« 2017年4月14日 | トップページ | 2017年4月18日 »

2017年4月16日 (日)

皐月賞ハズレ馬券解説

 昨日は所用があって早朝から東京に行って、夜に戻ってきた。
 その間酒も呑んでたので、馬券は全く買わず。
 つーか、馬券の存在忘れてたし、予想はしてたけど買ってたら外れてた、ラッキー♪
 
 そんで今朝、ざっと結果だけ見たが、今日芝のレース映像を見て、まさかこんな馬場になってるとは夢にも思わんかった。
 10Rの1200m戦の春雷Sの勝ち時計が1分7秒5、上がり最速が32秒8ってチョッパヤ馬場。
 なるほど、だからあんだけ砂が舞い上がってたのか。
 いきなりこんな馬場に造り上げちゃうとは何考えてるJRA。


Dsc_1496 と、もはやこの段階で更に難解なレースとなった皐月賞。
 ここ数年皐月賞はレコードレースとなってるが、別に本当に一番速い馬が勝たなくても良いと思うんだが。
 今年はレベルが低いとされてる牡馬路線、実力意外で決まりそうな予感。

 ◎カデナ:重賞2勝馬で出走5走で全て上がり最速、持ち時計はないが決め手はある。前走の弥生賞で3角からまくって上がるみたいな競馬が出来たのは収穫。巧く馬群を捌ければ勝ち負け。
 ○スワーヴリチャード:共同通信杯は見事な勝ちっぷりやった。コーナーで加速出来なさそうやし、坂は良くてもアクセル踏み遅れる可能性あり。1枠2番もキツいが、実力が抜けてるので四位Jの手綱捌き次第。
 ▲ペルシアンナイト:生で観たアーリントンCがえらく強かったので、2000mでも戦える。皐月賞男のミルコJが乗るのも心強い。
 △ファンディーナ:あっさり勝ってもおかしくないし、どこにも居ない可能性もある。今回は外枠から何が何でも行きたそうな馬が居るし、そう楽に競馬させてもらえそうな気もする。でも4角先頭で来られたら押し切られるかもしれん。
 △アウトライアーズ:百日草特別でアドマイヤミヤビやカデナと互角に走ってる。
 △アダムバローズ:若駒Sも若葉Sもとにかくしぶとい。
 △クリンチャー:この2連勝が共に圧勝。
 △ウインブライト:枠が外過ぎるのが惜しい。

 マイスタイル:前走がフロックっぽい。
 コマノインパルス:京成杯勝ちも弥生賞が案外。
 レイデオロ:こんなローテーションで来る訳ない。
 プラチナヴォイス:片側ブリンカーは気になったが、善戦で終わりそう。
 ダンビュライト:いつも甘い。
 アルアイン:毎日杯の勝ち時計は速いが、どっちかと言わんでも負けたサトノアーサーが評価されてるのが実情。
 アメリカズカップ:雨でも降りゃおもしろかったか。
 サトノアレス:叩き台にしても案外なスプリングS、距離2000mってのも長そう。
 キングスラッシュ:5ヶ月ぶりで皐月賞ってアホな。
 トラスト:この程度の実力では。

