2019年7月 7日 (日)

広島うどん開拓「西田家」さんのザルうどん(中)370円

 ということで、前回の「とんこつラーメン専門店 ひよこ」さんの続き。
 食べ終わってまた仕事に向かおうと、とりあえず路面電車に乗るかと、駅とは反対方面に歩き出した。

 京橋川というのを越えてすぐにこれまた気になる店を発見したので、ついさっきラーメン大盛にライスを食べてたが、ここはもうひと踏ん張りしてみることとした、ってメチャメチャ乗り気なのであるが。


Cimg2815 Cimg2814  ・西田家:ザルうどん(中)370円

 右の画像の通りに、この道を道なりで10分もかからずJR広島駅に着いちゃう、それくらいの距離かな。
 広電の駅で言うと銀山町が最寄りになるか。
 だいたいメインは路面電車の通りなので、この1本北の通りは歩くことがない。
 なので今回はいろいろ発見した、新たに行ってみたい店も多かったのは収穫。

Cimg2813 Cimg2812  ここは「讃岐うどん」と書かれてあるので、がぶっと食い付いた訳だ。
 小さなA型看板には牛肉ぶっかけがこちらのお店の売り上げNo.1なんだそうである。
 (小)520円(中)650円(大)750円とある。
 これだけ見たらそんなに安くない印象だが、ガラスに貼られたメニューを見ると、そうでもない。
 釜玉は(小)340円(中)390円(大)480円やし、ワタシが初めての店で必ず食べる冷たいうどんはひやひや(小)310円(中)370円(大)430円、注文したザルうどんも同価格やし、5分前にラーメンライス食べてるから(中)で良いでしょうよ。

Cimg2811  12時前にガラっと入ったらそれ程お客さんは混んでなかった。
 この画像はワタシが食べ終わってからで12時過ぎての物なので混んでるが。
 見ての通りのセルフうどん、左でトレーを取って、うどんを言って、天ぷら好きに取って流れ作業で会計。
 広島の人も「讃岐うどん」好きなのね。

Cimg2809  そうしてもらったザル(中)がこちら、うーん、(中)という感じには見えんかな、(小)ってより(並)みたい。
 ワタシがお腹一杯になるには(大)におにぎりが必要になるな。
 それはさておき、見て驚いたのが麺の美しさよ、テッカテカしてるんやでテッカテカ。
 これは不味い訳ないでしょう、ワタシの好みの麺に間違いなし。

Cimg2810  ではずるっといただいちゃおう、ぞぞぞ~~~、まず時間帯が良かったのでとにかく新鮮、麺が生きてる。 
 食感としては中に一本芯が合って表面は柔らかいのかと思ったが、それは違った。
 コシという麺ではない、しかし歯ざわりと口の中に当たる触感が実に心地いい上品な麺、加水率高いなー。
 細目で平打ちっぽい所も良いねぇ、細麺好き好き。
 うどんの出汁は少し醤油感があり、べっとり沈めるよりちょいと沈める方が良いかな。
 とにかくうどんは鮮度が命なので、そういう観点からでは満点とも言える瑞々しいうどんであった。

 お昼前に入れたってのがポイント高かったな。
 岡山はうどん県であるという認識だが、広島もどうしてどうして、美味しいうどん屋さんあるやん。
 ついソース系だったり坦々とかに行きがちやけど、実は麺食い文化ということでそばもうどんも懐が深いのだな。
 また選択肢が広がった広島であった。


 この道沿いにカレー屋さんもあったので、また新規開拓に行きたいと思う。
 この辺りに昼に居たらね、本通は目新しいのないしな。
 あ、でも「サン・カレー」さんは何度でも行きますので!!!

 

| | コメント (0)

2019年7月 2日 (火)

広島駅近ラーメン開拓「とんこつラーメン専門店 ひよこ」さんのラーメンライス付500円麺大盛無料

 以前、広島駅近くを初めて通った際に発見したお店。
 店にラーメン400円って貼られてて、今時あり得ない価格に驚いた。

 そんで4月に行こうとしたら定休日だったので、しゃーなく隣もラーメン屋なので入って食べたら、メチャメチャ少ないラーメンで680円もしよる。
 これでは終われない、ワタシは必ずリベンジすると心に決めていた。
 だが、なかなか行く機会がなかったが、昼ぽっかり広島駅で時間が空いたので、やっとチャンスが来たと思って行ってみた。


Cimg2801 Cimg2802  ・とんこつラーメン専門店 ひよこ:ラーメンライス付500円麺大盛無料

 場所はJR広島駅の南口に出て川を渡って京橋町10番という交差点を右折(西に)して2分、駅からだと5分。
 右側の画像は店から見たら駅はあっちだよということ。

 11時半くらいに到着、隣の店と比べて明るくて広い店内。
 先客一人で奥のカウンターに腰掛ける。
 店主一人でやっておられるみたいで、麦茶はセルフで。

Cimg2803  玄関に「食券を買って下さい」と張り紙があるのだが、実際買おうと入口すぐ右の券売機に向かうが、故障中、なんのこっちゃ。
 なので、今は注文と同時にお金を払うシステム。
 メニューもシンプルでラーメンとライスと焼きめしのみ。
 ラーメン400円でライス付で500円(安っっっ!!!)、焼きめし付だとそれでも600円というとてもとてもリーズナブルな価格設定。
 隣の店とは大違いや。
 ラーメン大盛でライス付と頼んだら、500円、という返事が返ってきた。
 えええええ、大盛サービスってことか!?
 どんだけ懐に優しいねん、今時感動するわ。

