« 2017年讃岐うどん巡りその2~①麺太郎②岡じま③まごころ④麺輝屋 土器店⑤讃州製麺⑥根っこ 鬼無店⑦きたおか~ | トップページ | バスと歩きで行くネパールはカトマンズの世界遺産その②ダルバール広場 »

2017年4月 2日 (日)

大阪杯(GⅠ)ハズレ馬券解説

 馬券の調子が非常に宜しくない。
 2回阪神開催になってもヒットが出てない。
 先週の高松宮記念は当たったが、当たっただけでちっとも儲かってはない。
 出張費が負けで飛んでいく、悪いパターンの繰り返し。

 昨日から4月、ツキが変わるかと思いきや、昨日も不発。
 ダービー卿は馬単の裏食らって撃沈。
 コーラルSはキタサンサジン3着まで。
 当たったのガチガチのアザレア賞だけ、あっか~~~ん。
 こうなりゃ、GⅠに昇格した大阪杯で巻き返す!!!


Cimg7712Cimg7707Cimg7707_2 ちゅーことで、大阪杯。
 馬場は今日は朝から良い天気でぽかぽか陽気であったので、馬場も良馬場に回復。
 御堂筋Sは超スローやったので2400mで2分28秒0ってタイムやったが、マーガレットSは1400mで1分22秒3やからそこそこの馬場か。
 とにかくマルターズアポジーが飛ばして逃げるので、決着時計は1分59秒0を切るか切らんかと見た。
 
 ◎アンビシャス:中山記念はあくまで叩き台、ここで4着のアンビシャスの次の5着だったヴィブロスがドバイターフを制してるんやから、この馬の上昇度もあろう。隣のマルターズアポジーが好発を決めるので、釣られて前に行って欲しい。去年のような競馬とは言わんが、キタサンブラックをある程度射程圏に入れて末脚炸裂。
 ○キタサンブラック:いつもパドックでメチャメチャ良く見えるグッドルッキングホースなんだが、今日は風格すら漂ってた。前が飛ばして番手で競馬して、直線で長くしぶとい脚を使う。あら??? じゃ、勝つのこの馬やん。
 ▲サトノクラウン:ちょっとムラがあるだけに当てにし辛いが、先行して伸びてくるので良いポジション獲れたら怖い。しかし海外のGⅠ勝つより日本のGⅠ勝つ方が難しい、が持論のワタシとしてはここでは勝てんような気もする。
 △ヤマカツエース:この馬また強くなってる。有馬記念でまさかの4着、完全に本格化したと言ってええ。池添Jやし、大舞台では怖い。
 △ミッキーロケット:実力はあるのは分かってるが、最内枠でスタートミスしたら挽回できん。巧く出たら直線で最後まで粘りそうな気がするが。
 △マカヒキ:確かにサトノダイヤモンドは強いが、3冠分け合ったディーマジェスティーはスランプで、この馬も京都記念ではあっけない敗戦。果たして上昇あるやなしや。ちなみに阪神で走るの初めてやから生マカヒキ初めて見たが、胴が短めで2400mをガチで戦うにはちょっとしんどいような気がした(結果論をしたり顔で言う)。

 アングライフェン:最低人気か、まぁ、そんなもんやろ。
 スズカデヴィアス:差しに脚質転換して結果が出てきたが、ちょっと相手が強い。
 ステファノス:叩いて本番でいつも走る馬なんだが、この馬が馬券に絡むには何頭も人気馬が飛ばにゃいかんので、今回は買うの止めたが、流石は川田Jであった。
 サクラアンプルール:中山記念は勝ってないけど大金星、2番続くとは思えん。
 ロードヴァンドール:いつも買ってる馬やけど、流石にここでは買えん。
 ディサイファ:3年前に大阪杯がGⅠとして施行されてたら怖かった。
 モンドインテロ:距離が短いんじゃないの???
 マルターズアポジー:武士沢Jがサービスせずにどこまでマイペースで逃げられるか。

