2020年3月24日 (火)

岡山市北区ラーメン新規開拓「麺や 心楽」さんの濃厚煮干しそば/細麺780円(税込)

 こないだの3連休で岡山に行ってた。
 ワタシは昔は岡山なんて通り過ぎるだけじゃ、なんて隣県なのに冷たいことを言ってたが、一度泊まってからえらくお気に入りになり、今ではしょっちゅう遊びに行ってる。

 こないだは広島に仕事で行った帰りに泊まってきた。
 何するという訳ではないが、美味しい物がやたら多い印象がある。
 去年、岡山駅前のどこで呑もうかとぶらついた時に、吉田類さんが入りそうな、えらく気になるお店があったので、入ってみた「鳥好」さんは鳥も美味しいけど、魚やおばんざいがとにかく絶妙に美味い。
 今回行って初めて気が付いたが、店の壁に「ミシュラン掲載店」みたいなことが貼られてたが、ホンマに載ってんやね、道理で何食べても美味いはずや。

 さておき、今回は路面電車が通ってる道のどん突きのホテルに泊まってたので、翌朝、時間潰しに1月~3月期の中でかなり面白いと思って観てる「推しが武道館いってくれたら死ぬ」という岡山のローカルアイドルをモチーフにしたアニメのロケ地を見ようと思って路面電車の道を表町から内山下という交差点を東に折れた道、県庁通りと言うらしいが、ここで朝から開いてるラーメン屋さん発見。
 これはお腹が空いてなくても入らないといかんだろ。

 

Cimg4491
Cimg4478

 ・麺や 心楽:濃厚煮干しそば/細麺780円(税込)

 こちらのお店は何と6時から開けておられるようで、笠岡ラーメンもびっくり。
 そんなに早くてお客さんが来るのか訊いた所、それなりに需要はあるらしい。
 この時は祭日の金曜の朝9時半で先客も後客もなかったが(そりゃそーだろ)。

Cimg4479

 惹かれたのは店の前の看板にある朝煮干しそば550円だったんだが、店内に入ってメニューを見たらこの朝煮干しそばは6時~8時までとある。
 朝の超お得メニューってことか、がくり。
 そこで煮干しそばにするのも芸がないと思い濃厚煮干しそばにしてみた。
 平打ち麺か細麺を選べるというので、煮干しなら細麺かと冒険せずに普通に注文。

 ご夫婦でやっておられるのか、上の朝からやっててお客さん来るのか、という失礼な質問にも丁寧に答えてくれた奥さんの接客も優しい。

Cimg4483

 そうこうしてる内に5分と経たずに出てきた濃厚煮干しそばがこちら。
 おおっとぅ、煮干しなので透き通ったスープを想像してたが、なるほどこういう濃厚さか。
 一杯のラーメンに何gの煮干し使ってます、みたいな感じか。

Cimg4484

 だけど麺から食べる、麺太郎やからな、ずるずる。
 ほー、この細麺、麺がぶりぶりやんか、凄い活きてる麺、この麺がまず美味い。
 では濃厚煮干しスープをいただこう、じゅるり、これ鶏なんか、これも味濃いけど、煮干しもたくさん使ってるその苦みがインパクトあって良いやん。
 濃厚やけど口の中にざらざら感はない、多少醤油ダレが濃く感じるかな。
 でも重厚で味わい深いスープやないか、岡山のラーメンもここまで来たのか。
 メンマ好きのワタシはチャーシューよりまずメンマ、これ歯応えシャクシャクで酸味なくて、醤油のダレの旨味が丁度ええ塩梅。
 チャーシューは炙ってあって、濃い味付けではないが、ちゃんと肉にやはり醤油ダレの旨味が付いてる、最近肉の味だけで食べさせるチャーシュー多いからな、あれと低温調理のチャーシューは毎度々々でガッカリさせられる。
 麺もスープもメンマもチャーシューも全てにおいてワタシ好み。
 いやー、偶然とはいえええ店発見しちゃった~~~。

 店主曰く、朝煮干しそばと煮干しそばは同じ物ではないとのこと。
 そう言われたら朝煮干しに煮干しの食べ比べもしたいし、中華そばもどう違うのか食べてみたい。
 つけ麺とまぜそばは興味ないけど。
 ちょっと駅から歩くと遠いけど、また行こうっと。

 

Cimg4486

 そしてその「推しが武道館いってくれたら死ぬ」、通称「推し武道」に出てくる地下アイドル「Cham Jam」がいつもLIVEしてるのがここ。
 「心楽」さんから歩いて100m程東に行った所にある「おかやまスマイルホール」という。
 ここ毎回出てくるから初めて行った気がせんかった。
 ちなみに本編は次の土曜の深夜が最終回なので岡山チェックな人は観てみるがヨロシ。

| | コメント (0)

2020年3月 4日 (水)

またまた福山ラーメン開拓「麺屋 遼太郎」さんの朱〇麺(あかまるめん)800円4辛麺大盛100円

 前回に続いて福山ラーメン開拓。
 今回は珍しく笠岡に行かない回やった。
 初日に倉敷から入って福山駅前でラーメン新規、そっから三原経由で夜に広島入り。
 広島ではこれといって開拓はせず、3日目に福山に戻って、ここで行くことにした。

 お客さんから「この店人気なんだけど、一度食べに行ってよ」って言われたので、それは行かねばならんだろうと、構想半年、ようやく行けた(それくらい笠岡ラーメンへの愛は深いってことよ)。

Cimg4401

 ・麺屋 遼太郎:朱〇麺(あかまるめん)800円4辛麺大盛100円

 場所はJR福山駅の南側の通りをずどーんと下りて、5分程車で走った沖野上町4丁目(西)という交差点を北東に3分ってとこか。
 ばら公園の南側とも言えるか。
 幹線道なので車の量は結構多い。
 そして、ここは車で行く店なので駐車場は店の左側の通りにいくつもあるので、絶対お店の駐車場に停めましょう、車の客はどこの駐車場に停めたかお店の人に訊かれるのでな(相当近隣からの苦情が多いと思われる)。

