2024年2月 9日 (金)

岡山の豚骨ラーメンはここだ「麺屋咲」さんのさきぶたらーめん800円

 明日から3連休、今週もかなりハードな一週間だったが、それでも明日から3連休なので、仕事でもないのに広島から福岡まで行っちゃう。
 ストレス溜まり過ぎててどっか行って美味いもんでも食べんとやっとれん。

 これは正月明けに18きっぷで岡山に行った時の話。
 見付けて来るのに5年掛かったんちゃうか。
 場所はJR岡山駅東に出た所の桃が吊られてる桃太郎大通りを抜けて小川を超えて北に上がった所にある岡ビルを東に折れた角の店(下の画像参照)。
 ちなみにこの岡ビルにあったセルフうどんの店はなくなっていた。

Cimg2137
Cimg2136

 ・麺屋咲:さきぶたらーめん800円

 いつも横通ると豚骨の良い臭いがしてんのよ、ようやく来れた。
 お昼時やったが店内先客2名、客の多くは一本南の筋の二郎系に持って行かれてるみたい。
 言っちゃ悪いが、ウチとか田舎モンはいつまでもウブで、ああいうのをありがたがって食べる傾向にある。
 今更ジローやけどな(つまんねぇこと言うな!)。

Cimg2138

 ガラッと入っていきなり券売機で何すっか、激辛ラーメンやってるけど、それは今日食べるもんじゃない。
 1stコンタクトはやっぱノーマルで。

Cimg2139

 店内こんな感じ、壁にもたれて一枚パシャリ。
 店主のおかあさんか? よう分からんがおばあさんがサービスしてくれる、まだまだ現役よ。

Cimg2140

 5分経たずに出てきたさきぶたらーめん、キクラゲ多いしネギもたっぷりでチャーシューでろんやん。

Cimg2141

 まずはキクラゲわしゃわしゃ食べて麺を食べる、ずるずる。
 おおっとう、この麺は博多でも佐賀でもない、笠岡かと思ったが違う。
 エッジの効いた細麺でちょっと長いんかな、しなやかでぶりんぶりんで美味い。
 スープは見て分かる醤油の濃さ、結構濃厚で甘い要素がなく弱醤油ダレ辛め。
 塩身が恋しい人にはピッタリ、呑んだ後に食べたい味やわ。
 チャーシューはこれも甘い要素はないがこのボリュームよ、程々に味付いて柔らかく肉の満足感を得られる、うむ、大人の味やね。
 しかしこの店はおねいさんが一人で入る店ではないな、オヤジが行く店や。

 店主それほどのおっさんじゃないけど、味を受け継いでる感があって良かったな、ワタシは。


 豚骨が恋しい時はここやね、中国地方の豚骨醤油じゃなく、九州の豚骨ね。
 ま、ワタシは飲んで〆ることはほとんどないんだけどね。

 

| | コメント (0)

2024年1月 9日 (火)

岡山は上道で味わい深い店と味「レストラン ツモロ」さんのハンバーグステーキ(サラダ・ライス付き)1000円(税別価格)

 沖縄から帰ってきたのが2日、3日は家で疲れ果てて回復に充てる。
 4・5日が仕事で3連休。
 ワタシはシーズンになると18きっぷを買うんだが、冬の18きっぷは使用期間が短い。
 10日までなので昨日までの3連休で使わないと期限切れちゃう。

 岐阜・名古屋は仕事で行き過ぎてるのでもはや面白くもない。
 岡山はお隣県で18きっぷで行くには丁度良い時間と距離。
 ラーメンも美味いしうどんも香川に近い分だけ美味い。
 それにいつも夜飲みに行く店があるんだけど、これがまた何食べてもハズレがなくて、流石ミシュランも目を付けたなと感心した。

 しかし今回はまずは岡山中心地に入る前の話。
 うどんかラーメンをよく探すが、最近はハンバーガーとか肉もよく食べる、岡山の少し手前に興味ある店を発見したので、そこに行ってみることにした。

Cimg2123
Cimg2124
Cimg2134

 ・レストラン ツモロ:ハンバーグステーキ(サラダ・ライス付き)1000円(税別価格)

Cimg2135

 場所は上道という、三つ手前の駅。
 11時開店だそうで、山陽本線とはいえ、このローカルな場所にはそうしょっちゅう電車は来ない。
 10時半くらいに着いて、駅周辺で何か時間を潰す場所はと、しかしこの駅はコンビニすらない。
 車なら少し走れば何かあるんだろうけど、このR250沿いには一番上の画像の通り、歩いていける場所にはなーんにもない。

 しゃーなし早めに着いて写真パシャパシャ撮ってた。
 とにかくこの外観凄過ぎやろ、昼前やからええけど、夕方は幽霊屋敷やで。
 若干傾いてるように見えるのは気のせいか。
 そんで中を見てたら店のおかあさんが入れてくれて中で待ってて良いとのこと、ラッキー♪

