2017年8月27日 (日)

岡山続編「まるまつラーメン」さんのラーメン元味(醤油)500円

Cimg8362_2 前回の続き、岡山続編。
 山の日の3連休の初日に岡山行って、岡ビルのうどん屋さんでぶっかけうどん食べた直後の話。

 この岡ビルが気になったので、周囲をぐるっと歩いてみた。
 うどん屋さんの奥が豚骨醤油のラーメン屋さん、裏側に回ってみたら、岡ビルではないが、鶏ガラのラーメン屋さん発見。
 豚骨と鶏ガラの二択、とにかくもの凄く暑かったので、豚骨より鶏ガラだろってことで決定。


Cimg8354_2Cimg8355_2 ・まるまつラーメン:ラーメン元味(醤油)500円

 何で鶏ガラか分かるかというと、看板にこう書かれれている、「スープはとりがらおみせはひとがら」。
 中が暗くて分からんが、丁度出てきた中年夫婦が居たので、お客さんが入ってるなら安心と(どんな店や!!!)、ワタシも滑り込んでみた。

Cimg8356_2 カウンターに2人座ってたようで、丼が上に上げられてたので、その入口すぐの席に座ってメニュー確認。
 1が元味(醤油)で2が新味(塩)3が新味だがよく分からん消されてる、4が新味で黒みそだそうだ。
 セットメニューも豊富でチャーハンやらとり天とか揚げてた。
 しかし冷麺は不思議ないが、何で鰻重なんだぁ??? 鰻重(中)とラーメンのセットが1100円だそうだ、謎。

Cimg8360_2Cimg8361_2 それほど引っ張る話じゃないので、とっとと。
 5分くらいで出てきた元味(醤油)、まずは麺から食べる、つるつる。
 ふむ、麺カタと言わなかったからか、細麺とはいえ少しヤワくなってる。
 スープはと、うん確かに鶏ガラやが、旨さを魔法の白い粉で補ってるな。
 チャーシューは久しぶりに甘辛いタレがしっかり付いたって感じ。
 茹で卵はただの茹で卵やし、蒲鉾はただの蒲鉾、ネギ多めはポイントになるのかならんのか。
 
 まぁ、500円というワンコインやしこんなもんなのか。
 結構、お客さんは居たようなので、お店としての需要はあるのであろう。
 ワタシは次は角の豚骨醤油に行ってみたい。


 「小豆島ラーメン」も「隠岐の島ラーメン」もあるし、早く岡山行かんとあかんがな。
 それでもまだ足りん、岡山のラーメンの奥は深い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月23日 (水)

岡山は岡ビル開拓「松下うどん」さんのぶっかけ(大2玉)350円

 ワタシにはお盆休みがない、つかそこを出勤して9月に遅い夏休みを取って、安価な旅をしてる訳だ。
 なので今年の山の日はありがたかった、3連休になったので、なんちゃってお盆休み感を味わえた。

 この週は広島市内と福山市に行ってたので、自腹で一泊して岡山市内で呑み食いすることに。
 翌日の11日の土曜、ホテルに朝ご飯が付いてるんだが(だからこのホテルに泊まる)、焼きおにぎりなんてあるもんだから、勢い2個食べちゃって、ナポリタンもあるから更に食が進んでお腹一杯。
 
Dsc_2099 チェックアウト10時でぎりぎりまで粘って、大元のセルフうどん「たぬき屋」さんに開店と同時のうどんを食べに行った、
 ぶっかけ(並)420円に野菜よせあげ100円、麺は細めのもち麺でかなり理想的な麺。
 お出汁が鰹感が濃くて満足、あと100円安かったら言うことなし。

 そんで更にお腹一杯になったので、岡山駅に戻ろうと、大元駅に行ったら今まさに電車が出たとこ。
 次の電車はと時刻表を見たら、何と1時間後、マージーでーすーかー。
 流石に1時間は待てんので、1駅やからタクシーでも乗るかと思いきや、バス停があったことを思い出し、確認したら15分後にあったので安堵。
 いつも車で来てるから知らんかったが、意外と使いにくい大元なのな。

 そして岡山駅前の「小豆島ラーメンHISHIO」さんを見に行ったら、隣に「隠岐の島ラーメン」ってのが出来ててびっくり。
 最初は店が代わったのかと思ったが、隣に「HISHIO」さんがあったので一安心。
 これって経営者が同じじゃなかったら、商売として許されんことちゃうか、全くけしからん、しかし次回食べに行こう(ナンノコッチャ)。

 毒気を抜かれたので、そこは止めて、ビッ○カメラのあるアーケードをラーメン屋さんを探してぶらぶらしてた、岡山は本当にラーメン屋さんが多い。
 しかし決め手がなかったので、アーケードを突き抜けて、小さい川を渡って北に歩いてみたら、古臭いビルに行き当たった。
 岡ビルと言うらしい。
 角がインド料理のお店で、これは気分じゃないので、物色してみたら、セルフのうどん屋さん発見。
 ここを新規することにした。


