« 2016年7月30日 | トップページ | 2016年8月8日 »

2016年8月 3日 (水)

尼崎市市役所食堂

 いよいよ8月に入って夏本番。
 暑さのあまり体調がおかしくなりそうや、しかし今年も当然扇風機のみで頑張る。

 さて、超久々に「しやくそ食堂巡り」なんだが、今回はかなり悲しい結果に。
 そもそもワタシのライフワークである「しやくそ食堂巡り」は、たまたま行った尼崎市役所の地下食堂が安くて値段の割りに味もそこそこ美味かったので、よく行くようになった、これが原点。
 で、阪神間のしやくそ食堂によく出没し、伊丹やおらが町宝塚や、大阪も出張って行くようになり、営業エリアが変わるに従って名古屋や広島、挙げ句東京まで進出した。
 その始まりの尼崎市しやくそ食堂に初心に戻って行ってみたらがっかりしたって話。
 何で今まで尼崎市しやくそ食堂がここのネタになってなかったのかは、今となっては昔の話で思い出せん。


Cimg6175 ・尼崎市市役所食堂:日替わりランチA(煮込みハンバーグ)550円かけうどん250円

 福山も今年市政100周年であったが、尼崎も100周年であった。
 福山では「探偵ミタライの事件簿」の映画が作られ、将棋の名人戦もあったが、尼崎では本当の事件が転がってることが大きく違う(ヲイヲイ)。
 そして同じ100周年でも建物の歴史は全然違う、尼崎は築50年は行ってるんじゃないか???
 福山のしやくそも古くはなったが、一応近代建築や、しやくそ食堂はないけどな。

Cimg6174 とにかく着いたのは12時ジャスト、車を停めてとっとと地下食堂に向かう、12時過ぎたら職員さんでごった返すからな。
この画像は食べ終わってから撮ったもので、これはちょっとピーク過ぎた頃かな、食べてる時はかなりの人やった。
 

Cimg6169Cimg6172 この日の日替わりはこんなのでAが煮込みハンバーグで、Bが豚肉の生姜焼きと冷や奴。
 生姜焼きはあまりにも貧相だったので煮込みハンバーグにしたが、いずれにせよおかずが寂しすぎる。
 週替わり丼450円はかき揚げ丼でミニうどんが付くらしいが、これも華がなく悲しい丼で食指をそそられるもんではなかった。
 追加でラーメンかうどんかと迷ったが、ラーメンが400円もするのでかけうどん250円にした。
 ワタシの10年以上前の記憶ではうどんは200円以下であったような記憶があるし、昼の定食もこんな値段ではなかったように思う。
 だから尼崎のしやくそ食堂に何度も行ってたんだが、これが時代の流れか。

Cimg6171 まだ職員さんは押し寄せてなかったので、さっさと券売機でチケット買う。
 カレーが400円で大盛ライスが200円か、取るなぁ。
 給食業者が変わったってことは十分に考えられるな。
 どうりでご飯大盛にしてくれと言ってもスルーされた訳だ。

Cimg6165Cimg6164 ちゅーことで、とっとともらい受けたまずはAセットがこれ、これだけ。
 うわー、ご飯は小さい茶碗に軽くやん、全然足りねー。
 煮込みハンバーグと言うが、ソース多めにかけてるだけにも見える。
 キャベツに塩昆布を和えたのはええけど、こんな寂しいセットで550円は泣けるわ。

Cimg6166 であろうと思われたので、かけうどんなんだが、これはわかめも入ってて、250円ならこんなもんか。
 でもしやくそという公共的観念から言うと、もちょっとサービスして欲しいが、尼崎も財政難と言うことか、世知辛い。

Cimg6167 そうして合体させたのがこの画像。
 これでようやく立派なランチになる、とほほ。
 とにかく食べてみよう、まずはキャベツからもぎゅもぎゅ、味薄いな、醤油かけたら良かった。
 ではメインのハンバーグに行ってみよう、ぱくり、…。
 これが悲しいことに冷たいのである。
 出来たてでないのは承知してるが、せめてソースは熱いとか、それくらいしてくれよ。
 冷たい作り置きの煮込みハンバーグでは寂しすぎる。
 実際、煮込まれた感なんてほとんどない味の馴染み具合やったし。
 食べ応えのないご飯を計算しながらちょこちょこ食べる、ダイエットなんてしてないし、ロカボも考えてねぇっつーの。
 味噌汁の存在はうどんがあるのでかなり薄い、ほぼ一気飲みで片付けてうどんとご飯。
 そんで冷たいハンバーグ、とほほ。
 スパゲッティの麺が冷たいのは許す、少しウスターソースかけてちゅるり。
 ウインナーは最後に持ってきて、ハンバーグ食べ終わってからぱくり、これで最後の一口のご飯を食べて、うどん出汁でフィニッシュ。

Cimg6168 食べ終わった頃にはこのように食堂はほぼ満員、なんだけどワタシが職員なら絶対ここでは食べんな。
 だってこれで800円も使っちゃってるんだよ、後で気付いて愕然とした。
 姫路の「紅宝石」さんなら後10円出したら洗面器大の激辛麻婆飯大盛が食べれるんやで、熱々で辛旨でボリュームたっぷりで野菜も摂れるし。
 800円出して残ったのはかなりの残念・無念感。
 ワタシの知ってる安くて味もそこそこな尼崎市しやくそ食堂の面影はどこにもなかった…。


 尼崎市市役所食堂:☆☆(☆5つが満点)


 まぁ、そういうこともあるわいな。
 今時しやくそ食堂があるだけええってことも言えるしな。
 おらが町の宝塚はもうなくなってるし、海のとてもきれいであった尾道のしやくそ食堂も閉めたし、そういう時代や。

 しかしまだワタシを驚かせてくれるしやくそ食堂は必ずある、そう信じてライフワークである「しやくそ食堂巡り」はまだまだ終わらないのであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年7月30日 | トップページ | 2016年8月8日 »