Cimg2125

 店内がこれまた実に素晴らしい、こっちは怖さはなく、ヨーロッパの田舎の店のような雰囲気、実に味わい深い。
 一番奥には個室があって、昔はよく貸し切りで誕生会なんかやったそう、良いねぇ。

Cimg2127

 待ってる間にこの店のシステムについて書かれてたのを見付けた。
 完全セルフの店だそうで、まずカウンターで注文したら、コップに水を入れて席を確保。
 注文の品が呼ばれたらカウンターに受け取りにいく、だいたいサラダ→ライス→メインの順みたい。
 そんでナイフとフォークを持ってきて自分の席で食べ終わったらカウンターに返すという流れ。

Cimg2126

 何食べようかと考えることもなく、ここはハンバーグが美味いとの前情報だったのでハンバーグ一択。
 カレーはもうやってないみたいだけど、ローストポークにローストビーフにビーフシチューが1000円税別。

Cimg2128

 10分くらい待ってたら上述の通り、サラダにライス、そしてラストに出てきたハンバーグ、何じゃこりゃ!!!
 げんこつ大で横から見たらエアーズロックに見えんことない(行ったことないので適当)。
 上にクルトンがまぶされてるのが珍やね、ソースの上に浮かんで見えるのもなかなか。

Cimg2129
Cimg2130

 残念なことに大きさが分かりにくいのがでかい料理の欠点。
 ハンバーグ単体で撮ってみたが、イマイチ伝わりにくい。

Cimg2131

 げんこつ大なのでげんこつと比べてみたが今度はピントが甘い上にげんこつと前後してて比較になってない、あうー。

Cimg2132

 ま、ええわ、先に野菜食べてからハンバーグ、まずは割ってみよう。
 この大きさで中まで火が通ってる、オーブンで仕上げてるからか、側が見ての通りカリっと焼けてる。
 肉汁ドバーではないが、ジュわって感じ。

Cimg2133

 ではいただきます、もぎゅもぎゅ、おおー、このソースがメチャクチャ美味いやん。
 粗挽きのミンチで食感があって、肉々しい所にこの醤油に生姜に酒かみりんか、そこに肉汁が合わさったソースは肉も米もススム君やでこれ。
 何gくらいあるんかな、400か500か、恐ろしいことにこのげんこつ大のハンバーグがペロリと食べられちゃうのよ。
 特に香辛料が利いてる訳じゃないんだけど、焼きとソースが絶品。
 行儀悪いからやってないけど、このソースにライスをダイブさせて食べたいくらいよ。

 開店前の一番客やったが、11時でオープンしたら団体客とか、一気に押し寄せてほぼ満員。
 知ってないと来んわな、一見さんは外観だけやったらビビってよう入らんもんな。


 人気店の理由が分かった、店外のもじゃと店内のメルヘンと強烈な個性のハンバーグ、そしてアイパッチしたおとっつぁん。
 こりゃ足伸ばして行く価値ありでしょう。
 是非お勧めしちゃうので隣県の人、行って行って~~~。

| | コメント (0)

2023年7月18日 (火)

下関の新名物の地産地消麺シーモール下関「あい菜農家 ときドキ市場」さんの菊辛麵・激辛・並盛680円

 また話はGWに戻る。
 GW2日目はまた朝から唐戸市場に行って来た。
 朝から寿司なんて贅沢じゃんかよー。
 なんだけど、下関行きを間違えて門司港行きに乗っちゃった。
 まぁ、ええや、人の居ない門司港レトロを見ちゃおう。

Cimg0487

 ということで、昨今非常に観光客が増えてるという噂であるが、ワタシの中では昔のままで人の居ない門司駅なのであった。

Cimg0493

 そんで門司港がバナナの叩き売り発祥ということで日本遺産に認定されてるらしく(何だそりゃ)、「幸せの黄色いバナナのポスト」というのがあった、ようやるわ。

Cimg0497

 門司港に間違って来ちゃったけど、どのみち関門海峡の地下トンネルは行くつもりだったので、丁度良かった。

Cimg0498

 エレベーターで地下に降りて800m程の地下トンネルを歩くとそこは下関。
 どんな凄い地下トンネルかと思ったが、画像の通り感慨深いものは特になかった、ああ、地下トンネルなんだなくらい。

Cimg0500
Cimg0503

 そして唐戸市場まで行ってまた寿司食べまくり、3月はふく汁やったが、今回はかに汁。

Cimg0506
Cimg0508
Cimg0510

 2ターン目には「魚重」さんで天然平目の昆布〆刺身500円にとらふくの皮・すき身400円、そして天然ふくさし400円に勢いで海老フライにカニクリームコロッケまで買っちゃって、そして「雨森商店」さんのまぐろの赤身、そこにビールとヒレ酒、朝から天国かよ。
 これ以上ない最高の出だしやった。

Cimg0534
Cimg0538

 そんで時間はたくさんあった日なので、超久しぶりに巌流島に渡ってみた。
 天気がメチャメチャ良かったので更に良かった。

Cimg0561
Cimg0568
Cimg0569

 この日は観光にも当ててたので更に山口県の誇る国宝、功山寺までバスで行った。
 高杉晋作の「功山寺の決起」で有名な功山寺ね。
 何と建立1600年というとんでもないまさに国宝やった、けど人少なかったなー。

