« 神戸は垂水で海鮮丼「花月どん丸 垂水駅前店」さんの海鮮丼500円(税別)シャリ大盛100円(税別) | トップページ | 北岡崎の味噌うどん「一よし」さんの八丁味噌うどん800円ライス170円 »

2018年4月 1日 (日)

大阪杯押さえ当たり馬券解説

4124G 早いもんで今日から4月、こないだ正月やったと思ったら、冬も終わって完全に春。
 桜は満開でとてもじゃないが来週の桜花賞に残ってないやろうな、まさに残念桜花賞。
 そして今日はGⅠに昇格して二回目の大阪杯。
 最後のGⅡだった、キタサンブラックをアンビシャスが差し切った大阪杯と比べたら、客の入りは全然違う。
 やっぱりGⅠ効果はでかい、メンバーも二強対決、とかじゃなくてかなり強いもんな。

 馬場は先週の好天から良、Bコースで内も良さそう。
 今日の特別戦からの芝のレースはスローペースばっかりやったが、昨日は10Rの仲春特別は1000万以下の1400m戦であったが、1分20秒5という速い時計が出てたので、GⅠの大阪杯なら1分58秒着る可能性もありかと予想を組み立てた。
 しかしスローなので先行抜け出しが多く、内枠で先行出来る馬を買おうかと迷ったが、直前の御堂筋SでミルコJのホウオウドリームが、先行抜け出したテーオーフォルテを大外一気の上がり最速32秒7で差し切ったので決断した。


Cimg0019_241gG_2 つーことで大阪杯。
 迷ったのはミッキースワローとペルシアンナイト。
 最内でスタートさえ決めたら小回り得意そうなミッキースワローの末脚が爆発するかと思ったが、-10kgでもあったし、それより時計勝負にも対応出来る馬を本命とした。

 ◎ペルシアンナイト:マイルのGⅠ勝ったけど、皐月賞をアルアインと同じ時計で走ってる。問題は最後方大外一気は堪忍して欲しいので、せめて中団のケツくらいから前を伺うくらいの位置取りで乗れば直線で末脚炸裂。人気もそれ程ないのがまた良い。
 ○アルアイン:ワタシの対抗の印は3着以内に来る確率の最も高い馬という設定。スピード決着望む所、競馬も上手い、ただ決め手がないのだが、そこは川田Jでカバー。
 ▲ミッキースワロー:-10kgと輸送減りしたか、とにかくスタートだけ。実力はここに入っても劣るものではない。
 △ダンビュライト:とにかく相手は先行して粘り込むような馬を狙う。勝ち味に遅かった馬が二連勝と勝ち癖が付いてきた、買わねば。
 △トリオンフ:3連勝が圧勝続き、この馬も前に行って更に決め手もある、通用するか???
 △ウインブライト:だから前に行って粘り込む馬を狙う。この馬も本格化したっぽいし。
 △スワーヴリチャード:右回りで大外枠で、前走みたいな競馬は出来ん。最後方大外一気って程、切れる馬ではないし、距離も2000mがベストとは言い難い。ただワタシはダービーでも有馬記念でも買ってるくらいにポテンシャルは一番だと思ってるので最後に買った。

 サトノダイヤモンド:だからここで戸崎Jを乗せるってセンスが分からん。金鯱賞では意地の3着やったが、サトノノブレスを交わせんなんてあり得んし。天皇賞(春)の叩き台で戸崎Jを当て馬にしたって考えるのが妥当か。
 ヤマカツエース:前走の金鯱賞4着を復調と見るかどうか、今回はケンさせてもらう。
 シュヴァルグラン:距離適性が全く違うだろ。
 スマートレイアー:流石に牝馬8歳では。
 ゴールドアクター:-18kgか、ここ叩いて天皇賞(春)も使って宝塚記念で勝負か。
 サトノノブレス:今の阪神の2000mのレコードってサトノノブレスなのよねー、時の流れは早くて残酷や。
 ヤマカツライデン:行くだけ行っちゃって~~~。
 マサハヤドリーム:この馬が勝つ所だけはどないやっても想像付かんわ。
 メートルダール:中日新聞杯の快勝から金鯱賞では狙ったがサッパリだったので、今回は買わん。