Cimg4405

 何食べて欲しいとかってのは言われてなかったんだが、店の前の看板を見ると辛ねぎ麺と遼太郎麺と朱〇麺にみそ麺の4つがあるみたい。

 この時は早めに着いて、11時半くらいだったんだがカウンターは全て埋まっており、1人待ってたがすぐに空きが出来て、ワタシは3分も待つことはなかった。

Cimg4402

 カウンターに座って改めてメニュー確認。
 普通は店の名前を冠した遼太郎麺を頼むんだろうけど、当店イチオシ!ってなってるし、激辛でもありそうなので、ここはイチオシに乗っておくことにした。
 この朱〇麺は最高30辛まであるそうで、それだと280円増しって言ってたっけか、スイマセン覚えてません。
 無難に無料の範囲の4辛にしといた、辛過ぎたら味分からんし。

 まとめて4人分くらいを作るのか、中華鍋に袋からもやしを開けて他の野菜も入れて上手に中華鍋を振る、流石にプロやね。
 待ってる間にみんな何食べてるのか見てみたら、お店の言う通り、当店イチオシ! は伊達じゃなく、真っ赤なラーメンを食べてる人は多かった。

Cimg4403

 そうして5分くらいで出てきた朱〇麺大盛がこちら。
 紙エプロンをくれるので、着けてから食べないとY-シャツに飛び散っちゃあ目も当てられんぞ。
 うむ、赤いねー、唐辛子の原形が4・5本入ってるのも見た目のインパクトもある。

Cimg4404

 今回は上のもやしをもぎゅもぎゅ食べてから麺を食べる、ずるずる、麺の形は細めの平打ち麺なので尾道ラーメンの麺みたい、ただし茹で加減が若干甘く、既にだらしなくなってる。
 スープはどれくらい辛いねん、ぞぞーっと、豚に醤油ベースで辛さは辛味油で調整してるんかな、4辛は辛いのが苦手な人が必死で完食するくらいのレべルで、ワタシなら汗もかかずに食べられそう。
 具材はもやし一袋分くらい入ってんのかな、あとニラとニンニクが時々出てくる。
 そんで意外だったのがコロチャーで、これが結構入ってるんだよ。
 熱いし辛いんだけど、肝心のスープが薄っぺらい。
 簡単に言うと旨味が化調っぽいんよねー、福山の人ってラーメン好きだと思ってたけど、この店入っちゃうんや、ふーん。

 ということで、頭を傾げて店を出たワタシ。
 午後からここを紹介してくれた人と会う予定だったので、行ってきたと話をすると、どうったったかと訊くわな当然。
 で、正直に旨味が薄っぺらいと言うと、帰ってきた答えが「ですよねー!!!」であった。
 何や、お勧めで紹介してくれたんとちゃうんかい(笑)。
 この人は自分で食べてワタシと似たような感想を抱いたらしく、なのにお客さんは凄く入ってるのが不思議で仕方なかったので、ワタシに行ってくれ、ということらしかった。
 それ早く言ってくれ、最初メチャメチャ気を使って話したがな。


 ワタシはそう感じたけど、非常に人気店であるので、ワタシの舌がへっぽこなのであろう。
 まぁ、辛いのが好きな人は行ってみるがヨロシ。

 

| | コメント (0)

2020年2月28日 (金)

遅まきながら福山ラーメン新規開拓「中華そば そのだ」さんの中華そば600円麺大盛100円

 先週行ってきた広島は福山のラーメン開拓。
 先週は岡山の倉敷から入って、在来線で福山まで来てお昼を摂って、そこから更に三原まで乗り継いで、最後は夜に新幹線に乗って広島まで行った。
 笠岡で降りて笠ラーしても良かったんだが、時間の問題で福山でお昼にした。

 この店は3年くらい前にオープンしたと思うが、夜の〆でラーメン食べるなんて恐ろしいこと今はしないので、昼に福山駅前に行くということがほとんどないから長らく放置していた案件、ようやっとチャンスが巡ってきた。

Cimg4395
Cimg4396

 ・中華そば そのだ:中華そば600円麺大盛100円

 場所はJR福山駅南に出て天満屋の東のアーケード入ってすぐ、迷いようがない。
 看板にはシウマイって書かれてるが、シウマイも美味しいんかいな。

Cimg4398

 入口は右と左にあるが、正しくは右が入口で左は出口である。
コの字の店内で入って右手に券売機が券売機があって、厨房を中心にぐるーっと回り込むことになる。
 奥にはテーブル席もあったが、基本カウンター。

Cimg4397

 メニュー改めて見たら、台湾ラーメンに油そばは今風で、定食はシウマイに唐揚げに魯肉飯がある。
 注目すべきはラムパクチー炒飯であろう、これ食べたい。
 ワタシの中華呑みの絶対的な一品、蒸し鶏もあるし、パクチーよだれやっことはいかなるメニューか、なかなか呑ませそうな店や。
 今度夜行っても良いかも。
 でも中華そばの実力が知りたいので、スタンダードに中華そばを麺大盛で注文。

Cimg4399

 お昼ちょっと時間ずれてたので、待つことなく出てきた中華そばがこやつ、おっとぅ、尾道ラーメンだったか。
 豚清湯に小魚の出汁に背脂ごろっとか、最近尾道ラーメンによく当たるな、流石広島。

Cimg4400

 では麺から食べるぞ、麺太郎やから、ぞぞぞ~~~。
 うん、この細めの平打ち麺はしっかりした食感で、伸びるという感じがしない。
 そこに絡むスープはと、じゅるり、豚に小魚特有の苦みを感じるがそれがベストマッチ、醤油の当たりが少し強めなのも合ってるし、麺との相性も良さげ。
 でろりチャーシューはラーメンと同じ醤油ダレで煮込んだと思えるようなじんわり醤油感が出てくる。
 メンマはシャクシャクしてて食感が心地良い弱酸味で箸休めになる。
 総合的にバランスが取れた一杯だと思った、良く出来てる。

 うむ、何度も言うが美味しい尾道ラーメンは尾道以外にある。
 ここもそんなお店やな。


 シウマイ気になるので、福山泊まりの時はシウマイと蒸し鶏で一杯やるとするか、最近ずーっと「自由軒」さんばっかりやったからな(吉田類さんの「酒場放浪記」に出たことのあるお店)。

 

| | コメント (0)

2020年2月 4日 (火)

