« これが新幹線ホテルだ!!! | トップページ | 2018年讃岐うどん巡りその2~①宮川製麺所②麺の蔵③山下うどん④やましょう⑤山内うどん »

2018年10月21日 (日)

菊花賞ハズレ馬券解説

 とにかく昨日は疲労困憊で家に戻ってきて、それでも健気に競馬場に行ってと、毎週格闘しているが、今年は今の所とんとん(凄い)。
 GⅠも勝ったり負けたりなので、年末まで一直線、今週もしっかり当てたい。
 
 馬場は良なんだけど、今開催京都に移ってこれといった特徴が見付けられ。
 流石に昨日から内が悪くなってきたように感じるが、前に行った方が良いのか後ろからが良いのか、もちろんペース次第なので、勝手に展開を夢想してみた。

 まずはハナを切るのはアイトーン、この馬が先手を取ってダーッと逃げて、2番手にジェネラーレウーノ、3番手にメイショウテッコン、4番手にエポカドーロ、ステイフーリッシュもこれに並びかける感じで進むが馬群は縦長。エポカドーロだけは速いペースで走るが、後続はそれ程付いてこないという展開。
 なので後続からは届きにくく、好位または中団から抜け出した馬が勝つという、虫の良い話。

 
Dsc_1169 だからその馬はどれやねん、な菊花賞。
 上の話はワタシの本命馬を正当化する為に作った話。

 ◎メイショウテッコン:ラジオNIKKEIで逃げずに競馬できたのは収穫。もちろん神戸新聞杯みたいに行けるなら行って欲しいが、おそらくアイトーンに行かすであろうから、バテた馬が下がってきた所を自然に交わして息の長い脚でそのままゴール。エタリオウには神戸新聞杯では負けてたけど、差なんてなかった。エタリオウから買いにくいのは1勝しかしてないってことなんよね、何かにやられる可能性はかなり大きいと見た。
 ○ブラストワンピース:距離は分からんが、ワタシ的にはこの馬の排気量は4000ccくらいあると思ってる、だけどそのパワーバンドがどの辺りなのかがよく分からん。新潟記念みたいな大味な競馬じゃいかんが、ある程度位置取れたらあっさり勝たれてもおかしくない。
 ▲エタリオウ:ダービーや神戸新聞杯みたいな展開でも差し込んでくる凄い根性馬。今回はある程度の位置取れんかったら、坂の下りから進出していくやろう、果たして前を残すか後ろから何かにやられるか。
 △ジェネラーレウーノ:要はセントライと記念みたいな競馬をすればこの馬はかなり怖い。前回で自信を持ったやろうし。
 △グレイル:前走が久しぶりに好走、岩田Jが凄く良くなっているというのを信じて買う。
 △エポカドーロ:3000mどうやねんという気もするが、そんなに速くならないということと、展開利。2400mを2回走ってるので無謀な挑戦ではあるまい、勝つことはないと思うけど。

 アイトーン:逃げて逃げて逃げ潰れて。
 ユーキャンスマイル:勝つイメージが湧かん。
 カフジバンガード:家賃高い。
 アフリカンゴールド:前走大差勝ちもたいした時計じゃないし。
 コズミックフォース:ダービー3着、ああいう競馬なら買いたいんだけど、前走が不甲斐ない。
 フィエールマン:確かに末脚は切れすぎるくらい切れる、けど1800mしか走ったことない馬はクリストフJが乗ってもよう買いません。
 タイムフライヤー:前走が復調の兆しとは思えんので消し。
 グロンディオーズ:信濃川特別勝ちやったら佐渡S勝ちやましてや新潟記念勝ちの方が凄いし。
 オウケンムーン:オウケンブルースリが勝ったレースが懐かしい。
 ステイフーリッシュ:どんな時に好走するのか分からん、少なくとも枠の悪い今回はない。
 シャルドネゴールド:これ買うんやったらもっと他の馬買う。
 グローリーヴェイズ:馬場もあるけど2000mを1分56秒6って凄い。せめて5番枠以内に入れてたら買ってた。