 馬券はアンビシャスから馬単流し、3連複はキタサンブラックと、3連単はサトノクラウンとの2頭軸。

 スタートは横一線、キタサンは中でもやはり良いスタート、ロードヴァンドールも出たが、この2頭共、マルターズアポジーが来るのを待ってるような感じ。アンビシャスは出たが、折り合い重視なのか、それより週中から去年みたいな競馬はさせん、みたいな話をどっかで見たので、ひょっとしたらそういう指令が出てたかもしれん、そんな後方待機策。ミッキーロケットはスタートは出たが二の脚付かずやはり後方、あらら。結局、楽にハナを奪ってマルターズアポジーが離して逃げて、2番手にロードヴァンドール、3番手に作戦としては悪くない、昨年このレースをノリJで勝ったサクラアンプルールが奇襲、馬に実力があるかないか。そして併走してキタサンブラック、前行ってしっかり脚も持ってるんやからこの馬の必殺パターンに既にハマってる。そのキタサンを見る形でステファノスの川田J、そうそう、今日の勝利のポジションはここ。キタサンを交わせるか交わせないか、って勝負やからそのポジションがナイス。サトノクラウンもこのポジション。その後ろの集団に外からディサイファ、中にモンドインテロ、内にスズカデヴィアス。後方集団にヤマカツエースにミッキーロケットにダービー馬マカヒキ、その更に後ろにアンビシャス、その後ろにアングライフェンが居たが、ポジション上げたので、アンビシャスが最後方になってしまった。この時点でヤマカツ・ミッキー・マカヒキ・アンビシャスは勝ち負けには参加できないということが早々と分かってしまった、がくり。1000mを59秒6で逃げたので、やっぱ1分59秒は切りそうな勢い。3角から4角の手応えがもの凄かったのがキタサンブラック、勝たれたな。直線で楽々先頭に立つとそのまま押し切り、1分58秒9で上がりを34秒3でまとめ、3/4馬身差以上の快勝。メッチャ強ぇぇぇ!!! 分かってるけど強すぎる。JCをワンサイドで勝つはずや、こんな競馬されたらちょっと他馬に付け入る隙はないな。2着に最後詰めたがそれでもどこまで走っても交わせん手応えやったがステファノス好走、今日のレースを読んだ川田Jの好騎乗やった。半馬身差の3着に後方から早めに進出し、上がり2位の33秒8で3着まで押し上げたヤマカツエースはやはり強くなってる。枠順さえ良ければ宝塚記念ではかなりおもしろい存在。1馬身半差の4着にマカヒキ、ヤマカツに離されてるようでは話にならん。位置取りも悪かったけど、何か燃え尽きたみたいな不抜けた走りに見えた。上がり最速の33秒6でアタマ差5着まで来たアンビシャスやが、最後方から大外ぶん回しじゃ無理やろ。競馬は上がりだけのレースじゃないからな、もうちょっと勝つ為のレースをして欲しかった。ハナ差6着にサトノクラウン、道中良いとこ走ってたし、最後伸びるかと思ってたら、どっちかと言うと止まった感じ、今日は走らん日やったか。半馬身差の7着にミッキーロケット、あの位置からではじりじりしか伸びん、切れ負けしたな。ちなみに逃げたマルターズアポジーは12着であった。

 いやもうキタサンブラックの強さだけが際だったレースやった。
 この馬に勝つには有馬記念でサトノダイヤモンドがそういう走りをしたように、道中一足使って背後まで迫らんといかん。
 だから尚更有力馬の後方集団の無策ぶりが気になった。
  ユタカ大先生がインタビューで話してたように、更にパワーアップしてた。
 天皇賞(春)連覇達成濃厚か、サトノダイヤモンドと一騎打ち確実。
 宝塚記念も勝って2億円ボーナスGETか。
 サトノダイヤモンドと一緒に凱旋門賞行っちゃって行っちゃって。


 はうー、今日はノーホーラ、タコ殴りされた。
 しつこいが来週の桜花賞で獲り返す。

|

« 2017年讃岐うどん巡りその2~①麺太郎②岡じま③まごころ④麺輝屋 土器店⑤讃州製麺⑥根っこ 鬼無店⑦きたおか~ | トップページ | バスと歩きで行くネパールはカトマンズの世界遺産その②ダルバール広場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100219/65099523

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪杯(GⅠ)ハズレ馬券解説:

« 2017年讃岐うどん巡りその2~①麺太郎②岡じま③まごころ④麺輝屋 土器店⑤讃州製麺⑥根っこ 鬼無店⑦きたおか~ | トップページ | バスと歩きで行くネパールはカトマンズの世界遺産その②ダルバール広場 »