Cimg8346Cimg8347 ・松下うどん:ぶっかけ(大2玉)350円

 初めてのセルフ店はルールが分かりにくい。
 入口がいきなり注文口になってるので、ひやひやかひやあつかあつあつかを玉数と共
に頼むらしい。
 「たぬき屋」さんが420円やったから、大2玉で350円がかなり安く感じた。
 並に至っては200円とリーズナブル。
 
Cimg8352 しかも7月24日~8月31日の夏休み期間中は麺増量35%UPらしい、お得じゃないか。
 このチラシを見てみると、どうやら3店舗あるみたい。
 この岡ビルが本店で、市役所近く店と法界院店っての。
 化学調味料不使用の天然いりこ出汁らしいが、そこそんなに威張るとこちゃうし。

Cimg8351 着いたのは12時半前で、店内はそこそこ賑わってた。
 うどんの入った丼とお出汁の入ったとっくりをもらって、薬味コーナーへ行く。
 ネギと天かす以外に、お出汁を取った後のいりこと昆布が並べられてた、美味そう。
 ちなみにお出汁もセルフで入れるので、レジャーで麦茶入れるような小さいタンクが置かれてた、冷たいのと熱いの。

Cimg8348_2Cimg8350 何とか奥の方に席を見付けて、さぁ、食べよう、煮干しが形が整ってて大変ヨロシイ。
 ほほう、太めの平打ちでびらんびらんしてるな、お出汁かけてぞぞぞ~~~。
 うむ、麺は完全に死んでるな、ヲ~~~イ。
 この食感は茹で上げてから小1時間は経ってる。
 生きてたらおそらくもちもちした麺だと思われるんだが…。
 お出汁はかなりイケてた、いりこも昆布も美味しく、だから死んだ麺が惜しい。
 食べ終わった後、冷たいかけ出汁を注いでいただいたが、いりこがひりっひりに利いてて西讃のお出汁のようであった。
 
 ワタシが食べ終わった後からもどんどんお客さんが入ってきてたのやから、もちょっとこまめに麺を茹でてくれたら、お客さんももっと満足して帰るのになと思った次第。
 あと、麺35%増量ってことやったが、それでも大盛にしては麺の量少な!!! と思ったので量が少ないから安いとも言えるか。
 とにかく岡山の讃岐うどん店も充実してる、岡山行きのピッチ上げるか。
 

 この岡ビルの角のインド料理屋さんも美味しそうやったし、岡ビルになんのか、東の角のラーメン屋さんも豚骨の臭いがもわもわ来てて、もう少し涼しかったら食べてみたい。
 やはり岡山侮れず、またマイブームが来そうや、近日行こうっと。
 食の都岡山、通過するだけではもったいなさ過ぎるで。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年8月20日 (日)

福山老舗ラーメン開拓「来々軒」さんのあっさりしょうゆラーメン750円平麺かためスープの濃さうすめ替玉100円丸麺かため

 先日、福山のお客さんに教えてもらったラーメン屋さん。
 最初話を聞いた時は、場所がさっぱり分からんかったのだが、地図で見てみれば、R2がよく混むので、最近抜け道でよく使ってた道であった。
 何でもそのお客さんは月に何度も行くそうである。
 そんなにお気にのラーメン屋さんならこれは行くしかあるまい。

 場所はJRでは備後赤坂、歩ける距離ではないけど(笑)。
 だから車で行くとR2の赤坂バイパス東口の一つ東の岩足橋北詰という交差点を南に折れる感じで100m程走ればある。


Cimg8323Cimg8322 ・来々軒:あっさりしょうゆラーメン750円平麺かためスープの濃さうすめ替玉100円丸麺かため

 なかなかベタな名前の店であるが、自家製麺だそうだ。
 だから麺の種類がいろいろあるのがポイントかな。
 到着時間は12時少し前、なので車もすんなり停めれたし、オーダーも早く聞いてくれたので出てきたのも早かった。

Cimg8314 さて、まずはメニュー確認。
 普通は尾道の隣であることからこってりしょうゆラーメン700円がトップに来るのかと思いきや、あっさりしょうゆラーメンがフラッグシップメニューだったので、あっさりに決定。
 次回は赤ラーメン激辛700円を試してみたい。
 とにかくあっさりとこってりと辛みそに赤がある訳だ。
 中華の一品も中華料理店程ではないが、そこそこあるので、呑みにも使える店だな。
 そんでいろいろ好みを伝えられるようなので、麺はまずは平麺を、後で丸麺を替玉として注文することにした。
 スープの濃さはあえてうすめ、あっさりしょうゆを更に薄くしたらどうなるのか興味あったので。