三原ラーメン新規開拓「めん屋 8(はち)」さんの無化調 中華そば580円

 1月中旬に年始挨拶で広島に行ってきた。
 2泊3日で初日は福山、2日目は広島市内、3日目は竹原、その帰りの話。

Cimg4357
 三原経由で新幹線で帰るんだが、いかんせん三原に停まるこだまは1時間に1本くらいしかない。
 なので駅前で時間を潰すことが多い。
 だから「おはぎの店 こだま」さんの唐揚げがワタシの中では日本で三本の指に入るとか言っちゃってる訳だ。

Cimg4358

 この時も「こだま」さんで唐揚げ4つ買って、駅に戻ろうかとふと振り返ると、こんなラーメン屋の立て看板を見つけた。
 「こだま」さんの斜め対面にラーメン屋さんがあるので、そこのことかと思いきや、そこは夜のみの営業なのでこの時はやっておらず、画像にあるように「営業中」ではない。
 じゃ、この奥の細い路地にあるのかと探索したら20mくらいのビルの奥で営業してるのを発見した、なるほどこりゃ分かりにくい。

Cimg4360

 「こだま」さんとはこんな位置関係ね、よく行く三原であるが、この路地は入ったことがなかった。
 建物は昔からあるが、お店自体は最近やられたんだとは思うが。

 

Cimg4359

 ・めん屋 8(はち):無化調 中華そば580円

Cimg4361

 このビルの奥の1階に店がある。
 ぺたぺた「めん屋 8(はち)」って貼ってくれてるから入れるけど、これなかったらかなりハードル高いと思う。

Cimg4363

 到着したのは16時、なのに前客が1人居たのには驚いた(驚くな)。
 お店はこんな感じでカウンターのみの10席くらいか。
 この画像じゃ分からんが、店内は沖縄で、BGMも沖縄民謡みたいなのが流れてる。
 夜が沖縄居酒屋にもなるんかいな。

Cimg4362

 そのカウンターの奥の方に座ってメニュー確認。
 ☆お昼のメニュー☆って書いてるから、やっぱ夜は夜メニューがある訳だ。
 ワタシは無化調に惹かれたので、当然無化調中華そばを頼む。
 ピリ辛とかたっぷりネギとか、甘い手羽煮込みとかは次があれば次の話。

Cimg4364

 待つこと5分、出てきた中華そばを見て想定外に驚いた、見た目尾道ラーメンやないか。
 沖縄とは思わんかったけど、まさか尾道とは。
 確かに尾道ラーメンは化調の塊で、有名店なんかはとてもじゃないが食べれたもんじゃないからな(尾道以外の尾道ラーメンはまじめに作ってて美味しいパターンが多い)。
 それを無化調でやるのか、へぇへぇへぇ。

Cimg4365

 この尾道らしい背脂をかきわけてまずは麺から、この平打ちの固麺は間違いなく尾道のそれや、ずずず、しっかりした歯応えの麺でそれなりに活きが良い。
 ではスープ、その前に上のメニューに書かれているうんちく、舌で感じるより先に頭でいただいてたという。
 「出汁は手羽先・豚肩ロース・キャベツ・ニンジン・白ネギ・しょうが・リンゴ・煮干し・荒けずりぶしなどを5時間以上かけてゆっくりと煮だし。タレは1ヵ月以上ねかせたかえしと野菜・しょうが・ニンニクでチャーシューを煮たものに沖縄産海塩と岩塩で味を整えています。提供する直前に背脂をあぶってこがし風味も!」
 というそのスープとは!? うーむ、ハッキリ言って旨味が全くない。
 よう分からんが、いろんな物が入ってて、動物系と魚介系の味がするのは分かるが、上の出汁の味はワタシにはよう分からん、醤油ダレがそもそも量が合ってるのか、無化調は良いんだが、ならば旨味を何かで補わんといかんと思うんだが、その旨味がない。
 なので尾道ラーメンの化調抜きといった感じのぬぼーっとしたスープ。
 これは好き好きだけど、背脂がメチャメチャ濃くて、途中水飲んだら、コップに脂がべったり付くくらい。
 もやしはシャキッと、チャーシューは柔らかく、野性味ある肉の味。
 麺も具材も組み合わせは悪くないんだが(背脂はワタシ的には多すぎやが)、肝心のスープに味がない。
 だから化調はやはり凄くて恐ろしいと思った次第。

 580円と安価で体に良いのならそれは絶賛なんだが、旨味のないスープでは食べ辛い。
 でもグルソーで舌がべっちょりするのよりは安心ってくらいか。 
 いやー、面白い体験やった。


 これからまだまだ変わっていくと思われるので(変わっていって欲しい)、無化調で美味しい尾道ラーメンになればええのにね。
 まだまだ楽しめる三原なのであった、近日また行きたいぞ三原。

 

| | コメント (0)

2019年12月11日 (水)

広島市中央卸売市場内食堂開拓「御食事処 だるま」さんの中華そば650円天ぷら丼400円

 先月広島に行って拾ってきたネタ。
 この時はディーラーさんと同行で、お昼をどこで食べるか、よく行くのは広島市の商工センターにある中央卸売市場の「平和食堂」さんでマグロ丼(大盛)に玉子うどんを食べるんだが、ワタシの新規開拓をしたいという意向を酌んでくれて、今回は同じ市場内の別の食堂に行くことにした。

 場所はだから商工センターの超大型商業施設の「レ○ト」の裏くらい。
 足がないと行きにくいかな、卸売市場内食堂だけどもちろん一般人も入れるので、とにかく敷地が広いから、朝早く行ってぶらつくのも楽しいかも。

 

111_20191211215601
Photo_20191211215702

 ・御食事処 だるま:中華そば650円天ぷら丼400円

 この店は割と市場の入口に近い所にあるので、「平和食堂」さんとは結構距離がある。
 店の前の小さな看板に「中華そば」とあるので、中華そばが食べられるという情報しかなく入ってみた。
 お昼少し前だったので前客1人、昼過ぎたら続々とお客さんが入ってきて、常連さんで一杯になった。

