« 今更ながら有川浩(現ひろ)センセの小説『阪急電車』を歩く【前編】 | トップページ | 宝塚記念ハズレ馬券解説 »

2020年6月19日 (金)

神戸は元町中華新規開拓「豊味園」さんで蒸し鶏530円・手作りやき餃子7個330円・マーボー豆腐610円・ハイボール呑みまくり

 先日、3ヶ月ぶりに営業に行った。
 兵庫県の西の端の方にあるメーカーさんがお会いしてくれると言ったので。
 中国地方、広島のメーカーさんは6月は面会禁止と言われてるので、行きたくても行けないので笠岡ラーメンも長い間食べてない。
 同じく東海地区のメーカーさんは1社はOKと言ってくれたが、1社だけで名古屋に行く訳にもいかんので営業活動はしていない、なのであんかけスパを食べてない。
 兵庫県ながら久しぶりにお客さんと話した、そりゃ電話より断然話は進むよなー。
 この3ヶ月、ローテーションで大阪には出社するのに行ってるが、西の方には行ってなかったので、三宮に着いた時に感動すると同時に凄くテンション上がった。

 そんで阪急からJRに乗り換えて姫路に行ったんだが、お昼はワタシの中では『姫路に行ったら「紅宝石」』一択なので、これまた3ヶ月ぶりに喜び勇んでい行ったが、カウンター席が間仕切りされてるのは良いんだけど、肝心のお客さんが入ってなくて、いつも13時過ぎてもお客さんが並んでる「紅宝石」さんですらこうなのかと、実に悲しくなった。
 やっぱ経済回していかんとあかんなと思った次第。

Dsc_3695

 行くといつも激辛の麻婆飯と肉飯セットのどちらかを注文するんだが、今回は久しぶりということもあって、ランチ時だとお客さんの半分が注文してるのではないかと思われる、肉飯セットを選んだ。
 なんてことはない豚肉と玉ねぎを炒めてご飯に載っけただけの物だが、このニンニク香る旨醤油ダレは最強に美味い。
 本当にスプーンが止まらんのよ、そんで後半黄身を潰したらまた美味さが進化するという恐るべき肉飯。
 今回はシンプルなラーメンも食べたかったのでセットにしたが、ガッツリ食べたい時は肉飯(大)を注文する、これは洗面器大になって出てくるので、満足感はハンパない。
 今回のセットは700円、税込770円と格安。
 ここは何食べてもハズレはないし、注文したらどれだけ混雑しててもすぐに出てくるし、店員さんのサービスも良いし、ハーフサイズはあるしと、一人でも宴会でも楽しめる店なので、『姫路に行ったら「紅宝石」』して欲しい。

 前フリが長くなったが、昼も中華だったが、夜も元町で中華を食べようと考えていた。
 というのも、元町の老舗中華「丸玉食堂」さんが1年以上前に、近々店を閉めますという貼り紙をしてて、もうその貼り紙からずいぶん経ってたので、閉められてると思ってた。
 それなら新しい店を探さねばならんと思った所に、夕刊で元町に安くて美味い中華料理があると取り上げられてたので、今回行くことにした。 

 

Cimg4579
Cimg4578

 ・中華食堂 豊味園:蒸し鶏530円・手作りやき餃子7個330円・マーボー豆腐610円・ハイボール呑みまくり

 場所はJR元町駅を出て、高架下の北側を東に、三宮方面に歩いてすぐ、100mくらいちゃうかな。

 お店は明るい店内で一見さんでも入りやすい。
 4人席と2人席のテーブルが置かれてる。

Cimg4569
Cimg4570

 真ん中の席に座りメニューを拝見、どれもリーズナブルな、敷居低いなー。
 最近はワタシに何度目かの餃子ブームが到来しているので、餃子は必食、あとワタシが中華屋さんで必ず頼むのが蒸し鶏、それと何にしよっか。
 唐揚げ510円ええな、海老チリ食べたい、チンジャオロースも捨てがたい、けど上にマーボー豆腐が凄く主張してる。
 TVに紹介された云々はどうでもええけど、辛いのも食べたいので、ここはマーボーにしておこう、しかし610円ってメチャメチャ安いな。
 それを言うなら蒸し鶏530円も相当やけど。

Cimg4572

 ハイボールを注文し、前菜としてソッコー出てきたのが蒸し鶏。
 蒸し鶏の上にネギが山盛りされてる、量も多く、530円じゃないような。
 ではまずは上のネギから食べてみる、もぎゅもぎゅ、おおっとぅ!!! このネギしょうがは花山椒がピリッと利いて実に美味い。
 何やろ、ネギ油かなんかと和えてるんかな、この味付けは実に良い塩梅、シンプルな塩味だけでは括れない、流石はプロや(当たり前か)。
 鶏肉はどんなんかなー、これはまた滋味深い、ネギしょうがと併せて食べたら絶妙。
 これだけでこの店の常連になろうと決めた。
 今メニュー見たら「国産の鶏もも肉を鶏ガラスープで茹でた後、紹興酒と山椒でひと晩寝かせ、肉感があり、特製ネギしょうがソースをかけたおすすめの一品です」とある。
 ほー、実に手間掛かってるのだなぁ、これ1200円でも納得するけど、この価格で出してる所が素晴らしい。