Cimg8315 注文から5分ちょいで出てきたあっさりしょうゆがこやつ、おおっと何かリッチな感じの盛り付けやん。
 海苔にゴマにチャーシューに煮卵、もやしにメンマにネギか、これは楽しみだ。
 お店の人が薄かったらかけて下さい、とおそらく替玉用の醤油ダレを付けてくれた、感謝。

Cimg8320 麺から食べるんだが、もやしのボリュームが結構あって、掘り返さんと麺が出て来ん。
 そうしてわさっとすくった平麺を食べてみる、ずるずるずる。
 ふむふむ、流石自家製、細めの平麺はぶりぶりで弾けるような食感、もっと平たいかと思ってたが、幅がそれ程でもないので、実はタイトであった。
 ではスープ、これは何がどう主張してるのか分かりにくい味で、実に表現しにくいんだが、あっさりしつつ旨味もあって悪くない、バランスの取れたスープって感じ。
 チャーシューは味が付いてるタイプじゃなくて素朴。
 メンマは細めで特徴というのはこれと言ってなかった。
 煮卵は黄身にしっかりお出汁が染みてナイス。

Cimg8321 さて、替玉丸麺で注文、来た来た。
 これは極細と言ってもええくらいにシャープな麺で、言われないと丸麺とは分からん。
 これも同様に活きてるような麺やった。
 結局、替玉用の醤油を使うことなく食べられたので、薄味でも不満はなかった。

 うん、好きになる気持ちがよく分かった老舗の麺力。
 ワタシも好きになったかも、上でも言ってるが激辛食べてみたい。


 しかしあえて一つだけ言うならスープの温度が若干低かったような。
 もちょっと熱かったらもっと良かった。
 そういったことも含めて次回、々々。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 3日 (木)

広島は観音新町ラーメン新規開拓「らーめん 丘の」さんのらーめんセット780円塩

Cimg8240 来週も広島行くけど、これは前回行った際のネタ。
 先々月に広島はヘリポートの手前の総合グランドの隣に見付けたラーメン屋さん、確か以前はカレー屋さんであったと記憶している。
 店が変わってるのを発見したのはバスからで10時半過ぎ、12時過ぎに一仕事終えて歩いて向かったが、どうやら木曜は休みのようであった。

 で、リベンジの先月は水曜に行ってみた。
 すると何人か店の外で待ってるではないか、待つの嫌いなんだけどしゃーない。


Cimg8248Cimg8247 ・らーめん 丘の:らーめんセット780円塩

 店の前に小さなA型看板があって、それで何食べようか見てたら、何かとてつもないサービスをやってる。
 お勧めは塩なんだそうだ、この690円に90円を足すとセットになり、豚骨と鶏ガラで取ったスープで作ったカレーが付くらしい。
 それとお総菜が2品、そしてご飯お代わり可なんだそうだ、メッチャお得やん!!!

Cimg8241Cimg8242 一応、カウンターにあるメニューも貼っておく。
 平日ランチメニューは上述の通りであるが、土・日のランチメニューだとお総菜が2品から1品になるとのこと。
 でもお代わりしてええんやからこれだけでも十分なサービスと言える。
 裏が夜メニューになってて、サイドメニューはから揚げ・餃子・牛すじ・イカから揚げ・小イワシのフライ・枝豆・冷奴にポテトフライトなかなかに豊富。

Cimg8243 何やかんやで10分くらい待って入った、カウンターのみで10席ちょいか。
 店内は広々としており、ゆったりしてる。
 道路側にご飯にカレーにお総菜に漬物が置かれており、ラーメンを注文して、先にカレーを皆食べてた、なるほど。

Cimg8244Cimg8245 注文した塩らーめんが10分くらい経って出てきた。
 食べはしなかったが、撮影用に副菜の準備は万端(笑)、ようやく食べられるとパシャリ。
 +90円で付くサービスじゃないだろ、凄い。

Cimg8246_2 だけど麺太郎なので麺から食べる、つるつる、九州っぽい極細ストレート。
 そんでスープは上述の通り、豚骨と鶏ガラで、広島っぽく白濁はしていない。
 豚の脂はそこそこ出てるが、臭みはない。
 豚骨醤油なら広島やけど、豚骨塩ってのは珍しいよなー。
 あまり濃い味付けではないので、淡麗なんだが、そこはフライドガーリックが少し浮いてるので、満足感が得られるようになっている。
 チャーシューは分厚くホロホロ、脂は多いがあっさり食べられる。
 もやしが広島っぽいか、ネギ多めも嬉しいし、半熟卵もありがたい。
 +90円のサービスは、カレーはスパイス感は少ないが、ラーメンスープで伸ばしてるだけあって、味に厚みがある。
 お総菜のキャベツとキュウリの味噌和えは冷たいホイコーローみたいでご飯がススム君や。
 高野豆腐にひじきにぬか漬けは、出張時の野菜不足にはありがたい。

