« 2014年6月4日 | トップページ | 2014年6月8日 »

2014年6月 6日 (金)

広島de汁なし坦坦麺「花山椒」さんの汁なし坦坦麺(大盛)5辛550円ご飯(並)50円温泉玉子50円

 昨日今日と広島に行ってたが、今日は福山から竹原に移動して三原経由で帰ってきた。                                                                                      竹原でまたネタ仕込んできたが、次回三原で行くべきラーメン屋さんも教えてもらった。         後、情報としては三原駅前の「一元」さんは閉店したらしい、最新情報ね。  
 ま、三原に行く人がそうそう居るとは思えんが。  

 ちゅーことで、今日は先月の広島市内の話。  
  今や市内はクソったれな激辛つけ麺より汁なし坦々麺の方がすっかり格が上がってる印象。  
 以前は地元の人でも意外と食べたことのない人が多かったのだが、最近ではお気に入りの店と辛さがあるとよく聞くようになった、時代は変わってるな。  
  ちゅーか、あんな激辛つけ麺なんて恥ずかしい名物なんて美味いものなしの筆頭やねんから、とっととなくなってしまえと言いたい。  

 というからには汁なし坦坦麺ネタなんだが、ここも結構有名なお店のようで、御三家の内の一角だとかなんとかムニャムニャ。


515Photo ・花山椒:汁なし坦々麺5辛大盛550円ご飯50円温玉50円

 

 なかなか昼にこんなとこに来ることなんてない、至って静かだが、夜はエロ街だす。  
 市電を銀山町で降りて一本東の筋を南に5分程下がった所、夜はそれなりに光ってるだろうが、他も派手なのでよう分からん、そんなに難しい場所じゃないので誘惑に負けずに突き進んでクレイ。

 昼ちょっと過ぎに入ったが、カウンターだけの店内で先客2人で後客1人、意外と空いてるな、やっぱ夜かここは。  

Photo_2Photo_4 メニューと辛さ。
 
 シンプルなメニューや、麺が(並)か(大)、ネギと温玉のトッピングにご飯。  
 特にご飯は(並)で50円、100円なら食べ放題やと!!!  
 しかし汁なし(並)480円と、全体的にめっさリーズナブルな店やなー。  
 この店のこだわりとしては「多くのお店で実施されてる製法とは全く異なる過程で(略)魚介系出汁をベースに10種類以上の薬味を配合し、数日間寝かせてタレを熟成」させてるそうだ。   
 注文、ふ抜けたことはもう言わん、一番辛いのを頼むと決めてるので5辛、「ラー油追加有り山椒が小さじ+α、辛さファイターの方向け」、誰が辛さファイターやっちゅーねん。    

Photo_5 カウンターの端を見ると花椒を挽くミキサーみたいなのがあるが、これが実は手回し製粉機、花山椒を挽いちゃうか。
 
 原形の挽きたてはみかんのような鮮烈な香りがするが果たしてここはどうかなー。    
 

Photo_6 そんでテーブル調味料、左からカレー粉・ネギ油・一味唐辛子・特製激辛?ラー油・あらびき黒こしょう・だし香〇〇←見えんので分からん・山椒・だししょうゆ・粉チーズ。
 
 かなり充実してるなー、味のバリエーションも広がるし、こりゃ飽きずにご飯も食べ放題できるわ。  
 

5505050 汁なし坦々麺はとにかく出来上がりが早いのであっちゅう間に出てきたのがこれ。
 
 ラー油が赤くて花山椒が黒いんですけど…、5倍っていうけど赤いから3倍ちゃうんか、3倍。  
 うーむ見た目から辛そうや、ファイター向けやからな。  
 間を置かずにご飯をよそってくれたが、これがお櫃、なかなかのこだわりのようで。  
 

Photo_7 ここでもどこでもとにかく汁なし坦々麺は混ぜるが基本、ワタシでも10回は混ぜるぞ、えっちらおっちら。
 ラー油がまんべんなく行き渡るようにかき混ぜた方がええな、わっさわっさ。
 
 花椒もダマになるとそこだけ辛いからやはり混ぜ混ぜ、うーん10回では足らんがな。  

 ようやく食べれるレベルに来た、つるつる食べれるもんじゃないので、箸で掴んで口に 放り込む、はみはみ。  
 最初の一口は細めの縮れ麺で…とか、それ程辛くないな…とか、考えてるや否や舌が痺れてきた、キタキタキタ。  
 なので正直な所、この言われてる魚介系のタレっつーか、汁なしの汁がどんなんかが分からんかった、辛さを求めて美味さが分からんかった、本末転倒や。  
 しかし思ったのは辣はそれ程辛くなくて、麻が小気味良く利いてるなって印象(辣=唐 辛子、麻=花山椒)。  
 低周波治療器で3くらいにちりちりぴりぴり痺れるような感じ、ちなみにワタシが家で当ててるのは7や、これくらいなんてこたない。
 しかし肩と舌とは違うので辛いっちゅーねん。  
 

Photo_9 ここは本当に汁なしで、底には汁がシャバっとも溜まってない。
 
 なので残った辛ミンチ多数にご飯を入れて温玉入れてダシ醤油で混ぜて食べる。  
 今考えたら黒酢入れりゃ良かったかとも思うが、その時は辛かったのでそこまで頭が回らんかった、とほほ。  
 汁なし過ぎるからお吸い物が付いてきたのか、永〇園の松茸のお吸い物みたいなお椀は当然味なんて分からず、くそう。  
 まぁ、5辛の割にはダメージは少なかったので食べやすいのかな。  

 しかし味わうなら3辛くらいやと思うんやがヘタレと思われるので新規では最高の辛さに今後も挑戦させていただきます。  
 我ながらようやるわ。  

 

 そうね、この店は安くてガッツリ食べれるし、こだわりもあるので結構好きな店かも。  夜の〆でも良いけど、空いてる昼間に行ってばくばく食べたいな。  
 夜は来る途中で別の店に入ってまいそうやし、ふふふ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年6月4日 | トップページ | 2014年6月8日 »