« 山陽高砂駅前のお昼はここや「いちばん」さんの小アジフライ定食850円 | トップページ | 広島は商工センター近くのお好み焼き「ちゅうりっぷ」さんの広島お好み焼き 肉・玉・イカ・エビ・そば950円 »

2018年12月16日 (日)

朝日杯FSハズレ馬券解説

 昨日は寒かった。
 今日は午前中はまだ天気は良かったんだが、どんどん曇ってきて、最終Rの頃にはぽちぽち降ってきた。
 でも曇ってたからメチャメチャ寒いのかと思いきや、そうでもなかった、寒かったけど。

Cimg1357 いよいよ阪神の2歳GⅠの最終回、朝日杯FS。
 そんで来週は有馬記念だよ、本当に1年はあっちゅう間や。
 ホント、みんなが思ってることやけど、もっと声を大にして何とか変更させよう、ホープフルSを12月28日にやる意味は何もないってことを。
 誰得やっちゅーねん、そもそも仕事やし、有馬記念があってそんで阪神最終のファイナルSが1年の最終Rでええやんけ、全く。


Dsc_1430Cimg1408Cimg1392 さー、その朝日杯FS。
 馬場は良馬場で持ったけど、先週より今週の方がもっと内側先行有利になってる。
 差しも決まってはいたが、大外一気ではなく好位からの差し。
 なので基本的に前に行かないとお話にならないので、そういう馬を狙う。

 ◎ファンタジスト:小倉2歳はそれ程強いとは思わんかったが、京王杯は1ハロン伸びてペースは遅かったとはいえ、アウィルアウェイと叩き合って勝っちゃったからなかなか強いなと。先行して長い脚を使えるし、問題は14番枠やが、スタートええから好位獲ってくれるやろう。距離は…やってみんと分からん。流れ的にそろそろ日本人騎手が勝つ頃だと思うし、ならば今年まだGⅠ勝ってない武豊大先生でしょう。
 ○グランアレグリア:新馬戦もサウジアラビアRCも強かった。けど強いて言うならパドックがやる気ありそうに見えなかったことと、馬体重が前走+18kgで今回絞れてくるかと思いきや、更に6kg増えてたこと。ただ馬場と展開はこの馬に合ってるので、3着以内が一番堅い対抗とした。
 ▲アドマイヤマーズ:枠の並びから見てもグランアレグリアを見てレースを進めるのは明白。そういう先行してかつ終いの脚もある、一度使ってこっちは-2kgながら絞れてきたし。無敗の4連勝も不可能ではない。
 △マイネルサーパス:前走のレコードは福島であんまり値打ちはないが差しに回らず、これまでみたいな先行して末脚を生かす競馬ができれば。丹内Jのスタート次第。
 △ケイデンスコール:4ヶ月の休み明けってのが気になるが、上がり最速3連発は今日の馬場でどこまで差し込んで来れるか。
 △ニホンピロヘンソン:ディープダイバーとどっちか悩んだが、もみじSでダイバーに勝ってるし。

 クリノガウディー:確かに追い切りはこの馬が一番良いんだよなー。だけど今日の朝日杯は実質グアレグリアとマーズとファンタジストの3強対決と思ってたのでここまでは。
 アスターペガサス:前走はデキも展開もイマイチやったが、ここで逆転できるとも思えん。
 ドゴール:サウジアラビアRCではアレグリアの2着ではあったが、0秒6離されてるしな、今回はその0秒6の間にたくさん馬が入ってくるやろう。
 ソルトイブキ:ベルシャザール初の芝の勝ち馬とか。
 ディープダイバー:だからニホンピロを上に取った。
 イッツクール:これが逃げるのか。
 ヒラソール:最低人気じゃなかった。
 コパノマーティン:これが最低人気やった。
 エメラルファイト:もう少し内枠やったら買いたかった怖い一頭。負けたのがニシノデイジーとクロノジェネシスやからな。

