« 2020年12月22日 (火) | トップページ | 2020年12月30日 (水) »

2020年12月27日 (日)

有馬記念ハズレ馬券解説

 今年の中央競馬が終わった。
 最後の最後まで難しい馬券作戦やった。
 昨日は久しぶりに大幅プラスであったが、今日の有馬があの有様。
 とにかく有馬に象徴されるように、2着のヒモ荒れが多くて参った。

 今週は家競馬、阪神競馬の入場券やが、よほど早くに締め切ったのか、週中から受け付けてくれなくなってた。
 結局応募も出来ず有馬記念を家で観るという初めての事態になった。
 一応、金曜の晩から余った券ないかと調べてみたが、2500円とか2000円のシートは空いてるみたいやったが、それはワタシの思う所ではないので、残念ながら諦めた。

Photo_20201227181901
Photo_20201227181902
3_20201227181802
3_20201227181801

Photo_20201227181903

 さて、最終決戦有馬記念(ワタシの中ではファイナルSだが、ファイナルSはダートの1400mだろ)。
 とにかく前日といい今日といい中山2500m戦で連続しての逃げ切り勝ち。
 芝は重めで時計は3秒くらい遅い。
 前か後ろかというと前、内か外かというと内、で予想した。

 ◎ラッキーライラック:脚溜めるとか言ってるけど、バビットが行ってキセキが行ったその後くらいを獲って欲しい。そんで内でじっとしといて最後伸びて後続を封じるイメージ。東京より中山の方が合ってそうやし、距離に若干の不安はあるがペースが速くないので対応してくれるであろう。
 〇クロノジェネシス:+10kgで出てきたが全然太め感がない、更なるパワーアップしてると見た。前付けして一番速い脚を使うんやから、3着を外すことはない。力の要る馬場も望む所やし。
 ▲フィエールマン:外枠をどう乗るかに尽きる。小回りはラジオNIKKEIや札幌記念でこなしてるけど、ディープ産駒なので馬場適性ではクロノに負ける。
 △キセキ:週中では無印やったが、昨日と今日のレースを見て買い目に入れた。バビットを行かしてこの馬が番手、ペースが上がらんかったら途中からハナを奪って良い。そのまま粘り込まれたら怖い。しかしまさかの出遅れとは(笑)。
 △カレンブーケドール:器用な馬で重も走るが決め手に欠ける。ケンイチJに乗り替わってどこまで。
 △ラヴズオンリーユー:ワールドプレミア切るかこっち切るかどっちか迷ったが、前に行ける分だけこっちにした。

 バビット:気持ち良く行ってもらいましょう。
 ブラストワンピース:賞味期限とっくに過ぎてる。
 クレッシェンドラヴ:家賃高すぎ。
 ワールドプレミア:前走のJCは次に繋がる走りやったが、有馬で来るまでではない。
 ペルシアンナイト:中山の2500mのイメージが全くない。
 モズベッロ:宝塚記念3着やったんや、でも6ヶ月ぶりのいきなりはねぇ。

Cimg5859

 オーソリティ:昨日の大スポでびっくりしたのが田原成貴元騎手、社会復帰してたのかと驚いた。まぁ、好きなジョッキーだったのでコメントは控えるが、本命クロノで対抗オーソリティーとしてた。けんど川田Jが乗っても通用する訳ないやん。
 サラキア:前走のエリ女ですらよく距離こなしたな、というイメージだったので、有馬ではとても無理とハナから圏外にしてた。
 オセアグレイト:ステイヤーズSから馬券になった馬なんてオペラオーくらいちゃうんか。
 ユーキャンスマイル:人気がなさ過ぎたんで(13番人気)狙うかと思ったが、流石に大外では。