Photo_20191211215701

 メニューこんなん。
 中華そばは赤く掲げられているので目立つ。
 右からうどん・そば300円、玉子が入ると50円増し、天ぷらだと450円、鍋焼きで600円となっている。
 一品料理100円~250円とあって味噌汁は100円、ごはんはいくらなんやろ???
 天ぷら丼400円にカツ丼650円とあるが、天丼ではなくて天ぷら丼とは???
 あと、中華そばにはセットがあって、Aセットはごはん(小)とおかず150円が付いて900円、Bセットは中華そば・むすびで800円。
 中華そばは頼むけどごはん物も欲しい、カツ丼は重いので、謎の天ぷら丼を頼んでみることにした。

 玄関入って右側におかずのケースがあったが、そんなにたくさんある訳ではなさそうやった、お客さんが居たのでしっかり見れんかったけど。

650400_20191211215701

 注文して10分足らずで出てきた中華そばと天ぷら丼がどーんと来た。
 中華そばは油がキラキラしてるが、これはストロボの反射で実際はこんなに油ギッシュではない。
 天ぷら丼は天丼ではないみたいな、卵とじやし。

Up_20191211215703

 それぞれUPで見てみよう、もやしが載ってるのは広島中華らしい、チャーシュー2枚にメンマにネギとシンプル。

Up_20191211215702
 天ぷら丼はと、やっぱり何の天ぷらの丼かはよう分からん、けど400円というプライスには何らかのからくりがあるのではないか。

Up_20191211215701

 では食べてみよう、ラーメンの麺からちゅるちゅる、細麺やねー、醤油と合うやん。
 スープはと、ふむふむ、結構ライトな豚骨醤油といった感じか。
 煮出して白濁させてる訳じゃなくて、豚の旨味だけ出してるような、生臭さはない。
 至ってシンプルで毎日食べてもOKみたいな懐かしさがある。

 さて、天ぷら丼の謎を解いてみよう、もぎゅもぎゅ。
 お出汁吸ってをふわっとした天ぷら、だけど具材感があまりないような…。
 時折小えびが見え隠れする、うーん、これはおそらく具材のあまり入ってないかき揚げやろう、立ち食いうどんの天ぷらうどんのかき揚げみたいなのの卵とじと見た。
 なるほど、これで400円を実現してる訳か。
 玉子丼より上で親子丼より下って感じの位置付けか。
 この値段でやいのやいの言うのは野暮でしょう。

 うむ、悪くない、中華そばもメチャメチャ美味い訳ではないが、広島の味ではあるんやろうな。
 常連さんが多いのも分かる、近くで働いてたら隔週くらいで行くかも。


 中央卸売市場内食堂はほぼコンプリートしたか、一軒残ってるか、分からん。
 けんど、やっぱ「平和食堂」さんのマグロ丼のマグロの漬け具合が絶品なのと、「平和食堂」さんはワタシが常連になってて、いつもおかず一品サービスしてくれるのでやっぱり一番はここかな、と改めて思った次第。

 

| | コメント (0)

2019年12月 3日 (火)

久しぶりに笠岡ラーメン新規「炭火焼 にし井」さんの笠岡ラーメン大600円(税込)最後笠岡ラーメン事情

 先月11月で締め切りやったが、ワタシの大好きな岡山県笠岡市で「笠岡ぐるっと博スタンプラリー」というのが毎年催されてて、笠岡マニアなワタシは毎年参加している。
 2年前には10kgのお米が当たったこともある。
 1ヵ月遅れの10月から参戦して駅前からいろいろ買ったり食べたり、その中でスタンプラリーとは関係ないが、笠岡ラーメンの新しい店を発見した。
 行きたいがスタンプ集めねばならんので胃袋に余裕がない。
 そうして締め切りの11月末を迎えようとしていた時に、ほぼコンプリート出来そうだったので、ようやっと新規開拓することにした。

 焼鳥屋さんが鶏を使って笠岡ラーメンを提供しているような。
 それはハズレがなさそうだ、人の少ない町なので閉店は多いけど新店は珍しい、こりゃ楽しみだ。

 

Cimg3740
 ・炭火焼 にし井:笠岡ラーメン大600円(税込)
Cimg3735

 場所はJR笠岡駅出て東に歩いて1分。
 駅出たら右手の駅前通りを50m程歩いた所、迷いようもない。

Cimg3741

 着いたのは12時チョイ過ぎたとこ。
 カウンター席と座敷にテーブルが一つ、小じんまりした店内。
 この時はお店の人しか居なかったようで、金髪のお兄さんとそのオヤジさんのような人と、後からその奥さんらしき人が来たので家族経営なのであろうか。

Cimg3737

 カウンターの真ん中に座ってメニュー拝見、お昼は笠岡ラーメンしかやってないみたい。
 夜は炭火焼で昼はラーメンの二毛作なんかな。
 しかし今時笠ラーとはいえ1杯500円(税込)って安いな。
 ワタシはこの後スタンプラリーでもう一軒食べなければいけなかったので、大を注文(並じゃないのか)。

Cimg3738

 金髪のお兄さんが作ってくれた笠岡ラーメン、5分も待たずに出てきたどれどれ。
 おお、ルックスはどこから見ても笠岡ラーメンやないか。
 麺は笠岡ストレートでチャーシューは笠岡煮鶏、ネギは笠岡切りで笠岡チー油も浮いてる(チー油に笠岡は関係ないだろ)。

Cimg3739

 では麺から食べてみよう、ずるずる、うむ、細めの硬麺は丁度良い茹で加減。
 それに絡むスープはと、ぞぞぞ~~~、ワタシはもちょっと醤油が勝った方が好きなんだが、それは好みの問題なので、これが好きだという人も居るであろうから全然問題ない。
 ちゃんと鶏の旨味も出てるし。
 煮鶏はコリコリではないが食感はそれなりにしっかりしてるが、やはりこれもワタシはもちょっと醤油ダレが染みた方が好き。
 メンマは甘めで唐辛子の辛さはなかった、けどこれも好みの問題なので範囲内。
 今時大盛600円のラーメンなんてどこにあるよ、焼鳥ルートの笠ラーやから安いんかな。

 という訳で、全体的にライトな感じの笠岡ラーメンであったが、これは間違いなく笠岡ラーメンであった。
 スープ一滴も残すことなく完食。

 「坂本」さんと並ぶ笠岡ラーメンの雄、「一久」さんが閉店しちゃったみたいなので、こういう正統派の笠岡ラーメンの店が新しく加わってくれたのはありがたい。
 木曜の「坂本」さんの定休日には行っても良いかも。

