« 2017年4月28日 | トップページ | 2017年5月2日 »

2017年4月30日 (日)

天皇賞(春)ショボ当たり馬券解説

 もうどうやったら勝てるのか、騎手的には頭を抱えてるんじゃないの???
 それくらい今回も圧倒的やったキタサンブラック。
 ま、高速馬場なのであんまりレコードなんて意味はないけど、ディープインパクトのレコードを全兄のブラックタイドの仔が塗り替えちゃうってこれも血の力か。

 当初は色物扱いされてたが、実力で評価をひっくり返し、去年のJCで完璧な強さを手に入れた。
 2000mの大阪杯でも完勝、もはや絶対王者。
 となると(つかずっと)、今更軸に据えて買うはずもない、ずーっと抗っていつも跳ね返されてるが、今回も果敢に挑むぞ。


Dsc_1566 という訳で天皇賞(春)。
 昨日は9R頃にかなりの風と雷が鳴って雨が降ってた京都、でもメインの頃には快晴になってたので、今日は完全な良馬場。
 しかも開幕週であった先週は外差しも効いてたが、良馬場の今週からは内枠ばっかりが馬券になってる。
 こうなりゃキタサンブラックが勝つしかないってレースやん。

 ◎シュヴァルグラン:阪神大賞典は狙い澄ましたサトノダイヤモンドにきれいに差されてしまったが、あんなもんただの試走や。あれくらいの差がひっくり返った例なんていくらでもある。今回は意欲的な追い切りと、甲斐あってワタシも思ってた460kg台での出走が叶った。枠も内寄りやし、キタサンを見ながら直線に入ってまだ追走出来てたら、最後の一脚でキタサンブラックを差す!!!
 ○キタサンブラック:今回もヤマカツライデンの単騎大逃げが見込まれる、実質ペースを握っての単騎逃げ濃厚。今日もパドックではオーラが感じられるほどのグッドルッキングホース、負けるとしたら意外な展開しかない。
 ▲シャケトラ:最内枠を利した乗り方をしてくるやろう、どこまで強いのか分からんので、あっさり勝っちゃうのか、どこにも居ないのか。
 △サトノダイヤモンド:15番枠はキタサンの3番枠に比べてええことなんて何もない。有馬記念では早めキタサンをマークして最後の最後に逆転したが、今回はそういうレースをするには距離も長いし、難しいと見た。
 △ゴールドアクター:キタサンが負けるとしたらこの馬がキタサンの前に行って焦らすしかない。元々この馬も先行して前を捕まえて後ろからは差させない、キタサンと同タイプの馬、ノリJ騎乗ってのもそういう狙いじゃないのか???

 ラブラドライト:万葉Sの2着とダイヤモンドSの2着は驚かされたが、今回はスピードも必要、8歳馬ではキツい。
 スピリッツミノル:雨でも降れば買ってたかも。
 ファタモルガーナ:ステイヤーズSの2着は凄いことやが、いかんせん9歳。
 アルバート:天皇賞(春)が3600mやったら有力候補。
 タマモベストプレイ:オープンでは強いんだけどねぇ。
 ディーマジェスティ:3200m走る体型には見えん。残念やけどマカヒキ共々燃え尽きちゃったか。
 アドマイヤデウス:GⅠではイマイチなんよなー。
 プロレタリアト:牝馬6歳やしねぇ。
 トーセンバジル:阪神大賞典みたいな大外一気じゃ通用せんだろ。
 ワンアンドオンリー:イスラボニータは復活したが、この馬は兆しすらない。メイショウマンボみたいにずるずる走らせるつもりか。
 レインボーライン:だから枠が外過ぎるんだって。
 ヤマカツライデン:気持ち良く単騎逃げ、キタサンのプラン通りになっちゃうやんけ。

