« ヴィクトリアマイル外れ馬券解説 | トップページ | オークス当たっただけ馬券解説 »

2016年5月17日 (火)

GW岡山うどん巡り①手打ちうどん 名玄②手打ちうどん みのり③泰平うどん他

 GW話、毎回行ってる相変わらずブームな岡山へワタシなりに満喫しに初っぱなの29日に行ってきた。
 岡山ナメたらあかんで、これまで岡山なんてとバカにしっぱなしやったけど、ここ3年くらいはとっても親しい隣県さんや。
 例えGWであろうとも、それ程混んでないに違いない(ナメとるやんけ!!!)。
 6時に出発したのに備前辺りで2件の事故があり、この渋滞を抜けるのに1時間弱掛かってしまって、朝カレーする予定が昼前カレーになってしまった。

Dsc_0069

 一発目は岡山中央卸売市場内のふくふく通りにある「市場のカレー屋さん」でスープカレー。
 今回はビーフを注文、すじ肉がごろっと入って野菜もたっぷりでご飯大盛無料、辛さ激にしてもらって550円やから実に良い店じゃ。
 注文を訊いてからその場でスープにスパイスを合わせるLIVE感がたまらん。
 ライスにレモンを搾って食べるというのも斬新や。

Dsc_0072
Dsc_0070

 その次はハシゴで目と鼻の先にある「源久」さんでぶっかけ(中)410円。
 いつもやってるのか、この時のサービスなのか知らんが、なんとえび天が一尾サービスであった。
 丼に入ったうどんを器ごと取ってテボで温めて出汁タンクから出汁を注ぐという、もはや香川ですらあまり見ないタイプのセルフが岡山の主流。
 
 そしてここのうどんは「こし」にこだわり続けてる真っ当なお店。
 跳ね返り具合がハンパない麺は確かに「こし」を感じさせる。
 ぶっかけやけど、食べ終わったら熱いお出汁を甘いのと辛いのをブレンドしていただく、このお出汁がまった美味い~~~。


 さて、余談はここまで、いや本編もさして変わらんが岡山うどん巡りである。


Cimg5751

 ①名玄:中240円油揚げ60円

Cimg5750

 上述のようにセルフのうどん屋さんは丼にうどんが盛られてあって、それを取ってテボで温めて、甘いお出汁と辛いお出汁をブレンドするのが岡山のセルフうどんのよくあるパターン。その岡山のセルフうどんの老舗と言えばここであろう。場所は岡山の路面電車の終点である清輝橋を東に行って旭川という川を越えて南に降った所。かなり駐車場が広いので車でも安心、つか車でしか行きようがない店。この丼に入ったうどんって一見死んだ麺に見えてしまうんだが、これが実は死んでない。醤油を一垂らしして麺を食べてみたら、そのもちもち感は餅である(何じゃそりゃ)。生きてるのを確認したら甘い辛いお出汁をタンクから注いでいろんなサービス品を盛り付けていただく。ちなみにここの天かすには時たまお宝が潜んでいるので、掘り返して探すのも楽しいぞ。うん、相変わらずのパフォーマンス、値段は以前に比べて上がったけどうどんの質は変わっとらん。


Cimg5752
Cimg5753
Cimg5754

 ②手打ちうどん みのり:天ざるうどん900円大盛100円 新規

 ①の道をどんどん南へ降りてR2を更に越えて東に折れるんだが、これはかなり難易度が高い店かもしれん。定休日が月~金、要するに土・日しか営業してない、しかも11時から14時までという超タイトなお店。ちなみにワタシの古いナビでは近くまでしか案内してくれなかったので、最後はスマホンのナビで行った。まぁ、うどん県香川でもなかなか見かけない田園うどんや、間違って行く店じゃない、狙ってしか行けない店。到着は11時ジャストだったんだが、ガテン系の団体客が居たので、入れ替わりに入ることになったんだが、一般店でしかも自家製の野菜の天ぷらがウリのお店なので、お客さんのほとんどが天ぷらを食べるから、必然時間が掛かる。30分は余裕で待って、うどんの茹で上がりを待ってやから、この店で食べるんや、な覚悟の人やないと待っとれん。

Cimg5758
Cimg5757
Cimg5756

 そうして出てきたうどんと天ぷらがこちら!!! うどんは大盛なので2玉、天ぷらも野菜天が各種。ではまずうどんから食べる、これはまるでイカのような(いや麺です)、そんな透き通った感がある、そんで食感もイカみたい(いや麺です)。まぁ、それは言い過ぎとしても、それくらいの鮮度がある、コリコリ系やね。天ぷらは塩でいただくんだが、この塩が一工夫されている。こちらはもともと農家さんなので(「みのり園芸」つってたか)、だからお店は土・日のみ。その新鮮野菜を天ぷらにするので絶対注文した方がお得。天ざると天ぷら盛り合わせってのがあるが、同じ内容なので天ざるで注文した方が100円安い。ま、これはお店の親切すぎるお母さんが説明してくれるが。

Cimg5760
Cimg5759

 特に注目すべき天ぷらは金盞花やね。待ってる間にきれいな花が咲いてるな、と思っていたんだが、これは食用でもあった。こんなん食べたん初めてや。苦くもなく意外と美味しかった。個人的には竹の子が美味かったか。そんでサービスか、途中天ぷら2品好きなの追加どうぞと言ってくれたので、金盞花と竹の子を追加したのであった。うどんも美味いが300円増しでこの天ぷらはボリュームありすぎ。本当に行きにくいお店であるが、岡山に行かれる方は選択肢の一つに入れたら楽しいと思うぞ。


Cimg5762

 ③泰平うどん:釜揚げ550円

Cimg5761

 大元駅の東にある一般店。何度も行ってるが、ここ1・2年はずっとお店を閉めてた。老夫婦でやっておられる店だが、おばあさんの方が病気でなかなか良くならなかったそうだ。この度復活したということであったので、久しぶりに行ったみた。相変わらずの超ボリュームうどんに甘めのお出汁、そして謎の天ぷら、変わってないわー。甘いつけ出汁に溶き卵を入れるのもこの店独特やな。

Cimg5763

 そういう久しぶりに来た話とおばあさんの復帰おめでとうという話を食べながらしてたら、最後帰り際におばあさんが、お土産を持たせてくれたのがこれ。ビニール袋に大量のかけ出汁とうどんを詰めてくれた(笑)。帰りの車はお出汁の臭いがぷんぷん、いやー凄いサービスしてもらっちゃったわ。お出汁は半分は炊き込みご飯にして、残った半分はお鍋のお出汁にさせていただきました。おばあさん、まだまだ現役で頑張って下さい!!!

 いやー、少ない軒数ながら充実した岡山うどん巡りであった。
 帰りは山陽道を岡山ICからじゃなく一つ兵庫よりの山陽ICから乗ったのだが、途中に新しいうどん屋さんをボコボコ見付けたので、次回は大元辺りのセルフじゃなくてちょっと離れたうどん屋さんを新規してみる。


 岡山のうどんも奥が深い。
 香川の穴場なんて既に行き尽くしたので、やはり今後攻めるのは岡山だと思った次第。
 あ、来月は香川に行きます(ドナイヤネン)。

|

« ヴィクトリアマイル外れ馬券解説 | トップページ | オークス当たっただけ馬券解説 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100219/63645474

この記事へのトラックバック一覧です: GW岡山うどん巡り①手打ちうどん 名玄②手打ちうどん みのり③泰平うどん他:

« ヴィクトリアマイル外れ馬券解説 | トップページ | オークス当たっただけ馬券解説 »