2022年12月13日 (火)

岡山で推したいラーメン屋「中華そば 丸天 西店」さんの中華そば730円

 すっかり忘れてたが、もう一軒、岡山で是非ともお勧めしたい中華そばが奉還町商店街の外れにある。

 市内の有名店はもう良いかなと思ったので、後はワタシの趣味の店を探そうと思ってた。
 そこでこの店のことを思い出した、岡山のメインはJR岡山駅の東側やが、西側の奉還町商店街のあの店に行かねば!!!


Cimg8957

 ・中華そば 丸天 西店:中華そば730円
Cimg8956

 場所はだから奉還町商店街を中くらいまで行って、メチャクチャ美味いそば屋の「じくや」さんの角を北に50m程行くと電柱広告が出てる。
 そこを西に折れた奥に見える家中華そば。
 こういうシチュエーションも貴重やな。

 ワタシが行った時は既にお昼は過ぎて13時前であったが、店内はギリ満員で、ワタシは表のイスにぽつん一人で座ってて、誰かが食べ終わるのを待ってた。
 この間、豚骨の美味そうな香りがぷわ~~~んとしてる訳よ、俄然期待しちゃう。
 しかしすぐに出て来ると思いきや意外に時間掛かって、10分弱待ってた。

Cimg8960

 ようやく入れて空いた厨房の真ん前のカウンター席に座ってメニュー確認。
 この日は朝からラーメン食べて、この直前も食べてて、更に〆のラーメンだったので当然普通の中華そばを注文、730円という価格が今となってはずいぶん優しく感じる。

Cimg8961

 そうして5分ちょい待って出てきた中華そば、おおっとぅこれは見るからに中国地方の豚骨醤油の典型みたいな一杯やないか。
 しかしルックス的には和歌山ラーメンっぽくもある。
 うわー、チャーシューのボリューム結構あるよなー。

Cimg8962

 でも麺から食べるんだよ、麺太郎だから、ずるずる。
 ふむ、細めのストレート麺は弾力性があってなかなかやるじゃん、良い茹で加減。
 メニューには「柔らかめにはできません」と書いてあったが、ヤワが好きな人には残念やが(ワタシは替玉はヤワ派)、普通に食べるには全然不満はないでしょ。
 そしてこの醤油味の濃そうなスープはどんなんかな???
 ずずず、ほー、豚骨だけど臭みはなくて弱甘目でそこそこ濃厚、何言ってんのか分かりにくいが要するに美味しくてワタシ好みだってこと。
 チャーシューどれどれ、うむ、醤油ダレに使ったなという感じの正統派チャーシューで脂も乗ってて好き好き。
 メンマは普通に箸休めって感じ。
 うむ、新しい味も良いかもしれんけど、こういう変わらない味もええやん。
 何やかんやと岡山でラーメン食べたが、ここはベスト3に入るよ、こういう醤油豚骨が岡山の味でっせ。

 こちらのお店、お母さんと娘さん2人でやられてるみたい、だからか女性のお客さんが多い。
 どちらかと言わんでも昔ながらの中華そばの味やのに。
 とにかく懐かしいだけじゃない味なので、ワタシは推します。


 年内もう一回くらい岡山行けるかと思いきや、11月下旬から12月中旬まで来たら一気に今年も終わりそうや。
 まぁ、週末は競馬があるのでどこにも行けんのだけど、近場で良いから仕事じゃなくて遊びで行きたい今日この頃なのである。

 

| | コメント (0)

2022年10月25日 (火)

やっと行けた岡山ラーメン「金八ラーメン」さんの金八ラーメン700円

 岡山ラーメン続編。
 この前は朝ラーでおばあちゃんが作る一杯を食べに行った。
 そんで一旦部屋に戻ってチェックアウトまでグダグダして、お茶でも飲んで11時の開店に合わせて店に向かった。

 場所はメイン通りもメイン通り、車で何回も前通ってたからだいぶ前から知ってたがようやく行けた。
 JR岡山駅東から出てる路面電車で柳川降りて南へ下がってすぐ。
 R180というのか、とにかく車通りの多い道よ、なので間違えようもない。

Cimg8820
Cimg8822

 ・金八ラーメン:金八ラーメン700円

 路面店ながら老舗の佇まい、ホント今更って感じよな。
 11時ちょい過ぎてたのでとっとと入っちゃう、こんちゃー。

Cimg8829

 結構な大箱で席もたくさんあるが、厨房の近くのカウンター席の端に座らせてもらった。

Cimg8825

 目の前に壁に貼られたメニューがあるのでパシャリ。
 金八とか金太とか訳分からん。
 味噌に肉がお勧めなんかな、初めてやからフラッグシップの金八ラーメンでええやろ。

Cimg8826

 カウンターには各種調味料とたくあんがある、これで一休みか、紅生姜代わりってか。
 扇風機の前で助かった、この時まだ夏やったから暑いのよ、そよそよそよ~~~。

Cimg8827

 そこに熱そうなラーメン到着、どかーん、チャーシュー分厚っっっ。
 醤油でもコーンなのか、やっぱ味噌の方が良かったんかな。

Cimg8828

 もやしも入ってるので(ますます味噌っぽい)、先にもやしをかき集めてもぎゅもぎゅしてから麺に行く。
 その麺は細麺のストレートで朝のおばあちゃんの店とよく似てる。
 スープもこっちのが脂が浮いてるが、味のベクトルは同じで豚骨醤油に何故か味噌っぽい旨味がある、うーん???
 こっちはスープの甘味が薄いのでそこは好みの問題か。
 チャーシューがえらくリッチで5mm以上の厚さでとろっとろ、味も醤油の旨味が付いてる。
 メンマの色が凄いんだが、見た目は黒いが食べれば実は甘味の方が強い。
 醤油ラーメンなのにコーンがトッピングされてるってのも味噌っぽい(しつこい)。
 豚骨醤油に旨味が濃い、岡山ラーメンってこういう味やと思う。
 とにかくチャーシューの存在感は凄かった、固定客付いてるやろうなと思わせるボリュームやった。

 あー、ようやくこの店に行くことができた。
 これで誰もが知ってそうな有名店はもうええ、後はワタシが探す謎の店を巡る。
 まだまだ岡山ラーメンの旅は終わらんのであった。


 ちなみにこの後9月の上旬にも岡山行ってるので、今年は3回行ってるな。
 まだもう一回行くか行かんか、最後に「鳥芳」さん行っとかんとあかんしなー。

 

| | コメント (0)

