« 2020年5月31日 (日) | トップページ | 2020年6月11日 (木) »

2020年6月 7日 (日)

安田記念当たり馬券解説

 今日の最大の謎は阪神最終Rやろう。
 ユタカ大先生の馬が勝ったんだが、これが5番人気、2着には藤岡康太Jの13番人気の馬が突っ込んだ大波乱。
 それは良いんだけど、不思議なのは配当よ。
 馬連で102800円だったので、ワタシの経験上(馬単を買う人間として)馬単なら20万以上付いてもおかしくない。
 なのに馬単は66940円と大きく下がってた、これどういうこっちゃ???
 単純にこの馬連を買ってた人が少なかったってこと???
 馬連が馬単を上回ることなんてほとんどないのにこれだけの差が付くとは、競馬はまだまだ分からんことが多い。

 昨日は良馬場でやってた東京、時計は先週より掛かってた印象。
 傾向は相変わらずの先行内有利、つまんねー。
 阪神は時計は遅いけど、逃げ馬有利でこれも面白くない、開幕週なんは分かってるが。
 そんで東京は夜から局地的な豪雨があったというし、今日は馬場は重から始まり稍重まで回復。
 でも実質良くらいまでなったような感じやけど、パンパンではないよな。
 時計的には1分32秒前半くらいを想定。

 

Photo_20200607184201
Photo_20200607184202
Photo_20200607184203  
3_20200607184202
3_20200607184201

 さー、これだけのメンバーが揃った第70回安田記念。
 ヴィクトリアマイルでアーモンドアイは単勝1.4倍のオッズやったのに、相手がもっともっと強くなってるのに1.3倍ってどうなのよ。
 まぁ、枠も良いとこ引いたし、スタートさえ出たら負けにくいことは認める。
 しかしこれだけ大事に使われてきた馬が中2週の強行軍なんて気になるでしょ。

 ◎インディチャンプ:去年の安田記念でアーモンドアイがどうだとか、勝負に鱈とレバーはないんだよ。実質春秋マイル連覇してるのは事実。前哨戦で負けて巻き返すのがこの馬の流儀、なのでマイラーズCの楽勝は気になるが、本格化したってことで。同じく馬体重も+4kgであったが(本当は減って欲しかった)、これも充実ということで不問とした。とにかくスタート決めてアーモンドアイより前で競馬すること、それだけ。
 〇アーモンドアイ:本調子ではなかろうが、東京のマイル戦なら3着を外すことはあるまい。だから強行軍と直前の雨とスタート、これらのどれかが引っかかってくれたら2・3着があっていい。
 ▲アドマイヤマーズ:富士Sの敗戦が意味分からんのだが、香港で世界のマイル王になったのやから本物やろう。アーモンドアイより前で競馬出来そうやし、雨で緩い馬場もこの馬に味方しそう。ところで何でこの馬、ミルコJじゃなくて川田Jが乗ってるの???
 △グランアレグリア:アドマイヤマーズと印を最後まで上げ下げしてた馬。高松宮記念は明らかに距離不足の競馬やったが、最後の脚は凄かった。それより阪神Cの強さがハンパなかったので、これもアーモンドアイより前で競馬出来そうやし、緩い馬場でも走れるし、勝ってもなんらおかしくない。
 △ミスターメロディ:スプリント路線から参戦の2頭を買うつもりやった。この馬は左回りが得意やし、NHKマイルCでも惜しい競馬してるし、今回は逃げる宣言もちらと聞こえたし、12番人気の単勝181.9倍なら別に惜しくない。
 △ダノンキングリー:本当はダノン3当出しの一番人気薄のもう一頭のスプリント路線組のダノンスマッシュを狙うつもりやったが、パドックで馬っ気出してたので消し。仕方なし内枠やったからこの馬を買った。大阪杯の時にも言ったが、この馬はトライアルホース、本ちゃんでは走れないんだよなー。

 ダノンプレミアム:最内枠が嫌やし、オーストラリアで緩い馬場で走れてなかったし、そもそも終わったディープインパクトっぽいし。
 ノームコア:ヴィクトリアマイルは外枠ながら3着好走、しかしアーモンドアイとの差は0秒7、この差を縮めるのは難しかろう。
 クルーガー:前走ダービー卿勝ったのがキセキやろ。
 ペルシアンナイト:休み明け0.0.0.5やからな。それにスピード負けするでしょ。
 ケイアイノーテック:徐々に復調気味ではあるが、最後方一気ではしんどいし相手も強い。
 セイウンコウセイ:今見たらこの馬が最低人気とは、最低人気はクルーガーじゃないのか(13番人気やった)。
 ヴァンドギャルド:外枠でスタートの不安もあるし、岩田望Jに不満はないけどまだまだ。
 ダノンスマッシュ:上で述べてる通り。

