攻めてみることにした。


Cimg5831Cimg5832Cimg5833 ・香楽:本日の日替りランチ トンコツラーメン&ホイコーロー飯750円

 だから場所は国際センターの裏側で、街並み保存地区でかなり気になる建物の一つである上の理容店の斜向かい。
 かなりの老舗中華であると思う。

Cimg5830 店内のメニューが見えないので入るのにためらわれるが、お昼は店の前にこのようにA型看板が出て、それ程ビビることないお得な店なんだと、迷いなく入れる。
 この日のおすすめ、を頼んでみた。

Cimg5824 13時少し前だったので、店内はだいぶ静か、なので壁のメニューをパシャリ。
 メチャ品数豊富やないか、端から食べていって何日掛かるやろ???←何日かい。
 とにかく奇をてらったメニューはないが、どれも王道メニューではないか。
 しかしやっぱこういう中華屋さんは個人で行って単品食べるよりも、大勢で行って一杯品数頼んでいろんなもん食べた方が楽しいよなー。

Cimg5826Cimg5828Cimg5829 と、夢想してた頃にあっという間に出てきたランチがこれ。
 100%品ってよりはどっちも80%って所か、それでええ、いろんな種類が食べたいんやから。
 サービス、サービス♪♪♪

 ではホイコーロー飯のキャベツを食べた後にトンコツラーメンの麺を食べちゃう、ぞぞぞ~~~。
 麺は黄色がかったゴム系のパッツン麺、嫌いじゃない、嫌いじゃないんだよこの麺(笑)。
 ではスープ、じゅるり。
 うむ、この白濁豚骨は博多ではない、熊本やな、マー油が浮いてたらまんま熊本やと思う、ニンニクのパンチ効いてる~~~。
 チャーシューがべろんと、そんでメンマも載ってるぞ。
 ホイコーロー飯どれどれ、もぎゅっ。
 なかなかの熱々、キャベツに玉ねぎににんじんにピーマンといろんな野菜があって嬉しいが(それがホイコーロー飯にした狙い)、個人的にはもっとこの旨味噌ダレがかかって欲しかったかな。
 だってタレかけご飯って大好きじゃーん。

 お腹が空いてたのもあって、一気にガッツリ平らげた。
 とにかく750円でこの2つが食べられるのだから、そりゃーお得でしょ。
 ちなみに後客が、もう一つのランチのちゃんぽんを食べてるのを見たが、野菜てんこ盛り、こっちもありかと思った。
 他所の芝生は青い!!!


 ここはお昼はサービスで、夜に来てもらって欲しいんやろうな、言い方悪いけど。
 ワタシ的にはやっぱたくさんで来て中華にビールでさんざ呑み食いしたいと思ったもんね。
 そんな気分にさせるこの赤い卓なのであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月24日 (火)

サンモールの新生「蓬莱」さんで中華丼800円

 今更ながらだが、今年の2月に広島に行った際に、サンモールの地下に潜ってみた。
 「蓬莱」さんで何か食べようってよりは、時間潰しね。
 するとその時は工事中で、確か3月1日(火)に新装増床オープンってことやった、ちなみにリニューアルオープンの日は全品無料って超大盤振る舞い。

 これまではカウンターのみの10人入れば一杯のような店だったが、隣の店舗も借りてスペースを増やすみたいやった。
 去年に並木通りに新店をオープンさせ(これにも驚いたが)、今や広島を制圧しそうな勢いの「蓬莱」さんに先週、今年初めて行って来た。


Cimg5820Cimg5822 ・蓬莱:中華丼800円

 これって食べ終わってしばらくしてから撮った画像なので、もう並んでないが(サラリ
ーマンの昼休みは短い)、ワタシが到着した12時10分は10人は並んでた。
 一瞬、「サン・カレー」さんに行くか??? と思ったが、テーブル客がごそっと抜けたので、待つことにした。

Cimg5817Cimg5821 待ってる間にパシャリ、名物「天津飯」は何度も食べたし、ふわふわ玉子に、あふれんばかりのとろ~りあんも知ってる。
 だからオタクのことを語ってもええのだ、例え中華丼食べたとしてもだ。
 だいたい天津と中華は代わる代わる食べるんだが、炒飯とラーメンは実は食べたことがない。
 今回、炒飯が小山のように盛られてたのを見て、次回は炒飯だなと意を強くした次第。

