2020年12月18日 (金)

新潟は佐渡島のB級グルメ「小木家」さんの佐渡産天然ブリカツ丼1320円

 まだまだ続けて新潟の話をするぞ。
 4泊5日の間に佐渡島にも行ってきた。

Cimg5123

 金山はもちろん、ワタシ的には北沢浮遊選鉱場跡ってのに行きたかった、上の画像ね。
 これはどんな古代遺跡やねんというアンコールワット級に凄いもんなんだが、実は昭和初期の建物である。

 まぁ、それは良いんだけど、やはり佐渡でもご飯を食べない訳にはいかないので、何か名物はないかと調べたら、B級な名物があるようだ。
 それなら食べに行かないと。

Cimg5039

 ・小木家:佐渡産天然ブリカツ丼1320円

 場所はフェリー乗り場である小木ターミナル、「海のドライブイン」と名乗っており、1Fがお土産売り場で3Fが喫茶御食事処となっているが、特別珍しい物ではない。
 一応言っておくが、この小木の港は新潟は新潟でも富山の境の直江津から出てるフェリーで、新潟市内から出るフェリーはここには着かない。
 新潟市内から出るフェリーは両津港と言って佐渡島のくびれの右側にあるので、西の下にある小木港とは車で1時間くらいの距離がある。

Cimg5032
Cimg5033

 この日は新潟滞在で唯一の雨の日で、早朝からタクシーで新潟のフェリーターミナルへ行った、このように朱鷺もマスクをしていた。

Cimg5027

 6時の船に乗って8時半に佐渡の両津港に着いた。
 Cimg5034

 ターミナルのお土産屋さんはいきなり金々々で圧倒される。

Cimg5035

 流石佐渡島はおけさの島と言えるこれぞってお出迎え。
 そこから予約していたレンタカーを借りて、ブリカツ丼へ、いや本当はその近くにある古い趣のある宿根木の街並みがメインなんだけどね。

 佐渡金山と北沢浮遊選鉱場跡と宿根木の街並みだけはパンフレットで見てたけど、他は下調べは一切してなかったので、道中佐渡市役所があったので立ち寄って地図と観光ポイントを教えてもらった。
 ワタシは島の全周が250kmくらいだったので、朝から夕方まで走れば十分回れるかと思ったが、役所の人にそんなもん行ける訳ねーだろヴォゲェ、と言われてしまった(もちろんこんな言葉遣いはしません、優しく諭してくれました)。
 ざっと日帰りポイントを教えてもらって、さぁ、ブリカツ丼。

Cimg5057

 実は小木の近くの宿根木の街並み(こんな街並みね)は遠いから止めときなさいと言われてたんだが、いきなり無視する形になってしまった。
 要は観光も食もどっちも選んだということやね。

Cimg5040

 話は戻って「小木家」さん、営業11時からで11時着の一番客。
 お土産売り場はスルーして3Fの食堂へエレベーターでれっつらごん。
 店の入り口には天然ブリカツくん(知らんけど)がお出迎え。
 黒のパンツに革靴履いてるのが気持ち悪いが、まぁ、愛らしいということにしておく。

Cimg5042

 広々とした店内、団体客の需要があるからやろうな。
 この日は平日でしかも雨やし混みようがない。

Cimg5041

 そうして奥の窓際の席に座りメニュー改めて確認。
 とにかくブリカツ丼一択だよな、その為に来たんやから。
 限定30食だろうが一番客やから関係ないない。
 しかし右の小木家名物のいか釜めし1270円も捨て難かった。
 まぁ、ブリカツ食べに来てるってのもあるけど、注文を受けてから炊き上げるので20分かかるってのも時間のないワタシには無理やったな。

Cimg5044

 10分ちょっと待ってブリカツ丼到着。
 なかなかゴージャスではないか、これは1320円でも納得や。
 ブリカツに旗が立ってて認の文字があるのは、おそらくブリカツ丼協会かなんかがあって、そこが認定してるということであろう。
 赤出汁には海老が入っており、小鉢はもずく、デザートは柿の凍らせたの、へぇへぇへぇ。
 数えてみたが5枚も載っかってるブリカツ、ボリュームある。
 つか、市内のタレカツ丼とかカツ丼好きやなー。
 だから日本海側の天然物のブリをカツ丼にしようという発想になったんやろうな。

Cimg5043

 ではブリカツ食べてみようブリっと。
 ほほう、このタレがちょい甘の醤油ダレでご飯との相性が良い。
 そんで生臭いのかと思ってたブリだけど、そんなことはなくてワタシはブリは照り焼き派だけどカツも美味いと思った。
 しかーし、流石に5枚も食べたら最後クドイと思ったけど(そりゃそーだ)。

Dsc_4172
Dsc_4173

 デザートの凍った柿は、先月博多で食べた冷凍みかんの「むかん」級の優れ物だと思った。


 天然のブリのカツが5枚でこの品数で1320円はお得でしょ。
 ブリが苦手と言うなら勧めはせんが、そうではないなら一度お試ししてみてちょーだい。
 行ってクレイ、佐渡島(行けるか!!!)。

| | コメント (0)

2020年12月16日 (水)

これが新潟名物タレカツ丼「とんかつ太郎」さんの4枚カツ丼950円

 まだしつこく続く新潟話。
 今頃メチャメチャな大雪になってることと思われるが、この時はまだ9月末。
 その後金沢行って九州行って青森行って九州行ったけど終わらんで、本当に美味しい新潟やからな。

 4泊5日で行ってた4日目、この日は特に予定を入れてた訳ではなく、新潟市内で面白い物はないかと終日散策することにしていた。
 新潟は漫画家のセンセを数多く輩出されているので、「新潟市マンガ・アニメ情報館」 とか「新潟市マンガの家」とかがある。
 赤塚不二夫センセとか高橋留美子センセとか大御所がずらりと揃ってる。
 まぁ、ワタシが住む兵庫県宝塚市は漫画の神様手塚治虫大センセがいらっしゃるし、ワタシの大好きな西村しのぶセンセも兵庫県やし。。

 余談。

 五大ラーメンにイタリアンに半身揚げにへぎそば、最終日に食べたバスセンターのカレー、これらに匹敵する美味い物がまだあるんだよ。
 これは当初からマークしてたお店。

Cimg5171
Cimg5172

 ・とんかつ太郎:4枚カツ丼950円

 ソースかつ丼ではなくタレかつ丼が新潟の名物。
 とはいえワタシも食べたことがないのでどんなもんか興味津々。

Photo_20201216204501

 場所は人情横丁を抜けた所にある。
 西に五大ラーメンで最初に行った「三吉屋」さんがあるので、距離的に50mも離れてないのでハシゴで行くのも宜しかろう。

 ワタシが行ったのは土曜の13時頃、着いた時にワタシの前に大所帯の家族連れが滑り込んだもんで、これには参った。
 15分程待ったが、結局家族連れは人数多いので、ワタシが先に入店することになった。
 それでも後から後から並んでたので、かなりの人気店だと思われる。

Cimg5167

 それもそのはずで、二十扉になってるんだが、入ってすぐにミシュラン新潟掲載の盾が置かれてた。
 えー、そうなんやー。


Cimg5166_20201216205201

 一番奥のカウンター席に座って4枚カツ丼注文。
 待ってる間に外でさんざんメニュー見てたんでな。
 ちょっとお高い感じがするのと、それ程カツ丼に興味ないのと、ここでお腹一杯になる訳にはいかんので、4枚にしてみたが、4枚でも多いんちゃうの。
 普通はカツ丼(カツ5枚)1080円みたいよ。


