« 2021年8月13日 (金) | トップページ | 2021年8月22日 (日) »

2021年8月17日 (火)

岡山駅前商店街の激辛じゃじゃめん「華光軒」さんのじゃじゃめん(5辛)1000円・中華そば550円

 7月の4連休、2泊3日の岡山最終日、もはやここという行く当てもなく、そう言えばまだ岡山駅徒歩10分くらいの岡ビルの隣の豚骨ラーメン屋さんには行けてなかったなと思い、11時過ぎに立ち寄ってみたが、11半開店だという。

 じゃ、初日(22日)にも見てやはり開いてなかったが、とりあえず土曜日だし(24日)ひょっとしたら開いてるかもしれんと、ぼらぼら時間潰しがてら見に行ってみたら、何と老店主が店から出てきたのでびっくり。
 今日は数か月ぶりに腕のやけどから復帰して店を開けるという、本当は12時からだけど11時半には開けるから待ってて、と言われたので、当然待つことにした。
 

Cimg6617

 ・華光軒:じゃじゃめん(5辛)1000円・中華そば550円

Cimg6602
Cimg6601

 場所は駅東口前のビッ〇カメラの横の桃太郎の商店街のビッ〇カメラの建物と次の建物の間の路地にある、この隙間ね。
 駅から歩いて3分だがここは分かってないと絶対自分から発見することはない店。
 じゃ、何でワタシがこの店を知ってるかというと、以前、この駄文にコメントを入れてくれた方が、是非ともここのじゃじゃ麺を食べて欲しいと言われてたのでずーっと通ってた。
 もう5年になるか、岡山に行く際はだいたい店を覗いてみたんだが。これまで一度たりとも開いてたことがなかった。
 現に前々日は開いてなかったし、しかし今回の理由がやけどって、それはここ数か月の話にしても、一体いつ開いてるのかという謎の店、ついに行けた。
 こうなると豚骨ラーメンなんて次の機会でええ、あと45分12時開店でも待つがな。

Cimg6604

 そう思ってたら、11時半くらいに老大将暖簾を出し始めたので、一番客で入店。
 だから初めて来たのだけど、この老大将がまったマシンガントークでワタシの喋る暇を与えてくれない。
 そんで自分で勝手にボケるもんやから、こっちがツッコミを入れないと会話が成立しないくらい。
 とにかくここんとこは腕のやけどで休んでたと、しかしほぼ完治したのでこれからはお店を開けるとのことであったが、あんまり鵜呑みにはでけん。

Cimg6606

 激辛なじゃじゃめん一択なんだが、一応壁に貼られたメニュー拝見。
 麺類・一品料理・御飯類・スープ類・飲物とある。
 麺も一品料理も御飯類もほとんど網羅してると言って過言ではない。

Cimg6607

 横にも中国の名酒の上に一品メニューがありえびのケチャップ煮なんてそそられるメニューや。

Cimg6608

 厨房の上にはサインがたくさん飾られてある。
 老舗だけあって渋い人のサインが多かった。

 鍋の湯が温まるまでいろんな話を聞いたが、どれも面白い物ばかりで、こればかりは行ってもらうしかない。
 話の引き出し多い店主よ、ボケまくりやけど。

 で、注文。
 じゃじゃめんは3辛までは通常の800円で以後1辛増すごとに50円なんだそうだ。
 最高は女性の方が25辛やったか30辛やったかを食べたことがあるとのことであったが、そこまでガチ勝負する訳ではないので、ここは大人しく5辛で。
 普通の中華そばの実力も知りたいので、箸休めも兼ねて注文。

Cimg6610

 先に出てくる中華そば、これはまた何のトレンドにも左右されてない、昔ながらの中華そばやないか。
 チャーシューにもやしにネギに蒲鉾、これよこれ。

Cimg6611

 では麺からずずず~~~、茹で加減が丁度ええ感じ。
 スープは鶏ガラメインで豚も使ってるのか、とにかく中国地方っぽい豚骨が前に来たような濃厚さは露ほどない。
 ホント、単なる普通の中華そばが嬉しい。

 と、じゃじゃめん作ってる所を見なけりゃ。
 麺を茹でて上にもやしを載せたか、そこに中華鍋で赤いスープ、いやソースを作るんだが、辛さはどうやら唐辛子の量で変わるみたいや。
 1辛なら小さじ中盛1杯。2辛なら2杯、入れたら入れた分だけ赤くなって辛くなる。
 ワタシは5辛だったので小さじにもりっと5杯分の唐辛子をスープ、いやソースに入れてた。

Cimg6612

 そうして出てきたじゃじゃめん(5辛)がこやつ、魚ぉぉぉぉぉ、これがケチャップ煮なんじゃねーのー!?
 真っ赤なんですけど!!!
 しかもあんなので熱い熱い、凄いインパクトあるやん!!!

Cimg6613

 これはチャレンジする意欲は湧く、まずはあんを掘り返して麺を取り出す、トマトソースかケチャップか、みたいな色やないか、ぱくり。
 おっとぅ、これはチリソースみたいな味にスープを合わせて唐辛子と片栗粉か???
 似てる所では姫路に行ったら「紅宝石」さんの激辛の麻婆飯にテイストが似てる。
 辛さもどっこいどっこいくらいか。
 麺が下に敷かれてて赤いあんと絡めなければならんので、なかなか混ぜるのが難しい、のんびりしてると麺伸びちゃうし。
 あんだけすくってひー辛い、麺だけ食べて一休み、絡めて食べてやっぱり辛い、中華そば食べて…訳分からんようになってきたわ。
 この赤いあんの中には玉ねぎのみじん切りとミンチが入ってたような気がするが、意識はそんな所にはないから覚えとらん。

Cimg6614

 ちゅうことで5分ちょっとで完食、きれいにいただきましたっっっ。

Cimg6615

 後客で常連のおっちゃんが一人で来てカレー焼めしを注文したんだが、サービスの良すぎる老大将はワタシにも一口、いや三口分くらいサービスでいただけたのはありがたかった、カレー焼めしもイケます。

 またちょっとしたら男女二人組が入って来て店内は半分くらい埋まってしまったので、アクリの仕切りもないのでとっとと退散。
 ちなみにその男女は何辛かで迷ってたみたいだが、結局3辛にしたみたい。
 次回は30辛食べるで、と捨て台詞を残して店を後にしたが、冷静に考えても10辛までやろ。
 っていうか、次行ったら開いてるかどうかが一番の問題でしょ。


 ということで、大変長い間かかってしまったが、ようやく行けました。
 次回は夜行ってビール呑みたいが果たして。

 

| | コメント (0)

« 2021年8月13日 (金) | トップページ | 2021年8月22日 (日) »