 うーむ、トータル780円でこのパフォーマンスは昨今のメチャメチャ高いラーメンに一石を投じる内容となっている。
 やれば出来るってことか。


 ハッキリ言って裏通りだが、行ってみる値打ちはあるかも。
 隣の隣は派出所やけど、結構車停めて食べる人居てたから、車でも行ってみるがヨロシ(ヲイヲイ)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月25日 (火)

広島は立町の超安十割そば「十割そば 十兵衛」さんの黒そば(ざる)3玉430円

 梅雨も終わり夏突入の7月下旬、つまりは先週、大事な案件で広島に行ってきた。
 ウチから目的地までドアトゥドアで3時間半掛かるんやからやはり遠い。
 午前に一件終わらせて、どこでお昼食べようかと立町でバスを降りた。
 本通じゃなくて、一本か二本ずらして北を探れば何かしらあるんではないかと、入った矢先に凄い店を見付けた。

 店の派手さに目を惹かれたが、じっくり看板見てびっくり。
 十割でざるそば430円でも破格の値段やのにおかわり無料、「3玉までおかわりできます」と書かれてる。
 マージーでーすーかー、こりゃ入るしかないやろ。


Cimg8311Cimg8312Cimg8313 ・十割そば 十兵衛:黒そば(ざる)3玉430円

 という訳で、立町のラウ○ドワンの西隣。
 この辺ってあんまり行かないので盲点やったな、角には中華そばの老舗があったし、その斜めにはサンマでスープを取ったというラーメンがあった。
 これは次回以降の課題とする。

Cimg8307_2 今日も暑かったが、この日も本当に暑くて、熱いラーメンってよりは冷たいそばの方が良かったのも確か。
 結果オーライやけど、店内に入って券売機を見たら、この日はスタッフ不足のため、ざるそばのみの提供となってあった。
 全くもって何の問題もナシ、ざるそばが食べたかったんやから。
 そばは白と黒があり、石臼で挽いた上品な白そばはそばの実の白い部分を使用、ハラもち良く栄養満点の黒そばはそば殻も挽きこんでるのだそうだ。
 何となく黒そばの方にインパクトを感じて、黒を注文。

Cimg8308 待ってる間店内をパシャリ、満席って程ではないが、でもお客さんは入れ替わり入ってきてた。
 場所はメイン通りでない分、人通りは少ないが、しかしこの値段やから人気もあろう。
 そばが不味ければ客は来んが、そこそこ居てたので不安な要素はないか。

Cimg8309Cimg8310 待つこと10分程で出てきた黒のざるそば3玉がこやつ、おおお、確かに黒い。
 分かりにくいがボリュームもそこそこある、3玉には見えんけど。
 ではそばをたぐってみよう、ぞぞぞ~~~。
 うむ、ピシッと角が立ったそばは喉が切れそうなシャープさじゃ。
 香りも鼻に抜けるし、そばを語る言葉を持たんワタシであるが、これ1玉430円でも安いと思うよ十割なんやし。
 おつゆの方は結構醤油感があって、ちょい付けで十分な程味が濃いんだが、惜しむらくはもう少し入れて欲しかった。
 最後そば湯楽しむまでも残ってなかったもんな(だったら言えよ)。

 店内でそば粉を団子状にしてたので、店打ちしてんのかな???
 広島だとラーメン、そしてチェーン店の「ちから」さんがあるから断然うどんなのかと思ったが、どっこいそばもちゃんとあったことに驚いた今回の広島行きであった。


 次回はもっと暑くなっているが、ラーメンを探索してみたい。
 ニューウェーブなラーメン屋さんもあるし、老舗にするか迷うこととする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月14日 (金)

倉敷の恐怖の廃墟ラーメン(こらこら)「萬福食堂」さんのラーメン大盛600円

 先月倉敷に仕事で行った。
 いつも11時にアポ入れてるので、終わってからはお昼を倉敷開拓に充てている。
 つってもラーメンしか食べたことないんやけど。

 次が岡山市北区の田舎まで行くことになってたので、R2岡山バイパスを東にレンタカーを走らせた。
 何かないかいなとスマホン検索してみたら、R2からちょっと北西に上がった所にラーメン屋さんがあったので、急ぎ向かうことにした。


Cimg8231Cimg8232 ・萬福食堂:ラーメン大盛600円

 場所は加須山という交差点を上で言ってるように北西に上がって3分程度。
 遠くから見て大きな看板が見えたので、あれかと思ったが、近付いてびっくり、これですかぁぁぁ!!!
 手前に広い駐車場があるので、そこに車を停めて、建物をまじまじと見てみる。
 うーん、廃墟ではないのか。
 ちょっとどころかかなり怖いやんけ、ひぃぃぃ。

