« 2016年9月2日 | トップページ | 2016年9月12日 »

2016年9月 6日 (火)

名古屋ラーメン開拓「にぼしらーめん88」さんのにぼしらーめん780円ランチタイムサービスライス・キムチおかわり自由!!

 先週は名古屋に行ってた、今年は原点回帰で名古屋LOVE。
 今回は泊まらんかったが、名駅新幹線側にちょくちょく泊まるホテルがあって、その裏筋にラーメン屋さんを確認してた。
 なんだが、もはや名古屋に行っても外で呑むことはなく、今ではインド料理屋でチキンティッカとケバブを買って部屋呑み。
 だから今では〆のラーメンなんてあり得ない。
 しかし良い機会があれば行きたいと思ってた。

 そのチャンスが来た、昼間に名駅に戻ったので、新幹線側に出て突入することにした。
 場所は焼肉の「あみやき亭」さんの道路挟んだ向かい。


Cimg6249Cimg6250 ・にぼしらーめん88:にぼしらーめん780円ランチタイムサービスライス・キムチおかわり自由!!

 見ての通り、本当に良い天気で暑い日であった。
 つっても今日の大阪は35度もあって、真夏かってくらいの暑さやったからな、今年の夏は厳しい。
 不謹慎かもしれんが台風が来てどばっと雨降ったらこの夏も終わるのにと思わんこともない。

Cimg6257Cimg6258 こちらのお店はキムチの販売店も兼ねてるようで、間口は実に狭い。
 なので、券売機をデジカメで撮ろうとしたが、フレーム内に納まらないという細さ。
 何食べようか、やっぱりここはフラッグシップなにぼしらーめんだろうな。
 ライスが×になってたので、どういうことかときょろきょろしてみたら、何と11時から15時まではライスとキムチがおかわり自由なんだそうだ、しかもお米は山形県産「ひとめぼれ」だって。
 なら尚更ここはスタンダードなラーメンだけで大盛りもなしでええやろ。

Cimg6256 食券買って店内に侵入、これが薄暗いのは構わんのだが、店内も細い。
 席数10だそうだが、縦に長い変な店。
 その隙間に水とジャーとキムチが置かれており、これは全てセルフとなる。
 座ってる間ににぼしの蘊蓄を見てた。
 テーブルにはにんにくとコショウと一味と煮干し酢、これはおもしろい。

Cimg6252Cimg6253 11時半くらいだったので先客2人、なのですんなり5分も待たずに出てきたにぼしらーめんがこちら。
 おおー、見た瞬間に分かる粘度の高さや。
 ご飯は小さな茶碗に盛って、キムチも載っけて、本当はご飯に載っけるの嫌いなんだけど、小皿がないのでしゃーない。

Cimg6254 では麺から食べてみよかー、ずるずるずる。
 細くはない細麺で(???)、なかなかリズム良く噛みしめれる麺だと思った(意味不明)。
 その麺に濃厚に絡んで絡んでぐいっと来るスープはなかなかヘビーな味わい。
 ではレンゲでじゅるっと、豚に鶏に煮干しか、これはどっちかと言うとつけ麺のスープやな。
 所謂判で押したような「濃厚魚介豚骨」、この味って一世代は古いような気がするのはワタシだけか。
 チャーシューはバラとコロチャーがあって、バラは炙ってあって香り良く、薄切りも歯応えヨロシイ。
 コロは小さなダイスカットながら肉厚の安心感。
 メンマはこれが普通であった、普通(二回言うな)。
 ここまでは「凄い煮干しラーメン」とまでは言わんが、好きな人は好きなんやろうなと思ってた。
 しかしトッピングで浮いてるおろし生姜がヨロシクない。
 濃厚過ぎるスープやからサッパリ食べさせようと添えられてるのかもしれんが、この安物のおろし生姜は酸味料がキツくてせっかくのスープが台無し。
 とにかく鼻について仕方なかった、どうせやったらカウンターに置いてる煮干し酢を推薦してくれれば良いのに。
 現に途中、レンゲでスープと煮干し酢を混ぜてみたが、これは口直しにええと思った。
 少しテンションが下がったまま食べ終えてしまった。
 そしてライスのお代わりは残ったスープに入れておじや仕立てにして食べた。
 ちなみにキムチはかなりあっさりした味付けとなっている、サラリーマンが昼食べる分には丁度ええが、マニアならにんにくと唐辛子が軽いと思うかも。

 むー、結論はお腹が空いた学生やサラリーマンがお昼に行く店ってことか。
 780円は安くないが、ライスにキムチが食べ放題なら妥当な価格。
 ガッツリ食べたい人に丁度ええ。


 まぁ、今のラーメンはスープが複雑で進化してるもんね。
 ワタシは煮干しどろどろより透き通った塩・または美しい醤油の方が好きってこと。
 あ、嘘です、阪急仁川駅前の博多ラーメンの「しぇからしか」大好きですので!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年9月2日 | トップページ | 2016年9月12日 »