« 2020年10月25日 (日) | トップページ | 2020年11月 1日 (日) »

2020年10月27日 (火)

新潟ならこれは絶対「せきとり 本店」さんの半身から揚げカレー味時価(この時は930円)

 新潟話まだまだ続く、ってか前回の「みかづき」さんのイタリアンってまだ初日の話やからね。
 だから年内続く、それくらい新潟メチャ良かったのでまた行きたい。
 つーことで、五大ラーメンの一つ醤油ラーメンを食べて、イタリアンを食べた。
 これで13時くらい。
 そこから街をふらふら歩きまわって、アイスコーヒー飲んで休憩して、また歩いてと、なかなかに興味深い初新潟市内。

 夕方になってきたので、ぼちぼち呑みに行くかと、初日の夜は絶対ここに行くと決めてた。
 丁度ワタシが行く前に「ケン〇ンショー」でここの名物を取り上げてたので、これはワタシの為の情報ではないか、是非とも行かねばと。

 

Cimg4926
Cimg4929
Cimg4930

 ・せきとり 本店:半身から揚げカレー味時価(この時は930円)

 そう所謂半身揚げ、鶏を一羽真っ二つに割ってカレー粉まぶして揚げたもの。
 これメチャ美味いよー。

 行くに当たって大きな地図でざっくりとしか見てなかったが、まさかこんなに遠いとは。
 歩いて行く距離じゃない、けど初めて行った人はどこ行きのバス乗ったらええかが分からん、この時は既に萬代橋越えてたので歩いたけど。
 帰りは新潟駅行きのバス乗って帰ったが、ここは本当に遠くて辺鄙な場所にある。

 駅からだと萬代橋を渡ってメイン通りを西に歩いて西堀という交差点を北上、この道は結構飲み屋街でちょっと妖しい色街みたいな風情もあり、なかなか楽しい。
 そんでずーっと歩いてこちょこちょ曲がった住宅街にある、地味な店やなー。

 何でこんな外れにあるんやろ、元々家でやってたのが有名になったとか???
 見に行ってはないけどすぐ先は日本海。
 とにかくまだ天気が良くて良かった。

 17時くらいにがらっと入る、人気店みたいなので混んでたら困るな、と思ったが、いくらなんでも17時から呑んでる人はそうそう居らん。
 まぁ、先客は何組か居たが、余裕で座敷に座れた。

Cimg4932
Cimg4935

 メニューこんなん。
 半身揚げは時価とある、ちょっと怖いのでおかあさんに値段聞くと、この日は930円であった。
 何でもグラム数で値段が決まってるそうなので、この時の半身の大きさだと930円だったみたい。
 その他軽く一品とハイボールを注文。 

Cimg4937

 半身揚げは揚げるのに時間が掛かるらしいので、軽く焼き鳥白(皮)1本150円×2本とキューリみそ260円でハイボール。
 うむ、普通に美味い。

Cimg4940
Cimg4941

 さー、いよいよやって来ましたよ、半身揚げ、こんがり揚げられて良い色だよ。

Cimg4934

 メニューに「半身揚げのトリセツ」というのがあったが、分解して部位ごとに食べると最後は骨だけきれいに残る、みたいなことが書かれてるが、そんなん面倒臭い。

Cimg4942

 とりあえずバキッと二つに割ってみる。
 すると溢れる肉汁にまんべんなく塗りたくられたカレー粉。
 TVで観た話では鶏の半身に塩とカレー粉をもみもみして片栗粉をまぶして揚げる、という新潟では当たり前のカレー味の鶏のから揚げなんだそうだが初体験。
 半身なので、鶏の頭と内臓以外のほとんどの部位が食べられるという物であった。

 では胸辺りにがぶりとかぶりつく、おおおおお、これはメチャうめーーーーー!!!
 日本唐揚協会主催全国からあげグランプリ半身揚げ部門10年連続金賞受賞はダテじゃねー。
 ちなみに2020年は2014年から4年ぶりに最高金賞受賞したそうだ、今㏋見てびっくり。
 日本唐揚協会ってのがあることも、全国からあげグランプリがあるってことも、半身揚げ部門があるってことにも驚いた。

 とにかく何が美味いって噛んだ瞬間肉汁がジョワーっと出てくる、これは圧巻。
 カレー味なんだけど、カレーがメインじゃないんだよ。
 とてもとてもジューシーな鶏肉を美味しく食べさせる為に、隠し味的な意味でカレー粉を使ってる(隠れてないけど)。
 カレー粉がカレーじゃなくて鶏に合うスパイスミックスがたまたまカレー粉やった、みたいな感じ(分かりにくいわ)。
 骨の回りもがじがじ噛みしめて、味わうより美味さに負けて瞬間で食べ終わっちゃった、みたいな感じ。
 もう半身食べれたなー。 

 ハイボール3杯呑んで、結構良い感じになって来たのでここらで撤退。
 せっかく新潟まで来てるからブー太郎になっても構わん、次の店行く。

 


Cimg4944

 ここからは余談、二軒目は吉田類さんも行ってた、「せきとり」さんへ行く道中にあった「喜ぐち」さん。
 吉田さんも食べてたフナベタ刺が既になかったので、おかあさんのお勧めで数品頼んだ。

Cimg4947
Cimg4951
Cimg4952

 地元名物ののっぺに刺し盛りに鮎の塩焼き、どれも日本酒に合って腰据えそうやったけど、まだまだホテルは遠いので、酒2合で退散した。

Cimg5219
Cimg5220

 いやー、とにかく半身揚げよ。
 あまりにも美味かったので、最終日に流石に本店は遠いので、萬代橋を越えない東万代町店に行ったくらいやから。
 しかしこの時は20時くらいであったが既に鶏が売り切れとのことで、がっくり。

Cimg5224

 けんど調べてみたら駅前の焼鳥屋「鳥こまち」さんで半身揚げが食べれたのでそこで食べた。

Cimg5222
Cimg5223

 ここは食べやすいように割って出てきたが、やはり美味かった。


 カレー粉との相性がこれ程までに良いとは、新潟また行ってまた「せきとり」さんで半身揚げ食べたい、そう思わせる店やった。
 だけど待ち切れんので、「せきとり」さんから冷凍でお取り寄せしようなかと考えてる次第。
 それくらいお勧めなので、新潟良いっスよ、ホント。

| | コメント (0)

« 2020年10月25日 (日) | トップページ | 2020年11月 1日 (日) »