« 2018年12月16日 (日) | トップページ | 2018年12月23日 (日) »

2018年12月18日 (火)

広島は商工センター近くのお好み焼き「ちゅうりっぷ」さんの広島お好み焼き 肉・玉・イカ・エビ・そば950円

 先週12月の最後の広島行き、この日はディーラーさんと同行してたので、どこにお昼を行くかとウダウダしてたら、こないだお客さんに美味しいお好み焼きの店を紹介されて、尚且つ美味かったと言うではないか、行こう行こう是非行こう。

 場所は商工センターからちょっと東にずれた住宅街。
 とはいえ、真南の幹線道を越えた所にはLECTがあるから、侮ってはいかん。
 ちなみに家おこなので駐車場がないが、そこは長浜ラーメンやゲーセンのある大型駐車場に停めさせてもらおう(ヲイヲイ)。


Cimg1331Cimg1332 ・ちゅうりっぷ:広島お好み焼き 肉・玉・イカ・エビ・そば950円

 到着したのはお昼少し前、分かりにくいが店内にはお客さんが居なかったみたいだが、鉄板の前に女性二人客が座ってた、常連さんやね。

Cimg1337 変わった店内は別にキティちゃんでファンシーやとかって意味じゃなくて、3つに分けられたスペースってこと。
 まずは入ってすぐのテーブル3つ、ガラスで仕切られてある奥の部屋、これもテーブル3つくらいか、まさか愛煙家用な訳じゃなし、謎や。
 そして鉄板の前のカウンター席、この暖簾の向こうね。

Cimg1333 このメニューの画像は店の前に掲げられた物、店内には縦型のメニューが置かれてる。
 さて、何食べようか、初めての店はメニューが分かりにくいのがお好み焼きだよな。
 お好み焼きのそば入りは当たり前なので、ここはトッピングを最上級にしてみよう、それ程お値段が高くないってのもポイント高い。
 それが上にある肉・玉・イカ・エビ、そばはWか悩んだが、夜呑みに行くことになってたので、ここは軽めで。

 カウンターのお客さんの前の鉄板を客席から首を180度逆に向けてガン見。
 お好み焼き久しぶりやったからなー、焼き方気になるし。
 ワタシの見た所、蓋になる小麦粉の部分はかなりパリッと焼かれてた。
 そんでワタシ的にかなり大きいポイントはあまり押さえつけないこと。
 店によってはギューギューに押しちゃう店とか、アイロンみたいなので重しする店もあるもんな。
 ここでは押さえないようで実に好感が持てる、ふわっと食べたいからな。
 そんで最後のこだわりは卵、これをべたーっと平たく広げるのは好かん。
 黄身をちょん潰ししたくらいでお好み焼きを乗っけるのが好ましい。
 そこもまさにワタシの理想通りであったので、これは楽しみ。
 ちなみにそばはしっかりソースが絡められ黒々としていた、完成はいかなる形に???

Cimg1334Cimg1335 10分ちょい待って出てきたお好み焼きがこれ。
 ほほー、鉄板に乗ってくるのか、なら冷める心配がないから最後まで美味しいな。
 箸も付いてきたがそれはやはり使わずてこで食べる、きこきこ。

Cimg1336 うおっ、細麺がぷりぷりしてて麺美味っっっ!!!
 キャベツの甘みもさることながら、驚いたのは卵のとろとろ具合よ。
 白身も固まってないので具材と絡めたら美味さ倍増。
 ソースを足し足し、コショウ振り振り、一味に変えて振り振り。
 あえて言うならトッピング具材がもちょっと存在感があったらもっと良かった、しかし逆に言うと安価な肉玉そばでそばWにすれば安くてお腹一杯になるってことやから、普通ならそういう選択をワタシはするであろう。

 いやー、家おこ恐るべしだよ。
 こんな新興住宅街(それ程新しくはないが)にぽつんとお好み焼きなんだもん、広島やなー。
 香川やったらこういうシチュエーションのうどん屋さんってあるけど、お好み焼きやもん、汁なし担々麺の人気が上がってきたとはいえ、やはりベタながら広島はお好み焼きだと言いたい。


 こないだまでは商工センターのやはり家おこで「おと屋」さんって店があったのだが、そこは閉めて新しいお好み焼き屋さんになったそうだ。
 以前の「おと屋」さんは絶品だったので惜しいが、こういう店があるのならばまだまだお好み焼きを開拓するのも悪くない。
 広島駅で何でも済まそうと、ワタシも日和っちゃってるが、外に出なければいかんってことを改めて痛感した2018年の年の瀬であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年12月16日 (日) | トップページ | 2018年12月23日 (日) »