« 笠岡deラーメン新規開拓「せとちゃんらーめん」さんのらーめん600円(平打ちちぢれ麺) | トップページ | 有馬記念ハズレ馬券解説 »

2015年12月25日 (金)

京都deうどん「うどんグルメ 雲平」さんの釜玉うどん(大盛)420円

 今月半ばに京都に行って来た。
 例によってラーメン「も」食べようと、スマホン検索を早めにした。
 いつもは西大路だが、京都南ICで降りてR1を北上する途中でナビ機能ON。
 ちょっとマンネリ化してきたので、あまり行かない所で新味を出そうとした訳だ。

 十条大宮の交差点の手前にラーメン屋さんがあったんだが、見てみたら豚骨に味噌に醤油にと、節操がなかったのでその店は諦めて、交差点を北上した。
 ちなみにこの交差点は南にMドナルドがあり、対面の北にパチンコ屋さんがある。
するとそのパチンコ屋さんの向かいに変なうどん屋さん発見、何が変かって、老舗っぽいのに自らの店名を「うどんグルメ」と称している。
 これにビビビと来て入ってみることにした。


1214Photo ・うどんグルメ 雲平:釜玉うどん(大盛)420円

 家うどんか、京都のうどんはお出汁が美味いからな、と見てみたら手打ちのようで、しかも看板メニューが釜玉と来てる、300円って安っっっ!!!

 時間はまさにお昼ピッタシ、店内は結構広くて左にカウンター席と右手に座敷、そのカウンターが満席であったので、入った右すぐの2人テーブルに座らせてもらった。

Photo_2Photo_3 メニューこんなの。
 釜玉は一面であるが、どうやらカレーうどんがお勧めなんかな???
 カレーだけでもこんだけのバリエーションがあるとは、ビーフにえびフライにナスにカツ(豚)、チキンにシーフードにスタミナにささみチキンだってさ。
 注目すべきは定食とヘルシーか、定食は一品にライスに漬物付、ヘルシーは野菜サラダが付いてるそうだ。
 ぽちょっと付いたサラダが160円するらしい、安い? 高い?
 定食は+260円、こっちの方がお得な気がする。

Photo_4 一応、普通メニューもある、うどん380円って手打ちなのに安いなー。
 ここで見るべき所はピザうどんか、よく分からんが1300円と破格の設定、気になるなー。
 もちろんここでもヘルシーと定食がある。
 とにかくカレーうどんの気分ではなかったので釜玉、しかし300円じゃ気が引けるので大盛で注文、どんなん出てくるんかなー。

420Up 新聞の競馬欄を開けてしばらくしたらどんと釜玉登場、メッチャ量多いんですけど!!! それに麺極太やし!!!
 いやー、ここまでの太いうどんは最近見たことないな、こないだ香川でちょい太うどんに感動したがそれどころじゃない、インパクトあるなー。
 そんでまさに揚げ立てであつあつほかほかやし。
 個人的に天かす余計やけど(笑)。

Up_2Up_3 まずは何もかけずに麺だけいただく、ぞぞぞ、おお、ガッチリしたカタ麺かと思いきや、しっかり茹でられてもっちもち麺やん。
 じゃ、出汁醤油をぶん回しかきかきまぜまぜ、あまりに麺が熱いので本当にカルボナーラみたいになった、わはは、楽しー。
 全然冷える気配がないのでおそるおそる口に運ぶ、ぞぞぞ。
 麺の大盛さに卵が1個では少なかったか、でもねっちょり麺に卵が絡んでこれは大変ヨロシイ。
 いくら食べても減らない感が凄い、ぞぞぞぞぞぞぞぞ食べたが、とにかく最後までもっちりねっちょち感と熱々さは保たれたままであった、おもろー。

 この麺をざるで食べてみたい!!!
 どんな剛麺になるのか、それともやっぱりもっちもちなんか。
 普通のお出汁も知りたいし、カレーうどんも食べんとあかんやろ。
 丼ではきつね丼があるのもワタシ的には嬉しい。
 年明け早々にも京都に行くので、しばらくはラーメンとハシゴでここのうどんを食べ尽くしたい。


 いやー、12月やのに食べ終わったら汗だくなったわ、揚げ立て恐るべし。
 しかしどこから来るのか、住宅街に近いが、ひっきりなしにお客さんが来てた、京都のうどんも侮れん!!!←かなり特殊な店やと思うけどな(笑)。

|

« 笠岡deラーメン新規開拓「せとちゃんらーめん」さんのらーめん600円(平打ちちぢれ麺) | トップページ | 有馬記念ハズレ馬券解説 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100219/62937857

この記事へのトラックバック一覧です: 京都deうどん「うどんグルメ 雲平」さんの釜玉うどん(大盛)420円:

« 笠岡deラーメン新規開拓「せとちゃんらーめん」さんのらーめん600円(平打ちちぢれ麺) | トップページ | 有馬記念ハズレ馬券解説 »