2022年10月21日 (金)

岡山で朝ラー「奥市ラーメン ちぃちゃん」さんのラーメン550円

 夏の残り香を追っかけてるような話ばっかや。
 これもまだ暑かった頃の話、結構この夏は仕事と引っ掛けて岡山によく行ったのよね。
 以前は広島担当だったから途中下車して金曜の晩に岡山で吞んで土曜はラーメン食べて帰るというパターンが多かったのだが、最近多いのは姫路に行って仕事終えたらその足で岡山まで行っちゃうという離れ業。
 ちょっと時間も体力も要るけどそれくらい岡山は楽しい。

 この時もそんなパターンで岡山入りして、夜はいつもの何食べても美味しい「鳥芳」さんで鶏食べずに魚食べまくり。
 流石ミシュランに載っただけのことはある、掲載前から行ってるが本当にハズレのない店よ。

 そんで朝、前日は〆の一杯がなかったので、朝ラーしてみたいが果たしてあるやなしや。
 と、スマホン検索してみたら、早朝から開いてるラーメン屋さんがあるではないか。
これは行っとかんと。

Cimg8812
Cimg8814
Cimg8813

 ・奥市ラーメン ちぃちゃん:ラーメン550円

 ワタシが泊まってたのはJR岡山駅東に7分くらいの所で、南北に小川が流れる西川緑道公園筋の近所。
 そこから天満屋まで行って越えて200m程南下した所にある、最寄り駅は路面電車の西大寺町か。
 朝なのでそれ程うさん臭さは感じんが、夜だと飲み屋街の外れになるのかいな。

Cimg8816

 提灯を発見したので扉を開けて入ってみるが、これがカウンター5・6席くらいの小さな店で、厨房にはおばあ、いやおかあさんが2人でやられてる。
 客はワタシが座った玄関前の席が開いてたくらいでほぼ満席、どうみても朝ラー、いや迎え酒のような客層。

Cimg8815

 とりあえずメニュー確認、まぁラーメンしか食べんのだけど。
 ラーメン550円とは破格の値段や、+50円で定食になる、これってご飯に一品が付くんかな、一軒やったらそれでも良かったが、これは始まりなのでな。
 日替定食500円ってのもある、すげー。
 他の客はラーメンも食べてたが、小鉢物と酎ハイで呑ってた。

Cimg8818

 店内観察してる間に出てきたラーメンがこちら。
 おお、小ぶりな丼ながらラーメンやないか(当たり前や)。

Cimg8819

 まずは麺から、細目の加水率の低いストレート麺で意外なことにしっかりしてて美味い(失礼)。
 スープは見た目岡山っぽい豚骨醤油で、それはそうなんだが、何か味噌っぽい風味がするのは何でや???
 チャーシューは如何にもこれで醤油ダレ作りましたよ的な適当な醤油と甘味があって懐かしい味。
 上述の味噌っぽいってのが旨味っぽいという解釈ならそういう旨味があるってことか。
 一杯550円で朝から80歳くらいのおばあちゃん(あ、言っちゃった)が作るラーメンなんて貴重やと思うな。
 ワタシ的には実にスタンダードな、これぞ岡山ラーメンって感じやった。

 コロナ禍においてすっかり昼飲みも定着したが、前日からの長酒も今時やっとるんやね。
 そういう人には迎え朝ラーなんて最高ちゃうの。
 おばあちゃんの愛されキャラも良かったわ。


 さ、まだまだ岡山ラーメン続く。
 次はようやく行けたあの店よ。

 

| | コメント (0)

2022年8月24日 (水)

岡山でえびめしとラーメン「ラーメン西本」さんのえびめしセット(えびめし&醤油ラーメン)1180円

 前回の続き。
 7月の3連休で笠岡で笠ラーして夜は焼肉食べて、〆は福山でラーメン食べた訳だが、福山のホテルには朝ごはんが付いてた。
 前日ラーメン4杯食べて焼肉も食べてるからお腹は全く空いてないのだが、サービスといえば食べてしまう。
 カレーも付いてたから2杯目はカレーや(何で2杯食べる)。

 そうしてチェックアウトの10時ぎりぎりまでエアコン下でぐだぐだしてたが、岡山市内でセルフうどんとえびめしかデミカツ丼を食べたかったので、出発進行。

Dsc_6002

 まずはこれも4・5年ぶりの岡山のセルフうどんの老舗「名玄」さんでざるうどん(中)350円。

Dsc_6000

 ここのうどんはとにかく回転が良いのでいつ来てもハズレがない。
 良いコシしてんのよ、この麺が。

Dsc_6001

 今回は暑かったのでざるにしたが、岡山はこうして甘い出汁と辛い出汁があって自分で 好きなように入れて食べる店が多い。
 辛いっても唐辛子が辛い訳じゃなくて味が濃いって意味ね。

 まだ余裕があるかと思いきや、流石に胃のキャパが限界に来たので、デミカツよりえびめしにしようと、スマホン検索したら天〇屋の裏に(東に)えびめしを出す店があるではないか、ここにしよう。

Cimg8788
Cimg8787

 ・ラーメン西本:えびめしセット(えびめし&醤油ラーメン)1180円

 場所は天〇屋の東2本目の筋を南に下がった所。
 この道はオランダ通りと言うらしい、へぇへぇへぇ。
 更に一本東を南北に通る路面電車が走ってる道は城下筋、ワタシは城下筋の交差点を西に折れて、これをあくら通りというそうだが、こことオランダ通りの交差点のパーキングに車を停めて行ってみた。
 この辺割とラーメン屋さん多い所なんだけど、「西本」さんの斜め前にも魅力的なラーメン屋さんがあったが、これは次回の課題にしたい。

 えびめしを食べに来たんだが、何と恐ろしいことに「スープがうまい」と謳っているではないか。
 んじゃラーメンも食べんといかんじゃん、食べれるかいな、ゲフ。

Cimg8789

 看板のメニューを見たらえびめしセットというのがある、1180円もするのか、えびめしだけって訳にはやっぱりいかんよなー、スープ気になるし。

Cimg8799

 ということでガラッと入店、店構えもお洒落だけど店内もとてもラーメン屋さんとは思えない。

Cimg8790
Cimg8791

 奥に深くなってて、厨房の前のカウンター席が空いてたので座ってメニュー確認。
 えびめし単品で750円、ラーメンは塩と醤油が720円。
 変わり種は塩野菜・豚バラ醤油・玉ねぎ味噌・カレーってとこか。
 書かれてるようにこちらのラーメンはスープを最後まで飲めるように塩分控えめに仕上げてるそうだ、やっぱり気になる。