Cimg8233Cimg8239 この建物2階はどうなってんのか知らんが、どう見ても使用してるようには見えん。
 つか、階段上がったら建物自体が崩壊してまうんちゃうか、と思える程。
 入ろうかどうしようか悩んでいたが、そうしてる間にもお客さんが入れ替わり立ち替わりしてるようなので、ならば入ってみようと勢い付けてがらっと入店。

Cimg8235 店の中は薄暗いが、古くて怖いじゃなくて、使われた美しさみたいな物が感じられたので、ひとまず安心。
 ノスタルジックの極みのような昭和40年代テイストがぷんぷんする。
 何でもGACKTが特製ラーメンを食べたとか、TOKIOの国分なんちゃらが来たとか、吉本の誰それが食べたとか、そんなんが貼られてた、。
 途中、前日にもTV取材が来たと、お母ちゃんが言ってた、何となく納得はする。

Cimg8234 メニューはこんなん。
 ラーメン500円ってメッチャ安っっっ!!!
 大盛で100円増し、もやしも100円、チャーシューも100円増し、特製はチャーシューともやしのW増しなんかな???
 牛肉ラーメンってもんまである。
 店舗の家賃が掛からんと、ここまでラーメンは安くなるといった典型かと思われる。

Cimg8236 注文して待つこと10分、出てきたラーメンはいかにも岡山っぽいスタンダードな一杯。
 ちなみに先客のもやし大盛はもやし1袋分茹でたのをそのまま載っけたようなボリューム感。
 これでも良かったかな。

Cimg8238 では麺から、卵麺みたいに黄色がかっており、麺カタとは言ってないが、ごわっと堅い食感。
 なんか一本の麺の密度が高いような感じがするのは気のせいか。
 細めのストレート麺なんだが印象は角がなくて、とにかくずしりと重いんだよ。
 スープは豚のライトな味でしっかり出た脂にほんの少し甘めの醤油ダレ、岡山ってこういうスープなんだよなー、好き好き。
 チャーシューは箸でほぐれるくらいにホロホロ、醤油ダレで煮込まれたのか、しっかり濃い味。
 同じことはメンマにも言える、ただしメンマは煮込み過ぎか、食感はなくなってたが。
 麺の存在感が大盛2玉??? やからかハンパねぇ!!!

 とにかく安くて美味くてボリュームあるのは確か。
 キワモノかと思ってたが、それは外観だけで、ラーメンは至って岡山らしいラーメンやった。
 若い客が多いのも分かる気がする。


 このラーメン屋さん、勇気を持って行ってみる価値大いにありでっせ。
 怖いもん見たさでどうじょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月30日 (金)

広島は八丁堀ラーメン開拓「月月亭」さんの中華そば(大盛)750円

 梅雨やっちゅー割には結局あまり雨が降らず、とにかく蒸し暑い。
 そんな暑い中広島の八丁堀をぼらぼらしてた、どこでお昼食べようかと。
 暑いので、やっぱ夏はカレーかと、いつもの「サン・カレー」さんに行こうとしたが、それはあまりにも芸がない。
 やっぱ新規開拓して攻めなければいかんだろ。

 ということで、八丁堀の交差点の北西の「肉のますゐ」さんの方はあまり行ったことがないので、かつてここでラーメン新規開拓したことあったから、何かしらあるだろうと行ってみたら本当にあった。


Cimg8083Cimg8082 ・月月亭:中華そば(大盛)750円

 隣の看板が目立ちすぎて分かりにくい店なんだが、よく見りゃ「懐かしの尾道中華そば」のA型看板が立ってる。

 尾道かぁ~~~!!! とひとしきり残念がってみる、そりゃあの悪名高き尾道ラーメンやねんもん、化調で舌痺れまくりやっちゅーねん。
 確かに尾道ラーメンはクソやが、得てして他地域で食べた方がちゃんとした物を作ってるってことがままあるので、そこに懸けてみた。

 13時前の入店、この鰻の寝床のような細長い店はかつてスナックやったとか??? そんな感じがする。
 そこに先客2名、カウンターのみの店内は10席くらいか。
 注文を訊かれてびっくり、何と30代半ばくらいに見えるまだ若い女性が店主なのか、へぇへぇへぇ。

Cimg8085 慌てて掛けられてるメニューを見て、初めてなので、まずは単品の中華そばを大盛を注文。
 冷やし中華そばは梅しそ風味やったみたいやけど、基本中華そばのみ。
 セットでおむすびか白ごはんか炊きこみチャーシューご飯か月見炊きこみチャーシューご飯セットか牛めしセットがある。
 トッピングはネギ・煮たまご・梅・チャーシュー、とここでも梅が出てくる。

Cimg8087 細麺と太麺を訊かれたので細麺をチョイス、5分程で出てきた中華そばは丸い丼が可愛らしい。
 ちんちんに熱い丼、でろんとでかいチャーシューにネギ多め、そんで背脂ちゃっちゃと、確かに尾道ラーメンや、いや懐かしの尾道中華そばか。

