« 西新宿5丁目老舗中華「昌龍」さんのラーメン500円 | トップページ | 「JICA関西食堂」の2月のエスニック料理 スリランカ料理720円野菜ココナッツカレー100円 »

2016年2月21日 (日)

フェブラリーSハズレ馬券解説

 ついに始まった、今年初のGⅠ、競馬をやってると1年は本当に早い。
 この土曜からはついに1回阪神開催、そこからは怒濤の勢いで桜花賞、もう春やねー。

 しかしまだ寒い2月、そう、砂の王者を決めるフェブラリーSである。
 昨日の豪雨でどうなること思ったが、とりあえず天気だけは回復したようだ。
 小倉大賞典はタテ目喰らわされるし、相変わらずピントがぐらぐらなまま突入、ヤバっ。


Photo そのフェブラリーS、馬場は重で行われた。
 9Rの3歳戦、ヒヤシンスSで1分35秒4ってかなり速い時計が出てたので、1秒は時計が詰まるとして1分34秒前半の超高速決着は必至、展開も読みにくいしかなり難しいレースとなった。

 ◎ノンコノユメ:とにかくどんな展開でも確実に差して来る、後ろからの馬には負けないやろうけど、何か残さないかが心配。前が止まらない馬場だけど、逃げ先行が多いので、先行激化で前に止まってもらうしかない。
 〇ロワジャルダン:当初モーリスが対抗やったが、かなりグッドルッキングに見えたので印上げた。チャンピオンズCみたいに後方待機からならノンコと一緒に突っ込んできて良い。
 ▲ホワイトフーガ:よう分からんが、交流重賞でのデタラメな強さに乗ってみた。
 △モーニン:外枠は揉まれないのでええんちゃう??? 先行争いに巻き込まれず流れに乗ったら恐い。追い切りも坂路ラスト11秒8ってあり得ねー。
 △タガノトネール:ノンコから買うので多少穴っぽい所買わないと。この馬舐めてたら痛い目に遭いそうな怖さがある。
 ×グレープブランデー:8歳馬やけどそれ程衰えを感じないので、ここも穴っぽい狙いで買った。

 パッションダンス:どう考えても最下位だろ、タールタンが出た方が良かった。
 コパノリッキー:ここん所の噛み合わない走りが気に入らんし、今回展開が向かんのは明白。
 アスカノロマン:東海Sは1-2着より差し届かなかったロワを狙ったので切り。
 ベストウォーリア:去年より相手が強くなってる以上、この馬も切る。
 コーリンベリー:スピードが違うのでこの馬がハナを切る、当然距離の壁がある(実は去年本命で買ってた)。
 モンドクラッセ:だから東海Sの1-2は要らない。
 スーサンジョイ:1400mのGⅢなら買うが。
 マルカフリート:流石に相手と距離が違う。
 サノイチ:何でこんな馬が出てるのだ。
 ローマンレジェンド:残念ながら終わってるやろ。

 馬券はノンコノユメから馬単、3連複はロワジャルダンとの差し差し決着、3連単は未知の魅力のホワイトフーガから。

 スタートは全馬皆出て、ハナを切ろうとしたのがコーリンベリー、外からモンドクラッセを交わしてスーサンジョイが2番手、モンドとタガノトネールが併走して先行集団。1馬身離れてロワジャルダンにモーニンが接近、後ろに内にコパノリッキー、中にベストウォーリアで外にグレープブランデー、そのケツにホワイトフーガにアスカノロマンにパッションダンス。3馬身離れてノンコノユメにローマンレジェンドにサノイチ、更に最後方にマルカフリート、どんな勝負乗りやねん。600mを34秒1で通過、かなり速いが馬場もあるので前が止まるのか残るのか分からんが、ノンコ的に見たら届く差と見たんやが…。直線に入ってコーリンベリーが最初に脱落、スーサンジョイとタガノトネールが並んで、満を持して柴田大Jが追い出すが、その後ろに好位置を獲り切ったモーニンの勢いが凄い。あっと言う間に交わし去って突き抜けて1馬身1/4差で1分34秒0のレコード勝利、どえりゃー強いやんけ!!! ミルコの好騎乗がピカピカに光ったな。2着にノンコノユメが最後34秒7の末脚で浮上したが、正直直線ではどこにもないかと思った、全然エンジン掛からんかったもんな。あれでよくぞ2着まで来たこっちゃ、だけどやはり何か前を残してしまった、がくり。アタマ差で猛烈な3着争いを制したのがアスカノロマン、まさかの後ろからの競馬で上がり34秒9で前走がフロックではないことを証明、おみそれしました。アタマ差4着にベストウォーリア、短距離にシフトしてんじゃない??? 5着に粘り込めんかったロワジャルダンであったが、正攻法でよく走った。1馬身半差でタガノトネール、前に行って見せ場たっぷりの6着、やっぱり恐い馬や。クビ差7着にコパノリッキー、何も見る所がなかった。3/4馬身差の8着にモンドクラッセ、最後止まったな。半馬身差の9着にローマンレジェンド、懸命に追ったが時計が速すぎた印象。半馬身差10着にホワイトフーガ、最後雪崩れ込んだだけやったか、チャンピオンズCに期待。11着グレープブランデーはこれも時計が速すぎて高齢馬にはキツかったような印象。先行したスーサンジョイは12着で連勝は4でストップ、甘くねー。何しに出てきたか分からんサノイチは何も出来ずに13着。14着マルカフリートも時計決着には付いていけず。逃げたコーリンベリーがブービー負け。だから何で登録したんだパッションダンスはまたしても大差負けで最下位であった。
 図らずもチャンピオンズCに続いて、またもミルコに出し抜けを食らってしまったクリストフであった。

 ミルコ勝利騎手インタビュー「3回乗ったフェブラリーSで3着・2着、で今回勝って本当に嬉しい。かなり強い馬みたいでこの馬にずっと乗りたかった。先頭に立った時は物見をしたので、ノンコノユメが来るのでちょっと恐かった。この馬は何でも出来る、大人しい、乗りやすい、スタート上手い、ポジションすぐ獲れる、直線も頑張ろうとする、良い馬です」。

 と、絶賛のミルコ、馬も強かったんやろうけど、騎乗も良かった、今日は完敗やった、がくり。


 さー、切り替えてやっと阪神開催、土曜からいきなり重賞でアーリントンC。
 日曜は阪急杯(あえて中山記念とは言わん)。
 ちょっと馬場が難しすぎた京都&東京開催を終えて、次からはキッチリ取り返す、予定。

|

« 西新宿5丁目老舗中華「昌龍」さんのラーメン500円 | トップページ | 「JICA関西食堂」の2月のエスニック料理 スリランカ料理720円野菜ココナッツカレー100円 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100219/63244698

この記事へのトラックバック一覧です: フェブラリーSハズレ馬券解説:

« 西新宿5丁目老舗中華「昌龍」さんのラーメン500円 | トップページ | 「JICA関西食堂」の2月のエスニック料理 スリランカ料理720円野菜ココナッツカレー100円 »