 そして夕方には下関駅に戻ってきて下関駅に隣接してるシーモールを探索。
 これかなり古い建物だけどかなりの広さで、軽く2時間はぼらぼらできる。
 大丸も入ってて、地価の食品売り場がマックスバリュと繋がってる、変なの。
 その地下に地元の野菜なんかをを売ってる所があって、おもしろい麺を食べさせてくれるという、小腹も空いたし味見してみるか。

Cimg0574

 ・あい菜農家 ときドキ市場:菊辛麵・激辛・並盛680円

Cimg0573

 何故か激辛麺をやってるんだよねー。
 話を聞くと、下関は釜山とフェリーで行き来してるので、韓国文化が入って来るんだとか。
 そりゃ駅前のコリアンタウン見たら分かる。
 そんでその唐辛子をふんだんに使って激辛麺を作ったそうだ、こういうのに釣られるワタシみたいなのが居るからな。
 小辛・中辛・大辛・そして激辛が選べるので当然激辛。
 麺は地元の乾麺を使用してるらしい。

 お客さんは居ないんだけど(15時前だから)、なっかなか出てこない。
 厨房は外から見えないんだけど、乾麺ならうどん級の太さでない限り茹で時間5分もせんだろ。

Cimg0576
Cimg0577

 結局20分は待ったか、ようやく出てきた菊辛麺がこやつ。
 イートインスペースでいただきます。
 下関産のキャベツにきゅうりにネギにと緑もあってチャーシュー2枚と来たか。

Cimg0578
Cimg0579

 先に野菜食べてから麺だけまずはちゅるっと、ほう、これは冷や麦より太いくらいの麺でツルシコ感がハンパない、良い麺じゃないの。
 ではつけ汁にくぐらせて食べてみる、ずるずるずる、なるほど和の出汁に唐辛子をかなり使ってる訳だね、独特の辛旨さがあるのは唐辛子の旨味やろうな。
 けどしっかり辛くて汁まで全部飲んでしもうたわ(ドナイヤネン)。
 いやこれ、キワモノかと思ったけど麺もつゆも辛さもイケてます。
 チャーシューは韓国料理で出て来るような蒸し豚ってのも良かった。
 うむ、十分堪能しましたー。

 デパ地下の地元ショップも侮れん。
 今後大きく羽ばたくメニューなのか、ここだけで終わってしまうのか分からんが、悪いけど広島の激辛つけ麺よりよほど良かったと言っておく。


 で、夜は今度は下関駅前の「おかもと」さんで飲んで小倉に戻った。
 なので下関は北九州なんだよ、ワタシ的には。

| | コメント (0)

2023年5月 2日 (火)

閉店までに行けたら行って「めんや 長いち」さんのしょうゆとんこつ800円

 中国地方を10年間担当してた。
 コロナ禍において何故か担当変更を行い、ろくに挨拶も出来ずにワタシは九州に行っちゃった。
 それはさておきかつては月イチで広島に行ってた訳だが、泊りは広島が2/3で福山1/3くらいの割合、第二の故郷ではないが、広島も福山も今でもちょくちょく行く。
 もちろん笠岡にもラーメン食べに。
 んで、福山で泊まる際には必ず行ってたラーメン屋さんがGWで16年の営業に幕を下ろすという。
 これは閉まる前に行っておかないと。

 という話は3月に店主から直接聞いた。
 3月末に新幹線乗り放題切符で好き勝手乗車と下車を繰り返した際に最後に立ち寄ったのがこの店。
 実は仲良かったりする。

Cimg0207

 ・めんや 長いち:しょうゆとんこつ800円

 場所は福山駅を南に下り、百貨店を東に折れて100m、宝町西という三叉路があるのでこれを東南に行って100m、駐車場の隣にある地元では言わずと知れたお店

 この時の3日乗り放題で博多に行った際に「元気一杯!!」に行ってみたらと教えてくれたのも大将。
 体調不良と店の契約更新があって、一旦閉めて少し休んで旅行でもして体調整えて、しばらくしてから別の場所で店を出すって言ってた。

Cimg0206

 コロナ禍においてしばらく来れてなかったけど、去年久しぶりに行って〆の一杯食べたがやはり美味かった。
 しかしこの時のラーメンは話の流れからまだ食べてないこってりしょうゆとんこつを食べることになった、苦手なラーメンだったそうだ。

Cimg0203

 ということでもう今のお店には行くことがない最後の一杯がこれ。
 濃厚そうなスープにチャーシューと刻んだ海苔が乗っかってる。

Cimg0205

 じゃ、麺から食べるぞ、ずるずるずる、この細めの加水率の低い麺がやはりこってり豚骨に合う。
 そしてスープはどんなんかなー??? じゅるり、へー、ワタシは広島市内で食べるみたいな豚骨醤油を想像してたが、あくまで「長いち」さんの豚骨がベースで醤油は魚醤感がある、少し捻った感じのしょうゆとんこつやん。
 苦手と言ってたが、そうではあるがこれはこれでイケます。