 馬券はラッキーライラックから馬単、3連複はクロノジェネシス、3連単はフィエールマンとの2頭軸、それとタテ目でクロノジェネシスからフィエールマンの馬単。

 スタートでどかんと遅れたのはモズベッロ、ってキセキもズコっと出負けしてるし。3強の中では一番良かったのがラッキーライラック、クロノは少し遅れて、フィエールマンも良いスタートではなかった。外からオーソリティーの出が良かったが、行くはずもなく、最内のバビットが先頭を奪う。一週目の3角回ってきた時に既にクリストフJは外回って先行集団に取り付く奇策。バビットを行かせて2番手オーソリティ、直後のインにブラストワンピース。この次の集団の先頭にオセアグレイトにクレッシェンドラヴ、その直後に3頭併走、内に何とワールドプレミアがポジション獲って、中にカレンブーケドール、外にフィエールマン、この辺りは三者三様の駆け引きやね。この3頭を見る形でラッキーライラックにラヴズオンリーユーにペルシアンナイトが併走。ここから2馬身離れてクロノジェネシス、ここで良いのか。中団の後方にぽつんとサラキア、大きく離れてキセキとモズベッロとユーキャンスマイルが最後方。1000mを1分02秒2とこの馬場では平均くらいか。向こう正面入るくらいでフィエールマン4番手に浮上、後ろのワールドプレミアはペースが遅いか行きたがってる。中団はラッキーライラックをラヴズオンリーユーとクロノジェネシスが見る形だったが、クロノジェネシスがじわっと進出、ここで行ったか。キセキも大マクリで並びかけに行く。3角でフィエールマンは更にポジションを上げて前にはバビットのみ。4角から直線で先頭に立とうとするフィエールマン、しかし外から追い出したクロノジェネシスの脚色が良い。カレンブーケドールにラッキーライラックは2頭から離される。勢いからクロノジェネシス差し切りで2着フィエールマンと思わせたが、後方から大外一気でサラキアの鬼脚が炸裂。勝ったクロノジェネシスとフィエールマンの間にサラキアが割り込んで波乱決着、そりゃないよー。勝ったクロノジェネシスは上がり2位タイの36秒2で2分35秒0で北村ユーイチJは有馬初騎乗初勝利。クロノジェネシスは秋華賞、宝塚記念に続くGⅠを3勝目で春秋グランプリ制覇。これ十分年度代表馬の成績やけど、やっぱりアーモンドアイが獲っちゃうの??? それとも三冠にJC2着のコントレイル??? それともグランアレグリアに入れちゃう??? クビ差2着のサラキアは上がりダントツの35秒4と、松山Jの決め撃ちがハマった感じ。エリ女の末脚はフロックでも何でもなかった訳か、まさかフィエールマンを差し切るとは。11番人気やったから万馬券になっちゃった、1番人気から買ってもハズレるってことやね、馬券は難しい。クビ差3着にフィエールマン、クリストフJも言ってたが、この馬場はフィエールマンに合ってなかったんやろう。外枠やったからポジション獲りに行くのも仕方ない、差したサラキアを誉めるべき。この3頭から2馬身半離れた4着にラッキーライラック、ユーイチJ曰く、直線手応え良かったが手応え程伸びなかった、距離かな、って言ってたのでそうなんでしょ。ワタシとしてはもう一列前で競馬して攻めの競馬をして欲しかったんやけど、むー。半馬身差の5着が同着、何とかカレンブーケドールにワールドプレミアが追い付いた感じ。ワールドプレミアは来年の春天、カレンブーケドールはもちょっと距離短い方がええか、狙いは大阪杯としておこう(ヲイ)。アタマ差7着のペルシアンナイトはサラキアと一緒に上がって行ったが、振り切られて7着が精一杯も上がり2位タイで健闘。1馬身半差の8着にクレッシェンドラヴ、前を捕まえる程の脚はなかった。クビ差9着オセアグレイトは先行して粘り込む競馬をしたが、差し勢に呑まれた。クビ差10着ラヴズオンリーユーは外に出したが全く伸びず。前走で復活の兆しが見えたようやったが、もう終わったディープかもしれん。3馬身差やから競馬になってなかった11着ユーキャンスマイル、最後方から岩田J必殺のイン突きも突いただけでもちろん全く伸びず。半馬身差の12着にキセキ、4角でクロノジェネシスに取り付いたまでは良かったが、そこで力を使い果たしてしまった。つか出負けした時点でアウト。2馬身離れた13着に逃げたバビット、来年一から出直し。1馬身差14着に直線でバックギアが入ったオーソリティ、3歳勢は昨日マルターズディオサが阪神Cで2着に来たが、長距離組は本当に弱いな。7馬身差の15着にモズベッロ、嫌気が差したみたいな走りやった。そして競争を中止したのがブラストワンピース、3角から4角で故障発生したか、ずるずる下がってしまった、今見たら心房細動とのことであった。

 いやー、しかしまさかの牝馬の1-2、いやもっとで、1-2-4-5着とは。
 北村ユーイチJは来年は未対戦の三冠馬の壁になるというふうなことを言ってたが、確かにこれは強敵や。
 どうせ勝つなら本命で買ってた秋天で勝ってくれよと言いたいが、とにかく今日は強い競馬やった。
 大阪杯から宝塚記念と来年の阪神はドリームマッチ目白押しや。


 という訳で今日はヒモ抜け連発でノーホーラ。
 昨日の勝ちが目減りした。
 東京大賞典で、と言いたいが、有力馬が全然出てないので、興味薄い。
 まぁ、ダノンファラオからオメガパフュームを負かしに行くが果たして。

| | コメント (0)

« 2020年12月22日 (火) | トップページ | 2020年12月30日 (水) »