« 尼辛麺バトルスタンプラリーその⑧尼崎あんかけチャンポン「華風料理かぼちゃ」さんの酸辣湯麺(サンラータンメン)900円 | トップページ | 彦根の地元グルメ「ちゃんぽん亭総本家 彦根駅前本店」さんの近江ちゃんぽん(並)750円 »

2019年3月 4日 (月)

ひこにゃんと彦根城

  ついこないだのような気がするが、2月の3連休の最初に仕事帰りを利用して彦根に行ってみた。
 名古屋から帰るのに新幹線を名古屋~米原間にして、乗車券を名古屋大阪にして、1泊するので帰りの米原~大阪間は乗車券を使えば良いって作戦。

 彦根に行ったのは5年ぶりくらいか、前回は仕事で行って、その割には彦根の地元グルメのちゃんぽんを2軒ハシゴした。
 こないだまで尼崎あんかけチャンポン何軒も食べたのにねぇ、この後また食べるんだよ。

 とにかく彦根の琵琶湖ビューのホテルで泊まって翌日は彦根城。
 お城好きを自称するワタシであるが、遠くから見たことはあるが、登城したことないんだよねー。
 なのでこれを機会に行ってみようとした訳だ。

 最初、何を考えてたのか普通はそっちじゃないだろという、西の丸から登ろうとしてそこで入場料を払った。
 そこの窓口にひこにゃんの現れる時間が掲示されており、表御殿の彦根城博物館に10時半行けば会えるというではないか。
 そんなに興味ある訳ではないが、こんな機会は滅多にない、これは是非とも行かないと。

Cimg1602
Cimg1603
Cimg1604

 という訳で井伊直弼大老像を見ながらまったりと戻って10時半に到着、これがひこにゃんだ!!!

Cimg1610

 ・ひこにゃん:彦根二代藩主井伊直孝公をお寺の門前で手招きして雷雨から救った「招き猫」と、井伊の赤備えの兜を合体させたキャラクター。

Cimg1607
Cimg1608

 司会のおねいさんに呼び出されてひこにゃんが出てくるんだが、これがまた礼儀正しいことよ、実に腰が低い(笑)。
 歩いては立ち止まってお辞儀するんだよ、愛らしい、ふふふ。
 手抜きだが、後はひこにゃん画像を貼っておくので見ていただこう。

Cimg1609_2
Cimg1611
Cimg1612

 うーむ、中の人はかなり小柄ではないかと思われるが如何でしょ???
 趣味は彦根城の周辺の散歩なんだって、愛いヤツよ。

Cimg1614_2
Cimg1616

 さ、10分見たらワタシは満足、お城登ろうっと。
 表門から天秤櫓を通って時報鐘を横に見て天守閣到着。

Cimg1618
Cimg1619
Cimg1621
Cimg1626

 あれれ、思ったより小さいのね。
 このお城の敷地自体は姫路城よりでかいかと思わせるが、天守閣の大きさは姫路城とは比べもんにならんな。
 でもこっちは完全に残ってるというバランスの良さがある。
 だけどワタシは兵庫県人として白すぎるけど姫路城を推さざるを得んという立場は理解していただきたい。
 だって世界遺産なんだもーん。

 しかしなか琵琶湖ビューでもあるしなかなかに満足したので、来たかい十二分にあった、うむ満足じゃ。

 そして彦根駅前に戻り近江ちゃんぽんを食べに行くぞ次回。

|

« 尼辛麺バトルスタンプラリーその⑧尼崎あんかけチャンポン「華風料理かぼちゃ」さんの酸辣湯麺(サンラータンメン)900円 | トップページ | 彦根の地元グルメ「ちゃんぽん亭総本家 彦根駅前本店」さんの近江ちゃんぽん(並)750円 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ひこにゃんと彦根城:

« 尼辛麺バトルスタンプラリーその⑧尼崎あんかけチャンポン「華風料理かぼちゃ」さんの酸辣湯麺(サンラータンメン)900円 | トップページ | 彦根の地元グルメ「ちゃんぽん亭総本家 彦根駅前本店」さんの近江ちゃんぽん(並)750円 »