 どとんこつやストロングや辛いラーメンみたいなインパクトではないが、それでも普通以上に美味いから器用な大将だわ。
 だけどワンオペでやってるから身体が耐えられる訳もなく、繰り返すが16年で一旦幕を下ろすことになった。


 ちゅうことでGW終わったら店閉めるらしいので、営業日は残り少ないが最後に食べたい人は行っちゃって行っちゃって~~~。

 

| | コメント (0)

2023年4月26日 (水)

周南市は徳山であの中華そば「第三スター」さんの中華そば650円

 JR乗り放題で新幹線乗りまくり旅の最終日。
 この日は朝から「元祖長浜屋」さんをリベンジし、その後どこ行くか、あてのない旅に出た。
 何もないのは分かってるけど、周南市へ行ってみるか(ヲイ)。
 ということで徳山で降りた、次の新幹線は1時間後、お昼時に着いたので何か美味しいもんあるかいな???

 実は10年前になるか、一度仕事で来て徳山で降りたことがある。
 昔と比べると今は駅と蔦屋が合体して驚くような新しい駅に変貌してて驚いた。
 その時は昼はライフワークである周南市のしやくそ食堂でご飯食べた。
 仕事終わってから徳山駅の西側で発見したラーメン屋さんで懐かしい味のラーメンを食べた。
 この日はただの月曜、しやくそにも行けるが芸がない、とりあえず駅前商店街をぼらぼら歩いてみるとする。

 商店街は大きい商店街と小さい商店街があって駅出てすぐの大きい方が銀座中央街、もう一本東の小さい方を銀南街という。
 大きい商店街より小さい方を先に歩いてみたが、閉まってる店が多く、これと言った店がなかった。
 大きい方はチェーン店の居酒屋とかだったか、ピンと来なかった。
 ぐるっと回ってまた銀南街を南東に出て平和通りという通りに出ると飲食店があった。
 そこに何と10年前に徳山駅の西側で食べたラーメン屋さんの別店があるではないか、これは運命のお導きや、行かんと。

Cimg0195
Cimg0201
Cimg0196

 ・第三スター:中華そば650円

 以前行ったのが「スター本店」さん、ここは「第三スター」さんで、今調べたら当然「第二スター」さんもあった、場所は徳山駅の東側でこっちの方が歩くと近いな。
 どういう系列なのか詳細は知らんが、狭い地域で3店舗も出してるんだから人気店なんやろう、ずっと続いてるしね。

Cimg0198

 新幹線の時間もあるので躊躇なく入る。
 テーブル席と小上がりの座敷で、ここはラーメンと焼き飯のみの店らしい。
 本店では丼物があったように記憶してる。
 実に昭和レトロな店内、味わい深いなー。
 ワタシは入ってすぐ右ののテーブル席に座る、後からガテン系のおっちゃん達がぞろぞろ来てたので、地元密着なんかな。

Cimg0199

 この後広島でも下車するので中華そばは普通を注文して、胃薬飲もうとして飲んだその時に出てきた、2分くらいちゃうか、最速か!!!
 おおっと、超シンプルなラーメンや、これでええねんこれで。
 でかいチャーシュー2枚にもやしにネギ、メンマがないのが惜しいけど。

Cimg0200

 もやし食べてから麺食べちゃう、細麺のストレート、つるつる、いや普通でええわー。
 この醤油で黒いスープを徳山ブラックと言うとか言わんとか。
 スープは淡麗で濃口の醤油ダレは色ほど味は濃くない。
 チャーシューはでろんと、ジューシーとは言わんが、豚肉食べてるのを実感する。
 何がどうってことではないが、確かに10年前に食べたわ、というくらいに思い出せる味。
 あの時ですらレトロと思ってたのに令和のこの時代では昭和レトロという言葉も古く感じる。

 とにかくこの店構えだけでも見る価値ある、お腹に余裕があれば昔の中華そばを是非楽しんでもらいたい。


 ソッコー出てきたからソッコー食べた訳ではないが、新幹線まで20分程あったので検索してみたら新しいニューウェーヴ系のラーメン屋さんもあって、平日やのに行列してた。
 なのでどこでも美味しいラーメンは食べられるってことや、うーん、ラーメン国ニッポン。

 

| | コメント (0)

2023年4月11日 (火)

山口のうどんと言えば「どんどん 山口井筒屋店」さんのモーニングサービス 肉うどん+むすび1コ480円&瑠璃光寺

 新幹線乗り放題の話、初日は博多で昼ご飯食べて、夜に下関で吞んで、翌朝唐戸市場でお寿司食べた。
 そこから少しは旅らしいことをしてみようということで、山口の国宝と言えば、の瑠璃光寺に行くことにしてた。
 だから下関から小倉まで在来線で戻って、新幹線で新山口まで行って、そこから在来線で山口まで。
 下関は面白いけど、私が行ったことのある山口県は新山口も防府もここ山口も駅前何もないよなぁ、というのが印象。
 防府だけは駅前に巨大ショッピングモールがあったが、それしかないような感じやったし。