Cimg5811 10分程待ってようやくカウンターが開いたので、一番端の関に座って注文。
 お客さんも多いので結構時間掛かるのかと思いきや、とにかく天津と中華、たまに炒飯なので、大量に準備は出来てて、特に天津と中華に使われるあんの量はハンパねぇ。
 どでかい中華鍋2つであんを盛んに煮倒してる。
 いやー、店が広くなった分、作り方も豪快になったわ。

Cimg5815 そうして出てきた中華丼がこやつ!!!
 いつものことであまり大きさは分かりにくいが、結構大盛りなのだ、だって(小)メニューがあるくらいやねんから。
 久しぶりなので覚えてもなかったが、意外と野菜の量すくなかったかな。
 そんで逆に天津ではないけど、溶き卵が流し込まれており、野菜分を補ってて満足感はある。

Cimg5816 では食べてみよう、もぎゅもぎゅ、って熱ぅぅぅ!!!
 流石熱々のあん、口の中ヤケドするで。
 このオーソドックスな甘口で醤油辛いあんは、絶対嫌いな人が居ないはずのあんやな。
 これが好かん人は広島に来んでヨロシイ!!!
 テーブルに置かれてるコショウでも美味しいんやが、ワタシは一味唐辛子の方が好き。
 わっさわっさ振って、甘旨辛でばくばく食べた、食うたなー。

 いやー、久しぶりに食べたが人気店なのも頷ける。
 奇を衒わずに普通の中華丼であるが、シンプルイズベストの美味さがあった。
 だけど次回は小山盛りの炒飯食べよーっと。


Dsc_0118 ちなみにこの後、食べんでええのに「サン・カレー」さんで玉子カレー550円食べたのはワタシの弱さであると自覚している、がくり。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月31日 (金)

福山地方卸売市場de海鮮丼「此花食堂」」さんの海鮮丼 お汁付き800円

 フィリピンに行く前のネタ。
 今日の話の内容からも新鮮な方が良いってことよ。
 たった今、広島から帰ってきたが、前回の広島出張の話。
 笠岡に仕事で行ってた、当然朝は「中華そば 坂本」さんで笠ラー、(並)が600円になった6月から価格700円据え置きの(大)を食べるようになったんだが、結構ボリュームがある。
 この日は着いたのもいつもの9時半とかじゃなくて10時過ぎてたので朝ラーよりブランチか。

PhotoPhoto_2 午前中の仕事を終えて、笠ラーをハシゴって感じじゃ珍しくなかったので、福山に戻ってみた。
 蔵王辺りだと食べ物屋さんもいろいろあるから、行ったことない店を新規しようと思ってたら卸売市場があることに気が付いた、「福山地方卸売市場」という。
 岡山中央卸売市場程大きくはないが、そこそこ敷地はあったので、これなら市場内食堂もあるだろうと、入口の受付のおとっつぁんに聞いたら、遠くに見える「福山わくわく市場」の一番端っこに食堂があるからそこは美味いので行ってみろ、と紹介してもらった。
 岡山は「ふくふく通り」だが、こちらは「わくわく市場」なんだそうだ、ぷぷ。
 車を前に付けて「わくわく市場」に入ってみたら食べ物屋さんはほとんどなく、全然「ふくふく通り」に及ばない。
 ちょっとガックリしたが、食堂が負けた訳ではない、いざ!!!


79Photo_3Photo_4 ・此花食堂:海鮮丼 お汁付き800円

 「味本位」でっせ、嫌でも期待しちゃうわな。
 入ったのは12時半くらい、店内画像には人が映ってないが、そういう角度から撮っただけで、先客も後客も居た。
 仕事が終わって魚と一杯呑ってるおっちゃんも居れば、海鮮丼を食べに来てる近所のお
ばあさんも居たので、地元に愛される店かと。

Photo_5Photo_6 メニューこんなん、やっぱ刺身定食と海鮮丼は定番。
 その他うどんに丼、あとケースにお総菜があり、ご飯と味噌汁と一品でも行けるようであった。
 ラーメンもあったが、これは流石にパス。
 おばちゃん2人で切り盛りされてるようで、注文を請けてから魚を切ってたのがまずは好感度高し。

