« 2016年10月17日 | トップページ | 2016年10月25日 »

2016年10月23日 (日)

菊花賞当たり馬券解説

 GⅠが始まったが、初っぱなのスプリンターズSはネパールから戻ってきて、一睡もせずに競馬場に行って、何度もマークカードを書き間違えて、馬券はビッグアーサーが大敗したので悲惨な結果に。

 先週の秋華賞は日曜に富士山麓でBBQがあったので、土曜全泊で浜松泊まり。
 馬券はスマホンから買い、本命ヴィブロスが快勝し馬単的中も、3着カイザーバルを最後に切ったので3連単当たらず不完全燃焼。
 

Dsc_0745Dsc_0747 そうして今週の牡馬クラシック最終戦、菊花賞、言われてるように二強決着か、それとも波乱か。
 馬場は良で展開次第で前も後ろもありか。
 そこはGⅠやし、ミライヘノツバサが行く宣言してるが、ぬるい逃げやったらサトノ2頭出しのサトノエトワールがアシストして行くことになるので、後ろ決着の可能性が大きい。

 ◎ディーマジェスティ:サトノダイヤモンドとディーマジェスティのどっちが強いという問題より、単純にオッズがええ方を取っただけ。どっちも追い切りの動きも良く、前哨戦も見た目以上の完勝。皐月賞の爆裂したような末脚が坂の下りから炸裂したら、こっちが勝ってもおかしくない。
 〇サトノダイヤモンド:血統的に距離不安がささやかれてるが、馬体としてはこっちの方が長距離向きっぽいんだよねー。クリストフJはGⅠでは甘いイメージがあるので、そこら辺を払拭できれば。
 ▲レインボーライン:これがこの2頭に割って入る伏兵だろ。マイル戦を使ってた時は接戦続きでもどかしかったが、札幌記念でのモーリスに迫る走りは本物。こういう時だけ血統を持ち出すが、ステイゴールド×フレンチデピュティなので、マイルより3000mの方が良かろう。ユーイチJの無欲の一発を狙う。
 △ミッキーロケット:後は神戸新聞杯組を上位から順番に買う。前走の抜け出した時の脚は凄かった、3000mでもあの脚が使えるか。
 △レッドエルディスト:先週カイザーバル切ったので、今度は買う。長く良い脚でどこまで迫れるか。
 △カフジプリンス:普通なら岩田Jなので切りだが、昨日内突きで見せ場作ってたし。
 △シュペルミエール:栗東のWでもの凄い時計出してたので。

 ジョルジュサンク:これは全く通用しないでしょう。
 ミライヘノツバサ:来年強くなりそうな馬。
 イモータル:参加賞。
 ウムブルフ:前走みたいな競馬が今回も出来るか???
 コスモジャーベ:こんな馬出てたんですね。
 エアスピネル:前走脚計ったにしても負けすぎ、枠もイマイチやし消し。
 アグネスフォルテ:京都新聞杯2着が生涯最高のパフォーマンス。
 サトノエトワール:上でも言ってるようにペースメーカー。
 プロディガルサン:外枠過ぎ。
 ジュンヴァルカン:ぶっつけが無理。
 マウントロブソン:ようやく馬体絞れたが、よりによって18番枠とは。
 
 馬券はディーマジェスティから馬単、3連複はサトノダイヤモンド、3連単はレインボーラインとの2頭軸。
 追加でレインボーラインが勝つ馬券、馬単で有力所へ、押さえの馬連でマジェスティとサトノを買った、これが当たったからラッキー。

 ジュンバルカンの出遅れでレースは始まり、ジョルジュサンクを制してミライヘノツバサが宣言通り逃げを打つ。これを監視するようにサトノエトワールが併走、武豊大先生の巧い所は、好スタートを決めて1周目の坂の上りで既に馬を内に入れてる所が凄い。ここでロスなく走らせた所が最後の踏ん張りに繋がったんやから。結局ミライヘノツバサが引き離して逃げて、サトノエトワールがマークすることで1000mを59秒9という速めの流れ。3番手アグネスフォルテから少し後ろにジョルジュサンク、この後ろにエアスピネル、2馬身離れてウムブルフ、その後ろにサトノダイヤモンド、マウントロブソンも併走、その後ろのインにカフジプリンス、サトノをマークする形でミッキーロケット、この集団にレッドエルディストとシュペルミエールにディーマジェスティ。この後ろから前を見る形で単騎レインボーライン、後方勢にコスモジャーベにプロディガルサンに出遅れたジュンヴァルカン、最後方がイモータル。向こう正面くらいでシュペルミエールが内突きで進出、プロディガルサンも上がってきて、ディーマジェスティがサトノダイヤモンドの後ろまで来て坂を迎える。坂を下って4角でディーマジェスティがサトノダイヤモンドに並びかける所まで来たが、クリストフJと蛯名Jの手応えが違う、蛯名Jムチ入れてるのに、クリストフJは持ったままやもんな。ここから一気に抜け出したサトノダイヤモンド、後方待機してたレインボーラインが追ってきて、サトノが止まるなら逆転もあるかと思ったが、逆に突き放されてしまった。ここでまた魅せたのが武豊大先生、逃げた馬を捌いて2着死守に懸命。レインボーラインはディーマジェスティーを墜として一気に2着に上がるはずが、エアスピネルの抵抗に遭ってゴールでは交わしたと思ったが、スローでは同着かと思わせた。結果3分03秒3で上がり最速の34秒1で2馬身半ちぎってサトノダイヤモンド完勝。2着に上がり2位の34秒2で何とかハナ差抑えてレインボーライン。ディーマジェスティは印象としては伸びを欠いてクビ差4着、少なくとも皐月賞やダービーで見られた末脚はなかった、距離かな。1馬身半離れた5着にミッキーロケット、よく使ってたから伸びしろがなかったか。ハナ差6着にシュペルミエール、これは来年の春天で出てくる馬かな。カフジプリンスは直線でゴチャついて追えず8着、レッドエルディストはレインボーラインと同じような所から追い出すもエンジン掛からず9着であった。
 しかしまさかのエアスピネルやったなー、ディーマジェスティが3着なら3連複当たってたのになー(出た鱈レバ馬券)。

 とにかく今日は勝ったサトノダイヤモンドが強かった。
 ラジオ曰く、号泣してたのは里見オーナーとクリストフJの奥さんであったそうだ(笑)。


 さー、次週は当初思ってた程のメンツではないが天皇賞、一応世界を制覇した馬の激突、2階級制覇か日本のGⅠ初制覇か、あ、リアルスティールもそうやった。
 また人気を見ながら穴馬を見つけるとするか(それ予想か!!!)。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年10月17日 | トップページ | 2016年10月25日 »