« 2014年鳴ちゅるうどん巡りその3~①ばんどう茶屋 おいでなし亭②門前一番街③一冨士 大麻店~ | トップページ | 笠岡deまたまたラーメン新規開拓「リトル朱」さんの中華そば500円【閉店???】 »

2014年9月21日 (日)

ベトナムはダナンde勝手に世界遺産認定「ドラゴンブリッジ」

 今朝ベトナムから還って、あいや帰ってきた。
 水曜から行ってたが、着いた初日のハノイは湿気が酷く、夕方から雨も降り、翌朝は雷に強烈なスコール。
 そんでハノイから移動したダナン(ハノイとホーチミンの真ん中くらいの中部最大の商業都市にしてリゾート地)は沸騰するくらいに暑かった。
 まぁ、だいたいざっくりと行きたい所だけ頭の中で組み立てて、後は現地でなるようにならすんだが、当然上手くいったことも上手くいかなかったこともある。

Cimg0746 この旅、いやこの度ワタシが持ってったガイドブックは5年前にホーチミンに行った際に買った物で、情報的には6年前の物。
 関空のチェックインの前に本屋で何気なく最新のガイドブックを見たら、何とハノイに最近登録された世界遺産があったりとかして(2010年登録のタンロン遺跡)、立ち読みしてなかったら行ってなかったし、多分に人災ながら、ちょっとしたトラブルでミーソンの世界遺産に行き損ねたり、行けた世界遺産のフエでは、これまた少しずつの積み重ねで、現地滞在時間が1時間しかなくて、行ってタッチして帰ってきただけやったりとか、そんなことはいつものこと。
 逆に期待して行った世界遺産のホイアンは、何でこれが世界遺産なんだっていうショッパさやったり、とにかく好き勝手やってると何かと想定外のことが起きる。
 だからわざとそういうことを求めて行く訳だ、何かがおもろいことがあるやろうと。

 今回の当りは繋ぎで泊まったはずのダナン、6年前の地図には載ってなかったが、行って分かったごっつい物があった。
 単なる中継ポイントではなかった。

 あまりに凄かったので今朝方、日本に着いて早々、スマホンを起動させて調べてみたら、やっぱとてつもない物であったようだ。
 いやー、ワタシってば持ってるわー。


 ・ドラゴンブリッジ(ドラゴン橋・ロン橋)

 2013年3月29日に龍の型の鋼橋としては世界最大となる橋として開通したそうだ、その長さ666m!!!
 果たしてこの龍の型の鋼橋というのが、他にどれだけあるのか知らんが、何とギネスに記録を申請中らしい。
 昨日の夕方にはダナンを出てハノイ経由で帰ってきたので、分からんかったが、週末にはなんと火や水を噴くのだそうだ。

 6年前の地図にはダナンに流れるハン川って川には橋が1つしかなかったが、今はワタシが渡っただけでも4つあった。
 どれも最新の橋なのは分かったが、とりわけ目を引いたのがこの龍の橋(そりゃそーだ)。
 2日目にダナンに着いて、まずはホイアンの世界遺産を見に行く際に発見した。
 いやー、壮大にアホアホやなーと思った。
 結局ワタシは毎日2時間の時差を埋められなかったので、いつもと同じ時間(6時半)に起きたらまだ4時半(時差2時間ね)、流石に早すぎるのでもそっと目を閉じて、日が昇るくらいに散歩開始してた。
 結構歩かないと行けなさそうやったので、涼しい内に行くかと。
 では早速そのドラゴン橋を見てみよう。

Photo_2

 どうよ、この壮大なスケール!!! 龍がうねうねしてるんやから凄い。
 ワタシの泊まってたホテルからで2km程度、この撮影位置からでも1.5kmはある。
 どんだけ目立ってんねん、こりゃこの橋渡るしかないでしょーよ。

Photo_18
Photo_3

 ワタシの方から行くと尾っぽから渡ることになる。
 何をもったいぶっとんねん、ふふふ。
 あ、結局この日は予定通りに行かなかった日で、朝行って更に昼にもう一度渡ることになった、だから明るさや太陽の角度が違う。
 えーっと、ベトナムは日本と車線が違う、車は左ハンドルの右側通行ね。