Cimg2805  黙々とラーメンを作る店主、これもペラペラ喋る隣の店主とエライ違いや。
 先にご飯が出てきたが、ラーメンが来るまで少しの辛抱。
 カウンターにはご飯のお供がいろいろある、一番左はなんちゃってキムチみたいな漬物で、隣は高菜、そしてたくあんで一番右は紅生姜。
 隣にゴマが画像切れてるが、あとガーリックパウダーにコショウが置いてあった。

Cimg2806 Cimg2807  待ったと言う程もなく出てきたラーメン大盛でどん!!!
 おっとぅ、シンプルな豚骨ラーメンかと思いきや、チャーシューは薄切りながらでろんでろんとしてるし、ネギてんこ盛り、茹で卵も載っかってるし、ネギの下にはもやしも入ってるという、実に濃い中身。
 本当にこのラーメン大盛りまでしてもらって400円で良いんですか!?
 隣の店と真逆や真逆、天と地、月とスッポン程違うわ。

Cimg2808  んじゃネギともやしを先に食べておいて、やっと麺を食べる麺太郎、ずるずる。
 うむ、細麺ストレートで程良い固さ、これが大盛らしく結構量入ってるので嬉しいやないか。
 ではスープ、豚骨って言うから白濁したのを想像してたが、透き通ってるとは言い過ぎやが、豚清湯って感じ。
 じゅるっといただいたスープは紛れもなく少し甘めながら豚の風味香る豚骨スープであった。
 チャーシューは薄いんだが噛めばしみじみ旨味が出てくる、たくさんあるので、これはご飯のお供にもなる。
 ネギはたっぷりもやしも広島らしい、500円ながらライスとしっかり食べられるので満足感がとても高い。
 こりゃ満足するしかないでしょうよ。

 いやー、隣の店で懲りずに行って良かったよ。
 凄いパフォーマンスを見せてもらったし、広島の老舗の味を堪能した。
 これはまた行かないといけん、しかし昼しか営業されてないのが残念や。

 結構、満腹感を得たのだが、この先でもう一軒新規してるブー太郎。
 それは次回にでも。

 

| | コメント (0)

2019年6月 4日 (火)

岡山は奉還町商店街の新ラーメン「らーめん はなふさ」さんのらーめん680円

 岡山話、ちょっと間が空いたが、「じくや」さんでそば食べた直後の話。
 広島からの出張帰りに立ち寄った。
 とにかく岡山ブームが続いてる為、最近香川に全然うどん食べに行ってない。

 えーっと、前回の「じくや」さんでそば食べっつってもまだ11時半にもなってない。
 駅西に向かう途中で新しいビルが建っており(ワタシが知らんだけ)、そこの1階がラーメン屋さんになっている。
 これは行かないと。
 ちなみにこの後行こうとしてたのは駅東の「小豆島ラーメンHISHIO」さん。
 ブー太郎になる、確実に。


Cimg1944 Cimg1945 Cimg1946  ・らーめん はなふさ:らーめん680円

 いつから開店したのか、結構新しい。
 駅前なのにこれだけの建物とは、岡山もどんどん新しくなっていってるのね。
 だから11時半にもなってないので入ってみたら1番客。
 清潔な店内で、カウンターのみの店内だが奇妙な形、五稜郭か!? これは珍な。
 一番客だったので入口すぐのカウンター席に陣取る。

Cimg1941  入ってすぐに券売機があるので、そこで買う、座った瞬間気付いて立ち上がる。
 何々??? らーめんとちゃーしゅーめんに大盛か、味は1種類なのね。
 そこにトッピングとして野菜か、「1/2日分の野菜が摂れる200gのボリューム」とある。
さっきそば食べてるし、この後またラーメン食べに行くので、一番シンプルならーめん680円をポチっと。

 トイレ行って戻ってきたら出てきたらーめん。
 表の看板には上の画像にあるように中太麺ストレートにげんこつと野菜を煮込んだトンコツ醤油スープとのことであったが果たして。
 まず目を惹くのは丼の形、オクタゴンではないが8角形とは、でも角がとがってる訳ではないので口には優しいのかも。

Cimg1942 Cimg1943  そのらーめんはこんなん。
 ネギたっぷりは嬉しいし、見にくいけどもやしが載ってるのも岡山っぽいな。
 麺食べてみよう、ちゅるちゅる、中太麺とのことであるが、それ程中太とは思わんかった。
 加水率低めで豚骨醤油ならこういう麺が合うね。
 スープどんなんやねん、じゅるり、ほー、濃厚なんだがくどくはない。
 脂っこいがマイルド、それは多分に野菜を煮込んでるってことが影響してるんやろうな。
 濃厚なんだが味はそれ程濃くない、何ちゅうか味に芯がないというか、ストロングポイントがこれやっていうのが分かりにくいような。
 チャーシューは脂も乗っててこれは酒呑めます、ビールくれ。
 もちろん美味しくない訳じゃないのでスープまで全ていただきました。