Cimg8792

 こんなの発見、「いんでいら」さんとどういう関係か知らんが、これはお腹一杯やけど食べましょ、ラーメンとのセットで。

Cimg8794

 先にコールスローサラダが出てきたが、写真撮る為に置いておく。
 次に出てきたのが醤油ラーメンなんだが、まだえびめし出て来てないから置いておく。
 じりじりと焦りながらえびめしを待つ。

Cimg8793

 ラーメンから3分後くらいにようやくえびめし登場でまとめてパシャリ、麺伸びちゃうやん。
 でもコールスローから食べるで、もぎゅもぎゅ。

Cimg8797

 んじゃ、麺から食べてみよっか、ほうほう全粒粉ですか。
 放置しただけあって若干麺が伸びてしまってるけど、口に入れて分かる麺の素性の良さよ、加水率高めの麺は少しウェーブがかかってる、うむ美味い。
 さて塩分控えめで飲ませるスープってどんなんかなー、じゅるり。
 ほー、何と言うか旨味が重なってて何がと言う訳じゃなくトータルで美味い。
 ところどころ背脂が浮いてるのもアクセントになってる。
 大きなチャーシュー2枚、これしみじみと美味いヤツで飽きない味。
 メンマは大きさもあってなかなかの自己主張、軽い酸味でこれはまた酒が欲しくなる味。
 ネギにもやしに海苔か、もやしってやっぱあったら嬉しいと思うのはワタシだけではあるまい。

Cimg8796

 いかん、ラーメンに没頭してもた。
 えびめしよえびめし。
 フライパンに油引いて具材入れて強火で鍋振って、ご飯入れる段階で謎の黒いペーストを投入。
 更に鍋を振って振ってしてたら真っ黒けのえびめし完成、見事な鍋さばきや。

Cimg8798

 では久しぶりのえびめしどんなかなー???
 黒光りしてる見た目のインパクトがとにかく凄いえびめしやが、ワタシは何度も食べてるので見た目には驚かされん。
 冷静に食べてみると、口に入れるとカレーみたいな風味がする、あの黒いソースの中にそういう香辛料が入ってんのかな。
 そんでワタシ的にはケチャップ風の味がした、軽い酸味ってことかな、黒いソースにトマトも入ってるのか???
 だけど見た目はソースなんよなー、面白い。
 上に載ってる錦糸卵が見た目にも良い。
 えびも結構入ってるし、えびめしはフルサイズではないと思うが食べ応えあるのよ、ワタシのお腹が一杯やからか。
 そうして麺食べスープ飲んでえびめし食べて、うほー、もうこれ以上食えん。
 けどちゃんと完食しましたー。

 1180円が気になってたけど、どっちも食べたい人には安い値段設定かもね。
 「スープがうまい」というのにも納得したし、スープだけじゃなく麺も美味かった。
 えびめしに釣られて入ったらラーメンも釣れちゃった、まさにえびでラーメンを釣る…スイマセン。


 この時はまたしばらく岡山行く機会ないなと思ってたが、2週間後に18きっぷでまた岡山行っちゃった、久しぶりに岡山愛復活よ。
 18きっぷまだ残ってるからもう一回行くかな岡山。

 

| | コメント (0)

2022年8月22日 (月)

岡山は浅口で高校生ラーメン「ラーメン さかて」さんの中華そば(鶏ガラ醤油味)650円

 1ヶ月前の7月の3連休で久しぶりに笠岡にラーメン食べに行ってきた、夜は福山泊まり。
 やっぱり笠岡&福山はワタシの第二の故郷やからな。

Dsc_5976
Dsc_5977

 笠ラーの「坂本」さんなんて昔は毎月行ってたけど、もう2年以上行ってなかったから久しぶり過ぎて感動した、店内何にも変わってないし。

Dsc_5979
Dsc_5980

 その後は厳密に言うと笠岡ラーメンではないが、笠岡の誇る人気店「しだはら」さんにも行って、黄金スープはやはり美味いと改めて思った。

 そしてもう一軒、ここは隣の浅口市なんだが、ちょっと前の朝日新聞に記事が載ってて、何と現役の高校生が実習を兼ねてラーメン屋さんを月に一度の土・日に営業してるという。
 これはかなりレアじゃないか、ワタシが行く3連休は偶然にも営業してる日だったので、 これは是が非とも行かねばなるまい。

Cimg8773

 場所はJR鴨川駅の西側の天〇屋のある大きな交差点を南に道なりに坂を上がって行った所にある。
 行けばここしかないって場所にあるからすぐ分かる。

Cimg8775

 ・ラーメン さかて:中華そば(鶏ガラ醤油味)650円

Cimg8774

 駐車場の真下に見えるのが母体の「おかやま山陽高校」、私学だそうで、いろんな専門コースがあるみたい。

Cimg8786

 その調理科が運営してるそうだ、だから店の看板に「おかやま山陽高校調理科プレゼンツ」と書かれてある。
 今年で3年目らしい、コロナ禍でほとんど行かなくなったから知らんはずや。

Cimg8776

 到着したのは12時半、3連休の初日だったが店内はまばら。
 お客さんの平均年齢は高めといった印象。
 元々は教室で借りた建物だったが1階が空き店舗でラーメン屋にするのに丁度良かったらしく、ここで営業することになったそうだ。
 ちなみに顧問の先生がラーメンフリークだとか。
 だからか店内何となく教室っぽいというか素人っぽくて納得しちゃう。

Cimg8778

 メニューこんなん。
 「坂本」さんと「しだはら」さんとラーメン2軒行ってて、間に間食もしてるし、かなりキツいので、普通の麺メニュウから鶏ガラ醤油味の中華そばをチョイス。
 ここで豚骨醤油も違うような気がして、やっぱり笠岡周辺では鶏ガラ醤油が好ましい。
 限定メニュウもあってこの時は冷やし中華をやってたがまだ冷やし中華じゃなかろうか。

Cimg8779

 注文してる間店内拝見、ちゃんと距離を取ってるから安心や。
 しかし厨房に居る子もサービスしてくれる子も高校生とはたいしたもんだ。

Cimg8785

 窓から下を覗いてみると当然ながら上の岡山さんよう高校が見下ろせる。
 何か外装工事してるみたいやった。

Cimg8780

 それはさておき、鶏ガラ醤油のうんちくがこちら。
 栄養面からでも鶏ガラを推してるのは流石や。
 食べるだけじゃなくてちゃんと体のことも考えんとな。
 体に悪いもんは美味いもんではいかんからね。