Cimg5170

 待ってる間にう・ん・ち・く確認。
 昭和初期に初代が当時モダンだったカツレツを大胆にも醤油ダレにくぐらせてご飯の上にのせて出したのが始まりらしい。
 これが新潟人にエラく受けて「新潟スタンダード」になったらしい。 

Cimg5168

 座って10分程で出てきたカツ丼、味噌汁は付いてない。
 たくあんとその上にあるのは和辛子ね。
 4枚ってこれでも相当なボリュームやん。
 メチャメチャなハイカロリーやな、普段なら絶対食べんがここは気にしない気にしない。

Cimg5169

 ではカツをぱくり、おおっとぅ、衣のサクサク感とジューシーなカツが少し甘めの醤油が勝った醤油ダレとベストマッチング。
 これは一口目から美味っっっ!!! と唸る味。
 隣に座ってた男女二人組も食べた瞬間に顔色変えてたもんな。
 それくらいにこの醤油ダレは新潟の美味しいお米に合ってる。
 香の物は付いてるがやはり汁物は欲しいと思いながら、この4枚入りカツ丼は実はご飯が少なめであったらしく(後で気付いたが、メニューには確かに「ご飯の量/ちょっと少な目」と書かれてた)、あっという間に完食してしまった。

 いやー、これ人気なのも分かる。
 B級じゃなくてA級やもん、美味さのレベルが違う。
 これはカツ丼普段食べないワタシでもまた食べたくなる。
 この見事なカツとタレとご飯のマリアージュを是非とも食して欲しい。


 ミシュラン掲載店で、はぁ???ってな店いくつもあったが、ここは納得。
 わざわざ行って損はない!!!
 今の雪の新潟も行ってみたいなー、ってどんだけ好きやねん、ははは。

 

| | コメント (0)

2020年12月 8日 (火)

金沢の超人気味噌らーめん「麵屋 大河」さんの味噌らーめん750円大盛100円

 プライベートと仕事でちょこちょこ国内移動しているが、9月が新潟、11月は北陸と広島と九州と青森、今月は熊本と長崎と佐賀と福岡に行った。
 我ながら大丈夫かと不安になる。
 今日は姫路に行ってたし、怖い怖い。 

 ということでこないだの先月の半ばに北陸に行った続き。
 初日は武生で昼にミニボルガライスを食べて、池上遼一センセの特製ボルガカードをもらったことは既に述べた。

Dsc_4134
Img_20201112_192842
Dsc_4135

 その日は夜に金沢まで移動して、夜は片町の吉田類さんも行ったお店(ワタシも金沢に行けば必ず行く)「赤城」さんで初物のカニの香箱を食べた。
これが身がギッチリ詰まっててメチャメチャ美味かったんだわ。
 日本酒2合呑んで勘定5000円くらいやったから香箱で3000円くらいかな、時価やったから分からんが。

 そんで翌日が金沢営業、午前中終わってお昼どこで食べようか。
 金沢駅前に居たんだけど、駅はもう珍しい物はない。
 なので、鼓門の方に出たら何かしらあるのではないかと、スマホンのGPSでチェック。
 近江町市場に行く方とは違う、北東に行くとラーメン屋さんがあるみたい。
 歩いて5分で発見、ところが5人くらい並んでた。
 ワタシ並ぶの嫌いなのでスルーして、駅北の線路沿いに更に5分程歩いたら「ご当地ラーメン」という店があったので、金沢の地ラーメンかと期待して行ったらこれが大違いで、和歌山や博多や熊本や家系やととにかく節操がない。
 ここまで来て他所のご当地食べても仕方ないので、さっき並んでてスルーした店に戻ることにした。

Cimg5288_20201208235301

 ・麵屋 大河:味噌らーめん750円大盛100円

 だから場所は鼓門から北東へ歩いて5分くらい、道路に面してる訳じゃなくて、一本入らないと行かんのでお気を付けて。
 幸いなことにさっき5人くらいだったんだが、往復して帰って来てもまだ5人待ちだったので、この列に並ぶことにした。

Cimg5289_20201208235301

 何のラーメンか知らんかったのだが、並んでるとメニューが回ってきた。
 味噌ラーメンの店らしい、へー、そうなんやー。
 とりあえずフラッグシップメニューを頼めば間違いあるまい、ワタシ的につけめんはあり得んし。
 後からバイトのおねいさんが注文を訊きに来てくれたので、味噌大盛と注文。

 しかしここからが長い。
 なっかなかお客さんが出て来んのよ。
 この日は繰り返すが11月中旬だったけど、メチャメチャ天気良くて暑かったくらい。
 隠れる所がないので日差しがキツイ。
 そんで何人か出ては来たんやけど、なかなか進まない。
 理由は店の中に入って分かったんだが、カウンターだけの店なので席が3席空いてようとも次の客が4人組だったら後ろの客を飛び越して案内は絶対しないのよ。
 だからガチで順番通りに入らなければいかんので、列がなかなか進まない訳だ。

 結局20分くらい待ってようやく入店、よう辛抱したわ。
 この時既に12時50分くらい。
 けど恐ろしいのはこの後ワタシの後ろに並ぶ人がどんどん増えてきてたこと、この時間でどういうこっちゃ???

Cimg5292

 店内はこんな感じで、一直線にカウンター、ちゃんと間仕切りされてて、意識は高くて良かった良かった。

Cimg5291

 座るとまずは野菜ジュースが一口分出てくる。
 要するに炭水化物を摂る前に野菜ジュースを飲んで血糖値の上昇を抑えましょう、ということらしい。
 珍しいサービスやな。

Cimg5293

 そうして座って5分も経たずに出てきた味噌らーめんがこやつ。
 おお、低温調理のチャーシューがでろん、その上に生姜、極太メンマに柚子、それに青のりか。

Cimg5294

 でも麺から食べる麺太郎、黄色の縮れ太麺、典型的味噌ラーメンやな、青のりが絡んでる、ぞぞぞ~~~。
 うむ、ごわっとしてるがムッチリもしている、後になると馴染むな。
 ではスープはと、じゅるり、これまたニンニクと生姜のパンチのあるコク旨味噌って感じか。
 味噌ラーメンの反則さをよく表してるスープやな。
 青のりは香りが良くて濃くてクドイ味をサッパリさせる、柑橘系も一緒。
 でろんチャーシューは結構なボリュームで噛み応えあり、旨味がじわっと来る。
 極太メンマはこれ好き、追加トッピングなら間違いなくメンマや。
 ラーメンとしてはとかく味が濃いし、しっかりし過ぎてるので、一回食べたらしばらくイランという感想。

 と、ワタシ的にはよくある普通に美味しい味噌ラーメンで、ここでなければいけない理由は何もなかったんだが、店出た後の行列が超凄い。

Cimg5295

 逆方向から撮った時はざっと15人にまで列が伸びてる。

Cimg5296

 そして道路側から撮ろうとしてたらまた人が並んじゃって、20人くらいになっちゃった。
 この列の最後やと食べるの2時間後になっちゃうよ。
 正直そこまで並ぶなら別の店行くけどな、と思った次第。
 並んで食べるのが好きな人は良いかもね。

