« 今年も行ってきた砂の美術館第9期「砂で世界旅行・南米編」~繁栄の記憶を留める奇蹟の新大陸を訪ねて~ | トップページ | 京都は中書島の老舗家中華「揚子江」さんの酢豚セット680円ホイコーロ630円 »

2016年8月21日 (日)

あの謎のメニューを食べてみた「くら寿司」のすしやのシャリカレーパン150円(税別)

 毎日いつまでも暑いここ関西。
 今週も35度超なのかと考えるとぞっとする。

 さてこのメニューが発表されてどれくらい経つのか、早く行かないとあかんと思ってた。
 季節も今やし、空いてそうな頃合いを見計らって行こう、「くら寿司」へ。
 ってそこまで気になる(いや別にそれ程では・笑)メニューとは、そう、カレーである。


Dsc_0466 ・くら寿司 安倉店:すしやのシャリカレーパン150円(税別)

 ちゅーことで夏はカレー、すしやのカレーは以前食べたが、なかなかの珍味であったので、シャリカレーパンも同様、興味ありだろ。
 回転寿司は18時過ぎたら何分待ちか分からなくなるので、着いたのは17時半頃。 
 カウンターなので待たずに座れて、普通に回ってる寿司を厳選しながら取って食べて取って食べて(ワタシは注文するヤツは撃ち殺す派)、中休みで注文したのがこれ。
 このメニューとか茶碗蒸しとか回ってない物しか注文してはいけないのがワタシの回転寿司でのルールだ!!!

Dsc_0462 モニターに待ち時間4分と出てたが、確かにそんな時間で来たわ、シャリカレーパン。
 見た目は普通のカレーパン、揚げ立てと謳うだけあって確かに熱々や、温度差の妙やねー、香辛料の香りも相まって美味しい臭いがする。

Dsc_0464 では食べてみよかー、その前に割って見てと。
 もぎゅもぎゅ、ほほう、あのちょっと甘くてかなりスパイシーなすしやのカレーのカレーソースを使ってるのだろうが、そこに甘酸っぱいシャリがある為、すしやのカレー程スパイシー感はない。
 そうねー、シャリカレーパンの中身は大阪の「自由軒」さんのまぜまぜしたカレーみたいなのをカレーパンにしたものだと思ってくれりゃ良い、それが白ご飯でなくシャリなのでほんのり酸っぱいって感じ。
 カレーが酸っぱいのはトマトやタマリンド入れたりするから違和感ないんじゃない???
 パンはふわっとした仕上がりではなく、パリッとサクッとした食感。
 スナック感覚で食べさせようってことかな。

 シャリカレーでイメージしたら際物っぽいけど、味はそうでもなく、子供にも楽しんでもらえるような一品に仕上がってると思う。
 ただ、揚げ立てはええけど、これ実はかなり油っこいので、気にしてる人はシェアするが良いかと。


 興味で食べただけなので二度はないが、一度は食べてみるべきだと言っておこう。
 ワタシが行った日はシャリコーラがなかった、次回は是非とも飲んでみたい、やるな「くら寿司」。

|

« 今年も行ってきた砂の美術館第9期「砂で世界旅行・南米編」~繁栄の記憶を留める奇蹟の新大陸を訪ねて~ | トップページ | 京都は中書島の老舗家中華「揚子江」さんの酢豚セット680円ホイコーロ630円 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100219/64091381

この記事へのトラックバック一覧です: あの謎のメニューを食べてみた「くら寿司」のすしやのシャリカレーパン150円(税別):

« 今年も行ってきた砂の美術館第9期「砂で世界旅行・南米編」~繁栄の記憶を留める奇蹟の新大陸を訪ねて~ | トップページ | 京都は中書島の老舗家中華「揚子江」さんの酢豚セット680円ホイコーロ630円 »