Photo_4

 この火星の表面で撮ったような色の画像は、丁度この龍の口から火を吐いたように太陽の位置があったので、面白いなと思って撮ったが、こんな変な色になってもた、まさか週末火を吹くとは思ってもみんかったし、ギネス申請するくらいに凄い物やとも思ってなかったこの時。

Photo_5

 龍の横顔、眼はハート形で意外とプリチーであったり。

Photo_6

 龍の左側から歩いて頭を起点に橋の下からくぐって反対車線に回るんだが、まずはその前にこの角度から。

Photo_7

 うーん、総工費1700億ドン(約8億円ちょい、ちなみに物価は日本の1/3くらいね)かけて、よくもこの壮大なアホアホ橋を建設したこっちゃ。

Photo_9

 ぐるっと回って橋の下から撮影、胴体がちゃんと繋がってる、細部にも凝ってるなー。

Photo_10

 では再度登って反対車線から戻る、そこで一枚パシャリ。
 右の赤丸はワタシが泊まってた斜め前のホテルとオフィスビル。
 
 これね、これ。

Cimg0595

 かなり遠いのが分かっていただけるであろう。
 そんでおそらくあの矢印方向に火を吹くと思われるがいかがでしょ???

Photo_12

 この角度なんか迫力ない??? いやー、火ぃ吹いてるの見てみたかった!!!

Photo_13

 今度は逆の右側の頬を撮ってみる、やはり眼が愛らしい、愛嬌もあるし。

Photo_14

 裏に回ってみる、煙ってるのはゴミかなんか燃やしてたから。
 その他排ガスやら土木工事や新築工事なんかで、ベトナムはどこも埃っぽい、だから若い人達はバイクに乗る際ほとんどの人がマスクをしてる、余談。

Photo_15

 これなんかはかなりの高さでもある、今調べてみたら37.5mもあるそうだ、ようやるわ。

Photo_16

 背びれもかっちょえー、 ワタシ的にドンピシャ、よくぞここまでワタシのツボにはめたこっちゃ。

Photo_17

 尾っぽに戻ってみるが、なかなか活きが良い。

Photo_19
Photo_20

 橋の上から全体像を撮ってみて、橋の下からまたボディを含めて撮ってみた。
 どうよ、このドラゴンブリッジ、本当にド迫力でワタシ的にはそのアホのスケールの大きさに大変感動した。
 お堅い日本では考えられんでしょ、まぁ、文化の違いってのももちろんあるが。


 ということで、あまりの凄さにギネスが認める前に、ワタシの中の世界遺産に勝手に登録しておく。
 
 ダナンはこれから海辺のリゾートとしても発展する街。
 ワタシのように拠点にするだけでは勿体ない、今は確かに田舎の都会程度やけど、市場やったらホーチミンのベンタイン市場なんかよりよほどおもろいコン市場ってのもあるし、ダナンにわざわざ行ってみるのもヨロシ。

 これから思い出した時にでもベトナム編を更新していくこととする。
 しかしいつものように尻切れトンボで終わることであろうからこそっとアゲていく。

 あ、総合的に言って、今回のベトナム旅行はかなり面白かった。
 また行きたいが次回は何時になるやら。

|

« 2014年鳴ちゅるうどん巡りその3~①ばんどう茶屋 おいでなし亭②門前一番街③一冨士 大麻店~ | トップページ | 笠岡deまたまたラーメン新規開拓「リトル朱」さんの中華そば500円【閉店???】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100219/60352621

この記事へのトラックバック一覧です: ベトナムはダナンde勝手に世界遺産認定「ドラゴンブリッジ」:

« 2014年鳴ちゅるうどん巡りその3~①ばんどう茶屋 おいでなし亭②門前一番街③一冨士 大麻店~ | トップページ | 笠岡deまたまたラーメン新規開拓「リトル朱」さんの中華そば500円【閉店???】 »