« 伊勢自動車道安濃SAの珍品「BREAD JUNCTION」さんの伊勢うどんgaパン210円 | トップページ | またまた小ネタでJR三原駅呉線ホームの立ち食い「浜吉」さんのきつねうどん410円 »

2017年2月19日 (日)

フェブラリーS当たっただけ馬券解説

 今年初のJRAのGⅠ、フェブラリーS。
 ついに本格的に競馬が始まった感がある。
 次回はもう阪神開催、一気に桜花賞突入な感じすらする。
 幸先良く一発ぶっ放したかったんやけど、まさかの津村のヘボヘボ騎乗にガックリ。
 やっぱ鞍上大幅弱化やったか。

 レース後のコメント聞いて唖然。
 「位置が後ろ過ぎた、大外を回しすぎた」だって、バカかバカかバカか!!!
 確か戦前に騎手人生を賭けて乗る、みたいなコメント出してたと思ったけど、何の策もなく最後方から行って大外ぶんぶんぶん回し。
 それはただ乗ってるだけであって、勝ちに行く騎乗じゃねーだろ。
 これやったらド新人が乗っても同じような競馬が出来るわ、このたわけが!!!
 こうしてみたらやっぱりミルコであり、津村なんかしゃ顔じゃなかったってこと。


Dsc_1236 ちゅー訳でフェブラリーS。
 馬場は含水率が低かったそうで、デタラメな高速決着にはならなさそう。
 前か後ろかどっちかと言われれば前やろうけど、それをひっくり返す脚があると期待したんやが、あの乗り方では。

 ◎カフジテイク:実はチャンピオンズCでもこっそり1着アタマの馬券買ってた。の割りに4着に来た時は自分でも正直びっくりした、ホンマに来るのかと。そんで根岸Sでは圧巻のぶっこ抜き、別に1400mまでの馬じゃないと思ってるからマイル戦でも何の問題もない。スタート出て後方でもそれなりの位置取りしてくれたら、外に出して末脚一気。の予定がまさか騎手に足引っ張られるとは思わんかった。
 ○ゴールドドリーム:ぶっつけは気になるが、武蔵野Sみたいな前を射程に入れてレースをされたらこの馬が勝ってしまう。追い切りの動きもメチャメチャ良かったし。
 ▲ノンコノユメ:去勢してから以前の走りが再現できなくなった。当然、今回は切るつもりであったのだが、コメントで「ポジションを獲りに行く」みたいなことを言ってたので、まさかの中団辺りからの末脚炸裂あるかもしれんので、最後のチャンスを与えてみた。 △モーニン:中間一頓挫あったらしいが、坂路の動きは凄かった。しかし近走不振やし、アタマはなかろう。
 △ベストウォーリア:この馬こそアタマはないが、馬券圏内には入ってきそう。
 △ケイティブレイブ:コパは行かんだろうから、ハナはこれ。行ってどこまで粘るか期待。
 
 サウンドトゥルー:確かに末脚は確かなんだが、それより速い上がりの馬が居るし、距離もマイルじゃ足らん。最内枠も最悪、事実インから大外に出すロスがあった。
 ホワイトフーガ:流石に牝馬では通用せんだろ。
 コパノリッキー:好調と低迷の繰り返しで何がきっかけか分からんが、もう峠を越したとジャッジした。
 アスカノロマン:何度も期待して買ったが裏切られ、よほど相手が弱くならん限り買わん。
 ブライトライン:人気通りやろ。
 デニムアンドルビー:何の挑戦か知らんが、出走する意味が分からん。
 ニシケンモノノフ:好きな馬でよく買うが、この馬こそ1ハロン長い。
 エイシンバッケン:自分の競馬してどこまで上に来られるか。
 キングズガード:トップクラスの馬と比べると2枚落ちるのが分かった。
 インカンテーション:こんだけ長期休みが続けばねぇ。