Cimg8088 では麺から食べる、ずるずる、色白な細めの角としたストレート麺、ひょろそうやけど、この熱いラーメンの中、最後まで伸びずに辛抱したから良い麺だ。
 スープはこれが懐かしのなのか、実にあっさり、表面の豚の油は重いんだけど、基本淡麗醤油。
 そこでハタと気付いた、そうやん、尾道みたいなライトな豚出汁に小魚で取ったと言われてる(本当に取ってる店はほとんどないはず)スープは、油こそあれ濃厚ではないんだから、薄目の醤油ダレで素朴に仕立て上げたらええのや。
 なのに何でか足りてない旨味を安直にグルソーぶち込んじゃうから、とても食べられん代物になる。
 逆の発想が正解やったか、なるほど!!!
 チャーシューはだからでろりん、肉には醤油ダレが染みたようなんじゃなくて、肉の旨味で食べさせるタイプ。
 噛めばほんのり甘みを感じる所から、蜂蜜でも塗ってたか???
 背脂を口に含むとそこで濃厚な満足感を得る。
 メンマはごぼうのササガキのようなスリムな感じで、特に味は付かずの箸休め。

 うん、確かにこれは懐かしの尾道中華そばと言って過言ではない、って昔の懐かしの尾道中華そばは食べたことないんやけど(笑)。
 いや、でもかつて最初の頃の尾道ラーメンってこんなんやったんやろう、たぶん。
 有名になっちゃうと不味くなるから、名物に美味いもんなしなんやろう、気を付けましょう。

 女性の店主にお話を伺った所、尾道出身ではないが、尾道で修行したそうである。
 うーん、まだ尾道にそんなに美味い店があったのか、これは行ってみたい。
 太麺って頼んだら、尾道みたいな平打ち麺が出てくるのかとも訊いてみたが、それはないらしい。
 ウチは無化調でやってますと、胸を張って答えた店主にはある種の感動を覚えた(話でかすぎるって)。

 とにかく尾道で尾道ラーメン食べるのなら、ここに行って食べるがヨロシイ。
 尾道で食べたらエライ目に遭うからな、マージーでー(どんだけ~~~、いやそんだけじゃ!!!)。


Cimg8084 ちなみに看板の上に「冷やし中華そばはじめました」とA型看板にあったが、よく見りゃ、冷やし中華じゃなく、冷やし中華そばみたい。
 山形の冷やしラーメンっぽいな、興味あるので次回は冷やし食べてみようっと。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月21日 (水)

広島老舗ラーメン発見「来頼亭」さんの中華そば(大)650円

 ワタシは広島を担当して7年になるが、お客さんは決まったとこに行くのがほとんどで、ましてや宇品にはお客さんがないので行くこともなかった。

 なんだが、これまたCATVの再放送で吉田類さんの「酒場放浪記」で広島何部作かの一つで宇品の「ぎょうざの美和」さんを取り上げておられて、ここに行きたくて先月行った。
 餃子より新鮮な魚が美味かった(いや、餃子も美味しかったけどね)、また行きたい。

 そこに行く途中、いろんな店を路面電車を乗ってて発見した。
 ゆめ○ウンのある皆実町6丁目より南は行ったことなかったから。
 すると、ラーメン屋や讃岐うどんの店やら、なかなか良さげな店発見。
 翌日、南区のお客さんとこに行くのに、時間がちょっと空いたので、15時前やったけど、空いてたらラッキーとばかりに、わざわざ行ってみた。


Cimg7910 ・来頼亭:中華そば(大)650円

 場所は路面電車で行くと県病院前って所で降りる。
 駐車場があるんかないんか知らんが、路面電車で行くのがベストやろうな。
 広島駅からだと30分弱ってとこか。

Cimg7914 お店に風格が漂ってるような、何てったって「中華そば 味本位の店」なのである、不味い訳がなかろう。
 まさに昭和レトロな暖簾をくぐって店内にぐわしと入ってみた。
 薄暗い店内は、そうねぇ、20人は入れそうな店。
 座敷に女性1人、真ん中のテーブルにおっさんサラリーマン1人、ワタシの斜め前に女性1人、そしてビジネスマンのワタシ。

Cimg7911 まずは券売機で食券購入、もはや安全面考えたら券売機なんかもしれん。
 メニューは至ってシンプル、中華そばとチャーシュー(麺)しかない。
 それと小か大か、70円差で半玉じゃなくて1玉だそうだ。
 ならお昼はしっかり食べてたが、ここは大食べるしかないであろう(いや、ないことはないが)。

 おばあさんに食券を渡す。
 厨房が実に見えにくいんだが、トイレ行った際にちろりと見てみたが、スープ係にでっぷりした感じ(に見えた)のおばさん、ネギ切ってたのがおねいさん、の女性3人のようであった、だから券売機よな。