Dsc_2320

 しかし「一久」よ。
 昨年の6月、「マツコの知らない世界」に取り上げられた時はまだ老大将も元気やったが(歩き辛さに拍車は掛かってたが)、夏越えてから老大将が居なくなって、50くらいの息子さんが継いだみたいで一度食べて、しばらく行ってなかったが、今年の6月にはこんな風に荒れ果ててた。
 「当分の間休みます」と貼られてたが、どうやってもこのテントは休みますじゃなくて辞めますだろ。

 先日久しぶりに「ラーメンのまち笠岡」のHP見たら「廃業」になってた、やっぱりな。
 年に一回くらい食べてた「らーめん 司」さんも廃業だそうで、「お多津」さんは休業中、神島大橋の袂にあった「みやま」さんはいつの間にか「麺屋〇」さんという店に変わってた。
 「みやま」さんのR2の金光のお店がいつの間にかなくなってるなとは思ってたが、本店も閉められたいみたいやったとは。

 
 まぁ、ワタシ的には「坂本」さんと「大松食堂」さんと「しだはら」さんがあればそれが「ラーメンのまち笠岡」やねんけど。
 さー、年内食べ納めに行かないと年越せんぞ。

 

| | コメント (0)

2019年9月17日 (火)

岡山ラーメン新規開拓「中華そば こびき」さんの煮干しラーメン650円(大盛)同価格

 8月末日に岡山駅に出た。
 倉敷に仕事で行くんだが、いつもレンタカーで福山から行ってる。
 結構道路も混むし、往復せにゃならんので、福山で車を返してJRで行けば良いじゃん、と初めてそんなルートで行ってみた。
 あんまり暑いと辛いが、ゆっくり歩いて15分くらいなのでこのコースもありかと思った。

 ということで、新幹線を岡山から乗ることにして、岡山でラーメンを食べよう。
 と言っても駅からそんなに離れることも大儀なので、駅から近い所でないのかとスマホンナビ検索したら、東側にラーメン屋さんがあった、距離的に歩いて5分で行けそうだったのでここに行くことにした、売りは自家製麺である。


Cimg3110 Cimg3109  ・中華そば こびき:煮干しラーメン650円(大盛)同価格

 場所は岡山駅からだと、東口のビッ〇カメラのアーケードを進んで、最初の交差点を北に折れると映画館があるので、それを越してその次のT字路を北に50m程行ったとこ。
 暖簾が出てない店なので、昼時でお客さんが並んでれば分かるが、ワタシみたいに開店してすぐに行ったような人は遠くからではラーメン屋さんと感じるものが何もないので、おそるおそる行くことになるであろう。

Cimg3111  お店は11時半開店で到着したのは40分、8席のカウンターのみの席がまさに埋まった所であった。
 ガラっと開けて右手にある券売機でメニュー物色。
 玄関のガラスには「濃厚味噌煮干し」と貼られているが、これは今から考えると「濃厚味噌」と「煮干し」だろうなぁ。
 メニュー的には和風醤油味のつけ麺もあるみたいだが、お昼だからかやってないようであった。
 同じ理由からか、メンマ丼はなし、その代わりチャーシュー丼はやってた。
 トッピングはのり・メンマ・味玉・チャーシューの定番。

 券売機の前に少しの待つスペースがあり、エアコンも利いてるので、2人までは店内で待てるみたい。
 上でも述べたが8席で満員のカウンターのみのお店、だけどこれがなっかなかに時間が掛かる。
 宮尾すすむ似の大将はとにかく仕事が良く言えば丁寧、悪く言えば遅い。
 ラーメンは一度に4杯しか作れないので、4人分を2回作って、最初に食べ終わったお客さんの次がワタシになる訳だが、最初の4人分のラーメンが出来るまでに10分、次の4杯が出来るまでに10分、最初のお客さんが食べて出るのに数分、結局席に座ったのが12時丁度、ラーメンが出てきたのは12時05分ってところか、店内に25分も立ってた。
 その間に店外にはどんどんと人が並んできている、どうすんのこれ。

 4つの丼を並べて麺の茹で汁を入れて温めて、麺を茹でるのに太麺なので4分、その間に湯を戻して醤油ダレを入れて小鍋で温めたスープを注いで、茹でられた麺を入れて、具材を丁寧に盛り付ける…んだけどハッキリ言って遅い。
 まぁ、麺の茹で時間が長い以上、これ以上早くすることは出来んのかもしれんが、それにしても皆さん気長な人達ばかりで。
 ワタシは初めてなので、しかも店に入ってしまったので待ったが、そうじゃなかったら我慢せんな。

 そうして一番奥の席に座ったんだが、その奥が製麺部屋になっている。
 自家製麺やねー。
 待っててラーメン出来てお客さんが麺すすってるのを遠くから見て分かる程に麺が太い。
 味噌ラーメンがメインなら太麺だけど、煮干し醤油では細麺の方が良くないんかなとか考えてみたり。

Cimg3112  そんなこんなで慎重に万全を期して出てきた煮干しラーメン大盛無料がこれ。
 おおー、淡麗醤油やな、白髪ねぎに柑橘系の皮が美しい。
 海苔にメンマに低温調理のチャーシューに鶏ハムに三つ葉か、これ650円ってそもそもあり得ないんですけど!!!
 しかも大盛サービスって凄すぎる。

Cimg3113  では麺から行くか、ぞぞぞ~~~、極太まではいかん中太麺は柔らかめに茹でられてるが、決して伸びてる訳でもないし、最後までダレることはなかったナイスな麺。
 もちもち麺やね、これは麺だけでも食べる値打ちある。
 スープいただきます、じゅるり、ふむふむ、煮干しの香りがふわーっと来るな、そんで鶏の旨味か。
 白髪ねぎや三つ葉も良いけどやはり柑橘系の皮はアクセントになって飽きん。
 チャーシュー食べよ、結構分厚いが、味はそれ程付いてなくて、ラーメンスープ同様淡麗、最近のトレンドやね。
 鶏ハムはぷりぷり、弾力あるなー、しかし650円でこれは凄い。
 メンマ食べよう、大好きなメンマ。
 おおっとぉ、このメンマ食べたら口の中に煮干しの出汁がじゅわっと広がる。
 漬けダレが醤油ではなくこれまた淡麗煮干し出汁醤油なんやろう、トッピングするなら絶対メンマがお勧め。
 大盛のボリュームは結構あって食べ応えあるし、チャーシューやメンマも仕事してる。
 これで大盛サービスの650円なんて、岡山駅徒歩5分圏内では信じられんパフォーマンスだと言える。

