2017年5月 2日 (火)

倉敷ラーメン開拓「支那そば餐休 倉敷店」さんの名物そば800円

 先日倉敷に仕事で行って来た。
 新規開拓なのでまだ商売にはなってないが、顔は覚えてもらったと思う。
 昼前のアポで、終わってワタシはどこでラーメンを食べたらいいかと尋ねてみた。
 お客さんはあんまりラーメンマンみたいな感じではなかったが、この方が岡山市内の人で、この何軒かある店の岡山店を紹介してくれたのだが、手っ取り早く倉敷店に行ってみた。

 R429から走って行ったが、全てナビだったので、結構南だったんだと今地図見て思った。
 地図上だとワタシはR2に出て大高東という交差点を南に下ったら「王将」の隣にあったって感じ。
 こんな派手な店やのに今まで全く知らんかったワタシは井の中の蛙。


Cimg7633Cimg7634 ・支那そば餐休 倉敷店:名物そば800円

 1986年創業らしい、それと「うまいスープの店」と謳っちゃってる所も凄い。
 着いたのは12時半前くらい、駐車場は広いし、結構な大箱やん。
 隣の「王将」に負けない存在感を感じる。

Cimg7628 カウンターの一番端に座ってメニュー確認。
 紹介してくれた人はこってりしたのが美味しいと言ってたので、本当は「伝統のしょうゆスープ」の支那そば700円を食べたかったが、おそらくこっちのことを言ってるのであろう、「秘伝のごま味スープ」の名物そば800円を注文した。
 大盛りは110円増しやけど、910円でラーメン大盛りってのが気にイランので、並で十分。
 しかし110円の10円って何やねん、全く。
 最近のラーメンが高いと嘆いてるワタシなのである。

Cimg7629Cimg7631 さておき5分程で出てきた名物そばは泡吹いてそうな濃厚豚骨風。
 ネギのおかげで素ラーメンにしか見えんかったので、除けて具材確認、分厚いチャーシューと黒々としたメンマが出てきたので一安心。

Cimg7630 では麺から食べる、ずずず~~~、細めのストレート麺で特に何がどうやってことはない。
 しかし、そこに絡むスープが濃い、いや辛い、醤油(何で倒置法に体言止めやねん)。
 表面をレンゲですくっていただく、じゅるっと、ごまの香りはするが、濃厚クリーミーって程ではない。
 底の方をすくってじゅるり、これメッチャしょっぱいんですけど!!! 醤油濃いんですけど!!!
 このスープはかき混ぜてもすぐに元の二層に戻っちゃうので、一体感に欠けるような。
 チャーシューは厚くてホロッとしてて食べ応えあり。
 メンマの色見たらここの醤油ダレの濃さが分かるであろう、それくらいに色黒。
 だけど食べてみたらちゃんと塩気は抜かれており、辛くはない。
 うーん、どこかでこんな味のを食べたことがあるような…。

 結論、あえて言うなら姫路の「御座候」さんのごま坦々麺を5倍くらい濃くしたような味か。
 って分かりにくいっちゅーねん!!!

 倉敷なんてまだまだ分からんことだらけ、今度は下調べしてから行ってみようか。
 つか、少しは行き当たり場当たり止めろっちゅーの。


  ではワタシも明日からGW突入、当然うどんを食べに四国に行って来る。
 明日は徳島で鳴ちゅる食べて徳島ラーメン食べて、徳島の讃岐うどん食べて、明後日は本場香川でうどんの予定。
 デブまっしぐらでなのある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月21日 (金)

広島は三原市のウマウマから揚げ「おはぎの店 こだま」さんのとりのから揚げ130円×5本=650円

 広島に行く際に、泊るのは福山か広島。
 もちろん広島の方が楽しいのは当たり前。
 しかしイベントがあったり春休みであったり、なんかすると部屋がなくて福山に泊まる。
 しかし、福山もホテルが空いてない場合、尾道や三原に行くことも年に数回ある。

 それが先週末、更に今週末も。
 広島は高い部屋しかなく、福山は安い部屋はあったが、あまり泊まりたくないホテルしかなかった(古くて汚いってこと)。
 なので三原に宿を求めたら結構安くて食事付きのビジネスホテルがあったのでそこに泊まることにした。

 そこのホテルは大浴場と夜カレーがサービスであるのが売りらしい。
 チェックインしてそのカレーを見てみたら、固形のルゥながら、じゃがいもとかたくさん入ってたので、これで呑むかと、その他酒の肴を物色に行った。

 夜にJR三原駅からR2に出るマリンロードという道があって、その途中にお惣菜の店があった。
 そこに残ってたのが鶏の唐揚げで、それがやけに美味そうに見えた。
 ワタシの手の甲くらいの大きさがあり、それで1つ130円ならずいぶん安いではないかい???
 よく分らんが、試しに買ってみようと2つ購入。
 そんで後は駅の東南にあるイ○ンで酒と枝豆を買って部屋に戻ってレンチンして食べてみたら、これが美味いのなんのって!!!
 なので、翌日竹原で仕事を終えたワタシは三原から帰る前に再度立ち寄って、家酒用の肴に買って帰ることにした(物好きな)。