 店内を見てたが、サラリーマンのおっさんの食べ方が気になった。
 麺に替え玉の時に使う醤油ダレをかけて食べているのである、???
 斜め前の女性にも中華そばが出てきたが、その女性も途中麺に醤油ダレをかけて食べてた、うーむよく分からん。

Cimg7912Cimg7913 そうして10分もかからずに出てきた中華そば(大)がこちら、ほー、錦糸玉子ですかぁ???
 チャーシューにもやしが載ってるのが広島っぽい。
 では麺から食べてみる、ラーメンは麺から食べんとどうすんじゃ、ずずず~~~。
 細めのストレート麺はもちもちとしてイケル。
 それに絡むスープよ、これ結構な粘度がある、んだけど味が薄い、塩豚骨みたいな味。
 つか、スープ原液のような感じ、なるほどだから醤油ダレが置かれてるのか。
 自分でカスタマイズして食べるのね、へぇへぇへぇ。
 そうして麺にワタシも同様醤油ダレをかけて食べたら、おお、確かに広島醤油豚骨の味になったではないか。
 スープ単体は奇をてらってないストレートで濃い目の豚骨やけど、臭みはない。
 少し醤油ダレをあくまで麺にかけて楽しんで、今度はスープにちょろっと入れてじゅるりと。
 なるほど、これが広島ラーメンや、ってな味になるのなー、おもしろい。
 最後は醤油ダレをぴゃーっとかけて混ぜ混ぜしてぞぞっと完食。

 いやー、こんな食べ方初めての経験、まだ初めてのことがあったのか。
 つくづくラーメンは自由だと思った次第。


 後からおばあちゃんが持ち帰りの中華そばを買いに来てた、地元の人にも愛されてるこの店。
 県外人にも優しいお店の方達、また行きたい店が出来た、広島いーじゃん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月19日 (月)

広島市中央卸売市場内食堂「平和食堂」さんのマグロ丼700円肉うどん500円

 今や広島の商業施設と言えば商工センターの「LECT」であろう。
 あんな場所によくぞあれだけの規模の似たようなショッピングセンターを造ったもんだ。
 「商工センター」だったのに、商業施設が来ちゃったもんだから、車の流れが酷くなって、ワタシは平日しか行かないので被害はないが、土・日・祝は凄い人だと思われる。
 ま、いつまで続くか知らんが。

 広島駅前も高層ビルおっ建てて、そんでこれまでの本通りと、新たに商工センターと3本柱が出来た訳だが、やっぱ本通りが楽しいね。
 呑み屋が多いってのもあるし、美味しい店が多い。
 駅前ビルの家電と本屋の融合も凄いし、「LECT」のフードコートも凄いけど。

 でもだからこそ、お昼を食べるならそこからほんの少し足を伸ばしてもらいたい。
 そう、広島市中央卸売市場である。
 ここにも美味しい市場内食堂があるのだよ、チェーン店ではない味が確かにある。


512 ・平和食堂:マグロ丼700円肉うどん500円

 卸売市場内でもかなり奥の方にある。
 最近マグロ丼の店とか新しく出来てたみたいやが、ワタシ的にはこの老舗店が好きじゃ。
 見た目の通り味のある外観だが、中もそれなりに使い込まれた感があって渋い。

Photo メニューはこんなんだが、それとは別に、入口目の前のカウンターに日替わりのおかずが並べられている。
 そして入って左の冷蔵庫にもサラダや漬物なんかがある。
 いつもは丼にうどんに一品取るんだが、この日は一品取らず。

Photo_2 一応、食堂メニューは何でもあるし、玄関の横に置かれている看板には定食もある。
 一般客も多いけど、市場で仕事を終えた人が一杯呑んでる場合もあって、まぁ、全体的にアットホームな賑やかな店という印象。

 最初に来た時にマグロ丼頼んだんだが、これがエラく美味かったので、その後もマグロ丼一辺倒。
 やっぱ市場のマグロ丼は美味しくて安い。
 この日は大盛を頼んだはずだったのだが、出てきたのは普通盛であった、がくり。

700500_2 とにかく注文して15分程で出てきたマグロ丼と肉うどんがこやつ。
 あ、今回もスマホン撮影なので、画像が甘いかもしれん。
 普通盛だとそれ程迫力は感じない、うどんも丼小ぶりな感じに見えるし。
 でも食べてみると普通でもマグロが積み重なって密度が高くかなりの量なんだよなー。
 軽くヅケにされてるようで、わさびと海苔が散らされてる。
 この醤油ダレは醤油と酒とみりんって感じかな、少し甘めの味付け。
 このタレとマグロとわさびがドンピシャに合う、ご飯ススム君、なんだが、進みすぎたらご飯が全然足らんので、贅沢に少量のご飯をマグロで包んで食べよう、もぎゅもぎゅ。
 そして肉うどんを食べよう、これがメチャメチャ熱い、ひーふーひーふー。
 肉うどんは肉ってより牛スジうどん、最初東大阪の油かすかなと思いきや。それは単なる天かすを見間違えた、本当は牛スジ。
 昆布のお出汁に肉の美味しさが合わさって、旨さの相乗効果で7倍美味いとは言わんが、3倍は美味くなってる、3倍!?←ガンダム世代なので。

