« 天皇賞(秋)ハズレ馬券解説 | トップページ | JBCクラシック当たり馬券解説 »

2018年10月30日 (火)

調布は仙川ラーメン開拓「中華そば 宝」さんの中華そば650円替玉100円

 ここんとこ東京へはよく行くんだが、仙川は久しぶり。
 小ぶりで賑やかな良い町だが、いかんせんキャパが小さいので目ぼしい所は結構食べた。
 今回賑やかな商店街には安価な中華レストランが増えててびっくり。

 商店街突き抜けてまたいつもの怪しい「プラザ仙川」さんに行こうかと思ったが、その隣のラーメン屋さんどうなってるかと思って見てみたら、どうやらお店が変わってるような。

 以前は「イタリアンシェフが作るラーメン」的なキャッチフレーズのお店だったと思ったが、何か普通のお店になっている。
 これは新規だということで、開拓することにした。


1025Photo ・中華そば 宝:中華そば650円替玉100円

 着いたのは丁度お昼ジャストくらい。
 前客で老夫婦とおっちゃん、後から高校生が軍団で入ってきた。
 店内はおぼろげな記憶ながらほぼ居抜きで使用していると思われる。
 まだ静かな時間帯だったので、券売機を撮るのは憚られたので(ワタシも人間)、食べ終わってから外にメニューが貼られているので、それを撮った。

Photo_2 こんなので、一応だいたいのメニューは網羅している。
 中華そばに塩そばに中華肉味噌。
 それにつけそばがあり、後はチャーシューが乗った肉そばと、トロトロになるまでじっくり煮た豚軟骨の豚軟そばというのが変わり種である。
 あと、もはや外せないメニューか濃厚担々麺。
 ご飯物ではチャーマヨ丼か、宝丼っていうのがある。
 初めて入る店なので、スタンダードに中華そば、に替玉やね。
 中華そば650円って今時にしてはリーズナブルやな。

650100 カウンターの真ん中に座って、5分程で出てきた中華そばがこれ。
 ええ、これって塩そばじゃなくて中華そばなの???
 物凄いサッパリしてるような、それと縦型丼なので量が少なく見えて仕方ない。
 でろんチャーシュー一枚に海苔にメンマに白髪ねぎ、不足はないな。

Up では麺から食べよう、ちょっと黄色がかってるかいな、かん水の影響なんか???
 ちゅるっと、ふむふむ、この中細麺は口に入れたら麺に角がないムチっとしたぶりぶり麺。
 替玉するからスープは残しておきたいがじゅるり、おおーメッチャ節やん。
 後から確認した所によると、豚に鶏に鰹出汁だそうだ。
 醤油感は少し感じるが、やはり出汁の利いた塩っぽい薄醤油。
 チャーシュー食べる、箸で持ったらその段階で崩れるくらいのホロホロさ。
 噛んだら肉の旨味と醤油味が遠い所からじんわりやってくる。
 ボリュームあるメンマも同様、先に発酵臭と後から醤油ダレがしみ~~~っと染みる。
 海苔は…そんなにポイントではないな。
 替玉は麺カタで注文、醤油ダレをかけられて出てくるので、そのまま食べても美味い。
 麺をスープの中に入れてもだから全然薄まった感じがしない。
 やっぱスープもちょっと残して置いたら良かったか。

 うむ、動物系と節系がとてもバランス良く完成度は高い。
 そりゃ美味しかったんだが、驚きとか目新しさというのは全くなかった。
 だからこの手の味はもはや普通、言い出したら切りないし、やりだしても終わりがない。
 なのでこれくらいでええ塩梅なのかとも思う。


 しかしこのラーメンって10年前やったら感動して食べてたかもしれんが、今となっては普通って所が業界の恐ろしい所。
 そう考えるとやはり笠岡ラーメンは凄いと改めて言いたい。
  来週行こっと。

|

« 天皇賞(秋)ハズレ馬券解説 | トップページ | JBCクラシック当たり馬券解説 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100219/67329434

この記事へのトラックバック一覧です: 調布は仙川ラーメン開拓「中華そば 宝」さんの中華そば650円替玉100円:

« 天皇賞(秋)ハズレ馬券解説 | トップページ | JBCクラシック当たり馬券解説 »