« 2018年6月15日 | トップページ | 2018年6月20日 »

2018年6月18日 (月)

震災体験阪急電車緊急下車の仕方

 今日はなんてツイてない日なんだと思ったのはワタシだけではあるまい。
 朝7時58分の大阪震度6弱の揺れ、丁度通勤時間帯で難儀した人も多かったのでは???
 ワタシは阪急今津線に乗って梅田経由で新大阪まで通ってるんだが、毎日準急に乗ってるので、西宮北口をスルーして梅田に向かう。

Photo

 塚口を越えた辺りだと思ったら社内に携帯&スマホの警報アラームが鳴り響いた。
 実際は園田を越えて神崎川に行く途中であったのだが。
 急停車って感じではなく、徐々にスピードを落としたので乗客が倒れるってことはなかった、そこは運転技術は確かなもんやった。
 朝の通勤ラッシュでかなりの満員具合であったので、一つ間違えたらえらい車内事故になってたとこやった。

618

 そこでアナウンスがあり、地震があったことを知った。
 正直、電車だったのでそれ程の揺れとは全く思わん、いや揺れたことすら分からんかった。
 ワタシは土・日は大スポしか読まんので、車内でこれは良いタイミングだとばかりに、土曜の夕刊から日曜、月曜の新聞を全て読んだ。
 しかしろくなアナウンスのないまま1時間が過ぎて、2時間が過ぎても出発のめどが立ってないとの車内放送しかない。
 新聞も全て読み終わり、2時間半が過ぎた時点でようやく車両後方から下車するとの放送あり。
 しかしそこからまった時間が掛かって結局下車したのは3時間半後であった。
 車内にエアコンが利いてたことだけが幸い、しかし相当乗客の不満は高まってたと思われる。
 最初はスマホをいじってた乗客もいよいよ3時間経ったらいらいらしてたもんな。
 ワタシ的にはよくぞトイレが持ったことだと思った。
 いつも鯨飲してるので朝は喉がからっからに乾いてる。
 通常、2Lの麦茶を飲んでいくのだが、今朝は1Lだけであったのが幸いして、3時間半トイレ我慢出来た。
 中にはお腹下す人も居たかもしれんが、少なくともワタシが乗ってた車両にはそんな人は居なかった。
 ワタシはそういう水を飲み倒す人間なので、お腹がゆるゆるの時が多い。
 もしも今日がそういう日だったら確実に脱糞してた。
 なのに車内放送がないもんだから、よくぞ皆我慢してたこっちゃ。
 車掌さんも2人しか居ないのか??? それで線路とか見に行かなければいかんし、勝手なアナウンスとか出来んのは分かるが、もう少し乗客に優しい対応をして欲しかった。
 まぁ、ほぼ経験したことない事態やったのは分かるが、今日に限っては乗客が良かったに尽きる。

Photo_2

 そしてここからが本題、どうやって下車するのか、である。
 ゆるゆると後方車両にまで辿り着いたその先には驚くべき光景が!!!

Photo_4
 
 何と緑のシートを取り外して滑り台のようにして車外に出るのである。
 飛行機みたいな感じ、シートが良く出来てるので滑りが良いんだよねー。
 するっと降りれた、すげー。

Photo_5
Photo_6

 ホント、車体からレールまでピッタリのジャストサイズなのよ、ここまで考えられてるとは、そこは阪急電車やるな。

 しかしこの判断を下すまで2時間半も要るのか、もうちょっと何とかならんかったのか。
 ワタシ的には車掌さんは大変だったと思うが、乗客目線で見るならお粗末な対応に映った。
 
Photo_7
Photo_8

 そうして缶詰から脱出するまで3時間半掛かってトイレに行きたくて線路からコンビニを探したら、踏切の近くの会社が「トイレ有ります。使って下さい」とあるではないか。
 何という神対応、素晴らしい!!!

 会社まで行こうかどうか迷ったが、どのみち阪急電車が動いていない以上、家に帰ることも叶わん。
 なので園田~神崎川の中間地点から新大阪の会社に歩いて向かった。
 これが園田やったらバスで家に帰ってたやろうな。

618_2
Photo_9

 途中、千成町辺りで道路が隆起して水道管が破裂してる所があった。
 これ見たら揺れたんやと実感した。

 結局1時間半歩いて会社に到着。
 帰りは地下鉄御堂筋線が動いてなかったので、車で十三まで送ってもらって、そこから阪急に乗った。
 西宮北口から今津線が開通したらしかったので、宝塚線じゃなくて神戸線に乗って帰った。
 十三からの乗車率は200%はあったかのような超満員、カバンが浮いてたもんな。
 園田で3割降りたので、そこからはいつもと同じで帰った。
 今津線では座れたくらい。

 
 ということで、今日はツイてなかったけどツイてたのかな???
 まさか阪神大震災に続いてエラい目に遭うとは思わんかったが、今回の実害はウチの中でいろいろな小物が倒れたくらいで済んだ。
 早い復旧を期待したい。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年6月15日 | トップページ | 2018年6月20日 »