 熱々肉うどんはこれからの季節には辛いが、マグロ丼はガシガシ食べるぞ。
 ホント、大盛のマグロ丼800円はマグロのボリュームが更にUPしてるので、一食の価値あり。


 「LECT」も良いけど(特に「蓬莱」さん)、古豪も侮れん。
 フードコートでチェーンの味を並んで食べるのなら、市場の食堂街へ足を運んで、自分のお気に入りを見付けてもらいたいと思う次第。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月17日 (土)

鳥取駅前の安くてボリュームのある「スーパー居酒屋 鳥取 だいぜん/大善」さんの海鮮丼680円(消費税別)ご飯大盛サービス

 GWは徳島と香川に行って麺三昧だったのだが、本当は鳥取に行きたかった。
 というのも「砂の美術館」の展示物が新しくなってるから。
 しかしGWは鳥取といえども流石に混む、なので1週ずらして行ってみた。

 その前にお昼は鳥取で食べようと、そういう時間に家を出た。
 到着したのは12時半くらい、さて、悩むのはここからよ。
 何せ食べる所がない。
 しかしあんまりもたもたしてたら肝心の「砂の美術館」を堪能する時間が減る。
 なので、コインパーキングに停めて、駅前のアーケードで探すことにした。

Cimg7920 どうよこのがらんとしたアーケード、玄関口JR鳥取駅前すぐのアーケードやで。
 土曜の昼間に人が居ないとはどういうこっちゃ。
 開いてる店は何軒かあったが、やっぱ鳥取がいくらカレーの消費量が日本一かなんか知らんが、カレーよりは海鮮でしょう。
 つー訳で、この店が一番値頃感があったので、ちゃちゃっと決めた。


Cimg7921 ・スーパー居酒屋 鳥取 だいぜん/大善:海鮮丼680円(消費税別)ご飯大盛サービス

 掛けられてる看板によると、今朝どれな新鮮旬彩で鳥取を笑顔爛漫で堪能できるらしい。
 ぱっと見たら海鮮丼が安かったので、これならハズレはあるまい(羊頭狗肉では困るが)。
 店内は薄暗く、けどお客さんはそれなりに入ってるような感じであった。

Cimg7915Cimg7916 メニューこんなん、スタンダードな丼だと、人気No.1の海鮮丼に、まぁ、定番やから仕方ないカツ丼550円、あぶりサーモン丼799円、あぶりしめさば丼799円、そしてブリあぶり丼799円。
 いずれも味噌汁・小鉢・漬物付だが、あぶりって今流行ってんの???
 豪華な丼メニューは、ブリの大トロ感ブリ丼1600円、カニの身たっぷりカニ味噌丼1700円、酒の津の塩さば塩さば丼850円、炙り三昧あぶり三色丼1500円。
 いちいち形容詞が付いてる所が気合いの入り方を表してるな。

Cimg7918 しかし初めてなので、一番スタンダードでかつ人気No.1の海鮮丼でイイノダ。
 もっと待つかと思いきや、10分程度で出てきた海鮮丼がこやつ。
 大盛やからか、なかなかの迫力、これは食べ応えあるぞ。
 上からぶりにマグロに海老にとびこ、ほたてにしめさばにアジにサーモン、イカにタコに玉子や。
 種類多いなー、これで680円はかなり安い。

Cimg7919 ではわっさわっさ食べてみる。
 濃口醤油にわさび溶き溶き、てれっとかけてもぎゅもぎゅ。
 メチャメチャ新鮮や、という感じではないが、それよりやっぱボリュームやろうな。
 とにかく680円でラーメン食べようと思っても今時食べられんが、こんな魚がたっぷり載った海鮮丼が食べられるんやから、ラーメンどんだけ高いんじゃ、っちゅー話や。

 あっという間に完食して、レジでお会計、ここで初めてご飯大盛サービスだと知った。
 素晴らしいやんけ、「スーパー居酒屋 鳥取 だいぜん」さん!!!
 しつこいけど替玉で150円取る、いや獲るこのご時世、大盛サービスとはやるやん。
 という訳で、来年の鳥取のお昼ご飯はここになりました、単純。


 夜は飲屋街に繰り出してみたが、肉バルとかに若者がたくさん居たり、ワタシが入った焼鳥屋さんも結構な賑わいやった。
 それでもどこで呑むか迷う街が鳥取なんよなー。
 次回、来年の「砂の美術館」に行く際には、どこでご飯食べてるのであろうか。
 変な興味が尽きない鳥取なのである。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