 馬券はファンタジストから馬単、3連複はグランアレグリア、3連単はアドマイヤマーズとの2頭軸。

 スタートは外枠勢が少し出脚が付かなかったのでここで遅れた馬は終戦(早っっっ)。クリノガウディーがフライング気味に出たが、グランアレグリアがハナを獲りそうな所を、外からイッツクールが奪う。本命ファンタジストはスタート巧く決めて前目に付ける想定通りの競馬。アドマイヤマーズは出遅れてはなるものかと、ミルコJが押してポジション獲りに行って前二頭んから少し離れた3番手。内に好発決めたクリノガウディー、ディープダイバーとアスターペガサス、外からじわっとファンタジストが接近。中団の先頭にヒラソール、遅れてニホンピロヘンソン上がってくる。ドゴールとコパノマーティンが併走、後方にケイデンスコールとマイネルサーパスでエメラルファイトとソルトイブキがどんケツ。直線でイッツクールは終わるのは分かってるので、グランアレグリアのペースかと思いきや、4角回る所からアドマイヤマーズが早仕掛け。直線に入るとグランアレグリアを早々と捕らえると、グランアレグリアはそこから伸びを欠き、最後インをロスなく回って直線良い所に出したクリノガウディーにまで交わされる始末。結果、アドマイヤマーズは1分33秒9の好時計で2着クリノガウディーに2馬身差を付ける快勝。グランアレグリアは半馬身離され3着死守も、1分34秒3やからこれまでの走りではなかったと言える。まぁ、これで桜花賞戦線は面白くなってきたんじゃない??? 4着に上がり最速2位タイの33秒9でファンタジスト、つっても1馬身半離されてるから惜しくもなかった。クリノガウディーが入って来なかったら馬券的には完成やってんけど、首位争いに絡んでないんやから悔しいまでもない。距離もあったから前半大事に乗ったんやろうし、枠が内やったら馬券に絡めてたかもしれんが、鱈と鴨とレバーは言うても詮ない。1馬身1/4差の5着にディープダイバー、前に行って粘り込んで11番人気の低評価を覆した。2馬身半差の6着やからレースには何も関係なかったが、最後方大外ぶん回しで上がり最速の33秒5でエメラルファイトが突っ込んできた。これは来年大きい所で馬券になる馬や(勝つとは言わん)。狙ったマイネルサーパスとケイデンスコールはそもそもポジションからしてどないもならん、今日はそういうレースなんだって、10着と13着に激敗。途中押し上げたニホンピロヘンソンに至っては最下位、とほほ。
 グランアレグリアの走りが今日は本物じゃなかったとしても、それは言い訳にはならん。 アドマイヤマーズの4連勝は強気に乗ったミルコJの好騎乗もあってまずは2歳GⅠの一つ目を獲ったが、ホープフルS組がどんな走りをするか。
 この馬の来年の路線は皐月賞からどこ行くのか、要注目やね。

Cimg1417 ミルコJインタビュー「素晴らしい馬、走り方きれいし、大人しいし頭が良い。新馬から成長している、距離が伸びても大丈夫。すぐに先頭立って早いくらいに思ってたけど、最後まで伸びてたので大丈夫」、だそうです。


 さー、いよいよ来週は有馬記念。
 普通に行くとオジュウチョウサンになるんか(ナンデヤネン)、いやレイデオロか。
 それは面白くないので、キセキに上積みがあると期待して狙ってみるか。
 オッズ次第でブラストワンピースも考える。
 阪神CはスーパーGⅡと言われるが今年はGⅢくらいのメンツなのでイマイチ盛り上がらんが。
 とにかく有馬記念を久しぶりに当ててみたい(ならそういう馬券を買えっちゅーの)。

|

« 山陽高砂駅前のお昼はここや「いちばん」さんの小アジフライ定食850円 | トップページ | 広島は商工センター近くのお好み焼き「ちゅうりっぷ」さんの広島お好み焼き 肉・玉・イカ・エビ・そば950円 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝日杯FSハズレ馬券解説:

« 山陽高砂駅前のお昼はここや「いちばん」さんの小アジフライ定食850円 | トップページ | 広島は商工センター近くのお好み焼き「ちゅうりっぷ」さんの広島お好み焼き 肉・玉・イカ・エビ・そば950円 »