 でもバイトのおねいさんの接客は気持ち良く、店内の意識も高かったので良い店だったとは思う。
 しかし最初から15人並んでたら絶対食べない、そういう感じかな。
 あ、また大勢の人を敵に回した感があるけど、気にしない気にしない。

 
 この1週間後くらいに青森で以前UPした「味噌カレー牛乳ラーメン」を食べることになるんだが、今から考えたらこのお店の方が50倍くらい美味かったので、やっぱ人気店でしょう。
 しかし味噌ラーメンって今人気してんのかね、ウチの会社の近くでも最近よく食べるし。
 まぁ、「味噌カレー牛乳ラーメン」に比べたらどこでも美味しいわ(あ、青森県民を敵に回してしまった)。

 

| | コメント (0)

2020年12月 4日 (金)

巨匠池上遼一センセの「武生に来たらボルガライス」特製ボルガカードGET「いろは本店」さんのひ三のごちそうセット1100円

 11月の中旬に1月に行って以来の10ヶ月ぶりに北陸に行ってきた。
 まずはいつもの越前市は武生で降りたんだが、駅前の様相が変わってた。
 去年に病院が出来てから、へーって思ってたんやけど、今回は駅前商店街を西に行ったとこにホテルが新しく出来てた、何用???
 そして何より驚いたのが、昭和の建物だった越前市のしやくそが令和の建物になってたのにはびっくり、まだ完成してはないけど。

Cimg5264

 午前中の仕事を終わらせて、次は福井に向かわねばならん。
 30分くらい待ち時間があったので、「武生に来たらボルガライス」なんだけど、今キャンペーンをやってて、お店でボルガライスを食べたら、特製ボルガカードってのをもらえるらしい。
 これはお店で撮った画像やけど、別の店でドアに貼ってるのを見付けた。
 あ、ボルガライスって分かるよね、オムライスの上に豚カツが載っかったここ武生のB級グルメね。
 特製カードもらえるなら行かないと、どんなカードなんやろ???

Cimg5271

 ・いろは本店:ひ三つのごちそうセット1100円

 急いでるので駅から一番近いボルガライスを食べられる店、場所は駅西の商店街を歩いて5分、新装されたしやくそ越えたら左手すぐ。
 昔ながらのおそば屋さん、ここは越前そばも食べられるし、「たけふ駅前中華そば」も食べられるし、ボルガライスも食べられる。


Cimg5261

 もちろんボルガライスを食べるんだが、何店舗かでやってる指定メニューを食べたら500円の金券をくれるキャンペーンってのをやってた。
 たまたまこの店がその該当店で、ひ三つのごちそうセットという、ハーフボルガライスにハーフおろしそばがそのメニュー。
 美味しいとこ取りやからこれで良いかと注文。
 まだお昼には少し早かったので一番客。

 混んでても困るんだが、一番客も困る。
 厨房に火が入ってないのか、ボルガライスが時間掛かるのか、なっかなか出てこない。
 後20分しかないんやけどなー。
 
Cimg5265

Cimg5262

 ただ待ってるだけじゃもったいないので店内画像パシャリ。
 そして「いろは三大グルメ」も、おそば屋さんならではのおそばに中華そばにボルガライスや。
 洋食屋さんではボルガライスは作れてもおそばに中華そばは作れんからな。

Cimg5266

 ヤヴァイ、残り10分切った、って所で出てきたひ三つのごちそうセットがこちら。
 おお、とてもコンパクトにまとまってるではないか。
 というかこれじゃ全然足らんわ(笑)。
 いや、そんなことを言ってる場合ではない、とっとと食べる。
 
Cimg5267
 ボルガライスはいかにも、なスタンダードなボルガライス。
 オムライスに豚カツにケチャップ、特に奇をてらってないので普通に美味い。
 Cimg5268
 おろしそばは越前そばらしい平打ちで鰹節に大根だけど、それほど辛みはなくあっさり。

Cimg5270

 時間がないからダッシュでかき込んで、特製ボルガカードと500円の金券をGET。
 おお、いつもの巨匠池上遼一センセの「武生に来たらボルガライス」じゃんか、ひゃっほーい。


 ということで食べ終わって急いで駅に戻って滑り込みセーフ、だったんだが、どこかで500円の金券を落としてしまった模様。
 まぁ、当分来る予定はないのでええっちゃええんだけど、池上遼一センセのボルガカードがもらえたからさぁ。
 とにかく久しぶりにボルガライス食べたってことでまずは満足であった。
 巨匠池上遼一センセの特製ボルガカードが欲しい方は是非武生へれっつらごん。

 

| | コメント (0)

2020年11月20日 (金)

これが新潟名物「バスセンターのカレー」!!! 「名物 万台そば」さんの普通カレー480円

 長くなってるが、ワタシが今回新潟行くに当たって、一番食べてみたかったのは、五大ラーメンでもイタリアンでも半身揚げでもない。
 実は「バスセンターのカレー」。
 新潟のB級グルメで検索したらこれがトップに出るといっても過言ではない。
 調べるまでは新潟県民がカレー好きなんて全く知らんかった。
 カレーが名物と聞いたなら食べたくて食べたくて仕方ない、カレーマンでもあるからな。

 しかしこのカレーを食べるまでが結構難しかった。
 繰り返すがワタシが新潟に着いたのが9月16日(水)、市内に着いたのが8時半。
 朝早くから開いているということであったが、同時にワタシが行く直前に仕事で新潟市内に行った後輩が居たので、「バスセンターのカレー」について訊いた所、今は耐震工事かなんかで休んでて、向かいのホテルの2階で営業してるとのことであった。
 そのカレーの画像を見せてもらったが、真っ黄ぃ黄でもったもたなカレー。
 何とも重そう、これこれ。

 荷物が重いのでチェックインには早いけど、ホテルに荷物を置かせてもらって、ソッコー向かったバスセンター。
 この時は近道が分からず、駅北口のメイン通りを萬代橋に向かって行き、ショッピングモールが見えた所を左折した真ん中あたりがそのバスセンターであった。

Cimg5229

 一応、最初にバスセンターのお店を見学、確かに開いていない。
 さぁ、どこでやってるのかと探したら、道を挟んだホテルの2階で営業してるみたい。
なので急ぎ行ってみたが、玄関にドアマンの方が居て、カレーは昨日で終わりましたと言う。
 どういうこった???
 どうやら元のバスセンターの店で営業を再開するので、ホテルでの営業は前日の15日で終わってしまったらしい、がちょーん。
 そんで2日置いた18日から営業再開とのことであった(上の画像の通り)。
 むー、そりゃ困った。
 18日は佐渡島に渡る予定で、朝の6時にはホテル出てる。
 19日は市内観光に食べ歩きをする予定で胃袋のキャパがない。
 となると家に帰る最終日の20日(日)の朝行くしかないやないか。

 一応泊まったホテルには朝ごはんが付いているので、最終日なら最後なので、朝ホテルのごはんを食べてもカレーくらいなら食べられるであろうという判断で新潟の最後のご飯を飾ることにした。

Cimg5230

 ・名物 万代そば:普通カレー480円

Cimg5226

 ということでホテルから5分ちょっと歩いてバスセンターに到着。
 っても、着いた日に場所は確認してるし、前日の19日の市内観光した際に、店が開いてるか、込み具合はどうかチェックしに行ったからだいたいは分かってる。

Cimg5228
Cimg5237

 しかしながら9時半に着いたが、その行列っぷりは凄かった。
 どんだけここのカレー好きなんや(笑)。
 「万代そば」の右隣はラーメン屋さんで、ここも美味しそうではあったが、それは次回の話。

