« バスと歩きで行くネパールはカトマンズの世界遺産その④スワヤンブナート | トップページ | 広島は立町で横川「横川細うどん つるのおんがえし 本通り店」さんのざるうどん470円(大盛1玉)200円(税別) »

2018年5月 6日 (日)

NHKマイルCハズレ馬券解説

 GW終了か、終わってみたらあっと言う間であった。
 ウチは暦通りなので、最初の3連休の土・日で岡山行っただけ。
 後半の4連休は釣り行ったりしたくらい。
 どこ行っても混んでそうやったのでグダグダしてただけ。

 競馬だけは皆勤でかきつばた記念にかしわ記念に兵庫CSと買ったが、兵庫CSだけ当たった、なんだけど堅すぎて3500円買って返ってきたのが3510円、10円の儲けというショボい結果。
 正直今年ここまでイーブンで来たが、昨日の京都新聞杯でステイフーリッシュとシャルドネゴールドを迷って、シャルドネから買って3着に負けて、2着のアドマイヤアルバは買ってたので、ここで何か大きな物が逃げたような気がした。


Dsc_0334 さて、東京GⅠ5週連続開催、第一弾のNHKマイルC。
 馬場は良馬場で時計は速い、1分32秒台の決着必至、32秒台前半にまで行くか???
 
 ◎ミスターメロディ:前走のファルコンSにはたまげた、初芝であのセンスの良い走り。距離は持つと言ってるが、そこは走ってみないと分からん。時計勝負もやってみないと分からん。外枠は前に行っての好位抜け出しやから関係ない。相手関係がどうかだけ。
 ○タワーオブロンドン:3着までに来る確率が高いのがワタシの対抗の定義、ならばそこはかなりの確率であるであろう。2戦連続でマイルで好走、速い時計にも対応できそう。東京のクリストフJは信用できる。
 ▲パクスアメリカーナ:タワーオブロンドンには負けたが、ほとんど差のない走り。なんつったてホエールキャプチャの全弟、逆転大いにありでしょう。
 △ギベオン:距離短縮でどこまで走れるか、毎日杯勝ったブラストワンピースはダービーでも走りそうなので、マイルにさえ対応できたら勝ち負けあって良いか。
 △レッドヴェイロン:だからタワーオブロンドンの3着なのでここも買う。クラレントの全弟なので十分やれる。要はニュージーランドT組よりアーリントンC組を重視した訳。ここが間違ってたなー。
 △テトラドラクマ:先行して速い時計で走り切られたら怖いが、3番人気は過剰やったな。

 カツジ:差して来るには1番枠は走りにくかろう。
 ファストアプローチ:-14kgは絞ってきたのか??? でもニュージー組は買わない。
 フロンティア:前走のファルコンSで復調したのか、でもワンパンチ足らんような。
 プリモシーン:いつも出遅れるのでGⅠでは巻き返すのが難しい。
 リョーノテソーロ:これもダートからの初芝で勝った組やが、前走で芝の底が見えた。
 ダノンスマッシュ:パンチ不足露呈してる。
 ケイアイノーテック:だからニュージー組を軽く見た。ユタカ大先生の乗り替わりで藤岡佑Jってのも少し侮ってしまった(昨日もやられてるのに)。
 アンコールプリュ:流石にこのレベルでは通用せんだろ。
 ルーカス:どんどん弱くなってるような。
 デルタバローズ:これも-14kgでこれもニュージー組。
 カシアス:これは明らかに距離が長い。
 ロックディスタウン:この馬は結構な重傷やと思う、よう買わん。

 馬券はミスターメロディから馬単、10万円の払い戻しを狙う、3連複はタワーオブロンドン、3連単はパクスアメリカーナからの2頭軸。

 だからワタシはミスターメロディから買ってたので、直線抜け出してのギベオンとの叩き合いしか見てなかったんだが、最後直線でかなりぐちゃぐちゃになってたようで。ミスターメロディはテトラドラクマとダノンスマッシュに続く3番手で競馬。直線に先頭に立って間を割って伸びてきたギベオンと追い比べて、これが距離の壁か最後失速して、大外から一気に来たケイアイノーテックがギベオンまでもまとめて差し切った。んだけど、その後方で何が起こってたか??? 何度見てもよう分からん。ファストアプローチが苦しくなったんか??? これとフロンティアがタワーオブロンドンを挟んだんだけど、カツジやカシアスも絡んでかなり複合的な事故??? となった。そんな内のごたごたを関係なしに最後方からの上がりダントツの33秒7で差し切ったんたからお見それしましたケイアイノーテック。勝つ時はこんなもんか、藤岡佑Jおめでとう、今年は大飛躍の1年やな。1分32秒8の勝ち時計も優秀やろ。クビ差負けたギベオンはマイルでもよく走った、次走はダービーか。3着アタマ差に上がり2位の34秒1でレッドヴェイロンがねじ込んできた、これも不利がなかった外からやったが、岩田Jが乗れてるってのもあるな。そんで3/4差の4着にミスターメロディ、勝ったかと思ったが、上で述べてるようにこれが距離適性か。クビ差5着に出遅れた上に内から外に持ち出すというロスの多い競馬のプリモシーン。6着のパクスアメリカーナは直線で内に寄れてこれも迷惑を掛けちゃった馬の一頭、川田Jは後ろ気にしてたもんな。先行したダノンスマッシュは7着、逃げたテトラドラクマは14着大敗。タワーオブロンドンは何もできずに12着、挟んだフロンティアは13着、もう一頭のファストアプローチは15着、最下位は大差負けロックディスタウンやった。
 藤岡佑Jの嬉しそうな顔は見ててこっちも気持ち良かったな。

 いやー、今日は大敗した。
 そもそもの予想が間違ってた、いや買った馬はほぼ上位に来てたので、間違いではないが、ケイアイノーテックと藤岡佑Jを甘く見ていたのが敗因。
 これからは仲良く付き合っていきたい騎手と馬である。


 来週はヴィクトリアマイル、去年7万馬券獲ったレースで巻き返す。
 

|

« バスと歩きで行くネパールはカトマンズの世界遺産その④スワヤンブナート | トップページ | 広島は立町で横川「横川細うどん つるのおんがえし 本通り店」さんのざるうどん470円(大盛1玉)200円(税別) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100219/66690995

この記事へのトラックバック一覧です: NHKマイルCハズレ馬券解説:

« バスと歩きで行くネパールはカトマンズの世界遺産その④スワヤンブナート | トップページ | 広島は立町で横川「横川細うどん つるのおんがえし 本通り店」さんのざるうどん470円(大盛1玉)200円(税別) »