 馬券はインディチャンプから金額差を付けて馬単、3連複はアーモンドアイ、3連単はアドマイヤマーズとの2頭軸。

Photo_20200607185101

 それとどうしても池添Jとグランアレグリアが気になったので、グランアレグリアからアーモンドアイへの押さえの馬単(たまには上手い馬券も買うな)。

 スタートどか遅れしたのがクルーガー、アーモンドアイはユーイチJ曰く、隣の馬がゲートに突進してたって言ってたので、その影響で出遅れ。ノームコアもペルシアンナイトも良かったとは言えない。セイウンコウセイが一番良かったスタートやったが、外からダノンスマッシュが獲りきり、ミスターメロディが大方の予想通り続く。この2頭を見て3頭併走、内にダノンプレミアム、中にアドマイヤマーズ、外にセイウンコウセイ。2馬身離れてダノンキングリーとヴァンドギャルド。ここから2馬身差の中団グループの先頭にグランアレグリア、これを内から見る形でインディチャンプ、外に挽回したペルシアンナイト、そんでアーモンドアイ、クリストフJは出遅れ後すぐリカバーして馬群に取り付いてたからな。勝つポジションはここまで。更に2馬身離れた後方集団にノームコアとケイアイノーテック、ぽつん最後方にクルーガー。直線に入って早々にダノンプレミアムが失速、ダノンスマッシュとミスターメロディが粘る。アドマイヤマーズが早め追い出そうとするが、手応え的にはインディチャンプで、馬ナリでアドマイヤマーズとミスターメロディの間を割ろうとする所を外から一気にグランアレグリア。本格的に追い出されたインディチャンプであったが、追い付くどころか離されて、最後は脚が上がったか、アーモンドアイにまで差されて3着。2馬身半突き抜けたグランアレグリアは上がり最速の33秒7で勝ち時計1分31秒6とこの馬場でかなり優秀、想定を1秒上回られた、新たなマイル女王誕生か。高松宮記念や阪神Cはフロックでは全然なかった。去年の春は被されたらもろくて崩れるレースがよくあったが、高松宮記念で外から差す競馬が出来るようになってから弱い所がなくなったような気がする。今回はアーモンドアイもインディチャンプも出涸らしみたいな感じではあったが、強かったのは確か。マイルCSで誰が強いかハッキリさせようや。グランアレグリアには全く届かなかったが、インディチャンプを交わすのが精一杯やったアーモンドアイ、やっぱりローテーションもないとは言えんだろ。スタートは去年とは比べもんにならんくらいにマシやったし、ヴィクトリアマイルの出来やったら、グランアレグリアを交わせたやろうけど、それは鱈とレバーの話やからな。インディチャンプが3着になったのは悔しいが、おかげでグランアレグリアからの押さえの馬単が当たったので好とする。半馬身差3着のインディチャンプはやっぱり一走多かったような印象。マイラーズCがピークやったような。つか、中山記念が余分か。使いたいとこ使えなかったりで競馬ってやっぱり難しい~~~。クビ差の4着ながら勢いだけなら2着もありそうやったのが、上がり最速2位の33秒8で大外一気のノームコア。アーモンドアイの33秒9を0秒1上回ったんやから、マイル戦ではかなり強いな、時計もあるし。1馬身1/4差の5着に何とケイアイノーテック、1~4着までが強かっただけで自分の競馬でよく走った。クビ差6着にアドマイヤマーズ、この馬はこれが実力なのかどうかが分かりにくい。次走どこ使うんか知らんが、サマーマイルでも走ればこの馬の力がハッキリするような気がする(走らんと思うけど)。3/4馬身差7着にダノンキングリー、ケイアイノーテックに交わされてるようでは。この馬も燃え尽きたディープインパクトか、見せ場が全くなかった。ハナ差8着にダノンスマッシュ、大外枠からハナ獲りに行くのに脚使ったし、距離も長いし、けどよう走った。狙ったミスターメロディは1200mでバッタリ止まったみたいな感じで11着大敗、でも思ってた競馬はしてくれたので不満はない。最下位のクルーガーは予想通りやが、まさかダノンプレミアムがブービー負けするとは。ワタシが最内枠が気になると言ったのは、逃げた短距離馬が下がってきて捌ききれなかったら困ると思ったんやが、まさかここまで走れんとは。オーストラリアからの転戦での状態面か、それともこれも燃え尽きた口か、次走宝塚記念でも走ってみる??? 梅雨時やけど。

 しかし勝利騎手インタビューでの池添Jの右目の腫れ具合は酷かった。
 3コーナーで芝の塊がまともに顔に当たった、って言ってたけど、右目グーパンチされたみたいに青タン出来てた。
 あれ明日以降どす黒くなるんやろうな、芝の塊恐るべし。
 まぁ、GⅠ勝てたら痛みも吹っ飛ぶか、しかし途中クリストフJが氷持ってきたのには笑った。

 
 ようやっと東京でのGⅠも終わり、次は宝塚記念。
 残念ながら無観客ではあるが、早く生競馬が観たい、そう思わせるこの一連のGⅠのレースであった。

 

| | コメント (0)

« 2020年5月31日 (日) | トップページ | 2020年6月11日 (木) »