Cimg5236

 とにかく奥までぎっしりとすし詰め状態でカレー食べてる。
 一部カレーうどん食べてる人が居たが、でけぇ大盛食べてる男性も居れば、女性はミニカレー食べてるし、立ち喰いそばやのにこのカレー率の高さよ、老若男女に食べられてる流石や。

Cimg5231

 あんまり並んでは居れんが、これが思ったより回転が速く、10分も並べば券売機まで辿り着いた。
 瞬間券売機とメニューをパシャリと撮影。

Cimg5239

 当初はうどんの実力も知りたかったので、かけと普通カレーにしようか、または大盛カレーにしようかと考えたが、大盛カレーを食べてる人を見て、さっきホテルの朝ごはんを食べたワタシにはとても無理だと思い、普通カレーにした、しかし「普通カレー」ってネーミングどうよ、ふふふ。

 厨房の人はルーチンに則って決まった型でピシッと最後に真っ赤な福神漬けを多めに入れてスプーンを挿してカレーを出してくれる。

Cimg5235

 この日はまだ午後ティーとのキャンペーンをやっており、小さい缶紅茶がもらえた。
 さて、どこに割り込んで食べようかと探したら、お店の人が、奥の方(バス乗り場の方)が空いてますよ、というので、外れの方まで行ってそこに陣取った。

Cimg5232

 おおー、ついにあの「バスセンターのカレー」が食べられる!!!

Cimg5234

 この小麦粉を焙煎した香ばしい香り、だいたい味は想像出来るけど、食べてみよう、一口ぱくり。
 ほー、ワタシが思ってた味とずいぶん違う。
 もったりもたもたなのは見て分かるけど、カレーが意外とスパイシー。
 けどこれは唐辛子とかコショウが利いてるという感じではないので、ストレートにカレー粉が普通に作る分量より多いんだと推測。
 そして甘い、甘くてスパイシーでもったりしてる。
 ワタシはこの手のカレーにはウスターソースが必須なので、受け渡し口にウスターソースを取りに行って、カレーに回しかけしてまた戻しに行った。
 では完食するか、もぎゅもぎゅ、具材は玉ねぎと人参と豚肉か。
 豚は小間ではなくトンテキくらいの厚さのお肉をカットしたみたいな感じ。
 じゃがいもは入ってないようやった、これ以上もさもさになったら困るからか???
 レストランで食べるカレーとは全く違う、やはり立ち喰いそば屋で食べるカレーなんだけど、これが確かにハマる。
 A級にはなり得ない絶対的なB級、だけど美味い。

 食べ出したらばくばく食べて、軽く完食しちゃった。
 大盛カレーでも良かったかも。
 いやー、確かにここを食べたら新潟はカレーの街だと言って差し支えなかろう。
 ここのカレーを食べるだけでも新潟に行って良い、いや行きたい。
 そして行ったら必ず「せきとり」さんで半身揚げ食べちゃうけど(結局カレーなんだって)。

Dsc_4037

 実に興味深い味だったので、家に戻って2日後に自分で作ってみた(笑)。
 固形ルゥをワタシは家では使わないことが多いので、必然小麦粉を焙煎したもったりカレーが多いんだが(ワタシは「大正カレー」と呼んでいる)、それをもっと強調して作ってみた。
 ここまでのもたもたカレーは初めてやったので、滑らかさでは本家に劣るが、味は80%は再現できてると思う。
 帰ってすぐ作ったからだいたい合ってる。
 福神漬とスプーンの挿し方まで決まってるっしょ???

 ちなみに作り方は目分量、自分の食べたい量の野菜(ワタシは玉ねぎ1個に人参1本に 生姜焼き用の豚肉200gくらい)を鍋で炒めて、この量に見合ったカレーソースを作った。
 油を引いたフライパンに多めの小麦粉を入れて30分以上炒めて、カレー粉を普通の3倍くらい投入。余熱で炒めて馴染ませる。
 そんで野菜の入った鍋に水と固形スープを加え、ここから「バスセンターのカレー」の固さまで仕上げる。
 小麦粉&カレー粉を小鍋に取ってスープで伸ばしどろどろになったら鍋の端の方に戻す。
 そしてまた小鍋で小麦粉&カレー粉を伸ばして、これを何度か繰り返し、似たようなもったりさになったら残った小麦粉&カレー粉は捨てる。
 そこから味付け、余計なことはしないで、塩と砂糖のみで仕上げる。
 これがワタシが作った「バスセンターのカレー」の大雑把なレシピ、真似して下さって大いに結構!!!

 この味さえ覚えてたら新潟行きたい病を我慢出来る。
 「せきとり」さんの半身揚げもお取り寄せ出来ちゃうみたいなので、少しは辛抱できる新潟なのであった。
 でもやっぱり行きたいんだけどね。
 早く夏の新潟競馬開催せんかいなー。


 という訳で繰り返すが明日からちょっと遠出してくる。
 火曜有給取ったから4連休で行く、ここまでの状態になる以前にチケット買ってたので、行かざるを得んのを許してクレイ。

 

| | コメント (0)

2020年11月17日 (火)

新潟でへぎそば「須坂屋そば 駅前店」さんでへぎそば 中(2~3人前)2110円・栃尾油揚げ納豆入り620円・吉乃川越後純米2合

 まだまだ続く新潟話。
 いかんせん面倒臭がりなもので一向に進まん。
 今回は新潟のそばならこれだろという、「へぎそば」。
 ラーメンだけじゃなくそばも名物なのが新潟の奥の深い所。

 この日は新潟到着2日目で、朝から長岡に移動して「レストラン ナカタ」さんで50倍の辛さのポークカレー食べた。
 そんでその次に五大ラーメンの二つ目の生姜ラーメンを食べに長岡の隣の駅の宮内まで行って、「青島食堂」さんで青島ラーメン食べた。
 また長岡に戻って、2時間時間潰して、五大ラーメン三つ目にして打ち止めの燕三条背脂ラーメンを食べに「杭州飯店」さんへ一番客で行ったことは既に述べた。

 さてこの後の話、結構酒は呑んだが、いかんせんこれだけ食べてるのでなかなか酔わない。
 しかしこの日にへぎそばを食べないともう他に日がないので、全然お腹空いてないがほろ酔いの勢いで〆のそばを食べに行った。

 

Cimg5024
Cimg5025

 ・須坂屋そば 駅前店:へぎそば 中(2~3人前)2110円・栃尾油揚げ納豆入り620円・吉乃川越後純米2合

 「杭州飯店」さんのある西燕駅から新潟駅に戻ってきたのは19時半前。
 そこから一直線に行った、夜21時以降の食事は太る元やからな。

 場所は北出口出たら萬代橋に続くメインストリートがあるが、その一本西の通りの飲み 屋街のビル、1・2・3階がこのお店らしい。
 結構賑やかな通りだけど迷うことはないと思う。

Cimg5022

 ガラス張りのオシャレな店内、和そばの店ってイメージはないね。
 がらっと入って、空いてる席に座る。

Cimg5015_20201117201301

 メニューこんなん。
 へぎそばって2・3人前からしかないのか、ひえ~~~。
 手振りそば(1.5人前)980円ってのもへぎそばやったんかな。
 よう分からんし、ここまで来て普通のそば食べる意味が分からん、なので例え多すぎてもワタシならば残すこともないので、へぎそば注文。

