« 尼崎市市役所食堂 | トップページ | 京都は宇治「響け!ユーフォニアム」を歩く »

2016年8月 8日 (月)

福山ラーメン新規開拓「カジトリラーメン」さんのカジトリラーメン630円(税込)

 ワタシには盆休みはない、その代わりにシーズンオフの格安な時期に東南アジアを旅する。
 今年のワタシの遅い夏休みは9月最終週の水・木・金、どこに行くかはまだ何も決めてない。

 さて、明日から巷が盆休み前ながら、広島に出張。
 なんだが、その前に前々回広島に行ってきたネタをば。
 発見してから早く行かないとあかんと思ってた店があって、こん時はそこをお昼ぐらいに着けば、次のお客さんにスムーズに行けるという珍しい時間となって、構想半年でようやく行けた。


76 ・カジトリラーメン:カジトリラーメン630円(税込)

 場所はR2を福山から尾道に向かって走って、赤坂バイパス東口というでかい交差点を右折してすぐ。
 JR備後赤坂から歩いて行ける店、隣に現地で有名なインド料理のお店があるが今回は関係ない。

Photo_2 そもそもアイドルタイムに前を通ってラーメン屋さんを発見して、次にこの垂れ幕に「寺岡醤油」使用と謳ってるのが気になった。
 たまごかけご飯の醤油で有名だわな、これは行かないと。
 醤油ダレの醤油にこだわるとはやるなと、この時は思ったんだが。

 入ったのがお昼前だったのでほとんど一番客みたいな感じ、なんか海水浴場のラーメン屋さんみたいな軽い雰囲気の店内(海水浴場にラーメン屋さんがあるかは知らんが)。

Photo_3Photo_4 メニューと蘊蓄こんなん。
 よく分からんがここのラーメンを備後ラーメンとカテゴライズしてるようだ、ということはほぼ尾道ラーメンか、しまった…。
 中濁と言ってるが、白濁まではしてない鶏ガラスープという意らしい。
 寺岡醤油だから美味しいのか、それとも相変わらずの尾道ラーメンなんか、ヤレヤレ。

630Photo_5 5分程度で出てきたラーメンがこやつ、縦型丼か、最近やなー。
 ちゅーことで横からも撮ってみた、味には関係ないことながらな。
 見た目はチャーシュー一枚ぼーん、にメンマとネギ、そして細かい背脂。
 透明で醤油黒い尾道とは違う、確かに中濁やな。

Photo_6Up では麺から食べてみる、ぞぞぞ~~~。
 おおお、久しぶりやな、この黄色いゴム系のパッツン麺、今時こんな麺がぁぁぁ。
 細くてエッジが効いてしっかりしてるがゴムや。
 では中濁スープをじゅるり、塩味強いなー。
 中濁しててもやはり尾道系なのでスープのボディ感は薄い、魚介と言ってもそこまで香ってる訳じゃないし。
 寺岡さんの醤油なのかはもちろんサッパリ分からんが、このスープでは足りない旨味と甘みを白い粉で補ってる所は感じた。
 寺岡さんどうこうより粉から出てくる香りが来るんだよ。
 チャーシューは野性味溢れる肉々しさで、メンマは酸味の利いた物ではあるが、メンマ好きを喜ばせる物ではない。

 トータル的に美味いどうこうってより味が濃い。
 笠岡の「一久」さんは結構醤油の当たりが強いので醤油濃いと言えるが、ここのはそういう濃さじゃなくて、旨塩味が強いって感じ。


 うーん、尾道ラーメンなぁ…。
 このご当地ラーメンはどうなってんでしょうねー、全く。

|

« 尼崎市市役所食堂 | トップページ | 京都は宇治「響け!ユーフォニアム」を歩く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100219/64031289

この記事へのトラックバック一覧です: 福山ラーメン新規開拓「カジトリラーメン」さんのカジトリラーメン630円(税込):

« 尼崎市市役所食堂 | トップページ | 京都は宇治「響け!ユーフォニアム」を歩く »