 と、絶賛したが、ワタシとしては淡麗煮干しスープにこだわるのはええけど、スープ全体の印象がぼやんとしがちで、一本芯が欲しいと思った。
 あと、やはり1人でやっておられることによる待ち時間の長さであろう。
 これたぶん、店主がどれだけ慣れても粗い仕事をするような方じゃなさそうなので、やはり並ぶ時間は同じ。
 それをどこまでお客さんが我慢出来るかやろうなー。


 良いことも悪いこともあるが、絶対的に良いのは自家製麺だから安い、ということ。
 自家製麺やから高いんじゃ、ではなく、自家製麺だから安く出来るんですよ、という印象を受けた。
 岡山は概してそういう自家製麺だから安く提供出来るという店が多いような気がする。
 実はラーメンも美味い岡山なのである、また好きになっちゃったよ、岡山。

 

| | コメント (0)

2019年8月21日 (水)

福山競馬場跡地の今と久しぶりの激辛チャレンジ「中華料理 哈尓濱(ハルピン)食堂」さんの哈尓濱麺定食810円激辛レベル3番+50円

 8月アタマに倉敷から福山、そして広島市内に行ってまた福山に戻るというハードな2泊3日の出張を敢行してきた。
 初日の最後に行った福山のお客さんと世間話していた時に、激辛の話になって、元福山競馬場の跡地の前に激辛な麺があるというので、これは行かないとと、翌々日の昼に行った。

 分かりにくいので解説すると、初日は福山まで新幹線で行って、レンタカー借りて折り返し倉敷まで、一件終わらせて昼ごはんにラーメン食べて(前回の話)福山に夕方まで。
 その日の晩は広島まで新幹線で移動して立町の「ZONA」さんでピザ買って持ち帰って部屋呑み。
 翌日は広島市内を営業、夕方に福山に新幹線で戻り、魚の美味い店で鯨飲。
 んで最終日は朝から夕方まで福山を営業と、そういうハードなスケジュール、ここの昼ご飯の話。

Cimg2977  朝の一発目が存外に早く終わったので、元福山競馬場がどうなってるのか、お店の下見を兼ねて行ってみた。
 これ最新のカーナビなので赤字で書かれた「福山競馬場」って所には何も書かれてない
 けど、ワタシの古いカーナビだと未だにコースが映し出されることであろう。
 丁度この矢印の先端部分が辛い麺を食べさせてくれるお店ね。

Cimg2976 Cimg2978  競馬場を閉めた直後は大型ショッピングモールが来るとか言われてたが、結局は体育館に落ち着いた、かなりのスケールダウン。
 今後オリンピックなんかで各国が合宿を張るのに使用するとか言われてるが、その後どうすんのよと言いたくなる。
 元競馬場の1コーナーの奥の方から撮った画像が右側。
 こうしてみたらレースやってた時は狭い競馬場やなと思ってたが、どうしてどうしてかなりの敷地。

Cimg2979 Cimg2980  2コーナーの奥の川沿いにはJAが運営する「ふくふく市」なる物が新しく出来てた。
 競馬場閉めてからこの道通ることなくなったから、5年は走ってない。
 でもこの市は最近出来たみたい。
 中も結構広く、道の駅笠岡より少し広いか、笠岡が魚介類が多いのと反対にこっちは野菜が多いように見受けられた。
 やっぱり笠岡は道の駅やからエンターテイメント性がある、ここはビュッフェのレストランもないしそんなに楽しいもんではない、買い物するだけのような感じ。


 さて、11時半過ぎたのでお店に戻ってみる。
 実はこの日は朝から笠岡の「中華そば 坂本」さんで朝笠ラーしてたから、まだそんなにお腹空いてないんだよなー。
 それと何てったって暑いし、酒呑みすぎてて胃も疲れてるし、激辛どんと来い、って言える体調ではないんだが、まずは言い訳。


Cimg2991 Cimg2990  ・中華料理 哈尓濱(ハルピン)食堂:哈尓濱麺定食810円激辛レベル3番+50円

 この店かつては別の中華のお店だったらしく、去年今の店になったらしい。
 場所的にはよく覚えてないんだが、競馬場の前に陸橋があったんだが、その袂くらいかな。
 そんでこの「ハルピン」さんも別の店で営業されてて、ここに移ってきたのだとか。
 これから体育館が完成したら少しは人の流れも変わるのかな、先物買いやね。

Cimg2989  そんで店の横に印刷された垂れ幕が、なるほどこれが推奨された辛い麺の哈尓濱麺(ハルピンメン)か。
 「復活」というのは店が移転してこの地で復活という意味やろうな。
 「ピリッと辛さの中に甘みと旨みがクセになる!」とのコピーがある。
 何かこの麺って唐辛子のぶつ切りがこれでもかって入ってるんですけど。

Cimg2982  まだ先客は1人くらいだったので(後に団体客来店)、入って真ん中のカウンターに座りメニュー確認。
 前菜に一品料理に定食か。
 普通なら青椒肉絲定食780円やな、または回鍋肉定食820円か。
 定食の白ごはんは奥にジャーがあってお代わり自由みたい、こっちの方が良さそうやけど。

Cimg2983  麺物とご飯類、ここに哈尓濱麺があり麺単品で650円定食で810円とある。
 チャーハンに唐揚げが付いてるので、そりゃ定食でしょ。
 ご飯類なら中華丼かな、ナス豚肉あんかけ丼も美味そう、けどここは哈尓濱麺と決まってるのでしゃーない。

