2018年11月13日 (火)

驚異の「自由空間 広島本通店」さんのヤミツキ!! 100円カレー無料

 ワタシはしょっちゅう出張に行ってるので(シャレではない)、時間を潰すのによく漫喫に行く。
 特に名古屋の名鉄レジャックの地下の自由空間にはよく行く、そもそも会員券作ったのここやし。
 そんで調べてみたら、ワタシが出張で行く先に丁度ええ場所にあるのよ。
 福山だと福山駅南すぐとか、広島市内だとここ本通とか。
 前に初めて仕事が終わってから読んでなかったマンガ雑誌を読みに行った時にエラく安かったし、次回50円割引券とカレー無料券ってのをくれたのでびっくりした。

 なのでこの無料カレー券を使うべく、お昼時に行ってみた。
 もちろん昼ご飯を食べてから〆のカレーとしてだ。


Cimg0339 Cimg0340  ・自由空間 広島本通店:ヤミツキ!! 100円カレー無料

 場所は広電立町を南へ下がって本通にぶつかった所くらいにある。
 看板の左にはマンガ席15分50円とあるが、ワタシは右側の30分150円であった。
 この自由空間も店によって値段って違うのね、名古屋って結構高かったような。

Cimg0338  エレベーターで3Fに上がって会員券を読みとって席を決める、だからマンガ席が一番安いんだが、皆それを狙ってるので、結構競争激しいかもしれん。
 この時はマンガ席は空いてたのでカド席を取った。
 そんでカレー無料券使用する旨、店員さんに伝える。
 すると出来上がったらマンガ席の電話が鳴って受け取りに行くというシステム。

 5分くらいで電話が鳴ったのでもらいに行った、マンガ席で食べるのはあまりにも圧迫感があったので、奥にカウンターの食事席があるので、そこで食べた。
 ソースや唐辛子もあるのでカスタマイズできるし。

Cimg0335  その100円だけど実質無料のカレーがこちら。
 何故かパセリが振られてるが、見た目学食のカレーやん(学食かい)。
 ワタシはカレーはソース派なのでダバっとかけていただく、うむ、レトルトカレーやね。
 業務用の大量購入か??? いや、そんなのどうでもイイノダ、だってこれロハでっせ(出たロハ)。
 文句言うヤツはワタシが許さん!!!
 ワタシはカレーには甘いので、辛口が好みだが(ややこしい)、喫茶店で出てくるような缶詰のカレー(今時あるかそんなの)でも好きやし、広島なら「サン・カレー」さんみたいな小麦粉を絶妙に焙煎してるような黄色いカレーも好きやし、もちろんインドスタイルのカレーも好き。
 ラーメンやうどんはクソミソに言うけどカレーには甘いのでこれで全然OK。
 昼ご飯の〆にピッタリやった。

Cimg0336  しかしこの店、どうやって利益出してるのか謎。
 このメニューを見てクレイ。
 100円カレーも異常だが(トッピングの方が高いってどうよ)、左のランチ&ディナーメニューが凄い。
 人気No.1のカルビ丼なんと100円(税込108円)!!!
 人気No.3のエビフライ丼なんて右のカレーのエビフライトッピングが149円(税込)160円なのにエビフライ丼単体で100円(税込108円)なんだよ!!!
 カルボナーラも人気No.2の明太子クリームパスタも100円(税込108円)ってあり得ねー!!!
 190円(税込206円)で豚骨醤油や味噌ラーメン、おろしハンバーグ丼にソースカツ丼が食べられるんだよ!!!
 ちょっと凄すぎへんか???

Cimg0337  ランチ客を取り込もうとしてるのかと思いきや、隣にはサラリーマン応援企画として平日限定ながら17時~23時までちょい飲みセットとしてハイボール1杯にミニおつまみ1品無料やって!!!
 酒飲みまで取り込むつもりか???
 そんでその下、無料モーニングとしてお茶漬けが食べられる、どんなサービスやねん!!!
 24時間なのでホテル客まで取り込むつもりか!!!

 結局ワタシは1時間滞在で300円、50円割引券持ってたので250円でカレー食べて、もちろんドリンクバーにスープバー、アイスクリームも食べ放題でマンガも読んだ。
 これでたったの250円、凄すぎて毎日行けるっちゅーねん、行かんけど。
 更に凄い所は帰りにまた50円割引券とカレー無料券くれちゃうってこと、どんだけ~~~。


 今までマックでコーヒー飲んで時間潰してたけど、これからはここに居座ります。
 自由空間恐るべし、何てステキな場所なんだ、凄すぎたのでここに載っけました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月25日 (木)

広島初の笠岡ラーメン「中華そば きたぎ」さんのサービスセット中華そば(並)+卵かけごはん680円

 少し話は遡る。
 先月広島に行った際に、いつものようにお昼を八丁堀の「サン・カレー」さんで食べようかと思って突き進んでたが、混んでたのでちょっとぼらぼら歩いてみたら、なんと笠岡ラーメンの店を発見した。
 ワタシに断りもなく笠岡を名乗るとは太ぇ料簡だってことで、その実力を試してみることにした。

 場所は立町が近い、ラウン〇ワンの北側の筋を東に行った所、格安ピザ屋さんの角になる。
 ガラス張りの店内は入りやすそう、笠岡の「一久」さんは一見ではかなり怖いからな。


Cimg1150Cimg1151 ・中華そば きたぎ:サービスセット中華そば(並)+卵かけごはん680円

 という訳で左の画像を見てもらえば向こうにアーケードが見えるのが本通り、だから迷うってことはあるまい。
 手前のA型看板でメニューをざっと見てた、お昼のお得なセットが良さそう。