800 5分ちょっとで出てきた海鮮丼がこやつ、丼だけにどーんと(ヲイヲイ)。
 「ふくふく通り」の「食堂 備前」さんの方が豪華で種類も多いがあっちは1100円、800円ならスケールダウンしても仕方のないこと。
 でもどこぞの食堂で食べる海鮮丼よりはよほどリーズナブルに思える。

Up では食べてみるか、わさび醤油かけてぱくり。
 おおー、マグロの中落ちメチャメチャ新鮮やん、これはナイス。
 お米は酢飯じゃなくてほかほかご飯、これはこれでヨロシイ。
 ハマチに鯛にイカに鮭とイクラの親子、これで800円は安い!!!
 ワタシはイカの刺身をわさび醤油でご飯食べんの大好きじゃ!!!
 ご飯足らんのんちゃう??? 大盛りにしてくれて良かったのに(10時にラーメン大盛食うてますけど)。

 いやー、お代わりしたいくらいやった(だーかーらー)、これはリピートする店としてワタシの中に置いておく。
 帰りに受付のおとっつぁんに満足した旨、報告したが、そうだろうそうだろうと、噛みしめて居られた模様(笑)。
 おらが市場のおらが食堂、推薦した手前、誉められたら嬉しいわな、うんうん。


 とにかくGWの岡山中央卸売市場以来、市場食堂が大好きになってしまった。
 またどこか探して行っちゃおーっと。
 海鮮丼じゃなく、スープカレーでも全然OKでっス!!!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月30日 (土)

広島de丼「呼子港 ひうらや」さんの親子丼(大盛)470円

 今月は昨日行って今日帰ってきたので通算3度広島に行ってた。
 それ程詰めて行かねばならん仕事があったってこと。
 何とか目的は達成できたような。
 繰り返すが、ワタシが行くのは広島だと福山・竹原・広島市内、そんで岡山は笠岡とその隣の浅口まで行く。
 
Imag3750Imag3748Imag3753 昨日は福山に9時過ぎに着いて、笠岡に朝ラーにし「坂本」さんに行ったんだが、ついに「坂本」さんも6月から100円値上げされるようである。
 まぁ、500円で頑張ってたの「坂本」さんくらいやもんな(特殊なので「大松」さんは除く)。
 これで大盛が700円据え置きなら今後は大盛食べよーっと。
 そんでお昼は「一久」さんという超豪華リレー、大御所にして二大巨頭を満喫した。
 食べ比べるとやっぱり二軒は似てて違う、どっちが好きかはその人の好みの問題でしかないやろうな。
 ワタシは朝一発目でラーメン食べるパターンが多いので、「坂本」さんの方によく行くが、改めて「一久」さんを食べたらやっぱりこっちも美味しいと思ってしまう。
 時間のある方は食べ較べするのも良かろう。

 さて、ワタシが中国地方を担当するようになって5年目に入ったが、当初広島市内で何かないかなーと探してた時に見付けてて、まんま行かなかったのがこの店。
 最初はお好み焼きや激辛つけ麺、汁なし坦々麺で忙しくてそれどころではなかった。
 そうこうすると笠ラーを発見しちゃったので、広島市内と福山とを交互で泊まるようになってますます忘れ去られた。
 しかし流石にネタが尽きてきたので、思い出したかのように行ってみたのが今月のアタマ。


430Photo ・呼子港 ひうらや:親子丼(大盛)470円

 場所は中電の道路挟んだまさに対面、の地下。
 二軒隣には「陽気 大手町店」さんがある。
 そうそう、この日の前日は「陽気」さんと並んで広島を代表する「すずめ」さんの最終日でもあった。
 前々日夜のニュースで4月末日で店閉める、ってことが流れてた。
 70年やってこられたらしいが、ラーメン屋さんが閉まるのがニュースになるって凄い。
 聞く所によると後継者が居なかったという話であったが、これも噂であるが、後を継ぐ者が現れて、しばらくして後に同じ場所で店名を変えてオープンされるとのことである。
 ワタシも3年程前に食べに行ったが実に優しい味だったと記憶している。
 しかし市内で呑んでて〆に行く場所ではないのだわ、わざわざ路面電車に乗ってかないと行けんし、それに営業時間も15時~とか中途半端なので二度目が行けないで終わってしまった。
 見てきた人の話によると、最終日には50人からの人が並んでたという話であった、余談長すぎ。

