« 2015年11月1日 | トップページ | 2015年11月7日 »

2015年11月 3日 (火)

東京は仙川deカレー「Indian Curry&Bar Mirch/インドカリーバー ミルチ」さんのポークキーマ860円ライス大盛り100円ランチドリンク付き(チャイ)

 先週は東京に行ってた。
 朝いつもの時間に家を出たら、お昼前に新宿に着く。
 今回は金曜が会議での東京行きだったので、木曜の昼から夕方までしか活動時間がなかった。

 そんな中で目的地の仙川に向かった。
 どこでお昼食べようかと、これまで入ったことのない裏道に行き、タイ料理の店を見つけるも定休日。
 しゃーなし、南下してラーメンか魚の定食にするか。

Cimg4560 この建物の「寿司と唄」という、訳の分からんお店で魚がここんとこ多かった。
 スナックみたいな内装なんだが、夜は寿司が食べれるみたい。
 この変さ加減がワタシの好み。
 お昼は鮭を焼いたんと、サラダバーがあって、出張中の野菜不足をここで補ってた。
 しかしいつもいつもじゃ飽きる。
 その隣が「まるさんかくしかく」というラーメン屋さんで、この辺りは偶然見つけて入って、の繰り返し。

Indian_currybar_mirchIndian_currybar_mirch_2 ちょっと待て、道路の向かいのビルに何かあるのではと、見てみたら、分かりにくいが看板を見付けた。
 これじゃ、知ってる人しか行けないよ。
 自分でもよう発見したこっちゃ。
 場所はだから仙川駅の商店街を南に5分程下って抜けた所、一階が本屋さん。
 隣は桐朋学園ってとこ。
 ここを左に曲がると大きなホームセンターがあるでよ。


Cimg45681029indian_currybar_mirch ・Indian Curry&Bar Mirch/インドカリーバー ミルチ:ポークキーマ860円ライス大盛り100円ランチドリンク付き(チャイ)

 実に静かじゃ、商店街は賑やかなんだが、この2階は別世界のように落ち着いてる。
 隣はイタリアンかなんかであったが、昼はやってないのか定休日か、なので余計に静かに感じた。
 ちなみにこの2階の飲食店は2軒のみであった。
 「Mirch」と書いて何と読むのかと思えば「ミルチ」と言うらしい、「ミルヒー」でも「えりち」でもない。

Indian_currybar_mirch_3 一見さんで入るのは勇気が要るが、表にメニューが貼ってあったので、それほどビビる程ではないと分かって一安心。
 井之頭五郎ちゃんみたいに昼から5000円もよう使わんからな。
 いくらサラリーマンではない、ビジネスマンのワタシだとしてもだ!!!

 とにかくがらっと入店、この時12時10分くらい。
 先客はカウンターに女性1名、3つあるテーブルの窓側に女性の2人組、この落ち着き具合が女性客を呼ぶのか???
 カリーバー、ってくらいやから雰囲気はアダルトでええな。

Indian_currybar_mirch_4 カウンターの入口の方の端に座りメニュー確認。
 基本のスパイシーチキンとも思ったが、クローブとカルダモンってのに惹かれてポークキーマにした、カルダモン好きじゃぁぁぁ。
 ランチビールやランチワインも注文出来るようだが(280円)、流石に木曜の昼から呑めん、残念。
 カウンターの女性客はチャパティにしてたが(発酵してないナン)、ライスとのハーフ&ハーフも出来るようで、後客の女性2人組の1人がそうしてた。
 ワタシはがっつり食べたかったからライス(大)にしたが、今から思えばハーフにすりゃ良かったとも思う。

Indian_currybar_mirch860100 後客の2人組と一緒に作り出して、10分経たずに出てきたポークキーマがこちら。
 先にサラダが出て後カレー。
 カレー脂ギッシュやん!!!
 さぁ、食べてみよー、まずはサラダから(世知辛い世の中や)。
 おっとぅ、このドレッシング美味しいやん、レモン汁にクミンと塩を合わせてんのか、いきなりエキゾチックや。
 じゃ、カレー単品をぱくっと。
 ほー、脂っ濃い見た目やけど、これが豚の旨味やな。
 大きめに挽かれたミンチのこのソースはスープのようなシチューのような、スパイスを主張してる訳じゃないけど、やっぱりカレーなんよなー。
 クローブは感じたが、カルダモンは分かりにくかった。
 ライスと一緒に食べよう、もぎゅっと。
 レーズンが載ってるとこと一緒に食べたら甘みを感じておもしろいな。
 サフランライスってことやったが、色があまり出てないと思って探してみたら、ぽつんとサフランがあった(笑)。
 そりゃー、サフランはメチャメチャ高価やからな。
 とにかく全体的にとんがった感じは全くなく、凄い優しい味付け、これは大人のカレーやね。
 マスターもそんな感じにええ味出してるし、女性客が多いのも納得。
 個人的には辛味が欲しかったので、カウンターに置かれてるカイエンペッパーを足したが、あまり辛くならんかったので、ま、ええかと思った。

Indian_currybar_mirch_5 食べ終わったらヨーグルトデザートかワンドリンクかどうするか尋ねられたので、チャイと即答。
 普段は砂糖なんて入れんが、チャイとなったら甘くないと話にならん、2袋添えられてあった心遣いにも感心した。


 いやー、満足した、完成度高いな。
 スパイシーを求めるんではなく、身体に良いカレーを求めに行く店やと思った。
 ただ、ワタシのような大食い男には若干物足らんかったが。
 夜は行くことなんて絶対ないが、かなりええと思うなー。
 こういうのでビールやワイン呑みたい、そんな大人使い出来るお店であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年11月1日 | トップページ | 2015年11月7日 »