Cimg1152 がらっと店内に入る、お昼過ぎてたが席はどこでも座れるような感じ。
 まずは入ってすぐにある券売機で食券購入。
 変わり種ではカレーラーメンなる珍メニューがある。
 野菜ラーメンまでならまだ許せるが、カレーラーメンとは。
 ま、郷に入れば郷に従えってことか(意味分からん)。
 この券売機の真隣のカウンターに座って食券手渡す。
 結構奥に広い店内、清潔感ある店やなー。
 本家笠岡とはどえらい違いや。

Cimg1158 壁には笠岡ラーメンの特徴ってな紙が貼られてある。
 要は笠岡地区では養鶏が盛んだったので気軽に食べられる料理として「かしわ」を使ったラーメンが誕生した、とある。
 後半は「中華そば 坂本」さんの宣伝みたいになってるな、ここで修業でもしたのかいな、「坂本」さんで修業中の人よく見るからな。

Cimg1156 カウンターにも「笠岡ラーメンの特徴」と書かれてるのがあって、笠岡ラーメンは老鶏の鶏ガラを使用した醤油ベースのスープだとか、豚肉チャーシューではなく「かしわチャーシュー」であることが最大の特徴とある。
 「おいしい召し上がり方」なんてのもあって、まずは透き通ったスープを堪能し、その後に「かしわ」を食べるって書かれてる。
 ワタシは麺から食べる派だっつーの。
 お好みにより胡椒やガーリックパウダーや一味を入れて一味違う笠岡ラーメンを堪能できるとある。
 うーん、本当に美味しいラーメンは何も入れんのだけどな。
 下段にはこのお店は笠岡出身の千鳥の大悟が名付け親らしいと書かれてある。

Cimg1155 5分程経って出てきたラーメンと卵かけご飯のセット、うん、確かに見た目は笠岡やわ。
 特徴の左上にも書いてあったが、ネギが斜めに切られていて、私は笠岡切りと名付けているのだが、ちょっと長すぎて斜めすぎるような感じがする。
 でもキラキラとチー油が光って、食欲をそそるな。

Cimg1153 卵かけごはんをUPで見る。
 うーん、ごはん少ないんちゃうん(涙)。
 卵かけるんやからもう少し盛ってほしかったが、サービスランチやからな。
 醤油がラーメン出汁ってのはナイスですね~~~。

Cimg1154Cimg1157 ではしゃらくさい、麺から食べよう麺から、ぞぞぞ~~~。
 うむ、麺は笠岡ストレートやな、固めに茹でるのがこの麺には合ってる。
 続いてスープをいただく、じゅるり、はうー、これはなんつーか…奥行きがない。
 どう言ったらいいのか、スープの旨味もそうやが、醤油ダレの熟成も足らないような、味が若い。
 それはメンマにも言える、甘さと唐辛子も若い、もっと深くて濃いんだよなー。
 それはもちろん笠岡煮鶏にも言える、食感はコリコリしてるんだけど、醤油ダレの旨味が乗ってないのよ。
 なので笠岡ラーメンなんだけど新人が作った笠岡ラーメン、みたいな感じ(その通りやと思うが)。
 「坂本」さんや昔の「一久」さんとは違って軽いんだよね。

 ということで、広島初の笠岡ラーメンの店、ということであるが、せっかくの笠ラーなので広島県人にもっと美味しい笠ラーを食べてもらって腰抜かさせて欲しいと切に願うばかり。


 岡山県外の笠ラーだと、兵庫県は神戸市垂水区の「中華そば いまい」さんが、卵かけごはんをやり始めて、麺も全粒粉という、本家を超えた味作りをしているので、是非とも更に上に行ってもらいたい。
 少なくとも尾道ラーメンには負けんで欲しいもんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月16日 (火)

浮かれた朝の薬研堀で朝らうめん「鍋焼らうめん ひさし 薬研堀店」さんの鍋焼らうめん850円

 ちょっと古い話になるが、実はカープが3連覇を決めた時、広島に居た。
 いつもは満席の宇品の「ぎょうざの美和」さんで呑んでた。
 流石にこの日はがらがらで、試合も1回の大量得点で決まってしまったので、野球はそこそこに、アナゴの骨の揚げたのと刺し盛りで呑んでた。

 8分くらいまで仕上げて、後はホテル呑み。
 この日は薬研堀の南の方の安いホテルで泊まってたので、歩くのがいささか不便であった。
 夜はその薬研堀ではお好み焼きが振る舞われるバカ騒ぎであったらしいが、ワタシは酔いも回ってたので、TVでほげーっと見ながら角ハイボール濃いめをぐびぐび呑んでた。

 さて、朝になって新幹線で福山に移動せねばならん。
 7時半前にホテルを出て広電銀山駅に向かおうとした途端、何とまだ開いてる店を発見した。
 優勝したからではなく、薬研堀という特性上、お店は9時までなんだそうだ、ちなみに開店は23時って遅っっっ。


Cimg1159Cimg1160 ・鍋焼らうめん ひさし 薬研堀店:鍋焼らうめん850円

 ワタシが離れた所から写真撮ってると、店から出てきた人が居てびっくり。
 そんで店に入ったらまだ呑んでる人が居て二度びっくり。
 らうめんを食べてる時に女性客二人が入ってきてウーロン杯頼んだのに三度びっくり、ちょっと浮かれすぎなんじゃねーのか???
 とにかくカープ女子の凄さを垣間見た瞬間であった。

Cimg1161 それは置いといて鍋焼らうめん、がらっと入ってカウンターの奥の席に座ってメニュー拝見。
 一品で酒のつまみもあったみたいだが、ワタシは朝ご飯なので鍋焼らうめん一択。
 半麺が50円引きなのに替玉だと200円増しになるのって何だか割が合わんような。
 とっぴんぐもおじやも溶き卵も今回はイラン、とっとと食べてとっとと新幹線に乗るのだ。

Cimg1163 10分程して出てきた鍋焼がこやつ、何故かネギが別盛りされてる。
 取り皿だけでは寂しいからネギという付加価値を付けてるんかな。
 見た目は肉厚のチャーシューと煮玉子、それに不思議な大根おろしか、何で大根おろし???