 歩いて1分の近所に特徴的なラーメン屋さんが2軒もあるもんやから、ちょっと気になった次第。
 でもワタシの想像する岡山ラーメンってこういう感じの味なんだよね、だからそういう意味では良かった。


Dsc_1867  ちなみにこの後、本当に「小豆島ラーメンHISHIO」さんに行って、島ラーメンを初めて食べた、もちろん替玉は心ゆくまでなのだが1玉だけいただいた。
 岡山の人もラーメン好きよねー、うんうん。
 次いつ行こかな、楽しい。

 

| | コメント (0)

2019年5月29日 (水)

岡山は奉還町商店街の絶品そば「手打蕎麦 じくや」さんのさらしな(白のそば)700円

 相変わらず岡山はマイブームであるので、仕事で広島に行った際に、帰りに立ち寄ることもたまにある。
 今回もそう、昼だけではなく夜も楽しい岡山なのだ。

 広島帰りの夜に吉田類さんが行きそうな賑やかな酒場で魚と酒をぐびぐび呑んで、はしごで駅東側のビッグカメラのある商店街をぼらぼら歩いてたら、アーケードを抜ける所に藁焼き鰹のたたきを食べさせてくれる店を発見。
 最近、藁焼きの店流行ってるんじゃない???
 ここ2ヶ月で広島と姫路とそんでここ岡山と、3度も藁焼き鰹のたたき食べたもん、鰹好きなワタシにとっては嬉しすぎるトレンドだと言える。

 そりゃいいんだけど、翌日の土曜日、あいにくの空模様であったので、目的の奉還町商店街に向かう、雨が凌げるのでな。
 奉還町商店街とは反対のJR西側のNHKのある方で、少し北に上がれば東西に長い昔ながらの商店街がある。
 なかなかにノスタルジックな味のある商店街。
 付近には有名なラーメン屋さんがあり、食べ歩きも楽しい。
 そんな奉還町商店街にあるおそば屋さんに5年以上ぶりに行ってみることにした。


Cimg1939 Cimg1938 Cimg1940  ・手打蕎麦 じくや:さらしな(白のそば)700円

 場所はだから奉還町商店街を2/3程西に進んで北に上がったとこ。
 曲がる場所は己の勘で探し出してクレイ。
 ちなみに左の画像の矢印が奉還町商店街である。
 民芸調のこれまた趣深いお店である。
 5年以上前に偶然見つけて初めて食べて感動したここのおそば、その後他人にはさんざん紹介したが、当の本人はとんとご無沙汰。
 だけど忘れたことはなくいつか行こうと狙ってたのでようやく行けた。

Cimg1937  11時少し過ぎに着いたのだが、既に先客が居てそばをたぐってる。
 ワタシが入った後も後客が2組来て雨が降っててまだ早い時間なのになかなかの繁盛ぶり。
 どうよこの令和だっつーのに昭和レトロな店内。
 コンパクトなお店なので結構ぎちぎちなのがワタシにとっては難点。

Cimg1932  お品書きを見てみる。
 冷たい雨が降っててもここはやはり冷たいおそばを食べたい。
 なのでもりでさらしなを注文、別にワタシに更科信仰はないので一応。
 大盛にしなかったのは泊まったホテルに朝ご飯が付いてたことと、この後ラーメン屋さんに行くつもりであったから。
 しかし後客の一人はおろしそばと同時にせいろ大盛って注文してたからどんだけそば食いやねんと驚いた。

Cimg1933 Cimg1934  注文して10分程で出てきたせいろがこちら。
 さらしななのでおそばが白い、いやそれよりもメチャメチャ細いのがこのお店のそば。
 これだけ細く切って茹でて〆るってのは相当な技術なんじゃない???
 お店は江戸前そばと謳っているが、ワタシは東京でこんなそば食べたことないけど。

Cimg1935 Cimg1936  UPでどや、大根のケンのようにも見えるな。
 または戻したビーフンとか。
 または細い糸こんにゃくとか(ヲイヲイ)。
 ではワタシもたぐるぞそば、ってピントが手前に合ってなくてせいろのそばの方に合っちゃってるけど。
 まずは何も付けないで食べるがヨロシイと言うお店の勧めに従って食べてみる、ひぃ~~~、なんという繊細なおそばよ。
 お次はつゆに付けて食べてみよう、それ程徳利につゆが入ってないことから結構辛いつゆかと想像したがその通りであったので、ここはちょん付けしてすするのが良い。
 これは確かにお出汁より醤油感が勝ったタイプ、大根おろしもネギも投入して絡ませて食べるのもまた好。
 わさびは良いそばなので要らなさそうだけど、少しだけそばに付けて食べる。

 ううーん、そばの美味さが分からんワタシでもこのそばは美味しいと言える。
 こんなの大盛どころか大盛を2枚くらいは軽く食べられちゃうよ、絶品。
 冷たいのしか食べたことないけど、かけってどんなんかな、これは再訪せねばなるまい。