Cimg7792_2Cimg7796_2 ・おはぎの店 こだま:とりのから揚げ130円×5本=650円

 正直、ワタシはあまり揚げ物には興味はないんだが、今回は別。
 何とも言えん美味さであった。
 ちなみにどれだけ揚げ物に興味ないかと言うと、丼物で言うならカツ丼は年に1度食べるか食べないか。
 一にあればきつね丼、二に親子丼、三に玉子丼、四に…くらいに天丼にカツ丼はランキングに入ってこない(ちなみに海鮮丼は外してます)。

Cimg7801Cimg7805_2Cimg7808 さて、これがJR三原駅、この日は本当に良い天気であった。
 呉線で移動してたのだが、とにかく瀬戸内海が絶景。
 で、三原ってどんな町なんだというと、タコとだるまの町なのである。
 「おしい! 広島」ももう懐かしいが、ここは「おしい! 三原タコ」である。
 後、春に神明市というのが行われ、そこで家族の人数分のだるまを買い、毎朝そのだるまを見て、家族の安全と繁栄を祈るんだそうだ。
 
421Up そしてこれは今朝見つけたんだがやっさだるマン。
 あ、今朝までは先週の南側じゃなくて駅の北側1分のホテルに泊まってたから城の石垣がある。
 しかしまさかこれをゆるキャラにエントリーさせようと思ってる訳はないとは思うが。

Cimg7803 そんでいつの間にか駅前にオブジェが出来てたが、そのやっさの「やっさ踊」というのも有名らしい。
 ま、ワタシは踊ってんのを見たことないので何ともよう言わんが。
 しつこいけど何もない駅前だよなー(ヲイヲイ)。
 でも駅の高架下には呑み屋やラーメン屋が新しく出来てたり、駅前にインド料理屋さんが出来てたりと、一応の変化は見てとれた今回。

Cimg7797Cimg7799Cimg7800 さて、マリンロードを歩いてみる。
 「タコのまち三原」と言うだけあって、そこここにタコが配されてる。
 うーん、なかなかラブリーではなイカ、いやタコ(何を言っとる)。
 そうして100mも歩かん内に辿り着くのが「おはぎの店 こだま」さん。

Cimg7793Cimg7794Cimg7795 「おはぎの店」と言いながら、おはぎ(ちなみに1ヶ130円で3ヶからやったみたい)だけではなく、おむすび弁当540円やら揚げ弁当660円、そしてそのとりのから揚げや芋天80円にえび団子110円、イカ天170円にイカゲソ天160円、珍しい物では「昔なつかしいクジラのフライ」310円ってな物まであった。
 なんだけど「タコのまち」と言いながらタコ天がないのは何でだろ???
 仕入れの都合か??? ないと寂しいではないか。

 とにかく早々にから揚げ5個650円を買ってかばんに入れて帰る。
 うーん、とてもとても楽しみだ、ひゃっほーい♪

Cimg7811 ちゅーことで、先週の土曜の夜にレンチンして食べてみた(まずは3個)。
 UPなので大きさが分かりにくいが、ホント手の甲くらいある。
 これで130円やったらケンタなんて食えんな、もともと食わんけど。
 金曜に買って土曜の晩ラップせずに2分レンジした物。

Cimg7812 でろ~~~んと箸でつまんでみた、バックが生活感溢れてるが細かい所までチェックせんように。
 さ、食べよう、がぶり。
 何が美味いって、これがジューシーなのよ!!!
 鶏肉を漬けるタレが口の中に弾けるように溢れ出るんだよ!!!
 この甘辛出汁醤油がとにかくジューシー、メッチャ美味い!!!
 にんにくやしょうがやコショウがメチャ利いてるってんじゃなくて酒にみりんに出汁醤油って感じの味。
 こういう出汁醤油の水分がたっぷり染みてるのでジューシーな仕上がりになっているのであろう。
 
 いやー、実に美味かった。
 これ食べたらパサパサの口の中に血豆が出来ちゃうような荒っぽいから揚げなんて食えん。
 三原も捨てたもんじゃない、タコだけではなかった。


 そうしてまた食べようと期待して昨日三原に着いたんだが、19時半過ぎてたので店はとっくに閉まってたのであった、ちゃんちゃん。
 また機会見つけてこの激ウマから揚げ買って帰るぞ、おー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月14日 (金)

三原の激辛ラーメン「らーめんらんど 三原店」さんの地獄ラーメン五丁目945円

 先日、三原市の温泉施設で入浴客がレジオネラ菌に集団感染し、50代男性1人が死亡し、感染者は40人でうち38人が入院したという暗いニュースが発信された
 この温泉施設の前をいつも車で通ってるので、知ってるとやっぱりニュース感が全然違う。

 なのでアホアホな話で紛らわそうと、前回に引き続き激辛ラーメンネタ。
 以前から気になってたんだよねー。


Cimg7541 ・らーめんらんど 三原店:地獄ラーメン五丁目945円

 場所はR2を三原警察署入口の交差点を南に折れてR165三原警察署前を東に折れた所。
 R165に面してる訳ではないので、スルーしてしまう可能性もある。
 なかなかここでお昼を食べる時間に合わなかったんだが、ようやっと良い時間に来ることが出来た。
 着いたのは12時半くらいだったが、駐車場はほぼ満車、人気店なんかいな???