 とにかく瑠璃光寺だが、その前にここらで有名なB級グルメはと、一応調べていたんだよ。
 それが山口県の萩が誇るうどんチェーン店「どんどん」さん、30店舗以上あるらしい。
 噂でしか聞いたことがなかったがやっと行ける、なんだけどお得なモーニングうどんは11時まで、山口駅に着いたのが10時50分ちょい前、10分で行けるかな。

Cimg0166
Cimg0171

 ・どんどん 山口井筒屋店:モーニングサービス 肉うどん+むすび1コ480円

 場所は山口駅を北側に出てそのまま上がると大きなアーケードが東西にあるので、そこの東寄りにある井筒屋という百貨店??? の4Fにある。
 最後は小走りで何とか7・800mの道のりを10分くらいで乗り切った。

Cimg0167

 店は百貨店(だよな)なだけあって落ち着いた感じ。
 通常メニューはこんなん、どうやら肉うどんが一推しメニューみたい、関西人的にはきつねうどんなんやけど。

Cimg0172

 店の入口で目的のモーニングメニュー確認、これは肉うどんとむずび1個でええやろ、朝はお寿司食べてるし。
 むすびは2個のセットもあったが1個で十分、この店の萩の名物のわかめをふんだんに使ったおむすびらしいので、梅やら鮭やら昆布もあったがわかめ一択。

Cimg0170

 注文して奥の通路側の窓側の席に座って店内パシャリ。
 まだ微妙に早い時間やからかそれ程混んでない。

Cimg0168

 少し待つということもなくソッコー出てきた肉うどん+むすび1コ。
 HPの受け売りだけど、ここのうどんは福岡のうどんみたいにもちっとしてる麺で、それには15分茹でなければいかんそうだ。
 だけどお客さんを待たせるのは主義に反するようで、そこは釜担当の人の勘で客数を読んでいるだと、ニュータイプか!?←ニュータイプも古いなヲイ。
 ネギは「牧の」さんみたいに入れ放題なんだが、絵柄の為に同じトレーに乗っけちゃったけど本当は別よ。
 どうよこのわかめむすび、わかめまぶしだよ。

Cimg0169

 そんじゃネギをもしゃもしゃ食べてからうどん食べよっか、つるつるつる。
 おおっとぅ、この麺は少し細い「牧の」さんやないか。
 まさに餅麺、伸びるわー。
 出汁を吸う感じがまた良いではないか。
 その出汁だけど、肉うどんの肉の旨味がかなり出てて、少なくとも肉吸いで有名な店のNGK店の肉うどんよりは断然美味い。
 出汁感もあるけど何より肉感来るよ、うむ、イケてます。
 続いてわかめむすび実食、もぎゅもぎゅ、なるほど、じんわりわかめに付いた旨味がおむすびに浸透する訳だ。
 これいくらでも食べられちゃう。

 最初は小ぶりなうどんやなと思ったが、肉でだいぶ厚みが出てたので、不足感は全くなかった、モーニングとはいえ480円なら全然OKでしょう、これはもはや立派なランチや。

 山口以外に広島にもあるという「どんどん」さん、広島でもエリアが違うので行ったことなかったけど、これは週イチで行く店や。
 近所にあったら通うね、コシのあるのだけがうどんじゃない。
 最近は福岡系のやわいうどんも大好物よ、きつねも良いけどごぼ天も良い。
 なかなか山口行かんと思うけど、「どんどん」さんは行っちゃって行っちゃって~~~。

Cimg0175
Cimg0177
Cimg0179

 そんでそこから15分程歩いて行った瑠璃光寺の五重塔は圧巻、これが無料とは太っ腹な。
 やたら使えない新幹線の駅が多いけど山口県許します。

 

| | コメント (0)

2023年4月 4日 (火)

下関は唐戸市場にお寿司食べに行こう「下関市地方卸売市場 活けいけ唐戸市場」の「タケショー」さん&「雨森商店」さんでお寿司食べまくり

 新幹線乗り放題で2泊3日で九州及び中国地方を旅してきたことは既に述べた。
 初日の土曜は博多に午前中に着いてそこからアジフライとラーメンを食べた。
 そしてグダグダ喫茶店で時間を潰し、夕方にはその日の宿である下関に向かった。
 何で下関かというと博多も小倉も部屋が空いてなかったから。
 今、外国人多いからなかなかホテルの部屋取りにくいのよ。

Cimg0149

 しかしこれが結果オーライ、下関は想像を超えた楽しい所であった。
 着いたのは16時半くらい、新幹線で博多から小倉に行って、そこからはこの区間は小倉が九州なので乗り放題ではなく(乗り放題は本州)自腹で280円の切符を買った、下関まで15分ね。

