« 2014年12月19日 | トップページ | 2014年12月23日 »

2014年12月21日 (日)

朝日杯FSハズレ馬券解説

Cimg1309 こないだの大雪には閉口したが、何とか乗り切って週末を迎えた。
 今週は25日から静岡~名古屋、27日は出勤、何すんのかと言われたら知らんとしか言いようがない。
 ついでに言うと29日も仕事、東京大賞典やっちゅーねん。
 テンション上がらん年末なのである。

 昨日は大雨で流石に2泊3日の出張明けで帰ってきて疲れてたので、寒さも相まって家競馬。
 愛知杯はまたもやディアデラマドレでいただいて、今年は藤岡康太Jとのコンビでよく稼がせてくれた。
 しかし阪神も相当馬場は悪化したようで、今日は朝から好天に恵まれたが良までの回復は難しそう。
 昨日のメインと最終なんて重の巧拙が結果を分けたと言って過言ではないもんな。


Imag2674Cimg1288Cimg1286Cimg1284 ということで2週連続の2歳G1、阪神で行われる朝日杯FS。
 馬場は内も伸びんことはないけどけど外差しの方が利きそう、結構行きたい馬が多いので、より差し馬有利かと。
 そんで時計は相当掛かってる、9Rのマイル戦でヴァンセンヌのマクリ一閃が1分35秒8やから天気とは裏腹に見た目以上に馬場は悪かった。

 ◎ナヴィオン:デイリー杯はアルマワイオリの煽りを食っただけで力負けでは全然ない。だとすると5番人気は美味しい。ゆったり構えても間に合うだけの脚は持ってる、けんど結局はこの馬には馬場が重過ぎたと言える、全然伸びんかったもんな、がくり。
 〇ブライトエンブレム:こっちは重馬場予想、速い脚を使ったことがないので、35秒台の上がりで決着するなら十分足りる。馬群を呑み込むか。
 ▲ネオルミエール:これは新馬戦でクラージュシチーを抑え込んだ走りと、前走のいちょうSでクラリティスカイと互角に走ってる割には人気がこっちが14.3倍とクラリティスカイが5.3倍、だったらこっち取るでしょ。
 △クラリティスカイ:+12kgで印下げたった、まぁ、馬券圏内に突っ込んでくるのは間違いない。
 △ダノンプラチナ:そりゃ2連勝の内容は強すぎるけど、ここは相手も揃ってるし、2週連続で一頭だけのディープ産駒で蛯名Jって出来過ぎちゃうんか???
 △アッシュゴールド:これは人気し過ぎ、パドックでも入れ込んでたしな、って買ってるけど。
 △ジャストドゥイング:前走東スポ杯の敗因が+12kgの馬体増と自分で納得したが、なのに今回更に+8kg、しかし追い切りがやけに良かったので、先行押し切りもあるかいな。
 
 コスモナインボール:いやー、これは家賃高いでしょ。
 ケツァルテナンゴ:チチカステナンゴやしね。
 タガノアザガル:バゴやしね。
 アルマワイオリ:実はデイリー杯でナヴィオンの対抗に当てた馬、しかしこやつが悪さしたから3着からもハズレた、なので今回は飛ばす。
 セカンドテーブル:前走が超マグレ勝ち。
 ワキノヒビキ:アルマワイオリもセカンドテーブルもを買わん以上これを買う訳もない。
 アクティブミノル:距離に不安が残る。
 ペプチドウォヘッド:そうそうアジアエクスプレスは居らんやろ。
 タガノエスプレッソ:前走があまりにも上手く行きすぎた。
 ペイシャオブロー:人気くらいの着順やな。
 メイショウマサカゼ:短距離路線で頑張ってくれ。

 馬券はナヴィオンから馬単流し、3連複はブライトエンブレム、3連単はネオルミエールと2頭軸。

 スタートで飛び上がって少し出遅れたのがネオルミエール、毎回やりよるなー。ダノンプラチナムは早々に内から外に進路を持ってった、最後馬場の乾いた外を伸び伸び走らせようという蛯名Jの戦略か。ハナはアクティブミノルが奪ってセカンドテーブルとメイショウマサカゼが続く、ジャストドゥイングが2番手集団のトップでクラリティスカイは中団、それをマークするようにブライトエンブレムがこれまでより早めの色気持った乗り方。集団の後方のインにアルマワイオリ、外にタガノエスプレッソ、中にナヴィオン、その更に後ろにダノンプラチナとネオルミエール、最後方ぽつんとアッシュゴールド、そりゃないわ。直線に入って頑張るアクティブミノルだが、外からの脚色が良いのは明白、早々にダノンプラチナがクラリティスカイとの併せ馬を振り切って先頭でゴール、今週もまたやられた、ちきひょー。上がりは最速の35秒4で勝ち時計は1分35秒9と上述のヴァンセンヌが勝った1600万下と0秒1しか変わらん出色の時計、参りました。2着は最後脚色が鈍ったクラリティスカイを交わしてダノンプラチナに3/4馬身差まで迫ったアルマワイオリ、巧く馬群を割って出てきた勝浦Jの好騎乗、デイリー杯組が決して弱かった訳じゃなかった。3着にこれまた3/4馬身差でクラリティスカイ、もっと軽い馬場の方が良かったな。4着にまたまたまた3/4馬身差でネオルミエール、こっちは馬群を捌くのに手間取ったし、マイルよりもっと距離があった方が良さそう、それとスタートに尽きる。アタマ差5着に逃げ粘ったアクティブミノル、これには驚いた、こりゃ再来年のスプリンター路線で活躍する馬や。6着は後方から脚を伸ばしたがじりじりとしか伸びんかったタガノエスプレッソ、もう一列前で競馬したかったな。7着ブライトエンブレムは外から伸びかけたが最初に脱落、久しぶりに+8kgが響いたか。8着にアッシュゴールド、いくらなんでもあんだけ外回して来る訳ない。最近マヤノリュウジンとかスマートレイアーとか、外回して失敗すること多いぞ、池添J。我が本命馬ナヴィオンはおそらく馬場、最後ユーイチJも追ってなかったもんな、もっと軽い馬場の方がやはり適う。ジャストドゥイングは押せども走らず、やっぱ身体が重かったか、とほほ。最下位は大差でペプチドウォヘッド、サクセスブロッケンのダービーを思い出した。

Cimg1304Cimg1308 いやー、蛯名Jには参りました、ショウナンとダノンで2週連続G1勝ちやもんな。
 先週と今日の結果だけ見たら桜花賞と皐月賞はショウナンアデラとダノンプラチナで決まりみたいやんけ。
 いやいや、牝馬路線は我がロカちゃんが巻き返してくれると思うし、牡馬路線では来週のホープフルSのダノンメジャーやティルナノーグの巻き返しもあるかもしれん、トーセンバジルも居るし(しかし個人的にはレガッタ、しつこいって)。
 別に蛯名J憎しじゃないよ(笑)、あくまで強いモンに立ち向かっていくジャイアントキリングみたいな感じで、はは。


 さー、来週はついに有馬記念、早かったようないろいろあったような。
 一番望ましい決着はジャスタウェイがエピファネイアを負かしての1-2、期待してまっス。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年12月19日 | トップページ | 2014年12月23日 »