 話は戻るが、4年前に調べた所、メチャメチャ安いランチを出す居酒屋さんってことであったが、行って看板の値段見て上がってるやん、と少しがっかり。
 そりゃー、消費税も上がってれば為替も違ってるし、何もかもが上がってるこのご時世やから、しゃーねーわなー。
 ちなみに以前の価格は350円であったので驚きや。

Photo_2 12時を10分以上過ぎてたので、ランチラッシュで混んでて入れないかと思いきや、結構店内は広く、カウンターにテーブルに更に奥に座敷があったか。
 混んでるには混んでたが、カウンターの一番端が空いてた。
 座ったはええけど、隣に何故かペンギンが居る、えええええ!?
 しゃーないのでペンギンに見られながらお昼を食べることになってしまった。
 リアルで見たら迫力あってちょっと怖いっちゅーねん。

Photo_3 ではメニュー、親子丼450円がフラッグシップメニューであるが、その他の定食もほとんどが500円~、これでも十二分に安いと思うが、以前が以前だけになぁ。
 とにかく最初はこれを食べないと話にならんだろ、7食限定とあるが、あんまり関係ないみたいよ。
 大盛りで注文したが、後で会計したらたったの20円増しであった(だから470円)。

 民芸調の店内はサラリーマン一色、ワタシはビジネスマンなのでペンギンと一緒に食べるので他のお客さんとは違う。
 しかし隣のお客さんのカツ丼500円(安い)はワタシ的には食べることはないが、その後の客の小イワシ定食650円は小イワシの刺身に天ぷらに小鉢も2つくらい付いて、豚汁にフルーツ付きやったので、あれは値打ちあると思った、次は小イワシや、決定。

470Up とにかく忙しかったので10分後くらいに出てきた親子丼(大)がこやつ、はい!!!
 ドンと丼に小鉢にフルーツに豚汁、大盛り470円は確かに破格かも。
 では食べてみる、鶏肉と卵とご飯の箸ですくって口に放り込む、もぎゅもぎゅもぎゅ、おおおおお、何てことない、味は普通やん(当たり前か・笑)。
 親子丼でメチャメチャ差別化してるなんて「なか卯」くらいちゃうの(また安っぽい話を)。
 特に出汁がどうだとか、卵が新鮮とか、鶏肉が地鶏だとかそんなんはない、普通、普通やけど普通に美味い、大盛り470円やからそれで十分や。

 うん、ガツンと食べたので満足した。
 これが350円やったらもっと凄かったけどな(しつこいっちゅーねん)。
 ワタシがこの辺りで働いてたら週3で行くやろな、呑みにも行っとるわ。

 ちゅーことで、ワタシの広島での昼の食堂がまた一つ増えた。
 そろそろこれまた最初に見付けたあの凄い店に行ってみたいんだが、混んでる可能性があるので、昼前に本通り辺りに居たら行ってみたい。


 かつては名古屋はホームで広島はアウェイであったが、最近はどっちもホームじゃ。
 でも野球はカープを応援しちゃうよー、オリックス共々早く最下位脱出じゃ!!!
 と言いながら交流戦で今やり合ってる最中なんよな、今日負けたし、でも黒田やからええわ。
 残り2戦は全部いただくけどな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月26日 (火)

2015年豊橋魚市場前de丼「中はら」さんの鰻丼(大盛)/豊川産天然鰻(肝吸・漬物)1600円

 先週は久しぶりに名古屋に2泊3日で行ってきた。
 ここんとこ訳の分からん遠方やら、直近では広島ばかり行ってたからずいぶん久しぶり
であった。
 着いたいきなりの昼ご飯はあんかけスパ、どんだけ飢えてたか分かるな。

 さて、名古屋と一括りに言ってるが、実は範囲はかなり広く、実質は東海地区。
 ワタシが行ったコースは、名古屋着~三重の手前の金魚の町弥富市、折り返して名古屋経由で知多半島、戻ってまた名古屋。
 2日目は中京競馬場の少し先まで行って、折り返して名古屋、そんで三重のその手は桑名の焼き蛤の桑名まで行って、名古屋泊まり。
 3日目は名古屋から名鉄の特急に乗って豊川まで行って豊橋、そして最後は浜松のまだ東の袋井まで行って大阪に戻ってきた、しんどー。

 何が言いたいかというと、豊川から豊橋に行ったと言うこと。
 そう、5月解禁のアレよアレ!!!