Cimg8783

 と、5分程度で出てきた中華そばどーん。
 並の割には見た目のボリューム凄いんですけど。
 まず目につくのはネギに海苔、チャーシューが下に隠れてて、メンマもあるし茹で卵もある、実は下にもやしも隠れてる、野菜多めやん。

Cimg8784

 ではネギ食べた後に見た目えらい細麺を食べる、つるつるつる。
 ほう、固めに茹でられててビシッと決まっててええな。
 スープどんなんかなー、ぞぞぞ~~~、鶏の旨味に野菜の甘みがあるのか、そんで醤油ダレ自体が甘め、ワタシ的には播州ラーメンに似たほんのり甘めの醤油味やと思った。
 チャーシューは柔らかくて味も付いててしっかり食べられる。
 メンマは平たくて大きく弱酸味、バランスを崩してない。
 海苔って途中から潮の香りがするのがステキよ。
 茹で卵は普通やけどないよりあった方が良いよねー、卵好き好き。
 12時半にして3杯目のラーメンやったが、しっかり完食。

 ワタシはこういう味が好きなのでまた来ても良いかと思ったが、月イチの週末に合うかどうかが難しい。
 てか、仕事で行かんようになったのでプライベートではなかなか行けんのが惜しい。

 今時650円でここまでのラーメンってないよ、リアルな話、社会勉強としてやってるからこその値段やと思う。
 今この時期に岡山まで遠征してくれとは言わんが、近くに行く際に開いてれば行って損はない店でしょう。

Dsc_5988
Dsc_5991

 そうしてこの日は福山泊まりだったので、JRでまた笠岡まで移動していつもの「酒々波々」さんで焼肉これでもかと食べて酒吞んでJRで折り返し戻った。

Dsc_5997

 そして〆は「めんや 長いち」さんにこれまた3年ぶりくらいに行って豚そば食べて、店閉めてからも日付けが変わるまで大将としょーもない話を延々としてホテルに戻った、都合3時間近く喋ってたみたい。


 いやー、久しぶりの笠岡に福山を満喫した。
 しつこいがかつては毎月来てたが、もう担当じゃないのでプライベートで行くしかないが、今回は食べたい物は全て食べたので、向こう1年行かなくても大丈夫よ。
 と言いながら次いつ行くか考えてるんやけどなー。

 

| | コメント (0)

2021年8月22日 (日)

岡山の一駅向こうの備前三門のおばあちゃん食堂「小西食堂」さんの中華そば550円・やきめし550円

 岡山編最終回。
 7月の4連休の3日目、まずは5年来の念願だった「華光軒」さんでじゃじゃ麺(5辛)食べた、後はここに行ったら18きっぷで帰るだけ。

Cimg6618
Cimg6629

 何でもこれから行くお店は93歳のおばあちゃんがやっておられるらしい。
 果たして開いてるかどうか、場所は桃太郎線で岡山から一駅の備前三門。

Cimg6620

 駅を北に出たら国道渡って進むと公園があるので、その公園の斜め道筋。
 93歳のおばあちゃんのお店だというからもっと怖い店かと思いきや、全然新しい家のような最近の店で安心。

Cimg6619

 ・小西食堂:中華そば550円・やきめし550円

 着いたのは12時半過ぎ、がらっと店内に入ると先客のおばあちゃん二人組が二人掛けのテーブルに座ってた。
 カウンターは4席くらいか、ここが空いてたので座らせてもらった。
 カウンターの向こうの厨房には確かにおばあちゃんが居らっしゃるが、とても93歳には見えない、けど最近耳が遠いんだそうだ(とおそらく70歳近い娘さんが仰ってた)。

 駅から急いで来たし、普通に暑いし、そして店内も高齢の方ばっかりなのでエアコンが利いてなくて暑いし(笑)。
 この中では私がダントツで一番の若輩者であったのは一目瞭然という変わったシチュエーションであった。

Cimg6622

 壁に貼られたメニュー拝見、店の前の幟は中華そばとあったが、お好み焼き用の鉄板があり、その上にメニューがある。
 お好み焼きはミックスにモダンにそばめし(へー)にお好み焼肉玉にやきうどんにやきそば大、オムそばみたいなハイカラメニューもあり、ネギ焼肉玉にやきめしとある。
 麺はうどんにうどん玉子にきつねうどん、中華そばに中華チャーシュー(チャーシューメンじゃない所が良い)に冷麺、あと冷やしあめとところてんも夏はやってるみたい。

 後ろのおばあさん達のは作り終えてたので、遠慮なく注文、中華そばとやきめしという炭水化物と炭水化物の夢のコラボレーションどや!!! あ、HTTと僭越太郎がコラボしてもた(分からん人はスルーしてくれ)。

 まずは中華そばから作り始めるおばあちゃん、その間娘さん?がやきめしのネタを鉄板に置いておく。あくまで調理はおばあちゃんみたい、それは嬉しいやん。

Line_629884882666783

 5分程で出てきた中華そばがこれ、これもいかにもな醤油ラーメン

Cimg6626

 んじゃ麺からいただきます、ずるずる、へー、ピシッと茹でられた細麺は好みの麺よ。
 そしてスープ、ぞぞぞぉぉぉ~~~、あいやー、これは中国地方系の豚骨醤油やないか、豚骨の部分がしつこくなくてこれは侮れん岡山の味や。
 チャーシューは肉感があり醤油の味が染み出る、流石幟を出すだけのことはある。

Cimg6624

 そして次にやきめしに取り掛かるおばあちゃん、鉄板まで移動するという手間を掛けさせてしまった。
 豚バラを鉄板の上で細かく刻んで、キャベツも同様、そこにご飯を投入して炒めてソースで味付け。
 皿に盛って青のりと紅生姜で完成、へー。

Cimg6627

 確かにこれはチャーハンではなくやきめしやわ、焼いためし。

Cimg6628

 ではいただきます、スプーンでもぎゅっと、ははは、これは結構ソースが甘くて、そうねぇ、ソース焼きそばのご飯版、つまりはソースやきめし。
 なるほどメニューにそばめしがあったのも頷ける。
 ご飯はこれぞおばあちゃんのご飯なのか、結構柔らかめに炊かれてるので、ソースを吸ったやきめしはパラリとはしてなくてしっとりねっとりしてるんだが、これが味よ。
 店が新しいからノスタルジー感は全くないけど、味だけだと50年前でもおかしくないくらい。