 ちなみにお茶はそば茶で香り良く、そば湯もかなりの濃度でそのままで十分美味い。
 そばがきなんかの肴もあってお酒も飲めるようだが、お店は11時~15時で売切御免なのでご注意を。

 

| | コメント (0)

2019年4月24日 (水)

広島駅前うどん開拓「大和製麺」さんのきつねうどん480円12:00~13:00大盛サービス

 続き、前回は「たこ坊主」さんで中華そば680円を食べたがあまりの量の少なさに悶絶して広島駅前ではしごをすることにした。

 出来て何年かいな、もう2・3年は経ってるのかしらん。
 場所は広島駅南(西っぽくもあるけど)側、つまりは在来線側に出たら右手に郵便局とローソンが合体した店舗がある。
 信号渡って高架のガードの西側にあるセルフうどんがそれ。


Cimg1929 Cimg1930  ・大和製麺:きつねうどん480円12:00~13:00大盛サービス

 繰り返すが夜に広島駅で呑むことは多いが、昼に出没することは少ない。
 このうどん屋さんも前からロックオンしてたが、いかんせん昼には行かんし、夜呑んだ〆うどんもせんからなかなか行けない、それがようやく行けた。

Cimg1927  店に入る前にメニュー確認、初めての店なら冷たいうどんを食べたい所だが、ざるはあってもぶっかけがない。
 天気は良かったがメチャメチャ暖かい訳でもなかったので、きつねうどんを選択。
 実は前日に笠岡できつねうどん食べてるのだが、連チャンできつね。
 甘い物は食べないんだが、お揚げさんは好きなのだ。

Cimg1928  そして視線を下にしたら、そこにはA型看板が置かれてあり、何と12時~13時までは大盛サービスだという。
 結構、ギリだったので急いで入店。
 セルフの流れ作業なので、トレーを取って注文を伝え、うどんをもらったらスライドしてレジまで、レジのおねいさん時計見てたからそんな時間だったってこと。
 今確認したらスマホの画像はテーブルにうどん置いて撮影した時間で13時ジャスト、持ってるなー相変わらず。

 店内はウッディで夜呑みも出来るような感じ。
 天ぷらで酒呑むの最近のお気に入り、ただ〆のうどんを食べてしまいそうなので、やはり夜は危険。

Cimg1925 Cimg1926  レジの横のテーブルに陣取って麺から食べる。
 おお、結構太いうどんやないか、どれどれずるずる。
 へー、もっちもちなうどんやん、角のないうどんなので食感が心地良いよなー。
 でも大盛の割にそんなに大盛感を感じないのはワタシだけか。
 これが並盛みたいに見えてしまう。
 お出汁どんなんや、じゅるごく、ワタシのイメージは広島は昆布がメインなんだが、ここは鰹と昆布なんかな。
 香川のうどんとも関西のうどんともお出汁が違う、やっぱりそれぞれの味があるもんやね。
 『丼を覆い尽くす、大きな「あげ」に感動!』とあるが、これもこのくらいは普通ではないのか???
 と、ネガティヴなことを言ってるが、実の所美味しいので大変満足してるのである、ややこしい。

 中華そば食べた後やったけどぺろりと食べてしまった、嗚呼デブ一直線。
 健康診断が近付いてるのにこんな食生活で良いのか!!!


Cimg1931  食べ終わって後から見たらガラスに「広島発!もっちりツルツル熟成麺」とあるではないか。
 やはりもっちもちだったんだよ、熟成万歳やわ(よくわかってないけど)。

 

 

| | コメント (0)

2019年4月21日 (日)

広島駅ラーメン開拓「たこ坊主」さんの中華そば680円

 ちょっと前に広島駅南側の駅前通りを猿猴川越えてすぐのホテルに泊まったことがあって、翌朝駅までぶらぶら歩いている時にラーメン屋さんが2軒隣り合ってるのを見つけた。
 これはいつか行かなければ、と思ってたんだが、なかなかお昼時に広島駅に居ることがないので延び延びになってしまったがようやっと行けた。

 だから場所は広島駅前通りを猿猴川越えて2つ目の信号を右折(西)に行ってすぐ。
 駅からだとスムーズに行けたら5分ちょいって所か。


Cimg1919 Cimg1920  ・たこ坊主:中華そば680円

 左側の画像の道路を突き抜けたら広島駅になる、そういう位置関係。
 実の所、本当は黄色いテントの「とんこつラーメン専門店 ひよこ」さんに行くつもりだったんだが、この日は臨時休業であったので、どっちにしろいずれは行くつもりだったので、右側の「たこ坊主」さんに入った。

Cimg1921  店先にある赤い看板がなければ何のお店か、開いているのかすら分からない佇まい。
 お昼過ぎてたので迷わず入店、カウンターのみの薄暗い店内には先客の常連さんらしき人が一人。
 何で常連さんか分かるかというと、ずーっとこのお客さんと喋りっぱなしだったから。
 途中話を聞くとはなしに聞いていたが、店主は70歳になられたそうで、趣味でやってると笑って仰ってた、元気な70歳やなー。

