« 広島駅前うどん開拓「大和製麺」さんのきつねうどん480円12:00~13:00大盛サービス | トップページ | バスと歩きで行くネパールはカトマンズの世界遺産その⑥(最終回)ボタナート&パシュパティナート »

2019年4月28日 (日)

天皇賞(春)ハズレ馬券解説

 昨日はえらく寒かったけど今日は天気は昨日より悪いけどそこまで寒くなかった。
 昨日からバイクのグローブを夏用にしてえらく指先冷えたんだが、昨日に比べたら全然マシ。

 10連休2日目であるが、昨日は超特急で香川にうどん巡りしてきたが、ダッシュで行って帰ってきたから渋滞もへったくれもなかった。
 ソッコー帰ってきてから阪神競馬場に行って競馬やったが、今日と明日も競馬、ただし阪神競馬場やけど。
 そんで月曜からは香港・マカオに行く予定。
 シャティンは終わってるけど、そりゃー日本の競馬の方が大事やからな。


Dsc_1975  そう、今日は天皇賞(春)。
 昨日は金曜の雨が残ってたんだが、今日は曇ってはいるがそんなに寒くもなかったので、馬場は回復で良。
 8Rの糺の森特別は前半2頭でメチャメチャな逃げで引っ張ったおかげで1分45秒8って時計が出た。
 9Rの鷹ヶ峰特別は先行したディーパワンサが逃げ馬を捕らえて、2着もその後ろで競馬したキラーコンテンツで勝ち時計が1分21秒3。
 メチャメチャ速くはないがペース次第か、大逃げはしんどいし、最後方一気もないので、前の良いポジションで競馬を出来る馬を狙いたい。

 ◎メイショウテッコン:実はこの馬結構追いかけてたりする。勝つか負けるか振れ幅がでかいんだが、今回は果たして。単騎逃げが理想ではあるが、ヴォージュが逃げ宣言してるので、行かせて2番手でも良い。ロードヴァンドールは枠が外なのと、前走激しい競馬したのでガシガシ来ないであろう。ヴォージュなんて早々と垂れるでやろうから、直線先頭で来るのは間違いない。後は如何に長く脚を使って粘れるか。
 ○エタリオウ:日経賞は一叩き、アタマはない可能性は高いが3着以内は確保するやろ。とにかくどんな展開でも差し込んでくる末脚が魅力。ただミルコJが乗れてないのが気になる。
 ▲フィエールマン:AJCCの負けは気にしないで良いが、またこの馬もぶっつけ本番なのか。勝つかもしれんし大負けするかもしれんし、クリストフJ勝ててないのも気になる。しかしこの馬はここで勝ったら本物、凱旋門賞行ってクレイ。
 △ユーキャンスマイル:ダイヤモンドSは相手が弱かったが圧巻の強さやった。戦歴からは完全な長距離砲、岩田Jやし大一番での騎乗に期待してる。
 △グローリーヴェイズ:菊花賞で強い馬やなぁ、と思ったし、その後日経新春杯も勝ったしやっぱり強い。しかしこの馬もぶっつけなのか、むむう。出遅れるようでは話にならんが好位を獲れたら怖い。
 △カフジプリンス:前走はシャケトラにぶっち切られての2着やったが、先行して長い脚を使う、穴馬はズバリこれでしょう。
 
 チェスナットコール:近走冴えん成績。
 リッジマン:GⅠでは走れないんだよなー。
 ヴォージュ:行くだけ行っちゃってくれ。
 パフォーマプロミス:京都記念は僅差の4着やけど、勝ったのがダンビュライトやからな。
 ケントオー:頑張って走るねー。
 クリンチャー:何でこの馬が人気になってるか分からん。フランス行ってから全てのレースで最後バックギア入ってるねんで、この馬買うのはセンスがない。
 ロードヴァンドール:前走は驚いたが、流石に3200mでは、それに上でも言ってるが阪神大賞典でハードなレースし過ぎ。