Cimg7551_2 さておき、看板に地獄ラーメンなんて書かれてあったら、辛いモン好きのワタシは見過ごせん。
 なかなか過剰な煽り文句で、「名物!ばかうまラーメン」に「うまさの秘密!? スープの大革命」、「やみつきラーメン」なんだそうだ、ややこしい。

Cimg7544Cimg7546 メニューこんなん、やみつきら~めんは680円だが、ねぎが入ったねぎやみつきだと840円になる、160円分のねぎだと!?
 ま、それは置いといて、ワタシは右の激辛メニューの方、地獄の五丁目だと945円もしちゃう、高っっっ。
 それ相応の地獄見せてくれるんやろうな、ったく。
 ここには載せてないが、お昼セットとして好きなラーメンに+210円でチャー飯セット・メンマ丼セット・ライスセット・そぼろ丼セットが付くってのもある。

 五丁目注文してから店内を見ると、五丁目以上の達成者は激辛認定証として、店内に貼ってくれるようだ。
 ざっと見てみたら、最高で450丁目ってのが確認された、どんなんやねん(笑)。
 五丁目以上があるとは知らなかったが、最初は五丁目くらいで丁度ええのかもしれん。

Cimg7547 なかなか混雑してたので、ワタシの番が回ってこなかったが、ようやくそれらしいのを作り出した、厨房の真正面に座った甲斐あった。
 丼に味噌玉入れて、そこに唐辛子をスプーン小さじで5杯、そこに唐辛子ピューレみたいなのをピューっとかけてた。
 注がれるスープは割とあっさりした色であったのは味噌ベースだから。
 茹でられた麺を入れて、スープで炒め煮した野菜を載せて完成。

Cimg7548 どらどら麺からピューっと食べてみよっか、ふむふむ、中細の縮れ麺でシコシコしてて加水率は高い。
 では五丁目スープをいただこう、なかなか赤いがどんなもんじゃい???
 うん、程良い辛さ、いやまだ足らん、食べやすいやんけ。
 上の具材はもやしにニラににんじんにコーン、そして何故か山芋短冊が添えられてる。
 肉っけは一切ないのよこれが、ミンチ入れてくれミンチ!!!

Cimg7549 この山芋短冊が箸休めになったのか分からんが、食道や胃が焼けるようなことなく無事完食。
 五丁目くらいなら敵にもならん。
 だからと言って最初から100丁目って訳にもいかんからねー。

Cimg7550 完食したからって訳ではないと思うが、食後にアイスクリームが出てくる。
 これがちゃんとしたバニラの香りがする、結構リッチなアイスであったので、ラーメン800円にアイス145円ということで納得した。
 ちなみに帰りに次回使える50円の割引券をくれた、行かんと思うけど。


 さぁ、激辛好きな人は行ってみるが良かろう、450丁目までは攻めなくても10丁目くらいまでなら試す価値あり、かもよ。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年4月11日 (火)

福山ラーメン開拓今更「ラーメンハウス らいおん」さんの激辛ラーメン(大辛)780円

 隔週くらいで福山に行ってるが、このネタは少し前の話。
 まずは新幹線で福山まで行って、レンタカー借りて折り返し笠岡まで車を走らせて、朝ラーしに「中華そば 坂本」さんにいつものように行ってきた。
去年はまるで減塩してるかのように、醤油ダレが薄かったが、ここんとこしっかり味が付いてる。
 逆にこの時は強すぎて-5点の95点やった。
 かなり満足したんだが、また昼にはラーメンを食べることに。
 新規開拓をせねばいかんのだよ、新規開拓を。

 福山に戻って午前の仕事を終わらせて、さてどこに行こうかと考えて、あまり行ったことのない通りを走ってみたら、ラーメンの街福山ならば、なんなりと出くわすであろうと思ったら、本当にあったので入ってみることにした。


Cimg7420 ・ラーメンハウス らいおん:激辛ラーメン(大辛)780円

 場所はワタシはこの辺り走ったことがないのでよう説明できん。
 地図を見ながら言うと、福山駅前の道をR2を越えてまだ南に下り、沖野上町4丁目交差点(西)を東に折れてすぐ。
 福山循環器病院の南やね、知らんけど。

 当初、隣のステーキハウスがランチタイムだとライスにスープお代わりで1000円だったので、そっちもええかと思ったんだが、初志貫徹。
 ネタ作りネタ作り。

Cimg7424 12時半くらいでお客さんはちらほら。
 画像で見たら分かるが、途中ガラス戸で仕切られており、分煙されてるみたいであった。
どっちかというと喫煙の方にお客さんが多かったか。

Cimg7421Cimg7422 メニューを見てみる、スタンダードなラーメンで700円、半玉で650円って高っっっ!!!
 最近ラーメン高いけど、こんな所にまでその波が来てるのか!!!
 サービス昼定食もラーメンに小ライスに唐揚げ3コで930円って高っっっ!!!
 ラーメン大盛の2玉にしたら200円UPって高っっっ!!!
 何か価格に見合ったラーメンはないものかとガン見したら、激辛ラーメンなる物を発見。
 それを大辛にしても同価格ってことなので、これが一番妥当な線かと思い注文。
 一応、おつまみメニューもあるので、呑みも可能らしいが、生ビール(大)900円って高っっっ!!!←しつこい。