 日本語カタコトのおねいさんに哈尓濱麺定食を注文。
 新聞でも読むかと物色しに行ってはたと気付いた、激辛じゃねーじゃんかよ。
 ここはプラス50円で激辛レベルを3番にまで上げとかないと何言われるか分からん(誰も何も言いません)。
 なので、おねいさんに激辛3と言い直したら、メチャメチャ辛いよー、と脅されてしまった、やっぱ辛いのか。
 コンディションは万全ではないが、やれる所までやったろーやないか。
 ちなみに隣の東北料理は本当のハルピンで食べられてるメニューってことか、牛肉とクミンのピリ辛炒めなんて確かに中華じゃないエキゾチックな料理や。
 しかし何かどれも辛そうな料理ばっかりに見えるが気のせいか。

Cimg2984 Cimg2985  さぁさ、10分も待たずに出てきた哈尓濱麺麺定食激辛3が登場、うえー、辛そうな油でギトギトで唐辛子のぶつ切りがこれでもかと載っけられてるんですけど、ふむー凄い迫力や。
 上から見ると左から杏仁豆腐に少しのザーサイ、キャベツのサラダに真ん中に唐揚げ2個、そんで左下にチャーハンと右下に…。

Cimg2986 Cimg2987  ではキャベツをわしわし食べてから哈尓濱麺の麺から食べよう、どれどれ。
 麺的には平打ちの細麺で形としては尾道ラーメンに近いか、固めに茹でられてて好きな麺、だけど既にスープに浸食されてて邪悪な色に染まりつつあるな。
 好きな麺なんだけど、スープ一緒に吸い込んだら咳込む、ゲヘゲヘ。

Cimg2988  ではスープのみ行ってみよっか、ひー、どこすくっても唐辛子がかなりの量で入ってきますやん。
 でも最初なのでこのまま唐辛子とスープを食べ飲みしてみた、もぎゅじゅるり。
 えーっと、唐辛子自体はそれ程辛くないんだが、この量では流石に辛い。
 それとこのラー油と一言では片づけられない唐辛子油が量ハンパなく、これがメチャメチャ辛い。
 夏負けしそうになってる胃に来るわ。
 一応トッピングとしてはもやしとその上に大粒のミンチがあったが、そんなもんこの辛さのインパクトでどっか行ってもうたわ。
 ピリッと辛さの中に甘みと旨みがクセになると書いてあったが、ピリッとどころかガツンとした辛さなので甘みも旨みも分からん。
 ただ、黒酢が利いてるのか酸味があったので、激辛3でなければこの酸味が甘みと旨みに感じるのかもしれん。
 箸休めで食べたチャーハンはご飯粒は不揃いで固めに炊かれてて、実にチャーハンによく合うご飯となっている。
 これ単体で食べたらかなり美味しいチャーハンじゃないの???
 唐揚げはとにかく唐辛子の量がものごっつ多いので、唐揚げにまぶして激辛唐揚げにして食べたが熱々でそれはそれは辛さが増した。

 もう疲れ果てて食べ終わった後の画像は撮ってないが、哈尓濱麺に関しては麺完食、具材は唐辛子3割くらい食べられず、スープも3割くらい残してしまった。
 その他は完食ね。

 あいやー、これは昨今あるハバネロなんかの瞬間の激辛ではなく、後からどんどん辛くなる(ハバネロも後からまだ辛いんだけどね)、本来の唐辛子的な辛さであった。
 つか、この一杯に唐辛子何本入ってるのかと訊きたい。軽く20本以上は使ってるやろ、うぬー、久しぶりの図抜けた辛さやった。


 競馬場がなくなって通ることもなかったが、ちゃんとチェックしておかんといかんな。
 とにかくかなり本場の味だと思ったので、今度は激辛ではない、ちゃんとした真の実力を知りたいと思った。
 なので次回は普通に行きます。
 いやー、参った参った。

 

| | コメント (0)

2019年8月18日 (日)

初めての新倉敷駅でラーメン「にぼし家」さんのラーメン650円大盛り120円

 まだ北陸の話はたくさんあるんだが、一旦中国地方に話を変える。
 8月のアタマに岡山から広島に行った。
 岡山つっても行ったのは倉敷一件のみ、しかも午前中のアポだったので、終わってからは福山で夕方まで。

 その午前の倉敷の案件がお昼前に終わったので、昼ご飯をどこで食べたらいいかお客さんに相談した。
 ハッキリ言って超クソ暑いのにラーメンじゃなくても良いんだが、やはり美味いラーメン屋さんを教えて欲しいと言ってしまうのはラーメンマンとしての性。

Cimg2975  そうして教えてもらったのは新幹線新倉敷駅すぐのこの店。
 新倉敷なんて初めて見たよ(食後)、降りることが120%くらいないもんな。
 とにかく結構な人気店だというので、混んでたら止めるが、このクソ暑いのに並んでることはなかろうと行ってみることに。


Cimg2969 Cimg2973  ・にぼし家:ラーメン650円大盛り120円

 ワタシは車で行ったのでR2バイパスを西に走って玉島爪崎という交差点を北に、つまりは新倉敷駅の方に上がって2つ目の信号を西に折れて次の信号にあるが、R2からならもう一つ先の交差点を北上する方が簡単かも。
 新幹線新倉敷駅から歩いて行く人は居ないと思うけど、駅南から歩いて3つ目の信号を西に折れて次の信号なので、歩くと10分は掛かるんじゃないかな。
 信号の角地ではなくて隣の店なので一瞬補足できないかもしれんが、よく見れば分かるので、難しいことはない。
 駐車場は広いし、第二駐車場もあったかと思うので、やっぱ基本車で行く店ってことで。
 ワタシはその後の展開も見込んで隣にあるスーパーのハ〇ーズの駐車場に停めたけどな(あ、ちゃんとドリンク買いましたので!!!)。

 到着したのは12時半前、店の前に数人並んでる。
 うげげ、でも名前書くのを見たらそれ程待たなさそうだったので、カウンターでと書いて店頭で待つ、暑い。
 奥に座敷があるのか、店内は結構広く、家族連れに対応できるような店。
 一人客は玄関正面にカウンターがあり、そこに案内されるようだ。

Cimg2970  結局10分は待ったか、お昼の入れ替わりの後に入って玄関の真ん前のカウンターに座っておしながき確認。
 各種ラーメンと書いてあるが、至ってシンプルで、基本のラーメンとトッピングの差と今風なラーメンがある。。
 煮玉子にわかめにチャーシューに角煮、味噌は古風だが、タンタン麺に油そばもあるやん。
 セットでからあげかギョーザをプラスできる。
 なんだが、初めての店なのでやはりフラッグシップメニューを頼まないと。
 からあげもギョーザもイランのでここは麺大盛りにしとこう。