 いやー、中華そばもやきめしも満足したわー。
 いろいろ話してたら近所で取れたらしい桃をたくさんもらってしまった。
 これから電車乗って家まで帰らないかんのだが、それを言っちゃあ野暮なので、ありがたく持って帰って冷やして食べた、最後までご馳走様でした。


 岡山もまだまだ味がある、この時も奉還町商店街は行ったけど、次回は何か新規開拓してみたい。
 それと岡ビルの横の豚骨ラーメン屋さんもいつまでも放っておく訳にもいかんし。
 最近えびめしとはとんとご無沙汰やし、それを言うならデミカツ丼なんて最初に岡山来て以来食べてないし。
 セルフうどんも永らく行ってないので「名玄」さんに行きたい。
 早く自由に移動できるようになるとええんやけどね。

 

| | コメント (0)

2021年8月17日 (火)

岡山駅前商店街の激辛じゃじゃめん「華光軒」さんのじゃじゃめん(5辛)1000円・中華そば550円

 7月の4連休、2泊3日の岡山最終日、もはやここという行く当てもなく、そう言えばまだ岡山駅徒歩10分くらいの岡ビルの隣の豚骨ラーメン屋さんには行けてなかったなと思い、11時過ぎに立ち寄ってみたが、11半開店だという。

 じゃ、初日(22日)にも見てやはり開いてなかったが、とりあえず土曜日だし(24日)ひょっとしたら開いてるかもしれんと、ぼらぼら時間潰しがてら見に行ってみたら、何と老店主が店から出てきたのでびっくり。
 今日は数か月ぶりに腕のやけどから復帰して店を開けるという、本当は12時からだけど11時半には開けるから待ってて、と言われたので、当然待つことにした。
 

Cimg6617

 ・華光軒:じゃじゃめん(5辛)1000円・中華そば550円

Cimg6602
Cimg6601

 場所は駅東口前のビッ〇カメラの横の桃太郎の商店街のビッ〇カメラの建物と次の建物の間の路地にある、この隙間ね。
 駅から歩いて3分だがここは分かってないと絶対自分から発見することはない店。
 じゃ、何でワタシがこの店を知ってるかというと、以前、この駄文にコメントを入れてくれた方が、是非ともここのじゃじゃ麺を食べて欲しいと言われてたのでずーっと通ってた。
 もう5年になるか、岡山に行く際はだいたい店を覗いてみたんだが。これまで一度たりとも開いてたことがなかった。
 現に前々日は開いてなかったし、しかし今回の理由がやけどって、それはここ数か月の話にしても、一体いつ開いてるのかという謎の店、ついに行けた。
 こうなると豚骨ラーメンなんて次の機会でええ、あと45分12時開店でも待つがな。

Cimg6604

 そう思ってたら、11時半くらいに老大将暖簾を出し始めたので、一番客で入店。
 だから初めて来たのだけど、この老大将がまったマシンガントークでワタシの喋る暇を与えてくれない。
 そんで自分で勝手にボケるもんやから、こっちがツッコミを入れないと会話が成立しないくらい。
 とにかくここんとこは腕のやけどで休んでたと、しかしほぼ完治したのでこれからはお店を開けるとのことであったが、あんまり鵜呑みにはでけん。

Cimg6606

 激辛なじゃじゃめん一択なんだが、一応壁に貼られたメニュー拝見。
 麺類・一品料理・御飯類・スープ類・飲物とある。
 麺も一品料理も御飯類もほとんど網羅してると言って過言ではない。

Cimg6607

 横にも中国の名酒の上に一品メニューがありえびのケチャップ煮なんてそそられるメニューや。

Cimg6608

 厨房の上にはサインがたくさん飾られてある。
 老舗だけあって渋い人のサインが多かった。

 鍋の湯が温まるまでいろんな話を聞いたが、どれも面白い物ばかりで、こればかりは行ってもらうしかない。
 話の引き出し多い店主よ、ボケまくりやけど。

 で、注文。
 じゃじゃめんは3辛までは通常の800円で以後1辛増すごとに50円なんだそうだ。
 最高は女性の方が25辛やったか30辛やったかを食べたことがあるとのことであったが、そこまでガチ勝負する訳ではないので、ここは大人しく5辛で。
 普通の中華そばの実力も知りたいので、箸休めも兼ねて注文。

Cimg6610

 先に出てくる中華そば、これはまた何のトレンドにも左右されてない、昔ながらの中華そばやないか。
 チャーシューにもやしにネギに蒲鉾、これよこれ。

Cimg6611

 では麺からずずず~~~、茹で加減が丁度ええ感じ。
 スープは鶏ガラメインで豚も使ってるのか、とにかく中国地方っぽい豚骨が前に来たような濃厚さは露ほどない。
 ホント、単なる普通の中華そばが嬉しい。

 と、じゃじゃめん作ってる所を見なけりゃ。
 麺を茹でて上にもやしを載せたか、そこに中華鍋で赤いスープ、いやソースを作るんだが、辛さはどうやら唐辛子の量で変わるみたいや。
 1辛なら小さじ中盛1杯。2辛なら2杯、入れたら入れた分だけ赤くなって辛くなる。
 ワタシは5辛だったので小さじにもりっと5杯分の唐辛子をスープ、いやソースに入れてた。

Cimg6612

 そうして出てきたじゃじゃめん(5辛)がこやつ、魚ぉぉぉぉぉ、これがケチャップ煮なんじゃねーのー!?
 真っ赤なんですけど!!!
 しかもあんなので熱い熱い、凄いインパクトあるやん!!!