Cimg7423 壁には「店主のこだわり」が貼られており、1に安心2に味、3にボリュームだそうだ。
 スープは豚骨と鶏ガラベースで野菜や果物をミックス、麺は自家製で化学調味料を使ってないんだそうだ。
 んんん??? 麺に化学調味料なんて練り込むか??? 添加物ってんなら分かるが。

Cimg7425Cimg7426_2 ということで10分足らずで出てきた激辛ラーメン(大辛)がこやつ、ここは地獄の何丁目ですか~~~???
 まずは麺から食べる、もそもそ、細めのストレート麺は九州っぽいが、ここって本当は何ラーメンの店???
 うん、麺に絡む唐辛子は見た目よりは辛くないぞ。
 スープに粘度があるのでつるつるとは食べれん、もそもそ。

Cimg7427 では地獄スープぞぞぞ、元のスープが全く想像できんが、意外とサッパリしたスープなんかな???
 上で述べてるように、見た目より全然辛くない。
 荒挽き唐辛子と粉末唐辛子をミックスして使ってるみたい。
 キムチ用の唐辛子って全然辛くないのでそういうの使ってるのかもね。
 そういう辛味のない唐辛子なので、入れてる量がハンパない。
 スープと唐辛子1:1とは言わんが、メチャメチャ入ってることは想像に難くない。
 でも辛くはないので、水飲む必要もほとんどない。
 チャーシューは薄いが大ぶりなのが4枚、アッサリしたもんよ。
 メンマは細いのが結構載ってて、メンマらしいメンマ臭。
 もやし多めの白ネギと青ネギのダブル、具材感はあるか。

Cimg7428 しつこいが心臓痛くなりそうな見た目やが、マイルドやったのででろり(ペロリではない)と完食。
 二回食べる程ではないので、次は隣のステーキランチを食べてみたい。


 まぁ、普通のラーメンがどんな味かは気になる所ではあるので、誰か知ってたら教えてクレイ。
 福山の奥は深い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月24日 (金)

岡山は浅口で笠ラー「さんき 若よし」さんの笠岡ラーメン500円

 昨日の昼ご飯ネタ。
 一昨日から岡山&広島に行ってて、さっき戻った。
 水曜は倉敷から岡山市内、昨日は福山と笠岡、今日は広島市内。
 で、昨日はお昼を新規開拓しようと、前からめっこ付けてたこの店に行ってみることにした。
 
 場所は浅口でR2の手ノ際って7・11のある交差点を北上、ずっと上がっていったら突然「ZAGZAG」があって、その斜め下のビジネスホテルのテナント居酒屋。
 何でこんな場所知ってるかというと、このも少し上にある激安スーパーの「もりはら」の大ファンで、ちょくちょく行ってるから。
 本当にこの「もりはら」はメチャメチャ安いので見に行くだけでもおもしろい、余談。


Cimg7636Cimg7641 ・さんき 若よし:笠岡ラーメン500円

 前回「もりはら」に行った際に、R2に戻ろうとした時、ラーメンの幟を見つけてたので、機会があれば行ってみようと思ってたのだ。
 まさかビジネスホテルのラーメンやったとは(笑)。

Cimg7637 入口に黒猫が鎮座してるのがワタシ的にはポイント高し。
 とにかく入ってみたが、中はまんま居酒屋。
 基本カウンターなので、手前の席に座り厨房を見れるポジションに座る。
 お昼はこのおしながきの通り、ラーメンと焼きめしにカツ丼、お好み焼きに焼きそばの鉄板メニューもある。
 しかしラーメンも笠岡ラーメンと尾道ラーメン、そしてとんこつラーメンって、どうやって作り分けてるんやろう??? 専門店でもないのに。

 ちゅーことで作るのを見てたら、小鍋でスープを温めて、手鍋で麺を茹で、家で使うようなプラスチックのざるに麺を取る。
 うーん、いろんな店で食べてきたが、こういうシステムは初めてかも。
 そんなにラーメン食べる人も居ないので、少量のスープをそれぞれ作り置きするってのはありかもな。
 
Cimg7639Cimg7640 ってことで、出てきた熱々の笠岡ラーメンがこやつ。
 ルックスは間違いなく笠ラーやん、では麺から食べてみよう、ぞぞぞ~~~。
 細麺ではあるが、笠岡ストレートとは若干違うような気がする。
 ではスープはと、鶏で取った余韻はあるが、少しの旨味に甘醤油って感じでライト。
 笠ラーの野太い鶏の旨味と醤油感は薄い。
 煮鶏はコリコリしてて、結構量が入ってて食べ応えある。
 メンマは笠ラーらしく甘くはあるが、隠し味としての唐辛子のぴりっと感はなかった。
 