Cimg2971  注文したらそれほど待たず、5分程度で出てきたラーメンがこれ。
 おおー、ネギ山盛りになってるのは嬉しいな。
 チャーシューはでかいのが2枚、メンマは味がしっかり付いてそう。
 何か正統派で王道な感じのラーメンやないか。

Cimg2972  じゃ、麺から食べよう、麺太郎なのでずるずる、麺は細めで固めのストレート、硬派な麺や、嫌いじゃない。
 ではスープをじゅるりと、熱い熱い、ふむ中国地方の豚骨醤油って感じやな。
 予想は透き通った醤油味で煮干しがぷんぷん主張してるのかと思いきや、思ってたのと全然違う。
 こっちの豚骨醤油に煮干しを利かせてあるのはどっちかと言うと苦みの部分かな。
 途中から煮干し特有の厚く少し重い苦みがあったような、でもこれは苦さが新しい旨味になってるから嫌な部分では全くなくて、より深みが出てるってことね。
 チャーシューはモモとバラか、モモは肉の繊維を感じる良い触感、バラは脂が乗ってとろとろ。
 メンマはこのスープに負けないようにしっかり味が付いてて、これで酒呑める、ハイボール持ってきて!!!

 特にこれが突出してるという訳ではないが、全体的にバランスが良く、中国地方っぽい味も堪能出来た。
 ついでに言うと、意外と麺の大盛りのボリュームもあってお腹にも満足やった。


 いやー、暑い、35度超でラーメンなんて食うもんじゃないな。
 次回はR2沿いの近くに讃岐うどんの店を発見したので、そこに行ってみたい。
 覚えてればな。
 とにかくまだ倉敷行くで~~~。

 

| | コメント (0)

2019年8月 3日 (土)

福山地方卸売市場内食堂新規開拓「吉祥」さんのぶっかけうどん(冷)500円

 先週は水曜に朝から東京へ行って、夕方には北陸新幹線で富山まで行って、金沢から福井を経由して2泊3日で戻ってきた。
 更にクソ暑い今週は水曜から広島へ行って来て、昨日の夜戻った。
 なので全く自分のことをやる時間がなく、さんざ強烈な日射しを浴びてバテて帰ってきた。

Cimg2998  なのでネタは溜まりまくっているんだが、手っ取り早く、これら一連の遠征で最後に食べた昨日のお昼をアゲる。
 いつも海鮮丼を食べてる、福山地方卸売市場内食堂。
 ご覧のように駐車場の広さはハンパない。
 入口から食堂まで歩いていくのに相当距離ありそうな感じがあるので、別に駅から近い訳でもないので、ここはやはり車で行きましょう。
 
Cimg2993 Dsc_2321  この一般人も入れる市場の一番東の端が「此花食堂」さんで、ワタシが上で言う、海鮮丼を食べられる店、しかもボリュームも価格も最高。
 だいたい海鮮丼で1500円とか、市場やってのに当たり前に根付けしてる店があるけど、市場だからこそリーズナブルな価格を設定しろと言いたい。
 こちらはマグロのボリューム凄い上に、ご飯の大盛無料と来ている。
 なので福山に仕事できたときは、朝に笠岡まで行って笠ラーを朝ラーして、昼はここで海鮮丼大盛がいつものパターン。

 ただ今回は中途半端な時間にお昼を食べちゃったもんで、夕方まで持たなさそうだったので、ここのことを思い出し、ちゅるんと食べてみることにした。


Cimg2992 Cimg2994  ・吉祥:ぶっかけうどん(冷)500円

 チェーン店の製麺所のうどんは味が分かってるので、やはりここは新規。
 市場の外からも中からも入れるが、中の入口には「さぬきの夢 」の幟があるので、店主の本気度が伺える。
 まぁ、別に「さぬきの夢」が「ASW」に勝ってるとも思わんけど。

Cimg2995  着いたのは12時半、ちょっと不安になったのは作り置いた死んだ麺が出てくるのではないかと思った。
 カウンターだけで7人くらい??? 前客でじいさんとおばさん2人組が居た。
 真ん中に座って、初めての店は冷たい麺が鉄則なのでぶっかけ注文。
 あ、これスタンダードなメニューなんだけど、朝メニューがあって、そちらはいくぶん安くなっている。

 注文して麺を取り出して丼に盛ってお出汁にトッピングを載っけて…、やっぱり作り置きか、そりゃそーだよなー。
 これなら製麺所チェーン店に行った方が良かったかと、チラとよぎった。

Cimg2996 Cimg2997  さー、3分で出てきたぶっかけ、どんなもんざんしょ。
 見た目では麺が白く見える(当たり前やが、そう見えた)、それと思ったより細いか。
 ではいただこう、ずるずるずる。
 おおっとぉー、これは何というか、ワタシ的によく言うのは「死んだイルカの頭を食べてる」みたいな麺、もちろん食べたことはないが。
 瑞々しくもあり、適度な落ち着きもあり、小麦の香りもほんのり感じる。
 細麺は口のいろんな所に当たって、口内食感が心地良い。
 ぶっかけ出汁はしっかり出汁感があり、少し味は濃いが飲めるお出汁。
 個人的に気になったのは天かすが固すぎて口ケガしそう、ってことくらいか。
 うーん、悪い予感を軽くひっくり返してくれたので、これは嬉しい誤算。
 ぺろっと完食しちゃったよ。

 これは朝うどんに今後検討してもいいんではないか。
 笠岡まで朝ラーに行くと福山からだと30分は掛かる、しかしここでは10分も走らず行けちゃう。
 朝の方が働いてる人とか多いであろうことが想像されるので、回転も速く、となると必然麺が活きてる、それに朝の方が安い。
 うーむ、福山のこれまでのワタシの朝ご飯をひっくり返そうな店が出てきた。
 楽しみな候補の一つにさせていただくこととする。


 来週は長距離なさそうで、近距離のみか。
 その次はお盆なので、出勤ではあるがちょっと時間はありそうなので、いろんなことをまとめさせていただきま。
 ホントにこうも暑いとヤル気が起きん、扇風機にも限度がある、はふー。
 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