« 京都後編京都deうどん「ささや」さんのきつねうどん460円 | トップページ | 「神戸中央港湾労働者福祉センター」さんのうどんセット(すき煮・きつねうどん・めしおかわり自由)500円 »

2015年2月22日 (日)

フェブラリーSハズレ馬券解説

 早いもんで今年最初のG1が行われた。
 天気は悪かったのでてっきり寒いと思って厚着していったら、阪神競馬場は当然のことながら快適空間なので、汗がだらだら。
 そんでそれまでのレースも結構波乱でなかなか思うような結果が出んかった。

 さて、東京競馬場であるが、当初の雨予想が曇りになってしまったので馬場も良で行われることになってしまった。
 まだ波乱の目があるかと思われたんだが、これでは人気戦になってまうやんけ。


Imag2925 ということでフェブラリーS。
 ワタシの当初の予想は内枠を利して逃げるコーリンベリーを、コパが可愛がるだけ可愛がって最後直線で交わすかどうか。
 そんで先行勢としてサンビスタがチャンピオンズC並の脚を使って前を呑み込むかと淡い期待を抱いてた。
 しかしレースは全く違う物になってしもうた、あちゃー。

 ◎サンビスタ:上で述べてるようにチャンピオンズCは前3頭での決着。それを後ろから迫ったこの馬の脚はなかなか良かった。コーリンベリー、コパ、レッドアルヴィスを見ながら進めて前を捕まえてくれたらええなぁ。
 ○コーリンベリー:ベストは1400mかもしれんが行ったらしぶとい馬、雨降らんかったのは誤算もとにかく行け。
 ▲ワイドバッハ:前が残ってくれと言いながら後ろから来るこの馬を買ってるのは、どんな展開でも差してくるから。
 △コパノリッキー:そりゃ勝つのはこの馬でしょ。だけどワタシには単勝2.1倍から買う趣味はない。前が飛ばしてもOK、スローで流れたら先に先頭に立って持久力勝負に持ち込んでもOK。ホッコーが居らん以上、この距離で勝つのはこれ。
 △カゼノコ:この馬が馬券に絡んだ時はたいてい儲けてる(要はいつも買ってるってこと)。確かに距離は少し短いかもしれんが前が速くなれば。ただ騎手が秋山Jから浜ちゃんに乗り替わりなのがちょっと。
 △ベストウォーリア:イマイチ信用しがたい馬なんやがようやくの距離短縮と東京でどこまで。

 ローマンレジェンド:やっぱり距離短いと思うし最内枠も厳しい。
 シルクフォーチュン:流石にもう無理。
 ハッピースプリント:底割れた。
 グレープブランデー:来られたらゴメンナサイ。
 レッドアルヴィス:コーリンベリーを挙げてて言うのもなんやがキャリア不足。
 サトノタイガー:距離が。
 ワンダーアキュート:衰えた。
 インカンテーション:パドックで馬見た感じでは胴が長くてマイルは短いように見えた。
 キョウワダッフィー:相手が揃いすぎ。
 アドマイヤロイヤル:流石に連続好走はあるまい。

 ちゅーことで馬券は参加型一発馬券、サンビスタから馬単、3連複はワイドバッハと、3連単はコーリンベリーとの2頭軸で夢見るぞ。

 ところがいきなりコーリンベリーがスタート出遅れて夢見る間もなく現実に引き戻された。外枠の発馬がやけに良くて横一線、少し後れを取ったコパノリッキーであるが、ユタカ大先生が枠を利して押してポジション獲りに行った、決まったな。そんで相変わらず訳の分からんノリJが逃げの手に出てコパをアシストしたもんやからお手上げ。コパは余裕でアドマイヤを見ながら追走、キョウワダッフィーが外で内にグレープブランデー、外にレッドアルヴィス、その外にワンダーアキュート、その外にインカンテーションで先行集団形成。サンビスタとベストウォーリアが続いてそのケツの内に出遅れたコーリンベリー。結局ベストウォーリアが3着だったので、馬群的にはここまで、そりゃ勝ち時計1分36秒3の遅い決着やからワイドバッハやカゼノコでは物理的に届かん、前がちっとも止まってないんやから。少し離れてハッピースプリントとワイドバッハ、また離れてローマンレジェンド、サトノタイガーが遅れて追走、後ろから2番手にカゼノコ、あちゃー、そして最後方がいつものシルクフォーチュン。3角から4角で13秒1と中だるみしたラップがあったのでここでシルクフォーチュンが進出、一瞬来られたかと思った、見せ場作ったねー。直線に入って一気にトップギアに入れた訳ではなく、じわりとスピードを上げて突き放しにかかるコパ。去年のフェブラリーを見てもこの形になればホッコーですら捕まえられんかったくらいやから必勝パターン。インカンテーションは好位置から進めたが距離的なもんか、エンジンの掛かりが遅くコパが動いた時に付いて行けんかったのが痛かった。この1-2着馬の上がり3ハロンが共に36秒1で着差は半馬身差なので、最初にスピードに乗ったコパと最後にスピードに乗っインカンテーションの差は距離適性の差やったかな。とにかく最後は余裕でコパノリッキーが史上初の連覇達成、ここまで順当勝ちとは。インカンテーションも半馬身まで詰め寄ったがコパを焦らす程ではなかった。3/4馬身差の3着によくぞここまで上がってきたベストウォーリアやけどマイルまでの馬やな、やっぱ。半馬身差の4着にグレープブランデーが粘り込み。ハナ差5着に岩田J得意の内突きで上がり最速35秒8もローマンレジェンド勝ち負けに加われず。大外から飛んでは来たがとても勝てるとは思えんかった6着ワイドバッハ。我が本命馬サンビスタは勝負所で付いて行けず、最後差しては来たが7着が精一杯、牡馬相手やとここまでか。そのサンビスタに差し切られたのが8着カゼノコ(笑)。シルクフォーチュンと一緒に上がって行ったが、最後失速してサンビスタに差し切られた(ドナイヤネン)。ワンダーアキュートはやっぱり歳、弾けず9着。コーリンベリーは何もできず10着、しゃーねーなー。ハッピースプリントは見せ場なく11着、意味不明な逃げのアドマイヤロイヤルが12着、先行はしたがずるずる下がったキョウワダッフィーが13着、もっと不甲斐なくがたがたに落ちたのがレッドアルヴィス14着、直線入ったとこまで見せ場たっぷりやったのがシルクフォーチュン、しかし力尽き15着で最下位がサトノタイガーお疲れ様。

 まぁ、ここんとこの低調なダート路線の縮図を見たようなレースやった。
 3歳のゴールデンバローズ待ちになるのかな。
 しかしこの馬がドバイ行った方が良かったんじゃない??? ディアドムスとタップザットより。


 こういうレースなのでワタシには当てようもないレースであった。
 次週からの阪神開催に期待。

|

« 京都後編京都deうどん「ささや」さんのきつねうどん460円 | トップページ | 「神戸中央港湾労働者福祉センター」さんのうどんセット(すき煮・きつねうどん・めしおかわり自由)500円 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100219/61179494

この記事へのトラックバック一覧です: フェブラリーSハズレ馬券解説:

« 京都後編京都deうどん「ささや」さんのきつねうどん460円 | トップページ | 「神戸中央港湾労働者福祉センター」さんのうどんセット(すき煮・きつねうどん・めしおかわり自由)500円 »