 うん、居酒屋のお昼でラーメン、ワンコインの500円ならこんなもんかもしれん。
 でもこれやったら隣の笠岡でラーメン食べるかな(ドナイヤネン)。


 そうねー、日本のどこか遠くで久しぶりにここのラーメン食べて、笠岡ラーメンってそういえばこんな味やったかな、って想いを馳せる一杯って感じやな(訳の分からんインプレッションを語るな!!!)。
 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 8日 (水)

【後編】岡山は金光ラーメン開拓「中華そば 一誠」さんの中華そば600円

 前回のつづき。

 引き続き車を東に走らせる、もう一軒あったはず。
 鴨方から金光まで走った訳だね、厳密に言うと金光駅の1km手前らしい、R2佐方という交差点。


Cimg7445Cimg7437 ・中華そば 一誠:中華そば600円

 交差点からだとちょっと分かり辛いが、分からん方がええこともあるな(笑)。

Cimg7439Cimg7440 店に入った瞬間にしまった!!! と思った、ひぃぃぃ。
 「頑固おやじ」の店らしいが、おそらく掃除の概念があまりないと思われる、頑固やからか。
 だから漫画とかが無造作に置かれてる、うーむ。
 あ、これかなり控えめな画像ね、実際はもっとどぎつい。
 古くても笠岡の「一久」さんみたいに使い込んだ古さもあれば、ここみたいなそれほど古くても暗くて怖い場合もあるな。

Cimg7441 テーブル席に座って、中華そばをとっとと注文、怖い怖い。
 着いたのは12時半であったが、先客はなし。
 それより後客でおっさんが1人入ってきたのに驚いた、迷うことなくおでん取ってたし。

Cimg7443Cimg7444 何やかんやで10分くらいで出てきた中華そばがこやつ。
 見た目は普通っぽいが、化学調味料が目に見えるような湯気、むむう。
 でもチャーシューは豚と笠岡煮鶏やん、けど麺から食べる。
 麺は細めのストレート麺で普通、スープはだから豚と鶏のハイブリッド、そこに化調が入って旨味がぐわしと出てる。
 この表面に油の層があって、これがまったくどくて重い。
 塩味の強いスープに旨味も濃い上に油分も多い、相当ストレスが溜まる。
 チャーシューはそんなんで豚と煮鶏、特に印象なし、ついでにメンマは入ってない。

Cimg7442 途中、食べるのに疲れたので、テーブルスパイスを使うことにした、右側のにんにく唐辛子。
 ちなみに左に描かれてる頑固おやじは店の大将に結構似てると思う、ふふふ。
 その味はにんにくのパウダーと唐辛子を混ぜた物でひねりはない。

 怖かったのでとっとと食べてとっとと出てきた(笑)。
 ワタシをビビらせるとはやるな、頑固おやじ。


 ちゅーことで、世の中には知らんでええこともあるってこった、舌が痺れたわ。
 それでも行ってみたいという人は、断固たる決意で勇気を持って行くべし(どんなんや)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 6日 (月)

【前編】岡山は鴨方ラーメン開拓「めんや 一歩」さんのらーめん(醤油)600円

  前回福山・笠岡に仕事で行った際に、お昼ちょっと足を伸ばしてもちっと岡山寄りに車を走らせた。
 R2で鴨方ら辺にラーメン屋さんがあったと思ったがやはりそう。
 新規々々、いつまでも笠岡ラーメンでは芸がない(と言いつつ行けば必ず食べてるが)。

Cimg7436 場所はJR鴨方駅からだと西に500mも歩かんだろ。
 R2鴨方跨線橋の交差点、何だけど意外と地味なので通り過ぎちゃうかもね。
 ちなみによく見ないと分からんが、福山まで24kmと案内板が出てる、遠くまで来たなー。


Cimg7429 ・めんや 一歩:らーめん(醤油)600円

 駐車場に車を停めて、がらっと入ってカウンターに座る、ってカウンターしかないんやけど。
 お昼時ながら先客カップル2名。

Cimg7430 何しようかとおしながき確認、らーめんは醤油・塩・味噌と節操がない。
 トッピングで変化させるようで、各味にバター・玉子・もち・野菜・山かけ・チャーシュー・カレーとある。
 カレーは分かるが、山かけらーめんってどんなんよ???
 麺の大盛りは100円、めしは150円でミニ焼豚丼は300円であったが、ここはスタンダードに醤油を注文。

Cimg7433 作ってる所を見てたが、スープは醤油ダレがなく、でかい中華鍋みたいなのに直接スープを入れて、そこに玉ねぎともやしを入れて熱する。
 麺は茹で上がったら丼に移し、そこに熱々のスープをかける、そんでトッピングを載せるという作り方、それがこれ。

Cimg7434 では麺から食べる、ぞぞぞぉぉぉ~~~、細めの加水率低めのストレート麺。
 スープ熱々をいただこう、じゅるっと、ふむ、何てことない鶏ガラベースか、少し甘めのスープ。
 もともと少し甘めなんやろう、そこに玉ねぎの旨味と甘みが加わって、ちょっと美味しくなる。
 チャーシューは味がないが、注文してから炙った訳ではないが、焦げ目が側に付いており、それなりに香りがある。
 メンマは普通に酸味のあるメンマ臭、特にどうこうってもんじゃない。
 半熟ゆで卵もとろっとろではないが、一応目を惹くトッピング、ネギ多めが嬉しい。
 上述のように、いろんなスープがあるが、汎用性の高いベーシックなスープやからかと納得していただいた。