Cimg1922  座ったもののメニューがない、目の前の冷蔵庫に貼られてたので中華そばと担担麺と麻婆豆腐があるのが分かった。
 あと、揚げ餃子とせんじガラ、せんじガラってせんじ肉のガラなの、意味分からん。
 セットで中華そばに焼き豚めしのそぼろご飯ってのもあるみたい。
 ワタシはこの時、中華そばの値段ナンボやねん、と思ったが、画像で見たら小さく680円って書かれてあるな、読めんっちゅーねん。
 ちなみに坦坦麺は800円、麻婆豆腐も800円、セットの中華そばと焼き豚のそぼろご飯も800円。

 お腹が空いてたワタシは中華そば大盛で、と注文したが、大盛はやってないのよ、と言われてしまったので、じゃ普通で、と注文。

Cimg1923  3分くらいで出てきた中華そばがこちら、一目見た印象、小っちゃ!!!
 丼も小ぶりなんだが、その小ぶりな丼に7割くらいしか入ってない、足らんわー。
 ルックスはもやしに茶色のスープで広島の豚骨醤油であることが分かる。
 仕上げにブラックペッパーが振られてる、ふむふむ。

Cimg1924  ではもやしわしわし食べた後に麺を食べる、ずるずる。
 加水率低めの麺で丁度ええ加減で茹でられてる、でも本気出したら3口くらいで終わっちゃいそうな量やな。
 ではスープをずずず、豚骨の臭みが出てるわけでもないし、醤油が濃い訳でもない、見た目とは違って良く言えば優しくマイルド、悪く言えば主張に欠けるような。
 でもチャーシューは最近の味の付いてない肉ではなくて、ちゃんと味が染みてたので満足した。

 簡単に食べ終わって、この時値段を知らないワタシはワンコイン=500円を想像してたんだが、おいくらですかと尋ねると何と680円だと言う、ぶっ飛び~~~。
 いや、別に良いんだけどね、その割には食べた後の満足感が全くなかった、勉強になりました。


 と言うことで、全然食い足らないワタシはこの機に乗じて広島駅前でなかなかお昼に行けなかった店に行くことにした。
 続きは次回。

 

 

| | コメント (4)

2018年12月25日 (火)

福山は新涯でまたステーキ「ステーキハウス ラジャ 南福山店」さんのビーフステーキ ライス付お代わり自由(セルフサービス)1299円

 最近、広島は福山市の新涯でステーキ戦争が勃発してることは既に述べた。
 エポックメイキングな出来事はもろ新涯6丁目交差点に開店した「いき〇りステーキ」。
 ここが一番の後発なんだけど、実は知らなかっただけで結構ステーキ食べさせる店が多かった。
 お客さんに老舗のお店があるよと教えてもらってたので、食べに行くことにした。

 場所は大雑把に言うと、JR福山駅を南下して新涯6丁目の交差点の2つ手前。
 この幹線道路何て言うのか知らんのだが、固まってはいないが、食べ物屋さん以外にもいろんな店が点在してて結構使える。

 この店、何気にこれまでスルーしちゃってたんだけど、ワタシの中ではこの店はカーペットのお店だという勝手な認識があった(何故にカーペット)。
 よくよく認識してみたらちゃんと「ステーキハウス」とあった。


Cimg1260 Cimg1261  ・ステーキハウス ラジャ 南福山店:ビーフステーキ ライス付お代わり自由(セルフサービス)1299円

 お隣が元コンビニで今は女性だけのダイエットのお店なんだが、元コンビニだけあって駐車場がやたら広いので、つい車を停めそうになるが、そこには停めてくれるなとのことであった。
 お店の左隣に駐車場が結構な数あるので、そちらに停めましょう。

 着いたのは12時丁度くらい、店内は意外なくらいに満員で、客層はファミリー層が多かった。
 昼からステーキ食べちゃうの???
 男女2人が先客で待ってたのだが、カウンターの席が1つ空いてたので、飛び越えて入れることになった、ラッキー♪

Cimg1263 Cimg1264  座ってメニュー確認、ちなみに右隣のお父さんは牛タタキを食べてた。
 ランチメニューってのが意外と少なくて、一番下の2品のみ。
 ビーフステーキか牛肉のタタキ風、いずれもライス付で1299円。
 上にはもっとメニューがあるんだが、お代わり自由のライスに自家製コーンポタージュスープが付いたスープSETで最安が粗挽きハンバーグ1190円。
 これなら平日お昼の人気メニュー、ビーフステーキでしょ。
 上質US牛をラジャオリジナルソースで食べる自慢の一品だそうだ、これ以外を食べない理由がないな。
 ちなみに裏面にはアルコールとおつまみメニューもあるので、呑みも可能。
 ただしこちらは車で行くしかないようなお店なのでくれぐれも飲酒運転はダメよ。

Cimg1265Cimg1266_2   ということで注文し、10分くらいで出てきたビーフステーキがこれ。
 おおっとぅ、全然こういう形を想定してなかった。
 ワタシにはこの肉の部位が分からんのだが、もっと普通に細長いのを想像してたが、こんな四角の塊で出てこようとは。
 付け合わせにポテトとかが付いてる訳でもなく、ド直球って感じ。