Cimg5016_20201117201301

 酒の肴として、これも食べたかった長岡市の東の栃尾の油揚げ。
 これは「栃尾の油揚げ」という名称が既に有名で、あまりにでかいので厚揚げに間違われそうだが、あくまで油揚げなんだそうだ。
 これは油揚げのなので中が空洞になっているそうで、そこに納豆を入れて食べるのも美味しいらしい。

Cimg5020

 なのでそれを注文、付き出しも酒も一緒に来たが、へぎそばが来るまで待っておく。
 うう、早く食べ呑みしたい、じゅるり。

Cimg5018_20201117201301

 でも15分も待たずに出てきたフルセットがこちら。
 おおー、へぎそば美しい。
 へぎそばというのは布海苔という海藻を麺に練り込んでるんだそうだ、だからそばがちょっと黄緑がかってる
 小麦を栽培していない土地にはつなぎとして使われたんだと。
 ちなみにへぎそばの「へぎ」とは器である木で組んですのこを敷いた台を「へぎ」と呼ぶそうで、ここに載っけるそばがへぎそば。
 なので別に海藻を練り込んでなくてもへぎそばなのだ。
 以前山形で食べたこういうタイプのそばも「へぎそば」って言ってからねー。

Cimg5021

 うんちくはヨロシイ、まずは栃尾油揚げから食べる、もぎゅもぎゅ。 そりゃ油揚げに納豆やねんからハズレな訳ないやん。
 温かくなると納豆の香りが出て好きやね、お酒がススム君。

Cimg5019_20201117201301

 それでは巨大なへぎそばに向かっていく、ぞぞぞ~~~。
 おおっとう、このそばって喉越しメチャクチャええやん、つるっつる入っていく。
 おつゆは当たりが強い感じやけど、このそばの量やからコレデイイノダ。
 快調に飛ばして半分くらいは楽勝で流れるように食べたが、やはり後半ペースが鈍った、けどホント軽く食べられちゃうので、ここまで来てまだぺろりと美味しくいただけた。

 うーむ、新潟はラーメンに半身揚げに魚も美味けりゃ酒も美味いし、そばまで美味い。
 いやホント、行っても良いよと言われたらすぐに行きたいくらいな新潟ですよ。


 さー、世間の目の厳しい中、今週末から1日休みをくっ付けて4連休にしたのでまた出かけてくる。
 これだいぶ前から予約してたので堪忍してちょーだい。

 

| | コメント (0)

2020年11月 8日 (日)

新潟は長岡の繁盛店「レストラン ナカタ」さんのランチタイム・ポークカレー640円・辛さ50倍210円増・木曜日アイスコーヒーサービス

 またまた第三波なのか、新型コロナの猛威が吹き荒れているが、もう先月から仕事で出まくってるので、どこで感染してても全くおかしくない。
 そもそも今年の正月は上海に居たくらいやから、ワタシ的にはもうどないなってるんか分からん。

 今月末の勤労感謝の日に有給取ってまた国内旅行に行こうかと思ってるんだが、これ以上悪化するといろいろ考えねばならんかもしれん。

 さておき、9月のシルバーウィークに本来ならヨーロッパに行くはずだったワタシの夏期休暇であったが、何度も述べてるが新潟に行って来た。
 まだまだ美味しいものを食べてるので、しつこく続く。

 初日は市内で五大ラーメン醤油に「みかづき」さんのイタリアン、夜は「せきとり」さんで絶品半身揚げを食べた。
 2日目は五大ラーメンの残りを食べるべくまずは長岡に行った。
 これがまった全然すんなり行かなくて(下調べしてなかったので)、長岡着いたのが11時半。
 次の列車まで1時間以上ある、こりゃここで何らかのお昼を食べないと時間が持たん。
 さくっと調べてみたら、老舗の洋食店があるみたい、駅から10分くらいなので、行って食べて戻ったら丁度良かろうということで、急ぎ行ってみた。

Cimg4959

 駅の西側のバスロータリーを越えて少し行くと4車線のメインの道路に出る、何というノスタルジックな昭和のアーケードよ。
 高い建物が全くないので空が広い。
 そんなまったりしてる時間はない、その道路を突っ切って、次の南北の道路が規模は小さいがまたアーケードになってるので、そこに「レストラン ナカタ」さんという看板が見える、これか。
 着いたのは11時40分くらいなので、このアーケードには人が全く居ない、新幹線が停まる長岡でさえこうなのか。

 

Cimg4962
Cimg4960

Cimg4980

 ・レストラン ナカタ:ランチタイム・ポークカレー640円・辛さ50倍210円増・木曜日アイスコーヒーサービス

Cimg4961

 店の前にA型看板があるのを見たが、ランチメニューが充実してるみたい。
 袖看板にはカレーの辛さを全面に打ち出している。
 ほほう、これは激辛チャレンジしろってことやな、良いでしょう!!! 乗った!!!

Cimg4979

 店は2階で階段の途中に「50倍クリアー者」の写真がぺたぺた貼られている。
 袖看板には20倍と書いていたが、50倍もあるのか、結構達成者が居るので食べられる辛さなんかな、それとも新潟の人達は辛さに強いとか???
 まぁ、カレーではいくつも死線を越えてきたから大丈夫やろ。

Cimg4963

 折り返して上がった所が玄関。
 入ったら漫画がたくさん置かれている、サラリーマン御用達ってことか。

Cimg4964

 お店に入った所から店内をパシャリ、これが結構広いんだよね。
 真ん中くらいのテーブルに座ったが、奥には座敷もあって、かなりの大箱。
 たまたま入った店やが、かなり地元では有名な店なんかな、相変わらずワタシの引きは強いこって。

Cimg4967

 立派なメニュー拝見、ランチメニューどこや、ランチメニューは綴じられてなくて単独であった。
 洋風カツ丼というのも面白そうやが、とてもとても親切な店員さんに尋ねると、ここは「キッチン」という名前だけど、洋食屋さんじゃなくてカレーの店なんだって。
 ならやっぱりカレーじゃん。
 カレーはポークとチキン、これは後で分かったんだが、チキンは20倍まで、ポークが50倍までやったみたい。
 たまたまポークの気分だったのでポークの頼んで、辛さはと訊かれたので50倍で注文。
 別に止められるような感じじゃなかったので、食べられるのであろう。
 しかし50倍で210円増って凄いな、でも50倍やからそれくらいじゃないと値打ちがないか。

Cimg4969

 割り箸やナプキンを立ててる箱にも辛さが書かれている。
 1倍:普通の辛さ 
 3倍:ちょっと辛い
 5倍:辛い
 10倍:極辛い
 20倍:極・極辛い
 50倍:極・極・極辛い
 しかしこの女の子のキャラクターはいったい何なんだ???