 そして着いた下関の駅前は何とコリアンタウンだよ。
 焼肉屋さんがこれでもかと店を連ねてる。
 何でかなと思ったが、後で見付けたんだが、下関から釜山までフェリーが出てるらしい。
 なので自然と韓国系の店が増えたんであろう、この辺りの怪しさはかなりワタシ好みであった。
 当初は吉田類さんが行った居酒屋で吞む予定だったのだが、その日は貸し切りでがくり。
 もう一軒、魚が美味い店を調べてあったので、そこにするかと行ってみたが、なかなかの客の入り。
 しかしまだ17時でお腹も全く空いてなかったので、東に歩いて20分くらいのこの日の宿に向かった。
 その魚の美味い店の支店があるみたいだったので。
 この道中のR9は道も整備されて、海峡ゆめタワーという目立つタワーもあり、思った以上に都会を感じた。

 そんで暗くなった頃にその魚が美味い店に行ってみたが、何と満席で断られた。
 ここがダメだと下関に来た意味がなくなると思い、空いたら連絡を下さいと電話番号を教えて1時間ちょい経ってようやく電話が掛かって来たので、歩いて3分のお店に乗り込んだ。

Dsc_6980
Dsc_6981

 この店がまった凄いボリュームで、値段と全然合ってないのよ。
 超お得で美味い、刺身も美味いが煮付けも美味いし天ぷらも美味い、もうサイコー。
 特にふく(ふぐじゃなくてふくね)はやっぱり下関に来たからには食べたいんだが、これも安くて美味い、そりゃ混むわ、その名も「おかもと」さん。

 そうして気分良くホテルに戻って翌朝。
 ヨッパながら前日に泊まったホテルにレンタサイクルがあったことを確認しておいたので、朝7時にホテルを出てさらに東の唐戸市場に向かう、これが下関のメイン。

Cimg0154

 唐戸市場の手前のカモンワーフという所に巨大なふぐが置かれててパシャリ。
 唐戸市場までは下関駅からホテルまでと同じくらいの距離があったので、レンタサイクル様々やった。
 自転車なかったら帰り下関駅まで小1時間くらい歩かんといかんかったもんな。

Cimg0155

 そうして辿り着いた唐戸市場がこんなん、でかっっっ。

Cimg0156
Cimg0162
Cimg0163

 入口にはここにも巨大なフグが置かれている。
 当初はここの2Fの食堂で朝ご飯を食べようかと思ってたんだが、どうやらここはお寿司が安価で美味いようだ(ちゃんと調べとけよ)。

 早く開いてたからか、一店に客が集中しそうだったので、混む前にワタシも並んでみたがこれが大正解、やっぱり持ってるわ。

Cimg0158

 ・下関市地方卸売市場 活けいけ唐戸市場:タケショー&雨森商店

Cimg0159

 要は寿司バイキングだわな。
 好みの寿司を指差ししてパックに入れてくれる。
 最初に行った店がこれからとても混雑しそうであった「タケショー」さん。

Cimg0157

 大トロ300円に惹かれたんだが、左からまずはふく100円に鯛200円、そして大トロ300円と鯵100円にでろんとした穴子300円に生しらす100円。
 汁物はふく汁300円に刺身は天然とらふく何と400円!!!
 どうにもこのふく刺しは数量限定っぽかったので買ってみたが、案の定食べ終わってから見てみたら売り切れてた、ラッキー♪
 しかし酒を吞まんかったから美味しさ半分、惜しい。
 大トロは瞬時に溶けるような脂であった、とにかくどれも満足したが特に美味かったのはやっぱふく刺しかな。
 市場を出て海を見ながら食べる寿司も味わい深い物があった、鯵だけにな(ヲイ)。

 いやー、美味かったなーと再度市場内を冷やかしに行ったんだが、冷やかしでは居れなくなる店発見。

Cimg0160

 「マグロ屋さんの」と謳ってるだけあってマグロがとても美味そうだった「雨森商店」さんがえらく良さげだったので、ここも並びだす前に注文。
 ちなみにここも食べ終わった後に覗いてみたら長蛇の列になってた。

Cimg0161

 マグロ屋さんなら赤身が食べたい、1個100円の赤身を4貫、更に100円の鯛2貫に200円の赤エビ。
 赤身ハズレないわー、旨味濃いなー。
 鯛はもちろん、このエビがとろっとろでたまらんネタやった。
 やっぱマグロ食べるんやったら赤身よなー。

 この二軒しか行ってないがおそらくどちらもかなりの人気店だと思われるので、行くなら開店と同時を狙って掘り出し物も狙って欲しい。


 朝から贅沢したわ、このシチュエーションがまた美味さ倍増。
 下関はまだ関門橋も見てないし(バイクでは何度も走った)、壇ノ浦古戦場も行ってない、海中トンネルは行かんと、功山寺は昔行ったがもう一回行っても良い、巌流島ももう一回行くか。
 何より唐戸市場はまた行かんとあかんでしょ。
 博多や小倉に泊まらずとも次回はわざと下関に泊まってもええな、うん。
 という訳でGWにまた行きます、下関。

 

| | コメント (0)

2022年12月13日 (火)

岡山で推したいラーメン屋「中華そば 丸天 西店」さんの中華そば730円

 すっかり忘れてたが、もう一軒、岡山で是非ともお勧めしたい中華そばが奉還町商店街の外れにある。

 市内の有名店はもう良いかなと思ったので、後はワタシの趣味の店を探そうと思ってた。
 そこでこの店のことを思い出した、岡山のメインはJR岡山駅の東側やが、西側の奉還町商店街のあの店に行かねば!!!