Cimg1164 鍋焼だが土鍋ではないので、それ程熱々じゃないのでいきなり食べられる。
 なので麺から、と言いたい所だが、この鍋の内側にチンゲン菜かなんかが沿って入れられているので、野菜から食べるのは聖闘士には同じ技は二度効かない以上にもはや常識。

Cimg1165 そして麺を食べてみる、ぞぞぞ~~~、ふんふん加水率高めのシコシコパッツン系の麺か。
 スープは豚か??? 実にアッサリしたライトなスープ、これなら呑んだ後の〆に良いのではないか。
 脂多めのチャーシュー食べてみよう、おおっとぅ、これはとろけるようなチャーシューや。
 一品モノとして肴としてナイスな味付け。
 半熟煮卵もちょっと濃い目の味でライトなスープに合う。
 最後まで大根おろしが謎やったが、これってどのタイミングで食べるのが正しいのでしょ。

 久しぶりに薬研堀に来たけど(朝やけど)、この時間まで営業してる豪の店があったんやな。
 広島恐るべし、酔っぱらって寝てたからどんな盛り上がりやったんか知らんが、さぞかし楽しい夜やったことやろう。


 今回は楽しい時間を逃してしまったので、次はCS制覇じゃなくて、日本シリーズ優勝でまた盛り上がって、今度こそは参加させていただきたい、カープ頑張れー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 8日 (月)

広島は立町でお蕎麦新規開拓「蕎麦 とんぼ」さんのラー油蕎麦肉入り850円(税抜)3玉

 また3連休で嬉しい限り、ここんとこ余計な仕事が多くてなかなか疲れが取れん。
 なのに今回は土曜に久しぶりの香川にうどん食べに行って、その足でこれまたメチャクチャ久しぶりに高知に足を伸ばして鰹のたたきを食べに行ってきた。
 昨日帰ってきて、馬券買って、夜は凱旋門賞を見て(馬券は買ってない)、そんで今日曜日が京都大賞典、ええ加減に三日開催JRA止めれ。
 
 ちょっと話がずれてしまったが、9月に行った広島での話。
 去年広島は立町のラウ○ドワンの隣に十割そばのお店を発見した。
 何と十割そばが430円3玉まで同料金という、なので迷わず入ったことを思い出す。
 そしてそれから1ヶ月くらいか、前を通ったら店が潰れてたのにはびっくりした。
 まぁ、430円で3玉では儲からんか。

 そんなこんなであまりこのラウン○ワンの北の通りは通ってなかったのだが、夏前に前を通ってみたら何と同じ場所にそば屋が出来てるではないか。
 しかも同じように3玉まで同料金、だいぶ新店の方が高いけど。
 ということで行かなければと思ってたのだが、先月ようやく行けた。


Cimg0528Cimg0517 ・蕎麦 とんぼ:ラー油蕎麦肉入り850円(税抜)3玉

 左の画像でラウンドワン(あ、言っちゃった)の場所を確認してくれ、そういう立地。
 お昼時は結構サラリーマンが行き交うのでランチ戦争になったりするんかな。
 ま、ワタシはビジネスマンなので違うけど。

Cimg0526Cimg0527 さて、お店の看板で何食べようかと見てみると、何だかややこしい。
 お奨め○得ランチはA・B・Cがあって、一番安いA900円で野菜天ぷら3種にそば、3玉まで同料金。
一番高いCでたっぷり天ぷら5種で1080円、3玉まで同料金とはいえ、前の店よりずいぶん高くなったな。
 くるっと反対側も見てみる、おおラー油蕎麦があるではないか、850円ならそれはそれなりの値段や。
 だから時代はラー油蕎麦なんだよ、広島でもよく見かけるようになったもんな、外食では密かなラー油蕎麦ブームと言える。

Cimg0519 ガラッと入ると、左手に麺打ちのスペースがある。
 前の店は厨房の中で機械で蕎麦をにゅるっと出してたみたいやったが、やはり違う店なのであろう。
 奥のカウンターに座ってラー油蕎麦3玉注文。
 カウンターの上には天ぷら用の天つゆと藻塩と抹茶塩、天かすはそばにかける。
 やかんのとなりの壺はラー油蕎麦の辛味足しであった。

Cimg0521 注文してから10分かからず出てきたラー油蕎麦3玉、つか、器でかっっっ!!!
 すり鉢かっちゅーねん。
 肉入りと言うだけあって肉が乗ってる(当たり前や)、天かすちょいと、水菜に海苔に白髪ネギ。
 つゆにはゴマとラー油が浮いてる。
 看板に書かれてたが、完成に181日、研究を重ねた自家製ラー油らしい。
 ピリッとした辛さと口の中に広がる花椒とゴマの風味を堪能してくれとのことである。

Cimg0522 ではそばからいただく、ラー油つゆに付けてぞぞぞ~~~。
 ふむ、細めの麺は喉越し良くて香りも悪くないと思った。
 冷たい蕎麦に冷たいつゆ、にラー油、夏なのでこれでOK、冬やと寒くなるので熱もりとかになるのか???
 それともつゆが熱くなるのか???
 意外と肉のボリュームもあったし、個人的に東京で初めてラー油蕎麦食べてから結構好きになったので、この組み合わせは好ましい。
 ラー油の油もクドくないし、これが自家製か。
 しかーし、前の店でも思ったことやけど、3玉って言うけど、これが3玉とは感じないんだよなー。
 実質ボリュームある2玉みたいな感じか。

