« 朝日杯FSハズレ馬券解説 | トップページ | 有馬記念ハズレ馬券解説 »

2019年12月17日 (火)

尾張一宮で老舗ラーメン「ラーメン 中村」さんのAランチ ラーメン・餃子・ライス650円と謎の店「お茶漬けニューヨーク」さん

 先日久しぶりに愛知県は一宮市に行った。
 改めて名古屋駅から尾張一宮駅は近いと実感した。
 快速とか乗ったら一駅なので10分で着いちゃう。
 一宮って隣の岐阜寄りのイメージやけど、その岐阜が20分くらいで名古屋から行けちゃうので、豊橋なんか愛知県とか言っておきながら、特急で1時間も掛かるので反則的に遠い。

Cimg3818
Cimg3819

 少し早めに尾張一宮に着いてお昼食べようと思った訳だ。
 ずいぶんと新しくなった駅の構内には、一宮のゆるキャラ、あいやマスコットキャラクター「いちみん」が歓迎してくれる。
 この「いちみん」は幸せを運ぶ妖精だそうで、一宮、1の3・8やから「いちみん」かと思いきや(基本はそうなんだろうけど)、実は一宮市を代表する施設「ツインアーチ138」をモチーフにしてるんだって(そういやそんなツインアーチあるある)。
 雲一つない青空に母なる木曽川、そして雄々しくそびえ立つ「ツインアーチ138」を図案化して頭に掲げたハートマークは一宮市に寄せる愛着心を表してるんだそうだ。

Cimg3816

 さておき、駅の西側にはこれといって何もないのは分かってるので、商店街のある東側に行ってみた。
 ちょっと歩いて駅の全体像を撮ってみる。
 右下に「スッポンラーメン」と書かれた看板がある。

Cimg3817

 この店は10年くらい前に食べたことがある、看板は出ているのでまだ営業しているのだろうと思われるが、外から見た感じでは閉店してると言われても納得する。

 アーケードに行ってみたが、お世辞にも賑やか感はなく、シャッター店も多い。
 何かピンと来るものがなかったので、昔行ったことのある地元で有名なラーメン屋「第一旭」さんにでも行ってみるかと方向を変えたら、この時はしばらく休みますとの貼り紙が出てた、なんだかなー。

 その道路の北に50mくらいの所にラーメン屋さんと思しき店が見られたので、行ってみたら家系であったが、そもそも臨時かなんかの定休日であった。
 うーん、昼食難民になってしまったではないか。

 ここでスマホンナビ登場、近所にラーメン屋さんはないかと検索してみたら、もう少し北に歩いて県道を越えたら真清田神社という所の西隣に一軒あった。
 200mくらいだったので歩いて行ってみて驚かされた。

 

Cimg3806
Cimg3811

 ・ラーメン 中村:Aセット ラーメン・餃子・ライス650円

 魚ぉぉぉ、何という味わい深い建物やねん。
 来る者を拒む店やなー、かなりの見た目のインパクトで只者ではないのが分かる。

Cimg3807
 いや、只者じゃないのは実は隣の店だったんだねー、これが。
 この長屋のような店に何故か星条旗、どんな珍百景やねん。

Cimg3808 近付いて更に驚く、
 何とお店は「お茶漬けニューヨーク」という、あり得ねー。
 よく分からんが、鯛茶漬けとステーキが食べられるお店らしい、ははは。


Cimg3810

 ラーメン屋さんとの境に置かれた看板には「いきなりアンガスステーキ!!」と貼られている、別に真似しなくても良いのに。
 そしてやはり鯛茶漬けとA-5超高級サーロインステーキが食べられるそうだ(200g8000円~)。
 後で一宮のお客さんにこの不思議体験を話したら、何と数年前に行ったことがあるとかで、店の大将はかなりダジャレ好きな面白い方で、メニューもいちいち引っかけてあるらしい。
 茶漬けは普通に美味しいそうで、基本予約制だとか。
 いやー、こりゃインパクトあり過ぎでしょ。
 ラーメン食べる前にお腹一杯になったわ。

 閑話休題。
 ということでさんざ「お茶漬けニューヨーク」さんを見てたらお昼前になっちゃったので、慌てて入店。
 「ニューヨーク」さんに比べたらこの店なんて普通よ普通。

 ガラっと入ったら想定以上に狭い店内。
 奥行きなんてほぼない、カウンター6・7席でお母さんが運ぶスペースと食器洗うスペースが辛うじてあり、左のわずかな屋台くらいしかないようなスペースでラーメン作って餃子焼いてるみたい。
 凄い密度の濃さや。


Cimg3812

 驚いたことに(驚くなや)お昼少し前なのに地元と思われるおっちゃん&おばちゃんでほぼ満席、まぁ、先客で5人居たってだけのことやねんけど。
 奥の大将の近くの席に座ってメニュー確認。
 今時ラーメン500円って安っっっ!!!
 チャーシューメンで600円、みそラーメン550円、チャーハンは500円、餃子は300円。
 ランチはどんなんかと、左を見たらBランチはラーメン500円にライス100円の所を550円と設定してるが、Aランチだとラーメン500円に餃子300円にライス100円で900円の所を650円と250円もサービスしてくれている。
 そりゃーこれしかないだろ。

 後客が1人来たので一緒に茹でるから少し時間掛かったけど、その後の一人客のラーメンなんか2分で出てたくらいのチョッぱやな一杯。
 ワタシは悲しいかな餃子とライスのセットだったので、餃子が焼き上がらないと進めない(撮影上)。

Cimg3813

 先にラーメンだけソッコー出てきてしばらく待つ始末。
 すると大将が、ウチのは細麺だから早く食べないと味が落ちちゃうよ、と言われてしまった。

Cimg3814

 なので仕方なく麺をすする、つるつるつる。
 なるほど!!! こりゃ確かに麺は先に食べないともったいない、何たる極細麺よ!!!
 この食感は実に心地良い、極細万歳って気になる。
 スープどんなんよ、おお、これは鶏ベースのあっさり淡麗醤油か、懐かしい味やね、極細麺との相性は最高。

Cimg3815

 ライスは先に出てきてたが、5分遅れくらいでようやく餃子登場、ランチサービスなので3個餃子かとタカをくくっていたが、何と小ぶりながらも7個のフル餃子ではないか、これにライス100円やから、まぎれもなく900円のメニューが何と650円という夢のランチセットとなっている。
 ちなみにラーメンは多少表面を整えて元に近付けてあることを述べておく。

 極細麺意外と伸びずに頑張る、スープは飽きの来ない味、メンマは昔のメンマで、チャーシューは分厚いがほろっと少し甘めであるが、これで酒呑めそう。
 ただ一つの難点は餃子のタレが酸っぱすぎたことくらいか。
 餃子はパリッと焼かれてて、小さいながらも具はぎっしり。
 醤油でもテーブルに置かれてたらもちょっと良いライスの友となってたやろうに、惜しい。

 しかしラーメン800円が珍しくないこのご時世に、餃子にライスが付いて650円とは、元号が新しく変わっても侮れん。
 常連さんが付くのがよく分かるおらが町のラーメン屋さんって感じやね。


 それにしても「お茶漬けニューヨーク」のインパクトは凄かった(やっぱりそこか)。
 誰か代わりに鯛茶漬け食べてきてくれ!!!

 

|

« 朝日杯FSハズレ馬券解説 | トップページ | 有馬記念ハズレ馬券解説 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 朝日杯FSハズレ馬券解説 | トップページ | 有馬記念ハズレ馬券解説 »