« 2016年7月15日 | トップページ | 2016年7月23日 »

2016年7月19日 (火)

2016年讃岐うどん巡りその3~①手打ちうどん ひめはま②上戸③瀬戸④駅のうどんや⑤ぷりうまうどん ふる里⑥かな山うどん⑦孫心~

 3連休の中日に香川に讃岐うどん巡りに行ってきた。
 今年は他のことに気を取られて、本来のライフワークであるうどん巡りがおろそかになってた。
 せめて隔月で行くつもりで、1月・3月までは行ったが、5月はGWで岡山のうどん巡りに、巻き返しの6月は阪神競馬が熱かったので、7月になってもた。

 最近は行ってもいつもの店ばっか、新規がなかなかなく、モチベーションも低下してた。
 しかし今回はセルフの店にこだわらず、とにかく新たに開拓することに重きを置いて食べ歩くことにした。
 ワタシがなかなか行けてないのはずばり西讃、攻めまっせ~~~。


Cimg6112_2

 ①手打ちうどん ひめはま:ぶっかけうどん280円 

Cimg6111

 いきなり新規じゃない、ヤレヤレ。この直前に三豊市で新規しに行ったらこれがまだ開いてなかったんのか、日曜で休みやったかで不発。次に備えてR11を西南に走って観音寺市の豊浜町姫浜という所に一昨年出来たセルフ店に行くこととした。開店してちょっとしたくらいに新規したんだが、その時の麺がやけに印象に残ってたので、新規じゃないが今回のうどん巡りの1軒目に相応しいかと。9時ちょい過ぎに着いて注文したぶっかけは氷水でキリッキリに冷やされ、平打ちの麺は凄い歯応え、しかしただ固いだけじゃないからうどんの奥は深い。ぶっかけのお出汁も椎茸の風味がほんのりして、実に美味かった。ここは何度でも行って良い店であると言える。


Cimg6114

 ②上戸:かけうどん(小)250円

Cimg6113

 JR箕浦駅は無人駅であるが、駅隣のこの店は駅うどんと言って過言ではない。だからであろうか、相当早い時間から営業されてるようである。ここは麺もナイスだが、ワタシはお出汁が好き。いかにも西讃っていういりこがひりひり利いたお出汁で、これだけで愛媛との県境まで来た甲斐あると思わせる、ってまた新規じゃなかった。


Cimg6116

 ③瀬戸:ざるうどん(小)290円   新規

Cimg6115

 ②から更に愛媛寄りに走って、本当に県境の所に今年オープンしたという店に行ってみたんだが、全く人の気配がしない。3連休の真ん中の日曜に休むとはどういう了見じゃ。または店終いしたか??? なので次なる観音寺の港うどん(勝手に作ったジャンル)を新規、やっと新規。ここは偶然にも行き着くことが全くと言っていい程あり得ない店、「道久製麺所」さんに近いシチュエーション。なのでご近所の人の胃袋なのだねー。メニューもうどんのみならず、そばにラーメンにカレーまであった。シャコが獲れるからであろう、シャコ天うどんなる物もあり、よく分からんとこではオジヤうどん、激辛うどんまであった。新規なのでざるで実力を計ることにしたが、細めの少し縮れた麺はいかにも手打ちって感じ。しかしつけ出汁が甘すぎる、ぶはっっっ。これが田舎の味付けか、次回はラーメン(390円やったと思う)かカレーを食べてみたい(ヲイヲイ)。


Cimg6120

 ④駅のうどんや:かけうどん200円   新規

Cimg6118

 三豊市に新規しに行く途中に、そういやここの駅も駅うどんやったかとJR本山駅内のこの店に立ち寄った。店に入って店内をぐるりと見た瞬間に嫌な予感がしたんだが(天ぷらがどれも揚げすぎて焦げてたり)、やはりその通り。出てきたうどんが黒いのはお出汁の問題もあろう、しかしこの麺はどうよ。なるちゅるや伊勢うどんやないねんから、ワタシはこれまで15年くらいかけて500軒以上の店を食べたが、昨日か一昨日のうどんを香川で食べたのは初めてや。手打ちは手打ちやったけど、こりゃないでしょ。ちなみに小さな容器に入れられたおろし生姜は酸化して真っ茶色であった、一応乗っけてみたけど、怖い怖い。


Cimg6123

 ⑤ぷりうまうどん ふる里:ざるうどん(並)370円   新規

Cimg6122_2

 これは次の店を目指して走ってる途中で見付けた新規。場所は「上杉食品」さんの駐車場の前の道を更に南へ向かう。この先なんて行ったことなかったから見付けた店は入らないと。この時11時過ぎで、「上杉」さんの時間じゃないし、しかしまさかこんなしっかりした一般店があるとは香川の懐の深さに驚かされる。初めてなのでざるを頼む。10分程経って出てきたうどんは見るからに美味そう。なんだが食べてみたら西讃特有の太めの剛麺、実はここんとこ歯が悪くて、しかも前日に食べた焼肉のせいで、歯茎が腫れてるというバッドなコンディション。だからこのピシッと芯の通った麺は堪えた。本当にうどん生地を伸ばして折り曲げて切りましたって麺なので。個人的にはもう1・2分茹でて欲しかった(涙)。しかし入れ替わり家族客が入ってきてたのは頷けるレベルの高さやった。「ぷりうまうどん」ってネーミングも秀逸。


Cimg6126

 ⑥かな山うどん:肉ぶっかけ(小)450円   新規

Cimg6124

 ここと次を目指して三豊市を走ってた。こんなとこ来たことないから西はやはり未知の領域。R377の長瀬の交差点にあるんだが、このうどん屋さんの並びに焼肉屋さんがあって、そっちも経営されてるとか。なので肉うどんが美味いらしい、食べよう肉うどん。時間的には12時にまだなってないうどんにとってはベストなタイミング、しかし出てきたうどんは太くてがっちりした西の剛麺、それがまさかの死にっぷり。だから噛めないし、重ったるいし、肉が甘辛くて絶妙の仕上げやっただけに至極残念。これが効いて次がフィニッシュとなった。


Cimg6129_2

 ⑦孫心:ぶっかけうどん(小)310円   新規

Cimg6127

 魚心あれば水心♪ ちょっと古いがワタシは「ろこどる」に出てきた流川市のゆるキャラの魚心くんのファンなので、店名見て喜んだ(また分かりにくいネタを)。昼時なので店は一杯、どこから人が来るんだろうねぇ。⑦から5分も経ってないので、苦しい苦しい。今度はセルフの店だが、また死んだ剛麺が出てきたらどうしようかと思ったが、出てきたうどんは太めの剛麺ではあったが、量がセルフで助かった。この辺りのうどんはみんなこんな太い麺でどっしりしっかりがっちりしてて、しなやかさはないと言っていい。ま、それが西讃という個性か。もっと早い時間に来たら美味しかったやろなー、歯茎から膿出てますけど(ひでぶっ!)。


 7月17日:7軒7玉5新規


 おー、5新規!!! 3月新規ゼロやったから当初の目的は果たした。
 しかし天ぷらにお揚げさんに卵もゼロ、そんでたったの7軒7玉。
 前日しこたま呑み食いした反動とはいえ、誉められた数字ではない。
 これは次回の課題としたい。

 さー、この勢いで8月も行っちゃうよー。
 今度はワタシの好きなくにゅっとしながら一本芯が通ったうどん、あるいはもちもちうどんを食べたい。
 もちろん新規もね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年7月15日 | トップページ | 2016年7月23日 »