Cimg0523Cimg0524 という訳で軽く完食。
 この鉢が以下にムダにでかいかがよく分かる。
 ワタシはラーメン丼の縦型は嫌いであると何度も言ってるが、こうでかいだけの鉢も困る。
 どれだけ軽く食べたかというと、この後カレー食べたことで察してクレイ。


 前の店と何が違うのかと考えてみたが、天ぷらのあるなしかいなということに行き着いた。
 客単価を上げることはもちろん、夜の呑み客も誘い込もうとしてるのかと。
 天ぷらで呑みたい人って多いと思うので、そういう使い方をするのはええんじゃないか。
 ま、1年後にもやってたらの話やけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 4日 (火)

福山は新涯でステーキ「エムズステーキ」さんの牛サーロインステーキ定食オリジナルソース150gごはん・味噌汁・日替わりスープおかわり自由1080円

 今は快晴と言っていいここ兵庫県。
 昨日は早々に今日5日の休みが発表されたウチの会社であるが、何だか申し訳ない気になっている。
 まぁ、これからもの凄い風と雨になるんろうけど。

 さておき仕事で広島は福山市にいつも行ってるんだが、最近やけに気になるのが、新涯ステーキ戦争。
 2ヶ月くらい前やったか、新涯6丁目の交差点に「いきなり」がいきなり出来てびっくりした。
 駅から全然近くもないのに、と思ってたが、開店してからかなりのお客さんの入りで、駐車場いつも満車で驚かされる。
 そんな話をお客さんとしてたら、その道を(県道380)を北に上がって、ガ○トとFMの交差点(新涯中央)を東に折れた所に春に出来た(4月であった)ステーキハウスがあるよ、と紹介されてたので、行ってみることにした。


Cimg0534Cimg0536Cimg0537 ・エムズステーキ:牛サーロインステーキ定食オリジナルソース150gごはん・味噌汁・日替わりスープおかわり自由1080円

 いやー、これ教えてもらわないと絶対分からんよ。
 この新涯中央の交差点を西に行くことはあっても東には行かんもん。
 いつの間にかドラッグストアーが出来てたが、そもそも東に行っても何にもないし。
 地元情報ありがたし。

Cimg0529 ちゅー訳で、12時少し前に入れたので券売機でメニューチェックしてチケット買ってすんなり座れた。
 画像では駐車場が満車になってるので、後からどんどんお客さんが入ってきた訳やね。
 客層は奥さん方とサラリーマンにガテン系が一部ってとこか。

Cimg0530 メインは牛サーロインでオリジナルソースかポン酢、ご飯の上にステーキが乗ってるステーキライス、よく分からんがご飯の周りにステーキが敷き詰められているビーフソテー、そんで魚介のフライとステーキの盛り合わせ、いずれも1080円。
 あと、魚介のミックスフライにエビフライ、フォアグラボールなる珍なメニューもある。
 あ、ビーフカツレツとポークカツレツもあるで。

 基本セルフで、食券渡してカウンター席に一番端の少し悲しいぼっち席に案内されて、スープを取りに行く。 
 この日はコーンスープ、後からいただいたが味噌汁は玉ねぎであった。
 そんでステーキが出てきたのでごはんを茶碗に盛って、箸でいただくことに。

Cimg0531Cimg0532 まぁ、焼くだけなので5分程で出てきた牛サーロインステーキ150g。
 ポテトにキャベツにスパゲッティが付け合わせで出てくる。
 オリジナルソースはたっぷりかかってこれだけでごはん食べられそうな勢いや。

Cimg0533 では野菜食べた後に肉食べよう、肉。
 焼き方的にはミディアムくらいなんかな、結構血が滴る。
 ソースたっぷり付けてもぎゅもぎゅ、うん、結構にんにくが利いてコショウ感もあるな。
 オリジナルソースとやらわ醤油と玉ねぎにみりんに酒、あと何じゃろ???
 
 うーん、何やろこの満たされない感は。
 セルフってことでお店がサービスを何もやってないってことか、それともコーンスープも味噌汁も薄くて安っぽいからか。
 肉が普通の皿なのですぐ冷えるからか、血が滴るのは良いけど、キャベツやスパが血だらけになったからか。
 肉焼くだけでご飯と味噌汁なら500円くらいで肉買ってきて家で焼いた方が安いと思ってしまったからか。
 何か外で食べることのごちそう感っていうのを全く感じなかった。
 これがサラダバーやったらまだ少し外食感があったんかもしれんが、これはただの人件費節約にしか思えんかった。


 ということで、ワタシ的には辛口になってしまったが、お客さんはたくさん入ってるので、これはこれでOKなんであろう。
 次は新涯6丁目の交差点を福山駅方面に西に折れてちょっとの所にもステーキハウスがあるので、そこに行ってみたい(あくまで「いきなり」はスルー)。
 果たしてこの新涯ステーキ戦争の行方は如何に!? 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月25日 (土)

倉敷ラーメン開拓「中華そば 福助」さんの中華そば500円大盛100円

 世間がお盆休みに突入する直前の金曜日、前々日の夜に姫路から広島に移動し、前日の木曜は広島で活動。
 この日金曜は早朝から新幹線で広島~福山と移動し、そこからレンタカーで福山市内と昼は足を伸ばして倉敷にまで行った。
 R2の方だったので、大雨災害の影響はなかったのだが、翌日からお盆休みってこともあったのか、いかんせん車がとても混んでいた。
 お昼を倉敷辺りでラーメン食べようと考えていたので(行き先は決めてなかったが)、R2からR429に入って倉敷駅に向けて走ると途端に渋滞。

