« 2017年10月25日 | トップページ | 2017年11月3日 »

2017年10月29日 (日)

天皇賞(秋)大ハズレ馬券解説

 凄い、まさにこれこそがユタカマジック、神騎乗と言っても過言ではない見事な勝利やったので正直に参りましたとしか言いようがない。
 出遅れからのリカバーで内をすくってのロスない競馬でロングスパートからキタサンブラックの長所を引き出す会心のレース、流石やねー。

 さて、昨日も大雨であったが、今日も家を出る時は土砂降り、レースが終わって競馬場を出た時は台風一過とは言わんが、夕焼けと青空が見えてた、どんな大荒れな天気じゃい。


Dsc_2357 京都も東京も酷い馬場で、もう細かい予想立てても仕方ない、適性云々も考慮するが、今の実力を馬券に反映させてみようと思って買った天皇賞(秋)、結果見事な空回りやった。

 ◎サトノアラジン:前走の毎日王冠は上がり最速で突っ込んできてのクビ差2着。直前追い切りは唸るような勢いで、前走使った上積みは間違いない。ただ外々回らされるのだけは勘弁してクレイ。
 ○サトノクラウン:4ヶ月ぶりやけど鉄砲走るし、ここまで馬場が悪いとこの馬が浮上する。+10kgも許容範囲、ミルコJは悪い馬場上手いし。
 ▲グレーターロンドン:この馬も毎日王冠使っての上積みありそう、上がりの速い馬だけに馬場がどうかやが、そんなもんやってみんと分からん。
 △ネオリアリズム:中山記念から+12kgってのが気にイランが、札幌記念でモーリスに勝ったことは記憶に新しい。前に行く馬ではこれが有力か。
 △リアルスティール:坂路を駆け上がる勢いは凄かった。勝ってしまったけど、毎日王冠より仕上がり良いんじゃないの??? ただミルコJじゃなくシュミノーJってのがやはり一枚落ちる。
 △ヤマカツエース:とにかく実力急上昇、ただ同じ左回りでも中京は得意なのに東京が0.0.0.3ってのが気になる。
 △キタサンブラック:追い切りがイマイチに見えたので、消すかと思ったが、格がここでは違いすぎるので押さえの押さえで買った。勝負は有馬記念やろ。

 サクラアンプルール:これも追い切り抜群に見えた馬やが、GⅡならまだしもGⅠで勝ち負けする馬じゃないだろ。
 ディサイファ:この馬が実はディープ産駒ながら重巧者なんだがいかんせん8歳の引退戦では。
 レインボーライン:結果3着やったが来ても全然驚けん力を持っている。だって去年の菊花賞で馬券獲ったも~~~ん。ただ今回より一回使ってからの方が良いかと思って消し。
 ソウルスターリング:前にキタサン(と思うでしょ)にネオリアリズム、中団からサトノクラウンにリアルスティール、後方からサトノアラジンにグレーターロンドン、どこから行ってもこの馬に勝ち目はない。
 ミッキーロケット:この馬さんざん追いかけて買ったが、もう止め。
 ロードヴァンドール:逃げてどこまで。
 ステファノス:確かに奇跡的に好走することがあるのも事実やが、オールカマーで仕上がっちゃったんじゃないの???
 マカヒキ:毎日王冠は本命で買ってた、すっきりせん競馬やったのは事実やが、もう見切った。この馬はワンアンドオンリーだと。
 カデナ:弥生賞までの快進撃は何やったんや、流石にここでは通用しまい。
 ワンアンドオンリー:まさか来年も走らんよな。
 シャケトラ:この枠では参加賞か、+16kgと立派すぎるし。

 馬券はサトノアラジンから馬単、3連複はサトノクラウン、3連単はグレーターロンドンとの2頭軸。

 ゲートにぶつかって下がった所でゲートが開いたってユタカ大先生は言ってたが、一歩目も躓いたようなキタサンブラックのスタート。そこをすかさす進路を内に向けたのがファインプレイ。レースはロードヴァンドールの外連味のない逃げ、最内のサクラアンプルールはスタート良すぎて掛かり気味に2番手、シャケトラが大外から上がってきて3番手、リアルスティールも好発して続き、その後ろにネオリアリズム。1角のコーナーリングで大外回ったシャケトラとワンアンドオンリーに比べたらやっぱりインに入れたキタサンはロスなく走ってると言える、府中の2000mはしゃーないな。この次の集団に外ソウルスターリング、内サトノクラウン、中ヤマカツエース。この後ろに外からワンアンドオンリー、レインボーライン、グレーターロンドン、ここにキタサンブラックが付け、外にカデナ、ケツにステファノス。後方集団はインにディサイファ、外にマカヒキ、最後方にサトノアラジン、この時点で早くもワタシのレースは終わった。田辺Jも勝負駆け、インからするすると抜けてきて4角回る時には先頭に立ったグレーターロンドン、それを目掛けてインからキタサンブラック、何ですと~~~!!! 外からサトノクラウンが急襲したが更に一伸び直線で突き放す。ラインをクロスさせ、ミルコJが追って追って追いまくって一瞬並び掛けるかという所まで行ったが、ユタカ大先生は焦ることなくムチを入れて、この馬場でも美しいフォームで追い比べをクビ差制した。勝ち時計が2分08秒3と10秒遅い、そんで上がり最速がキタサンブラックで38秒5とこっちは5秒遅かったが、盤石の強さであった。これでJCは1倍台確定か、ヤレヤレ。上がり2位タイの38秒6で迫ったサトノクラウンはやはりこんな馬場は得意。2馬身半差の3着レインボーラインは、これも岩田Jの好騎乗で内から外に出して上位2頭を追ったが、馬体を併せるまで行かず突き放され3着も13番人気を考えたら激走。そこから5馬身離されての4着にリアルスティール、同じような所から追い出したがち切られた、この辺が馬場適性ってことか。アタマ差5着にマカヒキ、最後方から馬場の中を抜けてきて上がり2位タイの38秒6で掲示板に載ったが、これでも復活とは認めん、ワンアンドオンリーよりはまだ走ってるがな。3歳牝馬ながら果敢に挑戦したソウルスターリングであったが、いかんせん過酷すぎたか、1馬身半差の6着。3/4馬身差の7着にディサイファ、やっぱり道悪巧者や。一旦先頭に立ったグレーターロンドンは沈んで9着、ステファノスは見せ場なく10着、ヤマカツエースが11着、ネオリアリズムは13着大敗。本命馬サトノアラジンは最下位激敗であった、ここまで適正がないとはがくり。

 勝利騎手インタビューで開口一番「出遅れました」と言ったユタカ大先生であったが、言ってたようにレースを組立て直した手腕が素晴らしかった、もちろん馬も強かったのだが、今日はユタカ大先生マジックに尽きたな。

 コメント。ミルコJ「よく頑張った、買った馬は止まらなかった、ここまで馬場が悪いと…」。岩田J「内を上手く立ち回って一瞬ぐっと出たんですが」。シュミノーJ「負けて強し、馬場が良ければ」。クリストフJ「外から寄られてスムーズではなかった、馬場は大丈夫でした」。ウチパクJ「馬場が良かったら」。池添J「メチャクチャ具合が良かったので馬場が良だったら」。


 さーて、何で次も3日開催か分からんが、JRAは即刻3日開催を止めよ、って来年の日程決まっちゃってるけど、そう思ってる関係者がほとんどやと思うが。
 GⅠ休みなので軽く流させてもらおう、それと重馬場もうイランし。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年10月25日 | トップページ | 2017年11月3日 »