« 2014年5月9日 | トップページ | 2014年5月13日 »

2014年5月11日 (日)

NHKマイルCハズレ馬券解説

 今日は3週間ぶりに阪神競馬場出勤、すると仁川駅前の中津浜線のケンタがたこ焼き屋に変わってて驚いた。
 天下のケンタがたこ焼き屋に駆逐される世の中とは恐れ入る。

 これで仁川駅前では「しぇからしか」さん「鳥居」さんと「大阪王将」か、ザクッと言って。
 最近「しぇからしか」さんも「鳥居」さんも行ってないなー、すっかり家呑みで〆の一杯もなくなった今日この頃。
 潰れて寝れるってのが良いんだよなー、別にコンサバになった訳ではない。


Cimg9971  さて、本日から5週連続東京でのGⅠ一発目、クドいっちゅーねん。
 まずはNHKマイルC、今回のJRAの馬場の思惑はと言うと、たいした馬が出てないのでどれが勝っても良い、や。
 別に気を遣う馬が居ない以上、馬場はイコールコンディション、ただし東京のマイルの逃げ切りが難しいのに変わりはない。

 ◎ミッキーアイル:たいした馬はこの馬だけ、とにかく圧倒的なスピードとその持続力。他が皐月賞大敗とかどこを目標にしたいか分からん馬ばっかやが、この馬だけは最初からここ目標にしてた所が買い。アジアエクスプレスが出てない以上、一人旅で圧勝するか。
 〇サトノルパン:乗り替わりには至って不服ながら末脚は強烈、前が速くなって止まるようだとこの馬が差し込んでくることがあるかも。
 ▲エイシンブルズアイ:ミッキーアイルが止まるかもしれん時に番手からじりじり迫ってくるのがこの馬、追いかけて5着やったホウライアキコの競馬を想定してたんだが…。
 △ショウナンアチーヴ:強いとは思わんが買う馬が居ないので(どんな理由や)。
 △ショウナンワダチ:強いとは思わんが買う馬が居ないので(そんな理由か)。
 △ロサギガンティア:中山より東京の方がパフォーマンスは高いと思うが、前走の大敗が距離だけか、負けすぎが気になる。
 
 キングスオブザサン:スティンガーにチチカステナンゴか、今見たらマイル適性ありそうやが、ここんとこの走りがイマイチ過ぎ。
 タガノブルグ:前走の橘Sなんて京都の高速馬場マジックで何の値打ちもないし、ローテが強行軍やし、この騎手はGⅠ勝つっていう乗り役ちゃうし。 
 ダンツキャンサー:ミッキーアイルの方が速い。
 ベルルミエール:人気通りじゃね?←11番人気。
 ホウライアキコ:押さえようかと思ったが、テンション高い馬で、輸送もあるし今回は見送り。
 アトム:朝日杯からぶっつけで勝つなんて聞いたことない。
 カラダレジェンド:休養明けで一回叩いた前走狙ったが全く走らんかったのでイラン。
 アルマエルナト:勝ち鞍が1200mしかないのに。
 ウインフェニックス:善戦マン。
 アドマイヤビジン:細いとは思わんかったが-10kgやしパス。
 マイネルディアベル:ウィリアムズJが乗ってもどうにもならん。
 ピークトラム:久しぶりに前走勝ったけど今回は残りカスっぽい。

 馬券はミッキーアイルから馬単、サトノルパンとエイシンブルズアイは馬単の裏を買い、3連複はサトノと、3連単はエイシンとの2頭軸。

 ボコッと出たのがアルマエルナトとロサギガンティア、スタートはそんなに速くなかったが二の脚で先頭を奪うミッキーアイル、ダンツキャンサーは無理に競りにいかんかった。2番手に上がってきたのがマイル用に控える競馬をさせてきたホウライアキコが本来のスピードを生かす競馬をしてきた、やべぇぇぇ。サトノルパンはスタート出して先行集団に取り付いたが、終始掛かりっぱなしで直線まで折り合い付かず、何やっとんだ。ショウナンアチーヴがインに付け、外にピークトラム、内にアトム、そんでウインフェニックスとエイシンブルズアイ、外枠でポジション獲れんかったな、くそう。その後ろ後方集団にキングスオブザサンとタガノブルクが併走、続いてショウナンワダチに最後方離れてロサギガンティア。もっと行くかと思ったが意外と溜め逃げしてるような印象のミッキーアイル、しかしホウライアキコがやけに良いまま直線に入った。直線半ばで捕らえようとするホウライアキコ、浜ちゃんも猛然と追い出すが止まりそうで止まらん、すると外から差し馬が飛んできた。大外から一気にロサギガンティアと中からタガノブルグにキングスオブザサン。しかし前半溜めたおかげかミッキーアイルが凌ぎきってGⅠ制覇、この後安田記念というプランがあるらしいが行ってくれ行ってくれ。注目の2着争いは正直訳分からんかったがリプレイではロサギガンティアは流石に外回し過ぎて届かず、内の勢いでは最後キングスオブザサンかと思ったがタガノブルグが抑えてた、捕まえに行ったホウライアキコはその後か。かくして1着ミッキーアイルからクビ>ハナ>クビ>ハナ、6着のショウナンアチーヴまでがクビ差という大激戦であった。7着が1馬身離れてダンツキャンサーやったから前があかんかった訳ではない。サトノルパンは上述のように終始掛かりまくりで直線入ったら行き場がなくてどんどん大外に進路取っちゃって最後ロサギガンティアより外に行ってたもんな、あれじゃ9着敗退も仕方ないけど、クドいようやが乗り替わりの意味がなかったな。エイシンブルズアイは見せ場も何にもなく13着激敗、ひでぶっ。17番人気と12番人気の1枠2頭が来るとは、単勝1.9倍の馬から買ってても当たらんなー。

 コメント。浜ちゃん「馬を褒めてあげて欲しい。逃げ切るのは難しいが信じて乗るだけ、よく頑張ってくれた。最後は祈るような気持ちで追った」。三浦J「乗りやすい馬でした、後ちょっとでしたね」。蛯名J「直線でヨラれらなければ勝ってた! ブレーキをかけた分、残念残念残念」。ヨシトミ先生「直線凄い脚で上がってきたんだけど、少し足りなかったね」。武大先生「スタートは良かったが、掛かりっぱなしだった。折り合いが付いてたら…残念」。

 さー、このまま古馬までも撃破しちゃうか、貧弱と呼ばれて久しいマイル戦線が盛り上がりかけてきたなー。


 次週はヴィクトリアマイルか、ミソ付けたメイショウマンボより儲けさせてくれたフーラブライドもう一丁って今の気持ちだす。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年5月9日 | トップページ | 2014年5月13日 »