« 津deとり焼き「藤ヶ丘食堂」さんでとり焼きその他食べまくり2人計2030円 | トップページ | 福山地方卸売市場de海鮮丼「此花食堂」さんの海鮮丼 お汁付き800円 »

2015年7月28日 (火)

京都deラーメン「あいつのラーメン かたぐるま」さんの濁とん塩ラーメン800円大盛(1.5玉)無料

 先週の台風前ででメチャメチャ暑い時の話。
 フィリピンはマニラに行く前の日で、仕事で京都に行ってた(丁度ええ仕事があったもんだ)。
 その仕事の前に、いつものように京都ラーメンを食べようと思ったんだが、グダグダと午前の仕事が片付けきれず、出たのが11時半と少し遅かった。
 京都に着いたのは12時少し過ぎであったが、新規開拓で遠出することは難しそうなので、いつもの西大路を北上することにした。

 とりあえず七条まで来て、スマホンのマップを機能させて、近所のラーメン屋さんを検索、七条を東に折れてこちょこちょした所に知らない店があったので行ってみたが、どうも店の気配が感じられない。
 この辺り一方通行が多いので、スルーして次の知らない店を探す。
 そこからホント車で3分くらいの所にまだ行ったことのない店があったので見に行ってみた。
 するとやはり未訪の店で、店の張り紙を見たら駐車場もあるという、よっしゃ、食べさせてもらいまっさー。


714Photo ・あいつのラーメン かたぐるま:濁とん塩ラーメン800円大盛(1.5玉)無料

 何だかよく分からん店名やが、後で調べたらこんな長い店名であった、暖簾には「かた
ぐるま」としかなかったのだが。
 最近、こういう訳分からんストーリーを自作した店が多いのにはちとうんざり、「かたぐるま」だけやったら全然構わんが「あいつのラーメン」はイラク、いやイランやろ(久しぶりに使ったな、このフレーズ)。
 そんで暖簾の左下にナントカ屋の名前が刺繍されていたが、ワタシにはどこがどこの系列とか全く興味ないので知りたい人は自ら調べるが良かろう。

Photo_2 とにかく着いたのは12時半、カウンターのみだが、厨房にかなりスペース取った広い店内にはカウンターの後ろの椅子で待ち客が5名、10分も待つことないやろと珍しく座った(仕事間に合わんしな)。
 画像では手前の席が空いてるように見えるが、それはワタシとその前の3人客が皆食べ終わって出たから、要は食べ終わってから撮った店内画像ってこった。
 それは良しとして、恐ろしいことにこの店エアコンがほとんど効いてない。
 ラーメンが冷えるのを避ける為か、35度の京都で店内も当然暑い、しかし我慢せんとしゃーない、ぐはっっっ。

Photo_3 待ってる間にメニューを渡されたので、一枚パシャリ。
 何の店か知らずに、ただラーメン屋さんというだけで入ってるという適当さよ。
 ほげー、塩ラーメンの店かと一瞬がくり。
 こくとんと濁とんがあるのか、ならマニア向けの濁とんやな、大盛1.5玉サービスなら当然やろ。

 10分経たん内に上のようにワタシ他ががごそっと開いたようにカウンターがまとめて空いたので座れた。
 作るのを見てたが、塩ダレを小鍋に入れて、スープを一人前入れて魚粉を加えミキサーで撹拌、後はグツグツになるまで火を入れる。
 縦型丼なんだが、そこにスープを注ぐと半分くらいにしかなってない、少ないんとちゃうかと思ったが、麺を入れてギリ浸るくらい、スープ二度がけするのかと思いきやそのまんま。
 そこにトッピングを載せていくと形になった。

80015Up その間3分ね、そうして出てきたラーメンがこやつ。
 おおおおお、何かメチャメチャ華やかなんですけど!!!
 チャーシューなんてレアでほんのり赤いし、メンマは嬉しいことに極太やんけ、そんで味玉が美しい!!!

Photo_4 では麺から食べてみよう、かき混ぜてじゅるり。
 ほー、幅広の平打ち縮れ麺って珍しいな、凄いもちもちしてるやん。
 それに絡むスープがメチャメチャ濃厚、「濁とん」とあったが、豚ってより濃厚鶏白湯みたいな鶏感がある、豚の臭みを余り感じんかったが、鶏と豚のハイブリッドか、粘度も相当高かったので濃厚ベジポタ系と言えるのかもしれん、魚粉とのバランスも良かった。
 お楽しみのチャーシューを食べてみる、おおお、これはまるでローストポークではないか、京都のどこかでもこんなチャーシューあったなー。
 そしてメンマ、何これ、美味すぎるやん!!! これだけが醤油感があって、ピンと抜けるような醤油の旨味にコショウのピリッとした辛味があってこれは絶品!!!
 それがごろごろ入ってるんやもん、値打ちあるわー、次来ることあったら追加トッピングしちゃお。
 そんで味玉はねっちょりと良い染み具合でナイスですねー。
Photo_5 特別味を変える必要は全くないのだが、テーブルスパイスとしてこしょうオイルってのがあったのでちょっと入れてみたらこれもイケた。

 なーるほど、狙いはワタシ的にはラーメンのカルボナーラかと納得した。
 これ丼じゃなくて皿に盛ったらスープパスタやん。
 生クリームじゃなくて濃厚どろっとスープを控え目にして絡めて食べる的な。
 だから麺は幅広の平打ち、つまりはフェットチーネってことか、自家製麺らしいが、色が黄色かったからまさかデュラムセモリナ粉使ってるとか??? そりゃないか。
 そんでチャーシューはベーコン代わり、メンマだけがラーメンしてたが黒コショウ利いてたし。
 そんでこしょうオイルやろ??? これはカルボナーラです。

 とにかく創作ラーメンとはいえ(ワタシの中では)ラーメンはここまで来ちゃったか、凄いねー。
 後客も続々と来てたし大通りでないにも関わらずかなりの人気店であった。
 この味にボリュームもあって値段も満足した、サービスもおねいさんの対応が良かった、何だけどやはり暑すぎやろ(笑)。
 ラーメンの温度も味かもしれんが体調が悪かったら美味しいもへったくれもないんでな。
 あと、美味しいラーメンではあったが、ワタシの食べたい京都ラーメンではなかった。
 まぁ、京都ラーメンって括りがもはやなくなってるんならそれまでやけど。


 ちゅーことで食べて欠点のない美味しさにびっくりしたが、これはワタシにとって毎日食べる味ではないんだよなー。
 なので「創作」ラーメンを食べたい人に是非ともお勧めしたい、そんな店であった。
 いやー、ラーメンの進歩を知りたい人はマジで一回行ってみ!!!

|

« 津deとり焼き「藤ヶ丘食堂」さんでとり焼きその他食べまくり2人計2030円 | トップページ | 福山地方卸売市場de海鮮丼「此花食堂」さんの海鮮丼 お汁付き800円 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100219/61976099

この記事へのトラックバック一覧です: 京都deラーメン「あいつのラーメン かたぐるま」さんの濁とん塩ラーメン800円大盛(1.5玉)無料:

« 津deとり焼き「藤ヶ丘食堂」さんでとり焼きその他食べまくり2人計2030円 | トップページ | 福山地方卸売市場de海鮮丼「此花食堂」さんの海鮮丼 お汁付き800円 »