 馬券はカデナから馬単、3連複はスワーヴリチャード、3連単はペルシアンナイトと2頭軸。

 スタートはほぼ横一線で出たが、一頭大外のトラストがフライングスタート。カデナはそこそこ出て、スワーヴリチャードは前走同様、前に出して行った。ファンディーナは先頭に立てそうでもあったが、外の逃げ馬を生かせる作戦。結局ハナを切ったのはアダムバローズ、2番手にトラスト、クリンチャーが続き、ファンディーナを蓋するようにアルアイン、更にダンビュライトとサンデーR2頭でファンディーナをマーク。 縦長の展開ではなくほぼ集団となって走る。プラチナヴォイスを中に、内にマイスタイル、外にウインブライト。その後ろの外にアメリカズカップ、中に上手に外に持っていったスワーヴリチャード、内にコマノインパルスにマイスタイル。インベタでペルシアンナイトが追走し、アウトライアーズにこれまたインベタでレイデオロ、ケツから2頭目にキングズラッシュ、最後方がサトノアレス、何考えてんだか。1000mを59秒0で行くというハイペース、そこを内から進出したのがペルシアンナイト、カデナも内突きでじわり上がっていく。早々と先頭を走ったアダムバローズが失速して、それを避けようとしたのか、カデナは外を回す展開に(それがなかっても今日の馬場では無理やったか)。 直線、ファンディーナが一瞬先頭に立ったが、内からトラストとクリンチャーの間を割ってペルシアンナイトが先頭に。そこに4角回る時にあんまり手応えが良さそうには見えんかったアルアインが力強く伸びてきて、ペルシアンナイトを捕らえて何と1分57秒8という、昨年のディーマジェスティの勝ち時計を0秒1上回り、ラブリーデイのレコードに並ぶという、怪時計で皐月賞制覇。松山J初GⅠ勝ちおめでとう!!! この勝ち時計なのに勝ち馬の上がりが34秒2という、メチャクチャな馬場を造ったJRA万歳!!! クビ差2着にペルシアンナイト、イン突きは流石やった、皐月賞男は伊達じゃない、ミルコJやるな。3/4馬身差の3着に終始ファンディーナに嫌がらせをし続け、ついには競り落としたユタカ大先生のダンビュライト。9-4-12番人気決着という大波乱の皐月賞はこの特殊な馬場に尽きる、先週は天災で今週は人災であった。1馬身1/4差ではあったが、4着にクリンチャーが粘り通した。クビ差5着に馬群の中から上がり2位の34秒0でレイデオロが突っ込んできた、これダービーでは怖いなー。クビ差6着のスワーヴリチャードは外回したのではそもそも無理やし、そもそもハイペースなのに止まらない馬場やねんから後ろからではあかん、この馬も次のダービーでこそ。クビ差7着にファンディーナ、揉まれたのがやっぱ敗因やろ、けど一瞬でも先頭に立ったのは凄い。アタマ差8着にウインブライト、同じ脚色になっちゃったな。クビ差9着のカデナは内突いててもおそらく伸びんかったやろう、この馬も東京の方がええ。アタマ差10着にプラチナヴォイス、片側ブリンカー効果はなかったか。そして上がり最速が11着のサトノアレスの33秒9、レースに参加せずの虚しい上がり最速であった。狙った一頭のアウトライアーズは全く見せ場なしの12着、むむう。ちなみにブービーは逃げたアダムバロースで、最下位はアメリカズカップであった。

 松山J勝利騎手インタビュー「遂にやったんだなと何度も拳を上げた。ある程度良いポジションで流れに乗りたいと思っていた。最後は前が開いたら行けるという手応えだったので、前の馬を見ながら競馬をした。最後外側に寄れてしまったのは申し訳ない」。

 コメント。池江センセ「大型馬だけど仕上げやすい、お任せで乗ってもらいました」。ユタカ大先生「思った通りのレースが出来たが、時計が速すぎた」。クリストフJ「スタートでジャンプして位置取りが悪くなってしまった」。岩田J「流れに乗れたが伸び切れなかった、牡馬に囲まれたからかな???」。高野センセ「ダービーに行くには体調やクラブの意向もある。甘くなかったな…」。

 うーん、まさかの池江厩舎1-2か、分からん。
 有力馬総飛びやったもん、かなり特殊なレースとしか言いようがないな。
 今年はレベルが低いと言われてたが、この勝ち時計で今年のレベルが高くなるの???
 全く馬鹿々々しい馬場であった。


 1・2回阪神総じてサッパリ当たらんかった。
 もうとっとと京都に行ってくれ、一から出直します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年4月14日 | トップページ | 2017年4月18日 »