Cimg7432 ちなみにカウンターには鰹節とにんにくが置かれており、流石ににんにくは潰さんかったが、鰹節入れたらほぼ和風らーめんと言って差し支えない出来となった。
 いや、店内見た目から和風やねんけどね。

Cimg7435 食べ終わってお勘定したら、アイスクリーム食べていってというサービス。
 ワタシの真後ろのミニ冷蔵庫に小豆バーとミルクバーがあったので、ホームランバーみたいなのにした。
 うーん、クールダウン。


 特別これがどや!!!って一杯ではないが、普通に食べられる。
 山かけらーめんは実に興味があるので、誰か行ってクレイ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月21日 (火)

またまた小ネタでJR三原駅呉線ホームの立ち食い「浜吉」さんのきつねうどん410円

 今回も小ネタ。

 しょちゅう行くのだが入ったことがない、あるのは知ってる。
 なくなってしまってからでは遅いのでここに上げておく。

 ワタシは呉線を使ってよく竹原に行く。
 車窓は日本でも10指に入ると思うくらいの美しさ。
 特に安芸幸崎越えて忠海に行く途中の瀬戸内海と呉線がぴったり併走するポイントは快晴ならばメチャメチャ迫力もあるし、珍しくも美しいと思う。
 余談。

 その呉線だが、これがまぁ、使い勝手の悪い路線で、電車は滅多に来ないわ、雨が降ったらすぐ遅れるわで、実に使いにくい。
 しかし車窓がええから乗るんだが、実はこの三原駅の呉線ホームの西端に小さいながら立ち食いうどんの店があるのだ。


Cimg6970Cimg6971 ・浜吉:きつねうどん410円

 ほら、この人の居なさっぷりってハンパないでしょ???
 新幹線こだまが泊まるわりには冴えない駅で町なんだよなー、三原って。
 食べ物はタコが有名、あと今ではどこにでもある「八天堂」さんも駅から3分くらいの所に本店がある。
 タコだけじゃなく、海の幸がとても美味しくリーズナブルでいただける割烹もある。
 何度も泊まってるのでな、ワタシがけなしてるのは好きの裏返しなのさ。

Cimg6976 この「浜吉」さんって仕事が終わって帰る頃には開いてないんだわ、ってんで確認してみたら営業時間10時~15時。
 うーん、この時間帯に三原の駅で過ごす人が何人居るのか…。
 ワタシが行ったのは11時くらいやったか、当然人は居ません。

Cimg6972Cimg6973 意を決して(たいそうな)店内に入ってみると、中に券売機が。
 どう見てもお客さんは来なさそうで、店員さんは1人、券売機が必要とは思えんのだが、何せこの頃物騒なので、こんなんでもあった方が安全なのか。
 さー、何食べようかな、うどんかそばかというと、そりゃうどんやな。
 本当はかけで十分なんだが、一応実力を知るには天ぷらよりきつねやな。
 肉はワタシ的には高すぎる、ここで490円使うんなら普通の店で後200円出して定食食べる。
 駅弁もやってるみたいで、980円~1200円まであるみたいやが、タコとか穴子とか入ってんのかな。

Cimg6974Cimg6975 さて食券を渡して待つこと3分、出てきたきつねうどんがこちら。
 油揚げ2枚にネギ多め、蒲鉾1枚、驚くような物は何もないな(笑)。
 では麺から食べてみよう、ぞぞぞ~~~、うん、冷凍麺ならではのタピオカのコシがある!!!
 ハズレないねぇ、冷凍は。
 お出汁は業務用の昆布の味が出たもんで、決して不味くはない、そもそも美味いとか不味いとか言うべきモンじゃない。
 このシチュエーションで食べることに味があるのだ。
 「オレは今、三原駅の呉線のホームの立ち食いうどんで食べてるんだぞ」ってなね。

 よう分からんが、1日20人はお客さん来ないと思うな。
 なので急ぎ食べて上げなければいかん。
 いや、実は最近忠海から船で行く大久野島が外国人観光客に人気なので、そっち向けで繁盛してるのかもしれん。
 いずれにせよ立ち食い受難時代に三原駅で食べたというのは貴重。
 しかもこんなに分かりにくいレアな店で。


 ちゅーことで、日本全国駅うどん巡りしてる方は、なるべく早めに行った方が良いと思うよ、三原駅。
 ちなみにウチの沿線では阪急電車今津線の仁川駅の「阪急そば」はいつの間にか閉まってたからね。
 何が起こるか分からんさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 6日 (月)

広島は銀山町三部作最終回「利根屋」さんでホルモン各種食いまくり

 明日からまた壮絶な出張、今年二度目の3泊4日。
 まずは明日静岡まで行って名古屋泊まり、明後日は名古屋で営業、終わって東京まで移動、木曜は埼玉は加須まで行ってうどんを食べて(仕事もするぞ)、調布に戻って晩に名古屋に移動、金曜は三重県は津市にまで移動して、帰りは近鉄特急で鶴橋に戻って来る。
 うーん、こうして書いてるだけでうんざりしてきた。