Cimg8957

 ・中華そば 丸天 西店:中華そば730円
Cimg8956

 場所はだから奉還町商店街を中くらいまで行って、メチャクチャ美味いそば屋の「じくや」さんの角を北に50m程行くと電柱広告が出てる。
 そこを西に折れた奥に見える家中華そば。
 こういうシチュエーションも貴重やな。

 ワタシが行った時は既にお昼は過ぎて13時前であったが、店内はギリ満員で、ワタシは表のイスにぽつん一人で座ってて、誰かが食べ終わるのを待ってた。
 この間、豚骨の美味そうな香りがぷわ~~~んとしてる訳よ、俄然期待しちゃう。
 しかしすぐに出て来ると思いきや意外に時間掛かって、10分弱待ってた。

Cimg8960

 ようやく入れて空いた厨房の真ん前のカウンター席に座ってメニュー確認。
 この日は朝からラーメン食べて、この直前も食べてて、更に〆のラーメンだったので当然普通の中華そばを注文、730円という価格が今となってはずいぶん優しく感じる。

Cimg8961

 そうして5分ちょい待って出てきた中華そば、おおっとぅこれは見るからに中国地方の豚骨醤油の典型みたいな一杯やないか。
 しかしルックス的には和歌山ラーメンっぽくもある。
 うわー、チャーシューのボリューム結構あるよなー。

Cimg8962

 でも麺から食べるんだよ、麺太郎だから、ずるずる。
 ふむ、細めのストレート麺は弾力性があってなかなかやるじゃん、良い茹で加減。
 メニューには「柔らかめにはできません」と書いてあったが、ヤワが好きな人には残念やが(ワタシは替玉はヤワ派)、普通に食べるには全然不満はないでしょ。
 そしてこの醤油味の濃そうなスープはどんなんかな???
 ずずず、ほー、豚骨だけど臭みはなくて弱甘目でそこそこ濃厚、何言ってんのか分かりにくいが要するに美味しくてワタシ好みだってこと。
 チャーシューどれどれ、うむ、醤油ダレに使ったなという感じの正統派チャーシューで脂も乗ってて好き好き。
 メンマは普通に箸休めって感じ。
 うむ、新しい味も良いかもしれんけど、こういう変わらない味もええやん。
 何やかんやと岡山でラーメン食べたが、ここはベスト3に入るよ、こういう醤油豚骨が岡山の味でっせ。

 こちらのお店、お母さんと娘さん2人でやられてるみたい、だからか女性のお客さんが多い。
 どちらかと言わんでも昔ながらの中華そばの味やのに。
 とにかく懐かしいだけじゃない味なので、ワタシは推します。


 年内もう一回くらい岡山行けるかと思いきや、11月下旬から12月中旬まで来たら一気に今年も終わりそうや。
 まぁ、週末は競馬があるのでどこにも行けんのだけど、近場で良いから仕事じゃなくて遊びで行きたい今日この頃なのである。

 

| | コメント (0)

2022年10月25日 (火)

やっと行けた岡山ラーメン「金八ラーメン」さんの金八ラーメン700円

 岡山ラーメン続編。
 この前は朝ラーでおばあちゃんが作る一杯を食べに行った。
 そんで一旦部屋に戻ってチェックアウトまでグダグダして、お茶でも飲んで11時の開店に合わせて店に向かった。

 場所はメイン通りもメイン通り、車で何回も前通ってたからだいぶ前から知ってたがようやく行けた。
 JR岡山駅東から出てる路面電車で柳川降りて南へ下がってすぐ。
 R180というのか、とにかく車通りの多い道よ、なので間違えようもない。

Cimg8820
Cimg8822

 ・金八ラーメン:金八ラーメン700円

 路面店ながら老舗の佇まい、ホント今更って感じよな。
 11時ちょい過ぎてたのでとっとと入っちゃう、こんちゃー。

Cimg8829

 結構な大箱で席もたくさんあるが、厨房の近くのカウンター席の端に座らせてもらった。

Cimg8825

 目の前に壁に貼られたメニューがあるのでパシャリ。
 金八とか金太とか訳分からん。
 味噌に肉がお勧めなんかな、初めてやからフラッグシップの金八ラーメンでええやろ。