 これじゃお客さんのアポ13時に戻ってこれるかも分からん状態だったので、中島の交差点から北にエスケープすることにした。
 途中、ディオという大型の激安スーパーがあり、この先何もなければここでジャンボいなりと焼きそば計200円で済ましてもええかと考えて通り過ぎてJRの線路を越える。
 何かこれといってありそうな雰囲気ではなかったので、もう一つの選択肢としてディオの向かいに開店したての豚カツ屋さんも見付けてたので、折り返してそっち行くかと思った矢先にラーメン屋さん発見。

 「塩元帥」さんかい、何でこんな辺鄙な所に。
 しかしワタシが「塩元帥」さんを食べても仕方がないのでどうしようかと思った矢先に、実は手前にもう一軒ラーメン屋さんがあるのに気が付いた。
 おそらく「塩元帥」さんが後から出来たんやろうけど、超至近距離で出店してるなー、もちろん戦いにすらなってないんやろうけど。
 ということで、当然個人経営の方のお店に入ってみることにした。


Cimg0479Cimg0480 ・中華そば 福助:中華そば500円大盛100円

 だから場所は中島の交差点を北に上がってディオを左に見てJR越えてちょいってとこ。
 上の画像、これ今回の進行方向から逆なので、ワタシが行った方向から見ると隠れる形になってるので分かりにくい。
 けど一応ポールの看板が立ってるので、気にする人には分かる。

Cimg0478 かなり広い駐車場もほぼ満車、どこからどこまでが「塩元帥」さんの駐車場が分かりにくい。
 とにかく店舗の並びに停めて、お店の画像をパシャリ。
 チェーン店がなかったら普通の店やねんけどなぁ。

Cimg0475 着いたのは12時ちょい過ぎのお昼真っ只中、しかし先客ゼロのワタシのみ、うう気まずい。
 とにかくカウンターに座り壁のメニューを撮る。
 基本は中華そばでチャーシュー・わかめ・玉子・にんにく・高菜、それに塩ラーメンがある。
 お得なランチはギョーザ付きのセットとチャーハンセットにカラアゲにライスのラーメン定食がある。
 だけどこの日は朝から笠岡の「中華そば 坂本」さんで朝笠ラーしてたので、定食とか食べるのはしんどいので、単に大盛とした(どう違う)。

Cimg0476 トイレ行って戻ってきたらほぼ出来上がりのラーメンがこやつ。
 これラーメン丼だけの画像になってるけど、実際にはトレイに乗って出てくる、見栄えの問題で外しただけ。
 褐色色のスープは岡山ら辺でよく食べられる豚骨醤油なのか。

Cimg0477 だけど麺から食べる、いやその前に軽くもやしを食べてから麺を食べる、ぞぞぞ~~~。
 ふむ、細めのストレート麺は少し茹ですぎた感があってもったいない気がする。
 だって、なんちゅうか潤いのある麺っていうか、瑞々しい感じの麺。
 後で店の看板見たら自家製麺って書かれてあったのでなるほどと思った次第。
 だから少し茹で時間が長かったのが惜しい、麺カタって言わんとあかんな。
 続いてスープじゅるっと、ふむ、豚骨に野菜の旨味が出たライト白濁系豚骨醤油か。
 中国地方のラーメンってこういう味なんだよねー、うんうん。
 チャーシュー3枚、どれどれ、醤油ダレで煮込まれたって感じも、結構若くて肉の食感もカッチリ残っている、噛んだ後に醤油の旨味が出てくる。
 メンマどれどれ、うー、これはかなり酸っぱい、暑すぎたからか???

 特に何が々という訳ではないけど、1杯500円は今時安いと思う。
 隣が隣なだけにどうやって共存していくのかが難しいが。
 でも後客で母子二人連れが入ってきて、途中、お店も大将一人から娘さんも加わってたし、やはり懐かしさと常連がキーワードかと余計なこと考えてみたり。


 とにかくチェーン店が好きな人はそっち行けば良いし、そうじゃない人はこっちか別の所に行けば良い。
 要は好みの問題だってこと、特にラーメンなんてそういう食べもんでしょ。
 まぁ、懐かしい味であったことは言っておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月31日 (火)

今こそ呉その③市役所食堂巡り「呉市市役所食堂」のヘルシーランチ550円

 しつこく呉編その3にして最終回。
 前回は「珍来軒」さんで呉冷麺を食べたんだが、昼が冷麺の大盛だけでは全く持たん。
 なので全日にメッコ付けてたあの施設に行くことにした。

Cimg0066 道中、こんな含蓄のあるBARを見付けた。
 「この店で飲めばどうなるものか 潰れるなかれ潰れれば明日はなし 飲み出せばその一杯が酔いとなり 飲み続ければその一杯が楽しくなる 迷わず飲めよ飲めば分かるさ 馬鹿野郎~~~」とある。
 そんで下に「家に帰っても何も無いぞ!! 多分…」だって(笑)。
 ちなみに本日のみメニューは焼き厚揚げしょうが醤油であった。

 それはさておき、あの施設とはいつものアレ、ワタシのライフワーク、そう、しやくそ食堂巡り。
 前日に呉駅で駅近の地図を見てたら発見したので時間が合ったならば(合わせたんだが)行かんとあかんやろ。


Cimg0083Cimg0084 ・呉市市役所食堂:ヘルシーランチ550円

 ぼやーっとしか覚えてなかったので、最初これかと思って歩いて行ったらそこは図書館でがっくり、もっと北に行くのだと分かり、そこから川を北上し5分、だから駅からだと15分くらい歩かなければならない。
 場所はだから屋台通りの北限のその先、ピッカピカの高層建築だからすぐ分かる。
 ワタシは豪雨のだいぶ前だったので遊び半分で行ったが、今は遊びで行くのは止めた方がヨロシイでしょう。