Cimg6613

 これはチャレンジする意欲は湧く、まずはあんを掘り返して麺を取り出す、トマトソースかケチャップか、みたいな色やないか、ぱくり。
 おっとぅ、これはチリソースみたいな味にスープを合わせて唐辛子と片栗粉か???
 似てる所では姫路に行ったら「紅宝石」さんの激辛の麻婆飯にテイストが似てる。
 辛さもどっこいどっこいくらいか。
 麺が下に敷かれてて赤いあんと絡めなければならんので、なかなか混ぜるのが難しい、のんびりしてると麺伸びちゃうし。
 あんだけすくってひー辛い、麺だけ食べて一休み、絡めて食べてやっぱり辛い、中華そば食べて…訳分からんようになってきたわ。
 この赤いあんの中には玉ねぎのみじん切りとミンチが入ってたような気がするが、意識はそんな所にはないから覚えとらん。

Cimg6614

 ちゅうことで5分ちょっとで完食、きれいにいただきましたっっっ。

Cimg6615

 後客で常連のおっちゃんが一人で来てカレー焼めしを注文したんだが、サービスの良すぎる老大将はワタシにも一口、いや三口分くらいサービスでいただけたのはありがたかった、カレー焼めしもイケます。

 またちょっとしたら男女二人組が入って来て店内は半分くらい埋まってしまったので、アクリの仕切りもないのでとっとと退散。
 ちなみにその男女は何辛かで迷ってたみたいだが、結局3辛にしたみたい。
 次回は30辛食べるで、と捨て台詞を残して店を後にしたが、冷静に考えても10辛までやろ。
 っていうか、次行ったら開いてるかどうかが一番の問題でしょ。


 ということで、大変長い間かかってしまったが、ようやく行けました。
 次回は夜行ってビール呑みたいが果たして。

 

| | コメント (0)

2021年8月13日 (金)

岡山は児島の「ジーンズストリート」ぼらぼら歩き

 話は7月の4連休に戻る。
 青春18きっぷで岡山に行って、翌日は朝からマリンライナーに乗って宇多津と坂出でうどんを食べたことは既に述べた。

 さて、うどん食べ終わってもまだ13時、ここで岡山に戻るだけなら運賃2000円くらいなので18きっぷの元が取れない。
 最終は岡山と広島の県境まで行くけど、まずは倉敷市児島で途中下車。
 前から行ってみたかったんだよなー。


 ・児島ジーンズストリート

 といってもデニムにもはやあんまり興味なくなってるんだけどね。
 昔は501じゃないといかん、ってな感じだったけど、今はブランドはどこでも良くなってる。
 だって今のジーンズってウエストがゴムのがどんだけ多いのよ。
 なのでアホらしくなって、今の買う基準はウエストがゴムじゃないヤツであればそれで良い、という程度。

 だから今回は非常に猫に小判的な意味合いがあるが、行ってみたい所ではあったのでちょっと楽しみ。
 だけどこの日は超暑くて、実際歩いてて軽い熱中症に何度か見舞われたもんな。

Cimg6599

 児島には坂出からマリンライナーで15分、あっという間に着く。
 そしてホームから階段を降りて改札前で階段を振り返ると階段に仕掛けがしてあって、ジーンズが見えるようになっている、

Cimg6596

 改札出たら「Gパンダ」と「わしゅうくん」がお出迎え。
 「わしゅう」は鷲羽山ね、「Gパンダ」にしてもこんなキャラが居たのを知らんかった。

Cimg6597

 「Gパンダ」は小さいながらマスコット人形になってて、このご時世らしくマスクを着用してる。
 駅の構内に観光案内所があり、言えばマンホールカードをくれる。

Cimg6594

Cimg6595
Cimg6583

 そしてこれが「ジーンズの聖地・児島」駅よ。
 駅の西側がバス乗り場でジーンズストリートは歩いてだと少し掛かるらしい。
 まるでイカかタコを干してるようなこの風景、JRぐるみで観光とはなかなか良い取り組みや。

Cimg6591
Cimg6592

 ジーンズストリートまではジーンズバスというのが出てるらしいんだが、この時はなかった。
 帰って来たら駅前に停まってたのでパシャリと撮った。
 お客を乗せずに停車中だったので、中まで見れんかったが、一番前の席に「わしゅうくん」が座ってたり、中もいろいろ凝ってると思われるが、暑くて疲れてたので写真撮っただけ。

 児島駅に着いたのは14時前でメチャクチャ暑い時間帯。
 マンホールカードもらったおねいさんにジーンズストリートまでの行き方を訊いたら、バスで5分で歩いて15分だという。
 歩きでええかと思ったが、流石にこの暑さなので妥協してバスで行くことにしたが、道路も空いてたのですぐに着いちゃったから、170円だったか180円だったかのバス代が惜しくなって帰りは歩いて帰った(セコっっっ)。
 ホント700mくらいなので涼しくなったら歩いて行くと丁度良い距離だと思うよ。
 そんでバスロータリーで降ろされてジーンズストリートに向かう、北に歩いて3分程度。

Cimg6584

 その手前にあるタクシー会社にジーンズをプリントされたタクシーを発見したのでパシャリ。
 リーフもここまでやるとオシャレに見えるもんだ。

Cimg6585

 さて、そのすぐ隣がジーンズストリートの入口となっている。
 なかなか巨大なオブジェ、写真撮るなら一番のポイントやろうね。

 ここから数々のショップが集う商店街、いやストリートになる訳だ。
 全部で40店近くあるらしいので、本気で買い物する方はきっとオンリーワンが見付かると思うので、行かれるのをお勧めします。

Cimg6586

 ワタシはほげーっとした一観光客だったので、ストリート入ってすぐの左手にある、元食品スーパーみたいな建物の国産ジーンズのパイオニア、「BIG JOHN」児島本店にベタに入ってみた。
 中では職人さんが作業していたり、これでもかというくらいのありとあらゆるデニムの商品が置かれてたりと、ここだけでも30分は軽く見れる。

Cimg6587

 そうして西にストリートを進んで北西の方に道なりに歩くと、電柱と電柱の間にやはりジーンズを通してある。
 この日差しだからかなり過酷な環境だけど、耐えるねデニムは。

Cimg6588
Cimg6589

 そしてもう少し先に行くとマンホールカードに載ってるマンホール発見。
 一応、上に吊られているジーンズとマンホールをアーティスティックに表現しようとしたのが下の画像(ヲイヲイ)。

Cimg6590

 更に先に進むと「桃太郎ジーンズ」の人形がある。
 よく知らないんだけど、この店結構あちこちに出店してるようなので、人気高いのかな、知らなくてスイマセン。

 そんでまだ突き進んでジーンズショップがなくなった頃に小さい川に出くわしたので、 その川を南下して、バス降りた所まで戻ったが、1時間くらいで駆け足で見て回った感じ。
 もう暑くて頭回ってなかったのがこの時間帯(15時)よ。
 だけど帰りは歩いて駅まで戻るこのしたたかさ。

Cimg6600

 電車が来るのでホームに上がると、来た時は気付かんかったが、エレベーターがデニムにラッピングされてる。
 なかなかやるな、児島。

 ここは車で行くよりも電車で行った方が楽しいと思う。
 なので、冬や春の18きっぷで岡山行って香川行って児島行って、というコースをお勧めしたい。
 好きな方なら行って損は絶対ないと思う。