 それはさておき、銀山町三部作その3。
 1に老舗餃子の「清ちゃん」さん、2にウニクレソンの「中ちゃん」さん、そして最後を飾るのがこちら。
 って、この3店の内、一番最初に行った店やったんやが、いつも開いてなくって、年明けにまでずれこんじゃった。

 場所は市電で銀山町下車、南に5分下って一本、東に入った所。
 ちょっと分かりにくいかもしれんが、繁盛店なので分かるであろう。

 ネタ元は「吉田類の酒場放浪記」。
 いつも東京だけど、たまに地方遠征することもある。
 広島はそれこそ3部作かなんかでロケされてたような。
 そこで見たホルモンが実に美味そうだったので、これは行ってみねばと。


111Photo ・利根屋:各種食いまくり。

 この日は年始の挨拶回りで、まずは素麺の里のたつの市に姫路経由で行って、姫路に戻ってこだまで三原まで移動。
 そこから呉線で竹原まで行き、最後はかぐや姫号で広島まで移動するという、上で述べてる出張ばりのムチャクチャなルートであった。
 そんで広島でディーラーさんと合流し、呑みに行くことに、これも仕事じゃ!!!

Photo_2 開店が18時で少しだけ遅れて行ったのだが、既に満員で、2人分の席を空けてもらって入ったくらい、だから広島はお好み焼きだけじゃないってことだよ。
 丁度、鉄板の真ん前に座ったので、美味そうかつ、臭いも付きそうなポジションであった。

500500550Photo_3 ・アブラ(小腸)550円・ホルモン500円・センマイ550円

 ビールで乾杯し、ホルモンをいくつか頼もうとしたら大将がこの3つにしたら、と合わせて焼いてくれた黄金トリオ。
 ここって必ず、キャベツとネギと一緒に炒めてくれるみたい、なので野菜も摂れるぞ。
 ホルモンの美味さは言うに及ばず、最初に驚いたのがタレ。
 味噌味にヤンニョンジャンじゃないけど、そんなジャンが使われてるので、酸味のあるタレとなってる、これイケル!!!
 このタレはどんどん継ぎ足ししてくれるので、しっかり絡めて食べると宜しかろう。

600550 ・タン塩600円・牛ロース550円

 タン塩は比較的あっさり食べられるアイテム、お酒ススム君だよなー。
 そして牛ロース、これはなんちゅうか、タレと食うたら酒ってよりご飯が欲しくなる。
 ワタシはこれだけで3杯は軽い、それくらい相性が良いと思った。
 ホルモンだけでなく赤身も美味い!!!

600600 ・ピチカブ(ギアラ)600円・コウネ600円 

 調べたらピチカブは牛の4番目の胃、コウネは肩バラだそうだ。
 ギアラは食べたことあるけど、コウネなんて初めて聞いた。
 いろんな部位が食べられるのもこの店のストロングポイント。

650Up ・骨付カルビ650円

 これは鉄板では焼かず、炭火の網で焼く。
 上の画像にある仏さんの頭みたいなダクトがある下が網。
 このこんがりした焦げ具合、そりゃ見るからにそそる、絶対外れのないアイテムだよなー。
 骨までしゃぶらせていただきました、ムフ。

400 ・ホルモン汁400円

 これが〆の一杯、何でホルモン汁なのかと言うと、冒頭の吉田類さんが、最後に食べて唸ってたから。
 結構ミーハーなのだ。
 このホルモン汁はメチャメチャあっさりしてる。
 おそらく出汁材はホルモンのみかと、そこに薄口醤油、甘みがあるのはみりんに酒、使ってんじゃないかいな???
 本当に素朴な一杯でこれまでの濃厚な味をサッパリさせてくれちゃう。

Photo_4 えーっと、何で画像が横長のスマホン画像かというと、最初のホルモンをデジカメで撮ったら、その後NGが出てしまったので、スマホンに切り替えた。
 結局UPしちゃってます、利根屋さん、すんません。
 最後になるがメニュー載っけておく、重ね重ねすんましぇん。

 それと、鉄板焼各種焼く際に、にんにくをおろして混ぜ混ぜする、だから美味さもパワーアップ。
 臭いが気になる人は行くな!!! じゃなくて、大将と相談してみると良いかもしれん。
 しかし、それも味、野暮なこと言うなってことよ。


 いやー、餃子にウニクレソンにホルモン、銀山町は実に食べられる所だよ。
 ちなみにお好み焼きでは「八昌」さんがあるので、そっちも完璧。
 多少エロいけど、かなり楽しいよ、銀山町。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 3日 (金)

笠岡ラーメン超新規「麺屋 千鳥」さんの中華そば600円

 昨日は福山から倉敷に行って岡山市北区で仕事をフィニッシュして、折り返して福山に戻って泊まった。
 今日は朝結構早かったので、朝笠ラーは無理、なので昼に今年初の「一久」さんに行ってラーメン(並)600円食うた。
 今日の「一久」さんは醤油感がいつもより少しマイルドで鶏の旨味と醤油の旨味だけで何でこんだけ美味くなるんだ、ってな完成度やった。
 ただし相変わらず麺がヤワい、麺カタって言ってんのにヤワい、老大将はヤワいのがお好みなのだろうが、若者は(あんまり若くないが)バリカタなのですよ。
 なので100点はいかず、95点止まりやった、惜しい惜しい惜しい。