 馬券はシュヴァルグランから馬単、3連複はキタサンブラックと、3連単はシャケトラとの2頭軸。

 スタートでぼこっと出遅れたのがシャケトラとラブラドライトとゴールドアクター、あちゃー。しかもシャケトラは挽回しようと押していったら掛かっちゃった、早くも終戦か。大外からハナを奪ったヤマカツライデンが1000mを58秒3の猛ペース、でも実質は2番手のキタサンブラックの単騎逃げ、いかん、またユタカ大先生の必殺パターンにハマってる。3番手にアドマイヤデウスが岩田Jらしく内を付いてきた。その後ろにワンアンドオンリーで1馬身離れたインベタにシャケトラ、併走してシュヴァルグラン。更に1馬身離れてインにファタモルガーナ、外にサトノダイヤモンド、しめしめ。その後ろにタマモベストプレイとアルバートが併走、ゴールドアクターはその後ろで、続いてディーマジェスティ、ここかいなあんた達。離れた後方集団にスピリッツミノルとプロレタリアト、最後方にレインボーライン、この陽気なイタリアンは全く。ちなみにワタシは去年の春天は岩田Jのアドマイヤデウスが前でちょろちょろせんかったら、シュヴァルグランは勝ち負けに絡んでたと思ってたので、今回もアドマイヤデウスのポジションは気にしてた。内ピッタリの岩田Jの外を回ってるようだったので、ここでもユーイチJの位置取りナイスと思って見てた。そんで3角から4角の下りでアドマイヤデウスに並びかけた段階で、キタサンブラックとの一騎打ちと夢見た。サトノダイヤモンドは有馬記念ではキタサンの後ろに取り付けたが、京都は坂があるので、まさか上りでゴールドシップみたいにまくる訳にもいかんから、シュヴァルグランだと思ったんやけど、キタサンブラック強過ぎやろ。直線の入り口で難なく先頭に立ったキタサン、結果3分12秒5のレコード決着やってんから、最後垂れてくれたら良かったものを、垂れずにそのまま走り切っちゃったからシュヴァルグランも最後の一押しが効かず。最速上がりが3着サトノダイヤモンドの35秒0、このハイペースの持久戦でほぼ先頭を走って35秒3でまとめたキタサンブラックにはどないやったら勝てるんか分からん、と他陣営に思わせる走りやった。1馬身1/4差の2着にシュヴァルグラン、惜しむらくは4角で少し膨れたか、こういうシビアなレースだとその差も大きかったりするか。最後捕まえてくれるかと絶叫したが詰まりそうで詰まらず、くぅぅぅ。ワタシのVSキタサンの乗り方をユーイチJがほぼ実践してくれたのに負けた、もう強すぎてどんならん。クビ差3着によくぞ浮上したサトノダイヤモンド、つかクビ差4着のアドマイヤデウスが馬場を利して最後までしぶとく走った。サトノはやはり枠か、距離も200m伸びてどんと来いと思って乗れんかったってこともあったかなかったか。完全に離された2番手集団の先頭がアルバート、3馬身差の5着であった。1馬身半差の6着にディーマジェスティ、これって復活の走り??? 3/4馬身差の7着にゴールドアクター、パドック云々は分からんが、若干テンパってるように見えたのはそんな意識で見てたからか。しかしあのレースでは乗り替わる必要なんてなかった。狙ったシャケトラは前半行きたがったからか、直線に入るとずるずる後退して9着敗退。復活ならんかったワンアンドオンリーは先行したが11着に激敗で、そろそろ英断を。

 コメント。ユタカ大先生「最後は一杯々々だったがキタサンなら頑張ってくれると追った。昨年より更に強くなっている」。ユーイチJ「こういうレースをしたいと思っていた。最後直線は各馬脚が上がっていた。今回はもうこれ以上ない競馬が出来たが、勝った馬が強かった」。クリストフJ「しょうがない、悪かったのは枠順だけ。やっぱりキタサンは強いよ」。

 さー、こうなると俄然楽しみになってくるのは春の最強馬決定戦、宝塚記念。
 キタサンを止める馬は出てくるのか、ディーマジェスティに復活の気配が見えたので、皐月賞馬とダービー馬マカヒキ、そしてサトノダイヤモンドのキタサン包囲網を破れるか、とにかく楽しみになってきた。
 香港でGⅠ勝ったネオリアリズムが参戦したら、展開も変わってきておもしろいかも。
 


 その前にまずは明日・明後日と2日出勤して、GWリフレッシュして来るか。
 うーん、なかなか会心の当たりが出んのでもどかしいが、勝つまで止めない、勝っても止めない、スタンスはジャイアントキリング、そこは変えずに行くぞ、おー。
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年4月28日 | トップページ | 2017年5月2日 »