Cimg4575

 続いて手作りやき餃子登場、焼き目が美しい。
 最近は酢コショウを勧められて以来、餃子のタレではなく酢コショウにハマってる。

Cimg4573

 もちろんこれを実現するには酢とコショウがテーブルにないと話にならん。
 メニューの後に確認するのはテーブル調味料。
 餃子のタレもあったが酢もある、しめしめ。
 コショウは当然あるし、山椒に自家製ラー油もある。

Cimg4576

 でも酢コショウ、冷えない内に酢コショウに付けてぱくり。
 おおっとぅ、小籠包でもあるまいに、口の中に肉汁がドバっと出てくる。
 これは何も付けずに食べてみようと、2個目はそのままぱくり。
 野菜もたくさん入ってるみたいな感じで確かに肉汁すげーわ。
 次はまた酢コショウで食べてみる、するとこの肉汁と酢コショウがベストマッチングなんだよ。
 これ酢だけだととげとげして飲めるようなもんじゃないんだけど、この肉汁と合わせたら別物になるから不思議。
 これも今メニュー見たが、国産の野菜使っててもちもち生地にぎっしり餡で肉汁たっぷりとやはり言ってる。
 そんで何とにんにく使ってないそう、全然そんな不満を感じんかった、「当店一番人気」も納得の餃子や。
 今は尿酸値が高いのでビーギョじゃなくてハイギョやが、実にハイボールがススム君であった。

Cimg4577

 そして最後に満を持してマーボー豆腐、土鍋がぐつぐつで熱々やないか、赤いマーボーでこれまた美味そうな。
 店員さんが山椒をお勧めしてくれた、そんなに辛くないんかな???
 ではまずはそのままでいただきまーす、熱ぅぅぅ、これは旨甘辛で後から唐辛子の辛さが来るな。
 これも今メニューを見る(見とけよ)、肩ロースのミンチと四川豆板醤と辛い味噌で煮込んだ麻婆豆腐ってあるな、そんでやっぱり甘口で結構辛いとある。
 やはり旨甘辛やったんや、納得。
 山椒がオススメとあるので、次は山椒をふりふり、なるほどこれは山椒かけた方が香りと辛さに深みが出てくるな。
 もちろん痺れが苦手な人はかけなくても全然美味しい。
 肩ロースのミンチも肉食べてる感がするし、これも丁度良い味付けなのがお見事。
 どれも何というか、美味さに押しつけがましい所が微塵もないのよ。
 例えばワタシが作ると、どや、オレの味は!!! みたいな所が出ちゃうんやけど、それがない。
 これ以上超えたらクドい、これ以下だと物足らん、じゃなくてそこがドンピシャなのよ。
 
 ここでまだ自家製ラー油を試してないことが発覚したので、これを使ってみる。
 マーボーにちょこんとかけてみたが、これは底に溜まってる自家製の何かの焙煎感が凄く出てて香りが良い、五香粉っぽいような???
 何油を使ってらっしゃるのかサッパリ分からんが、これ蒸し鶏と合わせたらサイコー。
 ああ、何食べても美味いやないか、すっかりファンになってしまった。

Dsc_3960

 大満足して店を後にして、その「丸玉食堂」さんを見に行ったら何とまだ営業されてた、閉めます宣言はなんやったんや???
 店内を覗き見したが、これまた悲しいことに手前のソファー席にお客さんが居ない。
 ワタシが行ったくらいではどないもならんが、お腹一杯ながら追いハイボール。

Dsc_3698

 豚肉の角煮と550円と汁そば350円を頼んだ(〆とるやんけ)。
 この豚肉の角煮が絶品で、脂が落ちてサッパリしてるから見た目程全然しつこくなく、そのまま食べると中華独特の香りと甘みを感じ、味噌ダレ付けて食べたら旨さが跳ね上がる。
 ワタシの中でベスト豚の角煮と言って良い。
 汁そば初めて食べたが、スープがマイルドで優しい醤油味、ローメンと同じ麺やと思う平打ち麺。
 小ぶりではあるが、350円って今時あり得ない。
 このお店が空いてるなんて希なことなんでどんどん行くがヨロシ。


 ということで中華3連発であったが、どこも違った味で中華の奥は深いと改めて感じた。
 次、いつ姫路&神戸行けるかなー。
 でもこんな食生活だとまたブー太郎になっちゃうわ。

 

|

« 今更ながら有川浩(現ひろ)センセの小説『阪急電車』を歩く【前編】 | トップページ | 宝塚記念ハズレ馬券解説 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今更ながら有川浩(現ひろ)センセの小説『阪急電車』を歩く【前編】 | トップページ | 宝塚記念ハズレ馬券解説 »