Cimg4978

 それはちゃんと壁に貼られてます。
 どうやらポッポちゃんと言うらしい。
 エプロン姿のお団子頭でなかなか可愛らしい。
 飲食代500円で1スタンプ、35個でポッポちゃん人形(中)が、50個でポッポちゃん人形(大)がもらえるそうだ。
 この画像の真下にポッポちゃん人形があったと思うが、いかにも手作りな感じであったように記憶してる。
 ワタシが長岡に居たら間違いなくポッポちゃん人形(大)の為に通うな。

Cimg4975

 では待っている間に他のメニューも見るか。
 カレーの店と言う割には開けたらいきなり「長岡ご当地グルメ洋風カツ丼」やないか。
 ライスの上にトンカツを載っけてその上にデミソースかケチャップベースのソースをかけるみたい。
 まるで福井県は武生のボルガライスやん、まぁ、あそこはオムライスの上にトンカツにソースやから厳密には少し違うが、しかし日本は広いようで狭いもんだ。

Cimg4977

 カレーのページが次、ポークとチキンとキーマを選ぶみたい、ちなみにキーマはランチメニューにはなかったな。
 やはり50倍があるのはポークのみ。
 この時の本来の目的は長岡の隣の駅の宮内の「青島食堂」さんでしょうがラーメンを食べること、なのでここでお腹一杯になる訳にはいかんので大盛とかは結構。
 しかし、オーダー訊かれた時に木曜日はアイスコーヒーがサービスということであったので、それはお願いしておいた、サービスええ店やなー。

Cimg4971

 そうこうしてたら出てきたポークカレー50倍。
 ここで付いてくるスープがコンソメとかコーンじゃなくて味噌汁っていうのが何かホッとするというか、納まりええな。

Cimg4972

 では画像みたいにいきなりポークは食べんが、そろりとライスとカレーをすくってパクッと。
 おおー、普通50倍くらいに辛いんやと、時間差で唐辛子の辛さが後からドバーって汗掻くように来るんやけど、ここのカレーソースは口に入れた瞬間から辛い。
 ソース自体はトマトの酸味が利いてフルーティー、だと思う、辛くて詳細は判別し難いが。 
 豚肉は脂がしっかりあってとろとろに柔らかい。
 家のカレーみたいなもったりしたのとは全然違う、確かにカレー店のカレーやと思う。
 辛いには辛いが、フルーティーで辛いから、何とか食べられちゃう。
 味噌汁が口休めに丁度良かったりもするし、胃がやさぐれることなくお米一粒残さず完食、うむ、満足であった。 

 完食したらお店の人がデジカメで撮影してくれた、2週間位したら貼ってくれるとのことだったので、今では階段のどこかにワタシの写真を貼ってくれてることであろう。
 
 しかしここメチャメチャ人気店みたいで、ワタシが昼前に入店したが、後からどんどんお客さんが来てすぐ満員。
 お会計して店出る頃には玄関に待ちの客が何人も。
 そんで階段下りて店出たら、サラリーマンの集団がみんなで階段上がろうとしてた。
 ランチがお得ってのもあるんやろうけど、素直に美味しいからやし接客もええから、あとポッポちゃん人形が欲しいからなんやろうな(それは違うやろ)。


 もうすっかり鉛色の空に寒くなっちゃってるのかな、新潟。
 帰ってきてから1ヶ月半は経つがまた行きたい。
 今の美味しい魚とお酒が呑みたい、そしていつでも半身揚げ(笑)。
 これ今、取り寄せようかと画策中。
 それだけ魅了された新潟、落ち着いたら是非とも行って欲しいと勝手に押し売り。

| | コメント (0)

2020年10月27日 (火)

新潟ならこれは絶対「せきとり 本店」さんの半身から揚げカレー味時価(この時は930円)

 新潟話まだまだ続く、ってか前回の「みかづき」さんのイタリアンってまだ初日の話やからね。
 だから年内続く、それくらい新潟メチャ良かったのでまた行きたい。
 つーことで、五大ラーメンの一つ醤油ラーメンを食べて、イタリアンを食べた。
 これで13時くらい。
 そこから街をふらふら歩きまわって、アイスコーヒー飲んで休憩して、また歩いてと、なかなかに興味深い初新潟市内。

 夕方になってきたので、ぼちぼち呑みに行くかと、初日の夜は絶対ここに行くと決めてた。
 丁度ワタシが行く前に「ケン〇ンショー」でここの名物を取り上げてたので、これはワタシの為の情報ではないか、是非とも行かねばと。

 

Cimg4926
Cimg4929
Cimg4930

 ・せきとり 本店:半身から揚げカレー味時価(この時は930円)

 そう所謂半身揚げ、鶏を一羽真っ二つに割ってカレー粉まぶして揚げたもの。
 これメチャ美味いよー。

 行くに当たって大きな地図でざっくりとしか見てなかったが、まさかこんなに遠いとは。
 歩いて行く距離じゃない、けど初めて行った人はどこ行きのバス乗ったらええかが分からん、この時は既に萬代橋越えてたので歩いたけど。
 帰りは新潟駅行きのバス乗って帰ったが、ここは本当に遠くて辺鄙な場所にある。

 駅からだと萬代橋を渡ってメイン通りを西に歩いて西堀という交差点を北上、この道は結構飲み屋街でちょっと妖しい色街みたいな風情もあり、なかなか楽しい。
 そんでずーっと歩いてこちょこちょ曲がった住宅街にある、地味な店やなー。

 何でこんな外れにあるんやろ、元々家でやってたのが有名になったとか???
 見に行ってはないけどすぐ先は日本海。
 とにかくまだ天気が良くて良かった。

 17時くらいにがらっと入る、人気店みたいなので混んでたら困るな、と思ったが、いくらなんでも17時から呑んでる人はそうそう居らん。
 まぁ、先客は何組か居たが、余裕で座敷に座れた。

Cimg4932
Cimg4935

 メニューこんなん。
 半身揚げは時価とある、ちょっと怖いのでおかあさんに値段聞くと、この日は930円であった。
 何でもグラム数で値段が決まってるそうなので、この時の半身の大きさだと930円だったみたい。
 その他軽く一品とハイボールを注文。 

Cimg4937

 半身揚げは揚げるのに時間が掛かるらしいので、軽く焼き鳥白(皮)1本150円×2本とキューリみそ260円でハイボール。
 うむ、普通に美味い。

Cimg4940
Cimg4941

 さー、いよいよやって来ましたよ、半身揚げ、こんがり揚げられて良い色だよ。

Cimg4934

 メニューに「半身揚げのトリセツ」というのがあったが、分解して部位ごとに食べると最後は骨だけきれいに残る、みたいなことが書かれてるが、そんなん面倒臭い。

Cimg4942

 とりあえずバキッと二つに割ってみる。
 すると溢れる肉汁にまんべんなく塗りたくられたカレー粉。
 TVで観た話では鶏の半身に塩とカレー粉をもみもみして片栗粉をまぶして揚げる、という新潟では当たり前のカレー味の鶏のから揚げなんだそうだが初体験。
 半身なので、鶏の頭と内臓以外のほとんどの部位が食べられるという物であった。

 では胸辺りにがぶりとかぶりつく、おおおおお、これはメチャうめーーーーー!!!
 日本唐揚協会主催全国からあげグランプリ半身揚げ部門10年連続金賞受賞はダテじゃねー。
 ちなみに2020年は2014年から4年ぶりに最高金賞受賞したそうだ、今㏋見てびっくり。
 日本唐揚協会ってのがあることも、全国からあげグランプリがあるってことも、半身揚げ部門があるってことにも驚いた。

 とにかく何が美味いって噛んだ瞬間肉汁がジョワーっと出てくる、これは圧巻。
 カレー味なんだけど、カレーがメインじゃないんだよ。
 とてもとてもジューシーな鶏肉を美味しく食べさせる為に、隠し味的な意味でカレー粉を使ってる(隠れてないけど)。
 カレー粉がカレーじゃなくて鶏に合うスパイスミックスがたまたまカレー粉やった、みたいな感じ(分かりにくいわ)。
 骨の回りもがじがじ噛みしめて、味わうより美味さに負けて瞬間で食べ終わっちゃった、みたいな感じ。
 もう半身食べれたなー。 