 馬券はメイショウテッコンから馬単、3連複はエタリオウ、3連単はフィエールマンとの2頭軸。

 スタートはほぼ互角もフィエールマンが少し出遅れたか、でもクリストフJは挽回しに行ったのに、エタリオウのミルコJは下げに行った、どういうこった??? メイショウテッコンは行こうと思えば行けたがヴォージュに行かせて番手の競馬。外からロードヴァンドールが行って内にカフジプリンス、だいたい想定通り。中団にチェスナットコートにパフォーマプロミスが続きグローリーヴェイズがこのグループ。後方にクリンチャーにフィエールマン、その後ろにリッジマンとユーキャンスマイル、離れてケントオーで更に遅れた最後方ぽつんにエタリオウ、訳分からん。1000mを59秒8、ヴォージュが残れる流れじゃないな。2角を回った所での隊列はロードヴァンドールが2番手でメイショウテッコンは3番手、向こう正面でフィエールマンがじわっと進出、ここで動いたのが勝因やろうな、グローリーヴェイズを出し抜いた。なのにまだ最後方ぽつんとエタリオウ、ヲイヲイ。二度目の坂の手前でエタリオウがようやく追い出し開始、全てが遅いって。坂を越えた所でヴォージュが終わってメイショウテッコンが先頭に立ってカフジプリンスも食い下がる、あら、これって予想通りの展開??? しかし3角から4角で上がってきたフィエールマンとグローリーヴェイズの勢いが凄く、メイショウテッコンは手応えなさそう、あらら。直線に入ってフィエールマンが先頭に立って馬体を併せてグローリーヴェイズが追うも差は全く変わらず、この長いマッチレースをクビ差制してフィエールマンが長距離GⅠを2勝目、うーん強いなーこの馬。勝ち時計は3分15秒0でそんなとこやろう。けど何でこの2頭でぶっち切ってしまったのがよく分からん。2着のグローリーヴェイズが上がり最速の34秒4とフィエールマンを0秒1上回ったが、実は上がり35秒を切った馬は1-2した2頭だけ。実力が抜けてたってことか。エタリオウはミルコJの戦術ミスなのは分かるが、そのエタリオウは4角で先行集団に取り付くも流石に満を持して追い出した1-2の2頭にはあっさり突き放されパフォーマプロミスとの叩き合いにも負けて4着、8番人気のパフォーマプロミスが4歳馬の強者達を崩して3着に入って小波乱演出。この3-4着2頭の上がりが3位タイで35秒2やったから、如何に1-2着の2頭が抜けてたか分かる、6馬身離された3-4着争いやったからな。そこから3馬身離された5着にユーキャンスマイル、これも岩田Jの位置取りがイマイチやった。菊花賞からここまで差が付くもんか??? 3000m以上走り続けてバテてたか??? 本命に推したメイショウテッコンは最後歩いて11着大敗、2番手やったロードヴァンドールは大差負け、逃げたヴォージュは競争中止、逃げ・先行馬馬が全く馬券に絡めんとは、意外と馬場は重くて時計が速かったってことか。
 今日はサッパリ噛み合わず完敗やった。
 しかし明日も競馬があってしまうので(どんな日本語や)、新潟大賞典で取り返す。

 それにしてもまさかのウインブライトやったな、松岡Jちょっとガッツポーズ早すぎたけどよほど嬉しかったんやろう、ステイゴールド流石や。
 このクイーンエリザベスⅡ世Cはディアドラから買ったが、全くユタカ大先生下手に乗ったことよ。
 なかなか海外馬券ってのは当たりませんな。


 ということで明日香港のお小遣いを稼ぐ。
 あかんかったらマカオのカジノで稼ぐ(ええ!?)。
 

|

« 広島駅前うどん開拓「大和製麺」さんのきつねうどん480円12:00~13:00大盛サービス | トップページ | バスと歩きで行くネパールはカトマンズの世界遺産その⑥(最終回)ボタナート&パシュパティナート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 広島駅前うどん開拓「大和製麺」さんのきつねうどん480円12:00~13:00大盛サービス | トップページ | バスと歩きで行くネパールはカトマンズの世界遺産その⑥(最終回)ボタナート&パシュパティナート »