« 2014年7月6日 | トップページ | 2014年7月13日 »

2014年7月 9日 (水)

回転寿司deラーメン「スシロー宝塚高司店」の出汁入り鶏がら醤油ラーメン280円+税

Imag0060 今日は名古屋に日帰りであった。
 せめて名古屋感を出す為に、帰りに「パスタデココ」であんスパ食べて帰ってきた。
 一見カレースパに見せるが、これがパスタデココの特徴。
 トマトよりカレーに寄ってる感じ、そりゃそーだ、ココイチやもん。
 スパイスもそういう使い方になっとる。
 これスクランブルエッグL(400g)で720円、かなり安いメニュー。
 ワタシはこの2.2mmの極太麺にあんの組み合わせが好きなだけなので、実はトッピングはどーでもいい、ミラカンとかピカタとか全く興味なし。
 なのでいつもハムエッグとかベーコンエッグとか一番シンプルなのを食べてる。
 これがワタシにとって最強の名古屋めし、名古屋行った!!!って気になる。

 そうして家に戻ればもの凄い蒸し暑さで今年初めての水シャワーを浴びた、鳥肌立ったわ(極端過ぎじゃ)。
  
 さて、風雲急を告げている日本列島であるが、そこの危機は置いといて、どーでもええぬるい話を。
 ワタシはうどんもラーメンもカレーもハンバーグも好きやが、実は回転寿司も好きじゃ。
 廻ってない寿司屋さんにも行くが、それは呑みに行く時、なので刺身ベースで〆に何カンかしかつままん。
 だから回転寿司に行った時はひたすら食べる。

 以前、「く○寿司」(だから何で伏せる)に魚介で出汁を取ったラーメンが出た時も取り上げたが、もう一方の回転寿司の雄にもラーメンがあった、知らんかったのー。


629 ・スシロー宝塚高司店:出汁入り鶏がら醤油ラーメン280円+税

 だいたいアレやね、17時過ぎたら混んで来るね、回転寿司って。
 この日は競馬場帰りで仁川から歩いて中津浜線を戻って(ウチにってこと)昨年くらいに新装した宝塚高司店に17時くらいに到着。
 テーブルでもカウンターでもどっちでもええと答えておいたら通常15分待ちくらいの所が、いきなり名前呼ばれた、結局1分待ちラッキー♪

 そんでカウンター席に座って流れてくる寿司をひたすら取る訳だが、回転寿司にはワタシの中でルールがある。
 前も言ったかもしれんが、注文は茶碗蒸しか赤出汁のみ、寿司を注文するなんて言語道断!!!
 そういう勘違いしたヤツはキッチリ良い仕事してくれる町のお寿司屋さんに行けと言いたい!!!
 回転寿司は如何に廻りすぎてシャリがカチコチでネタが硬直した、または巻きの場合は海苔がふにゃふにゃになってないのを取らないで、新鮮で押したて(握りたてとは言わん)の温かい握りを取るかの駆け引き。
 それを楽しむ場なのであって、やたらめったら注文するヤツは恥と思え、鬱陶しいんじゃ、ボゲェ!!!

 と、普段の怒りをそのまま垂れ流ししてしまった。
 皆様も回転寿司のマナーには気を付けましょう。
 あ、中四国にあるチェーン店の「おんまく」さんは注文することが前提になってる回転寿司なので、ここは気にすることなくじゃんじゃん注文しましょう。

 ま、そんなこんなで最初はハズレてた寿司であるがが(流れが見えんのでな)、上述の17時を過ぎるとお客さんの量が一気に増えたので寿司がどんどん廻ってきた。
 ただし食べたい物が廻ってきた訳ではないが(ワタシは海老男)。

Photo そうねぇ、15皿は食べ終わった頃にラーメンメニュー発見。
 元々は茶碗蒸しを頼もうと思ってたんだけど、見付けちゃったのでこれは注文するしかないでしょう。

 魚介ではなく鶏がらスープのラーメンとはどんなんでっしょい!?
 注文してからどれくらい待ったか、10分は掛かったような気がする。
 自分の注文したのが廻ってくるとアナウンスっちゅーか、そういうのが流れるのな(だから注文せんので知らんっちゅーねん)。

280 そうして長い旅をしてワタシの元に来たラーメンがこれじゃ、どん。
 小ぶりな丼に入って出てきたが、赤出汁のようでもある。
 上にコショウが載っかってるのでラーメンと認識できるか。
 しかしどれくらいのお客さんがこれ頼むんかいな、それは気になるな。

Up 蓋を開けてみよう、パカっとな。
 おお、ラーメンじゃないか(当たり前やっちゅーねん)。
 しかし見た目のインパクトはそうないな(280円+税に何を求めるんじゃ)。

 では食べてみよう、鶏がらやろうが何やろうが麺からずずす。
 ふーん、太さは細いとは言わんが、まぁ、そんな感じの弱縮れ麺やな。
 しかし伸びてる、スープ吸って重い、がくり。
 ワタシの座った入口に一番近いカウンターが作ってからどれくらいの時間を掛けて廻ってきたのか分からんが、惜しくも伸びてる。
 それは野暮ってもんで、気を取り直してスープをじゅるり。
 うーん、これも鶏がら!!!って感じが強烈に出てる訳ではなく、普通の鰹か昆布かなんかの出汁とのWスープになってんのか???
 取り立ててこれだという主張がない、昔懐かしの中華そばって感じ。
 チャーシューも載ってるし、フライドオニオンがトッピングとしてポイントなんか、白髪ネギと青ネギ刻んでるWネギがポイントなんかな。
 しかし寿司屋さんならではの具材という感じではない。
 スープで言うならもっと和に寄っても良かったように思うし、具材にしてもチャーシューじゃなくてもええんちゃう???←決してメンマが入ってなかったから怒ってる訳ではない。

 そうねぇ、他社がやってるから一応メニューとして出すか、って感じのデキ。
 こだわりは感じんかったな。
 以後、美味しくリニューアルするなら食べるにやぶさかではない、そんなレベルか。
 でもここで昭和のラーメン食べるなら、寿司に胃袋開けときたいのが正直な印象かな。


 うどんメニューも充実して、天丼なんかもあって、もはや回転寿司は寿司だけではないのかもしれんが、やはりワタシみたいにお行儀良く流れてくる寿司を心待ちにしてる者も居る訳なので、もっと鯛を流して欲しいもんだ、あ、本音が出ちゃった。

 ちなみにワタシの中では「スシロー」の方が好きだが、「くら」も嫌いじゃない、ただ「か○ぱ」は最後の選択かな、でも好きよ、廻るお寿司、とフォローしておく。

 それでは台風8号お気を付けて!!!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年7月6日 | トップページ | 2014年7月13日 »