Cimg0068Cimg0069 この画像は川沿いを歩いてきたら見える角度やね。
 上の道路沿いの面が正しい呉市しやくその姿。
 何でも去年の12月に出来たそうだ、ほんとピカピカ。
 しやくそ食堂は最上階にあるのでそりゃー景色良いよ。

Cimg0070 しやくそに侵入し、一応食堂があるかないか調べる、最近ないしやくそも多いのでな。
 案内板を見たら9階に食堂があった、ふふふ。
 エレベーターを探して9階まで上がる、最新型はとにかく静かで快適やね。

Cimg0071Cimg0082 そうして上がった9階から見た北側の景色、おおー、田舎の都会って感じやん(敵増えるぞ)。
 食堂の入口はこんなふうにガラス張り、見える化で安全第一やが、地震が起きたらガラス危ないぞ。

Cimg0072 入口の横にあるA型看板、実はこの日は5月25日(金)、確か着いたのは13時くらい。
 日替わりAランチはとんかつチキンカツのWカツと週替わりのヘルシーランチ、白身魚のさっぱりマヨネーズ焼きとネギ塩豆腐とトマトと玉ねぎのシープにご飯(150g)、週替わりパスタランチがあさりのトマトスパゲティ、週替わり丼が豚肉のスタミナ丼である。
 そんでその下が毎週金曜日の目玉、なんとバイキングランチ700円なんだそうだ。

Cimg0073 さて、券売機で何食べようかと改めて見たら日替わりのWカツのAランチは売り切れ、まぁ、元々カツ食わんし。
 冷麺食べた後カレーもどうよ、かけうどん220円では呉しやくその実力は分からない。
 冷麺の次にラーメンなんてもってのほか。
 バイキングなんて食べられる訳もない、となるとヘルシーランチ残ってないやん。
 空いてる時間に行くのは鉄則だが、遅すぎたら何もないことが分かった。

Cimg0081 食堂内こんな感じで、やっぱり窓側から埋まっていくね。
 ここより高い建物ってそうはないからおらが街を眺めるにはもってこい。
 特にお時間に余裕のある人達はゆっくりのんびり食べるのはとても良いでしょう。

Cimg0074Cimg0075Cimg0076 荷物置いてハタと見たら、壁にバイキングランチの料理が置かれてる。
 興味津々で見てみる、一番手前は味噌汁じゃなければそばか??? 冷や奴に焼きぞばにかき揚げか??? かぼちゃにイカリングに鯖かな、豚の生姜焼きみたいなのにジャーマンポテトにクリームパスタ、ナスに焼売に鶏唐、んでロールキャベツに肉じゃがにマーボー豆腐。
 一番端の冷蔵ケースにはサラダにデザートまである。
 しかしどれもこれといって…これ700円高い安い???

Cimg0079 しかしワタシの頼んだのはAランチで白身魚のさっぱりマヨネーズ焼きとネギ塩豆腐とトマトと玉ねぎのスープにご飯(150g)550円。
 え…これだけ??? これで550円もしちゃうの???
 これじゃあバイキングランチの700円の方が20倍ええやん、ぶーぶーぶー。
 この小さいご飯が大きく見える白身魚の大きさってどうよ、泣ける。

Cimg0080 では食べてみるか、ネギ塩豆腐から、これはどうでもいいわな。
 トマトと玉ねぎのスープ、これは味が全くないですね、病人食です。
 白身魚のさっぱりマヨネーズ焼き、これはサッパリしすぎたマヨネーズ焼きやね、マヨネーズがライトすぎて何でご飯食べたらいいのか分からん。
 ハッキリ言ってご飯を食べるおかずがない。
 醤油でもかけて食べるかと思ったが、この醤油がヘルシー仕様になってて、どばっと出ないスプレータイプ、どんだけ減塩やねん(苦笑)。
 なので最小限の醤油をご飯にも白身魚にもスープにも豆腐にもかけて食べた、はうー。

 確かにヘルシーっちゃあヘルシーやった。
 ワタシが頼んだことが不幸、だからメチャクチャ言われちゃう。
 けどこういう食事しか摂れない人にはありがたいメニューなんやろうな。
 けどそれと食べ応えとは話は別ってもんでい。


 呉市市役所食堂:☆☆


 いくらなんでもこのガッカリ感ははないだろ。
 バイキングもこれといって目立ったもんでもないし、これがワンコインなら凄いけど、700円ならもっと美味しいもんいくらでもある。
 展望が良いだけでいつまで続くんだっつー話。

 しかしこれがハシゴの2件目で良かった、一発目にこれやったら間違いなく発狂してたな。
 それかバイキングランチ食べて☆☆☆やったかもしれん。
 次回もしも金曜に呉に行ったとしても行くかな、しやくそ食堂…。


 しやくそ食堂巡りなので辛口に言ったが、美味しい物一杯あるので、市役所には行かんでも良いから(行ったら迷惑)、呉行ってみよー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月26日 (木)

今こそ呉その②「珍来軒」さんの呉冷麺(大)800円

 ということで呉へ行こうその2。
 呉と言えば屋台街、それは夜。
 翌日に昼の名物はないのか、細うどんか、またはラーメンでは「モリス」さんか。
 呉冷麺も名前は聞くが、行列しすぎてて行ったことがなかった。
 でも平日なら並ばなくても食べられるのではないかと、様子を見に行ってみた。