Cimg1267  横から見てみよう。
 何か凄い迫力じゃない???
 ちなみに焼き方はミディアムで??? と訊かれたのでレアでとお願いした。
 結構、キャベツの盛りは良いような、そんでこの醤油ベースのソースが自慢なのね。

Cimg1268  あ、コショウがかかってるのは、これはワタシが挽いてかけたの、コショウ大好きじゃ。
 ではカットしていただこう、もぎゅもぎゅ、おおーレアやねレア。
 脂っ気がほぼないので、純粋に赤身の美味さが堪能できる。
 縦の繊維に沿ってカットするとスパスパ切れちゃう柔らかさでもある。
 筋なんか全然なくて、ホント肉食べてるって感じになる。
 このソースが醤油ベースで野菜の旨味が足されてあるのか、ちょっとシャバいんだけど結構合う。
 切っては食べて切っては食べて、意外と食べ応えあるんだよ、200gくらいあるんかな。

Cimg1269  当然、この醤油系のソースはご飯にもよく合うので、カウンターの端に置かれたジャーからライスお代わり、調子に乗って2回お代わりしちゃったわ。
 最後は当然、ソースだけが皿に残っちゃうんだが、このソースをライスにかけて食べたいと思った。

 うむ、1299円という、ビジネスマンにとっても多少高いランチであったが満足した。
 平日の昼間ながらファミリーで一杯(って言っても子供は居ないよ)なのも頷ける。
 オーダー聞いて中華鍋よりでかいフライパンでお肉を焼くという素朴な調理なので早く出てくるし(でもお客さんが長っ尻やったが)。
 老舗やからお客さんが付いてるんやね、よーく分かりました。

 ちょっと調べてみたら、岡山は倉敷に同じ名前でロゴも同じ店があるんだけど、今は直接の関わり合いはないみたい。
 岡山のはチェーン店の一つとして「ラジャ」さんをやってるよう。
 今はこちらも「南福山店」と言ってるが、こちらしかお店はないそうだ(かつてはあったらしいが)。
 ちなみに三原にもR2沿いにあるのだが、何故かワタシはカーペットの店だと思い込んでたのは謎。

 とにかくこれでこの辺りのランチの選択肢がまた増えた、「肉」食べたい時はここ行こうっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月18日 (火)

広島は商工センター近くのお好み焼き「ちゅうりっぷ」さんの広島お好み焼き 肉・玉・イカ・エビ・そば950円

 先週12月の最後の広島行き、この日はディーラーさんと同行してたので、どこにお昼を行くかとウダウダしてたら、こないだお客さんに美味しいお好み焼きの店を紹介されて、尚且つ美味かったと言うではないか、行こう行こう是非行こう。

 場所は商工センターからちょっと東にずれた住宅街。
 とはいえ、真南の幹線道を越えた所にはLECTがあるから、侮ってはいかん。
 ちなみに家おこなので駐車場がないが、そこは長浜ラーメンやゲーセンのある大型駐車場に停めさせてもらおう(ヲイヲイ)。


Cimg1331Cimg1332 ・ちゅうりっぷ:広島お好み焼き 肉・玉・イカ・エビ・そば950円

 到着したのはお昼少し前、分かりにくいが店内にはお客さんが居なかったみたいだが、鉄板の前に女性二人客が座ってた、常連さんやね。

Cimg1337 変わった店内は別にキティちゃんでファンシーやとかって意味じゃなくて、3つに分けられたスペースってこと。
 まずは入ってすぐのテーブル3つ、ガラスで仕切られてある奥の部屋、これもテーブル3つくらいか、まさか愛煙家用な訳じゃなし、謎や。
 そして鉄板の前のカウンター席、この暖簾の向こうね。

Cimg1333 このメニューの画像は店の前に掲げられた物、店内には縦型のメニューが置かれてる。
 さて、何食べようか、初めての店はメニューが分かりにくいのがお好み焼きだよな。
 お好み焼きのそば入りは当たり前なので、ここはトッピングを最上級にしてみよう、それ程お値段が高くないってのもポイント高い。
 それが上にある肉・玉・イカ・エビ、そばはWか悩んだが、夜呑みに行くことになってたので、ここは軽めで。

 カウンターのお客さんの前の鉄板を客席から首を180度逆に向けてガン見。
 お好み焼き久しぶりやったからなー、焼き方気になるし。
 ワタシの見た所、蓋になる小麦粉の部分はかなりパリッと焼かれてた。
 そんでワタシ的にかなり大きいポイントはあまり押さえつけないこと。
 店によってはギューギューに押しちゃう店とか、アイロンみたいなので重しする店もあるもんな。
 ここでは押さえないようで実に好感が持てる、ふわっと食べたいからな。
 そんで最後のこだわりは卵、これをべたーっと平たく広げるのは好かん。
 黄身をちょん潰ししたくらいでお好み焼きを乗っけるのが好ましい。
 そこもまさにワタシの理想通りであったので、これは楽しみ。
 ちなみにそばはしっかりソースが絡められ黒々としていた、完成はいかなる形に???

