« 伊丹は昆陽で中華「赤い中華」さんのギョーザ(5個)110円×3・もやしラーメン400円・から揚げ(骨付き3個)600円・イカリングフライ350円 | トップページ | これは確かに辛い「ペヤング やきそば 獄激辛」税込178円 »

2020年5月17日 (日)

ヴィクトリアマイル外れ馬券解説

 昨日は結構な雨が降っていた東京、なのに京王杯SCの勝ち時計は1分19秒8と何と20秒切ってきた。
 しかも勝ったダノンスマッシュの上がりが33秒1、逃げてこの上がり使われたら後ろの馬はどんならん。
 良馬場になった今日の7Rの1勝クラスの1400m戦で驚異の1分19秒9という時計が出てしまった。
 9Rのテレ玉杯は芝の牝馬限定の2000mやったが、これも1分58秒3とかなり速い時計が出た。
 馬場は今週からBコースになったが外差しが決まらないのは先週と一緒。
 とにかく先行して内側に滑り込まんと話にならん。
 決着時計は1分31秒前半くらいと見た。

 予想は二転三転した。
 直前で逃げる穴馬として狙ってたセラピアがフレグモーネで出走しなかったので手直し。
 パドック見てまた手直し、けど変わらないのはアーモンドアイから買わないってことだけ。
 ワタシは競馬に絶対はない派なのでな。

 

Photo_20200517184001
Photo_20200517184101
3_20200517183901
3_20200517183902

 ということで終わってみたら凄すぎる結果となったヴィクトリアマイル。
 スタート決められた時点で勝たれたと思った、何じゃそりゃ。

 ◎プリモシーン:当初はコントラチェックが本命だったんだが、パドックがイマイチやったので、一番良く見えたこの馬に変えた。パドック前までは買い目にすら入ってなかったんやけど(笑)。枠も悪くないし、昨日ダノンスマッシュを勝たせたみたいにレーンJが前に行かせられれば(アーモンドアイの前ってこと)一泡吹かせられても良い。持ち時計もあるし。
 ○アーモンドアイ:この馬レベルになると最後方から大外ぶん回しても勝っちゃうやろう。ワタシがこの馬を本命で買ったのは2番人気やった桜花賞の時だけ。その後ダントツの人気になってからはいつも相手にしか買ってないので、去年の安田記念は儲けさせてもらったが、後はやられっぱなし(だったら買えよ)。JCみたいにスタート決められたらどないもならんな。
 ▲ビーチサンバ:これは好枠引いたし行くしかない。秋華賞のようなオーバーペースで行ってくれたら一発があってええ。ただし最近出が悪いんよなー。
 △サウンドキアラ:コントラチェックが行ってそれに付いて内に入って行ければ前目のいつもの競馬が出来る。重賞3連勝やけどそんなに相手が強くなかったと思ってるので、一線級と戦ってどうか。
 △コントラチェック:トロワゼトワルを行かせるのかこの馬が行くのか。良馬場なら走れそうやし、府中が向いてないとはまだ言い切れん。
 △ラヴズオンリーユー:これも買い目に入ってなかったが、買おうとしてたダノンファンタジーの毛ヅヤがイマイチやったので、細く見えたが内突きで勝ってきたミルコJに期待の一票。
 
 シャドウディーヴァ:内枠でもケツから行く馬なので何も出来ずに終わる。
 シゲルピンクダイヤ:今年に入って凡走の連続。
 トーセンブレス:この馬も後ろからの馬なのでイラン。
 ダノンファンタジー:-20kgはええけど上で言ってるように毛ヅヤがイマイチ。
 メジェールスルー:岡田JやっとGⅠ初騎乗、前で競馬して少しでも見せ場を。
 サトノガーネット:この馬が来る馬場ではない。
 トロワゼトワル:-16kgで馬体重戻してきたが、ここ2走の不甲斐なさでは。
 スカーレットカラー:外枠やし前にも行けんし無理。
 アルーシャ:こんな馬出てたんや。
 ノームコア:前走の高松宮記念使ったのが意味分からん。外枠やし後方からやし厳しい。
 