Cimg8826

 カウンターには各種調味料とたくあんがある、これで一休みか、紅生姜代わりってか。
 扇風機の前で助かった、この時まだ夏やったから暑いのよ、そよそよそよ~~~。

Cimg8827

 そこに熱そうなラーメン到着、どかーん、チャーシュー分厚っっっ。
 醤油でもコーンなのか、やっぱ味噌の方が良かったんかな。

Cimg8828

 もやしも入ってるので(ますます味噌っぽい)、先にもやしをかき集めてもぎゅもぎゅしてから麺に行く。
 その麺は細麺のストレートで朝のおばあちゃんの店とよく似てる。
 スープもこっちのが脂が浮いてるが、味のベクトルは同じで豚骨醤油に何故か味噌っぽい旨味がある、うーん???
 こっちはスープの甘味が薄いのでそこは好みの問題か。
 チャーシューがえらくリッチで5mm以上の厚さでとろっとろ、味も醤油の旨味が付いてる。
 メンマの色が凄いんだが、見た目は黒いが食べれば実は甘味の方が強い。
 醤油ラーメンなのにコーンがトッピングされてるってのも味噌っぽい(しつこい)。
 豚骨醤油に旨味が濃い、岡山ラーメンってこういう味やと思う。
 とにかくチャーシューの存在感は凄かった、固定客付いてるやろうなと思わせるボリュームやった。

 あー、ようやくこの店に行くことができた。
 これで誰もが知ってそうな有名店はもうええ、後はワタシが探す謎の店を巡る。
 まだまだ岡山ラーメンの旅は終わらんのであった。


 ちなみにこの後9月の上旬にも岡山行ってるので、今年は3回行ってるな。
 まだもう一回行くか行かんか、最後に「鳥芳」さん行っとかんとあかんしなー。

 

| | コメント (0)

2022年10月21日 (金)

岡山で朝ラー「奥市ラーメン ちぃちゃん」さんのラーメン550円

 夏の残り香を追っかけてるような話ばっかや。
 これもまだ暑かった頃の話、結構この夏は仕事と引っ掛けて岡山によく行ったのよね。
 以前は広島担当だったから途中下車して金曜の晩に岡山で吞んで土曜はラーメン食べて帰るというパターンが多かったのだが、最近多いのは姫路に行って仕事終えたらその足で岡山まで行っちゃうという離れ業。
 ちょっと時間も体力も要るけどそれくらい岡山は楽しい。

 この時もそんなパターンで岡山入りして、夜はいつもの何食べても美味しい「鳥芳」さんで鶏食べずに魚食べまくり。
 流石ミシュランに載っただけのことはある、掲載前から行ってるが本当にハズレのない店よ。

 そんで朝、前日は〆の一杯がなかったので、朝ラーしてみたいが果たしてあるやなしや。
 と、スマホン検索してみたら、早朝から開いてるラーメン屋さんがあるではないか。
これは行っとかんと。

Cimg8812
Cimg8814
Cimg8813

 ・奥市ラーメン ちぃちゃん:ラーメン550円

 ワタシが泊まってたのはJR岡山駅東に7分くらいの所で、南北に小川が流れる西川緑道公園筋の近所。
 そこから天満屋まで行って越えて200m程南下した所にある、最寄り駅は路面電車の西大寺町か。
 朝なのでそれ程うさん臭さは感じんが、夜だと飲み屋街の外れになるのかいな。

Cimg8816

 提灯を発見したので扉を開けて入ってみるが、これがカウンター5・6席くらいの小さな店で、厨房にはおばあ、いやおかあさんが2人でやられてる。
 客はワタシが座った玄関前の席が開いてたくらいでほぼ満席、どうみても朝ラー、いや迎え酒のような客層。

Cimg8815

 とりあえずメニュー確認、まぁラーメンしか食べんのだけど。
 ラーメン550円とは破格の値段や、+50円で定食になる、これってご飯に一品が付くんかな、一軒やったらそれでも良かったが、これは始まりなのでな。
 日替定食500円ってのもある、すげー。
 他の客はラーメンも食べてたが、小鉢物と酎ハイで呑ってた。

Cimg8818

 店内観察してる間に出てきたラーメンがこちら。
 おお、小ぶりな丼ながらラーメンやないか(当たり前や)。

Cimg8819

 まずは麺から、細目の加水率の低いストレート麺で意外なことにしっかりしてて美味い(失礼)。
 スープは見た目岡山っぽい豚骨醤油で、それはそうなんだが、何か味噌っぽい風味がするのは何でや???
 チャーシューは如何にもこれで醤油ダレ作りましたよ的な適当な醤油と甘味があって懐かしい味。
 上述の味噌っぽいってのが旨味っぽいという解釈ならそういう旨味があるってことか。
 一杯550円で朝から80歳くらいのおばあちゃん(あ、言っちゃった)が作るラーメンなんて貴重やと思うな。
 ワタシ的には実にスタンダードな、これぞ岡山ラーメンって感じやった。

 コロナ禍においてすっかり昼飲みも定着したが、前日からの長酒も今時やっとるんやね。
 そういう人には迎え朝ラーなんて最高ちゃうの。
 おばあちゃんの愛されキャラも良かったわ。


 さ、まだまだ岡山ラーメン続く。
 次はようやく行けたあの店よ。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