 場所はJR呉駅を東に出て、川越えてR185を上がっていく、駅からだと15分くらいか。
 れんが通りではないのでお間違えなく。


Cimg0065Cimg0064 ・珍来軒:呉冷麺(大)800円

 5年前くらいに呉に行った時に屋台で呑んだ後、更にもう一杯「海軍さんの麦酒館」で呑んで〆に「珍来軒の冷麺」というのがあったので食べたことがある。
 だけど記憶は全くない、呑んでたからな。

Cimg0057 着いたのは12時少し越えた頃、サラリーマン2人組とおばあちゃんお二人が椅子に座ってた(画像は食べた後の)。
 これなら待っても良いかと、椅子に座って待つこと10分も経たずに店内に入れた。
 それ程広くない店内だが、客席は多く、当然満席。
 入って右手にある券売機でチケットを買う。
 この時は呉冷麺しか目に入ってなかったが、席に座って店内を見回したら他のメニューもあることが分かった。
 中華麺という名のラーメンがあり、ワンタン麺に何をもってスタミナというのか、スタミナ中華麺というニンニクを想像させるのもあり、旨辛味噌ラーメンに旨塩ラーメンに点心もある。
 定食250円増というのはご飯におかず一品でも付いてくるのかしらん???

Cimg0059 外で待つより中で待つ方が長かった、なかなか出てこないのでうんちくを読んでみる。
 「呉冷麺の誕生」ではこの店が呉冷麺発祥のお店で創業60年とある。
 冷麺に中華そばの麺を使えば、それは冷麺ではなく冷やし中華になる(どう違うんだ???)。
 と、このお店の初代が平打ち麺で、甘味とピリッとした辛さが広がる酸味の抑えたスープの呉冷麺を作ったんだそうだ。
Cimg0058 「呉冷麺の食べ方」には麺とスープをよく混ぜて、何口か食して冷麺の味を味わう。
 そんでお好みによって、酢辛子をかけるんだと、そんで酢辛子はかけ過ぎると辛くなるという(そりゃそーだろ)。
 酢辛子をかける事で味がしまりサッパリ、お好みで黒酢をかけたら甘くまろやからしい。

Cimg0061Cimg0062 結局15分程待って呉冷麺(大)到着。
 シンプルやなー、もやしでなくキュウリ、ハムではなくチャーシュー、小エビが2尾にゆで卵輪切り。
 ではキュウリをシャキシャキ食べてから平打ち麺を食べる、ぞぞぞ~~~。
 麺はもっとシコシコしたものかと思ってたが、そうではなく、平打ちだというだけでとりたててこれだっていう主張はないかな。
 冷麺のスープどんなんやねん、ちゅーっ、ちょっと味が濃いが至って普通の冷やし中華やな、いや冷麺なのか。
 これだけでは確かに酸味が足りないので、お好みで酸味を足すってことか。
 麺に酢辛子をかけてみる、うん、かけた方が食べやすいがあまり辛いとは思わん。
 次に黒酢をかけてみる、おお、こっちの方がワタシの好みや、マイルドな優しい感じになる。
 ではチャーシュー食べてみる、うぐぁぁぁ、これはおそらく中華麺のチャーシュー。
 これをこの冷麺で食べたら豚の脂が口で溶けなくて、ねちょねちょしてとてもとても気になる、だから冷やし中華はハムなんだよなー。
 これはかなり不快なので酢で油を落とすくらいの気持ちで麺を食べる。
 結局3枚当然ながら完食したから結構ハードな作業だと思うなー。

 冷麺のスープに黒酢は良かったが、麺は平打ちなだけでこれやって感じはなかったような。
 キュウリ刻んでゆで卵、小エビの存在感もそれ程感じんかった。
 どうしてもって感じではないが、名物やもん、興味のある人は食べに行くがヨロシ。


 ということで次回は久しぶりに「モリス」さんに行きたい。
 あの透き通ったスープをまた味わいたい、暑いけど…。
 さー、いつ呉行こかー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月23日 (月)

今こそ呉その①「八起」さんでおでん食いまくり焼酎ロック呑みまくり

 今回の大災害の前に実は広島は呉に行ってた。
 本当に大変だと思うが、少しでも早く復興して観光客がどんどん行ってお金を落としてもらいたい。
 なので微力ながらアシストさせていただく、何人がこれ見てるか知らんけど。

 5月末だったのだが一件呉でクレーム対応の仕事があったので、初めて呉で泊まってみた。
 呉の屋台通りには5年前くらいに一度行ったことがある。
 今時屋台もなかなかないからねぇ、必ず呑み食いすると決めてた。

Cimg0052 広島市内での仕事を終え、夕方に呉到着、前泊やね。
 出迎えてくれたのは何と「呉氏」であった。
 これが呉の新しいキャラクターみたい、「呉の顔、顔も呉、呉氏です!!」と言ってる。
 しかし果たしてここの顔穴に誰が突っ込んでSNSに上げるのであろうか…。
 まぁ、地道な活動ながらこういったキャラクターも大事やからね、現にワタシにこうやってヒットしてるしね。

Cimg0055Cimg0054 呉自体は10年くらい前にバイクで来た、その次はだから仕事で来たついでに呑みに寄った5年前。
 駅は相変わらずの地方都市の駅。
 この画像は翌日のね、快晴も快晴であった。
 「海色の歴史回廊 くれ」というオブジェも健在、ピカピカやな、今見たら。

 暗くなるまでホテルでハイボール濃いめ引っかけて、暗くなったら出動。
 駅からだと、東に歩けば川があるので、それを10分歩けば川沿いに屋台街がある。
 まぁ、これを見付けられん人は居らんやろ。