Cimg1334Cimg1335 10分ちょい待って出てきたお好み焼きがこれ。
 ほほー、鉄板に乗ってくるのか、なら冷める心配がないから最後まで美味しいな。
 箸も付いてきたがそれはやはり使わずてこで食べる、きこきこ。

Cimg1336 うおっ、細麺がぷりぷりしてて麺美味っっっ!!!
 キャベツの甘みもさることながら、驚いたのは卵のとろとろ具合よ。
 白身も固まってないので具材と絡めたら美味さ倍増。
 ソースを足し足し、コショウ振り振り、一味に変えて振り振り。
 あえて言うならトッピング具材がもちょっと存在感があったらもっと良かった、しかし逆に言うと安価な肉玉そばでそばWにすれば安くてお腹一杯になるってことやから、普通ならそういう選択をワタシはするであろう。

 いやー、家おこ恐るべしだよ。
 こんな新興住宅街(それ程新しくはないが)にぽつんとお好み焼きなんだもん、広島やなー。
 香川やったらこういうシチュエーションのうどん屋さんってあるけど、お好み焼きやもん、汁なし担々麺の人気が上がってきたとはいえ、やはりベタながら広島はお好み焼きだと言いたい。


 こないだまでは商工センターのやはり家おこで「おと屋」さんって店があったのだが、そこは閉めて新しいお好み焼き屋さんになったそうだ。
 以前の「おと屋」さんは絶品だったので惜しいが、こういう店があるのならばまだまだお好み焼きを開拓するのも悪くない。
 広島駅で何でも済まそうと、ワタシも日和っちゃってるが、外に出なければいかんってことを改めて痛感した2018年の年の瀬であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 7日 (金)

岡山市内セルフうどん開拓「こころ亭」さんのかけうどん(並)290円

  11月末の3連休で岡山に行ってきた。
 マイブームの岡山、って言っても5年以上ブームが続いてるので、ブームどころではなく愛かもしれん。

 今回はいろんな要素を取り込んで走り回り、かなり充実した1泊2日であったと言える。
 午前中に笠岡まで行って、例年参加している笠岡スタンプラリーをコンプリートして、何やかんや食べ歩いて、再度岡山に戻ってきた。
 もう14時くらいではあったが、ちょっと分かりにくい場所に「こだわりの自家製うどん」と書かれた店を発見したので、正直全くお腹は空いてないが入ってみることにした。


Cimg1214 Cimg1215  ・こころ亭:かけうどん(並)290円

 場所は山陽道岡山ICを出て駅方面に行こうと、R53を南下するとT字路に当たるので、そこを東に左折、岡山県総合グラウンドの手前にほぼUターンするような鋭角に左折する交差点があり、そこでこの店を発見。
 角にはスーパーやらレンタルやらMドとかが入った商業施設があった。
 そこは入らなくて、Uターン左折した最初の交差点の角にどーんと佇んでいる。

 車は停める所がなさそうだったので、その商業施設の駐車場に停める(ちゃんと買い物したので!!!)。
 そして歩いて1分、正面から見ると確かに「こだわりの自家製うどん」とある。

 時間も時間なので空いてるから何も考えずにガラッと入店。
 この時間で先客3人であったが、もちろん店内は空いていた。

Cimg1216  メニューはこんなんで、セルフではあるが軽く食べるというより、ガッツリ一食食べるという店のコンセプトのようだ、
 なのでボリュームのある品揃えなのかいな。
 うどん定食700円とか鍋焼きうどん780円、親子丼600円とか。
 ここには出てないが、かけうどんももちろんあって、当初は初めての店は冷たいうどんで実力を知るというモットーからざるかぶっかけを見てみたんだが、ぶっかけは550円、ざるで360円とえらく価格差があったので、ならばお出汁も含めた総合判断をしようとかけうどんにした(まぁ、ケチったとも言えるがな)。

 受け渡し口に大の丼に大のうどん、並の丼に並のうどんが入れられてた。
 お昼時だとこれを自分で取ってセルフでテボで温めるのかと思われるが、14時過ぎてたので、お店の方がテボで温めて、熱いお出汁を注いでくれた。
 そんで天ぷらなんて食べられないので、そのままレジにスライドしてお金を払って、すると店主? がネギを入れてくれる、スプーン1杯分。
 自分で入れるトッピングは天かすとお出汁を取った後の昆布を刻んだのがあり、それを少量入れた、ショウガがあったのかなかったのかは記憶にない。

Cimg1217_2  そうしてテーブルに持ち運んだかけ(並)がこやつ。
 では麺から食べるうどん太郎、ずるずる、おやっ、この時間なので完全に死んでる麺かと思いきや、これがどうしてもちもちしてる麺ではないか。
 角がピシッという感じではなく、丸くつるつる喉元へ入っていくような麺。
 お出汁いただこう、ぞぞぞー、ふむ、昆布トッピングしてるだけあって、いりこや鰹って感じより昆布の優しい旨味がある。
 おおー、14時でこれやったらお昼の美味しい時間帯やったらかなりイケるんじゃないの???