 ハイボール3杯呑んで、結構良い感じになって来たのでここらで撤退。
 せっかく新潟まで来てるからブー太郎になっても構わん、次の店行く。

 


Cimg4944

 ここからは余談、二軒目は吉田類さんも行ってた、「せきとり」さんへ行く道中にあった「喜ぐち」さん。
 吉田さんも食べてたフナベタ刺が既になかったので、おかあさんのお勧めで数品頼んだ。

Cimg4947
Cimg4951
Cimg4952

 地元名物ののっぺに刺し盛りに鮎の塩焼き、どれも日本酒に合って腰据えそうやったけど、まだまだホテルは遠いので、酒2合で退散した。

Cimg5219
Cimg5220

 いやー、とにかく半身揚げよ。
 あまりにも美味かったので、最終日に流石に本店は遠いので、萬代橋を越えない東万代町店に行ったくらいやから。
 しかしこの時は20時くらいであったが既に鶏が売り切れとのことで、がっくり。

Cimg5224

 けんど調べてみたら駅前の焼鳥屋「鳥こまち」さんで半身揚げが食べれたのでそこで食べた。

Cimg5222
Cimg5223

 ここは食べやすいように割って出てきたが、やはり美味かった。


 カレー粉との相性がこれ程までに良いとは、新潟また行ってまた「せきとり」さんで半身揚げ食べたい、そう思わせる店やった。
 だけど待ち切れんので、「せきとり」さんから冷凍でお取り寄せしようなかと考えてる次第。
 それくらいお勧めなので、新潟良いっスよ、ホント。

| | コメント (0)

2020年10月20日 (火)

新潟あのB級グルメ「みかづきイトーヨーカドー丸大店」さんのトマトツナ(新発売)420円

 またまた新潟話復活。
 とにかくワタシが行ったシルバーウィーク前の新潟は天気も良くて、A級もB級も美味しい物だらけで、ついでに酒も美味くて最高やった。
 なのでまだまだ新潟の美味しい物を掘り下げていきたいと思う。

 さて、着いた初日9月16日(水)だったが、まずは新潟に着いて最初に食べたかったのは「バスセンターのカレー」、ところがこの万代バスセンターが耐震工事かなんかで使用出来なくて、バスセンターのカレーは道路を挟んだ対面のホテルの2階の宴会場みたいな所で食べられるという。
 なのでバスセンターを確認した後、ホテルに向かって行ったが、そのホテルの営業は前日までの営業で、この日からもうやってなくて、次は18日(金)の10時から元の場所でのリニューアルオープンだという。
 いきなり出鼻くじかれたー!!!

 なので、新潟五大ラーメンの最初の「三吉屋」さんまで萬代橋を渡って行った訳。
 ここでは前述の通り、食べなくても良い大盛を食べてしまったのだが、もちろんこんなもんで終わる訳がない。
 次は新潟で有名なあのB級グルメを食べに行くぞ。

 

Cimg4918

 ・みかづきイトーヨーカドー丸大店:トマトツナ(新発売)420円

Cimg4915

 上述の「三吉屋」さんから「趣味と味の名店散歩路」を東に戻る形で歩くとイトーヨーカドー丸大店がある、そこの1F入ってすぐ。

 既に結構歩いてここまで来たが、着いたのは12時半過ぎで客ぱらぱら。
 さぁ、何食べようか、え??? そもそも「みかづき」さんのイタリアンを知らない???
 まぁ、そうかも知れん、ワタシは10年くらい前に大阪の百貨店の催事で来た時に食べに行った。
 要するにソース焼きそばにトマトソースがかかってるものと考えてクレイ。
 なかなか珍味そうでしょ???

Cimg4921

 メニューこんなん、ド定番のイタリアンは350円大盛420円、カレーも人気だそうだが、カレー味になっちゃうとイタリアンではないので、今回はパス。
 秋のおすすめはきのこイタリアン440円らしいがこれもトマトソースじゃないしな。
 となると…トマトツナイタリアンってのがあるじゃないか、新メニューらしいのでこれ行っとこ、大盛じゃなく普通で。
 
 「スガキヤ」さん形式で注文したらブザーを渡されるので、これが鳴ったら取りに行くシステム。
 小さなイートインスペースは席を間引いててテーブルには1人しか座れんようになってる。

Cimg4922
Cimg4923

 5分程で出てきた熱々イタリアン、トレーとの比較じゃ小さく見えるけど、単体だと普通よ普通。
 上からのトレーの画像で見たら麺が太いのがよく分かる。

Cimg4924

 ではやっぱり麺からいただきまっしょい、この太麺はフォークで食べやすいようにか短く切られてるんかな。
 焼きそば部分はソース感は薄いが、キャベツともやしが結構入っており、意外と食べ応えある。
 ってか、焼きそば美味いやん、これは作り置きって感じじゃない、調理してくれたんやな、だから時間掛かったんや、ゆで麺にソースじゃないぞ。
 上のイタリアン部分はこれまたマイルドなトマトソースで、今見たらトマトが結構ごろごろ入ってるな。
 他にはマッシュルームと小さな小さなツナが紛れ込んでる、ここで自分がトマトツナを頼んだことを再確認(ヲイ)。
 下も上も変な主張しないので、最後にまぜまぜしたが違和感全くなく、こういう食べ物なんだ、と思った次第。
 
 B級やけど、ここでは日常的な食べ物でAもBもなくラーメン・そば・うどん・イタリアンってな感じなんやろうな。
 新潟だけで20店舗以上あるみたい、主にショッピングモールのフードコートっぽいけど。


 7月に長浜に行った際に「茶しん」さんという中華屋さんでイタリアン焼きそばというのを食べたが、トマトソースの味は若干違うが、コンセプトはほぼ同じ。
 どっちがどっちか知らんけど実に興味深い。
 新潟に行かれた際に小腹が空いたら是非立ち寄って欲しい、見た目より真剣に美味しいよ。

| | コメント (0)

2020年10月 7日 (水)

新潟五大ラーメンを食べるその③(最終回←えっ!?)「杭州飯店」さんのラーメン800円・餃子(2個)400円・ハイボール400円×2杯

 新潟五大ラーメン三つ目にして最後、残り二大ラーメンのカレーと味噌は流石に一日では回れんかった、車なら行けたかもしれんが、JRでは全く無理やった。

 前回は新潟二日目でまずは五大ラーメン二つ目のしょうがラーメンを食べようと、長岡駅の一つ隣の宮内駅に11時に着いて、開店早々に食べようと思っていたのだが、地方のJRを舐めてた、つか下調べ一切してなかったので、乗り継ぎの待ち時間に驚いた。
 長岡では1時間の待ちだったので、昼時だったこともあって、地元の人気レストランでお昼ご飯を食べた。
 そんで宮内駅の「青島食堂」さんで青島ラーメン(しょうがラーメン)を食べた頃には13時前となっていた。

Cimg4993

 とりあえず長岡駅に戻らねば話にならないので駅のホームに出てみると、こんな駅名看板があった。
 どうやら酒蔵があるようだ(そりゃあるだろ)、当初は酒蔵巡りも良いなと思ってたが、たぶんどこもコロナ禍で入館禁止だろうなと思ったので、調べもしなかった。
 今、調べてみたら駅からどれくらい掛かるのか知らんが、「河合継之助記念館」なるものがあって、特に幕末の歴史好きのワタシには悔やまれることとなった。