522 ・中はら:鰻丼(大盛)/豊川産天然鰻(肝吸・漬物)1600円

 もう行き始めて3年目になる、自らの手で豊川から釣ってくる天然鰻を出すお店、「中はら」さんよ。
 昨年の最後に行った時に、私達の為に(もう一人は名古屋のディーラーさんね)最後の天然物の鰻を残してくれてたのが11月、その時に、「来年は5月からだから」と言われて半年も我慢した。
 5月になって鰻が解禁になったってことで、いつ行くかと満を持してたが、やっと先週行けた。

Photo1500 ノリノリで豊橋魚市場前の食堂の中の駐車場に車を停めてまずは様子見、しかしワタシにとって景気の良い看板ではなかった(左が先週、右が初めて行った時の)。
 食べたことはないが、ジャンボな200gのカツも名物らしい、だけど豊川産天然鰻丼はどうしたんだよー!!!

 ってんでぐわしと店内に入って挨拶してから大将に詰問、今年はまだかと。
 すると漁に行く時間がないのとまだ釣れてないとの回答にガックリと肩が落ちた。
 一旦、店を出てディーラーさんとどうするか話して、口が鰻になってることやし、養殖ものでも食べてみるか、ってことで850円の鰻丼を食べることにして再入店(いや、それでも850円なら安いと思うけど)。

 そうしてスポーツ新聞読みながら、週末のオークスの話に花が咲いてる所に、おかあさんが、こっそり耳打ちしにきてくれた。
 「細いけど二人分だったら天然物があるけど???」ってな嬉しい話やったので、狂わんばかりに飛び乗った、ひゃっほーい♪←それくらい養殖ものと天然物は違うと察してクレイ。

 さー、そうなりゃオークス話も更に盛り上がり、20分が過ぎようとした頃にいよいよ登場、来たか来たか!!!

1600Photo_2 じゃ、蓋が閉まったのと開けたのを並べてみる。
 おおー、身がぎっしり詰まってるやないの!!!
 大盛りのご飯の盛りもええんだこれが。
 この照りの良さよ、改めて見てるだけでご飯食べられるわ。

Photo_3Up じゃ、実際に食べよう食べよう、もぎゅもぎゅ。
 うん、確かに身は細く穴子のようである(笑)、脂も乗ってるとは言い難いが、身の締まり方に食感が実にヨロシイ。
 お米もタレに合うように固めで、つかタレかけご飯は美味しいだろ、そりゃーよー。

Photo_4 戯れに身を一本箸でつまんでみる、長っっっ、細いけど(しつこい)。
 とにかく細い分だけ密度が濃いのか、申し訳ないからサービスしてくれてるのか、2人分使い切り量がこのボリュームなのか分からんが、大変満足した。
 肝吸いも美味しかったし、食後にインスタントのアイスコーヒーが付いてくるし(笑)、店は年期入ってるけど、好きやねぇ、この雰囲気。

 余談だが、後から入ってきた男性二人客が鰻丼850円を注文しており、私達は食後に初めてその鰻丼を見たが、上のようなぎっしり入ってる物ではなく、4切れ程が載っかったごくごく普通の鰻丼であった。
 やっぱり値段は倍くらいするけど天然物の方が断然良い!!!

 と、2015年の始まりはまだ痩せた鰻であったが、帰り際に言われたが、大口注文は堪忍して欲しいとのことであった。
 なかなか漁に行く時間がないことから、普通の注文分をこなすのに精一杯だそうである。
 なのでない可能性もあるそうだ。
 とか言いながら、ワタシの中では暑いのは嫌やけど、丸々と太った豊川産の鰻を食べたい気持ちが抑え切れんのである。


 満足満腹したが、やはりいつもの鰻丼とは違ってて、いつも食後にゲップをすると、胃の中から思いっきり川の藻臭い臭いがこみ上げてくるんだが(ヲイヲイ)、今回はそれがなかった。
 なのでやはりまだまだ本来の鰻とは違うということであろう。
 あー、早く本気の鰻を食べたいもんだ。

 ちなみに来週も豊橋に行くことになっているが、まだ釣れてなさそうなので、何か新規開拓をすることとする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