« 2016年1月6日 | トップページ | 2016年1月12日 »

2016年1月 8日 (金)

京都なのに横浜家系「漫天兄弟」さんのこってりラーメン(太麺)750円大盛(1.5玉)+150円

 今週から仕事始めだったが、挨拶回りばっかで何かおもろいもんを見つけた訳ではないので必然的に昨年ネタになる。

 以前、十条に謎のうどんグルメの店を偶然見つけて新規した、確かに凄いボリュームの釜玉うどんやったが、それだけではワタシの京都は終わらない。
 やっぱ京都ラーメン食べんとなー。

 つーことで、そこから更にスマホン検索、車で5分程走った所にラーメン屋さんがありそうだったので行ってみた。
 とにかくこの日はいつもは13時半で請けてくれるアポが13時だったもんで時間がなくて、西大路を北に上がって、じゃなくて近場で済まそうとしたってのがホントの所。


1214 ・漫天兄弟:こってりラーメン(太麺)750円大盛(1.5玉)+150円

 うどんグルメも家うどんやったが、ここも家ラー。
 改めて地図見てみたら、東寺からだと東に10分も歩けば着きそうやん。
 九条油小路の交差点を東に越えて、次の西洞院通を南に下がってすぐ。
 見ての通り店の前に駐車スペースがあり3台は停められるか。

Photo とにかくとっとと入ってメニューを見る。
 何ラーメンか分からんかったんだが、フラッグシップは太麺こってりの横浜家系、なんや京都やなくて横浜かいな。
 そんでラーメン750円って高っっっ!!!
 直前に超大盛の釜玉を420円で食べてるので高いとしか思わん。
 一応さらっとメニュー見たが、魚介や細麺の中華や、いろんなメニューがあるみたいやが、替玉はなかったようなので1.5玉の大盛注文、麺カタで(さっき釜玉これでもかって食うてはち切れんばかりになってるくせに大盛か…)。

Photo_2 出てくるまでに店内をチラ見、客席を詰め込む訳でなく、広くスペース取ってるな。
 そんで漫画や雑誌がやけに多い。
 何で「漫天兄弟」って店名なんかと思ったら、ワタシの入口の席の隣に「宇宙兄弟」の単行本がびっしり。
 なるほどそういう繋がりか(違う、それは違う)。

75015100 入れ替わりお客さんは入ってきてたけど、満席になる程ではなかったので、5分で出てきたこってりラーメンがこやつ、なるほど海苔が家系してる。
 平打ちの卵麺かクチナシ色素麺か知らんが、大盛感はないな。
 メガとかギガとかやってたみたいやが、それくらいになると丼も巨大になるんやろう。

Up では麺から食べてみよう、中太平打ちのカタ麺、どれどれ、ずるり。
 うんうん、カタで頼んだだけのことはある、このスープやから麺に絡むんやろうな。
 そのスープはと、じゅるり、表面に油浮いてるが、そこを避けて純粋にスープのみ、確かに濃厚だわ。
 豚骨が骨まで溶けてそうなスープ、そんで家系っぽい醤油ダレの塩味の濃さ、スープ濃いめ油多めとか言ってたら死んでたな。
 チャーシュー食べてみよ、おー、これはほくほくとしたほぐれ方。
 シーチキンを繊維? に沿ってほぐしたらきれいに外れるやん、あんな感じ(ボキャブラリーが貧困でまぁ)。
 メンマはないけどほうれん草に海苔が横浜か、うずらは個人的にポイント高し。
 テーブルに「漫天スパイス」って、豆板醤・山椒・唐辛子・ニンニク・生姜を合わせた反則調味料が置いてあり、最後の最後に少し入れてみたが、ま、これはナシってことで。

 京都で家系ってのが珍しいか、ワタシは京都は京都ラーメンを食べたかったので、ちょっと肩透かしであったが、家系を食べてみたいという人にはええかな。
 値段も本場を踏襲して少しお高いが、ガッツリメニューも多いようなので、お腹を空かして行くが良かろう。


Imag5238 ちなみに今年初めの京都行きは昨日、仕事の挨拶で。
 食べたラーメンは京都ラーメンの超老舗「ますたに」さんの本店で中華そば(大)750円を食べた。
 鶏の旨味に醤油のコクに背脂の濃厚さ、故きを温ねて新しきを知る、やったわ。
 何か分からんがもの凄いスープのラーメンもええが、今年もこういう一杯を追い求めていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年1月6日 | トップページ | 2016年1月12日 »