« 2020年9月23日 (水) | トップページ | 2020年9月30日 (水) »

2020年9月27日 (日)

新潟五大ラーメンを食べるその①「三吉屋西堀本店」さんの中華そば大盛750円

 シルバーウィークで4連休の人が多かったと思うが、ワタシは毎年この時期に夏期休暇の3連休をくっ付けて大型連休にして外国に行く。
 特に今年は7連休だったので、昨年末に2020年のカレンダーが出た時はラッキー♪と思った。
 ところが年が明けていきなり新型コロナ騒動、年末年始と上海に行ってたワタシは少しビビったが、コロナがどやこや言われ出した頃は中国から帰ってきて2週間以上経ってたので、ひとまずワタシ的には安心した。
 夏期休暇を申告するのは5月末、この時は9月末なら台湾とかタイとかベトナムとかなら受け入れてくれるのではないかと思ったが、そんな訳はあるはずもなかった。
 結局海外は断念せざるを得ず、ならばと沖縄は得策ではないし、北海道も初めてじゃないし、八丈島に行ってみたかったが、離島は何かあっては不味い。
 となると、日本全県巡りで最後に達成した物の、西南の端にちょこっとタッチして帰ってきた程度で、市内観光なんてしてない、かつ行ってみたい島もあるあの県に行こう、と決めた。
 その県は5年前くらいに仕事で行った新潟県、ちなみにタッチして帰った西南の端とは直江津市、滞在時間3時間であった。
 新潟だけどこれが調べてみたら美味しそうな物が一杯あって楽しそうなんだよ。

 ラーメンは五大ラーメンなる物があり、へぎそばにタレカツ丼、半身揚げにイタリアン、当然魚も美味いし米も美味い、当然酒もイケる。
 こりゃ楽しみだ。

Cimg4893

 9月16日の始発の阪急電車に乗って、伊丹空港からのフライト。
 1時間半で行けちゃう、行きはJALで1万円くらい、帰りはピーチで6000円くらいやった、けんど関空なので時間と電車賃が掛かる。

Cimg4899
Cimg4900

 8時に着いて空港をちょこっと見て8時半のシャトルバス420円でJR新潟駅まで25分で着いちゃう。
 ホテルに荷物を置かせてもらって、なんやかんやしてたらお昼に近くなったので、まずは五大ラーメンの一つ、醤油ラーメンを食べに行くことにした。
 今回は雑誌も何にも買ってないが、基本、ネットで調べた情報のみで動いてるので行った店は新潟県民の方なら誰でも知ってるいかにも素人向けな店であると思う。
 初めてはスタンダードでイイノダ、次回行くことがあれば目に付いた面白そうな店に行ってみたい。

Cimg5165

 ということで、JR新潟駅北口から行くと駅前のメイン通りを歩いていって、日本最大の重要文化財の萬代橋を越えてもちょっと歩いて西堀という交差点を南に折れて100m程。
 駅から歩くと結構遠いが初めての場所でバス乗るのもハードル高いので、30分くらい掛かっても歩くべし。
 

Cimg4913
Cimg4914
Cimg4912

 ・三吉屋西堀本店:中華そば大盛750円

 上の画像は全て食後に撮った物、一番上は人情横丁を抜け切った所から撮った。
 真ん中は道路の反対側、下は進行方向で北から南に向かって。
 見にくいのは交差点に地下道があるから。
 
 到着したのは12時くらいで、店のある交差点に人が並んでたので、しまった出遅れたか、と悔やんだが、それはこの隣の交差点、店の左にあるカレー??? のお店が行列してたみたい。

Cimg4911

 店に入る前に、店の前の自動販売機の上に「昔そのままの味」と書かれてる、そりゃ楽しみやん。

Cimg4908

 がらっと入るとお客さんが誰も居ない、しまった間違ったかと思ったが、店内古いながらもいかにも昭和な良い雰囲気だったので、食べちゃえ食べちゃえ。

Cimg4907

 メニューこんなん、中華そばとワンタンと冷やしとチャーシューメンのみ。
 冷やし中華そばってまさか年中やってるんかな???
 冬になったら上から紙貼って隠すんかな。
 とにかくお腹空いてたので中華そば大盛注文、次もあるのにどうして大盛頼むんだよ~~~。 

Cimg4909

 お昼になったからか、ラーメンが出てくる前からどんどんお客さんが入ってくる、良かった人気店で。
 そうして5分待たずに出てきた中華そばはあっと驚く極細縮れ麺、へぇへぇへぇ。

Cimg4910

 新潟五大ラーメン一軒目、当然麺から食べるぞ、ちゅるちゅる、ははは、口に入れた時の食感が実に心地良い、何というか優しい口当たりの麺。
 麺によく絡むスープはどれどれ、じゅるり、これは豚の重い感じの醤油味か。
 甘い要素全くナシの硬派でうっすら表面に油の膜。
 これ飽きない味やなー、「昔そのままの味」というのも頷ける。 
 チャーシューは薄切り2枚、ももとバラで、肉のジューシーさはないが噛み締めると最後に醤油の旨味がじんわり広がる。
 メンマもこれが甘味も酸味もなく、塩味のシャッキリした良い歯応え、奇をてらってなくシンプルで好き好き。
 唯一の問題はゆっくり食べると麺がスープを吸ってふやけて、いつまで食べても終わらないことくらいか、福岡のうどんかっちゅーねん。

 美味しかったのだが、やはり気になる点は密であったことであろう。
 ホント、12時過ぎたらあっと言う間に満員になって、テーブル席はほとんど相席させられてた。
 ワタシの席に相席する前に食べ終わって出てきたけど、そこだけが惜しかった。


 むふー、五大ラーメンなかなかやるやん。
 つっても五大ラーメンの内、三つしか食べれんかったんやけど(発祥の地元の店で食べるとJRではよほど時間がないと難しかった)。
 次回は翌日に行った二つ目のラーメン屋さん、これがまった凄く時間が掛かった…。

 

| | コメント (0)

« 2020年9月23日 (水) | トップページ | 2020年9月30日 (水) »