 

Dsc_4804
Dsc_4805

 そうしてワタシは18きっぷの元を取るべく、夕方は笠岡まで行って笠ラーはやってないので、もう一方の雄である焼肉の「酒々波々」さんで赤身とホルモンを適当に頼んで食べて、ハイボール大ジョッキで何杯も呑んで満喫したが、お客さんが多くて煙が凄く、目にも服にも参ったので退散。
 2年以上ぶりに行ったが、相変わらず美味しいお肉であった。


 ちゅうことで、この日の電車代は岡山~宇多津~坂出~児島~笠岡~岡山で、3850円だったから十分ペイできた。
 良いねぇ、18きっぷ。

| | コメント (0)

2021年7月27日 (火)

岡山禁酒会館「珈琲屋ラヴィアンカフェ」さんのライスカレー800円

Dsc_4770

 先週の4連休で青春18きっぷを使って隣の岡山県へショートトリップしてきた。
 去年の春に仕事帰りに立ち寄って以来の1年ちょいぶり。
 その時泊まったホテルの近所に趣深い建物を発見していたので、次回はここに行くぞと決めてた。

 大阪7時に出たら岡山10時半過ぎに着いたから3時間半、こんなもんでしょ。
 車で行っても2時間掛かるから、運転せずに寝てても良い訳なので、楽させてもらった。

 ここで驚いたのは2軒目お昼食べようと思っていた「小豆島ラーメンHISHIO」さんの本店が何と潰れててびっくり、あれだけの繁盛店に何があった???
 隣の「隠岐の島ラーメン」さんだけじゃ寂しいだろが。
 店構えも内装も改装してたみたいなのに、営業してる雰囲気が全くないんだよ、これは後でイ〇ン店に確認しに行かなければ。

Cimg6566
Cimg6561

 それは置いといて、岡山駅から東に路面電車沿いに歩くこと10分で到着、健在やなー。
 正面からだと木が邪魔で分かりにくいのが玉に瑕。

Cimg6563
Cimg6562

 ・岡山禁酒会館/珈琲屋ラヴィアンカフェ:ライスカレー800円

 もはや目的は禁酒会館なのか、禁酒会館に入ってるこのカフェでカレーを食べることかどっちか分からんようになってるな。

Cimg6544
Cimg6543
Cimg6564
 でもこの珈琲屋さんの中から見る禁酒会館は雰囲気あるし、中庭も良い味出てるので、禁酒会館に来たら「ラヴィアンカフェ」さんに入らん手はないと思うな。
Cimg6559_20210727224601

 メニューは玄関の小さなA型看板から撮った。
 ブレンド500円からで、ライスカレーは金・土・日・祝の数量限定だそうで、「本日はライスカレー有ります!」と貼られてたのでまずは安心。

Cimg6545

 注文して待つこと5分ちょい、出てきたライスカレーがこちら。
 ポットに入って出てくるタイプか、最近なかなか見んねー。
 福神漬けを入れてる器も懐かしい。

Cimg6546

 ではカレーいただいちゃいますか、てろっとライスにかけてぱくりと。
 ふむふむ、色が赤っぽいなとは思ってたが、トマトベースのチキンカレーでオーソドックスな欧風タイプ。
 スパイシー感はないがトマトが形で入ってるのでシチューっぽくもあるが、けどもカレーよ。
 この建物で食べるカレーはまた格別よ、禁酒会館なので酒はないけどそれなりに楽しいかも。

Cimg6547_20210727224501

 食べ終わったので禁酒会館を探検してみよう。
 まずは入口にある郵便ポスト、これも当時の物か、日本って素晴らしい。

Cimg6558_20210727224601

 この禁酒会館は3階まであるんだが、階段が昔の家の階段みたいに急なのよ。
 テナントというかいろんなサークル? が入ってるみたい。
 途中からここの管理人さんみたいな方が出てきてマシンガントークで案内してくれた。

Cimg6554_20210727224501
Cimg6552_20210727224501

 見所はこの2階の道路に面したホール。
 合唱やダンスもやったりしてるそうで、かなり時間が経ってるピアノは今でも調律してて現役なんだそうだ。
 なかなかの床で大正ロマンしてる。

Cimg6556_20210727224501

 管理人さんの隠れお勧めはこの窓、ワイヤーでの吊り下げ式で、こんなん見たん初めてちゃうか。
 木枠も値打ちある。

Cimg6557_20210727224501

 禁酒会館というくらいやからこんなチラシが貼られてる。
 「お酒に悩んでませんか? 巻き込まれてませんか?」とあって、お酒についての相談会も行ってるそうだ。

 そもそも何で禁酒会館なのかというと、㏋にこんなことが書かれてるのでざっと。
 『世の中、景気が悪くなったり、社会不安が募ってくるとその悩みを飲酒に逃れる人が増えてくる(ぎくぅぅぅ)。今をさること八十年前、大正十年頃もそんな社会情勢で、このことを愁いた禁酒運動家が禁酒運動の拠点「岡山禁酒会館」の建設に乗り出した。多くの人々の協力を得て、大正十二年その建物は岡山市の 中心部に完成し、以来八十年間禁酒運動のシンボル的存在 として、戦時の岡山空襲も免れ頑張ってきた。平成十四年九月、その大正ロマンの香り高き建物は国の 登録文化財に指定された。この会館そのものの存在を禁酒運動のシンボルとして 酒害問題に少しでも役立てたい』だそうだ。

Cimg6560

 ということで文化庁より登録有形文化財第33-0056号、「この建造物は貴重な国民的財産です」とのお墨付きまである。


 路面電車に乗る程でもないので歩いて行っちゃお。
 お城でも庭園でもない大正ロマンを是非。

Dsc_4778

 あ、そんで「小豆島ラーメンHISHIO」さんであるが、二軒目にイ〇ンに入ってる店に行ってみた。
 「替玉心ゆくまで」と入口に掲げられており、健在かと思ったが、醤ラーメン800円を食べてびっくり、これが麺もばっさばさで不味けりゃ、スープも旨味がないもんだからもろみたっぷりで味噌ラーメンみたいな味になってる。

Dsc_4779

 替玉してみたが、見た目は肉が載ってて変わらんように見えるが、以前はかかってたラーメンだれがかかってないので味がない。
 なのでスープはしっかり残しておかないといかんのだが、ならばそうそう替玉食べられる訳もないので、心ゆくまでなんてとんでもない。
 何が原因でこうなってしまったのか分からんが、ここまで落ちてはもう行く意味がないので二度と行きません。

| | コメント (0)