Cimg0044_2Cimg0047 川下からだと左の画像、川上から見たら右の画像。
 基本、おでん・ラーメン・焼鳥で、お好み焼きだったり串カツだったり、変わり種ではイタリアンなんかもあったりする。
 おでん屋の大将曰く、5年に一回くらい入札で店が変わることがあるそうだ。


Cimg0045Cimg0046_2 ・八起:おでん食いまくり焼酎ロック呑みまくり

 暗くなってるが19時くらいね、なので1番客であった。
 10軒くらいある屋台で何でこの店を選んだかというと、単にスマホン検索してたらこの店が人気あるって書いてあったから、ってミーハーかい!!!
 この屋台は屋台街の北限やけど、以前は更に端の店でおでん食べたのを屋台見て思い出した。

Cimg0049Cimg0048_2 一見、硬派なオヤジかと思ったが、喋るとなかなか親切な大将。
 まずは、つか最初から最後までおでんだろやっぱ。
 最初に目に付いただいこん・糸こんにゃく・たまご・ちくわ、各100円。
 焼酎ロックはいくらやったか、350円とかそんなんやったっけ(覚えてないんかい)。
 では大根からいただきまーす、もぎゅもぎゅ。
 うむ、非常に味が染みてる、そして出汁汁の味が醤油感濃い目やね。
 これは単純に好みの問題で、ワタシは酒がススム君かと思った。
 ワタシは練り物大好きなのでちくわは外せん、玉子も好きやし糸こんなんてどんだけ食べても太らんし(この時健康診断前)。

 次に行く前に大将にがんすはないのか訊いてみた、以前食べた屋台では置いてあったので。
 ここで解説、がんすとは平たい魚の練り物にパン粉をまぶして揚げたもの、関西でも「うまかつ」なる商品が出てるので名前は違うが見たら納得であろう。
 しかし大将曰く、がんすは出汁が汚れるので入れん、のだそうだ。

Cimg0050 次はお勧めを頼んでみた、しゅうまい・くきわかめ100円すじ120円。
 ほとんど100円だがすじは120円、くきわかめっておでんダネになるんや、へぇへぇへぇ。
 しゅうまいってあるけど注文したことないな、でも意外と美味しい。
 これこそ和がらしの出番やね、ひー辛。
 すじもええ加減で焼酎お代わりっと。

 ここでトイレブレイク。
 ここ呉の屋台通りは下水が整備されてるのがミソだそうだ。
 水回りはしっかりしているので、ここ自体が川横の遊歩道みたいな感じなので、トイレは近くにちゃんとあるので、どんどん呑むがヨロシ。

Cimg0051 復活、戻ってきて次何食べようっかな???
 あつあげ・ひらてん100円、ワタシのおでん種のベスト3に入るあつあげ、練り物もう一丁でひらてん。
 これも和がらしが後頭部に来てから眉間に来るよなー。

 そうして更に焼酎をロックで呑んで帰りに寝酒のハイボールを買って部屋に帰って呑んだ馬鹿者はワタシです。
 

Cimg0085 呉、戦艦大和か海自か屋台か、くらいしかなかったが、今は「この世界の片隅で」だそうだ。
 本屋にはサイン色紙があり、駅構内にはロケ地マップがある。
 大概は広島市内で済んでしまうので、上級者向けな呉だが、行けば楽しいので、夜も込みで今こそ行ってみ、県外人は歓迎されると思うぞ。
 行け行け呉!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月20日 (金)

鳥取小ネタその②にして最終回「砂丘そば」の砂丘そば380円

 鳥取編最終回。
 最終回も小ネタ。

 だから6月上旬に「砂の美術館」の砂像を見に鳥取に行った。
 まずは着いたお昼にラーメン、夜に魚、ハシゴで餃子、そんで翌朝である。


Cimg0301_2Cimg0303 ・砂丘そば:砂丘そば380円

 ま、何てことない駅そばやね。
 JR鳥取駅の北側にある駅そば、立ちじゃなくてカウンターで座って食べるのと、あとテーブル席もある。
 日曜の朝なので人もまばら、車がないと生きていけんから、JRの存在理由はそれ程大きくないのかも(知らんけど)。

Cimg0304 券売機こんなん、やっぱり店名にもなってるフラッグシップメニュー、砂丘そばを食べんといかんだろ。
 かやくご飯が付いた砂丘そば定食580円ってのもあるが、ここでそないにお腹を膨らます訳にはいかん。
 それに砂丘そば380円も高いと思ってるのに、かき揚げだと駅そばなのに500円という結構強気なプライス、きつねも500円でっせ、駅そばの価格を軽く超えちゃってるよ。
 ちなみにざるが600円、ぶっかけが530円である。
 ご飯物は名物のかにめしが1030円!!! カツ丼700円玉子丼570円。

Cimg0306Cimg0307 座って3分で出てきた砂丘そばがこやつ。
 うーん、見た目では名物のとうふちくわが2切れ乗ってるくらいか。
 ではそばからすすってみよう、ぞぞぞ、うむ喉越しもへったくれもないヤワイそばやね。
 ではお出汁はと、じゅるり、鰹とかの節感より昆布のすっきり感の方が出てるのかな。
 駅そばとしてはこんなもんでしょ、ただこの歯応えのあるとうふちくわ2切れで380円…、はうー。
 ちなみにとうふちくわとは木綿豆腐に魚肉のすり身を混ぜて蒸されたちくわで高タンパク低カロリーな食品なのである。

 正直380円はちと高い、280円とは言わんが320円が妥当な価格設定ではないかと。
 一応、鳥取の実力を知る為に食べてみたが、これでは玄関口としての鳥取が侮られてしまう。


 年に一回しか行かん鳥取やが、次はもちょっと花のある朝ご飯にしたいかな。
 とにかく「砂の美術館」は行って損はないので、じゃんじゃん鳥取に行きましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