 何で(並)だったかと言うと、もう一軒ハシゴする気やったから。
 それが笠岡ラーメンの進化系、岡山県備中県民局井笠地域事務局内食堂の「笠岡ラーメン大松」さんの笠岡ラーメン(中)580円。
 ここは県事務局の食堂なので、一品とご飯と味噌汁か、うどんかそばかカレー、そしてラーメンがメニュー、安価で食べられる食堂なのだが、いかんせん県の施設なので土・日が開いてないから一般人にはかなりハードルが高い。
 ここのラーメンは鶏の旨味に和出汁をプラスしてるのである、鰹と昆布。
 ぶわーっと鰹節の香りと旨味が押し寄せて来るんだが、鶏と醤油とナイスなマッチングでイノシン酸とグルタミン酸の旨さの掛け合わせで、とにかくこれまでにはない笠ラーなのである。
 ワタシの中での笠ラーのベスト3が「坂本」さんと「一久」さんとここ「大松」さん。

1017 そんで満足してR2沿いのマ○クでコーヒーブレイクしようと思って、何気に脇見したら、以前はこのように「ラーメン家」さんという店で、3年前に閉店された店が新しくまたラーメン屋さんとして開店してるのを目ざとく見つけてしまった。
 これは3杯目とはいえ入らねばなるまい。


Cimg7384Cimg7385 ・麺屋 千鳥:中華そば600円

 だから場所は岡山県備中県民局井笠地域事務局の北東、R2で言うと四番町を東に行って、次の信号を南に降りてすぐ。
 前の店は夜は呑み屋も兼ねてるような、おかあちゃんがやってる店やったが、今回は果たして。

 がらっと店に入ったらカウンターが2つに分かれてる。
 厨房の前のカウンターと、入口入ったとこに壁に向かって据えられたカウンター、奥に先客が居たので、3席くらいのカウンターで壁見ながらのぼっちラーメンを食べることにした。
 席数は10席くらいか、そんな小じんまりした店なんだが、お店は若き店主とそのおかあちゃんか、それと奥さんか姉か妹さんかの3人でやっておられる。
 1月27日開店とあったので、様子見もあって3人入って居られるのかもしれん。

Cimg7386 壁に掛けられたメニューをパシャリ。
 普通の中華に塩に今流行の台湾まぜそばまである、しかも追い飯付きだと。
 しかしそれより気になるのは納豆ラーメンやろ、上に納豆載っけてるだけやったらシバキやけど。
 この品揃えでは笠ラーではないのかな???

Cimg7387_2 そうこう考えてる内に出てきた中華そばがこちら。
 おお、笠岡煮鶏からこれは笠ラーだとジャッジ。
 でもネギは笠岡切りじゃないな、麺は笠岡ストレートみたいやけど(何でも笠岡にすんな)。

Cimg7388 では麺から食べてみよう、ずるずるずる、だから細めのストレート麺、麺カタって言ったがこれも頼んない麺カタ具合や。
 続いてスープをいただこう、ぞぞぞぉぉぉ~~~、うん??? 鶏の旨味は感じるが、パンチが足りない。
 と言うよりこれも鶏と和出汁とのハイブリッドか??? だけど「大松」さんを大幅にスケールダウンした感は否めん。
 醤油ダレも熟成が足りてないのか、醤油そのもののトゲがある。
 煮鶏は色は濃いが、それ程味が染みてなく、分厚くカットされてる分、固くて食べにくい。
 メンマは笠ラー特有の甘くて唐辛子辛いってのじゃなく普通。
 それより何より、最も気になったのはラーメンが熱々じゃないこと、これ致命傷じゃない???
 玄関に近い席に座ったとはいえ、ぬるくなるのが早すぎる、それなのに最早ヤワくなってる麺も気になる。
 とにかく全体的にぼやんとした感じがする、まだ1週間やから、ってな言い訳はもちろん通用せん。
 
 これ、今日食べた際に撮ったスマホン画像、上から「一久」さん、「大松」さんにここ。
 見た目もぼやんとしてるような気がするのはワタシだけか???
 ちなみに余談ながら「大松」さんはちょっと辛目の唐辛子を振って出してくれるようになってた。

Dsc_1174
Dsc_1176
Dsc_1177

Cimg7389 ちょっとネガティヴな文章になってしまったが、今日は節分なのでこんな「金棒チョコ」をもらった、そういう人が良い店なんだと思うので頑張って欲しい、ということにしておく。
 久しぶりに出来た笠ラーの新店やしね。
 

 余談ながらJR笠岡駅出てすぐに以前「かも福」さんという、香川より美味いうどん屋さんがあったんだが、残念ながら2年前くらいに閉店された。
 その後にラーメン屋さんが居抜きで借りたんだが、これが見た目笠ラーっぽいんだが、中身がグルソーまみれでとんでもなく不味くて、とてもここに載っけることが出来んような店だったんだが、案の定半年持たずに潰れた。
 果たしてこちらの店や如何に。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