2020年11月 4日 (水)

広島最後の汁なし坦々麺「赤麺 梵天丸 アルパーク前店」さんの汁なし坦々麺(大)780円・中ごはん(200)ザーサイ付き120円・温泉玉子100円

 実は丸10年担当していた中国地方からジョブローテで離れることになった。
 2ヶ月くらい前に突然決まって、次は西九州を担当する。
 これからは九州ラーメンを開拓することになるのか。
 ここんとこのコロナ禍でろくに営業も行ってないままでの引継となるのは心苦しいことだ。

Dsc_3802_20210114215101
Dsc_4069
Dsc_4073

 12月は年末進行で忙しい、だから11月から引き継ぎ作業を行う、よって自由に行動出来るのは10月まで、なので先月笠岡ラーメンとか広島のお好み焼きとか、広島にとどまらずワタシ的に3本の指に入るカレースタンド「サン・カレー」さんでカレーも食べてきた。

 で、広島のディーラーさんと同行してもらった2日目の昼、ワタシ的には広島中央卸売市場内の「平和食堂」さんでマグロ丼を食べに連れて行ってもらおうかと思ったんだが、何と2ヶ月くらい前に閉店したらしい。
 すっかり常連になってたのに、これもコロナの影響か、何とももったいない。
 だったら別の広島っぽい物ということで、汁なし坦々麺を食べに行くことになった。
 ワタシ的には汁なし坦々麺は5年くらい前に流行りだした頃に盛んに食べて食べて食べて飽きた。
 だからかなり久しぶりの汁なし坦々麺、どう進化してるのか楽しみじゃ、これが最後の汁なしなので満足させてクレイ。

Cimg5255
Cimg5254

 ・赤麺 梵天丸 アルパーク前店:汁なし坦々麺(大)780円・中ごはん(200)ザーサイ付き120円・温泉玉子100円

 場所はJR新井口または広電商工センター入口を南に降りた所にあるアルパークとその駐車場の間、「アルパーク前店」と言われると??? となる。
 これはこの店を知ってないと行けない店、普段この道通る人なんて居ないんじゃないの???

 ということでアルパークの駐車場に車を停めて、EVで下に降りてお店確認。
 一応、食べ物屋さんは集まってる場所みたい。

Cimg5256

 どんなメニューがあるのか、入口に貼られてあったメニューを見る。
 通常と特製がまずはあって、特製は温玉にねぎと肉そぼろが増量らしい。
 そんで超激辛の梵天斬らずというのが、エビ唐辛子で瞬時に燃えるような辛さだそうだ。
 これにハバネロとエビ唐辛子を入れたのが梵天斬りⅡ。
 そして一番辛いのが「挑戦コース」と銘打たれた元祖梵天斬り、生唐辛子と山椒とハバネロが「たっぷり」入ってるんだって。
 5年前ならこれ注文してたやろうけど、これが最後なので美味しく納めたい。
 なので普通で良いかと店内に入った。

 12時少し前くらいでお客さんは8分の入り、食べてる頃に12時になったので客席は満員に、なかなかの人気店やないか、この立地で。

Cimg5257

 入って右手の券売機で何食べるか改めて確認。
 通常の汁なし坦々麺670円をを大にして780円、中ごはん(200)120円、200とは200gであろう、この後上述の「サン・カレー」さんにどうしても行きたかったので、中ごはん。
 
 これで券売機の横のカウンターに座ったんだが、汁なし坦々麺を食べるのに何か足りない。
 ああ、温泉玉子やないかと思い出してトッピングの温泉玉子をポチっと押した、画像では光って何も見えんけど。

Cimg5258

 そのカウンター上には花山椒と黒酢に自家製ラー油と激辛注意の自家製えびラー油が置かれている。

Cimg5259

 標準が2辛ってことやったんで、3辛(辛さ倍数は6で2辛の倍)で頼んで、5分くらいで出てきたのがこやつ。
 久しぶりのルックスやなー、中ごはんはこれで十分、温玉は自分で割るのか、そんでごはんには自家製ザーサイが付いてくる。

Cimg5260

 では麺をUPで、これは麺を見ただけね、このままでは味がないので、底に溜まったタレとまぜまぜしないといかん。
 この時に油が飛ぶことが多いので、ここは紙エプロンをくれたけど、気を付けた方がヨロシイ。
 ざっくり混ぜてではいただきます、と麺を吸い込もうとすると、ここに使われてるラー油の辛さで思わず咳き込んじゃいそうになるが、このご時世、咳するのもはばかられるので、すすらないで口に入れて噛む式にした。
 ふむ、細麺はエッジが立って茹で具合も良い感じ。
 食べてみたら何とも言えん旨味があり、唐辛子が後で来て、山椒の辛さも少しながら感じられる。
 花椒ってよりどっちかというと唐辛子、つまりはラー油に辛みを振ったような感じかな。
 肉そぼろも通常やけど結構入ってて食べ応えある。
 とにかくラー油の香気成分で咳き込みそうになる。
 少し時間が経って冷えてきたらそうでもなくなってきて、そうなると3辛ってそう辛くないような感じがした。
 で、ごはんは最初はザーサイともぎゅもぎゅ食べてたが、改めてザーサイとごはんはよく合う。
 個人的にはザーサイ茶漬けが好きやけどこれは余談。
 麺半分食べた頃くらいに温玉投入、そして途中自家製えびラー油を入れて食べてみるが、これまた旨味が濃い、それ程激辛とは思わんかったが。

 麺食べ終わった後には半分食べたご飯を丼に投入してまぜまぜして完食、この美味さは鉄板やね
 流石にこのまぜまぜごはんは絵的に汚いので撮ってないけど。

 うーん、何と言うか、昔に比べてずいぶん洗練されたように感じた。
 店が清潔なのは当たり前やけど、オリジナルメニューもあるし、辛さも超激辛はおそらく相当辛いのであろう。
 と思いきや0辛もあるのでお子様からお年寄りまで網羅してるような店やと思う。
 うむ、美味かった、また老舗や新規開拓したくなっちゃったけど残念ながら次はない。
 関西にも美味しいとこ増えるとええな(なーんて言いながらワタシは名物はそこに行って食べる派なのであった)。

 
 ということで次回行けば最後になる可能性が高い広島。
 JR広島駅が新装される2025年までやりたかった、くぅー。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