 馬券はメイショウテッコンから馬単、3連複はブラストワンピースと、3連単はエタリオウとの2頭軸、縦目でブラストワンピースからエタリオウへの馬単。

 何とゲートが開いてロケットスタートかましたのがジェネラーレウーノ、行く気満々やんけ、我がメイショウテッコンは躓いたみたいな感じで出遅れ、終わった、早っっっ。隊列はジェネラーレウーノが逃げて、カフジバンガードにエポカドーロ、コズミックフォースが先行。その次も差がなくアフリカンゴールドの内にメイショウテッコン、逃げられなかったアイトーンが最内に押し込められて、この集団の後ろのフィエールマン、良いポジション獲ったなー、それを見る形でユーキャンスマイル。馬群切れてグロンディオーズでここにエタリオウとブラストワンピースがマークし合う形、内にタイムフライヤー。その後ろにグローリーヴェイズ、後方集団にシャルドネゴールドとステイフーリッシュ、ぽつん離れてグレイル、更に後ろの最後方にオウケンムーン。最初の1000mを1分2秒7と思ってたよりスローペースで馬群はばらけず団子状態で進む。今見たら馬群の中団でフィエールマンを先頭にエタリオウにユーキャンスマイルにブラストワンピースにグローリーヴェイズが固まってる、この辺が勝つポジションやったか。坂の下りでジェネラーレウーノが引きつけて直線入って突き放すのかと思ったら手応えなく馬群に呑まれる。何じゃ、スローで逃げて先に終わるんか、展開ぶち壊しよってからに。メイショウテッコンはこの馬群の中から抜け出る脚はないし、後はブラストワンピース1着でエタリオウの縦目のみか。エタリオウは前を残さないように早めに先頭に立とうとしたが、負けずに上がっていったブラストワンピースは大外回ってたけど、一気に差すのかと思った勢い。エタリオウが先頭に立ってブラストワンピースはイマイチ伸びてない、と思ったら馬群の中からフィエールマンがスパッと抜けてきて先頭に、しかしエタリオウにまたスイッチが入ってフィエールマンに迫ったが、何とフィエールマンがハナ差制して史上初の4戦目での菊花賞制覇。うーん、クリストフマジック恐るべし。最後ちょっと離されたが、同じく中から出てきたユーキャンスマイルは10番人気での激走、これがユタカマジックか(マジックだらけや)。勝ち時計はだから遅くて3分6秒1で、上位3頭の上がりはピッタリ33秒9であった。1馬身半差のユーキャンスマイルの3/4馬身差の4着だったのがブラストワンピース、こうして見たら最後伸び切れんかったのは距離か。半馬身差の5着に大外からやはり33秒9の脚を使ってグローリーヴェイズ、ホント枠が18番じゃなかったら馬券に絡んでたやろ。エポカドーロは好位から出し抜け果たすも最後パッタリ止まって8着、ジェネラーレウーノは9着に沈んだ。穴で狙ったグレイルは最後方から下がってきた馬を交わしただけみたいな10着。ワタシの本命馬メイショウテッコンは見せ場もなく14着大敗であった。

 スローやから前が残る訳ではなく、強い馬が結果的に力を出し切ったレースになった。
 あと、長距離は騎手の腕もあるし、距離の適性ももちろんあった、と改めて3歳の長距離多頭数は難しいと思った次第。


 次回は土曜日に重賞2つ、そして日曜は天皇賞やから忙しい。
 天皇賞に3代ダービー馬揃い踏みが見れんかったのは残念。
 今の所王者スワーヴリチャードを巡っての争いか。
 ユーイチJはサングレーザーかと思いきやヴィブロスらしいので、中間要チェック。
 ディアドラちょっとローテキツいか、レイデオロの走りは。
 アルアイン復権あるか、同じくキセキも。
 ミッキーロケットはここで走れたら本物、同じくマカヒキも。
 うーん、実に面白くなりそうな天皇賞(秋)や、高配狙っていくぞー。

|

« これが新幹線ホテルだ!!! | トップページ | 2018年讃岐うどん巡りその2~①宮川製麺所②麺の蔵③山下うどん④やましょう⑤山内うどん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100219/67297480

この記事へのトラックバック一覧です: 菊花賞ハズレ馬券解説:

« これが新幹線ホテルだ!!! | トップページ | 2018年讃岐うどん巡りその2~①宮川製麺所②麺の蔵③山下うどん④やましょう⑤山内うどん »