 馬券はカフジテイクから馬単、3連複はゴールドドリーム、3連単はノンコノユメとの2頭軸。

 スタートはぼこっと出て遅れたカフジテイクであったが、少し押し上げて良し良しと見てたが、3角でデニムアンドルビーにまで先に行かせて最後方、ボケが。レースはまさかのインカンテーションの逃げで、ニシケンモノノフまで行っちゃったからケイティブレイブはコパの次の4番手、苦しいなー。この2番手集団にモーニンとアスカノロマン、ホワイトフーガにベストウォーリアが追走。後方集団の先頭にゴールドドリーム、ナイスなポジションやな、ミルコJ。これにキングズガードとノンコノユメ、ブライトラインが続く。最後方にエイシンバッケンとサウンドトゥルー、そして上で述べてるようにデニムアンドルビーにまで先を越されて、堂々最後方のカフジテイク、アホかコイツ。直線に入ってインカンテーションを交わしてニシケンが先頭に抜け出す、そこを不利のない所から早めに先頭を射程圏に入れてたゴールドドリームが満を持して追い出すと、内を割って出てきたベストウォーリアと叩き合いになって、一瞬ベストウォーリアが前に出たかと思わせたが、最後はクビ差抑え込んでゴールドドリームがGⅠ初制覇。1分35秒1は良馬場ならええ時計ちゃうか。なんだけど、この馬交流重賞ではイマイチ走らんのでそこが今後の課題か。2着にコパが手応えなくて行く所ないかと思わせたが、ニシケンが抜けたおかげでそこから追走したが、やっぱり2着やったベストウォーリア。5戦連続2着ってのも凄い。そして3/4馬身差の3着に上がり最速の34秒9を繰り出しただけのカフジテイクであった。他馬より早く大きく外に出して早めにエンジン吹かして、最後方から一気と全く空回りな騎乗であったが、馬が強かったので3着まで来た。もう二度はないな、津村よ。1馬身1/4差の4着は上がり2位の35秒4を駆使してエイシンバッケンが浮上(だからカフジテイクの34秒9が如何に凄いか分かる)、せめてエイシンバッケンの位置で競馬が出来てたらカフジテイクが勝ってたよ。1馬身1/4差の5着に一瞬出し抜け食らわされたかと冷や冷やしたニシケンモノノフがこの距離でも大健闘。自分の競馬が出来たとは思わんが、ハナ差6着にケイティブレイブ、よう走った。クビ差7着にノンコ、去勢失敗を証明したな。ハナ差8着にインベタから大外まで持っていくロスの多い走りで8着が精一杯のサウンドトゥルー。前年覇者のモーニンは何も出来ずに12着大敗。コパは直線沈んでいくだけで14着激敗。最下位は案の定、デニムアンドルビーであった。

 ミルコJインタビュー「また悪いことした、スイマセンデシタ。チャンピオンズCは集中してなかったし、スタートも出遅れたが、今回は良いスタートで良い手応えだった。最後物見して危なかったけどもうすぐゴールなので問題ないと思った」。

 戸崎Jコメント「良い感じでスムーズに来て交わせるかと思った」。
 津村「位置取りが後ろ過ぎたのと、外を回しすぎた」、だと、アホですねこいつ。


 ちゅーわけで、初っぱなの中央のGⅠは当たっただけとなってしまった。
 しかしショボ当たりでもOKとしておこう。
 1月はボロカスに負けたけど、月が代わって2月はそこそこ。
 いよいよ阪神開催やし、気温と共に調子も上げて行きたい。
 

|

« 伊勢自動車道安濃SAの珍品「BREAD JUNCTION」さんの伊勢うどんgaパン210円 | トップページ | またまた小ネタでJR三原駅呉線ホームの立ち食い「浜吉」さんのきつねうどん410円 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100219/64914182

この記事へのトラックバック一覧です: フェブラリーS当たっただけ馬券解説:

« 伊勢自動車道安濃SAの珍品「BREAD JUNCTION」さんの伊勢うどんgaパン210円 | トップページ | またまた小ネタでJR三原駅呉線ホームの立ち食い「浜吉」さんのきつねうどん410円 »