 馬券はペルシアンナイトから馬単、3連複はアルアイン、3連単はミッキースワローとの2頭軸。

 スタートが決まらなかったか、そもそも行く気もなかったか、スワーヴリチャードは最後方。大方の予想通りヤマカツライデンがハナを奪って逃げる。2番手はダンビュライトで紅一点スマートレイアーが続きウインブライトも併走。1馬身切れてインにサトノダイヤモンド、中にアルアイン、外にゴールドアクター、だけどゴールドアクターは進出して勝手に沈没するという不出来な競馬。この集団の真ん中くらいに外シュヴァルグラン、中ペルシアンナイト、内ヤマカツエース。サトノノブレスにトリオンフが続き、メートルダールとミッキースワローが後方に構えてる、ポジション獲りに行かんかったなー、ノリJ。ケツから2番目にスワーヴリチャードでぽつん最後方がマサハヤドリーム。1000mを1分01秒1というスローで流れたんだが、1000m行かない段階でスローと読んだミルコJがクリストフJばりの神騎乗、マクっていったトリオンフを更に交わして3角から4角でヤマカツライデンに並んでしまった、やられたか!!! この戦法ならもたれるとか関係ないもんな。しかしワタシの本命馬のペルシアンナイトは手応え良く、ユーイチJも慌てたそぶりもなく、直線に入って上手く外に出せたので、これならと思った。スワーヴリチャードは直線入口から再加速して突き放そうとするが、何とトリオンフが勝負に行ってる、田辺Jあっぱれ。  スワーヴリチャードが差を広げようとする所を、最内からアルアインが抜けてきた。しかし1頭違う脚でペルシアンナイトが上がり最速タイの33秒7で追い込んだが、スワーヴリチャードを3/4馬身捕まえ切れず無念の2着。スワーヴリチャードにしては終わってみれば完勝、時計もレースレコードの1分58秒2という快時計であった。前半1分01秒で行ってた訳やから、後半の1000mを57秒で走り切ったということになる。
しかも途中からマクってマクり切って突き放しての勝利なのでもの凄い強い競馬だったと言える。今日みたいなレースがもう一回出来るかと言えば分からんが、とにかく強いな。ペルシアンナイトはこの距離にも対応出来ることが分かったので、宝塚記念も視野に入ったが、安田記念に宝塚記念ではローテがキツいか。半馬身差の3着にアルアイン、レースは上手いけどやっぱり決め手に欠けるなー。1馬身半差の4着に上がり最速タイの33秒7でヤマカツエース、ペルシアンナイトが抜けた所を通ってきたが、いかんせん位置取りが後ろ過ぎた、もう一列前で競馬出来てたらな。クビ差5着に、競馬としては最悪の最後方からの大外分回しのミッキースワロー。ディープインパクトでもあのポジションでは届かんわ。最後脚が上がってヤマカツに差し負けたもんな。3/4馬身差の6着にダンビュライトが粘ったが、ここ2走とはやっぱり相手が違ったな。そこから2馬身半ちぎられたサトノダイヤモンドの競馬は無様やった。内に包まれて戸崎Jは進路を探そうと後ろを見て大外に持ってったけど、レースに参加すらしてなかった、燃え尽きてんのか??? 見せ場たっぷりのトリオンフは8着、12着のウインブライトはスピード負けしたような感じ。紅一点スマートレイアーは9着、ゴールドアクターは3角くらいで沈んで大差の最下位であった。

 勝利騎手インタビュー、ミルコJ「最高です。枠順が外過ぎたので、有馬記念も外々回って最後苦しくて右にもたれて手前も替えてなかったので、同じようなレースはしたくないと、こんなレースをイメージしてた。ペースが遅くて3角のちょっと前でゆっくり出したのは作戦通りだった」。

 レース後のパドックでのレース回顧で佐藤哲三氏と間寛平師匠もミルコJの騎乗を絶賛してた、確かにそれくらいのレースをやった、もちろん馬が強かったからこそやけど。
 さー、これで天皇賞(春)もおもしろくなってきた、もちろん出るよな???
 長距離路線組も伏兵多いので、馬券的にも楽しみや。


 一応、先週の高松宮記念と今週の大阪杯と、ちょっと前やがフェブラリーSも当たってる。
 全然儲かってはないが当たってることだけが救い。
 来週は桜花賞、堅そうやが一応逆転を狙ってみる。 
 

|

« 神戸は垂水で海鮮丼「花月どん丸 垂水駅前店」さんの海鮮丼500円(税別)シャリ大盛100円(税別) | トップページ | 北岡崎の味噌うどん「一よし」さんの八丁味噌うどん800円ライス170円 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100219/66563075

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪杯押さえ当たり馬券解説:

« 神戸は垂水で海鮮丼「花月どん丸 垂水駅前店」さんの海鮮丼500円(税別)シャリ大盛100円(税別) | トップページ | 北岡崎の味噌うどん「一よし」さんの八丁味噌うどん800円ライス170円 »