 そうして長岡駅に戻り、戻ったは良いが乗りたい列車がまた1時間待ち。
 次に行きたい店は信越本線を東三条で弥彦線へ乗り換えて向かう、今回の五大ラーメンのメインであるとも言える燕三条背脂ラーメン。
 しかし1時間後の14時半のJRに乗ったとしても着くのは15時半くらい。
 お店は昼は14時までで、次は夜の部の17時から、あああ、上手くいかん!!!
 マップで見てみたが、JR西燕駅駅周辺には何もなさそう。
 だったら1本飛ばして長岡駅で2時間過ごして夜の部の一番客で行くかと決めた。
 今回の旅は4泊5日であったが、必要最小限の荷物しか持ってなく、道中ユ○クロで下着と靴下買えば良いやと思ってた。
 丁度、駅の東側に20分くらい歩いた所に店があったので、買いに行って戻って1時間。
 後は駅や周辺をぶらついて1時間潰すことにした。

Cimg4998
Cimg4996

 駅西側が栄えてる(少しね←ヲイ)んだが、一番新しい建物はこの「アオーレ長岡」であろう。
 これは昭和レトロ商店街とは全く違う平成の建物であった。

Cimg4994

 あと、やはり新潟と言えば花火なので、駅西側にはかつて使われてた二尺玉・正三尺玉打揚筒というのが移築されていた。

Cimg4999

 この日は朝にホテルの朝食、昼に長岡のレストラン、続けてしょうがラーメン食べてたので、次の背脂ラーメンと夜は市内に戻って酒もあるのでお腹のキャパがなくて残念ながら諦めたが、本当は新潟市の「みかづき」さんに対する長岡市の「フレンド」さんでB級グルメのイタリアンの食べ比べをしたかったのだが、流石に止めた。

 結局長岡に2時間滞在し、買い物も観光も終わったので、15時半の列車に乗った。
 30分くらいで東三条で弥彦線に乗り換え、これは同じホームに電車が待っててくれたので、待ち時間なく出発。
 ここから景色はずいぶん都会になってくる、新幹線駅の燕三条辺りは新幹線が停まる駅だけのことはあると言った風情。

Cimg5000

 そして燕駅で瞬間降りて駅名看板だけパシャリと撮った、「燕」って駅名がまた良いねぇ。

Cimg5001

 そんでまた同じ電車に飛び乗り次の西燕駅が目的地、ヤレヤレ。

 目的は幹線道の脇にある超人気店(だそうだ)。
 線路沿いに南東に戻る形で15分くらい、何もないが田んぼか畑を見ながらぼらぼら歩いてクレイ。

Cimg5003

 目印はこのコイン精米所の看板、国民的アニメのキャラクターを見かけたら、次の角を左に曲がったとこ。
 屋上に鉄塔の看板が出てるのですぐ分かる

Cimg5011
Cimg5014

 ・杭州飯店:ラーメン800円・餃子(2個)400円・ハイボール400円×2杯

 ここまでずいぶん遠かったけど、燕三条背脂ラーメンと言えばここらしい。
 20分くらい前に着いてたので、平日の夕方なので待ち人ナシの一番客。
 だけど流石に疲れたのと夕方なら酒呑んでも良いので、一旦離れて5分程また南西に歩いて大型ドラッグストアーを発見したので、そこで500mlのハイボールと缶チューハイを買って呑みながら戻る。
 戻って5分程待ったらようやく17時、やっと食べられる、お疲れさん。

Cimg5004_20201007182901

 一番客なので適当に開いてるテーブルに座る、奥には座敷席があり、結構なお客さんが入れそう。
 ワタシが入った後からぽちぽちお客さんが来て、食べ終わる頃にはテーブル席は半分以上埋まってた、まだ早いのに。

Cimg5005

 さてメニュー、酒呑んでしまってたので、追いハイボールと勢いで餃子2個400円ってのを頼んだが、1個200円の餃子ってどんなんやねん、当然4個だとこの画像では光って見えないが800円である。
 それとこれ食べに来たんやから当然中華そば(ラーメン)850円。

 まずはハイボールが来たのだが、そこに小さな羽虫が入っちゃってたのよ。
 そんなことは別に交換してもらえば良いだけの話なので、小声で入ってますよ、と交換をお願いしたのだが、何か間違って伝わったのか、クレーム客みたいに扱われたような感じがしたのはこちらとしてはちと残念。
 そこからまだ何か言って来ようもんならシバキあげるつもりで居たが(あのね)、こちらが笑顔で取り繕ったのでそれ以上のことは何もなかった。

Cimg5007

 さぁ、再出発、新しいハイボールに餃子登場、羽根つきか、それにしても1個で2個分は軽くありそうなので実質4個または5個400円の餃子くらいの感じ。

Cimg5008

 すると程なく中華そば(ラーメン)登場。
 第一印象、丼小ぶりやなー(最近はどこもそうやけど)、そんなことはどうでもええ、確かに背脂だわ。
 チャーシュー二枚に味の濃そうなメンマにネギじゃなくて玉ネギ、それとこの平たいむにょーっとしたのは麺か??? へぇへぇへぇー。

Cimg5009

 中華そば来ちゃったから、ハイボールと餃子は一旦放置して、まずは麺からいただく。
 なんじゃこの刀削麺みたいな麺は、または平打ちのきしめん、またはほうとうみたいやな。
 このむっちりした麺がまずは美味い、背脂醤油だけでここまで来たが、実は麺が美味かったか。
 そしてスープ、京都ラーメンみたいな背脂やけど、京都みたいな鶏が濃厚なスープでは全くなく、ライトな豚に煮干し系かなんかで、ギトギト感もそんなに感じず脂は濃いが味は結構あっさりで、醤油ダレが寸止めのようにピタッと決まっててしつこくない。
 チャーシューは側に醤油味があり噛みめると美味くなり、メンマはかなり濃いかと思ったが、酸味なく食感が良く、これもスープの邪魔をしない。
 この背脂にはネギより玉ネギの方がシャクシャク感と甘みがあってナイスなマッチング。

Cimg5010

 一通り味わったらさぁ、冷えん内に餃子を食べないと。
 しかし大きいな、あんもみっちり詰まってるし。
 その餃子はニラが利いてて皮パリジューシー、ハイボールがススム君。
 2個で良かった、4個やったらギブアップやった(嘘付け)。
 この餃子1個でハイボール1杯呑めちゃったから、2杯ごっそさんでした。

 そしてまた中華そばと取っ組み合う、うーん、燕三条背脂ラーメン、堪能したー。
 最初は100円高いかと思ったメニューだが、値段以上やった、こりゃ、こんな田んぼしかないところやけど、行列出来ちゃうわー。
 って家に戻ってきてからシルバーウィーク中のこの店の画像見たけど、超行列でどこから人が集まるの???ってくらいに50mは大袈裟やけど、それくらい並んでた、木曜日で良かったわ。


 これにて五大ラーメンは終わり、完食出来ずに三大ラーメンとなってしまったが、何となくカレーと味噌は食べなくてもええっか、的な所があったので、これで好とする。
 もちろん、次回行くことがあればチャレンジしたい。
 ワタシには新潟競馬場というとても行きたい場所があるので、そんなに心の距離は遠くないのでな。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