 と、お腹一杯ながら軽く完食。
 でもこの店はハシゴする店じゃなくて、完結するお店なので、行くならしっかり食べてもらうのが良いのかな。


 相変わらず岡山のセルフうどんのポテンシャルは高い。
 まだ探せばたくさんありそうやもんな。
 香川に行く交通費が捻出しにくい場合は是非とも岡山で、もちろんうどん以外にも美味しい名物はたくさんありますので。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 5日 (水)

笠岡ラーメン新規開拓「中華そば 鶴亀」さんの中華そば並500円

 久しぶりに笠岡ラーメン新規ネタ。
 今回は広島初出店とかじゃなくてガチで笠岡新規出店。

Cimg1200 何で知ったかというと、毎年秋に行われるこの「かさおかぐるっと博スタンプラリー2018」。
 ワタシは笠岡LOVEなので、毎年このイベントに参加している。
 昨年なんか、笠岡産ひのひかり10kgもらっちゃったもんねー。
 ということで、10月にちょこっとぶりに笠岡行って、このスタンプラリーに参加することにして、中身をパラパラ見てたら、何と今年の2月に笠ラーの新店がオープンという情報があった。
 あっかーん、メチャメチャ出遅れた。
 行かないと、でも駅前からかなり遠い。
 ってんで、その時はスルー、11月末にスタンプラリーを真剣に回りに(仕事はどーした)、朝からガッシガシにお店回りして、お昼はこの店で2杯目のラーメンを食べた。


Cimg1192Cimg1199 ・中華そば 鶴亀:中華そば並500円

 この店の佇まいから見てどんだけ田舎にあるねんという感じだが、実際凄い田舎にある(笑)。
 左は食べる前、右は食べ終わった後、13時過ぎたら流石にお客さんは居なくなる。
 ここはメイン道路から一本外れているので人も車もあまり通らない。
 ワタシが着いたのが12時半くらいだったから、この場所で店の前に車が3台も停まってたので、笠岡の人達のラーメン愛は素晴らしい。
 流石、「ラーメンのまち笠岡」である。

Cimg1193Cimg1194_2 別に行くのには難しくない。
 分岐する所さえ間違えなければ全然普通。
 R2からループ橋でJRを越えて北上し、10分程走ったら新幹線を越えて追分という交差点があるのでここを東に。
 後は道なりで山陽自動車道をくぐってちょっと行ったら消防署があるのでここが分岐。
 右に別れたら細いながらも一本道でラーメン屋さんに着く。
 左の画像が来た道、右の画像は店の更に北側。

 実に小じんまりとした良い店舗だ、ハンドメイド感が溢れてる。
 入ったら食べ終わった客が2人、今座ったみたいな人が1人、そしてワタシ。
 席はカウンターと小上がりで10人以上は座れるようになっている。
 店主は白髪のおじいさんで、さもありなんという感じ、納得。

Cimg1195 メニューこんなの、並か大か、ごはん150円でトッピングが別にあって鶏肉とメンマが各100円。
 瓶ビールと焼酎があるのはここが笠ラーの店としては珍しく夜遅くまで開いてるからであろう。
 11時~21時まで(別に遅くはないけどこの場所なのでな)、夜ならそりゃビールも飲むわ、ただし近所の人だけよ。

 既に「笠岡ラーメン 大松」さんで中600円を食べてたので、キャパは一杯々々。
 ここは並にさせてクレイ。
 隣のおっちゃんはメンマ抜きでと言ってたが何ともったいない。
 その分のメンマをワタシに入れてくれと言いたかったくらい。
 ちなみに老店主はウチのメンマ美味しいのに、と言っていたので秘かに期待。

Cimg1197 5分ちょいで出てきた中華そば並がこやつ、相当熱い、ちっちっち。
 おおっとぅ、ルックスは笠ラーにドンピシャやないか。
 鶏チャーシューに笠岡切りのネギ、メンマに笠岡ストレートの麺、そしてここはひときわチー油がキラッキラしてる。

Cimg1198 では麺から食べる麺太郎、ずるずる、熱いわ。
 ふむふむ間違いなく笠岡ストレートや、直球やね、麺の固さも丁度ええ。
 ではスープ、ドえらく熱いがどれどれレンゲでじゅるり、うん、表面はかなり油が濃い。
 スープはかなり醤油が勝った感じで甘い所がない。
 メンマ好きなので先にメンマ、これがよく行く店は甘くて辛いんだけど、ここもまた醤油がぐいっと来て甘さは感じない。
 鶏チャーは塩コショウしたかのようにこれまた甘い所が全くない。
 実に老店主が作ったみたいな甘さの要素がほぼない、硬派な一杯。
 なので箸休めがないんだよなー。
 壁には途中ガーリックパウダーを入れて、と書かれてあったが、そんなもんワタシにはイラン。
 なので強気な味を堪能させてもらった。

 うむ、これも十分笠岡ラーメンの個性だと言える。
 ドライブ感覚で行ってみるのも楽しいかと、または夜食べたい人には是非とも。
 ただし夜だと道には迷わぬように気を付けましょう。
 こういった秘境のラーメン屋さんで笠ラーを食べさせてくれるなんて実に楽しい。
 笠岡にはラーメン愛があるのでまた面白い店が出来れば楽しいな。


 このスタンプラリー、300円以上10店舗のスタンプなんだけど、先月コンプリートして提出しておいた。
 県外人なので何かちょーだい♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