 馬券はプリモシーンから馬単、3連複はアーモンドアイ、3連単はビーチサンバとの2頭軸。

 ゲート出遅れたのが内からビーチサンバとプリモシーンとトーセンブレス、ああ、もう終わりか。昨日の京都HJのスプリングボックスの落馬より早い決着やった。ダノンファンタジーとメジェールスルーを制してトロワゼトワルがハナを主張。コントラチェックがじわじわと2番手に上がってそれに合わせてサウンドキアラが3番手に進出、これこれ、こういう騎乗よ。メジェールスルーが続いて後ろにダノンファンタジー、併走するのがアーモンドアイ、ここに居られたら負けようがないやん。シゲルピンクダイヤとノームコアが追走し、ラヴズオンリーユーが中団の中団、この外にやっとプリモシーン、スカーレットカラーは上がろうとする。この集団の後方にシャドウディーヴァとビーチサンバ。後方3頭にサトノガーネットとトーセンブレスとアルーシャ。前半3ハロンを34秒2とそれ程速くないので、後ろからではどうしようもない。直線に入ってもまだ逃げるトロワゼトワルにコントラチェック、残り400mでサウンドキアラが前を捕まえに動くんだが、その後ろに居たアーモンドアイの手応えが物凄い。気合いを付ける前にサウンドキアラを交わして気合いを入れたらトロワゼトワルをあっさり交わしてようやく追い出したらムチも使わずワンサイドゲーム。クリストフJは直線先頭に立つと外見て内見て後は流してるのに唯一の上がり32秒台の32秒9で4馬身差ぶっちぎって、この馬だけ1分31秒切った勝ち時計1分30秒6で大楽勝。競馬に絶対はあった、がくり。2着は粘るトロワゼトワルを差し切って、追い込んできたノームコアをクビ差抑え込んだサウンドキアラ、充実してるなー、重賞3連勝はダテじゃなかった。松山Jも乗れてるし、来週のオークスのデアリングタクトはこれまた絶対はあるか。3着ノームコアは昨年の勝ち馬らしく結果を出した、この枠でベストの競馬したと思うが相手が悪かった。半馬身差の4着に逃げたトロワゼトワル、復活の兆しか。今日みたいな超速逃げ馬天国なら買える。半馬身差の5着にノームコアと同じような位置から追い出したけど最後脚が上がったようなダノンファンタジーであった。次走やね、どこ使うんか知らんけど。3/4馬身差の6着にシゲルピンクダイヤ、最後届かんかったけど脚は使ったので、この馬もまだ終わってないことが分かった。ラヴズオンリーユーは1馬身差の7着で、ミルコJ曰く内枠に馬が殺到したらしいが、確かにそうやろう。けどやっぱり85%のデキやったってことか、最後伸びもなかった。ここから1馬身1/4離された8着にプリモシーン、外回したにしても全くいつもの伸びがなかった、東京新聞杯で復活したかと思ったが。クビ差9着にビーチサンバ、ゲートでこの2頭は終わってた。狙ったコントラチェックは最後パッタリ止まって14着大敗、小回りしか走らんのかな。最下位はメジェールスルーであった、残念。

 クリストフJのインタビューやけど、まずはマスクが格好良かった。そんで「メチャクチャ強かった。パワフルストライドを使った」って自賛してた、そりゃそーやな。「これから負けない」とも言ってたので、是非とも次走は宝塚記念に出走してくれ。後、「コーセイ・ミウラに感謝したい」と、代わりに調教に乗って良い仕事した感謝を述べてた。競馬サークルの繋がりも良いもんだ。

 とにかくアーモンドアイが強すぎて笑った今日のヴィクトリアマイルであった。


 さー、来週はオークス、デアリングタクトから買いたいが、オッズ次第やな。
 今日のアーモンドアイ並の単勝オッズやったらやっぱり相手に据えんと馬券にならん。
 まぁ、週中ゆっくり考える。
 ちなみに今週は火・金が出勤、いつまで続くんかいな。

 

|

« 伊丹は昆陽で中華「赤い中華」さんのギョーザ(5個)110円×3・もやしラーメン400円・から揚げ(骨付き3個)600円・イカリングフライ350円 | トップページ | これは確かに辛い「ペヤング やきそば 獄激辛」税込178円 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 伊丹は昆陽で中華「赤い中華」さんのギョーザ(5個)110円×3・もやしラーメン400円・から揚げ(骨付き3個)600円・イカリングフライ350円 | トップページ | これは確かに辛い「ペヤング やきそば 獄激辛」税込178円 »